PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW : 第29便【シモヤマインシデント】

un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg
*第28便──────────*new
【事件激情】ウルトラNW : 第29便【シモヤマインシデント】


「私がどのようにしてを知り、話をきいたのか、
いきさつを語ることができないのが残念である」


 矢田喜美雄謀殺 下山事件

下山総裁死体轢断地点まで運んだという犯人グループ
 の一人(自称)で情報提供者」の正体について)




un29あそうい 
un29un15これこうじ

un29あそういやs 
un29あそういやわnew0714_2 
「あ、そういやわたしの電話の都合で下2ケタ変わったんですよ。
八っちゃんにいま教えてよいですか?」

un29んおおち 
「ん? おお、ちょっと待て、前のメモしたのに上書きしとくわ。
後でごっちゃになるといけねえしな。
たしか財布に挟んで、と…お、あった」

un06でこれ02

「ちょっとー! なんでちぎったチラシ裏にメモってんの?
お買い物リストじゃないんだから!」

「しゃーねーだろ、手近なとこにこれしか紙なかったからよ!
こういう方がかえって失さねえんだよ」


un29いちおうnew0505 
「いちおうの内線直通だからそこらに出回っていいもんじゃないんすけどお」
「この方が安全だろが。チラ裏なんて誰も気にしねーよ」
ったく!

un15くっだら02 
「んーと、どこまで話したっけか。こら白鳥おめーが急に電話番号だの抜かすから忘れちまっただろ! おお、そうだ、あの夜な、ニイタカはな、それからな……」


って八っちゃんさー、
whitespace10*10
un29ってはっ 
夜会の話、初っぱなから穴だらけなんですけど。

un28まずはじ 
年寄りは記憶もいい加減なら話すときも勝手に話作るしなあ。

un29ほんとあ 
ほんと当てにならなさすぎ。さっきから初めて聞く話ばっかだし。

un29はっちゃ
whitespace10*10
八っちゃんこのとき寝てたん?

こんな↓爆弾発言も丸っとすっぽ抜けてるし。
whitespace10*10
un29みなさんわた02s 
「皆さん、わたしが4人目の犯人です」

un29わたしがシnew0505_2 
「わたしがシモヤマケースを悪意をもって他殺へと仕向けた、
最も罪深い下山総裁殺害犯人です」


un29title_1.jpg 
un29title_1logo.jpg 
un29title_2logo.jpg 

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査活動は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および機関団体部局書籍文献は実在する。
白鳥百合子ニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌはじめこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりも、ニイタカの語る下山事件の「眞相」も、
根拠は創造にしてソースは妄想だが、ある意図がある。



 un03titlenewworld.jpg un29cptnumber.jpg
u00redline_c_640.jpg 
un29cptanotherfact.jpg


un20さてみな 
un29フクさんs 
フクさん、」

un29あなたに02s 
「あなたに苦しい思いをさせてしまった責任の多くは、わたしにあります」

un28えあわた02 
「………」

「ミスニイタカ、悪いが僕は承服しかねるね」
whitespace10*10
un28ききずて03 
「僕はあんたに操られた覚えはない。僕が他殺の確信をしたのは僕自身の判断だ。他人から遠隔操作されたもんじゃないのは自分でよく分かってる。それは置いといてもだ」

un29あんたの さっき犯人と名指しされてちびりそうだったのは内緒だ
「あんたの言った犯人というのは、いわば比喩みたいなもんだろ。下山氏の生命を物理的に奪ったわけでもそのの原因をつくったわけでもない。
下山氏のそのものとはなんの責任も関係もないじゃないか」

un29おやだきs 
お、矢田記者急に盛り返した。

un29さんざん04s

「さんざん偉そうに説教しておいて、なんだなんだ結局あんたも他殺自殺か、
見定めることができない、というだけじゃあないかね」

(´・ω・`)つか矢田記者他殺願望丸出しすぎ。どんなけ字大きいんだよ。

un29もうしあ02s 
「申し上げたはずです、わたしはあらゆる角度からの風景を俯瞰した、と」

un29そのなか 
「そのなかには死者から見た風景もありますよ」

un29ししゃか 
死者から見た風景? あんたイタコか何かか?」
「イタコ?」
口寄せといって……あーシャーマン、みたいなもんだ」

un29なるほどイs02 
「なるほどイタコさん……勉強になります」
「さんは要らないぞたぶん」

un29するときs 
「すると、君は下山さんの本来の意味でのについても、
真相を知っている、ということか?」

un29しもやまそ 
下山総裁は、他殺殺人か、殺されたのか命を断たれたのか、どっちなんだ?」

(´・ω・`)矢田記者、さりげに選択肢が他殺しかないよ。

un29どちらで05 
自殺他殺、そのどちらでもありません

は?

un29へそんなs 
へ?

un29そんなは02 
「そんなはずないだろう、自殺じゃないなら他殺
またはその逆、それ以外にありえんだろ」

「そうでしょうか?」

un29あんたがどん

「あんたがどんな推理を述べるにしても、証拠証言もないのでは、さっきあんたがさんざんっぱら虚仮にしまくった他殺説と同じだ。そんなの単にあんた個人の見方で、ただの憶測、想像の産物に過ぎんじゃないか。自分でそう言っただろう?」

un29そうですね

「そうですね、たしかにわたしも直接的な証拠は持っていません。でも彼のに最も近い手がかりを得ている点で、警察も含めた皆さんとは少し異なると思います」

「手がかり?」

un28このエピ 
目撃者です」

「どの目撃者のことを言ってる? 誰のことだ?」

un29ハットリち02 
ハットリ中尉、お願いします」

un29チカチカnew0611

un29チカチカッ チカチカッ

un29チカチカチ のコピー チカチカチカッ

「間もなくここへ来る」

un29タッタッ タッタッタッ

un29トッかれ トッ

un29かれのしnew0611 
「彼の氏名身分は、一切明かすことはできない。便宜上とさせていただきたい」

un29よくきてs 
「よく来て下さいました、ミスター

un29ほんらい 
「本来は私がここで話すのも不味いのです」
「承知しています。その点は十分に配慮しますので」

un29ミスター 
「ミスター、日付が7月5日から6日に変わる頃、ここ五反野付近にいましたね」

un29せいかく 
「正確には乗用車踏切付近を走行中でした。時刻はゼロゼロワンゼロです」

零時10分ですね。なぜ細かな時間を覚えているのですか」

un29ひとをひ02 
「人を轢きそうになったからです」

un29キキ
whitespace9*6
キキッ

un29キキッ02new0510 

激しい雨だというのに、

un29はげしい

は傘も差さずに歩いていました。

un29おいどう02

「おい、どうしたんだ、あんた?」

un29あああぶ02

un29あああぶな02 
ああ、危なかった

「道に迷ったのか? 悪いが我々はあなたを乗せてやれない。
この道を少し行けばポリスボックスがある」

un29そこをた02

「そこを頼るといい。傘をあげよう、返さなくていいから」

するとは笑って、

un29ありがと02  
ありがとう

un29ぼくはめ02 
僕は目がさめ……」

そしてポケットに手を突っ込んで、探るような素振りをしてから、突然、

un29ああっお02 
ああっ

un29おいっ02

「あ、おいッ」

un29もときた 
元来た方向へと走っていきました。こちらに目もくれず。

元来た方向とは線路へですか?

はい、そうです。

un29おいかけ03 
追いかけたほうがいいとは思いましたが秘匿任務中であり、
通りすがりの民間人と会話しただけでも問題行為でしたから、
もうの後までは追いかけず、その場を離れました。

un29ミスターtnew0504 
「ミスター、翌日の下山総裁轢死報道はご存じですか」
ラジオで聴きました。そのあと新聞も読みました」
「どう思いましたか」

un29はいあのと 
「はい、あのとき遭遇した男性に違いない、と直感しました。年格好も、
時間も一致します。私がその場を離れて数分後に事故がおきたのだと」

un29そのだん 
「その男性らしい人が最後に目撃されたのは午後11時30分頃です。
もし零時10分にあなたの会った人が同一人物だとすると、
あなたが最後の、それも轢死直前の目撃者ということになります」

un29トッかれ

「しかしあなたは警察の聴取した目撃者のリストに入っていません。
あなたは名乗り出なかったのですね、なぜですか?」

un29ほんらい 
「数週間、日本から離れていました。先週帰国したばかりです。あの夜、私があの時刻にあの場にいたことは公にすべきでないとの判断でした」
「あなたの上官がそう決めたのですね」
「そのとおりです」

un29むりをきnew0504 
「無理を聞いてくださってありがとう、ミスター
最後にひとつだけ確認させてください」

un29そこをた02

「その男性は、メガネをかけていましたか? 」

un29ありがと02

「かけていたとしたらは?」

un29かけてい 
「かけていました」

un29あなたのメs

「そう、あなたの眼鏡と同じような丸い

un29めがねのふ02

眼鏡の縁に沿って水が垂れるのを指先ですくいとっていたのを覚えています」

「ありがとう、ご協力感謝します」

un29それではわ 
「それでは、私はこれで」

un29タッタッ

「あれはなんだったのかね」

u12backlight.jpg ブウッン──

「最後の目撃者です。おそらく轢死の数分前の」

un29みぶんも 
「身分も明かせず、名前もイニシャルかどうかすら怪しいさんじゃ、
裏取りもできやしない、そんな証言をどう信じろというのだ」

「信じてもらうしかないですね。もしミスターを信じないというなら、」
whitespace10*10
un29しょうにんs02 
証人の言うことも、それをベースに組み立てられた謀殺説も、
信用できないことになり、自分の首を絞めることになりますよ?」

un29はあs 
「はぁ? ? ぼくはなんて証人知らんぞ、なんの話だ?」
「そのうち分かると思いますよ」

un29うらとりのひ 
裏付調査の必要はありません。この場だけの約束で、彼の上官もOKしたのです」

un29しんぶんき 
新聞記者が手ぶらで大人しく帰るとでも?」
「記事を書きたいならどうぞご自由に。紙面には載らないでしょうけど」

「きれいごとを言って結局あんたも権力を使って知る権利を卑劣にも封殺するのか」

un29はいそう のコピー02 あっさり
「はい、そうです。わたしは権力を使って知る権利を卑劣にも封殺します」

un29おわかり

「お分かりいただけましたか? 次行きますよ?」

un28さてぎゃnew0424 
「さて、ミスターについては、先ほどふれた以上の情報はお教えできません。
もし詮索しようとしてもすべて徒労に終わるでしょう」

un29なんつーnew0614 
「皆さんの選択肢は、信じるか信じないか、だけです」

なんつーか、わたしには皆無の貫禄つーか圧つーかだよなあ。さすが若くしてユーラシア最強の諜報団を率いたスパイクイーン、踏んだ修羅場数が違うんかしらん。
しかもこのときの彼女は、わたしより年下だという事実 (。´-_-`。)

un29さてさきs 
「さて、先ほどミスターの語った、下山さんらしい男性の言葉と行動を思い出してください。いかがでしょう? タイラー記者

un28ぼくはか 
「ああ危なかった、笑顔でありがとう、僕は目がさめ、
ポケットを探り、急に叫んで線路の方へ走り去った」

「はい、よくできました、3点」

un28だからぼ タイラーじゃないし
なんで当たったのに3点なんだ。

un29あああぶな02 
“ああ危なかった”

un29これはすs 
「これは数分後に飛び込み自殺しようとする人のセリフではありませんよね。

むしろ車に撥ねられなかったのを安堵している言葉に聞こえます。

そして、そのあとにつづく言葉はさらに不可解です」

は笑顔を見せて、

un29ありがと02 
“ありがとう。僕は目がさめ”

ありがとう、を向けた相手は、
そこに居合わせたミスターなのか、
他の誰かなのかわかりません。

では、後半の“僕は目がさめ”はどうでしょう」

un29かがやま

加賀山さん、下山総裁はフォーマルなシーンでも
”という一人称を使う人でしたか?」

un28かがやま 
「いや、彼は話し好きではあったが、さすがにそれはない。その場合は“”を使った」

un28さてけい02 
下山総裁はミスターと当然初対面でしたし、真夜中、見ず知らずの、明らかに進駐軍関係者に見える相手に、いきなり親しげに話しかけるのはたしかに奇妙です。

このときはどういう心理だったのか」

un29こうだっ 
「こうだったのではないでしょうか。興奮して気持ちが高ぶっていた、
近くにいる誰でもいいから思わず話しかけずにいられなかった、と」

u02すえひろり 
末広旅館午後5時半頃に出た下山さんは現場付近を歩き回ります」

u02そのあともしも 
「職務を投げ出して逃避し、自暴自棄になり、自殺も考えていたかもしれません。

ただわたしは夜半になるまで気持ちは定まっていなかったと思います。

u02ふうよか 
午後7時頃の目撃者線路にいた下山さんが、列車を避けて電柱の陰に身を寄りかかっていたと証言しました。このときまだへの意志は強くはなかったのです。

un29とはいえふ02 
とはいえ、普通の精神状態ではなかった。に向かう気持ちも、
夜が更けるにつれ強まっていったかもしれません。

そしては転々と場所を移ります。

un28なにあの 
u02あらかわどて 
踏切周辺を歩き回り、鉄橋を渡って荒川の向こう岸に現れたかと思えば、
whitespace10*10
un28こんなによる 
東武線の高台まで上がり、少し離れた路上を歩き──

その後、午後11時半から零時過ぎまで目撃者はいませんが、

un29おそらくあ 
おそらく雨も強まる中、線路の周辺をさまよっていたのではないでしょうか。

un29そしてれs

そして零時10分の直前──

u02せんろあるく 

何かがおきた。

un29かれがこ 
が興奮して我を忘れ、初対面のミスター
友人のように話しかけるほどの大きな出来事が。

それが何だったのかは分かりません。

の最後の様子から想像するだけです。

un29キキj 
ミスターと遭遇したとき、下山さんは現場東武線ガード下から離れた、
踏切付近にいて、線路から遠ざかる方向へ歩いていました。

車に撥ねられそうになって「危なかった」と安堵し、
笑顔で「僕は目がさめ」と話しかけた。

un29あああぶ02 
このときの下山さんは死のうとは考えていなかった。

自殺寸前までいったけれど、そのとき何かによって、「目がさめた」

un29あああぶな02 
自殺を思いとどまり、生きて帰ろうとしていた。

un29ありがと02 
ぐしょ濡れのまま歩き、見ず知らずの人に話しかけるのは、まだちょっと正常とは言い難い行為ですが、それでも自殺するほどの極限状態から戻ろうとしていた。

彼をそこまで変化させた「それ」が何だったのか、さすがにそこは分かりません。

家族を思い出させる何かだったかもしれないし、子供の頃から育んできた鉄道への愛情を呼び覚ます何かだったか、他の大切なものを象徴する何かだったかも。

でもそれはちゃんと形あるもので、それほど大きくもなかったと思います。

un29ぼくはめ02 
それをポケットに入れていて、落とした、あるいは、
落としたと彼が考えたと思われるからです。

un29ああっお02 
“ああっ”

un29おとした02 
落としたのは先ほどまでいた線路。少なくとも彼はそう思った。

un29おいっ02 
だから、慌てて元の場所へ駆け戻ったのです。

東武線ガード下へ、つまりこの現場へ。

その大切な何かを探すために」

un29じこしで04 
「わたしは他殺でもなく、自殺でもないと申し上げました。

わたしの至ったのは、第三の答えです。それは、」

un28このエピ 
事故死です」

un29しもやまそう 
un29しもやまそうさ 
un29しもやまそうさい

下山総裁殺されたのでも、自殺したのでもなく、」

un28まずはじめ02 
線路内で探しものをしていて、逃げ遅れて轢かれ命を落としたのです」

un29あのひとは 
「……あの人は、自ら命を断ったのではない、と?」

un29いちじは02 
「一時はその寸前まで追い詰められていたかもしれません。しかし、
亡くなられたときは生きてあなたがた家族のもとへ帰ろうとしていた、」

un29そのかのう

「その可能性が高いとわたしは考えます」

un29おいおいけs 
「おいおい、警察は信じるのか、こんなキツネに化かされたような話を! ミスター? TとかSとか! あんな証言いくらでもでっち上げられるでしょうが!」

un29けいさつと 
警察としちゃあ、確かめようがないのは確かだな。
GHQさん出せっつっても誰だよそれだろうし」

un28まもなくご 
「いずれにしても、お聞かせしたこの話はこの夜会限りのものですよ」

かがやまさんあなたはし05new 
「仮に平塚刑事上司にこの話を報告しても捜査が劇的に変わる見込みはなく、

記者のおふたりがどのように考えたとしても、紙面に載ることはありません。

国鉄初代総裁殉職という立場を変えることはないでしょう」

un29つまりこ 
un29つまりこん 
un29つまりこんや

un29つまりこんやの 
「つまり今夜のこの場所以外の世間では、これからもシモヤマケース他殺自殺
どちらとも定まらないグレーのまま記憶されるということです」

un29わたしがシnew0503 のコピー 
「ここにいる皆さんの中でのみ、わたしの角度から見た事件の風景は共有され、やがて何十年か後に訪れる、皆さんのとともに消え去る。わたしはそれを望みます」

un28ききずて03

いや、待ってください

un29ぼくはな

un29ぼくはなっ 
僕は納得しませんよ

un29さだひこよ 
定彦、よしなさい」
「いや、母さん。乗せられてはいけない、この人は言葉巧みに取り込もうとしてる」

un29みえすい 
「見え透いた手ですよ。さんざんみんなの隠したいことを暴き立てて何もかも承知しているように思わせておいて、あのとかいう人の話も本当のことのように見せかける。
催眠術のようなものだ。しかしこの人はなにひとつ決定的なことを言ってはいない!」

un29むむむすs 
むむ息子くん、侮れない。

un29さだひこさ 
定彦さん、あなたはわたしの話をだと? なぜわざわざ皆さんを騙すのですか?」

「知りませんよ。でも普通に考えれば変でしょう? 」
whitespace10*10
un29あなたがち 
「あなたがについて暴き立てていったいなんの得があるんですか?

見えないところで、あなたにとって得になる目的があるのでしょう?
僕ら遺族国鉄の人たちに他殺と思われるのがよほど不都合だとか」

un29そこまでい 
「そこまで言い切れるのはなぜかしら。なにか根拠がありそうね?」

「もちろん。僕はごまかされない。あなたの話には、とくに不自然なことが2つある」
whitespace10*10
un29まず1つ 
「まず1つ、逃げ遅れて事故死したという部分だ。あなたは分かってない。

20年以上鉄道に深く携わってきた人だ。いくら探しものをしていても、列車が近づくのをが直前まで気づかないなんて、しかもD-51だ! そんな失敗あり得ない」

un29そして2s

「そして2つ目、メガネだ。あれだけ周辺を捜索したのにメガネは見つからなかった。理由は明らかだ、最初から現場になかったからだ」

un29ちちはメ 
メガネがなければ外を歩くこともできなかった。もしが自分の意志で生きてここまで来たなら、絶対にメガネはかけていたはず。自殺でも事故死でもそれは変わらない。メガネが見つからない限り、あなたの話には説得力はありませんよ!」

un29ラスボス 
ラスボスは意外にも息子くん。モブキャラだと思ってたのに、思わぬ伏兵だった。

un29わたしがミ 
「わたしがミスターに最後確認したことを覚えていますか?」

「ああメガネ云々のやりとりは聞きましたよ」
whitespace10*10
un29メガネう 
「でもあの人はあなたとグルに決まってるから意味がない」

「最初から何もかも拒絶されては話すこともできませんから、仮にミスターがわたしの用意したエキストラではないという前提で続けさせてください」
whitespace10*10
un29かれはし 
「ミスター下山さんらしい紳士が丸いメガネをかけていた、と言いました。ということは下山さんはメガネをかけてこの現場に来たということになりませんか?」

「だからそれはあなたがそう取り決めてあの人に言わせただけじゃないのか?」

un29ではそのメガ02 
「ではそのメガネがこの現場で見つかるとしたら、いかがですか?」

「あなたがあらかじめ隠しておけるんだから、なんの証明にもならないよ」
whitespace10*10
un29あなたがあ 
「地元の人も協力して田圃の底までさらったのに何も見つからなかった。今さら都合よく出てくるほうがおかしい。あなたが嘘つきだと白状するようなものだ」

un29んーむす 
んー、息子くん、さっきからニイタカさんに向ける、
なんでもかんでも全否定的な憎悪の念はなに?
さっきの連続コンボぶっこみ引きずってる?

un29ではこのげ 
「ではこの現場で、捜索で見逃されていても不思議ではない場所から下山さんのメガネが見つかれば、ただの作り話ではないと認められますか?」

「本当に出てきたら、の話だけどね」

un29ひらつかけい 
平塚刑事メガネ捜索現場周辺にくわえて列車にも行われたのですよね?」

un29ああそれな 
「ああ、衣服の一部が水戸で見つかったから可能性はあるってことで、下山氏を轢いたD-51はもちろん、貨車40輛もぜんぶ追っかけて徹底的に捜索した。

遺留品車底の隙間にでも入り込んでるんじゃねえかって車輪車軸もぜんぶ確認したんだ。それだけじゃなくその後に轢断後に通過した列車もすべて調べた」
whitespace10*10
un29けっきょく 
「結局メガネは出てこなかったがね。どのみちメガネは布っ切れよりは重いし堅てえから、車輪に巻き込まれて遠くまで運ばれる可能性は薄いらしい。
ってわけで、おそらくガラス部分は粉々に、セルロイドは熱や摩擦で溶けてなくなり、金属部分もバラバラになっちまったんだろうってのが結論になってる」

un28いまざっそ

金属探知機まで持ち込んでこの辺りを捜索していましたね」
「ま、大げさなだけで錆びた釘とか潰れたお玉くらいしか出なかったがね」

線路内はどうしたのですか? レールですが」

un29せんろじs 
線路じゃ探知機なんざ役に立たねえよ。レールだけじゃなくて車輪とこすれて出た鉄粉砂利に降り積もって一面のメッキみたいになってるし、鉄の山脈っつーか、金属探知機なんて反応しっ放しになっちまって意味がねえ。

だから線路についてはガード下から踏切のちょい先まで、人海戦術で這いつくばって砂利の隙間もほじくり返して調べたさ。それでも結局メガネは見つからなかった」

un29ではもう 
「では、“もうひとつの鉄の山脈”は調べてみましたか?」

un29うたれたきずs 
「もうひとつ? どこにある?」

un29わたしのうし08 
わたしの後ろに



続きを読む
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 18:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

読んでます

なかなかコメント出来ませんでしたが読んでます!
佳境に入って来ていてハラハラしてます。
続き、楽しみです。

| コマ | 2017/05/12 18:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/529-80042b2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT