PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW : 第8便-続き@再掲【原爆投下】

*第7便
un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg
【事件激情】ウルトラNW : 第8便-続き@再掲【原爆投下】



1945年8月2日正午、グアムのアメリカ第20航空軍司令部において
野戦命令第13号」が発令された。命令書のコピーは32部だけつくられ、
グアム、テニアン、硫黄島の各指揮官に配布されることになっていた。




第8便@再掲前半へと戻る *クリック un08こうなるま


un08きょうなん

(……えーと……)

un08けほっ0202 
(………老人ホームハットリ中尉と会って……

それから……

……それからどうしたっけ……)

un08それからええ 
(……うーダメだ、

また意識が……

……とっちらかって……)

un08それかららら

(……考えろ、…考えろ自分っ

un08それからえnew0509 
(……そうだ、“あの人”だ)


un08ニュージャー0101

(──あの人に逢うため、わたしはプリンストンへ)


un08プロフェ0101 
プロフェッサーケナン、驚かせてすみません。わたし、白鳥と申します」

un08しんぞう02 
「心臓が止まるほどわたしと似ている女性について、お聞きしたく参上しました」



un08_2titlenew0512.jpg

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子ニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりは、根拠は創造にしてソースは妄想だが、ある意図がある。



un03titlenewworld.jpg  un08cptnumber.jpg
u00redline_g_640.jpg
un08cpt20man.jpg ─続


Autumn, 1996
1996年

在ペルー日本大使公邸人質事件発生の2か月前──

Princeton, New Jersey
ニュージャージー州 プリンストン
whitespace10*10
un08inst.jpg 
Institute for Advanced Study
プリンストン高等研究所

「失礼かもしれんが、近頃の“ヤマトナデシコ”は、
みんな君ほどの身長なのかね」

un08いぜんぼ02

「ずいぶん前だが、僕がかの国で見た日本女性は皆さん小柄だった」

un08んーどうnew0509 小中高ずっと整列は一番後ろ
「んーどうでしょ、日本女子の体格も西洋標準に少しは近づきましたけど、さすがにわたしみたいな170オーバーの女は、やっぱり巨人族カテゴリーですかね」

「そうか。ニイタカもな、日系ながら君のような長身で目を引いた」

un081944モス0101 
僕がニイタカと初めて会ったのは戦時中1944年モスクワだ。
まだソ連ナチスドイツと戦闘中で、アメリカ同盟国だった頃のな。

さすがの彼女も日系ではなく中国系を装っていたが。名前も中華風だったよ。

un08ぼくがか0101 
「しかし驚いた。本当に君は姿も声もまさに彼女の生き写しだ。
君はニイタカなのか? 双子姉妹…にしては若すぎるか」

「それが調べても分からないんです。養父遺品のなかにあった、
whitespace10*10
un07そうだおnew0507un07こりやあおどろい 
わたしと瓜二つの女性の写真丸メガネだけが手がかりで。

で、わたし外見とくらべてかなりすこーしほんのすこーし実年齢は上ですけど、さすがに半世紀前に大人だったニイタカさんと同世代ですってほど年食ってないですし」

「まるで50年前に還ったかのようだ。ニイタカがじつは不老長寿だったか、君が彼女のクローン人間だと言われても驚かんぞ」

un08またまたnew まーたまたご冗談を
「いやー自分がお子ちゃまだったときの記憶もあるんで、それはないと思いま

un08ぴくっnew ピク
すよってあれ待てよ? でもそれ本当にわたしが体験したことなのかな?
 
un08あとづけnew 
本当はそんな子供時代なんてなくて、
ぜんぶ後付けされてたら? 模造記憶だったら?
じつは3歳で今朝まで培養液にぷかぷか浮いてたら?

un08もぞうきnew えっ?えっ?
え、じゃあ小学生のとき教頭先生ヅラ
ねずみ花火しかけて爆発させたあれも偽の武勇伝?

un08かつら えーっ?
クラスの意地悪なやつのパンツカラシ塗って
1週間くらい学校休ませたったあれもウソなの?

un08アイデン0202 むきゃー
ワタシハダレー?

「いや、冗談だ、すまん、あのーすまん。しかし子供時代の代表的な記憶が、
カツラ花火パンツカラシの2つなのか?」

un08たのしいきおnew0509 
「はい、子供時代の楽しい思い出は、この2つしかないので」

「……日本子供はずいぶんヘビーな環境で育つのだな」

「あ、いえ、わたしが単体として可愛げのないksgkだっただけで、
他の子はもう少し子供人生楽しそうにやってましたよ」

un08George.jpg 
George Frost Kennan
ジョージ・ケナン 米ソ冷戦封じ込め政策を設計した天才外交官

駐モスクワ米大使館参事官として赴任中の1946年2月──
whitespace10*10
un088000ご 
un088000ごに 
8000語におよぶ長文電報 Long telegramを本国に打電、
これがトルーマン政権で話題沸騰、一躍外交のヒーローに躍り出る。

un08ちょうぶ 
Сою́з Сове́тских Социалисти́ческих Респу́блик
Union of Soviet Socialist Republics

ソビエト社会主義共和国連邦
それまで大日本帝國ナチとの今そこにある戦争の影で本性が知られてなかった“同盟国()”。長文電報は、西洋の常識ではかれぬロシア人特有の価値観共産主義思考回路の融合したデンジャラスな行動様式をひもとくソ連早わかりマニュアルで。

西側陣営冷戦外交封じ込め政策がここから始まった。

その功績でケナンは、国務省きってのソ連として、国務省政策企画本部長に抜擢。
なにごとも大雑把なアメリカ人らしからぬロジカルに緻密な頭脳が冴えわたり。

un08おうしゅ0202

ケナンの企画脚本プロデュース>
ヨーロッパ復興資金じゃぶじゃぶ作戦「マーシャルプラン

アメリカの財力にものいわせて巨額の復興資金を雨あられと降り注がせ、戦争で荒廃した西欧諸国復興を助け、不景気につけ込む共産主義の浸透を防ぐ赤化防止策。
壮大かつ緻密なビジョンをもって冷戦初期の対ソ包囲網構築を牽引する。

un0819480101.jpg 
さらにジャパンロビー団体ACJ賛同者として、占領期1948年に来日、
本国の干渉を露骨に嫌がるマッカーサーと対峙。

このとき把握した極東情勢をもとに、
日本VS共産主義防衛拠点にするため、沖縄軍政の継続、在日米軍基地拡大、日本警察力強化、政財界人公職追放解除、経済復興推進──
今後これがアメリカ対日方針となった。

ケナンには表だけでなく裏の顔もあり。生まれたばかりのCIAに秘密のケナン直営チームをつくり、ときに違法な秘密情報活動を切り盛りした黒い過去も、
のち機密指定解除公文書で明らかになる。

un08inst.jpg 
その後ケナンは天才すぎて政権とぶつかり、主流から外れていく。

トルーマン政権が、封じ込めを安易な二元論にすり替えて冷戦をグローバルに拡大、際限ない軍事化を招いた無粋なやりかたと相容れなかったんである。

まもなく国務省を去り、プリンストン高等研究所で学究生活に。アインシュタインフォンノイマンオッペンハイマー湯川秀樹も在籍した「天才の館」の住人となる。

1996年92歳にしてまだ学者として健在。

un03ざいける 
ザ・生ける20世紀(by ジョン・オニール)である。*【ウルトラNW之章 : 第3便】

「今となってはもはや時効だろうから白状してしまうが、長文電報と、のち国防長官に提出したX論文の元ネタの過半はニイタカなのだよ」
whitespace10*10
un08コミンテ 
彼女はコミンテルンの危険性を裏付けるいくつか具体的な材料をもたらした。

さらにこのソ連分析を本国に知らせるタイミングを1945年12月以降と指定さえした。それより早いと米政府親ソ人脈の力のほうが強く握りつぶされると。そのとき僕はニイタカの忠告に懐疑的だったが、今となればその戦略眼が正しかったと分かる。

当時のわたしは知らなかったが、ニイタカ自身が関わっていたヴェノナ作戦による、政府内の赤色スパイ狩りの進捗状況も見越していたのだろう。

おかげで僕の報告は注目され、国務省で出世できたわけだ。

かつて僕は典型的なアメリカ白人だった。国際政治のプロを気どりながら、日本も含めた非白人への差別意識を当然のように持ち、判断にバイアスをかけていた。
一方で中華文明に見果てぬロマンを抱き、かの大陸には無尽蔵の市場があると信じて疑おうともせず。浅はかな認識に安住して動かぬ傲慢な愚物だった。

それゆえ知性を曇らせ、アメリカ最悪の愚挙を犯すのを看過してしまったのだ。

un08ナチスと02 
ヒトラーと戦わせるため、悪質さではナチと大差ない赤色ロシアと同盟を結び、スターリンが力を蓄えるのをわざわざ支援した。そればかりか無防備にもその手先であるコミュニストアメリカ同盟国のあらゆる社会階層を浸食するのを許した。

赤色ロシアの本性にまったく目を向けようとせず、
ひたすら日本との戦争に突き進んだ。
whitespace10*10
un08にほんとの 
軍国日本さえ取り除けば、巨大なアジア市場が我が国に莫大な富をもたらす、
そう無邪気に信じ、検証すらせず、疑おうともしなかった。

アジアにおいて日本は早くから赤色ロシアの脅威を認識し、
彼らなりの戦略をもって懸命に対抗していたにもかかわらずだ。

un08われわれは

極東の防波堤となっていた日本を、我々はわざわざ破壊してしまった。

un08ww2ends.jpg 
ニューヨークタイムズ 1945年8月14日 日本時間15日
「我々は初めてペリー以来の願望をはたした。
もはや太平洋邪魔者はいない。
これでアジア市場覇権は、わがものとなったのだ」


まったく、いま読み返せば、赤面するほど太平楽かつ間抜けな記事だ。

戦争に勝って、我々はそれを得たか?

アジアヨーロッパの半分を共産主義者に献上したのだ。きれいな包装紙にくるんで。

アメリカは踊らされたピエロだった。

その結果どうだ。

un08bkthecoldwar.jpg 
アメリカはかつて日本アジアで演じた役を肩代わりせねばならなくなった。世界中でだ。アジア中南米アフリカのどうしようもない独裁者ドルをばらまいて資本主義陣営に引き留め、世界の陸海に巨大な軍事力を置き続けなければならず。

un08はんとうun08はんとうをun08はんとうをは 
朝鮮半島破壊し、ベトナム破壊した。
現地の民間人戦渦に巻き込み、幾百万を流した。
アメリカ若者も含めてだ。

アメリカは初めからボタンを掛け違えていた。
味方とする相手を間違え、戦うべき相手を間違えたのだ。

アメリカは無知だった。

いや、僕は無知だった。

un08そのじじ02

あのとき、僕の前にふらりと現れ、

その事実を容赦なく突きつけ、僕を打ちのめしたのが、

君と瓜二つの女ヤヨイ-カトリーヌだった。

h00永田町異顔2横長419001 
ニイタカは愚かなアメリカ白人の僕を憎み、軽蔑していただろう。
もう少し思慮があれば、彼女の祖先の生まれた母国を滅ぼすのを止められたかもしれないのに気づきもしなかった愚昧な男を。

だが彼女は僕を罵ったり、唾を吐いたりはしなかった。

代わりにもっと過酷なを与えた。

un08ようしゃ 
僕に見せたのだ。真実を。

知性に蓋をして、気づかぬふりもしようと思えばできた。
じじつ多くの“識者”たちがそうしていた。
日本人の女など無視することもできた。アメリカ勝者なのだから。

だが僕にはできなかった。
彼女はそれを見透かしていた。

un08つみほろ0202 
長文電報X論文も、いわば僕にとって贖罪の印だった。

1948年2月の僕の訪日も、先に日本入りしていたニイタカのお膳立てだ。
whitespace10*10
un0819480101.jpg 
彼女の思惑通り長文電報のおかげで、
僕は国務省でそれなりの発言力を得ていたからね。

もちろんマッカーサー元帥と取り巻きのバターンボーイズは、
とうぜん本国から押しかけた僕をとみなした。
whitespace10*10
un08Bataanboys.jpg レイテ島 マッカーサー上陸記念碑 
彼ら軍人は本国から遠い東京で正常な平衡感覚を失っていた。
中尉中佐の権力を持ち、中佐将軍の仕事をするうち、
おのれをあたかも全智全能の王であるかのように錯覚していたのだ。

だから彼らは当初秘密主義で何もかも隠そうとしたよ。

だが、僕にはニイタカがいたからね。
whitespace10*10
u04じごくみみ02 
彼女は誰を突破口とすべきかも心得ていて、
僕をウィロビー少将と引き合わせた。
whitespace10*10
un01きみがら 
u04ういろび Charles A. Willoughby 
強硬な反共主義者少将GHQ左派と激しく対立していた。
国務省の僕とは立場も見解も異なったが、敵の敵は味方というわけだ。
少将の口添えを足がかりに僕はマッカーサー元帥との協力関係を築くことができた。

そうして日本占領政策民主化路線から転換し、一刻も早い復興と反共戦列への復帰をうながす、アメリカ対日講和方針が決まったのだ。

un08ACJは 
たしかにグルーACJニイタカ日本での活動を支援していた、
が、決して彼女の雇用主だったわけではない。

ニイタカはいわばフリーランスだった。目的が一致する部分でのみACJと共闘した。
たとえACJの望んだことでも、ニイタカに潰された案件も多々あったな。

ACJにとっては痛し痒しだろうが、彼女の巡らせたコネクションと狂うことのない冷徹な戦略眼は、怒らせて敵に回すのを躊躇わせたようだ。

un08てんかんて0101

ニイタカは、時代の“転換点”を機敏に読み取ってつねにその近くに立ち続けたが、
その軸は決してぶれることなく、ひとつだった」

un06しゅしょうか 
日本という国を守るため、
whitespace10*10
un06できづけ02 
その滅ぼすこと。

とは、やはり共産主義、ですか?」

「それも含めて、日本を内外から蝕む毒虫どもすべてだな」
whitespace10*10
un08ニイタカは1ね 
ニイタカの取り組んでいたのは、毒虫に対抗する体制構築であり、インテリジェンスの調整だった。*【ウルトラNW之章 : 第6便】 1年2年先ではなく5年10年先、ときに半世紀先未来をも透視して布石を打っているかのようだった」

un08きみがしり ぎろ
ニイタカの予測した未来がいかなるものか?

君が最も関心があるのは、本当はそこだろう?


un08えきみがnew 


「へ?」

「君がニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌを追いかけているのも、
自分の生みの母かもしれない女性への思慕という個人的感情だけが動機ではなかろう。

少し会話して分かった。君はそうした感情に支配されるタイプではない。
そんなところまでニイタカに似ているとはな。

ニイタカの描いた未来像に、どのような毒虫が現れ、どのように対抗すべきか、
それを知ることこそ君の目的ではないかね」

un08えきみがnew ヒク

un08こうむい0101 
「君は公務員と自己紹介したが、日本と頻繁に行き来しつつアメリカ各地を渡り歩くのを自費でまかなっていたら、並の役人のサラリーでは即破産コースだよ」

un08げきみはnew 


un08きみはけい0101 
公務員なのは嘘ではないだろう。ただし、君は日本国家安全保障を司る中央機関上級オフィサーであり、任務としてニイタカを調べている、違うかね?
 
un08げげnew 
げげ
 
un08プロフェッサnew 
「……お詫びします、プロフェッサーをちょっとナメてました。
仰るとおり、わたしは警察庁National Police Agencyに属する公安警察官です」

un08くわっnew くわっ
「あ、でも、個人的な感情ニイタカさんを知りたいのも本当に本当ですから!

un08ひっしだ0303 必死だな
そっちが先ですからっ、そこウソじゃないのは本当だから! わたし、そこまで打算だけの人でなしじゃないんで! あ、ちょっとだけ一石二鳥ラッキーとか思ったのも本当ですけどそれたまたまそういう形になってしめしめと思っただけであれ?」

「あーわかったわかった」
whitespace10*10
un08うたがつ0101 
「そこは疑っておらんよ。だからこうして君と話しているではないか」

「よかったー。で、あのーというわけで、えーと、

わたしが公務プロフェッサーお仕事ってことになるとですね、そのー天下の国際政治第一人者にまことにお恥ずかしい話でとても言いにくいんでありますが、」
whitespace10*10
un08ごかんあ0101 くねくね
「我が方にはプロフェッサーのお立場に見合うギャランティの予算がないんです。
こんな雲を掴むような話、はったりで交通費出してもらうのが精一杯でして」
whitespace10*10
un08どうかその0101 
「そこらあたりをご勘案いただきつつ、わたしのクリソツぶりに免じて、
どうかそのう個人的感情の側面の方を重視していただけないかと……」

「心配せずとも君の顔を見た瞬間から100%私的な会話のつもりだよ、ユリコ

un08ばんのう0101 万能の通行手形なわたしの顔ありがとう
「ふー助かりすぎて感激です、古民家売りに出さなくて済んだー」
「君は大物なのか物凄く小さいのかよくわからん人だな」
「大小はわかりませんけど、個人的にお金無いのはたしかです」

un08ふむ20 
「ふむ……20万の十字架、か」

プロフェッサー、なにか心当たりあるでしょうか?」
 
un08とうじニnew0510 
「当時ニイタカさんと行動を共にしていた人から、彼女は、日本人への債務償いを意識していたようだ、とも聞いたんですよね。の意識というか」

「…………」
プロフェッサー

un08なつかしい 
「……懐かしい写真があるが、見るかね?」

「え、プロフェッサーのご幼少のみぎりの記念写真とか昔はけっこうワルだったんだぜ自慢的な酔っ払いの写真見せられても(・ω・` )ちょっと……」

( ー`дー´)僕もそれが迷惑行為ということぐらい知っておる」

un08おおあ0101 
un08おおあった0202 
un08おおあったこ02 
「おお、あった、これだ」

un08しゅうごnew0508 
「君に見てほしいのは、集合写真にいる人々のほうではなく、
左奥に写っている黒衣の女性だ。すこぶる小さくてぼやけてるがよくご覧」

「で、ちょいワルだった若き日のプロフェッサーはどれですか?」

( ー`дー´)だからそういう写真ではないというに」

un08ひだりおnew0508_2
 
「左奥の……って見切れてる通行人じゃないですか、あれ? んんん?」

un08あこれnew0508un08あこnew0508 
un08あこれニnew0508 
「あ、これ、ニイタカさん? うわ、こんな小さいのによく気づきましたね」

un08おーびじんnew 
「おーやっぱり美人さんだねー。ホントわたしそっくり
「君はなかなかユニークな性格だな」

un08こればしnew0509 
un08ばしょはワ0202 
「これ、場所はワシントン、ですね?」
「そうだ。そして裏書きによれば、撮影日は1945年4月12日

un08だい33 
トルーマン第33代合衆国大統領就任の日。

別の言い方をすれば、


前任者ルーズベルト大統領が、この日、死んだ


un08えまあそnew


え?


un08まあそのし0101 
「まあ、とはいえこの写真1枚をそこまで気にかける意味はないかもしれん。大統領急逝したのとたまたま同日に、彼女がワシントンに居合わせたことしか証明しておらん。ふつうなら両者を結びつけようとは思わんだろう。だが……」
 
un08だがnew0509_2 
「だが……?」

「僕の知るかぎり、戦時中ニイタカアメリカに近づかなかった。彼女がアメリカに入れば、日系人として強制収容される危険があったからだ」
whitespace10*10
u09さくせ 
ニイタカヴェノナ作戦にもブレーンとして関わっていたが、*【ウルトラ : 9機目】それも用心深くつねに国外から通信手段連絡員を介してだったのだ。
whitespace10*10
un08あこれニnew0508 
にもかかわらず、この写真は戦時4月に彼女が米国内にいたことを示している。

なぜニイタカは身の危険を冒してまで、合衆国首都を訪れたのか」

un08ここからは 
「ここからは、あくまで老いぼれの妄想によるおとぎ話と思って聞いてもらいたい」

u09それんのす 
un08げんばくスu09ろすあら  
ニイタカヴェノナ作戦スパイ摘発を通して、
マンハッタン計画のことも知っていた。

Franklin Delano Roosevelt, aka “FDR”
whitespace10*10
un08もともと0202 
FDRことフランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領

彼が異様なまでに日本人への憎悪を燃やす偏執的な差別主義者だったことは、
あのころアメリカ連邦政府中枢近くにいる者なら皆知っていた。

日本人という種族を絶滅させる

私的な場でのその言葉が本気だったことも。
 
un08たいどくnew 
むろんニイタカも理解していた。

米世論のじつに8割戦争反対していたなか、巧みに対独対日戦争開戦を演出、しかも完全勝利も確実となった。さらに合衆国史上初大統領4選を成し遂げた。
世界最強のパワーを存分に振るい、ルーズベルトは権力の絶頂にある。

その勢いをかって非情な民族浄化ジェノサイドを実行にうつす、
その可能性が決して低くないことも。

un08とうじすすす0101 
当時すでにドイツは西から米英軍、東からソ連赤軍に攻め立てられ、
whitespace10*10
un08とうじす0202  
ナチスドイツ滅亡はもはや時間の問題。
whitespace10*10
un08とうじすで03 
一方の日本もまた本土の各都市が連日戦略爆撃に晒され、
whitespace10*10
un08とうじすでに03
un08とうじすでにせ02un08とうじすでにせき02 
硫黄島につづいて沖縄陥落も近づき──

un08ちしまから 
さらにルーズベルトスターリンの密約によって、
ほどなくソ連日ソ中立条約を破棄し、満州および千島樺太侵攻する。

un08downfall.jpg 
それでも日本抗戦が続けば、11月には九州関東への本土上陸作戦ダウンフォールが予定されていた。神経ガスサリン」「マスタードガス、米作に打撃を与える枯葉剤、あらゆる非人道的手段をも投入した最終決戦へとなだれ込むはずだった。

大日本帝國敗亡は、もはや避けられぬ。

国滅びたあと、日本人にいかなる運命が待ち受けるか。

un08じんしゅか 
ルーズベルト劣等アジア人種品種改良構想と日本人絶滅構想──

インド系、あるいはユーラシア系アジア人種を、さらにはヨーロッパ人アジア人種交配させ、それによって今より優れた文明をこの地に生み出していく」
whitespace10*10
「ただし日本人は除外するジャップはもとの島々に隔離して衰えさせる
whitespace10*10
日本人敗北後は、他の人種との結婚あらゆる手段を用いて奨励すべきである」

*上の優生学かぶれの厨二病発言は、駐米英国公使ロナルド・イアン・キャンベルとの私的対話中に打ち明けられたもの。当時白人人種差別選民意識はふつうにデフォルト設定だったが、それ割り引いても超大国元首の言葉としちゃあまりのマジキチで、戦慄したキャンベルは、慌ててイギリス本国に「こいつ激烈やべえっす(意訳)」と注進している。*【ウルトラNW之章 : 始発便 -結】

 
un08にほんじnew 
日本人を狭い列島に封じ込めて隔離し、文明を衰退へと追い込み、
妊娠可能な日本人女性他民族とのあらゆる手段を用いた結婚
すなわち組織的強姦強制妊娠、そして強制出産を繰り返す。
十万百万単位の大規模な強制交配事業を何世代にもわたって継続すれば、
じわじわと日本人という血統は薄まり、やがて地球上から消滅する。

あの冷血漢ならば、その狂気のプランを本当に実行する権力も意志もあった。

自由主義陣営の中心アメリカ合衆国史上最も偉大と讃えられる指導者ルーズベルト
その内面は対極にいるはずのヒトラースターリンのいびつな映し鏡だった。
 
un08アメリカといnew 
合衆国の政治の仕組みでは、一度大統領が決したことを覆すのは難しい。
たとえそれがいかなる愚行暴挙であってもだ。

すでにルーズベルト治世下のアメリカは、在米日系人強制収容資産凍結、そして日本本土の民間人への無差別爆撃という一線を越えてしまっている。

むろんルーズベルトはつぎのハードルもあっけなく越えるだろう。

一方の日本──

un08にほんの 
日本では終戦工作のための鈴木貫太郎内閣が発足。鈴木首相東郷茂徳外相は、最後の望みを中立条約を結ぶソ連に賭けていた。ソ連仲介に入ってもらい、降伏するにしても国体護持つまり天皇の地位だけは確保しようと、モスクワに働きかけていた。

un08どうねん 
頼みのスターリンが、すでにルーズベルト対日参戦を密約済みとも知らず。

米国務省知日派は、「天皇継続」「間接統治」を無難な占領案として提唱した。

日本人にとっての天皇西洋世界における皇帝君主と根本的に異なる存在で、日本日本たらしめる国体そのものであると理解していたからだ。

un08アメリカぐ 
だがプラグマティズムの極致にあるアメリカ軍統合参謀本部はそんな観念的な話など一顧だにせずスルー、日本降伏後連合国ソ連による分割占領統治計画案を練っていた。米軍の負担軽減と、ソ連参戦させる報酬代わりに。

幻の日本分割統治案
JWPC統合戦争計画委員会385-1
whitespace10*10
un08ほっかい 
北海道東北ソ連
関東中部東海北陸)─アメリカ
東京35区米英中共同管理
近畿福井アメリカ中華民国共同管理
四国中華民国
中国九州イギリス連邦
沖縄アメリカ

ソ連は最後にちょこっと顔出すだけで巨万の獲物をごっつぁん(゚д゚)ゲプーである。
なにより帝政ロシア日清日露戦争時代からの宿願だった、不凍港が手に入る。

ルーズベルト大戦前から赤色ロシアおよび中国@まだ中共の方ではないに対して一貫して好意的で、この日本分割占領案に近い線を採用する可能性が高い。

un08このほう 
この方針は早くから末端にまで漏れ伝わっていた。中国国民党軍兵士たちは大喜び、占領軍として日本あんなことこんなことをしてやる、と語り合っていた。

un08あんなこ 
あんなことこんなことってもちろん↓

un15ひどいこ 
中国本土で彼らがさんざん繰り返したお家芸の略奪殺戮強姦拷問である。

un15いんぶにun15さくらい 
つまりあの通州事件済南事件*【第15便】の光景が、四国近畿日本人に対して日常的無制限かつ無期限にくり広げられるのは目に見えるような。

un08いっぽうで 
一方で、ソ連の手に落ちる北海道
whitespace10*10
un08いっぽうでソ 
そして青森秋田岩手山形宮城福島の運命はどうなるか。

un08シベリアよく
un08シベリアよ02
un08シベリアよくり02 
シベリア抑留つまり日本兵捕虜奴隷化を強行したソ連が穏健な占領統治をするはずもなく、同様の暴虐北海道東北でもおこる可能性はきわめて高い。

さらにソ連は長い対独戦食糧政策失敗で深刻な食糧不足に悩んでいたことから、

un08bkだいききん 
とうぜん日本穀倉地帯だった北海道東北農作物畜産物は根こそぎ接収、ソ連本土に持ち去られ、北海道東北日本人飢餓地獄に陥る。

un08そしてル 
そしてルーズベルト劣等人種がどうなろうが歯牙にも掛けないだろう。
もともと日本民族絶滅が本心なのだから。


しかし、ひとつだけ──、
 
un08ルーズベnew 
ルーズベルトならば、あの新兵器日本に使わないのだ。

かつてルーズベルトは、本土上陸作戦ダウンフォールに伴い、
新兵器18個(!)の対日使用を認める命令書にサインしていた。

が、

ここにきて思いがけず、新たなファクターが加わった。

un08たいりくun08たいりくで 
日本軍の消えた中国で、つぎなる“皇帝”を決する国共内戦が不可避となったのだ。

ルーズベルトは焦る。

もし蒋介石が倒れれば、戦争大統領ルーズベルトの大義名分が大ダメージを受ける。
米軍主力太平洋から大陸へと移し、国共両者を牽制せざるを得なくなった。

やむなく本土決戦上等の日本への無条件降伏絶対要求をやわらげ、早めの講和へと軟化。知日派外交官ジョセフ・グルー極東部長、つづき国務次官に抜擢。

新兵器の使用も政官界からも陸海軍の主な将軍提督からも財界学界からも反対の大合唱あふれるんで保留し、ひとまず講和のリアリズム路線へ舵を切り始めていた。
 
un08もしかれnew 
だが日本人への悪意が消えたわけではない。

ルーズベルト戦後日本人をどう扱うか。決して楽観視はできない。


一方の、
whitespace10*10
un08ふくだい Harry S. Truman
副大統領ハリー・S・トルーマン
万一のとき繰り上がる合衆国大統領のスペア品。
実務家ではあるが、大物でなく影響力も薄く無害ゆえに副大統領職にあてがわれた。

民主党保守派左寄りすぎる副大統領ウォレスを嫌い、代わりに4選目の副大統領候補にねじこんだ。だからルーズベルトほど極端なソ連推し中国推しじゃないものの、
日本人を「人ではなく」と公言するいかにもの典型的アメリカン。

un08トルーマ 安定のハブ
この当時の副大統領は、現代と違ってマジ補欠なだけで、ふだんまったく蚊帳の外。
ただそこにいるだけ。なんも権限ないし、なんも知らされてない。政府の方針についても、戦況についても、大統領が取り組んでいることも、考えていることも。

トルーマンも例外ではなく。いやむしろルーズベルトと個人的に親しかったわけでもないんできほん無視放置プレイである。なにも知らず。情報量はほぼ一般人並。
もちろんマンハッタン計画についても、まったく知らされてない。

20160824192455de6_201705090319003fa.jpg 
このころソ連極東南方への危ない野望が見え見えになってきて。

ルーズベルト赤色スパイに汚染された側近たち以外アメリカは、強欲を隠さなくなったスターリン危険視するようになっていた。

米軍将兵被害を抑えるためにソ連対日参戦させれば、
目先のメリットよりもむしろ戦後のデメリットのほうが大きいと。

un08けつごう 
一方の大日本帝國。もはや物資人員ともにジリ貧だが、軍部一億玉砕をぶち上げ、
沖縄捨て駒に時間稼ぎしつつ、全土に無数の防御陣地を築いていた。

un08けつごうさくせんun08けつごうさ
un08けつごうさくせun08けつごうさく 
決号作戦
大本営松代大地下壕に移し、上陸してきた連合国軍に対して、官民2000万名特攻ロケット機特攻潜水艇特攻竹ヤリ隊でひたすら玉砕攻撃しつづければ、そのうち米英もあきらめて日本国体護持を認めるだろうたぶんいやそうに違いな

イカレてるにもほどがある作戦である。

米軍からすれば、勝敗はすでに決していて今さら負けることは1000パーない。

だが問題はいつまで戦いが続くかだった。

un08だがもん 
日本が粘れば粘るほど、全土でオキナワのような泥沼の掃討戦が長引くほど、ソ連軍日本本土深く南下する。そして列島のかなりの部分をソ連が手に入れるだろう。

日本としては、天皇の地位保証付き降伏、これはぜったい譲れない。

しかしアメリカもプロパガンダ効果ありすぎで、米国世論の圧倒的多数およびイギリス中華民国はじめ連合国が、日本に対して厳しい懲罰天皇処刑」「天皇廃止」は当然だろという空気。自分で焚きつけといて今さら弱気に出られないアメリカである。

そんな矢先──

un08あかんぼnew0509 
The Baby is born.”
赤ん坊が生まれた


アメリカソ連参戦よりも早く日本降参させる(はずの)手段を手にした。

Major General Leslie Groves
whitespace9*6
un08マンハッnew0508 
マンハッタン計画責任者レズリー・グローブス陸軍少将科学者チーム

un0822おく02 
22億ドルを費やして完成させた新兵器をなんとしても戦争終わる前に使いたい。
でないと使わない兵器に途方もないムダ金を費やしたと議会で責め立てられる。

せっかくだし、生きた人間のいる都市新兵器を試して効果を測りたい。
平時ではそんな暴挙は不可能だ。が、戦争中ならできる、戦時ならば。

マッカーサーアイゼンハワーニミッツ──将軍提督対日戦への新兵器投入に反対していたが、という巨大生命体は個人の意志とは異なる原理で動きつづけ──

のちにアメリカを牛耳る軍需産業によるモンスター軍産複合体の萌芽だった。

un08のちにア02

「候補地は、京都キョート広島ヒロシマ新潟ニイガタ小倉コクラ長崎ナガサキ──」

ちょっと待った

Henry Lewis Stimson
@US Secretary of War

ヘンリー・スティムソン米陸軍長官
whitespace9*6
un08しがいち わし京都大好き
市街地絶対NG投下目標軍事施設に限る也」

戦後アメリカ非人道的行為で反感買うことをおそれたからである。グローブス少将科学者連中が「効果を測定するのに最適」と第一候補に「京都」をしつこく推しまくったが、スティムソンは絶対ダメ駄目といったらダメ也と断固として却下。

un08それでもな ちぇっ、ジャップびいきめ
それでもなんとかその市街地で使いたいグローブスは、
一計を案じて文民のお偉いさんたちをだます策に出る。

un08ヒロシマは ニッコリ
ヒロシマならば、軍司令部工廠軍港中心の軍事都市であり、」

un08じっさいそnew

「いるのは軍関係者のみ、民間人は住んでいません」

un08じっさいそこ02

じっさいのヒロシマには、

un08じっさいそこにnew202 
un08じっさいそこにnew3new0508 
un08じっさいそこにnew101new0508

女子供含む民間人34万人がふつうに暮らしていたにもかかわらず。

un08トルーマンな 
現実主義者のトルーマンならば、スターリンに譲歩も妥協もすることなく、ソ連の手にする利益は最小限に押さえ込もうと考えるだろうし、
その手段としてよく知らん新兵器が有効と考えるだろう。
そして新兵器を試したい軍部情報を“最適化”してそこに付け入るだろう。

un08のちだい 
のち大日本帝國無条件降伏受諾の「聖断」にいたった最大の理由は新兵器投下ではなく、最後の頼みの綱ソ連寝返り満州樺太侵攻だったことがわかるんだが。

un08トルーマnew

ルーズベルトトルーマン──

un08プロフnew0508

日本人にとってどちらが──

un08むごたらnew


プロフェッサー

un08プロフェッnew 
「この日、彼女がワシントンにいたのは、偶然ではありません」
「なぜだね」


un08dawnnew0516.jpg 
un08dawn2new0516.jpg

ザアァァ────
whitespace10*10
un08ザアnew0516 
un08なぜあなnew0508_2 
un08ザアアnew0508 

なぜ?

un08なぜほnew0510 
un08なぜあなbnew0510_3 ……ピチャン


un08だってこnew 
プロフェッサー、あなたも本当は分かってるんでしょう?」


un08きがnew05090 
un08きがnew0509a 
un08きがnew0508b_3 
un08きがnew0508c
whitespace10*10
un08きがnew0508d 
un08きがnew05089e 
un08きがnew0508f kako-KOS9zJjHyhGPdLLo.jpg 
un08きがnew0508h 
un08プロフnew0508


「写真1枚で考えすぎだ、そんなわけがない、妄想だ、バカげてるって」

un08もふくです0202

「わたしに、あなたの“おとぎ話”を否定してほしかったんでしょう?」


un08でもわnew0508 
un08でもわわnew0508 
un08チャポnew0508 
un08でもわたnew0508 
un08でもわたしもnew0508 
un08でもわたしもあnew0508 
un08でもわたしnew0508


「でも、わたしもプロフェッサーと同じ結論しか返せないです」

un08だってしnew0508 
un08だってnew0508 
un08だってしゃnew0508 
un08だってしゃしnew0508 
un08だってしゃしんnew0508 
un08はいはnew0508 

「写真の彼女が、この日、身につけてる黒衣は──」

un08はいはいnew0508_2 
un08はいはーnew0508 
「はいはーい、ちょっとだけじっと動かないでー」

un08これがピnew0508 
「これがピカッと光るからねー」

un08バシュa02 
un08バシュbun08バシュc
whitespace10*10
un08バシュd 
un08バシュe

バシュッ

un08もふくですnew0516

 
un08もふくですよnew 
「──これは、喪服ですよ?」


April 12, 1945
1945年4月12日

Thursday
木曜日

un08white03.jpg 
White House, Washington D.C.
ワシントンD.C. ホワイトハウス

un08んおいえ0101

「ん?」

un08おいえか0101

「おい、絵描きまだか?

un08なんび0101 
まったく!

ルーズベルト40歳で罹った難病の後遺症で下半身麻痺の身だったが、
弱者的な車椅子姿を公開されるのを嫌った。
徹底して情報洩れを封じ込め、車椅子姿の撮影すら許さなかった。

今だったらそんなの隠し通すなんてゼッタイ無理だが、
当時まだテレビジョンが普及してない時代だしマスコミも気をつかったしで、
アメリカ国民は、大統領身体障害者ってのを、まったく知らなかったんである。

un08まったく0101 
合衆国大統領を待たせてどこへ行っておるのだ!

un08おいだれ0202

おい! 誰、

un08だれだきnew0510_2
 
「、か?

un08だれだきさ03 
誰だ? きさま、どうやってここまで入って──」

un08おいだれか0202

おい、誰か! 侵入者だぞ!

un08シークレ 
シークレットサービス!

un08はじめまし020202

なぜだ、なぜ誰も来ない?」

un08はじめまして0101 
un08japsか 
un08はじめましてミ 
  “Nice to meet you, Mr. President.”
「はじめまして、ミスタープレジデント

un08Japsから02 
“I've come to deliver greetings from Japs, Sir.”
日本人からのあいさつを届けに参りました」

un08おおおだ 
「お、おお、だれか、たす──」

un08けっG

けっ

un08Goto.jpg

un08Gotoh0101.jpg

てっ

un08わたしハリ 
un08はじめまnew0508 
un08Gotohell0101.jpg 
un08Gotohel.jpg 
un08gotohellじnew0510

{Go to Hell.”
地獄へ落ちろ



un08わたしハ 
un08わたしハリー

un08わたしハリーs0101 
un08わたしハリーsト0101  
un08わたしハリーsトルnew 
un08わたしハリーsトルー



  “I Harry S. Truman do solemnly swear”
「私、ハリー・S・トルーマンは、ここに誓う


un08わたしハリーsトルーマ0202 
  “I Harry S. Truman do solemnly swear”
「私、ハリー・S・トルーマンは、ここに誓う


un08がっし0101 

“the office of President of the United States,”
合衆国大統領職務を──」

un08がっしゅ

“I will faithfully execute,”
「──忠実遂行し、」

un08がっしゅう 
un08がっしゅうこ04

“the office of President of the United States,”
合衆国大統領職務を──」

un08がっしゅうこく010101 
“I will faithfully execute,”
「──忠実遂行し、」


un08ぜんりnew0510_2
whitespace10*10
un08ぜんりょくを

“and will to the best of my ability,”
全力を尽くして──」

un08ぜんりょく 
un08ぜんりょ0101un08ぜんりょくをつ0202 

“the Constitution of the United States.”
「──合衆国憲法を、」


un08ぜんりょくをつくnew0509 
un08ぜんりょくをつくしnew0509  
un08ぜんりょくをつくして0101


“and will to the best of my ability,”
全力を尽くして──」

un08ぜんりょくをつくしてが0101 
“the Constitution of the United States.”
「──合衆国憲法を、」


un08ほごし

“preserve, protect,”
維持し、保護し、」


un08ほごしよ0202 
un08ほごしよう0101 
un08まもるnew0510

“and defend”
守ることを」

 
un08ほごしようごnew0509 

“preserve, protect,”
維持し、保護し、」


un08ほごしようごする


un08ほごしようごすnew 

“and defend”
守ることを」


un08ほごしようごするこ02 
un08sohe.jpg


“So help you God.”
神のご加護を



un08sohel.jpg




un08sohelp_new02.jpg 
un08sohelpm.jpg 
“So help me God.”
神のご加護を










un08atomi0202.jpg



un08atomiii010101.jpg 
un08atomiii0101010y.jpg  
un08atomii010101.jpg 
un08atomic0101.jpg 

un08atomicbonew0509.jpg



第9便 ブッシュ登場911アメリカ同時多発テロ】へとつづく
u00redline_c_640.jpg 
un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………
whitespace10*10
NHKスペシャル 決断なき原爆投下米大統領71年目の真実~/2016.8.6放送」で明らかにされた原爆投下をめぐる新側面と「幻の日本分割統治計画および日本本土決戦決号作戦を新たに組み入れ再編している。
………………………………………………………………………………………………………………………

 

関連記事
スポンサーサイト

| 再掲激情@911/下山事件 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/536-7334d33d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT