PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「素人は黙ってろ」には猿で対応

さて、ちとトリアージについてネット浮遊していると、
たまたまとある医者のブログに突き当たった。

読んでみたんだが、ぬーむ。

triage-tag.jpg
  
トリアージとはあれである。大勢ケガ人が出たときに医療側がとる黒赤黄のカードによる究極のまーあとわかんないなら調べて。
 
で、その医者は、「例の秋葉原通り魔事件で『テレビのトリアージが適切でなかった」と批判した報道』は適切でなかった」と批判をしていて、

「下劣かつ扇情的なマスコミはもちろん救急医も、現場のトリアージがいかに大変で頑張ってるかを分かってない」と怒ってるんである。
  
コメントも賛同者が多数派で、それに疑問を呈する人は「失せろ素人が!」的に排斥されていた。(まあ最初からケンカ腰の反対者もいたのでエスカレートした観もある)

しかしいくら読んでも「現場ではプロが大変な中で頑張ってるんだから、部外者はことことたりとも文句言うな。素人は黙って運ばれてろもしくは黒タグつけて諦めて横たわってろとしか読めないんであるな。
  
なんで大変か、どういう改善すべきかは具体的にはまったくなく、
「救命救急の予算をお上が削るからいけない」で思考終了してる。
  
さらにそのワイドショーかなにかが専門家のコメントとして、愛知県の医大の医者を出してるのに対して、
「少なくとも関東では後ろから味方を射つような人はいなかったってことだな」とご満悦そうなんである。

これすごく気味悪いことなんだが。
だって、「同業のよしみで不都合なことには口を噤んでる」ってのを誇ってるって意味なんだけどな・・・。
  
まあ、そのブログの内容は当然ながら医療関係者以外からはすこぶる評判が悪かったようだ。
この人たちは自分たちの傲慢さに気づいてないし、なんでそんなに素人から反感買うのか、これからも知らないまま終わるんだろう。
  

しゃて、ついでに思い出した。
中国人だの外国人地方参政権の陰謀とか国旗に礼をしなかっただの本人の能力とまったく関係ないところばかり喜々として取り上げられてる(以上形容詞)“テレビ用大臣(c 渡部恒三)”蓮舫であるが、ちなみに中国人ではなく日本国籍をもともと持ってた日台ハーフだし彼女本人は外国人地方参政権に反対の立場なんだが(以上形容詞)蓮舫テレビ用大臣だが、あの、

renho.jpg

「なぜ一番じゃないといけないんですか」
  
発言がいまだに代名詞である。

  
まあずいぶんと前のことになるが、
それに対する、科学側の反論の方がああやっぱりねえそうかーと感じのものだった。
  
 


アホの坂田にしか見えないノーベル賞授賞のノイちゃんとかがいかめしい顔で、
  
fukenshiki.jpg

「不見識」
  
とかなんとか罵ってたんだが、
その言うことが、やっぱり「素人は黙ってろ」いや、もっといえば「愚民は大人しくこの私様のようなエリートに従ってろ」にしか聞こえない。
日本の競争力がとか中国や韓国がとかいろいろ言ってるんだが、脅し言葉ばっかりでスパコンが一番だとどんなご利益があるのか、前向きなことをちーとも解説してくれないから結局よくわからん。
  
でもそれをマスコミが喜んで「ほーら蓮舫バーカバーカ」と煽って済ませてる。いいのけ?そんなけで終わっちって?
  

べつに蓮舫萌えでも応援してるわけでもまったくないんだが、いやあの言葉責めにちょっとだけ晒されたい気がしないでもないがそれはどうもいいんだが、
  
たしか欧米では、科学者たちは政府や財団から予算をとるために自分の研究がいかに「将来、こーんな利益を我が国にもたらします」かを“専門家以外に分かる”ようにプレゼンするべく日夜鍛錬してるらしい。
そりゃそうだ、決を下すのは議員だ。議員は政治家で科学者じゃない。みんな予算できればぜんぶ欲しいんだし、オツにすましてたら枠もらえないからだ。
  
まして「不見識」なんて威張ってたら1セントももらえない。
それがフツーだ。金出してもらうのに、ふんぞり返ってもらう人はいないだろう。
  
説得しないといけないのだ、スパコンが一番だと何に使えてどんな利益がもたらされるか。バカバカしいと思っても、専門家の間では初等教育並の常識でも。
  
「具体的になど説明できるか高尚なことなんだから」かもしれないが、
出ていく金に高尚も下賎もなくしかも量に限りがあるから、やっぱりここはひとつ具体的に知りたいのだ。
だって金ないんだから。お手盛りで欲しい人にほいほいぜんぶ渡してたら多重債務化するばかりだ。フリーハンドではもう渡せないんである。
  

まーアホの坂田似ノイちゃんは普段からこんな態度らしく、ノーベル賞受賞者にもかかわらず名古屋大学の学長選挙に負けた(これ前代未聞的に稀なことらしい)、ってくらいとくに下から嫌われ抜かれてるそうだから、まあそのへんもあるんだろうが、
  
レオナちゃんとかまで言うことがおんなじなのはちとがっかりした。
そしてレオナちゃんがレオナって名前なのにこんなかんじ、

reonachan.jpg

じゃなくてジジイだったのもがっかりした。まあそりゃもちろんそうなんだが。
  

ちなみにどっかの科学者らしい人のブログを見かけたら、
こんなかんじの文があった。


先端技術の事情がよく分からない“女優”や、選挙政治が頭の中を支配している議員…(中略)…自動車も運転したことがないに、いくら自動車の必要性を説明しても理解し得ないだろう。



ふーん、つまりピンとこないワ士はもろにであるな。

monky.jpg

猿上等!わーい!うっきー!シンバル叩くぞー。

  

さて、その後、これまた、事業仕分けで、
クラシック音楽関係の予算が「いらん」と削られるって際に、
  
クラシック音楽家らが、やっぱり緊急会見開いて、

ongakukasan.jpg

「子どもたちに夢を音楽がこしゅとう゛ぁ」
  
とかなんとか美しい言葉をもってして反論してるんだが、それも「そういう高尚なことだから、下々の者は黙って文化をありがたがってろドンスィンック、フィーーールにしか聞こえない。
  
いや、金ないんだから。
そもそも全国津々浦々にオケが(すごく赤字状態で)置かれてることや、音楽家をわざわざ地方の山村に派遣して小学生と遊ぶことに一体いかほどの意味があるのか? あれは木か?
文化なことだから価値あることだ、となんとなく分からされてるような気がするがじつはよく分かってない。

それにせっかく音楽家が揃ってるのにしゃべるだけってのも芸がない。なんかすごい超感動の演奏会でも疲労して蓮舫を涙させてみろ、である。映画とかテレビとかマンガだとそうして議員とかを名演奏で改心させるぞ「故郷のモンタナを思い出したよ」とか言わせて。リアル世界で効き目あるかっていうと微妙だけど。

w_ozawa.jpg

小澤征爾一発変換が「同じ苗字のよしみでなんとか」と小沢一郎に直談判してそっちは一応天下りのこともちゃんと話してたらしいが、それだけが問題なのか? まあ首相ですらなく黒幕に直談判の時点でなんかいやーな感じで通ることすら通したくなくなるがね。
  

にしても我が人民は権威やブランドに弱いのか、偉い学者が言うならそうなんだろう、演奏は聴いたことないけど名前は聞いたことのある偉い芸術家の先生たちが言うからそうなんだろう、だから蓮舫は口が悪くて生意気で愚かバーカバーカついでに民主もバーカ売国奴政権ー、ということになった。
  
え、それで終わりでいいのか?
蓮舫嫌い民主嫌いだから自動的に言ったことすべて間違いで否定、デリート、消去でいいのか?
  
猿は猿なりにわかんねえからちゃんと分かるように言えようっきー、

monky.jpg

と思わなくていいの?
  

思えば、日本の「専門家」たちは、この「素人は黙ってろ」が奨励される、ぬるま湯的風土に甘やかされてきたんではないか。
  
事業仕分けなんていう政治ショーはそんなにいい催しだったとは思わんけれども、
そこはほれ、「専門」「権威」のベールに包まれてぬくぬくしてた方々が、急に風の強い外気に晒されて、なんか慌てて怒ってテキトーなことばっかり言ってるな、と分かっただけでも意味があるかもだ。
   
もちろん、科学も文化もいらんと言ってるんじゃなくて、外に対してちゃんと翻訳して発信する努力を一応してくれってことなんである。
素人は黙ってろとか、思考停止してろとかじゃなくて。
  
「専門家」たちやそこと繋がってちゅうちゅうしてる連中に乗せられず、あえて愚かな猿でいたいもんだ。
  
うん、あんたが偉いのは分かった。それはそれとして、分かんねえから分かるように説明してくれだっておれたちの税金なんだからうっきー。ってかんじで。

  
で、なんでスパコンは一番じゃないといけないのかね。
そのご利益は何かね。例えば。誰か知ってるかね?
  
うっきー。

関連記事
スポンサーサイト

| 社会的 | 20:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ハァーイ。自動車も運転したことがない猿が来ましたよ。
(や、ほんとは自動車学校と卒業後に3回くらいは運転したことがあるけどさ)

自動車を運転したことがない猿でも、自動車の必要性がわかる人は多いと思うけど――
つまり運転できる・できないということと、車が必要か否かということとは別問題だとこの猿は思うんだけど、
そのあたりいかがなもんでございましょうか。うっきー。

ってかさ、まず、猿に失礼だよね! その発言。
猿が能無しだと思ったら大間違いだぞ。惑星だってあるんだし!
猿だって、あめんぼだって、みんなみんな生きているんだともだちなーんーだー。

>思えば、日本の「専門家」たちは、この「素人は黙ってろ」が奨励される、ぬるま湯的風土に甘やかされてきたんではないか。

ですね。
「専門家=とてもその道に詳しい偉い人=先生の言うことには間違いがない」と、素人は受身でへりくだってしまいます。
で、威張ってる専門家ほど普通の人が知らない専門用語をできるだけたくさん並べてみて、周辺を煙に巻く。
なんかさー、悪徳リフォーム業者とおんなじじゃんね。やってること。
本物の知識・技術があるのなら、その専門家自身がものすごい損してると思う。

| ash | 2010/06/13 00:24 | URL | ≫ EDIT

猿は猿なりに見る目を

> 自動車を運転したことがない猿でも、自動車の必要性がわかる人は多いと思うけど――

「さっ、何も言わずに金出せ。いや何に使うかは頭の悪いおまえらに説明しても分かるはずないから説明しないけど、すごく大事なんだ。おれが大事だということが大事というのが最低限の常識だってことくらい、いくら頭の悪いおまえらでも分かるよな、だから、さっ金出せよ、今すぐっ」

これにほいほい金出すお人好しがいたら見てみたい。
今までそれが通ってきたことの方が異常なんです。

まーその名前のよくわからん科学者の人は、使う人間なんて猿だから眼中にないんでしょう。象牙の塔にいる人たちの陥りやすい罠です。
あと金を出すのもその猿だということも、これまで“分かってる”役人とちゅうちゅうしてきたんで思ってもみなかったし見るつもりもないんでしょう。

だから猿は猿なりに見る目を養わないといかんわけですなあ。猿は猿でもうっきー。

とある益川教授というノーベル賞ゲッターの言うところでは、新発明や科学的発見から、それがじっさいに実用化されて製品で生かされるまで、50年後か下手すると80年後とかだそうです。まあ今はもう少し早いペースでしょうけど、すぐには利益にならんけどのちに歴史を変える研究もあるにはある。

とはいえそれにすべて金出すわけにもいかんですからね。
科学者はその将来性もちゃんとアピールしないといけない時代です。なにしろニュートンやキュリー夫人の時代とはちがう。もはや個人単位での研究なんてできないんですからねえ。

>
> ってかさ、まず、猿に失礼だよね! その発言。
> 猿が能無しだと思ったら大間違いだぞ。惑星だってあるんだし!

引っかかるのはそこですか。軍団もいますしね。


> で、威張ってる専門家ほど普通の人が知らない専門用語をできるだけたくさん並べてみて、周辺を煙に巻く。

この間、とある経済関係の専門家の人が言ってたんですが、経済系の専門家はそれぞれ自分の立脚する世界観があって、まあそれが現実と合わなくて外れたりするわけです。リーマンショックを予測できなかったエコノミストが多いように。
でも、「間違ってました」とは絶対言わない。難しい用語を使い尽くしてつじつまを合わせつつ徐々に分からないように軌道修正してごまかすそうです。

そうなってくると、専門家ってなんなんだ、って感じではあります。まあ経済系にはとくに多いんですが。あれは科学じゃなくて易占いとじつは大差ないですからね。


> なんかさー、悪徳リフォーム業者とおんなじじゃんね。やってること。

ひどいなあ、悪徳リフォーム並にまで落ちたか。
やはりお上に弱いですからね。そして専門家もまたお上的なイメージなわけです。


> 本物の知識・技術があるのなら、その専門家自身がものすごい損してると思う。

逆にしゃべれない人もいるだろうから、マネージャーがいるかもですね。市場価値訴え屋さんみたいなの。
で、それで儲けてきたコンビの本物の研究者の方が「本当にやりたい研究がある。こんな金儲けじゃなくて人類のためになるラブアンドピースな研究だ。別の人と組む」と言い出して、ぬぬぬと思ったマネージャーが完全犯罪をもくろむんです。だがその完璧な計画には思わぬ弱点が・・・。

|  noriaky231(仮名  | 2010/06/13 15:00 | URL |

専門的な分野に身を置く人は、確かに門外漢は眼中にないね。
その世界でどれだけ評価されるかだけかな。

実際研究には莫大なお金がかかるとは思うけど、失敗したらそのお金はどぶに捨てたと同じになっちゃうんでしょ(もちろん猿的思考で言えばですが)。
私のような低レベル思考に煩わされたくないというのが本音でしょうかね。

| かあたん | 2010/06/14 00:22 | URL |

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> 専門的な分野に身を置く人は、確かに門外漢は眼中にないね。
> その世界でどれだけ評価されるかだけかな。

まあそのへんの世界観が言動にあふれ返ってますね。だから事業仕分けで外の世界に無理矢理ふれさせられて異常なまでに怒ったんだろうし。

>
> 実際研究には莫大なお金がかかるとは思うけど、失敗したらそのお金はどぶに捨てたと同じに


今は研究も人間がやったら3000年かかるような計算をしたり、100人とかのチームで進めてますからね。金もまあ超弩級にかかります。だからこそフリーハンドでほいほい渡してたらすーぐなくなっちゃうわけで、優先順位というか吟味厳選しないといかんのですけどね。

このスパコンもちゅうちゅう利権があったり、団体にも関係者の家族が高給で雇われてたり、音楽家も補助金がなけりゃほとんど食えないわけで、だから世界の小澤征爾はしがらみがないから「天下りが」とかさらっと言っちゃったけど、会見の音楽家たちは美しい言葉並べてただけな訳で。

まあブルータスおまえもかで、必ずしも科学者や音楽家の選民思想ばかり、ってだけじゃなくて。というかやっぱり金金金金でしゅかって感じですが。

高尚な言葉を操る方々にはなんにしろ裏があると思って疑った方がいいってこってすな。


> 私のような低レベル思考に煩わされたくないというのが本音でしょうかね。

そう思わせてなにか企まれてる、とすべて疑った方がいいですなあ。
と、さかんに性悪説をとるワ士です。

|  noriaky231(仮名  | 2010/06/14 14:33 | URL |

何か仕分けるのに色んなこと考えなければならないので、めんどいですね。

ここはひとつ、面倒くさいので、全部、民営化しちゃったらいいのにと思います。

とにかく、全部、民営化
仕分けに登場するような変なのはもちろんのこと、霞が関も、警察も自衛隊も消防も、サルに対して失礼な言辞をとる科学者も、とりあえず、全部民営化。

えらそーな学者さんは、とりあえず特許を取得して、ライセンスビジネスで金を稼がせ、それで会社を運営しながら、何十年か後に花開く技術を育てて頂く。儲けは好きにつかってくれてよし。

クラシック界の人たちも、他の音楽業界と同じように、まずは利益のあがるビジネスモデルを自分でひねりだすべし。それができないレベルでは、この先も無理。そういうのを高尚な言い分で誤魔化しても、長続きしません。

株式も、国が保有したりせず、どんどん証券化して流通させちゃう。

で、自然と潰れるべきものは潰れるに任せる。人間、本気になれば、というか、本気にならないと、自立なんてできません。で、実は、ほとんどのものは民営化してやれると思うのであります。






| いわのふ | 2010/06/14 17:32 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>巌の府どの

> とにかく、全部、民営化

これはまた極論ですげえですな。
んじゃ、ついでに政府も国会も裁判所もあとやんごとなき方々も民営化しちゃいましょう。


> 仕分けに登場するような変なのはもちろんのこと、霞が関も、警察も自衛隊も消防も、

ロボコップみたいですな。警察の民営化。
セコムが刑務所の民営化をちょっとだけやってるそうですが。

かのイラク治安維持に警備会社(という名の傭兵部隊)を導入されたりしてたのも、ありゃ民営化みたいなもんでありますな。


> えらそーな学者さんは、とりあえず特許を取得して、ライセンスビジネスで金を稼がせ、それで会社を運営しながら、何十年か後に花開く技術を育てて頂く。儲けは好きにつかってくれてよ

ちょっとだけそういう形になってるんでしたよねたしか。自分の教え子が就職したメーカーとかと産学協同したり。


> クラシック界の人たちも、他の音楽業界と同じように、まずは利益のあがるビジネスモデルを


イタリアのオペラ劇場とかもベルルルルルルルルルルルスコーニが予算をがっつり削ったせいで今日明日にも潰れそうだそうですな。
イタリアのクラシックですらそうなんだから、そりゃ日本なんて言わずもがな。


> ほとんどのものは民営化してやれると思うのであります。

誰一人として科学者にも音楽家にもなりたがらなくなりそうですな。みんな公務員になりたが・・・あ、公務員も民営化されるのか。

まービジネスマンとしての資質も持たなきゃいけないのは大変でしょうねえ。単なるビジネスマンの方が楽そうだ。
かといってフリーハンドにはしたくないし、ってワ士が決めることじゃないですが。

|  noriaky231(仮名  | 2010/06/14 19:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/57-7bb3c915

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT