PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW : 第39便【9.11 ON THE DAY】

unn00zenbin_b.jpgunn00mokuji_b.jpgunn00tojo_b.jpgunn00shiryo_b.jpgunn00nenpyo_b.jpg
whitespace9*6
un34nineeleven_20170928230045586.jpgunn00spacecover.jpg
【事件激情】ウルトラNW : 第39便【9.11 ON THE DAY】




“The horror…The horror….”

恐怖……、恐怖だ……」

──────『地獄の黙示録






un39むううう 
むううう、ついに今日という日が来てしまったではないか。

un39すっかりね04 
すっかり寝坊してしまったわい。わしとしたことが。

佐々淳行@東京都移転問題専門委員会委員@突入せよ!あさま山荘事件

アメリカ危機管理体制の視察兼政治家(地方自治体のだけど)として存在感アピール中だった石原慎太郎東京都知事腰巾着ブレーンとして同行中。【第27便】*

un39しらとりめえ 絶体絶命である
白鳥めえええ、恩師(←おれ)の懇願を一蹴しおってからにいいい。

都知事に今日のアポなんもとれとらんことをどう説明すればよいか。
これは本気で腹を切らねばならないのか。むぬぬぬ。

un39なにやらさ 
un39なにやらさっ 
なにやらさっきから外が騒がしいな。

un39シャーう シャー

un39うおおお02 
whitespace9*6
うおおおおおおおおおおっ 


un39なんじゃ

なんじゃこりゃあああああっ



un39title020202.jpg

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査活動は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子はじめこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりも、根拠は創造にしてソースは妄想だが、ある意図がある。
FBIニューヨーク支局の一部捜査官による独自捜査も、テロ直前にハイジャック機
割り出していたこともリアル現実ではなく想像にして妄想だが、ある意図がある。



 un03titlenewworld.jpg un39cptnumber.jpg
u00redline_c_640.jpg
un39cptjuryokunokoka.jpg 


11th September, 2001
2001年9月11日

Tuesday
火曜日

am9:40
午前9時40分──


un36ツインタ 
West Wing, White House
Video Conference Room, SituationRoom

ホワイトハウス ウエストウィング
シチュエーションルームテレビ会議室
whitespace9*6
un36ツインタワ 
ペンタゴンの駐車場で爆発があったようだ」

Ralph Seigler
Deputy Chief of The Situation Room

ラルフ・セイグラー
シチュエーションルーム副主任

whitespace9*6
un39しょうさ 
「詳細はまだ分からんが、自動車爆弾らしい」

un39くそっあれ 
「くそっ、あれか?」

Rodger Cressy
Assistant staff for Counterterrorism of National Security Council

ロジャー・クレッシー
NSCテロ対策チーム補佐

whitespace9*6
un39ああっいっ 
ああっ、一体どうなってしまうんだーーっ」

Richard A Clarke
National Coordinator for Counterterrorism

リチャード・クラーク
対テロ調整官
whitespace9*6
un38ロジャー 
ロジャー、落ち着け、モニターには将軍がまだ映ってる。やられたとしても全部ではない。集中力を保て。感情的になるな。国防総省国防総省、状況はどうだ?」

un39いまげん 
“いま現場から報告を受けてる。大型機が西エリアに墜落し、火災が発生している”

un39つまりワ 
「つまりワールドトレードセンターに続く3機目だな。将軍、そこは安全か?」

“多少煙が入ってきて焦げ臭いが今のところ大丈夫だ”

「とにかく近場で動かせる戦闘機がどこにあるか把握し、国内主要都市すべてにCAP@空中警戒態勢をとらせたい」

un39ホワイト 
ホワイトハウスから職員を撤退させるとして他の省庁はどうしますか?」

スタフォードシークレットサービス局長の出した撤退指令大統領行政府には問答無用の拘束力があるが、他の政府機関に対しては従わせる法的根拠がない。

Paul Kartz
Senior staff for Infrastructure Protection of National Security Council

ポール・カーツ
NSCインフラ防衛担当上級スタッフ

whitespace9*6
un39ひとつか 
「ひとつ考えが。COG*を使ってはどうでしょう?」

un39そうかあ 
「そうか、あれがあったな。名案だ」

*COG : Continuity of Government 政府存続策 東西冷戦のときにつくられた有事法で、核戦争連邦政府が壊滅の危機にさらされた場合、自動的に大統領継承順位者は市外の秘匿場所に避難、各省庁も職員ごと代替施設に移動、政府機能を生き残らせる計画。これまで発動されたことは一度もなかった。

un39cogを

COGを発動する。“”に至急テレビ会議室まで来るよう伝えてくれ」

un39わかった 
「分かった、すぐウエストウィングに向かう」

un39john.jpg 
‘John Doe’
Chief operating officer for ‘Continuity of Government’

ジョン・ドゥ
COG@政府存続策執行官


un33あなたはわたs 
u17あふが のコピーs 
Tora Bora, Afghanistan
アフガニスタン トラボラ

un39おおおおっマ 
おおおおっ」「マジすっげえええッ」「さむボロでたーっ

ワールドトレードセンターに続いて、ペンタゴンにも殉教攻撃が行われたとラジオで知って、アルカイダ幹部メンは驚きと興奮のあまりお約束の祈りすら忘れる。

un39オサマビ 
オサマ・ビンラディンはにっこり微笑んで、

un394ほんめ 
4本目の指を立てて見せた。


un36ユナイテ

ゴオオオオオオオオオオオオオ

un38ゴオオオオ 
un36Ziad.jpg

ゴオオオオオオオオオオオ


ne04こちらgo のコピー

77便ぺンタゴン突入も、もちろん陰謀論屋とそのカモのかっこうの遊び場だ。

ne04こちらgoferゼロ のコピー

陰謀論 旅客機突入したにしては穴が小さすぎる
whitespace10*10
redline640*17hanten 
whitespace10*10
陰謀論屋の推す“証拠”映像・画像は9.11陰謀論のなかでも
代表的テンプレみたいな詐欺ペテン嘘いんちき手法である。

たいてい映っているのは、

↓クリックすると開く


New York
ニューヨーク
whitespace10*10
un39きゃく
whitespace10*10
un39きゃくこ 
un39きゃくこな 
「客、来ない」
whitespace10*10
un39へいしザ02 
兵士ザップ、商売あがったり」

un39みんなす 
「みんな素通り。なぜか」

un39あっこら 
「あっ、こらザップ! なにやってんの!」
whitespace10*10
un39こんなと 
「こんなときに春巻き買うやついるわけないじゃん!バカなの?死ぬの?」

un39こんときと 
「こんなときとは、何のときか?」
はぁあ? 後ろ後ろ! 後ろ見てみ!」
「後ろ?」

un39おおおおお040302
whitespace10*10
un39これはな0403 
おおお、これはなんということか!」
なんで今まで気づてないんだよッ


un39ああジーザ
whitespace10*10
“ああ、ジーザス!あんなところからジャンプしたぞ”
オウマイガッ、かれらの魂を救い給え”


un39われわれ02
whitespace10*10
un39われわれは ドカッ

「われわれはビルに向かって走りだしたが、足を止めて後ろに飛びのいた。われわれに向かって人間落ちてきたのだ」
「もう1度ビルの角に集まって、落ちてくる人のあいだを見計らって走り込んだ。粉々に吹き飛んだ窓をくぐってビルの中に入ったとき、後ろに1人落ちてきた。身体の一部がビル内に飛び込んできて、われわれの足元で止まった」
──当時現場にいた港湾警察官


un39やめんか 
やめんか! きさまらには人間らしい思いやりの心はないのか!」

地上の野次馬落ちる犠牲者を撮影してるのを、警官が怒鳴ってやめさせようとする。もちろんそのくらいでやめるわけないし。

un39フォーリン 
The Falling Man
フォーリングマン

この落ちる男を撮ったのは、AP写真記者リチャード・ドルー

この日たまたま「マタニティファッションショー」を撮影取材していた。

リチャード・ドルー、駆け出しだった1968年
whitespace10*10
un39いちやく 
一躍名を上げる世紀の瞬間をモノにした。

un39assass.jpg 
Assassination of Robert F. Kennedy
ロバート・ケネディ暗殺

un39ロサンゼ 
1968年6月5日ロサンゼルス アンバサダーホテル大統領選に出馬したボビー・ケネディはこの夜、サウスダコタカリフォルニア予備選に勝利、祝勝会で演説。

記者会見場への抜け道ルートの調理場を通ったとき、

un39ぬけみち 
パレスチナ系難民サーハン・サーハンの放った凶弾右頭部命中
暗殺された兄ジョン・F・ケネディにつづいて非業のを遂げる。

ちなみに彼を介抱してるのは、直前に握手しようとした皿洗い係ジュアン・ロメロ@メキシコ移民17歳。なぜか主役ケネディよりも目立ってるが。
ロメロ少年はこの1枚で世界一有名な皿洗い係になった。

ボビーの妻エセルが叫ぶ。
whitespace10*10
un39やめてこ 
やめて! この人を撮らないで、お願い!

un39ドルーは 
ドルーは夫人の懇願なんてガン無視して、死にゆくボビーにシャッターを切り続けた。

un39すげえぞ 

すげえぞ、大手柄だ、大スクープだ。

この暗殺もやっぱりキテレツな陰謀論があるけど以下略。

un39すげえぞお

そういう鬼畜根性ジャーナリズム魂でキャリアを築いたドルーだからして、
この日この瞬間も習性のように「一番売れる瞬間」をおさめた。

un39ドルーはほ 
ドルーはほかの写真には目もくれず、午前9時41分15秒に撮ったフォーリングマンの1枚だけを社のサーバーに送った。

すげえぞ、大手柄だ、大スクープだ。

un39とられて

被写体はあと数秒で地面に激突する惨劇の一瞬なんだが、それを感じさせない。華麗に舞踏でもしてるような絶妙なポージングといい、背景のタワー外壁の荘厳にもみえる様式美といい、芸術的ですらある静謐なショット。

この1枚は、全米全世界のメディアに転載され、
人々の記憶に焼きつけられることになった。

ただし、いまやこの写真を大手メディアが露出することはない。

un39ちょうぜつ 
超絶バッシングを喰らい、一夜にして表舞台から葬り去られたからだ。

歴史に残る9.11の記録にもかかわらずいまなお封印されている。
ネットにはコラやパロまであふれかえってるから封印あんまし意味ないが。

ある者は力尽き、ある者は窓枠にしがみつく手を滑らせ、
そして自らの意志で死のダイブした者も少なからずいた。

自死を否定するキリスト教の禁忌を背景に、9.11犠牲者たちをヒロイックなサンクチュアリに祭りあげていく過程で、飛び降り自殺なんて不名誉なを選んだ犠牲者など一人もいなかったことにされていく。

un39ひゃっぽゆ 
un39ニューヨー 
ニューヨーク検死局も「自殺ではなく他殺」と死因を“人道的こじつけ”。

un39フォーリング 
un39フォーリングメ 
フォーリングメンのほとんどは素性も判明してるけども、家族や友人たちは「違う」と決して認めない。「あれは父、息子、友人、恋人)ではない」と。

un39ひゃっぽ 
un39ひゃっぽゆず

百歩譲ってそれが本人だとしても、「爆風で飛ばされたからだ」と。

un39いくらな

いくらなかったことにしてきれいごとで済ませようとしても、111人*のうち多くの夫や妻や親や息子や娘や友人が「苦痛や恐怖よりを選んで」か「空へ逃れるため」か「地面が近く見える錯覚をおこして」かとにかく自らダイブし、
*非公式には200人超えともいわれている

un39fbiつ 
un39fniつう

そして地上で巻き込まれたとばっちりの犠牲者も多くいた事実は消えない。

un39ちじょう 

ドシャッ

whitespace10*10
un39fbiつうしん 
FBI通信技官ウォン落ちてきた男を慌てて避けて、ノースタワー1階ロビーに飛び込むと、ジョン・オニールと出くわした。

un39ようウォ 
「よう、ウォンペンタゴンがやられたというのは本当か?」
「え、そうなの? ぼく知らないけど」

u16しかしも  
「あとでそっちに合流するよ」

ジョン・オニールサウスタワーに通じるトンネルへと消えた。

un39おはよう 
「おはようございます、ミスターテネット。わたしはシラトリと申します」

George Tenet
Director of the Central Intelligence Agency

ジョージ・テネット
CIA長官

whitespace9*6
un39ミスシラ03 
「ミスシラトリか。君のことはいろいろ聞いている」

“それなら話が早いですね”

un39さくねん05 
「ミスターテネットにお願いしたいことがありまして」



続きを読む
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/585-6cc83a3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT