PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ@死刑執行 号外篇【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 
【事件激情】サティアンズ@死刑執行 号外篇【地下鉄サリン事件】

s31あさはらしっこう
whitespace10*10

s31cptkeijo.jpg 
whitespace9*6
u00redline_c_640_2018042523410874d.jpg
whitespace10*10
──────────麻原彰晃らの死刑執行を受けたこの号外篇
───────────サティアンズ本編の最終話最終解脱
──────────────の一部を加えて再編したものである。



オウム死刑囚執行は延ばしに延ばされた。

ひとつの犯罪集団13人死刑という量も質も、日本の犯罪史上でも飛び抜けて異様で、それだけに執行されなさ具合も飛び抜けて目立つ。

教団の後追い集団自殺を恐れて執行できないのだ的な都市伝説も囁かれたが、


s30さつじんましん

高橋平田菊地3逃亡信者が捕まったときに「彼らに命じる上司の立場だった死刑囚たちが裁判の証人に呼ばれるかも」という理由である。

こういうのは珍しくなく、連合赤軍東アジア反日武装戦線死刑囚たちが30年以上経ってもいまだに死刑囚のままで永田洋子大道寺なんか病気で死んじまったりしてるのも、共犯者海外逃亡してるままだからで、いつかあるかもしれない共犯者裁判のために時計を止めてるんである。

麻原はその間も一切の意思の疎通を拒否って、“廃人”として過ごした。

s31にどといきて02

彼ら3名様のゆくえはわからんまま17年が経ち、もはやこの3人が生きて見つかることもなかろうて、つまり麻原はじめオウム死刑囚たちが吊されることもあるまいて、

なんて思われてたんだが、

2011年暮れ──

「あのー自首の窓口ってここですか」
「はぁ?」

s30じしゅの

警視庁に行ったら門番の人にここだって言われたんで来たんですけど」
「君ねえ、年の瀬に悪ふざけしてなにか楽しいの?」
「え、ちょ、ふざけてないです本物ですって。ほ、ほら、背高いでしょ背(必死」

s30ひらたたいほ

あとは怒濤のごとき展開。

s30ごきょうりょく 
s30きくちきじ02 
s30きくちたいほ02 
s30かつやたいほ

この瞬間から、止まっていた歯車が回り出す。

平田信
公証人役場事務長拉致事件島田裕巳宅爆弾事件オウム東京総本部火炎瓶事件
2016年 懲役9年確定

菊地直子
起訴された都庁小包爆弾事件爆発物取締法だからお手伝いですらかなり重罪になるんだが、爆弾原材料運搬役とかをやらされたものの、なにつくるのか知らなかったのが公判でわかってくる。「幇助の意志は認められない」として、>2017年 無罪確定

あれだけ延々と逃げ続けたにもかかわらず、結果は無罪放免

s31dattare0709.jpg 
「えー? あんなに逃げんでよかったん?」
whitespace10*10
s31dattare0709.jpg 
「だったらこっ恥ずかしい邪悪心日記を全国にさらされただけ損じゃね私?」
whitespace10*10
s31teka0709.jpg 
「てか、そういうことはもっと早く言ってよー」

高橋克也
、は前の2人よりはるかに重罪で、
地下鉄サリン事件VX殺傷事件公証人役場事務長拉致事件などで起訴され、
2018年 無期懲役確定

2018年1月に最後まで引っ張っていた高橋克也上告棄却異議申し立て棄却されて、すべてのオウム裁判が終結すると、

いよいよ死刑執行の障害が消えた。

s30かんさつしょぶん
whitespace10*10
2018年1月公安調査庁の請求を受けた公安審査委員会アレフひかりの輪に対してオウム規制法観察処分6度目の更新。アレフ金沢支部が分裂独立した山田らの集団*も入れた3団体に対して3年延長を決めた。
*公安調査庁による通称、本当の団体名は不明。代表はアレフ幹部だったヴィサーカー師こと山田美沙子

その一方、法務省は冷徹な法執行機械と化して粛々と支度にかかる。

s31キャスター

2018年3月オウム死刑囚13人の半数が各地の拘置所へ移送された。

井上嘉浩 新實智光大阪へ、岡﨑一明 横山真人名古屋へ、
林泰男仙台へ、中川智正広島へ、早川紀代秀福岡へ。

共犯死刑囚はできるだけ分散して収容する」が原則の法務省では珍しく、
オウム死刑囚13人全員がずっと東京拘置所にそろって入っていた。

その13人がいよいよ分けられた。
移送先はいずれも死刑執行施設がある。
意味する答えはひとつしかない。

s31tandok.jpg

東京拘置所には死刑執行室が1つしかない。あの公開されたやつ。
これだけ多人数を一気になんて無理なんで、執行を分担するための移送だった。

未曾有の大規模犯罪は、その刑執行もまた未曾有の一大イベントとなる。
日本国憲法下で最大規模の集団死刑である。
それも短期間のうちに全員を終えなければならない。

翌年に今上天皇の退位、新天皇の即位、改元となる。国を挙げての祭りと同じ年になるのは避けたい。だから平成のうちに片をつける、って年内までしか平成ないやん。

なんて法務省は公式にはひと言も言ってないが、誰もがそう理解した。

麻原は数年前から家族との面会すら拒んで引きこもっていや死刑囚だからこもりたくなくても出られないがつまり精神的に引きこもっていた。が、実際は他の死刑囚と同じように単独室で寝起き、ふつうにメシもクソもしていたしやっぱり誰とも会話しなかったが執行できないほど頭おかしくもない、と法務省は判断していた。

もうひとつネックは麻原が4度目の再審請求中なことで。
これまで空気的に再審請求中は死刑執行されないのが慣例だった。

が、

法務省はさりげに前例をつくって“地ならし”を済ませる。

2017年7月再審請求中の西川正勝@スナックママ連続殺人死刑執行再審請求中だろうが空気あえて読まずに執行したのは18年ぶりで。


残る関門として法務大臣のサインが必要だが、法務省的に“勝算”はあった。

s31ほうむだいじん 
死刑をやりたがらない法務大臣だと厄介だが、現法相上川陽子はこれまで3人死刑囚執行室に送りこんだ“実績”がある。

だけでなく市川一家4人殺人事件関光彦@犯行当時未成年や、闇サイト殺人事件神田司@被害者1人@共犯者は控訴して無期懲役という物議を醸しそうな顔ぶれを避けずに執行命令書にさくっとサインしてるし、
今回も全員分サインすると、鳩山邦夫13人も軽く抜いて歴代最多*になったりするんだがあーそれでも上川ならサインしてくれるだろう。
*法務省が死刑執行を公表するようになって以降の公式な最多。非公式な最多はおそらく1967年、一度に23人の命令書にサインしたと記者たちに宣言した法相田中伊佐次。

なにより「平成最後の法務大臣(予定)として、平成を象徴する事件の落とし前は平成の内につけろ。国際社会の批判? 非人道的凶悪犯にも人権? んなもん知るか」という全方位的な空気圧をはねのけられる政治家なんていない。

オウム死刑囚の場合、死刑確定から幾年月経つんでちょっと違うけども、
とにかく死刑執行に到るまでの手順はつぎのとおり進む。

s31kensatsu.jpg

死刑が確定すると管轄の地方検察庁高検トップ今回の場合は東京高検検事長から死刑上申書法務大臣宛に提出。実際はそんなとっとと執行されないだろうけども、いちおう刑事訴訟法が「確定6か月以内執行」と決めてるので、上申書は形ばかりでも確定から半年以内に提出される。

s31houmu.jpg

上申書をまず受けとるのが法務省刑事局で、刑事局総務課が証拠記録も含めた確定記録を抜けやら間違いやら不備がないかチェックする。

>つづいて刑事局検事が公判で使われなかった証拠記録ふくめた全記録を「執行停止の事由」がないか念入りに審査する。
恩赦精神病重病懐妊共犯逃亡中、冤罪の可能性、検事総長非常上告公判記録紛失などが停止の事由になる。オウム関連は3名様逃亡中で候補から外れていた。

この審査結果が「執行相当」となると、検事は「死刑執行起案書」をつくり、起案書刑事局拘置所刑務所を司る矯正局更生保護を司る保護局に回される。

s31kessai.jpg

刑事局矯正局保護局それぞれで決済のハシゴを昇り、>最終的にそれぞれのハシゴのてっぺんにいる矯正局長保護局長の決裁を受けて刑事局長起案書の名を死刑執行命令書と変え、>大臣官房へ提出。

大臣官房のなかでもまた決裁のハシゴを秘書課検事秘書課長官房長と昇って、>法務事務次官が事務方最終の決裁を行う。
それまでに法務大臣がサインするかどうかの根回し的意思確認は済んでいて、儀式として決裁されるための命令書大臣のデスクに渡る。
ここまででじつに官僚12人の決裁を経ている。

7月3日 上川法相松本智津夫らの死刑執行命令書に署名捺印。

s31meirei02.jpg これは宮崎勤のときの鳩山邦夫による命令書

署名するといっても大臣の名前はあらかじめ印字されてるし、
その横に法務大臣公印を押すだけなのでじっさいはふつうの決裁に近く、これだけ物々しい手間を掛けてるのになんかあっさりしたもんである。

刑事訴訟法では決裁から5日以内の執行が決められている。

執行命令書が管轄の検察庁に送られ、>検察庁命令書にもとづく死刑執行指揮書を作成。あわせて見届け人の立会検事事務官が選ばれる。

>関係書類が執行の行われる刑事施設長つまり拘置所長に届けられ、拘置所執行担当刑務官の人選など準備に取りかかる。

こういうときの予定調和的に終わらせるの歴史の力は恐ろしい。
いや陰謀論を言いたいんじゃなく。

もし仮に、仮にだぞー「3名様」の誰かがあと数年逃亡し続けていたら、その裁判が長引いて今年終わらなかったら、そして来年が新天皇即位と改元の年でなかったら、死刑に消極的な法務大臣だったら、
はたして死刑執行への動きはこれほどの推進力をもっただろうか?

サティアンズを見直して思い出した(つまり忘れてた)が、

s24まるのうちせんいけ

地下鉄サリン事件自体もそうだった。

s19隠されたs19入るな 
s24s04サリーちゃん02241s24したみち

ひとつでも欠けたらダメな条件が、たまたますべて満たされてしまい、
いくつもの偶然がにつぐ偶然が重なりに重なって、

s25ごうがい

そして、あの惨劇はおきた。

起きるときは起きるのだ、しか言いようがない力によって。

あの日とは違い、それで奪われる命は「罪もなき人々」ではないんだが。


s312018ねん3がつ

2018年7月6日──

午前7時立会検事事務官指揮書を携えて東京拘置所に到着。

執行に必要なすべての法的手続きがこれで終わる。

執行担当の刑務官たちには当日朝、死刑囚本人とあんまり変わらんくらいのタイミングで職務命令がいきなり下って、初めて死刑執行とそれやるのは自分らだと知る。

s31ちょうしょ
whitespace10*10
確定者執行が告げられるのは慣例上。その場ですぐさま執行室へ連行される。

執行言い渡しには筋骨隆々の刑務官ばかり集めた特別警備隊が同行する。確定者が暴れて抵抗した場合に力ずくで連れて行って執行するためだ。

通例なら言い渡しは午前9時以降だが、この朝は前倒しでずいぶん早い。
このあとさらに2人死刑執行する予定だからだ。

朝食の後、松本智津夫執行が告げられ、
とくにあらがう様子もなく、自ら歩いて刑場へ向かった。

麻原のパブリックイメージはあのまん丸な体型だが、あれだけぶくぶくに太っていたのは飽食の極みだったからで、規則正しく粗食の拘置所生活であの体型を“維持”することは不可能だ。だからこの朝の麻原はあれでなくてふつうに痩せてる。

s31たちあう
whitespace10*10
執行に立ち会うのは、立会検事事務官拘置所長首席矯正処遇官@処遇担当首席矯正処遇官@教育担当医官2名、刑務官5名以上、教誨師

医官死亡の確認、見届け人の検察事務官執行始末書を作成する仕事がある。

教誨師確定者の心を鎮めるため最後の説法講和説教を行う宗教者のボランティアで、宗教宗派ともさまざまだ。

教誨室にある祭壇仏式キリスト式神式無宗教から選べるが、教誨師はチェンジできないんでその教誨師の信仰にもとづいてるが一応普遍的ないい話を聞かされる。教誨自体を断ることもできる。
かつて仏教系の教祖を名乗った松本智津夫が、どう反応したかはわからない。

s31まえしつ
whitespace10*10
執行室手前の教誨室執行室前室で、処遇官教誨師と最後の対話の機会があるんだが、このとき死刑執行指揮書を読み上げた拘置所長遺言を訊ねる。

教誨はどうする?」
「………」

s31いいのこすことは 
遺体遺品を引き取ってほしい者は誰かいるか」

「ちょっと待って」

「………」
「………」

「たとえば家族、奥さんや娘さんたちがいると思うが」

四女

四女というと、○さんのことか?」

「(うなずき)」

麻原はとくに遺言や遺書を残しておらず、執行数分前の「ちょっと待って」と「四女」が麻原がこの世で発した最期の言葉になる。

この遺言めいた「遺体の受け取り人は四女*」によって、一族教団と最も遠い人間に“ご神体”となる遺体をめぐって御家騒動がまた勃発しそうな雲行きなんだが、
まあ正直いってどうでもいい話なんで略。
*ペンネーム「松本聡香」本名は非公表で1文字目が異なる。父親逮捕時は4歳。麻原一族でただ一人、事件について謝罪を表明している。一族、教団とも距離を置き、両親との絶縁を宣言した。

最後の儀式のあとはなぜか微妙な演出効果が施されている。

前室の青カーテンが開くとそこが執行室。正面のガラスの向こうは立会室だ。

s31shikko_a.jpg

刑務官確定者に粛々と目隠し、手足を拘束、
赤テープでバミった「刑壇」の上に立たせて、首にロープをかける。

この執行方法はなんと明治6年太政官布告絞罪器械図式に載ってて、はっきりいって大日本帝國憲法すらない超大昔に決められた方法で平成のいまもやってるんだが、古い古いと言われつつなし崩し的にずっとこのやりかただ。

s31shikko_c02.jpg
whitespace10*10
隣のボタン室では、刑務官3人が「刑壇」の作動ボタンを押す。

s31ささえ
whitespace10*10
執行室下の地階では、「支え役」の刑務官2人がときを待つ。
この2人の仕事はボタン押し担当よりヘビーだ。

s31ささえや
whitespace10*10
刑壇が開き、落ちてきた確定者の体を抱きかかえ、暴れて首のロープが外れないように押さえというか微妙に引っ張り気味で。

s31shikko_b02.jpg
whitespace10*10
ボタン室に3個並ぶ作動ボタンのうち2つは刑壇と接続しないダミーだ。
本物のボタンがどれかは3人とも知らない。

s31ボタン
whitespace10*10
おれが吊したんじゃない」と3人とも思えるように。




s31おおあめ
オウムは死刑になるし大雨洪水だしえらい日だ

午前8時 麻原彰晃こと松本智津夫@63歳 東京拘置所死刑執行


ほぼ時を同じくして、

s31きょうかい
whitespace10*10
教誨はどうするか」

s31しゅうはが 
宗派が違いますのでけっこうです」

s31おせわに 
「お世話になりました。被害者の方々に心よりお詫び申し上げます」


中川智正@55歳 広島拘置所死刑執行


s31こんなこ
whitespace10*10
「こんなことになるとは思っていなかった」

s31こんなことに 
「言い残すことはあるか」
「おとうさんおかあさん、ありがとうございました。心配しないでください」


井上嘉浩@48歳 大阪拘置所死刑執行

新實智光@54歳 同じく大阪拘置所死刑執行


s31はやかわ02
whitespace10*10
早川紀代秀@68歳 福岡拘置所死刑執行


s31えんどう5
whitespace10*10
遠藤誠一@58歳土谷正実@53歳 東京拘置所死刑執行

東京拘置所では麻原に続いて遠藤土谷に取りかかり、午前10時に完了した。

あれだけ遠藤を毛嫌いしていた土谷、捕まるときも遠藤と一緒なら、
最期の最期まで罰ゲームみたいに遠藤と一緒だった。


s31がいとうモニ

彼らのM3層的な年齢が過ぎた歳月を物語る。

幸か不幸かこの日の世間の一番の関心事は大雨洪水で、オウム死刑のニュースは瞬間風速だけ記録してかすんでいった。
いやメディアはすごい出来事的に盛り上げたいんだろうけども。

世間的にはオウムはもはや20年以上も前に流行ったオワコンかもしれないが、国家秩序維持機構のほかの担い手にとってはそうさくっと済む話ではない。

法務省的には肩の荷を降ろした気分かもしれんけどが、公安調査庁公安警察は荷物背負いっぱなしである。いやある意味よけい重くなったというか。

執行法務省法務省のやりたいようにやっただけで、警察が口出しできる立場じゃない。まったく別系統の省庁だからこうなったら結果を受け入れるしかないわけで。

あ、公安調査庁はまーそのーなんだー法務省の子分みたいなもんだからなんも言えんし、大きな声じゃ言えんけどデンジャラスな状態が続けば仕事がなくならないからある意味おいしかったり大きな声じゃいえんけど。

同じ6日公安調査庁は明らかに牽制の意味合いでオウム真理教改めアレフ上祐ひかりの輪山田らの団体(仮」の全国各地の拠点に一斉立入検査東京横浜札幌大阪名古屋水戸──計14都道府県26か所


そして20日後の7月26日──

s31はやしや
whitespace10*10
林泰男@60歳 仙台拘置支所死刑執行

s31はしもと
whitespace10*10
端本悟@51歳 東京拘置所死刑執行
廣瀬健一@54歳 東京拘置所死刑執行
豊田亨@50歳 東京拘置所死刑執行

s31おかさき
whitespace10*10
岡﨑一明@57歳 名古屋拘置所死刑執行
横山真人@54歳 名古屋拘置所死刑執行

オウム死刑囚13人全員への“法の裁き”が完了した。


麻原死刑執行でシャバにいる信者たちがどう動くのか、公安当局は警戒する。

だが次なる脅威は、そんなところではなく、

まったく別の場所で脈動している。

s30ひっそりと

誰もがそこを知ってて、でも気にもしてなかったそこで。

ひっそりと、


じっとりと。



──この号外篇サティアンズ本編の最終話最終解脱に加えられる(予定)
whitespace9*6
redline640*10 
title目次へ39 
s00主な登場人物01 s00事件関連年表01 s00用語組織図01 title関連資料
 
関連記事
スポンサーサイト

| 再掲激情@地下鉄サリン事件 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/609-d8f1675a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT