PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】その男、K。#訂正【上州ギャル編】

しゃて、
7月29日も引き続いて秋葉原通り魔事件加藤智大の被告人質問2回目。

ケイトーが急に奇天烈なこと言い出すもんだから、
なんなんだおまえ警察に供述したのと違うじゃん、である。

これまで格差社会へのテロとか現代蟹工船の怒りとか社会派カッコいいぜな難しい事いっぱい並べた識者とか専門家の分析がなにかとても虚しく響いてくるではないか。

裁判対策で心神耗弱とか心神喪失とかテキトーな情状酌量の理由をでっち上げたいのでなければ、史上最もおバカかつあり得ない動機の大量殺人鬼になるんだが。

ところで、
【事件激情】では「上州ギャル」とベタな名前つけている「群馬のガールフレンド」だが、彼女自身とケイトーの両方が証言したことで、いろいろ2人の関わりが分かった。

なんとも生っぽいというかお間抜けというか…。



マザーテレサ菩薩様のようにみえた群馬のガールフレンド上州ギャルがやっぱり生身の人間なんだと判明。

彼女は2つ年上(当時26、7歳)でバツイチのシングルマザー。子どもは『3歳くらい』。


彼女の証言では、

○途中までは彼女の証言どおり。
3回目の訪問の1泊目で、寝ている彼女にケイトーが「胸をつんつん」した。彼女が寝たふりしてその夜は何ごともなく。
2泊目でケイトーがのしかかってきた。目を醒した彼女がその気はなく「どいてくれる?」と繰り返すと、「スミマセンスミマセン」と謝りうろたえながら部屋から飛び出してしまった。
○忘れ物を取りに戻ってくるケイトー(間抜け)。
とりあえず和解?し、ケイトーがシャワーを浴びてるときに、彼女は荷物からコンドームを発見。問いつめると、
○「死ぬつもりで青森を出てこしゅとう゛ぁ」と言い出す。
○彼女はさすがに驚いて説得し、ケイトーは思い直す。
ケイトー、以後連絡つかず。

というのが彼女の証言。


この同じ状況を、ケイトーの側から語ると、

ケイトー、自殺を決意。理由は『忘れた』。東京で電車にとび込んで死ぬつもりだった。
その途中で上州ギャルの家に寄る。2泊目の夜、『彼女に甘えるような感じでお腹のあたりに抱きつくことがあって。彼女から激しい拒絶』があった。
●いけないことをしたと分かって、気がつくとコンビニの駐車場にいた。
忘れ物を取りに戻ると、彼女から「セックスしに来たのか?」と責められた。強姦されそうになったと誤解されて、違うと言っても聞く耳持ってもらえなかった。
●それで「自殺しに青森を出てきて」と言い訳。
彼女は「自殺なんか考えてないで、悪いと思ってるなら、青森に帰って、ワンピースでも買ってくれたら許したげる」と言った。
強姦未遂の誤解はとけないまま、『事実でないことで責められたが、表面上は了承するにとどまった』。
●彼女の所を出発して自殺しようとすると人身事故で電車が停まっていた。仕方ないから車で寝ていたら、警官とPの管理人に見つかり、諭されて号泣。
●Pの管理人にツケにしてもらったP代金3.5諭吉を返す、という人生の目的ができて、頑張る気持ちになって派遣登録。
のちに、掲示板で上州ギャルとの出来事を書込んだら、彼女に読まれてしまい、「私をなんだと思ってるの」と激怒メール。
以後、彼女と連絡を絶ち、HNもやめて以後「名無し」で参加。

となった。


世の中にまっこと美しい話などないわけだが、なんとも人間臭くて逆にちょっとホッとした。

◆◇の部分が両者の言い分が食い違うところ。

だが、これ、どう見ても、

ケイトー「死ぬ前にせめて一発」とコンドーム持参で、受け入れて(ヤラせて)くれそうな年上の女友達のとこに乗り込み、が、みごと夜這い失敗で、しかもその一部始終を自分に都合良いいようにねじ曲げて掲示板でバラしてしまい、怒らせた、

が真相だろう。
(検事は『死ぬつもりの人がセックスしようとすると思うか』と彼女にセクハラみたいな質問してたが。なーにをバカなことを。しようとするに決まってるだろう、童貞だし)

不言実行主義のケイトーが、「部屋に入れてくれるけど、あくまで男友だちで」「そっから先は企業努力が必要」「ひそかごとを勝手に言いふらさない」「勇み足したら謝って鋭意努力する」という普通の男でも難しい高等戦術をこなせるわけがない。

案の定、ぜんぶ逆張りでいってやんの。

初対面なのに泊めたり、部屋に入れるのにやらせないこの女もおかしい」という意見も多いようだが、まーちと隙が多い気がしないでもないがそのへんの設定は人それぞれだし、そこを責めるのは酷ってもんである。

上州ギャルとしてはせっかく証人にまでなったのになんだか悪者的にされて恩を仇で返されたようなもんでやや気の毒だが、
まあ彼女としては絶縁したつもりはなかったようで、被害者意識の塊みたいなケイトーだからして哀れっぽく主張する「激しい拒絶」「責められ」「激怒メール」も話4分の1くらいだろう。

もともと気は合ってたんだから、もう少しちゃんと付き合ってればまたいろんな意味で人生も広がったのに、とトホホ感がより高まったケイトーである。

というわけで、#06はかなり訂正するわけだが、まあ上と同じようなことを入れるだけなんである。

しかし事件に至る決定的な部分の#08以降をまだアップしてなくてホッである。


関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 12:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ふーん。なるほど。道程だったのか。ボクの前に道はない。ボクのあとにも道はない。そりゃ色々ややこしい。未だに道程だったとしたら心残りだろうなあ。常習ギャルと毛糸ーは前に面識はあったのか根?存外常習ギャルも相手が男前だったら・・・なんてコンプレックスも毛糸ーの刺激になったりしてな。

まあ裁判はややこしいことをできるだけわかりやすいストーリーに仕立てようとするから、細かい人間の勘定の機微みたいなのは到底見えてこぬであろう。

| あ@も | 2010/07/30 13:48 | URL |

> あ@もどの

返事をせっかく書いたところで変なボタンを押してき得てしまった。火狐はこういうところが気が利かぬつくりになっててムカつく。

> 未だに道程だったとしたら心残りだろうなあ。

「フーゾクに連れて行かれた」と書き込みがあるから素人道程だったかもだ。
が、あの膨大なカキコはウケ狙いのネタだったり、なりすましのウソだったりするものも混じってるらしいから、混じりっけなしのチェリーボーイだったかもしれん。もはや確かめようもないな。

しかしあの掲示板の書き込みをもとに毛糸ーの心理分析とか格差社会の追及とかしてた社会学者や心理学者は今ごろ真っ白な灰になってるな。

> 常習ギャルと毛糸ーは前に面識はあったのか根?

掲示板での付き合いなら1年くらいあるようだ。夜這いの1か月くらい前には2回遊びに行って、そのときも泊めてもらっている。

> 存外常習ギャルも相手が男前だったら・・・なんてコンプレックスも毛糸ーの刺激になったりしてな。

顔はとりあえず置いといて、ちゃんと手順を踏んで口説けば、たぶんOKだったような気がするな。某王子のように劣情もろ出しで一足飛びにがぶり寄りゆえに「ヤだ」になってしまったと思われ。

> わかりやすいストーリーに仕立てようとするから、

今日まさに3回目の被告人質問で、弁護人にかわって検察官が言葉責めを始めてるが、まさにあ@もどのの筋書きどおり。うまい具合に当てはめて話をつくりました、である。

これ、裁判官裁判だから、こんな18回もやれたけど、裁判員裁判だととっとと終わって、こんな当人の微妙な思いの違いはスルーになるんだろう。

今回、動機もまた奇天烈なことを言い出したんだが、

「そんなことくらいであんな大事件起こすわけがなかろうがごるぁ!」
とまあ翻訳すればそんな風な展開になってる。

ただ動機がどうあれ、たぶん判決は同じだろう。
裁判員裁判じゃないしな。

と思ってたらまた消えやがったむきー!

|  noriaky231(仮名  | 2010/07/30 18:04 | URL |

かなしい…(苦笑)。
でもたいていの事実ってしょぼくてあっけなくて、
案外そんなもんなんだろうなー。

ケイトーはさ、被害妄想強すぎ。
でも病的な範疇では全然なく、極端な気弱くんって印象です。

さあ、これからどうする、ケイトー。

| ash | 2010/07/30 22:00 | URL | ≫ EDIT

> あっ種どの

> かなしい…(苦笑)。
> でもたいていの事実ってしょぼくてあっけなくて、

まあこっちの方が菩薩様より納得感がありますな。なにごとも一面だけからスパッと語れることなんてないってこってすなあ。

> ケイトーはさ、被害妄想強すぎ。
> でも病的な範疇では全然なく、極端な気弱くんって印象です。

基本的につねに自分は被害者、逃げ道が用意されてる感じです。でも逃げれてないですが。
たしかに、このくらいの間の悪い空回りくんならもーそれこそその辺に売るぐらいいますね。


> さあ、これからどうする、ケイトー。

今日も公判でしたが、やはり最後の第一線を超える部分が「なにそれ?」って感じのようですよ。
たぶん被告人質問は予定調和的に分かり切ってる答えが切々と語られて終幕、ってはずだったと思うんですが、

ケイトー、見事なまでにすべて吹っ飛ばしました。

格差社会が原因だとされてた頃は全体的に悲劇的な空気に押し包まれてましたが、なんだか喜劇の要素が入ってきて舞台袖まで戸惑ってるってかんじです。検察官のイライラが手に取るように伝わる。

次の公判は、8月3日予定す。

|  noriaky231(仮名  | 2010/07/30 22:30 | URL |

まったくの個人的感想ですが、顔にもしょぼさが出ているよ。
あれだけ大きなことができたのは、やはり謎ですわね。。。
次回を楽しみにしています。

| かあたん | 2010/07/31 16:06 | URL |

> かあたんどの

> まったくの個人的感想ですが、顔にもしょぼさが出ているよ。

たしかに、あのしょぼさは間抜けな動機に合ってるような・・・。
公判の彼はそれこそ蝉の抜け殻のようで、もともと親との軋轢で少なめになってたエネルギーをあれを引き起こすことで使い果たしちまった感があります。

> あれだけ大きなことができたのは、やはり謎ですわね。。。
> 次回を楽しみにしています。

その謎はたぶん検察と弁護人の尋問でも分からないでしょうね。

几帳面にも、#02~#06を修正しました。なんだかコメディ度が増してしまったような・・・。

|  noriaky231(仮名  | 2010/07/31 16:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/89-b3424b0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT