PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】その男、K。#05【秋葉原通り魔事件】

contents  #04 「毒のある花」

    「彼女がいない、ただこの一点で人生崩壊」
      ──犯行3日前 ケータイ掲示板への書込み

TopPic_03.jpg

□□ 遣王、参上

2006年も終わりに近づき、師匠も走りますぜなんていう頃、
世間はまた揺れていた。

大企業「史上最高益」「好景気」なんてほくほく顔だが、なぜか給料は減ってるし、世の中さっぱりそんな実感がなく──。

奥田碩から経団連会長の座を引継いだのは、キヤノンなぜャが大文字の御手洗冨士夫だ。



toletbook.jpg

冨士夫は創業者一族系の経営者だ。
中央大学に通いつつ法曹界を目指したが司法試験に不合格。
叔父さんが創業者として君臨するキヤノンに拾われる。

冨士夫は御手洗家とはいっても傍流で文系でつぶしもきかなかったしでアメリカの系列会社に20年も行かされたりしていた。

が、社長就任たった2年で従兄弟が急死。
急きょキヤノン社長の座が転がり込んでくる。

niyarijizou.jpg


トップの座に就いた冨士夫はその越後屋顔から想像するとーりの、
傲岸かつ冷酷な専制君主だった。

海外赴任でかじってきた南蛮渡来のキャッシュフロー成果主義(自分が思いっきり縁故なのはここだけの内緒だ)をいち早く取り入れ、
福利厚生も諸手当「無駄だ」とどしどし廃止して、選択と集中とうたってどしどし新規事業を切りまくった。
文系の御手洗には技術のことなんてよく知らないし、とくに愛着もためらいもないし。そして技術畑で有能だった故叔父や故従兄弟への劣えーとそのーなんだーいろいろあるし。

metro.jpg

キヤノン製造業派遣解禁の恩恵にも最速最大に浴した。
大分では県に57億円補助金を出させたうえにフタを開けば雇ったのは派遣や請負ばかり(そしてとっとと派遣切り)
青森の弘前工場では7割が派遣や請負という無茶な構成。

人呼んで「派遣王」

社員の待遇を削りに削る一方で、“グローバル時代にふさわしく”経営陣の報酬は2倍の2億円超に大増額したり、豪華保養施設をつくったり。

働く側はあえいだが、本人と株主は大儲けで御手洗は鼻高々だった。

kanenomouja.jpg


御手洗もまた政治介入を狙った。東大卒でも早慶卒でもない御手洗には政官界に学閥がないのでパイプづくりは一刻も早く!だった。
そこで、小泉の次の首相・安倍晋三に超接近。

abe1.jpg

安倍晋三は祖父が岸信介、大叔父が佐藤栄作、父親が安倍プリンス晋太郎、妻昭恵森永製菓創業者一族で元電通勤務と、そろい踏みのきらきら御曹司で。選挙区は自民の牙城長州藩。サラブレッドといえば晋三だよなというくらいだったが、対北朝鮮コワモテポーズのみで首相にまでなっちゃったため若すぎていまいち貫禄も基盤も弱かった。
だから喜んで越後屋のいや御手洗のスリ寄りを受けた。
安倍のインド行きにも御手洗は経営者衆をわさわさ引き連れて同行するべったりぶりだった。


製造業派遣の解禁に気をよくした経団連は、その後も、消費税増税&法人税減税、派遣の期間規制撤廃、移民規制の緩和、外国人株保有制限の撤廃(御手洗とくに望む)、偽装請負の合法化(御手洗とくに望む)、武器禁輸の緩和など、強欲資本主義な政策を続々と要求していくことになるが、

中でも注目されたのが、

労働規制適用免除法案こと、
ホワイトカラーエグゼンプション。

でもいまや別のもっと端的な名前でしかみんな覚えていないだろう。

「残業代ゼロ法案」である。

toilet3.jpg


御手洗経団連が、“残業代ナシ”の対象となる「相当程度高い年収」を、
「400万円」
と設定してたことからしても、
本音は何だったかがどんなお人好しでも分かるほど言うまでもない。

さらにアメリカ政府「グローバル化のために一刻も早くこれを導入しろ」と日本政府にせっついていた。なんでホワイトハウスがそんなことせっつくかというと日本企業に投資中のファンドにせっつかれてるからだった。

が、

すでに世間の目は、小泉─奥田ラインが栄華を誇った時代とは変わっていた。

財界べったり政治家の“構造改革”なるウソ八百に騙されコケにされたことに有権者が気づきつつあって、
そこに絶妙のタイミングで現われた残業代ゼロ法案は、あまりにもその意図が分かりやすすぎた。

whitewari_conv.jpg

空気を読むのに敏なマスメディアから「過労死促進法案」とも猛バッシングされ、打たれ弱い安倍内閣はたちまち腰くだけになった。

のちに御手洗は、
キヤノングループの偽装請負が問題化したときも、
「法律が悪い、法律を変えろ」と逆ギレしたり、

misegawarui01.jpg

派遣切りを盛大にやって、
「派遣切りは派遣会社のやったことで、キヤノンに一切責任はない」
という名言を放ったりするが、

御手洗に限らず、日本の経済人には共通の思考が定着した。

「いざとなりゃ派遣を切りゃいい平気平気(* ̄∀ ̄)」

安易に若い世代へとひずみをしわ寄せして既得権を貪れるだけ貪り、若者を「やる気がない」「甘え」「自己責任」と逆に嘲笑い責め立て──。


しゃて、
そんな騒動を知ってたかどうか知らないが、

2006年の夏、加藤智大ことは、「自殺するため」に郷里の青森を目指していた。


□□ 帰ってきた・おれ仕事やめました

kamen-gaykuten.jpg

なんで急に自殺?

原因は依存症になりつつあったケータイの掲示板。ここでの書いたカキコのせいでスレが荒れて、人が来なくなってしまった。掲示板の管理人にも迷惑かけてしまった。生きづらい。

そこで、
8月31日青森の道路で対向車線のトラックと正面衝突しよう」という自爆計画を練る。

なんでその日かというと、サラ金の返済期限がその日で、「どうせなら限度額目いっぱいカードで借りて死んでやれ」と思ったから。なんだか変なとこでせこい

わざわざ青森なのは、地元の友だちに死んだと分かってほしかったから。

は会社には何も言わずにバックレた。
「どうせ死ぬから会社のことなんて関係ない」

関東から延々と東北地方を北上、31日の朝に青森に着く。
弘前のコンビニでカクテル系の缶を買って飲んだ。酒が弱いからすぐ酔っぱらった。

「事故じゃなくて、自殺だとはっきりさせないとな」
友だち一同に「自殺する」メールを一斉送信。

K母にも久しぶりに電話した。
「これからトラックに車突っ込んで死ぬから後はよろしく」

ひさびさの連絡でいきなり自殺だのなんだのでK母もびっくりだ。
「借金がある」だのおざなりに言うに、
「わたしが返してあげるから帰ってきなさい。謝るから帰ってきなさ──」
は途中で電話を切った。

よし、と車を走らせ、いよいよ、というときにメール着信。

なんだよ、こんなときに。

でも気になるので、車を止めようとUターン──失敗、で、縁石に激突。
はぴんぴんしてたが、車は動かなくなった。

間抜けすぎる。

はレッカーを呼んで、ディーラーへ運び込むと、
「一時的でもいいから走るようにしてくれ」
と頼んだ。
なぜって自殺するためだ。メールや電話の通りに死なないといけない、とはなぜかこだわっていた。

そんな修理できません、とディーラーには断られてしまった。
で、自殺自体をやめてしまう。予告どおりにできないからってことで。

しかたないのでは事故車を実家へと運んだ。3年ぶりの帰郷が「自殺し損ねてその車を運んでのこのこ帰還」。

限度額いっぱいにかっこわるいの図だが、
K母はさすがに生きて息子が戻ってきて喜んだ。

「よく帰ってきたね」「ごめんね」
子ども時代の仕打ちを謝ったんだろう、とは薄ぼんやり思った。
抱きしめられた。子どもの頃も抱きしめられたことはなかった。

「家にいていいから」
とも言われた。

自殺メールを送った友だちからも「自殺なんかするな」とメールや電話があった。申し訳ないと思ったけれど、うれしかった。


□□ 帰ってきた・おれ仕事やめました

「親のいる地元にいたくなかった」から青森を出たのに、愛車のローンやらで借金がかさんだのか、また実家暮らし。

さて、実家はが出た頃とは少しばかり状況が変わっていた。

K弟がいないではないか。

K弟青森から出るのと同じ年に弘前高校に合格したものの、やっぱり兄と同じく墜落コースをたどった。

夏には早くも不登校、たった3か月で中退。とりあえず卒業できた兄よりもさらにヘタレだった。
中退と引き換えにK母の強い望みで青森高校編入試験を受けるがもちろん合格できるわけもない。
その後、5年間ひきこもり

hicon_jack.jpg

が帰郷する前に、K弟は実家を出て上京していた。

K母は結局兄弟二人とも子育てに失敗したわけである。

さすがのK母も悟ったのか、K弟に、
「おまえたちがこうなってしまったのは、自分のせいだ」
と謝った。
だから帰郷したにも謝った。

は単身赴任から週末に戻ってきたK父にも久しぶりに会った。
頑張っては口にした。
「バカでごめん」
K父もまた、息子との和解を望んでいた。
「ずっと家にいていいから」
K父も精一杯、情を示した。

まあここらがこの父子の限界。

kmenoya_01.jpg

ただ他人のように離れて暮らした時間が長過ぎたのか。ただ避け合うことになった。K父は単身赴任でほぼいない。もいない。母子2人だけの気まずーい感じ。
も家では口もきかず自室にこもって過ごした。

一度、「自殺しようと思うなんておかしいから、一度精神科で診てもらいたい」
が言い出した。だがK母は「そんなことしても意味ないと思う」と素っ気なかった。もとくに粘らなかった。やっぱりK母K母だった。

ただぼんやりと、無気力に過ごした。

が、一念発起したのか自動車学校通い、大型自動者免許を手に入れていた。瞬発力はあるんである。

ちょうどお祖父さんが死んで、その葬儀で車を運転して、親戚に「上手い」とほめられたのがきっかけだった。

運転も好きだし、バスやトラックの運転手になろう。

hennakyshoku.jpg

経験者募集が多くて職探しに苦労したけれど、学校給食の牛乳配送ドライバーに。2トントラックを転がす毎日である。任されること、荷物を待つ人がいることにやりがいがあった。

kyushokuhaiso_conv.jpg

勤務態度は真面目。無遅刻無欠勤。まあ例によって。

pende_malade##

最初は試用でバイトだったけれども、4月には正社員に昇格する。まあ例によって。

青森に戻ってきてからはまた幼なじみと顔を合わせて遊ぶようにもなった。友情は健在だった。

職場では陰口を叩く先輩と険悪になって、また通じない不言実行の「アピール」で怒りを表明してもちろん通じず胸倉つかむような騒ぎあったけれど、
さほど波風もなくおだやかにおだやかに過ぎた。


□□ 掲示板こそ我が人生

ケータイ掲示板への傾倒はますます激しく、生活の欠かせない一部になっていた。
匿名性が高くて大規模な2ちゃんねるより、こじんまりしてサークル感覚のケータイ系の掲示板の方が好みだった。

前使ってた掲示板でなくて、別の掲示板サイト。は自虐スレを立てて、自分の不幸を大げさに書いた。注目してほしくて。
すると心配してくれるレスがたくさんついた。
やった、と思う反面、だましたような気がして、ちょっとすまないなとも思った。

でも、まもなくの書いたレスが荒らしとみなされて、「レス禁」にされてしまう。

しかたなくはまた別の掲示板へと引っ越した。

次の掲示板は小所帯で、より参加者の親密度が高かった。テーマはなんでもあり。
は張り切って得意の自虐や皮肉やなんちゃってデモーニッシュワードや面白ニュースをカキコした。一日に10数回もスレッドを立てることもあった。

ひたすらウケを狙った。レスがたくさんつけば「一人じゃない」と安心できたから。

keitaimail_02.jpg

ただポリシーが一応あった。
人のことを意識することなく、『これを書いたら嫌われてしまう』なんてことも考えず、書きたいことを「本音」で書くこと。相手を傷つけないようにするあまり、半端なきれいごとなんて並べたくなかった。

公判でもいちばん裁判官や傍聴人たちが(?_?)となったのはこの本音本心の使い分け。「カップルに火をつける」「ホストクラブで自爆テロ」と物騒なカキコがあっても、それはスレ内ではネタ本音だけど、本心じゃない、本気じゃない。
だから他の住人も同じノリでレスを返す。本気にとったらカッコ悪いいわく「居酒屋のバカ話程度」。

本音本心のちがいの説明は、公判でもみんな狐につままれたようだった。
正確じゃないけど、本音「思うこと」本心「行動すること」、と分けるとややピンとくるかもだ。
「カップルがムカつく邪魔してやれ」と言うのは本音だけど、じっさいに割り込んだり火をつけたりする行動まではしない。だから本心じゃない。

ってことなんだが微妙に世間とズレるミニマムな価値観がややこしい。
じゃあ、
本音だけの自虐物騒カキコが、いつからネタでなくて、リアルとシンクロして本気の殺意になったのか。

20090828_a02.jpg

さて、

掲示板で知り合った女の人に、群馬県に住んでる上州ギャルがいた。(もちろん本当はそんなダサダサのHNじゃない)

「寂しい」とか「不細工」とかまたもやネガティブなことばかり書いて不幸アピールするに、上州ギャルは、
「かまってチャンか」
と秒殺で本質を見抜きつつも、まあそう相性も悪くなかったし根がいい人なんだろう、悩み相談に乗ったり乗られたりしていた。

にとって、掲示板の住人たちは家族同然。掲示板こそ「居場所」だった。

なんだかんだいって、という男は、まったくの孤独でも女っ気ゼロなわけでもなく、それなりに出逢いがあった。
わりと聞き上手(無口ともいうが)だし、不器用ながらけっこう毎度つかみはオッケーだったりするんだが…。

んだが…。


□□ 善良なる人々

タペストリーは紡がれ続け。

同じ年2007年4月、関東に住む2人の少年が大学生になった。


カズ──

collges_kazu.jpg

カズ@18歳は、全寮制の高校を卒業して、東京情報大に入学した。埼玉の実家に戻って、2時間半かけて千葉にあるキャンパスに通学した。

小学校から柔道教室、高校も柔道部。頼りがいがあって優しくて友情に厚いやつ、と周りの誰もが思っていた。

カズは戸籍上だけ母方のじいさんの養子になっていた。
じいさんは公認会計士だが娘しかいないため、男子として跡を継がせたかったからだ。
なんだか武家みたいだが、カズもまたちゃんと立場を自覚してて、常日頃周りに、

「学校卒業したら跡を継ぐんだ」

と、今の進学先を選んだのも情報処理の技術を学ぶつもりだった。
「今に日本を背負って立つ人になりたい」と友達に言っていた。なんだか古き良き若人。
じいさんも孫の人柄を愛し、跡取りとして期待をかけていた。


カズには大学でよくつるんでるツレが2人できた。その縁で別の大学に通うタカとも知り合ってすぐ意気投合。
よくタカを交えた大学生4人組で遊ぶようになった。

collges4_kako.jpg



タカ──

collges_taka.jpg

タカ@18歳の少年時代は試練の連続だった。
生まれたときから肺に持病を抱えて、誕生直後に死にかけたほどで、薬で肺を膨らませてようやく助かった。

タカはPCやゲームが好きで、高校も理系コース。課外活動はコンピューター部。一方、ハンドボール部でも運動系活動。
肺の持病に悩まされつつ、それでも真面目に通学して、3年間で欠席は2日だけだった。

ところが大学の受験直前にまたピンチが襲う。肺の調子を崩して手術しなければならなくなったんである。

それでも手術は無事成功、すぐあとの受験もさいわいうまくいって、晴れて東京情報大学に通うことになった。

タカ父親は今どき珍しい昭和の一徹親父という風情。父親からすれば、息子は今どきの若者然として、なんだか頼りないし腹が立つこともある。なんだそのだらしない服は、なんでズボンを腰で履くんだ、と思うときもあった。

しかし生まれたときにあやうく死にかけてやっと拾った命だ。
少々出来がどうでも生きてればいい。

生きていれば、それで。



シェフ──

cock.jpg

この年2007年4月から、シェフ@32歳日清医療食品の嘱託職員として、厚木市のリハビリ病院に勤務することになった。患者の食事をつくる仕事。

シェフはずっと料理人を目指していた。それも食を極めた料理人として。
調理学校に通って勉強。さらに高校専修学校にも通って、食物や料理をさらに深掘りして卒業、高卒資格を取る。

chorijishu.jpg

さらにさらに栄養士の資格を取るため、栄養専門学校にも通って卒業。とにかく料理のことにどん欲な勉強家だった。

そのかいあって決まった新しい職場は、料理や栄養の専門知識も活かせてやりがいがある。

もうひとつ、シェフが好きなのがパソコン

keyboad_conv.jpg

自分でプログラムを組むくらい詳しくてマニアだった。

なので休みの日にはよく、秋葉原へと出かけた。



□□ 津軽恋女

ねぶた祭りがもうすぐって頃の青森

世間は、コムスン─グッドウィル騒動でかしましかった。ジュリアナ東京仕掛人が介護ビジネスを食い物にした日雇い派遣を食い物にしたとバッシングされていた。


郷里に戻って給食運搬ドライバーとして地道に働くにも、ちょこちょこ仲間が出来ていた。

とくに気にかけてくれたのが、20歳くらい年上の居酒屋店主
BSEこと狂牛病で店の経営やばいので、昼はのいる会社で配送のバイトをして、夜は居酒屋をやってハードな毎日のタフネスなおっさんだった。

おっさんは内気っぽい弟分認定したらしく、店での飲み会に誘った。集まるのはいわゆる“負け組”ぞろい。

hatarakuossan.jpg

似たような境遇の仲間に気を許したのか、はやっぱり不幸アピールを始めた。
おっさん「おまえ甘いぞ、みんな苦労してるんだ」と説教されて号泣した夜もあった。

なんか青春していた。


さてそんな気持ちの変化も影響したんだろうか、
はまた彼女ゲットに意欲燃やすようになる。なりに。

群馬上州ギャルではなくて、出会い系で知り合った別の女である。

deaikei.jpg

さいわいサクラネカマではなかった。メールでやりとり。は頑張って絵文字をたくさん入れてせっせと送った。そのへん妙にマメである。

彼女は2つ年下の22歳

tsugarukoionna_conv.jpg

やがて彼女青森に住んでると分かって、「会いたい」希望。
@津軽恋女とオフで対面することになる。

は初めて会うというのに、よれよれのチノパンとシャツ、髪はくせ毛はかまわないままで女から見るとやる気あんのかだが本人は心ひそかにメラメラしていた。それを悟られまいと無表情になってて余計ヘンだった。

「カトウ…トモヒロ…さん?」

ヒロと読めた@津軽恋女に、
「珍しいな、1回で読めた人は」と喜んだ。運命だ、きっと運命だ。

「じゃ、トモって呼んでいいですか?」
「………」←うれしさに思考停止
「えっと、あの…(馴れ馴れしすぎた?)
「あっ、ん? いいよ、なんて呼んでも。うん」

は愛車の@津軽恋女を乗せた。いちおうUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみをさりげに並べて、と。よしカンペキ、女の子はディズニーとか好きだしな

tomotsumisugi.jpg
積みすぎだよトモ


CDもラジオもかけず、かといってもしゃべんないから車内は無音である。

しーん。

seeen.jpg


「……あの…この車、ずっと乗ってるんですか?」
「前はスポーツカーだったけど、事故」
「あ、そうなんだー」






seeen.jpg






「今度、GT-R」
「はい?(わ、びっくりした)
「買いたい…今度GT-R」
「ああ、うん。そうかあ」
「…と思って…」
「…うん…」




seeen.jpg

しーーーーーん。




さいわい2人にはゲーム好き、という共有分野があった。

2人が会うとき、大抵はゲームセンターに行ってUFOキャッチャー

ufocatcher.jpg
トモ小さいよこれ

カラオケにも行った。
はアニメのしかもニッチ杉るアニメの主題歌を入れて熱唱した。


8月1日、
浅虫温泉の夏の名物、花火大会が今年も開かれた。

asamshihanabi_02.jpg

花火を見にやって来た見物客たちの中に、“トモ”@津軽恋女の姿があった。
花火をケータイの動画で撮ったり、屋台でいろいろ買って食べたり。トモって呼ばれて「ん?」って振り向いたり。ものすごくまっとうなデート状態。


今夜のは、ちょっとだけ、輝いていた。



その8日後──、海の向こうでずっと軋みつつも正常をとり繕っていた砂上の楼閣がついにぼろぼろ崩れ始めた。

その紙細工の城の名は、サブプライムローン

全世界的な市場暴落の連鎖が始まった。

当初、影響小と思われた日本もまたその荒波に呑み込まれていく。
経済も、企業も、そこらの人々も、そしても。



▽2007.08.01


▼2008.06.08


【つづく】  #06 「何か世の中の役に立ちたい」


 【事件激情】 
 *ネバダたん─史上最も可愛い殺人者 佐世保小6同級生殺人事件 
 *狭山事件と「となりのトトロ」事件編 /うわさ検証編 
 *東電OL殺人事件 
 *借りてきた「絶望」。─殺戮ゴスロリカップルと毒殺女子高生タリウム 




関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 04:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/88-6852bde6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT