PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラ 最終便 終段─続々々々【スターリン暗殺説】

unn00zenbin_b.jpgunn00mokuji_b.jpgunn00tojo_b.jpgunn00shiryo_b.jpgunn00nenpyo_b.jpg
whitespace9*6
un34_911_modoru.jpgun34nineeleven_20170928230045586.jpg
【事件激情】ウルトラ 最終便 終段─続々々々【スターリン暗殺説】



クレムリン記録保管庫スターリン毒殺を証明する非公開文書が存在
すると語った。文書によれば死因脳出血健康不良によるものという従来
の説を否定する証拠が記載されているという」

─────プラウダ2005年12月29日秘密文書が暴くスターリン毒殺





uc49ところがスタ
whitespace9*6

1953年3月1日夜半モスクワ郊外クンツェヴォ区私邸ダーチャを舞台に、

whitespace9*6
uc49けうな07
whitespace9*6

ニイタカが、“けじめ” をつける標的は、

whitespace9*6
uc49ソビエトれ
whitespace9*6
ソビエト連邦最高指導者 兼 同共産党書記長 兼 同人民委員会議議長

赤い皇帝ツァーリ

Ио́сиф Виссарио́нович Ста́лин
Joseph Stalin

ヨシフ・スターリン

 


uc49_3_4title0z.jpg 

広げすぎた大風呂敷がついに畳まれる(はず)。
そこらじゅうにばらまいた伏線は漏れなく回収できるのか?
登場する事件テロ紛争戦争、その捜査活動は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子ニイタカ乃至カーチャはじめこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりも、根拠は創造にしてソースは妄想だが、ある意図がある。



uc49_3number_lastflight02.jpg─────────un49_3cptfinal.jpg
u00redline_c_640.jpg 
whitespace9*6
uc49cptfromRussiawithlove.jpg 
whitespace10*10
───────────────────────────────続き

uc49バイナリしき

第1薬第2薬を時間差で摂取することで体内で致死毒化するバイナリ式毒薬ポイズンニイタカが入念に選んだ暗殺手段だった。

uc49からにし 
uc49スターリンはそっ
whitespace10*10
uc49このよる
whitespace10*10
この日の深夜、スターリンは側近4人を呼び寄せて徹夜の夜食会

uc49やかいa uc49やかいb
whitespace9*6
バイナリポイズン前駆体第1薬お夜食会の献立いずれかに混入された。

uc49やかいc uc49やかいd
whitespace9*6
もちろんスターリンの口にするものは酒も料理もすべて毒味済み、同席する側近たちも同じものを飲んだり喰ったりしているが、

第2薬と体内で混ざった時点で致死毒化する二段階式ゆえに、それぞれ単体では無害だからこの時点では何も起こらない。

毎回恒例フルシチョフのずんぐりむっくり海坊主ハゲを活かしたヘンテコ踊り。
スターリンには大ウケ。

uc49yo-yo-yo02.jpg 後ノリ
YO!YO!YO!YO!YO!YO!YO!YO!YO!

ヘンテコ踊り一本で出世した男フルシチョフ

uc49ブーイェー02 
whitespace6*4
ブゥルルルルンパッウーイェエエーー!


政治家の威厳まるでなし。


そして数時間後──

uc49てつやのみ
whitespace10*10
スターリンはべろべろに酔っ払った側近たちの醜態を見て
ひさびさに気分よく、さてと寝るべ、と

uc49れいのてっぺき

例の鉄壁の要塞寝室に向かう。

uc49こうてつ 
uc49うんわるく

スターリン鋼鉄寝室のベッド横には備え付けの水と酒。

uc49ベッドサ02 
uc49ベッドサイ02

どの寝室が選ばれるか分からないんですべての寝室で同じようにスターリンが就寝する直前に、すべての調度類が準備される。こちらも毒味担当によって漏れなく毒味済み。

uc49ベッドサイド 
uc49ベッドサイドの
whitespace10*10
ニイタカの計画ではダーチャ内の協力者タチアナがこのベッドサイドの飲料に
第2薬を混入することになっていた。
 
uc49このしんしつ
whitespace9*6
同志スターリンが安置におわしますますとき、寝室にそれ以外が入るのは許されない。この寝室を維持するための内装工事点検や清掃整理備品補充作業は専任の家政係警護要員に見張られながら行われる。許可なく区画に入る者は厳罰に処す也ウラー!

uc49あんちにおわ
whitespace9*6
計画上、化合物を投入するタチアナ協力者中、最も危険な役割を担うのだが、

uc49あんちにおわし
whitespace9*6
ここでもニイタカは段階式を用いて食器類に第2薬の成分を仕込み、タチアナが通常どおりに寝室で配膳することで第2薬が完成させることになっている。

第1薬入りご会食と、寝室第2薬入り飲料水の毒味役は別人だから、当然単独の毒味では何も起こらない。これでスターリンひとりだけが第1第2薬両方を口にす

uc49るはずだっ

るはずだっ

uc49そごがしょうじ

たが、そこから計画に齟齬が生じた。

uc49ばんねん
whitespace10*10
いつものご会食の夜ならスターリンは酔い覚ましに
中庭のバルコニーをひと巡りしてから寝室へ入るのだが、

uc49このよるに
whitespace10*10
気まぐれなのか酔いがきつかったのか、そのルートをはしょって直接寝室へと向かってしまった。そのため時間配分が狂い、寝室を通常どおり整える猶予がなくなった。

uc49おおあわて 全同志揃って必死
Быстро и быстро! 早く早く!
whitespace10*10
もしスターリンがやって来たとき寝室の支度が済んでいなかったら、自分の不意の予定変更が原因なのも関係なく怒り爆発するだろうし、関係者は上から下まで厳罰に処されるつまり処刑シベリア送りだろう。

uc49おおあわてで
whitespace9*6
なのでいくつもある寝室の準備は大慌てで急ごしらえされた。他の家政係も総動員でどやどやヘルプに押しかけ、手分けして寝室準備なんとか無事完了。

uc49なりゆき
whitespace10*10
この予想外のなりゆきでタチアナ寝室区画のうち2室のベッドルームに入ることができず、その2室分のベッドサイドの飲料に第2薬を投与しそこねてしまったらしく。

uc49びょうてきに
whitespace10*10
しかもこういうときほど重なるものでスターリンはよりによって第2薬を仕込みそこねた寝室のひとつを「今宵のねぐら」に選んでしまったようで。

uc49きゅうほう

涙目のタチアナから中継役を経由して問題発生の急報を受けたニイタカは、

素早く予備のプランに切り換え、彼女自ら私邸ダーチャへ。

kako-KOS9zJjHyhGPdLLo.jpg 

ニイタカは体質的にこのバイナリポイズンに常人より強い耐性を持っていたという。

もし第2薬を摂取した媒介役が直接対象に接触して第2薬を与えようとすれば、媒介役のほうも相手から第1薬を微量ながら受けとることになり、有毒化の被害を蒙ることになる。殺傷力はそれほど高かった。

uc49だがなかま

だがニイタカはこの毒性に耐えられる希少な人間だった。

幼少の頃の経験を経て、その特異な体質を得たと囁かれるが、そんなの一体どんな子供時代なんだよだが、真実はボロジンインガも知らない。

un08Goto.jpg

バイナリポイズンへの耐性を活かし、

uc49deathkiss.jpg

終戦直前、ニイタカ自身がルーズベルトに引導を与えたときと同様に、

un08わたしハ

自らが第2薬の触媒となって、暴君に届けるのだ。

uc49それができる パキッ

それができる人間はあの夜のモスクワでは、ただひとりニイタカしかいない。

un08でもわわnew0508

なぜ用心深い彼女があえて我が身を危険にさらすような予備手段をとったのか。

今夜の決行をあきらめれば、第1薬は24時間程度で変質して体外へと排泄されてしまい、第2薬の効果も当然なくなる。未遂でも怪しまれないのはいいが、最初からやり直さねばならない。

uc49つぎのじっこう

次の機会がめぐってくるのは、さらに何か月も先、下手すれば何年も先だろう。
もうそれをゆっくり待っている猶予はない、ということだ。

ニイタカは「1952年のうちに計画を実行しなければならない」とすら口にしていたが、結局うまく条件が整わず1年以上ずれこんでの、

uc49こぎつけた

ようやくこぎ着けた今夜の計画決行だった。

whitespace9*6
「どうしてニイタカさんが“1952年まで”にこだわったかはっきりしません。けど、」

uc49にほんのしゅ03
whitespace6*4
日本主権回復とか、その直前の隙を突く形で韓国李承晩イスンマン独島は我が領土とかほざいて竹島を占領したとか、そのへん日本をめぐる情勢の変化が関係あるんじゃないかと思います、たぶん。
ニイタカさんのことだからもっとバタフライ効果っぽい事情かもしれませんけど」

カーチャニイタカ日本のため働くМастер шпионовスパイマスターということは本人も協力者たちに隠そうともしていないからボロジンインガも承知している。

つまりスターリンを一刻も早く退場させるのは日本を守ることにもなるのだろう。

un08でもわnew0508

ロシア人ボロジンたちにとっても、むろんあの「狂えるグルジア人」に1分1秒でも早くこの世から去ってもらうのは利害が一致する。
だからこそボロジンたちも命懸けの計画に乗ったのだ。

独裁者の後釜になりそうな幹部会の連中だってろくでもないクズばかりだが、日に日にキチ度が急上昇中のスターリンがこのまま居座り続けるよりはるかにましだろう。

un08でもわたしもnew0508 
un08でもわたしもあnew0508

カーチャニイタカにとってもはやこれ以上は延期の余地はない。

un08でもわたしnew0508

なんとしても今夜、決着をつけなければならない。

インガはそのへん事情を推し量りながら心配していた。

「ねえボロジン、わたし、ずっと嫌な予感してしかたないんだけど」
whitespace10*10
uc49こおりのよう 
whitespace6*4
「氷のように冷静なカーチャが今夜はなんだか焦ってるように見える、そう感じない? 司令官コマンジール自身が危険を冒すのはとめた方がいいと思うのだけれど。あんたからも言ってもらえない?」

uc49たいしてボ
whitespace10*10
相方の不安に対してボロジンは、
whitespace10*10
             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____     こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


インガを豪快に笑いとばす。まあこういうキャラで通ってるし
2人して不安な顔してても仕方ねえだろウラー!

uc49なやみが 
「……あんたは悩みがなくて幸せよねえ」

なんてインガに呆れられたりしたのだが、

uc49ボロジンじゃ
whitespace10*10
ボロジン、じゃ行くね」

uc49いままで02
whitespace6*4
“Спасибо за поддержку.”
スパシーバ ザ パッディエルシュク

「今まで支えてくれて本当にありがとう」

uc49このアホ 
「このバカタレアショールが」
「へ?」
「これで見納めのような言い方をするな。どっかで変な旗が立つじゃねえか」

uc49さっさと 
「さっさと済ませてとっとと戻って来やがれ。明日にはモスクワからシベリアの果てまでてんやわんやになるんだからな。しっかり後始末もしてもらわにゃ」

uc49そうだねさ02
whitespace6*4
「そうだね、さっさと済ませてとっとと戻って来やがるよ」」

whitespace6*4
uc49カーチャや
whitespace6*4
カーチャ、」

uc49やはりきけん
whitespace6*4
「やはり危険すぎる。わざわざあんたが行くなよ」

uc49たよりにする02 

「わたしがあなたを頼りにする理由、言ったことあったっけ?」

「……いや」

uc49そういうとこ0101
whitespace6*4
「そういうところだよ」

uc49ところがこの

uc49たいしてボ
whitespace10*10
ボロジンも口にはしないものの、インガと同じように、いやそれ以上に不安。

はっきりした根拠はない、ただカーチャニイタカとここ何年か行動をともにしてきたからこそ漠然と感じるようになった。

uc49そしてわたし0101

彼女はたしかにつねに大胆かつ緻密な計画を構築する。

しかし、その度なにか違和感を覚えるのだ。

uc49ニイタカさいごの0101

完璧を期しているはずなのに、同時にどこか危うさがあるように思えて仕方ない。彼女ならそれに気づいているはずなのに、あえて一部脆いままに放置してあるというか。

uc49せいこうさせ

計画を成功させるために計算し尽くしておきながら、
一方では破綻を待っているように思えて仕方ない。

uc49はめつ

もしかすると、彼女はつねに心の奥底で自らの破滅を望んでいたのではないだろうか。

uc49そのごカー
whitespace10*10
その後、カーチャニイタカがどのようにしてどこから最高指導者の“絶対安置”に入り込んだか、ボロジンインガも知らない。

彼女はボロジンインガの系列とはリンクしない別系列の工作ネットワークも操っていた。そっちから情報を得ていたに違いない。


uc49からにし 
whitespace10*10
uc49ランプかたて02
whitespace10*10
スターリンが安置に入ってまずすることは、

uc49ランプかた
whitespace10*10
ランプ片手に部屋に暗殺者が潜んでいないか爆弾有毒ガスが仕込まれていないか隅々まで調べて調べて調べ尽くすことである。

uc49ランプかたてに02
whitespace10*10
ときには何度も何時間も。もう完全ガイキチ寸前やんけ。

最高の権力を手にした皇帝ツァーリの姿にしてはしょぼすぎだろ、ってかんじである

uc49ふうそれが なんか疲れた也
「ふう」

それが終わってようやくお休みの時間に。


uc49あのこう02

カタッ──


uc49あのこうて03
whitespace9*6
ギイ──

uc49あのこうてつ
whitespace9*6
uc49あのこうてつで02

あの鋼鉄の密室に侵入する方法をニイタカは探り出していたのだろう。

uc49えききさま
whitespace6*4
「え、き、貴様、どうやって中に」

uc49だだれか

「だ、だれ、
whitespace10*10
uc49かっこうすい
whitespace10*10
かっ

uc49きかんが

香水に溶かした第2薬がゆるやかに揮発し、その微量の芳香による刺激だけでも第1薬を摂取した者に対しては強烈なアレルギー反応をひきおこす。

uc49きかんがき

気管が急速に腫れ上がって塞がり、呼吸困難に陥り、
対象は逃げたり抵抗したり助けを呼ぶ声を発する力すら失う。

uc49assa03.jpg
whitespace10*10
uc49kissdeath_a03.jpg
whitespace10*10
uc49assas.jpg uc49assass.jpg 
uc49assassi.jpg
whitespace10*10
uc49assassin.jpg 
uc49assassinタ

uc49assassinタン

タンッ


uc49タバーリ02
whitespace10*10

uc49タバーリシ04

uc49ぐぐっ 
uc49タバーリシチ

uc49タバーリシチb ぐぐっ 
whitespace9*6
uc49けんじゅう
whitespace9*6
ゴトッ
whitespace10*10
uc49タバーリシチツ
whitespace10*10
uc49タバーリシチツァ 
“Товарищ царь, привет от японцев”
タバーリシチツァーリ、プレヴィエートオト イポーネツ

同志皇帝日本人からの挨拶よ」

そしてあらかじめ嚥下していた第2薬を唾液によって相手の体内へと投与する、

uc49しのキス03

スメルツェーニェ パツォーイ
“死の接吻”。

uc49dea02.jpg
whitespace10*10
uc49dead.jpg
whitespace10*10
uc49deado02.jpg

uc49deadofs.jpg

uc49deadof.jpg

uc49deadofst.jpg

uc49deadofsta.jpg 
uc49deadofstal.jpg

uc49deadofstali.jpg

uc49そのごカー 
uc49bl.jpg 
uc49blo.jpg 
uc49bloo.jpg


uc49blood.jpg 
uc49bloods.jpg 
uc49bloodsn.jpg 
uc49bloodsno.jpg

uc49bloodsnoww.jpg
whitespace10*10
uc49bloodsnowwa.jpg

uc49bloodsnowwal.jpg

uc49bloodsnowwalk.jpg

uc49かはっか
whitespace9*6
かはっ

uc49bloodsnowwalke.jpg
whitespace9*6
ドッ

uc49かはっかは
whitespace9*6
かはっ、かはっ、かはっ

uc49はなれて
whitespace9*6
「もう少し離れておきたかったけれど、これ以上は限界のようね」

uc49あそことむ02
whitespace9*6
「はあはあはあ。でもなんとかダーチャと結びつけられることはないか」


uc49ごめんねボ
whitespace9*6

ごめんね、ボロジン

whitespace9*6
uc49まんしん02
whitespace10*10

せっかくあなたが心配してくれたのに、

わたしの慢心で嫌な旗を回収してしまったみたいだね。

whitespace10*10
uc49ディテク
whitespace9*6

ディテクティブハチベエ

へた打って”しまいましたよ。

whitespace9*6
uc49ねんぐ04
whitespace9*6

わたしもいよいよ“年貢の納め時”でしょうか。


whitespace9*6
uc49ああもうゆび

ああ、もう指も動かなくなってきたな。

またあなたに怒られてしまいそうです。


uc49ねえゆりこ
whitespace9*6

ねえ、


百合子


uc49なまえ


ユリコという名前、気に入ってもらえるといいけど。


漢字は百合という花の名を当てはめたんだよ。


uc49いちどで03
whitespace9*6

一度でいいから、一目でいいからあなたと会いたかったな。


uc49このてで02


この手であなたを抱いてあげたかったな。


uc49なまえ02


グッドラック百合子





uc49dawn02.jpg


uc49dawnkremlin02.jpg
whitespace9*6
uc49dawndacha02.jpg

いつも遅起きの同志最高指導者が、昼を回っても起床してくる様子がないんでさすがに変に思い始めた警護班である。

uc49あんちへの 
whitespace10*10
が、ただ寝坊してるだけかもしれないし無理矢理起こしたらシベリア送りか下手すると銃殺されそうだし。だからもっとも無難な選択肢、「なんにもしない」を選んだ。

uc49けいびたい
whitespace10*10
午後をずいぶん回ってもいっこうに“金庫”内部から音沙汰なく、
さすがにおかしいと思い始める。

しかし、

寝室の解錠は現場独断じゃできない規則で、解錠には党中央委員会の許可を仰がなければならないことになっている。警護長に緊急時でも処罰覚悟で規則を破る勇気なんかないんで中央委に許可を申請。

uc49ちゅうおうい
whitespace9*6
その返事が来るまでまたもや時間がたらだら浪費され、中央委の許可が下りるまでただただ漫然とそのまま待ち続けた。

やっと許可が出て警護長は唯一の鍵を取り出し扉を解錠、鋼鉄の扉を開いて今度は中から施錠された内扉にまたもや阻まれ、それをどうにかするため中央以下繰り返し、おそるおそる奥へと足を踏み入れると、

uc49ほっさで

同志皇帝 スターリンは夜半、脳出血の発作で倒れたといわれる。

uc49deadof.jpg

午後まで密室の中でほったらかされていたことでさらに症状は悪化、もはや手遅れに。

昏睡が続き、一瞬だけ意識が回復したものの意思疎通もまったくできないまま、


4日後3月5日スターリン死んだ


uce49いんぼうろ

スターリンについて、

陰謀論屋とそのカモの意識高い系怠け界隈では暗殺説がいまだに囁かれ続けている。

ベリヤ殺鼠剤ワルファリンをワインに混ぜ込んで飲ませた!」
脳出血のはずが出血があった!を飲まされたからだ!」
「危篤なのに医者はヒルを耳後ろにくっつくけただけ、わざと治療せず放置した!」

ちなみにどの暗殺説もきちんと証拠がご開陳されたことは一度たりともない。

シモヤマインシデントと同じくいちおうは陰謀論のソースも
いちいちトレーサビリティしましたよ。

結果、下山事件陰謀論と似たようなもん。情報ソース自体が陰謀論タブロイド紙とばし記事か、あとは誤解曲解無知誇張すり替えかまったくのはい終了。
どの国どの時代でも陰謀論屋とそのカモの意識高い系の怠けは同じだウラー!

uc49Stalinassassin02.jpg
whitespace10*10
外相だったブャチェスラフ・モロトフが回顧録で「ベリヤが、“毒殺したのはオレ様だぜ”、と自慢していた」と書かれていたが、いやそんなわざわざ即死級の自慢しねーよモロトフこらチョコレートみたいな名前しやがってそれはゾなゾ。それもモロトフ自身が聞いたんしゃなく「と聞いた」っつう伝聞。まぎらわしい噂を書くんじゃねーモロトフチョコレートみたいな名前しやがってそれはゾ以下略。

あとはえーと、スターリン息子暗殺説叫んでるけどひとまず権力者の場合、利害関係者の利害の規模が大きすぎるんで話2万分の1でいいわ。

じっさい暗殺でしたなんて話が炎上すると最も疑われるのは、当然ながら直前の夜飲み会に参加し、そして真っ先に現場に駆けつけたベリヤら4人組である。

uc49ずがいこ ツァーリのお脳拝見
whitespace9*6
だから少しでも早くでも秘密裏にってパニくったあげく私邸ダーチャ内のガレージに即席解剖台置いて、スターリンの頭蓋骨をノコギリでギコギコ切って脳もろ出しでいじくり回すって異例中の異例、異様なまでに異常な病理解剖まで決行し、

whitespace9*6
uc49かいぼうの
whitespace9*6
「解剖の結果、死因は動脈硬化による脳出血で疑いようがない。しかし、」

uc49けんじゅう02
whitespace9*6
「なぜか同志スターリンの遺体のそばにこのナガンが落ちていた。製造番号を照合したが室内にあった同志スターリン古銃コレクションの1丁に間違いない」

uc49やっきょう
whitespace9*6
「問題はこれだ。弾丸が1発だけ発射されていた。遺体の手首や袖口に硝煙の臭いも残っている。遅くとも前の晩、倒れる寸前に同志自身が撃ったのは間違いない」
「暴発による誤射か、発作による錯乱で亡霊でも見た、のかな」

uc49くまなく 
「かもしれん。だが、隈無く調べたが発射された弾丸
室内のどこにもない。弾痕すら見つかってない」

uc49かいぼうの
whitespace9*6
「…………」
「つまり、死因が病死以外という可能性があるというわけか」

uc49あくまで 
「あくまで仮にだが、仮に“病死以外の死因”を公表したとするぞ。その場合、真っ先に嫌疑をかけられるのはあの夜ダーチャにいた我々4人だ」

uc49ろうどうせき02
whitespace9*6
同志たちは労働赤軍の凱歌をコーラスしながら我々を八つ裂きにするだろうな」
同志マレンコフの二重顎が安西先生並にたぷたぷされてしまうぞ」
「なぜわたしの顎のみが具体的な危機に晒されているのか」

uc49いまのとうに02
whitespace9*6
「まあ、それはおいておくとしてもだ、いまのに“病死でない死因”から発生する恐慌内紛を鎮められると思うか? 我々も含めてそれができる者がどこにいる? 同志諸君、君らはできるか?」

uc49かいぼうの
whitespace9*6
「…………」

uc49いたいが
whitespace6*4
「遺体がこれを手にしていたのは、我々4人のほかには
当直の警護班の者が見ているのではないか」

uc49けんじゅう02

「それは、任せておけ」




uc49さいこうし
whitespace9*6
最高指導者としてソビエト共産党を導いてきた同志スターリンは、
脳出血により死去し──”


uc49どうしこうてい
whitespace9*6
同志皇帝 スターリンの盛大に開催された葬儀の柩に横たわる遺体は、きれーにエンバーミングされて肖像画どおりの美化されたがっしり筋肉質のつるっつるのかっこいい「鋼鉄の人」なかんじに盛られていた。

uc49とつぜんし

皇帝ツァーリ突然死で、当たり前ながら「宮廷内」の跡目争いが始まる。
ただこの小粒な顔ぶれの誰が勝とうがその後にそんな差はないけども。

当初は権力の空白による混乱をおそれて無難にお互い様で始まった。

けっきょく“病死以外の死因”の秘密を共有したダーチャの夜の4人組同士、つうかベリヤフルシチョフの旧新勢力間で皇帝ツァーリの後釜は争われた。

uc49まずうらせかい´-`).。oO(神輿は軽いほうがええんや
whitespace9*6
まず裏世界を握るベリヤが御しやすいマレンコフを神輿にして自分は序列2位(だけど事実上トップ)の第一副首相内相を手に入れる。
ブルガーニン国防相、国家的英雄ジューコフが左遷先から返り咲き国防次官に、フルシチョフ中央委員会筆頭書記、いう集団指導体制に。

uc49だつスター
whitespace9*6
スターリン! 自由化! 民主化! 大赦100万人釈放! 拷問禁止!東西緊張緩和!

あれ?

uc49なーんかくび
whitespace6*4
「なーんか首の後ろがスースーするなあ」
「えっえっ? ちょっ?」

そもそもこのコンビとくにベリヤスターリンの手足として大粛清少数民族虐殺をさんざんっぱら仕切った張本人なんで、改革とか自由化とか脱なんとかなんて「おめーが言うな」でぜんぜん説得力ないし。

uc49クーデタ
whitespace9*6
ベリヤフルシチョフ派の宮廷クーデターであっけなく逮捕処刑、日和って寝返ったマレンコフ>あっさり降格追放、まさに三日天下。

小粒な連中らしい小粒な権力闘争でくるくる勝ち組負け組が変わった挙げ句、

uc49yo-yo-yo02.jpg 後ノリ
whitespace6*4
YO!YO!YO!YO!YO!YO!YO!YO!YO!YO!

uc49ンパンパ ガンッガンッガンッガンッ
whitespace6*4
ドゥールゥ!ンパンパンパンパンパ!

結局フルシチョフソ連領袖の座をゲットする。

uc49アイウィン
whitespace6*4
я выигрываю!
I Wiiiin!

whitespace10*10
アイ、ウィーーーーーン!

この跡目争いはたった3か月くらいの間におきた。

どちらにせよこのメンツの誰が勝とうがそんな差はないけども。

ちなみにベリヤ秘密警察党幹部警護要員まで一手に握ってたのは、よっぽどフルシチョフたちには恐怖だったらしく、まあそりゃそうだ。権力争いでめっちゃアドバンテージあるわ。

なので、ベリヤの黒くデカすぎるお役所は瞬速で解体された。内務省から秘密警察諜報部門が切り離され、さらにからレベルに格下げされ、KGB@ソ連国家保安委員会へと再編される。

uc49bkkgbスパイしききおくじゅつ

米ソ冷戦スーパーヒール誕生の瞬間である。

フルシチョフ政権は国防相KGB議長幹部会改め政治局入り禁止ルールをつくり、政治がらみの影響力を徹底的に削いだ。どんだけイヤだったんだよ。

この出禁ルールは1972年に緩和されるまで続いた。

90年代生まれ以後に生まれた世代は、もはやKGBを(下手したらソ連でさえ)知らなかったりするが、
whitespace10*10
uc49まあこう
whitespace6*4
まあ↑こういう人も属していたとこだよっつうと、ちいとは親近感も
whitespace10*10
tatarijaaa01x250.gif マーダーズ オブ カントリーからまた濃茶の婆 意味はない
湧くじゃろうてえええええ

uc49アイゼンハ
whitespace9*6
スターリンフルシチョフ襲名、そして一方のアメリカでも延々と20年も政権をつづけた民主党から共和党に与党が交替、ドワイト・アイゼンハワー大統領が就任したことで、大きく国際社会の空気が変わった。

冷戦最初の代理戦争である朝鮮戦争もまた新局面に。

戦線と同じく長らく膠着してた停戦交渉も急速に動き出し、

uc49はんもんて
whitespace10*10
スターリンがくたばってわずか4か月後7月27日板門店西側陣営@国連軍つまりアメリカ軍司令官と、東側陣営@北朝鮮中国人民志願軍朝鮮における軍事休戦に関する一方国際連合軍司令部総司令官と他方朝鮮人民軍最高司令官および中国人民志願軍司令員との間の協定なッげーよに署名、やっと休戦が成立した。

3年間ぶっ殺し合っといてけっきょく北緯38度軍事境界線38度線がまた“国境”になる。なにこの振り出しに戻った的な脱力感。

un15われはゆ
whitespace10*10
ちなみに韓国代表がなんでこの場にいないんだよっていうと、大統領李承晩イスンマン徹底抗戦米軍に前のほうで戦ってもらってそのあいだに自分は我が領土独島ゲット)主張しつづけて停戦拒否

そんな寝言ガン無視されて交渉はさくさく進められ、だからして怒りのアフガいや韓国は欠席、もちろん署名もない。つまりは無視されたんである。

なので今にいたるも韓国政府休戦の当事者ではなく、
どうイキってもそれどうこうする資格がそもそもない。

uc491956ねん
whitespace9*6
そして1956年2月最高指導者第一書記 フルシチョフ党大会で衝撃的な大暴露。

隠され続けてきたスターリン時代の大粛清共産党上級幹部クラスのなんと95%処刑、官民あわせて1600万人犠牲に──という悪行の数々をぶっちゃけ、その原因となった「スターリン個人崇拝」もコキ下ろした。

uc49bkスターリンひはん
whitespace9*6
スターリン批判」である。

独裁者が次の独裁者に取って代わられるときの常套手段みたいなもんだが、

にしてもあまりにインパクトが強すぎるネガティブ事実だし、初めは内輪向けの党大会だけ限定公開だった。

もちろんそんなどえれー話、ネット掲示板もSNSもない当時ですら完全に隠蔽できるはずもなく、まもなくアメリカも嗅ぎつけ、すーぐ大々的に全世界に知れわたる。

uc49もうたくと
whitespace9*6
毛沢東スターリン批判を知ってぶち切れ、フルシチョフソ連に絶縁状を突きつけた。スターリン兄貴を慕ってたからじゃなく、「事実上の下克上上等宣言」に明日は我が身と焦ったんである。

このとき以来、本来なら力を合わせて西側陣営とケンカするはずの中ソは長い長い敵対状態となり、東側陣営冷戦の初っぱなからつまずくんである。
まあ内ゲバはこういう系の仕様だしね。


uc49bloodsnowwal.jpg

一方、カーチャニイタカはその後──

uc49ごうりゅう

ボロジンは合流地点の近くを探し回り、やがて血痕を見つけた。
生命にかかわる大量の出血だった。

uc49すうじつご

後日、危険をおかしてボロジンインガエージェント仲間は、
血痕が途絶えた場所にひそかに集結、雪を掘り起こした。

だがそこにカーチャは見つからなかった。亡骸すらも。

uc49こんやはむり
whitespace6*4
ボロジン、もう今夜は無理だよ」

uc49いやまだだ
whitespace6*4
「いや、まだだッ
「あれから大雪は降っていないから深くは埋まってないと思うし」
うるさいッ

uc49ダメだカ
whitespace6*4
ダメだカーチャがしくじって死ぬはずはないッ」

uc49あっちゃならん 
そんなことはあっちゃならん!

uc49くそっくそ
whitespace6*4
「くそっ、くそっ、どこだ!

uc49おいボロ
whitespace10*10
uc49おいボロジ
whitespace6*4
「おい、ボロジンよ。インガの言うとおりだ。気持ちはわかるが、
この人数で長居しすぎると怪しまれる。あきらめろ」

uc49おいボロジン
whitespace10*10
「おい? ボロジン?」

uc49なんじゃ
whitespace10*10
uc49なんじゃこ02
whitespace9*6
「なんじゃこりゃあ」

uc49これカーチャの02 
「……これ、カーチャのだよ」
「あん? こんな壊れたボロい眼鏡かけてなかったぞ」

uc49ぜったいまちがい02
whitespace6*4
「絶対間違いない。カーチャが大切そうに持ち歩いてるの見たことあるんだ。使ってるんじゃなくてお守りみたいに扱ってた」

uc49いととようじ02

楊枝で不器用に応急修理された丸眼鏡

それが我々に彼女の残していった唯一のものだった。

uc49だがそこに

この眼鏡以外には何も見つからなかった。

亡骸も、遺留品も。

uc49それいらい

それ以来、カーチャの行方も生死さえも分からないまま。

ソ連当局に捕まった様子もなく、病院に担ぎ込まれた人々にもカーチャらしい女はいなかった。中国大使館が保護した様子もない。

煙のように忽然と消えてしまった。

uc49わたしボロ02
whitespace10*10
私=ボロジンカーチャが無事逃げ延びて、どこかで生きていると信じたい。

インガが言うには、以前カーチャは、日本に自分のがいると
一度だけぽつりと洩らしたことがあるそうだ。

だからこれを日本にいるカーチャの友であるあなたに送る。

uc49いととようじ02

もし知っていたら、に形見として渡してくれないだろうか、
これを受けとるのにふさわしいカーチャの娘に。

uc49ガラガ
whitespace10*10
「この“日本にいるカーチャの友であるあなた”というのは、
黄金町弁護士先生の伯父さん*【最終便 -終段 続々】のことです」

uc49ごめんく
whitespace10*10
伯父さん先生はボロジンの頼みに応えようとしたんでしょうね。白鳥家の養母眼鏡を託しました、わたしに渡すようにと」

u13あんたの
whitespace10*10
「ただ養母はわたしに眼鏡を渡さず隠しました。でもさすがに捨てはしなかった。数年後、わたしが実家の納戸で見つけて、いま眼鏡はここにある」

uc49ぜんぶで02

「その後、ニイタカはどうなった?」
「生死ともに分からないままです。先ほどのボロジンの便りが日付的にも最後の連絡でした。それきり一切の通信は途絶えました。以後なにも」

uc49ニイタカさん1220
whitespace6*4
50年くらい前に書かれた手紙、と考えたらこのボロジンとかインガって人もいま生きてるかどうか分からないし、そもそも本名じゃなくてコードネームだろうし、身バレしないように擬装もしてたろうし、ソ連当局も見つけられなかった彼らの組織です。今さら探しようもないんですよね。うーんこの先はもう辿りようもないかな」

「そうか」

uc49んむすめ
whitespace6*4
「ん? “”がいる、と言ったのか? となるとニイタカ白鳥の“母親”なのか?」

「えーとですね、それについて、情報の断片をつなぎ合わせて類推しました」

uc49わたしとけいし02
whitespace6*4
「これはわたしと警視のことにも関係することだと思うので、
包み隠さず知らせないといけないと思いまして」

uc49せいざし
whitespace10*10
「正座しないといけないようなことなのか?」
「はい、わたしの知るかぎりの話を聞いたうえで、わたしとの関係をどうなさるか
警視の判断にお任せします」

uc49えっとちょ 
「えっと、」

uc49いっぱい
whitespace6*4
「ちょっと一杯ひっかけていいですか」
「なんでいきなり飲む?」

uc49くいー くいー
「こうでもしなきゃ最後まで言い切る自信ないんで」

uc49わたしとけいし02
whitespace6*4
「では改めまして、」

uc49アウシュ 
un32フランクフ 
un32フランク 
un32えあれお
whitespace10*10
「わたしはニイタカさんの──」


──ということが、*【終段 ─続】終盤の数日前、
白鳥横浜行きからまもなくおきた出来事である


そして舞台は、ふたたび、

December, 2001
2001年12月──

uc49ゆうしれんごう

有志連合諸国軍によるアルカイダ討伐中アフガニスタン──

uc49すべてのイ 
uc49このもう02
whitespace10*10
アメリカアルカイダの籠もる山岳地下要塞( )「ライオンの棲処」を猛空爆で粉砕、

uc49おそまき
whitespace10*10
CIA工作班米特殊部隊反タリバーン部族共同作戦によって
トラボラ包囲網がじわじわ狭まる一方、

uc49オサマビ 
uc49オサマビン 
uc49オサマビンラ
whitespace10*10
オサマ・ビンラディンアイマン・ザワヒリら指導者たちは峻険な山岳地帯に紛れて追跡を躱し、アルカイダ支持派の村落を転々としつつ、国境を越えてパキスタン側の連邦直轄部族地域トライバルエリアへの逃亡をはかってい

uc49るところ
whitespace9*6

るところだが、

uc49911アメ

9.11アメリカ同時多発テロをめぐる陰謀の物語コンスピラシークロニクルは、

whitespace9*6
uc49さいしゅうまく



ウルトラ最終幕、最後の一瞬へと向かう。


──次便・次々便 更新予定──
事件激情ウルトラ 最終便 終段続々々々陰謀のネオコンズ
事件激情ウルトラ 最終便 )【ニューワールドオーダー
whitespace6*4
u00redline_c_640_2018042523410874d.jpg
whitespace9*6
unn00zenbin_b.jpgunn00mokuji_b.jpgunn00tojo_b.jpgunn00shiryo_b.jpgunn00nenpyo_b.jpg
whitespace9*6
un34_911_modoru.jpgun34nineeleven_20170928230045586.jpg
 
関連記事
スポンサーサイト



| 事件激情 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/654-ac5f221f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT