PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW 第7便@再掲【シモヤマインシデント】

*第6便
un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg



「これらはだ、誰もそんなを信じない」などと言ってる場合ではない。
ありとあらゆる日本人が自分の持てる力を出し、ネットを駆使して、
世界に真実を発信し、この情報戦に立ち向かうべきだ。

────────────エリヤフ・コーヘン@元駐日イスラエル大使




下山事件から26年後──

un071975.jpg

昭和50年 1975年 5月──

u02うーむさて 
「あれ、八っちゃん、出戻りかい?」

un07んなわけ 
「んなわけねーだろ今さら。なんやかや後始末で呼びつけられたんだよ」

この年3月平塚八兵衛警視警視庁を去る。

人呼んで「鬼八兵衛」「喧嘩八兵衛」「落としの八兵衛

昭和18年 1943年から捜査1課ひとすじ32年
吉展ちゃん事件など124件殺人事件に関わり、警視総監賞94回警察功労賞警察功績賞を受賞、無試験で巡査から警視まで昇任した「捜査の神様

その八兵衛最後の事件となったのが、↓

un07さんおく03 
三億円事件1968年 昭和43年

un07けいしそ02 
警視総監肝煎りの切り札として翌年から捜査本部キャップとしてくわわった八兵衛は、あの有名な(そしてのちインチキとバレる)モンタージュ写真を、
ホシと似てない
捜査方針を変えようと上に掛け合うが、かなわず。

un07ばんさく 
万策尽きたかんじで公訴時効まであと9か月ってとこでの退場だった。

un07このとし02 
この年1975年12月、未解決のまま三億円事件時効を迎える。

有名なわりにこの事件、じつは窃盗でしかなく時効も早かったんである。

un07どうした 
un07きょうはえ 
「今日はえらくざわついてんな、なんだ?」
「例のほれ、三菱重工爆弾ゲリラの移送だよ」

un07あーせん 
「あー先週、何人か捕まえたやつか。公安がしょっぴいたんだってな?」
「おう、捜1はニュースも知らずに聞き込み回ってて大恥だよ、バカにしやがって」

un07きょうは 
u02あんなとこでじ 
「あいつらの隠しグセは今に始まったことじゃ……ん?」

un07どうしたは 

「どうした、八っちゃん

un07おいはっ02


un07どうしたはっちゃnew0304 

「おい、八っちゃん?」

un07なにか 
un07なにかわ

un07なにかわたnew0516_2

un07なにnew030402 
un07なにかわたしのか 

un07なにかわたしのかおnew0516 
「なにか?」

un07わたしの

un07わたしのかnew0523_2 
「……あの?……わたしの顔になにか問題でも?」

un07だよな02 
「……おい今年って、昭和24年、じゃねえよな」

「? はい? 」
昭和……50年だよな」

u02ごきげんわ 
「わたしの知る限りそうだと思いますけど?」

「だよな、んー? おかしいな、おい、 おめーさんなんつーか、

un07_un18おまえのみじ
 
今とぜんぜん違う別んときに、居たりしたことなかったか?

「さあ?」

h00永田町異顔2横長419001 
「なにを言われているのか、分かりかねますが?」



un07title.jpg

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子ニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりは、根拠は創造にしてソースは妄想である。
平塚八兵衛による捜査は史実と異なるが、それにはある意図がある。



un03titlenewworld.jpg  un07cpt_7bin.jpg
u00redline_g_640.jpg
un07cpt_yakai02.jpg


h00永田町異顔2横長419001 
「なにを言われているのか、分かりかねますが?」

un07あいやす 
un07あいやすま 
「あ、いや、すまねえ。お嬢さん」

un07ひとちが0303 
「人違いだ。急に変なこと言ってびっくりさせたな」

un07あいえnew0516 
「あ、いえ」

un07そりやそ 
「そりゃそうだ、20何年も経つのに、
ぜんぜん昔のままってはずねえよな」

un07あまつ

un07あまってnew 
un07あまってくnew0516

「あ、待ってくださいっ、あのッ

un07まつてあ

あのッ! 待って!

un07わたしもきゅnew0516_2 
「わたしも急に変なこと言っていいですか。

あなたに見ていただきたいものがあるんです」


u00緑丸


記録の風景。

u02まるのうちお

総理大臣吉田茂からマッカーサー連合国軍最高司令官に宛てられた手紙

u04そうしれいぶ02 
u04そうしれいぶ03

書かれたのは1949年 昭和24年 8月末から9月初め頃と思われる。

un07しんあい 
親愛なる閣下

日本の戦後の諸問題のうち朝鮮人台湾人に関するものがありますが、彼らはかつて日本国民であり、現在もこの国に依然として滞在しているものです。
………

総数約100万人、そのほぼ半数は不法入国者であるところの在日朝鮮人の問題について、われわれはいま早期の解決を迫られており──
………

──対米負債のうち朝鮮人のために生じた分まで、将来の世代に負わしむるのは、公正なこととは思えません。
………

これら朝鮮人の大多数は、日本の経済の債権に貢献しておりません。

もっと悪いことには、これら朝鮮人犯罪を犯す割合がかなり高いのです。
彼らは我が国の経済法規を破る常習犯です。かなりの数が、共産主義者かその同調者であり、最も悪質な政治的犯罪を犯しがちなのです。
投獄されているものは、既に7000人を超えています──

un07わたしはこ 
私はこれら朝鮮人がすべて、
彼らの生国の半島に、

whitespace*50*50
un07おくりか 
送り返されることを欲するものです。



──────────「吉田茂マッカーサー往復書簡集1945-1951]」より


吉田の署名はない。
だが総理府用箋に書かれ、マッカーサー自筆の書き込みもあって、
吉田マッカーサー書簡とみてほぼ間違いない。

un06GHQはち 
占領5年目在日朝鮮人問題*【第6便 -続】

ここに、問題の根っこを象徴する一枚の絵↓がある。

un07かんとうだ 
関東大震災で多くの朝鮮人日本人虐殺された場面」

と、韓国では紹介される、その筋では有名な絵。
だが絵のなかにある説明文は──

un07かつてか 
倭奴嗾使鮮人惨殺我同胞之血痕

かつて韓国では漢字かな混じりならぬ漢字ハングル混じり文がみられた。
が、1970年から推進された漢字廃止政策で、現代韓国人のほとんどはハングルの教育しか受けず、今やかなり高学歴でも漢字が読めない。

もし漢字をふつうに理解できれば、この図絵が何なのか分かるはずだ。
関東大震災は関係なく、舞台は東京ではなく朝鮮半島惨殺されている我同胞在日朝鮮人ではなく在韓中国人であり、

un07にほんの 
1931年@昭和6年朝鮮排華事件
後ろ盾の日本倭奴の威を借りて、暴徒と化した朝鮮人鮮人が、中華街を襲って在韓華僑我同胞惨殺している図だ。虐殺者たちの服装が明らかに韓服なのはおいといても、ご丁寧に一人ずつ鮮人と書きこんである。

日本人じゃなくて、てめえらのやらかした蛮行の記録である。

しかもその鮮人が誇らしげに振りかざしてるのは、あの旭日旗だ。

嗾使(そそのかされ操られる手先)」とあるが、それはこの絵が中国側の反日ポスターだからで、日本に命じられてやった虐殺ではない。当時は日韓併合前、破綻状態だった大韓帝国の国家経営を日本が肩代わりしてる状態で、血の気の多い朝鮮人の暴動を抑えて在韓華僑を保護するのに追われて疲れたよ、というのが日本の立場だった。

半島の歴史をさらっと3行で振り返ると、
whitespace*50*50
un07しんこく02 三跪九叩頭の礼 清の使者に土下座中の朝鮮王 
長らく中華王朝の最下級の冊封国として朝貢してきた半島からすると、華夷秩序的には中華により近い半島が「」で、より遠い倭国は「」っつう設定になる。儒教思考からすると、リアルではともあれ脳内設定では日本半島より格下@永遠に固定となる。


が滅亡して100年も経った21世紀になってもいまだに韓国側の要人から報道から世論まで「日本叱る」「倭猿教化してやる」という不可思議な論調になるのはその初期設定が深層のOSレベルでしみついてるからだ。

で、当時はその「格下」の「野蛮」な「」の保護国にされるわ、
のち吸収合併されて日本になっちまうわで、
いやーさぞや激しく総出で拒絶反抗したんだろう、
と思いきや↓

un07ちぇきほ 
崔基鎬チェキホ@加耶大学客員教授
「当時、戦争ニュースは映画館で放映されており、韓国人*ママ日本軍の活躍に狂喜し、拍手と万歳の嵐だった。 しかし、日本で映画館に行くと、熱狂する人などほとんどおらず、冷静にニュースを見ていた。韓国人*ママ日本人以上に日本人だった」


謝永光日本軍は香港で何をしたか
「民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。 当時香港住民日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた」

アルフレッド・スムラー@元「パリスマッチ特派員ニッポンは誤解されている
日本人戦犯の責任を軽減するつものは毛頭無いが、占領地域で最も嫌われたのは、 このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない」



ノリノリやんけ。

これが、日本による史上類を見ない残虐な植民支配を受けた被害者
、と称する朝鮮を、当時の第三者と朝鮮人自身が評した実像なんで。

この極端な事大主義と儒教思考と変わり身の歴史が、

依り代日本連合国に降伏した瞬間、またもや繰り返されたんである。

その結果↓
whitespace*50*50
un07bkshinichi.jpg 
親日派のための弁明金完燮キムワンソプ著より

キムソンス君の証言」@抜粋

──日韓併合時代、朝鮮に移り住んだ日本人には、明らかに立派な人々も多かった。

和夫夫婦は行き場のない孤児がいると連れ帰って面倒を見ていた。
孤児たちを家族のように愛し、自ら喜んで彼らの父、母を称した。

和夫一家は、ふだん、このように朝鮮人を愛し、
日本軍国主義の簒奪に憤慨するような人々だった。

しかし、日本天皇が降伏宣言をした1945年8月15日


──────────*再クリックで閉じる


>「キムソンス君~」が事実か作り話かは定かでない。が、これに対する韓国人たちの反応は反論でも検証でもなく、おなじみの罵声焚書だった。絶対的無謬の被害者韓国には存在してはならない。速攻で韓国有害指定、>事実上発禁となる。

つづいてもう1冊、

un07bkbamboo.jpg 
So far from the Bamboo Grove/Yoko Kawashima Watkins
竹林ははるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ

1986年発刊、アメリカ中学校副読本に選ばれるほどの名著とされているが…

────────────────*再クリックで閉じる


un07しゅうせ02 
日本降伏時点の在外邦人のうち、
満州・千島・樺太129万人中国312万人北朝鮮32万人南朝鮮60万人

終戦直前、火事場泥棒的タイミングで満州朝鮮半島に侵攻したソ連軍は、虐殺、掠奪、強姦、暴行の限りを尽くした。兵士個人単位じゃなく部隊ぐるみの蛮行。
ソ連軍から満州占領統治を譲り受けた紅軍@中国共産党軍人民裁判公開処刑で虜囚状態の在留邦人虐殺した。

だが半島在留邦人に襲いかかったのはロシア兵だけではなかった。それより脅威だったのは豹変した朝鮮人たちだった。虐殺、掠奪、強姦、暴行──

ソ連軍の占領した半島北部はもちろん、米軍が本格的に進駐してくる9月半ばまで引き続き日本朝鮮総督府が治安を担った南朝鮮も乱れに乱れたんである。

半島で起きた惨劇は戦後日本共産主義思考どっぷりの進歩派とかリベラルな学界教育界報道界では黙殺されるか、触れられても「日本植民支配への恨こしゅとう゛ぁ」とかお約束の免罪符を振りかざし限りなくおざなりだったが、もう定番の日本が悪い一辺倒だけではコトの本質を見誤るいやわざと見誤らせたいんだろうけども。

un06しゅしょうか 
この変わり身現象がおきたのは半島だけでなく。
内地でも朝鮮人たちが連合国人として、以下*【第6便 -続】参照。
メンタリティは恩人の和夫一家**した朝鮮人Aとほとんど同じである。

吉田マッカーサー書簡によれば、朝鮮人刑事裁判は、
45年5334件@終戦以降、
46年1万5569件
47年3万2178件
48年1万7968件──

un06せんごゆ0101 
もはやGHQの初期設定被害者枠の限界ラインすら超えた極悪状況に。

さすがのアメリカも最初の判断をミスったことに気づき、ちょっと脇汗かきはじめ。

un06でしゃか 
un06こんかいは 
その空気の変化を読んで、吉田政権はその全員放逐を狙ったんである。

un07でこのに 
で、この日本側の提案を受けたGHQはというと──

un07シーボル 
un07シーボルト 
un07シーボルトへ 
シーボルトへ 君はどう思うかね? 1590マック

シーボルトウィリアム・J・シーボルト@GHQ/SCAP外交局長政治顧問。事実上の国務省代表。「1590」は意味不明だが、マックマッカーサーの略称。

アメリカ側もこの時点では正直扱いに迷っていたことが分かる。

マッカーサー吉田首相の請願にどう答えたのか、返書は残っていない。

だが、もうすぐ──

un07そういうせ02

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

そういう政治的駆け引きなど吹っ飛ぶ日が刻一刻と近づいていた。

un07ゴゴゴゴ02

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


un07こりや03 
un07こりやあ02 
un07こりやあお02 
un071975wmn2.jpgun07こりやあおど 
un07こりやあおどろ 
un07こりやあおどろい 
「……こりゃあ、驚いた」

u13あんたの 

「どうでしょうか?」

un07たしかにお 
「たしかにおれが直したメガネだ。どこでこれを?」

「わたしの養父の、遺品のなかにありました。この写真と一緒に」

un07そうだおnew0507

「そうだ! おお、そうだ、この人だよっ

un07やつぱりあnew0524 
 
「……やっぱり、あんたに生き写しだ」

un07あんたはこ 
「あんた、この人のか、身内、なのか?」

un07わからない 
un07わからなnew0507 
「──わからないんです」

un07ひらつかさ

平塚さん、教えてください」
whitespace*50*50
un07このしゃnew2 
「この写真の人、誰なんですか?


続きを読む
 
関連記事
スポンサーサイト

| 再掲激情@911/下山事件 | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/533-c1f30af7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT