PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW 第14便@再掲【ウォーターボーディング】

*第13便
un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg

【事件激情】ウルトラNW: 第14便【911アメリカ同時多発テロ】


“…サン……イマーム……ンワル……て”


「は? え? ミスシラトリですか? 電話が遠いんですけど、アンワル?」


サンディエゴアルアウラキ探して!”


un14アンアル 
「え、あのミスシラトリアウラキとは誰です?
ミスシラトリ、いまどこにいるんですか?」

ガッ──ブツッ

「あれ、切れた? やっぱり電波状況悪いのかな」

un14このでん 
“この電話は──”
「あ、ミスシラトリダン・コールマンです、今どこに……」
“──電波の届かないところにあるか電源が入っていないためかかりませ……”

un14はらにほ 
「はら?」(日本語? たぶんつながんねーよの自動音声と思われ)


「……サンディエゴアンワル・アルアウラキイマーム?」
whitespace10*10
un14んーミス 
「んーミスシラトリ、唐突なのは毎度のこととして、なんか様子が変だったな」

えっと、こういうとき誰に相談すればいいんだ? オニール主任は……スペインにバカンス中か。ケータイ置いてくから出たくても出ねえって言ってたしなあ。

un14やっぱりし 
「やっぱり主任つながんないし、この伝言もいつ聞いてくれることやら」

u03らんどま05 
「んー? オニール主任以外の誰なら知ってるんだ?」



un14グアテ

un14グアテマ 
un14グアテマラ 
un14のし 
un14のしゅ 
un14のしゅう 
un14のしゅうよ 
un14のしゅうよう
 
un14Guatemarp01120530.jpg 
un14Guatemarpb01091512.jpg 
un14Guatemarp0109.jpg 
un14Guatemarp0107w01091529.jpg 
「ん……」

un14Guatemarp01092026a.jpg 
un14Guatemarpnew0206_2.jpg

un14Guatemalarp01091410.jpg

un14かんきんnewnew0206 
un14Guatemalarp01new0206_2.jpg 
un14Guatemala01091409.jpg

un14hesi.jpg

un14hesid02new.jpg 
「He sido injusto. Voy a solicitar la presencia de los empleados──
(これは不当な処遇です。わたしは日本領事館員の──)

whitespace10*10
un14delc.jpg 
un14delco.jpg

「del consulado japo──(同席を要求し──)
whitespace10*10
un14nes02new.jpg 
「──nés(ます)……って空気感じゃ……ない?
 
un14Guatemrpw0204.jpg 
un14おそわnew0612

un14おそそわ 
un14Guatemarpnew0206_9_2.jpg 
un14Guatemarp0110b のコピー 
un14Guatemarpnew0206_4.jpg 
un14おそわわわ
un14おそそそわわ02new 
un14Guatemrpgnew0910_2.jpg 
un14Guatemrpgnew0612_2.jpg 
un17Guatemrpenew2new0206_10_2.jpg 
un16lgsanew0910_5.jpg 
un14Guatemarpnew0206_3.jpg 
un14Guatemrpfnew0612.jpg 
un14Guatemarpnew0305.jpg 
un14Guatemarpnew0206_6_2.jpg 
un14おそわれるし 
un14Guatemarp0114cc.jpg 
un14Guatemarp0114ff.jpg
d20160219215632975.jpg 
un14おそわれるるるるるし  
un14Guatemarp011anew0204.jpg 
un14Guatemalarpnew0629_202.jpg 
un14おそわれるる02 
un14Guatemrpw03_1228_2.jpg 
un14Guatemrp_xqqnew0206.jpg


u14u20-はいじ のコピー









un14title0202.jpg

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子はじめこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりは、根拠は創造にしてソースは妄想だが、ある意図がある。



un03titlenewworld.jpg un14number.jpg
u00redline_c_640.jpg 
un14cpt0202.jpg



July 10, 2001
Tuesday

2001年7月10日 火曜日


9.11まであと63日──


Washington D.C.
ワシントンDC

un14アルカイ 
アルカイダアメリカの資産へのテロ攻撃を近日中に実行しようとしています」

Condoleezza Rice
@U.S. National Security Adviser

コンドリーザ・ライス大統領補佐官@国家安全保障問題
whitespace9*6
un14いつどこ 
「いつ? どこの? なにを?」

Cofer Black@CIA’s Counterterrorism Center
コファー・ブラック@CIAテロ対策センター長
whitespace9*6
u18ますー02 
「時期は数週間から遅くとも半年以内」
「最悪の場合、合衆国本土が狙われることもあり得ます」

George Tenet@Director of CIA and DCI
ジョージ・テネット@CIA長官
whitespace9*6
un14こっかレ 
「国家レベルの厳戒令と、ただちに行動が必要であります」
外交上の問題が多く生じるため、すみやかに着手する必要があります」

なんで7月になって急にCIAが焦りだしたか。
クアラルンプール会議ハリド・アルミダル情報を独り占めするのにこだわりすぎの結果、>いよいよ尻に火がついてきたんである。

このころには、世界各国から奔流のように警報が押し寄せていて。

それは情報と言うよりはその断片みたいな曖昧な話ばっかだったんだが、

どれも共通してるのは、
whitespace10*10
un14どれもき 
アルカイダ大規模テロが近い」「標的アメリカ(の、何か)」

こりゃアホでも「火のないところに煙は立たず」であるとわかる。
こういうとき、何か火種があるのだ、確実に。

テネットブラックの思惑は、ミレニアム警備*【ウルトラ 19機目】よ、もう一度。

u19れんぽうしっこu19れんぽうし
u19れんぽうu19れんぽうしっ

あのときと同じ全米規模の法執行機関を総動員した超絶警戒体制。

99年末レベルの徹底的な山狩りならば、米国に入り込んだアルカイダメンも間違いなく網に掛かる。FBIに頭下げなくてもいいし、アルミダルネタを隠してたこともうまいことうやむやになり。そして大規模テロを未然に阻止したあかつきには、

功績第一位は、>CIA(゚д゚)ウマー

なんて風な都合のいいこと考えてたと思われ。
だからこの期に及んでもまだアルミダルのことをライスに明かしていない。

でも「アルカイダテロリストなんちゃら氏すでに国内に潜伏」を隠すってことは、
いまそこにある危機の具体的裏付け1個もないっすってことになり。

un14しかもき IQ180ともっぱらの噂よ 
しかも聴き手は、最先端の切れ者と自分では思ってるけどはっきりいって安全保障屋に不可欠の想像力が皆無コンドリーザ・ライスなのだった。

テネットの「ただちに行動」が、工作活動軍事攻撃ひっくるめたオフェンシブな対抗策を意味するってのも察しないし、「外交上の問題」「すみやかに着手」が「アフガン軍事攻撃するなら早いとこ関係各国に根回しせな早よ」ってのもピンときてない。

大統領は、」
whitespace10*10
un14だいとう 
大統領は、分厚い資料は読みたくない、と言われています」

un14ははて 
?」
whitespace10*10
un14へはて 
?」

un14たんてき つまり3行で 
「具体的な事実だけを端的にシンプルな表現でお伝えしないといけないの。
この件は大統領に判断を仰ぐほど切迫度が高いとは思えないわね」


un14ずつうが 
(……マジかよ、頭痛が痛くなってきた)

のちコファー・ブラック上院911委員会の聴取でそのときを振り返り、

un14おれたち02 怒りのブラック
“もうおれたちに残された手段は、
あの女の頭に銃口を当てて、
引き金を引く
ことくらいだった”

このあとテネットブラックは、ラムズフェルド国防長官アシュクロフト司法長官にも掛け合うが、結果はまあ期待する方が野暮ってなもんで。

un14のち91 
のち9.11調査委員会の聴聞でも、この7.10警告スルーの証言は多々あった

が、

調査委員会調査レポートにはまったく載ってない。
つまりなぜか無視されたんである。

9.11調査委事務局長ライスの腰ぎんちゃくフィリップ・ゼリコウだったからまあそれで あっ(察し ってとこなんであるが。

が、天網恢々なんとかかんとか、かつてウォーターゲート事件ニクソンの首を獲った政治記者ボブ・ウッドワードが暴露本でこれをスッパ抜き、世間に解禁。

このとき国務長官に出世していたコンドリーザ・ライスは、「だって切迫してるように聞こえなかったもんっ」と開き直って逆ギレ反論した。


と、CIA2人組がふつふつ憤懣ためてるのと同日、


July 10
Tuesday
7月10日 火曜日

un10phoe.jpg FBI Phoenix
FBI’s Phoenix field office, Arizona
アリゾナ州 FBIフェニックス支局発のメモランダムが本部支局に出回った。

un14オサマビ

オサマ・ビンラディンアメリカ学生を送り込んでいる可能性があり……」
支局間で協力対応が必要」
フェニックス支局アリゾナ州航空学校大学不審な言動の学生を……」


un14のちフェ Phoenix Memo 
のち「フェニックスメモ」として知られる内部文書である。

un10Will のコピー Kenneth Williams,@FBI special agent
発信したのはフェニックス支局ケビン・ウィリアムズ特別捜査官。

un10そしてき のコピー 
un10えいごがへ 
この不審な言動の学生とは、じつはダメ生徒ハニ・ハンジュルのことで。
航空学校界隈の噂がウィリアムズの妖怪アンテナに引っかかったのだった。

さて、ニューヨーク支局対テロ特捜班にもフェニックスメモは届くには届くが……。

Jack Cloonan
@FBI’s Senior Case Agent for the ‘Bin Laden Sqard’

ジャック・クルーナン
@FBI特任捜査官@対ビンラディン特捜班暫定班長
whitespace9*6
un14こんなも 
こんなもんどうやってチェックしろって言うんだよ!

航空学校の受講者は3万人はいるし! アラブ人にかぎったってものすごい数だし! しかもモハメドだのサイードだのアルだのビンだのやたら同じ名前のやつばっかだし! おまけにウチの大将オニールスペイン行って留守だし!

それでもクルーナンはしぶしぶ各スクールの名簿を調べる努力だけはしてみ

たんだが、
名前の羅列だけうんうん目を通してもなんもわかるはずもなし。

もちろんFBI本部対テロ司令塔(のはずが現場の足引っ張ること以外なにも仕事やってない)ITOS@国際テロ対策セクションの官僚連中や、他あんまテロに興味のない支局は小指もピクとすら動かす気配もなく放置スルー。

u18すわる 
フェニックスメモ」は、ほかの手がかりの断片と同じように、
いまだデジタル化にほど遠い支局のアナログな紙資料のうずたかい山の、
ずっと下の地層に埋もれて忘れ去られた。


u04赤銅丸01


un12wash.jpg 
Washington Dulles International Airport, V.A.,
バージニア州
ワシントン・ダレス国際空港


un14ンむー 
「ンむーーーーー」

Jennifer Matthews
@Analyst at ‘Bin Laden Issue Station’ of CIA

ジェニファー・マシューズ
@CIAビンラディン問題課分析官
whitespace9*6
un14おっせー02

「ಠ益ಠ 遅っせーよ!

un14すっぽか 
「すっぽかしかよシラトリ いい根性してるじゃんっ」

un14くっそい 
「くっそ忙しいなか、わざわざ空港まで迎えに来てやったのにさ!」

un14このでんわ 
“この電話は電波の届かない場所にあるか電源が入っていないためかかりま──”

un14むっきー むっきーっ
なんで出ねーんだよ! てかなに言ってんのこの日本語意味わっかんねー!」

un14ちぇっせ 
「ちぇっ、せっかくランチんときの旬な笑える話、仕入れてきたのにさ、バカ」

un14いいやけ 
「い、いや決してシラトリとのランチを楽しみにしてたわけじゃまったくなくていちおう最低限のほんっと最低限のマナーで話題くらい用意しようかとしぶしぶの

un14ふふんっ02 
ふ、ふんっ、とにかく時間ムダにしたじゃん!
今度は迎えに来てやんねーんだからね!」

un14ったくど0202

「ったく、ヘラヘラどこ寄り道してんのやら」





un14ほっつ0102

un14ほっつき 
un14Guatemrpd202.jpg 
un14ほっつきあるい02 
un14ほっつきあるいて02 
un14Guatemrpf2.jpg 
un14Guatemrpe.jpg 
dun14_15new_04.jpg 
un14ほっつきあるいているの 
un14Guatemrpxdnew.jpg 


un14Guatemalarp_sai2.jpg


un14Guatemalarp_new0101.jpg



un14おそわる







un14salo.jpg

July 12, 2001
Thursday

2001年7月12日 木曜日

un14salou02.jpg Salou 
Salou, Catalunya(Cataluña), Estado Español
Salou, Catalonia, Spain

スペイン カタルーニャ州サロウ

un14john.jpg 
John P. O’Neill
@FBI’s SAC for the National Security of NY

ジョン・オニールマドリードでの警察財団の招待スピーチをさっさと済ませ、

un144にんい 
4人いる愛人+正妻の中で最愛のバレリーと合流してバカンスに突入。

un14もちろんセ 
オニールもちろんセクシャリズマーな魅惑のピチパン

un14むーきこ 
「……むー帰国したら、ジムでも通うか、夜遊びはやめて。…いや夜遊びは週1回に、いや3日1回にいや夜12時越えたら食わないようにしいや──」

un14もうおも 
un14もうおもい02 
un14もうおもいっ 
un14もうおもいっき 
もうね思いっきし羽根伸ばすぜ系の。

un14バレリ 
un14バレリー

バレリー、今日はおれにとって記念すべき日だったんだ」

un14ついにK 
「ついにKMAになった」
「なにそれ?」

un14きょうで 
FBIで勤続20年達成。いつ辞めようが年金満額ゲットの権利を得たのさ」
whitespace10*10
un14これでF 
「これでFBIKiss My Ass おれケツにキスしやがれ”
って言ってやれるようになったってこった」

un14おれぁ

「おれぁ、近々FBIを卒業するつもりだ」

un14まえにワ 
「前にワールドトレードセンターから誘われてるって言ってたわね」

「おう、ラリー・シルバースタイン翁からじきじきにな。警備部長になってくれってそりゃ熱心に何度もだ。年俸だってFBIの倍だぜ。だが正直まだ決めかねてる」

un14じつはなバ

「じつはな、バレリー、まだ誰にも言うなよ。
クラークから後任にならないかって誘われてるんだ」

un14モッテモテ モッテモテで困っちゃうぜ
ホワイトハウス対テロ調整官。今よりずっとデカいことのやれる国家規模の対テロ仕事だ。まるでおれ様のためにあつらえたような役職なんだよな」

un14でもあのう02

「でも、あのう、FBIのあなたと仲の良くないアンチの偉い人たち、大丈夫なの?」

un14へへまそ 
「へへ、ま、そのための策は講じてるさ」

un05でまずい 
というオニールのブリーフケースにはもちろん、

un05bkブリーフ02
ブリーフ、

じゃなくて、

un11ばさっ 
un11こいつはマジ 
白鳥からもらった例の生命保険があった。

un14まもうす 
「ま、もうすぐいろいろ落ち着くさ。そうすりゃマイハニー、君とも結婚できる」
ジョン。うれしいわ」

un14にぇへ にぇーへっへへへ

あーオニール、ほかの愛人たちと本妻のこと忘れてないかに?


というオニールたちはサロウの地で、


じつは意外すぎる人物とニアミスしていた。


un14ビーチに

「ビーチにはもう行ってみたか?」

un14なんであ 
「なんでリア充だらけで身につまされる穢らわしい場所へ行く必要がある?」
「まあそうだが(相変わらず絡みにくいマジレスだ)」

un14リゾート 
リゾートから最大限に遠い、といえばこの男──

un14moha.jpg 
محمد عطا
Mohamed Atta

モハメド・アタ

9.11テロリストのリーダーと、アメリカ対テロ司令塔。
この微妙に時期がすれ違いながら地球はこんなに広いのに偶然すぎる偶然の一致。
なぜかこれに対して陰謀論者は得意の陰謀をあんまし主張していない。

オニールより3日遅れの7月8日アメリカを出国したモハメド・アタは、
サロウアルカイダの統括メンハブセルと合流。

un14khal.jpg 
خالد شيخ محمد
Khalid Sheikh Mohammed

ハリドシェイク・モハメド

un14ramz.jpg 
رمزي بن الشيبة‎
Ramzi Bin al-shibh

ラムジ・ビナルシブ

アルカイダ渾身の飛行機計画 プレーンプラン最終作戦会議である。

じつをいうと、攻撃目標をどこにするかで、ビンラディンアタたち現場メンオペレーションセルはいまだにモメてたりして。

un14わがけん 
「我が思慮深く勇敢な同志モハメド・アタよ、先だっての君の提案だが、
やはり原発はやめた方がいい、という結論になった」

アタの挙げた攻撃候補は、↓インディアンポイント原子力発電所だった。

un14indi.jpg Indian Point NPP
Indian Point Energy Center
マンハッタン中心街からハドソン川を遡ってわずか65km北にあって、
ニューヨーク市の電力供給の3割を担う。

原発はたしかに魅力あるターゲットではある。だが結果が手に負えない状況まで波及的に悪化するおそれがある。アミールもそうお考えだ。原発は外そう」

un14となればこ 
「──となれば、候補はワールドトレードセンター連邦議会
それからホワイトハウスペンタゴン……」

「いや、待ってくれ。前にも言ったが、」
whitespace10*10
un14ホワイト 
ホワイトハウスペンタゴンは外してくれ。失敗のリスクが大きすぎる」

首都だから防空体制が厳しいか?」
「いや、建物が低すぎるのだ」

un14ペンタun14ペンタゴ 
ペンタゴン5階建て、ホワイトハウス3階しかない、両者とも高さ30m以下。
くわえてホワイトハウスは建物も小さすぎる。

航空機にとっては難度の高いターゲットなのだ。
操縦では低空飛行の高度維持がいちばん難しい。

un13ちゃくり 
飛行機が着陸する姿を思い浮かべればわかるだろう。
機首を適度に上げて浮力を維持しつつ高度を下げる。
ミサイルとは違うんだ。目標めがけて一直線に飛んでいけるわけじゃない。

ほんのわずかでも高ければ飛び越してしまうし、低すぎれば地面に鼻面から突っ込むんでしまう、下手すれば失速してはるか手前で墜落する。


https://youtu.be/3VWecxRMzmY
whitespace10*10
訓練キャンプのライブラリでカミカゼアタックの記録フィルムを見たが、ゼロは一直線にアメリカ空母めがけて突っ込んでいたじゃないか」

ボーイングは小さなゼロでもプロペラ機でもない。扱いはずっと難しい」

un14カミカ 
「しかしアミールはどうあってもホワイトハウスを優先させる意向なのだが。そのために高い授業料を払って君らにフライト訓練をさせてきたのだぞ」

「訓練を重ねたからこそ、技量を磨いても不可能なものは不可能と分かったのだ」
whitespace10*10
un14アミー 
アミールがどう言われようが、ホワイトハウスは絶対に受け入れられない。
それでもやるというなら、言いなりになるパイロットを探せばいい!」

un14いま19 
un14しかしア ワシこんなんばっかりや
「しかたない、ホワイトハウスの件はアミールにどうにか納得していただこう。だがペンタゴンだけでも標的にできんか。両方拒否では説得し切れん。承知してくれるな」
「む、分かった」

つぎにオサマ・ビンラディンの最新の心配事。

un14ふむジャ 
「いま19名聖戦士アメリカに潜伏していることになる。
インフラセルの協力者も入れればその数倍の人数にもなろう。
アミール情報漏洩を危惧しておられる。

最終的な決行日、および攻撃目標は、
決行直前まで君以外の何人も知ることがないよう頼む」

un14マルワ 
マルワンや、他のリーダー級にもか?」
「そうだ、君1人だけとする」
「承知した。では、おれからも相談がある」

un14ジアドジ02 
ジアド・ジャラが、抜けるかもしれん」

un05ziad.jpg 
زياد سمير جراح
Ziad Jarrah


「裏切るというのか?」
「いや、彼が秘密を漏らすことはない。その点は信じられる。
だが殉教にはリア充だから迷いがあるように感じる」

un05ジアドジ 
アタマルワン・アルシェヒは真剣に潜伏してるんだけども、

ジアド・ジャラは根っからのコミュ力の高さからフライトスクールで自然と友だちも大勢できたりして米国生活を満喫してるように見える。

un05くんれんセ たのしそう
いや偽装が上手いといえばそうなんだろうけども。

un05ayse04.jpg Aysel Şengün
そしていちばんのネックが、ドイツで待つ遠恋のカノジョエセル・センゲン。

ジャライスラム原理主義反米に傾倒するのに批判的な女。

un05エセルはこ05 
現世に失うもんなどないアタからするとジャラリア充でうらやましい現世に未練がありありで殉教の覚悟決めてるように見えないんである。

un14ワシこん 
「ふーむ、ジャラ操縦担当だ。抜けられるのは痛すぎるな」


分かった。ならば、対策を立てよう。



一方──、

un14グアテマ

un14のしゅうよ

un08きょうなん 
un14けほっけ

「けほっ、けほっ」


un08どこでミス 
un14うっけ 
「けほっ、おえっ」

un14うっけほっ 
「う、けほっ、はあはあ」

un14うっけほ 
un14さすがの 
「……さすがのわたしも……ちょっと、きつい……かな……」



続きを読む 
 
関連記事
スポンサーサイト

| 再掲激情@911/下山事件 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/547-f8d64d98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT