PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラ 最終便【POST - 9.11】

unn00zenbin_b.jpgunn00mokuji_b.jpgunn00tojo_b.jpgunn00shiryo_b.jpgunn00nenpyo_b.jpg
whitespace9*6
un34nineeleven_20170928230045586.jpgunn00spacecover.jpg
【事件激情】ウルトラ 最終便【POST - 9.11】





私は、我が国の政治の粗野と混乱を憎む
私は民主主義憎む。私は新聞憎む。私は民衆憎む
私はアメリカ憎む


──────────ジョージ・ケナン





30th September, 2001
2001年9月30日

Sunday
日曜日

New York
ニューヨーク

uc49ミスシラ02

「ミスシラトリ、おかげで君の基本的な生体検査項目はひと通り終了できた」

「おーこれで人類は病気がさくっと治るし若返るし背も高くなるんですね!」


uc49いやまあそれ

「いやまあそれは、実現するとしてもずっと先の話だがね。まずこれから膨大な解析だ。なにはともあれ積極的な協力を感謝する、ミスシラトリ

un22newy.jpg

「いえ、報酬たんまりと聞い……じゃなくて医学が進歩して一人でも多くの人が助かるならこれくらいなんでもありませんっキリッ」
「もし追加の検査をお願いすることになっても日本の提携医療機関で検査できるよう手配してある。帰国してくれても影響はないよ。ところで確認したいんだが──」

uc49きみはう 
「君は子供の頃、アムール河流域に年単位で居住したことはあるかね」
「へ?」

uc49ほっかい
whitespace6*4
北海道なら2、3歳から18歳まで住んでいました。地球規模で見れば近いっちゃ近いですわね、でも成人するまでアムール河どころか大陸には行ったこともなかったです。それがなにか問題でも?」

uc49きみのこつ 
「君の骨細胞を調べていたんだが、過去に腎性出血熱B種に罹患した痕跡がみられた。おそらく罹患と治癒は4歳から7歳ていどの小児期だ」
「わたし、そんなご大層な病気罹ったことないと思いますけど。ちんまい頃から健康なだけが取り柄で」

un11そうした 
「この疾病のとくにB種はアムール下流域の一部でのみ確認された古い風土病だ。現地特有の環境が影響するのか海外での罹患例はない。幸い重篤化せずに済んだようだが。しかし君自身に心当たりがないとなると、また新しい謎が生まれる」

uc49もしかして 
「もしかして遺伝っていうか、わたしの親が罹ってその痕跡?が遺伝したとか?」
「うん? 君、何か心当たりがあるのかい」

un11そうしたま 
un11にほんじ
whitespace6*4
「わたしの実親かどうかは分かりませんけど、わたしより一世代前の母親かごく近い肉親かもしない女性がいました。1920年前後、その人は9歳頃までアムール河沿岸のニコラエフスクに住んでいたことがあります」*【第11便】

uc49そのちすじ04
whitespace6*4
「その血筋っていうか遺伝っていうか、そんな可能性ってありますか?」

un11にこうじけんこ02 
un11たいしてに 
un11にこうじけんこく
whitespace9*6
「たしかにその女性ならば条件を満たしている。小児期に罹患する環境下にいたわけだ。また数百世代前の病変が生物のゲノム情報に組み込まれて受け継がれる事例がないこともない」

uc49だがこのふうど 
「だが、この風土病は、その痕跡が子世代まで継承されることはないんだ」
「そうかー、じゃ関係ないんですね」

「うーむ、関係ないどころか的中かもしれん」
「的中って?」

uc49つまりミス 
「つまりミスシラトリ、君がその女性本人同一人物でない限り、
この一致は起こらないのだよ」


uc49えはてな02



「え?」



uc49_1logo02.jpg 

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査活動は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子はじめこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりも、根拠は創造にしてソースは妄想だが、ある意図がある。


Information
*【第33便】*【第48便】内「パキスタンアフメド三軍統合情報局長官モハメド・アタたちに軍資金を送金していた」についての*誤報のお知らせと懺悔訂正


uc49_1number_lastflight.jpg uc49_1cptupper.jpg
u00redline_c_640.jpg 
uc49_1cpt_andlastman.jpg


──子供たちが心配だわ。
──しかし子供連れで冬のアムール河を越えて逃げるのは無理だ。



うるさいなー、誰の声?


uc49だれかいい 
──でもあいつら、いやらしい目で娘を……
──おい、あの子はまだ9歳だぞ!
──あなたはその場で見てないから分からないのよ!

誰か言い合いしてる。

uc49あのならずもの 
──春が来れば日本軍も戻ってくるさ。
──あのならず者たちが春まで紳士的でいてくれるとでも?

──しっ、韓人会がやつらの手先になってる疑いがある。赤軍クラースナヤアールミアに密告されるぞ。子供たちにも連中に気を許すなとよく言い聞かせておけ。

赤軍日本軍? …何時代の話?

アムール河……もしかして、

ここニコラエフスク

尼港事件の起きる前の?

uc49ママをおこ 
‘Не сердись на свою маму. Пожалуйста. Папа.’
ママを怒らないであげて、パパ

uc49こえがおおきく 
‘Наш голос достаточно громкий, чтобы разбудить тебя.
Прости.Не беспокойся.’

「声が大きくて起こしてしまったね。ごめんよ。なんでもないからね」

uc49さあおいで 
‘Давай давай, Моя милая девушка.’
「さあおいで、わたしの可愛い娘」
‘Да мама’
「うん、マーマ

uc49わたしのかわいい 
‘Моя милая девушка, Юрико.’
「わたしの可愛い娘、百合子


uc49うーメガネ


うー、またメガネのまま寝落ちしちまってたぜ。
whitespace10*10
uc49まったくへん
whitespace6*4
まったく先生! 変な話聞いたからおかしな夢見ちまったじゃんよ。


1st October, 2001
2001年10月1日

Monday
月曜日

20 days later of 9.11
9.11から20日後──

uc49アメリカせいふ

米政府は同盟国に対して、オサマ・ビンラディン9.11関与の証拠を開示。

諸悪の根源オサマ・ビンラディンを滅ぼすには、国際社会に背を向け、アルカイダを匿うタリバーンを排除すること、そのためにもアフガニスタン攻撃は不可欠である!

野獣死すべし!


Washington D.C.
ワシントンD.C.
whitespace9*6
uc49わたしはいそが
whitespace10*10
「私は忙しいのだミスシラトリワトソン副長官補の顔を立てて面会を許したが、」

uc49いったとおり 
「言ったとおり5分しか時間は割けんからな」

uc49あーはい3ぷん02
whitespace6*4
「あーはい、5分もかかりません」

uc491ぷんで06
whitespace6*4
2分で済みますよ。わたしもいろいろ予定が詰まってるので、
あなたに割く時間など2分で充分です」

uc49なんだその
whitespace6*4
「なんだその失敬な物言いは。日本警察では礼儀作法も教えんのか。調子に乗っているとただでは済まさ…」

“私だ、どうした?”

uc49アメリカン77 
アメリカン77便アルカイダが乗っており、ハイジャックが目的だと、ゴードンが言っていますが、どうしましょう?”
小者の戯れ事など耳を貸す必要はない。捨て置け


uc49なんだその

オニーーーール、これで貴様ら終わりだぬははは



uc49なんだその 
「……どこでそれを」

uc49このはつげん04
whitespace6*4
「このあなたの発言はあなたが明らかにアメリカン77便ペンタゴンにむけて離陸するのを止めるチャンスを恣意的に無視した証拠ですね」

uc49ほうてきに 
「法的にこんなもの意味ないぞ」

uc49ええへいじ 
「ええ、平時ならそうですね。でもいまポカをして真っ青な皆さんがより大きいポカをやらかしたスケープゴートを血眼になって探してますから、この法的に意味のない録音はさぞ歓迎されるでしょうね」

uc49なにがのぞみ 
「何が望みだ」
「望み? あなたにしてほしいことなんてありませんよ」

uc49あなたにせん
whitespace6*4
「あなたに選択肢はありません。とっととFBIを辞めてここから去ること。そして二度と治安関係の公職に就かないことです。内々定してる司法省に栄転する話も辞退しなさい。引き継ぎ期間くらいは猶予あげます。副長官の後任が困るでしょうし」
「え、いや、そ……」

uc49はなしあおう 
「ま、まあ、待て、話し合おうではないか」

uc48はいでは1ぷん03
whitespace6*4
「はい、では2分経ちましたので帰りますね」
「ま、待ちたまえッ」

uc49とっととうせ 
「それでは、とっととお失せください、閣下」

uc49あちょっ 
「あ、ちょっ」

バタン


uc49あちょっ

11月30日トマス・ピカードFBI副長官をとつぜん辞職FBIから去る。

ロバート・モラー3世長官は「ピカード氏は長年FBIに献身的に奉仕し、困難極まる捜査や革新的な事案に携わり、現在FBIと我が国が直面している難題の対処においても優れたリーダーシップを発揮してきた。彼の離任はFBI、我が国、世界の法執行機関にとって大きな損失となるだろう」とコメントした。


Princeton, New Jersey
Institute for Advanced Study

ニュージャージー州プリンストン
ブリンストン高等研究所

whitespace6*4
uc48ぼくもとし 
「ミスターオニールは残念だったな」

「はい、喧嘩ばかりしてましたが、大事な友達でした」

uc49しょうじきき
whitespace6*4
「正直教授との約束を守ったと言っていいのか微妙な気分です。結局テロ自体は防げなかったし、電話をいただくまで、あれでよかったのだろうかと迷っていました」

「君は破天荒だがそういうところはやはり日本人だな。世界はやってもいない成果を自らの手柄と声高に主張する者であふれているというのに。その謙虚さは日本的な美徳のひとつだが、ときには致命的な弱点にもなりかねんぞ?」

uc49いいかねきみ 
「いいかね、君はユナイテッドステイツがまたもや明後日の方向へと戦争を吹っかけるのを食い止めた。それが ‘アメリカを救う’ ということだよ。私に君の活躍ぶりを知らせたミスタークラークも同じ意見だった。自信を持てばいい」

uc49そうですか03 
「そうですか、ディックもそう言ってくれたんですね……」

「君はよき友、よき仲間たちに恵まれたな」
「はい、わたしにはもったいなさ過ぎるくらいの人たちです」

uc49でもくい
whitespace6*4
「でも、食い止められたのはあの状況下でたまたま条件が揃ったからです。超大国のトップと政府が本気で戦争したがっているのを個人の力で何度も阻むことなんてできません。1年後か2年後か、次は止められないですよ」

uc49ひょうてき 
「標的はやっぱりイラクでしょうし、名目は定番の大量破壊兵器辺りでしょうか。どのみち最悪の結果を招くと思いますけど、もうわたしに止められるものではありません」

「そこまで君に求めるのは筋違いだろう。次を止めるのはアメリカ自身の仕事だよ」

uc49きょうはぼくが 
「というわけで、今日は僕が君との約束をはたすために呼んだ」

uc49かんぜんなる
whitespace10*10
完全なる情報提供者が、いま隣の部屋で君を待っている」

uc49ひつような02

「必要なことはすでに伝えてある。さあ行きたまえ」

uc49はじめま 
uc49はじめまし 
uc49ケナンき 
uc49ケナンきょ

「はじめまして」

uc49さていらぬ 
ケナン教授と誓約を交わした。君のヒアリングに対して、党派党略抜き、個人的な利害や主義主張一切抜きで歪曲されない事実のみに基づき答える、と」

uc49ここできみ02

「ここで君と会ったことは決して誰にも漏らさない。ここでの君の質問、私の答えた内容についてもこの部屋を出た時点ですべて忘れ、この部屋から外へは出さない。ケナン教授に対してさえも、だ。すべて承知している」

uc49しかしなぜ 
「しかしなぜ私に? 私は名指しで意見を求められる立場にいる者ではないが、」

uc49といかん

「……と、いかん。理由を聞かないのも教授との約束に含まれていたんだった、ついね、失礼した、こちらからは何も尋ねないよ」

uc49ケナンきょう 
「要らぬ前置きは抜きにしようか。互いの背景を知らない方がよさそうだ」

あッ、ちょっ、えっとあのう」
whitespace10*10
uc49むひょうじょう0202
whitespace6*4
「わたしがさっきから無表情で喋らないのはですね、怒ってたりクールぶってるわけではなくて、めちゃくちゃ緊張してテンパってるだけですから!
ほんとに感謝の気持ち盛りだくさんなんです! ほんとです!」

uc49どうかケナン02 ええ保身ですとも
「どうかケナン教授になんだあの失礼な女はとか言いつけないでじゃなくてえっととにかくごめんなさいっ。ほんとは今日よりもうちょい気さくでちょっとだけいいやつ寄りで、媚びだって売りまくるんです。ですからどうか気を悪くしないでください。ケナン教授にひとつも落ち度はありません、わたしがコミュ力不足だからなんです」


uc49ケナンきょう




「ぷっ」

uc49わかった 
「ああそうなのか、緊張しているのは僕も同じだよ」
「はい、すみません、頑張ります」

「ほっとした。教授に聞いたイメージと最初違いすぎてどうしようかと思ったよ」
「え、あの、それはどんなイメージ……あ、やっぱ聞かない方がいいです」

uc49なのでえっと
whitespace6*4
「なので、えっと遅れましたけど、はじめまして。変なお願いに応じていただいてありがとうございます、わたし、シラトリと申します」

「あ、あれ? 君、匿名にするんじゃなかったのかね?」
「あ、そうか。そういやそうでしたね。言っちまいましたよ。えっと、んーまあめんどいんでもう解禁でいいや。じゃ、最初の質問いいでしょうか?」

uc49でもくい 
「え? なぜそんなことを聞くのかね、なにか関係が──あ、詮索無用だったな、しかし風変わりな質問だね」
「えーと、わたし的には理に適ってるつもりですけど、これだけ聞けば変に聞こえるでしょうね、すみません」
「いや、こっちこそすまん。それについての答えは……」

uc49きょうは 
「今日はありがとうございました、教授
「彼から何をヒアリングしたかは聞かないよ。君と日本の未来に少しでも役立てたのを祈っておる。随分と和やかに進んだようだな」

「はあ、ポンコツなわたしのせいでグダグダに…。ニイタカさんならもっとかっこよクールに進められたんでしょうけど」
「彼女は彼女、君は君だよ。君のやりかたも僕は好きだよ」

uc49ニイタカさん 
「じつはですね、教授のご意見伺いたいことが。ニイタカさんの件で……」

uc49どういつ 
「ふむ、同一人物でなければ起こりえない医学的な一致か」
「こんな不思議ちゃんみたいな話、教授のほかに相談できる人いなくて」

uc49もしけんさ 
「もし検査結果の細胞に見つかった風土病の痕跡の一致の示すとおり、君とニイタカ同一人物だったとすると、君は少なくとも90歳は超えているということになるな。しかしさすがに僕と同世代には見えないぞ」

uc49じつねんれい04 老けメイクしてます
whitespace6*4
「いやーでも実年齢にすら見えないですからねわたし。さらに脳出血から謎の生還してますます若返ってるんで。さすがにおかしすぎですよ。これだけトンデモが続いてるなら同一人物説もあり得るんじゃないかと」

「僕はまた別の解があるように思うが、ワールドトレードセンター崩壊ニイタカに関わる手紙文書が失われてしまったのが悔やまれるな」

uc46さいごにあ

「それであの夢のニイタカさんが最後に言った“問題”を思い出したんです」

uc46Good0101.jpg

「ふむ……、青い鳥はどこにいたでしょうか、か」

「まあ、あれがわたしの夢なら、所詮わたし自身の思いつきなワケで、考察しても意味ないかもしれないですけど、同一人物説と合わせると、どうしても気になって……」

uc49いみなき 
「夢だとしても意味なきことではないと思うな。仮に君と対話したニイタカが夢の産物だったとしても、こう考えてみたらどうかね。君が無意識に心の奥底で感じたものが夢を通して君に語りかけてきたのかもしれん。

まあ僕は遺伝学心理学も専攻ではないから思いつきに過ぎな

uc49スコーン
whitespace10*10
って、聞いとるかね?
「あ、ふみまへん。このスコーンおいしすぎて途中から耳を素通りしてました」
「じつは君たいして悩んどらんだろ」

uc49むいしき 
「わたしが無意識には理解していても、自分では理解してないと思い込んでいること、ですか? 意識下のなんちゃらしゃんみたいな」

uc49あおいとり
whitespace6*4
青い鳥はどこにいたか。これはひねった謎かけではなく、そのままの意味として受けとってよいのではないかな」

uc49きょうだいの 
「たしか、あの話は家で飼ってる小鳥がじつは幸せの青い鳥ってオチでしたよね? ……ん?」

uc49あれ 
あれ?

「気づいたようだね、ユリコ

uc49かこといかに 
「過去といかにして向き合うか、あとはユリコの覚悟次第だろう」


国務省随一のソ連通として、封じ込めを中心にアメリカ冷戦外交をプランニングした“冷戦の設計者ジョージ・フロスト・ケナン

欧州圏での経済封鎖中心のプランを拡大解釈して、世界全域軍事面まで冷戦をエスカレートさせた米政府に、容易に乗せられる米国民の衆愚ぶりに、その集積体である怪物アメリカ」に、複雑な愛憎入り交じった念を抱き続けた。

uc49こくむしょう 
晩年もプリンストンで過ごし、2005年、同地で死去101歳の長寿を終えた。

アメリカが懲りずにまたもや愚かな戦争を始めた2003年
最晩年のケナンの心境はいかなるものだったか。

uc49せんじつ
whitespace10*10
「先日は私だけ一方的に言いたいことを言って去ってしまってすまない。
これだからジョンに怒られるんだな」

uc49いまさら 
「今さらだが、私の独り相撲で君を困らせてしまったかと心配になった。
それとも私にも少しくらいチャンスはあったかい?」

uc49しょうじき03 モテ期終了の瞬間でした
「正直に言うね。あのときまであなたとのことマジで迷いまくって悩んでました! ひどいなー。おかげでわたしなんにもリアクションしないうちにフラれた気分だよ」
“そうか、重ねて申し訳なかった。でもそう聞いて嬉しいよ”

uc49おたがい 
「お互いこの世界にいれば顔を合わせることもあるだろうね」
“いやいやこれからもメールだって電話だってするしごはん誘うし普通に会っていっぱい話したいよ。希少種の情報機械仲間なんだから水くさいこと言わないの!”


uc49あのねー
whitespace10*10
いま目が回るくらい忙しいんだから!くだらない電話してくんな!

uc49はぁにほん 
「はぁ? 日本に帰るうう? わたしにひとこともなく唐突すぎ!」
“まージェニぱんにはかなり迷惑かけちゃったんで、ごめんって言いたくてさ”

uc49じゃめが03 
「じゃ、目も回ってるみたいだしこのへんで切るね」

uc49こらまだ
whitespace6*4
こらまだ切っていいって言ってないでしょ!


2nd October
10月2日

Tuesday
火曜日

uc49nato.jpg
whitespace9*6
この日、NATO@北大西洋条約機構加盟国テロ組織アルカイダを匿うアフガニスタンを実効支配中のタリバーン政権@絶賛非公認に対して、集団的自衛権発動を宣言する。

un12june.jpg 
「それじゃもろもろ手続きお願い、じ  警視
白鳥いま、じいやって言いかけただろ」

un12まそのし
whitespace6*4
「みんなのおかげでわたし、なんとか無事に日本に帰れるよ。ほんとありがとう。この2か月くらいみたいにほぼニューヨーク常駐ってわけじゃないけど、またちょくちょくこっちに来るし、そのときはみんなまたよろしくね」

uc49いくらわたし
whitespace6*4
「いくらわたしが才色兼備で非の打ち所もないファッショナブルフェミニンな天才捜査官でもやっぱり一人では何もできなかった。みんなに助けられてばかりで何も返せてないけど、この恩は忘れないから」

「例によって謙虚なのか自慢しいなのか分からんのがユリコらしいな」

uc49ダンまたね 
whitespace9*6
ダン、またね!」

uc49ユリコず 
ユリコ、あ、あ、あなたのことがずっと好きでした」

uc49あなたのこころ 号泣
「でも、あなたの心がオニール主任の虜だと重々分かってたんですううわああん」

いやいやちょっ待て! わたしとやる太郎のどこをどう見てたらその解釈になる?」

uc49それじゃまたジョン
whitespace9*6
「それじゃ、またジョン
「ああ、元気でな」
やったーっ、初めて間違えずに当たったーっ

uc49それじゃまたジョン
whitespace9*6
「じゃあ、ジョンもまたね!」
「なぜそこでマイクと言わず2回ジョンと言うんだ?」

uc49スティービー
whitespace9*6
スティービーも、ありがと」
「うむ」

uc49カッターな

「あ、来てくれたんだね、ウッドペ
カッターな。夜勤前で暇だったから寄っただけだ」

チュリポーンも、兵士ザップもありがと!」

uc49へいしザ03
whitespace6*4
兵士ザップが丹精こめて先週仕込んだ生春巻き日本への土産に」
だから売れ残った生ゴミ持ってくんなハゲ!

uc49ユリコーは ひしっ
whitespace6*4
ユリコーは離ればなれになってもずっとわたしの妹だからね」
「いやだからさすがにって……」



uc49ユリコーさらに02



uc49ユリコーさらに02 
「……ユリコー、またでかくなってね? わたし、ママにぶら下がる子供状態だよ」
「そうだけど、せめてでかくじゃなくて背が高くって言ってよ」

uc49わたしがいなく
whitespace10*10
「わたしがいなくなっても家賃はずっと月25セントだから心配しないでいいよ」
「それよりユリコーとお別れなほうがずっと悲しいよ!」

uc49おかしい 
「おかしい。シラトリ帰るなったとき、チュリポーン家賃値上げの心配ばかり言っていた。家賃ずっと同じと知ったら大喜びしていたではないか」
おめーは余計なことばっかしゃべんなハゲ!

uc49じゃみん 
uc49じゃみんな02
whitespace10*10
uc49じゃみんなまx 
uc49じゃみんなまxx
whitespace10*10
uc49じゃみんなまxy 
uc49じゃみんなまxyy

uc49じゃみんなまた03
whitespace6*4
「じゃみんな、また来るね!

uc49きゅうに 
uc49きゅうにわ02 
uc49きゅうにわが
whitespace6*4
「急に我が儘こいてすみません、警視

uc49まあいいさ02
whitespace6*4
「まあ、いいさ。ここまで引っ張ったんだから、寄り道くらい」

uc49ほっかいどう

札幌だって日本には違いないからな」

uc49えおまき 
「……え、おま……君は、百合子、なのか?」

uc49u19あやこさんお
whitespace6*4
「ご無沙汰してます。急なアポに応じてくれてありがとう」

uc49あれから 
「最後に会ってから何年経つ?」
高校卒業以来かな」
「いや通夜のときに──、あ、おまえは来なかったな」

uc49u19あやこさんあ 香典も突っ返されたし
「行ったよ。でも中に入れてもらえなかった。忘れたの?」
「そうか、そうだったな」

uc49しかしおどろいた
「しかし驚いた、百合子は昔とまったく変わってないな」

「あーうん、わたしマジで年取らないから。でもあなたも……」

uc49とうひ 大変なんだ
北海道の寒さって頭皮にきついんだね」
「ಠ益ಠ 」

uc49おにいちゃん
whitespace6*4
「久しぶり、お養兄にいちゃん



ウルトラ 最終便 -中段 エンド オブ ヒストリー】へとつづく
u00redline_c_640_2018042523410874d.jpg 
unn00zenbin_b.jpgunn00mokuji_b.jpgunn00tojo_b.jpgunn00shiryo_b.jpgunn00nenpyo_b.jpg
whitespace9*6
un34nineeleven_20170928230045586.jpgunn00spacecover.jpg

パキスタン軍高官の疑惑について誤報のお知らせと懺悔訂正    戻る
whitespace9*6
u00redline_c_640.jpg
whitespace9*6
uc48べいせいふ
whitespace9*6
*【第33便】*【第48便】内でふれたパキスタンISI@三軍統合情報局長官マフムード・アフメド中将モハメド・アタたち9.11実行犯軍資金を送金していた、というくだりだけども、これ実はまったくの誤報がソースのつまりフェイクニュースで、この誤報がソースになった陰謀論も出てたりする。そういう英文資料も事前にゲットしておきながら、埋もれてすーかり忘れて見落としていたんで、アフメド中将もとんだ濡れ衣であったすまんこってす。

これの出所は、パキスタンインドの新聞の誤報ISIとのつながり疑惑の強いカシミール系過激派ハルカトゥル・ムジャヒディンメンバーオマル・サイード・シェイクと、アルカイダ金庫番ムスタファ・アブ・アルヤジドの別名シェイク・サイード・アルマスリの名前が似ていたことから新聞社が混同して「ISIがつながってるアルカイダメンを通してモハメド・アタたちに送金した」という誤報を出してしまったんである。

実際にパキスタン軍タリバーンとの癒着は限りなく黒に近いグレーで、その黒養分が濃すぎてアフメド中将がクビにされたのは事実だし、タリバーンの密接な連携相手アルカイダと1ミクロンも無関係かというと悪魔の証明状態だけども、少なくとも9.11軍資金送金疑惑については誤報濡れ衣だった。

すでに該当部分は訂正してるけども、間違いは素直に間違いと恥ずかしい部分をもろ出しにする事件激情である。


 
関連記事
スポンサーサイト



| 事件激情 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/645-cd50d3d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT