PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「集団ストーカー被害」という被害

nozoki.jpg

血で痔が、いたーい、ではなく地デジが来た。

MGW主体なので何が何やらはまったくわからんものの、とにかく来た。

さっきチャンピオンズリーグを見たが画面が綺麗でボールがどこにあるか見えるし選手が誰かも分かるな。そして横に長いので試合の動きも鳥瞰図みたいに見えるな。

まあどうせワ士は3分45秒くらいしか見ないんだが。

ふと気づけば、この地デジとブルーレイもMGWが買うと決めたし、サイトーくんを決めたのもMGWである。そういえばダイソンダイソンダイソーンもMGWの鶴のひと声であった。と遠くを見つめるワ士である。機械苦手ん。


で、しゃて。

いやあすごいね。

じつはまた頭皮でいろいろネットをみてたんだが、

「集団ストーカー」という現象が。

というより、
「集団ストーカー妄想という現象が。

「監視されている」「嫌がらせされている」「盗聴盗撮されている」、

誰に?
「○○(某宗教団体)」「公安に」「警察に」「前の会社に」「地域ぐるみで」。

どういう手口で?、
「周りの人の思わせぶりな態度、にやにやした態度、監視してるぞというほのめかし的言動」「個人情報の言いふらし」「外出すると、咳払いや洟すすり、前を歩く、わざと大きな足音」「ゾロ目ナンバーの車による尾行」「パソコンの不具合」「スパイウェア」「スパムメール」(ん?)「同じ人間がどこにも出没」(え?)「パトカーや消防車の近所の徘徊」(え?)「わざと家の近くで公共工事」(ん?)「ヘリのわざと低空飛行」(え?)「自衛隊機の低空飛行」(え?)「思考盗聴」(え?)「自転車のタイヤに放射性空気」(ええっ?)
  
まあ怖いのであんまり詳しくは触れないが。
あの「騒音おばさん」「清水由貴子の自殺」もこれがモトともいう。
  

上にある“被害”もろもろっつうのは、「ああ、あれか」と思い至るような方々のことで決して新しくないんだが、
最近おおいに違ってきたのは、インターネットの存在。

以前ならこういうことがあっても、当人と周りだけのことで終わってたのに、
いまはそうならない。
ネットにはそういう人の書いたブログや、さらにそういう人たちの立てた掲示板やサイトが実にたくさんある。ひしめいている。
こうなってきたのは2000年代初頭くらいかららしい。
  
だからその種の悩みを持つ人がネットで調べると、まさに自分と同じことを訴えているコンテンツにたくさん出会うんである。
当然ながら「やっぱり本当だった!」と確信する。そして情報交換してますます確信を強固にして「あれもそうだったのか、これもそうか」と「今まで気づいてなかった被害」も増えていく。そうなるともうあとは(以下略)。

  
しゃて、便利な世界情報支配を目指すグーグルさんでその言葉を検索するとだ、



まず1番目か2番目に探偵さんのサイトが出る。
この人は盗聴盗撮発見やストーカー対策を生業にしてた探偵さんだが、あまりにそういう系の依頼が多いので、
説得して精神科医を受診させたりする、という副業まで始めた人だ。これは否定派サイト。
  
ところが、そのあとの検索結果には、まさに被害者のHPや被害者のブログつまり肯定派がずらずらずらーっと入り交じりつつ並ぶんである。
  
ほかにも投稿式の相談サイトにそういう質問がされると、「それはアレだからすぐに医者へ」という回答と並んで「間違いなく被害に遭っている」と断言する回答もあり。
  
こりゃあ、どれを信じればいいか分からねえよなあ。
  
試しにそのあたりのサイトやブログに目を通すと、






おおおっと、あやうく引き込まれそうだったぜ。じーつに危ない。
思えば近くにいて接していると「感染する」というからな。これは偏見ではなく本当に。
  
ちょっと考えれば、まったくまともな根拠はなかったりするんだが、まっただ中にいる人は確信する。だって言ってることを否定されるんでなく全面的に認められるんだから余計に。
たとえば、現在は閉鎖されている掲示板で、清水由貴子がまさに確信していく経過が音声ファイルになってたが、これはなんともはや…である。というより…あんまり聞かない方がいいな。これは。
    
いちばん厄介なのが、助言や否定、説得の類はすべて「一味」「工作員」「無知の仔羊たち」扱いされてしまうことだ。
すなわち、精神科医もカウンセラーも警察も友人も近所の人も、それを否定する人はみんな工作員である。ネットの被害者仲間がその確信をがっちり支えてるからこれは強固だ。そこが以前とは違う。
  
さらにネットとは真偽の検証がとてもしにくいメディアで、しかもマスコミや従来型権威への不信が強い(そのような方々は余計に)風土がある。
こうして書いてるワ士でも「そりゃねえべさ」とは言えても、そのような方々が納得する証拠なんぞ出せないし出せるわけもない。いや説得も会話もムリだろう。だって…。
  

そしてそういう方々はヒマなのか、ネット上の発言をじつによくチェックしているらしく、少しでも否定的な言動を見つけると「工作員」「分かってない人」認定。「支離滅裂な論理」「こじつけ」「一面的」とか、まあすごい言われようである。
  
その探偵さんはそういう事例をまとめた本も出してるんだが、
集団ストーカー―盗聴発見業者が見た真実 (晋遊舎ブラック新書 001)集団ストーカー―盗聴発見業者が見た真実 (晋遊舎ブラック新書 001)
(2007/09/10)
古牧 和都

商品詳細を見る


この本、アマゾンで評価をみると、★5つとか4つ(高評化)と、★1つ(低評価)がパキッと分かれている。
星1つの人たちが何をどう批判というか全否定してるかはまあ言うまでもないんだが、

「★1つのレビューを読んで見て欲しい。
集団ストーカー被害を訴えている方の実態が分かるから。」

というレビューが本当にすべてだ。
  

まあワ士のブログなど全世界で3人見てるかどうかの圧倒的アクセス数だから、たぶん気づかれないだろう。

  
で、論争(狭山事件=トトロ説並にまったく論争になってないが)になると、この人たちの大いなる、そして最大の根拠として必ずといっていいくらい持ち出されるのが、「ンTT個人情報流失事件」で、

「元某信者のタレント福原U紀子」とか「運動家」とかの個人情報を流出させた現役信者のンTT社員逮捕、

という事件だ。
まあこのンTTの事件は実際にあった(だから厄介)んだが、よく読むとビミョーに根拠にならんような事件だし、一応は芸能人や運動家とそのへんの人は違うんじゃないかと思うが。そこはスルーらしい。
  
まあ○○はいかにもそういうことしそう的イメージが浸透してしまってるし、個人情報の流出とかもじっさいあったりする。ほかにも実際に複数人がストーキングにかかわった桶川ストーカー殺人事件や、一般人をアニメやマンガのキャラ認定して集団でつきまとう「なりきり厨」なんてのもあるから、「世の中にはそんなこと絶対にひとつもないっ」と言い切れないのがまたややこやしいところで。
  
そしてネットを通して集団となった彼らは、陰謀説好きな善意の方々も巻き込んで撲滅キャンペーンのデモなんかやっちゃったりしてるんである。しかも市や町レベルの議員くらいには当選しちゃったりもしてる。うへえ。
  
そしてなにより問題なのは、このように同志がむすびつくことが解決ではなくさらなる悪化につながってしまうことだ。そりゃそうだ。なぜかといえば…(以下略)。

  
インターネットも功罪さまざまである。


なんだかいろんなことがあるのう。ワ士など星屑じゃY。
  
とりあえず工作員認定されないように、外での洟すすりには気をつけたいと思う。あと笑い声を上げたり、人の前を歩いたりするのも。あと車で走るのも息をするのも。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

| 深淵的 | 18:04 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

良くも悪くも、ネットの世界ってリアルな世界より身近過ぎて、言葉が目で何度も確認できて重みを増すんでしょうね。

ストーカー被害妄想をし易いタイプを熟知して、
わざと煽って怖がらせ楽しむ人もいるでしょうね。
そういう、傍観して楽しむのもネットの世界。
ぬ~~~~~む・・・・・である。

| かあたん | 2010/05/23 21:51 | URL |

あー、うちに発症者がいるのでリアルにわかりますよ、この話。
最初は大変だったなあ。それこそ私も敵側一味にまわされてさ。

サトラレてる話も繰り返し訴えてくるんだけどね、
「いや、悪いけど世の中の人はみんな自分のことで忙しいし、
そんなにあんたばっかり監視する暇もパワーもないから。
もっと正直に言うと、世間の人は誰もあんたのことなど知りもしないし、
どうなろうと気にもしちゃいない。
だいたいあんたの考えを知ったところで、何のメリットがあると思う?
自意識が強いにもほどがあるぞ」
というようなことをじっくり諭し、
溜め込んでいた話を吐き出させてじっくり聞き、医者に連れて行き、
発言に対して感情的にならず、客観的な意見を繰り返していったところ、
治りました。

清水由紀子もそうだったんだ。知らなかった~。
一人でものごとを抱えて、吐き出す先がない人がキケンです。
しかし人間の脳ってのは、ミステリーが多いもんですなあ。
と、つくづく思います。

| ash | 2010/05/23 22:44 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> 良くも悪くも、ネットの世界ってリアルな世界より身近過ぎて、言葉が目で何度も確認できて重みを増すんでしょうね。

普通だと、そういうことを訴える人は、同じことを言ってる人にはまず会えなかったんでしょうけど、今はネットでたくさん会えてしまうわけです。

このような方々は常に言うことをみんなが理解してくれないので苦しんでいるんで、「理解者」に全面的に身を委ねてしまうのもまあ当然というわけで・・・。

> わざと煽って怖がらせ楽しむ人もいるでしょうね。
> そういう、傍観して楽しむのもネットの世界。
> ぬ~~~~~む・・・・・である。

たしかにネットストーカー的な奴らもいてかなり悪質ですからね。別に赤の他人だし動機もないけど楽しむのが目的というなんともどうしようもない奴ら。

なんか知らん間にネットはわけわかなことになってますな。


|  noriaky231(仮名  | 2010/05/23 23:11 | URL |

Re: タイトルなし

>あっ種どの

> あー、うちに発症者がいるのでリアルにわかりますよ、この話。
> 最初は大変だったなあ。それこそ私も敵側一味にまわされてさ。

ああ、治られたのですな。なによりです。

ワ士も身の回りにはいないのですが、20年くらい前にそういう記録映像を見たことがありまして、ごく普通に話してるのが急に「組織が見張ってるから」と言ってましたね。さらっと。その頃は組織とかCIAが主流だったようで。

> もっと正直に言うと、世間の人は誰もあんたのことなど知りもしないし、
> 自意識が強いにもほどがあるぞ」

え、そんなこと言っていいんですか。
たしかにそこが最もウィークポイントの部分なんですが、
それこそ一番突かれたくないところでしょうし。

> 溜め込んでいた話を吐き出させてじっくり聞き、医者に連れて行き、
> 発言に対して感情的にならず、客観的な意見を繰り返していったところ、
> 治りました。

お身内さんのばやいは、さいわいにも「理解者たち」に出会わなかったのと、じっくり冷静に対応してくれる家族がいたからよかったんですなあ。

そういう方々のケースを聞くと、家族関係もわりと乱れてることが多いようで。


> 清水由紀子もそうだったんだ。知らなかった~。

ワ士も知ったばかりです。さすがに報道ではそんなこと言えないよな。

彼女のばやいは、某○○信者の大群が犯人になってます。

彼女の名前でまた情報で世界制覇をもくろむグーグルさんで検索すると、
それがあたかも事実だったかのようなサイトやブログばかりが引っかかってくる。当然ながらそれを否定する公的な記事はない。もちろん「介護うつ」だけってことにしてますから。


これ、ピュアな人がなんの予備知識もなしにこのへんのブログやサイトを見たら完全に鵜呑みにしてしまいますな。
なんたるこっちゃですな。

厄介なのは、以前なら医者にかかって症状が消えればこのモーソーも消えていたのに、同志たちがいて強固な理論が形成されると、医者にかかって症状が消えてもモーソーは消えない、ということらしく。

そういや、「○○信者」と並んで加害者の主流になった「公安」は、

新右翼・鈴木邦男氏の公安警察に関する著作と、降格機動隊おまえ巡査に格下げだ!の主人公が公安9課ってことで、公安という秘密めいた悪者臭い機関があるのを知ったから、らしいです。オタクな人も多いんですな。

この探偵さんも当初は降格機動隊のなかのSF用語を真に受けてきりきり舞いさせられたらしいし、鈴木邦男氏のところにもそういう電話相談がやたらとかかっててちょい戸惑い気味だったそうで。

> しかし人間の脳ってのは、ミステリーが多いもんですなあ。

なによりどの人もまったく同じようなことを言う、というところがミステリーです。
今はネットで情報共有されてるからでしょうが、昔はなんで同じだったんだろう。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/23 23:50 | URL |

>血で痔が、いたーい、ではなく地デジが来た

これ、笑いました~。
ふふ、まだ可笑しい(笑)

ネットの怖さは底知れないですね。
いろんな害があるけれど、害があることわかっているけど、これだけネット頼りの世の中になると「それもあり。」っていう風潮がまた怖い。


清水由紀子さんも?知りませんでした。

| 志龍 | 2010/05/24 09:05 | URL |

Re: タイトルなし

>志龍どの

> >血で痔が、いたーい、ではなく地デジが来た
> ふふ、まだ可笑しい(笑)

素晴らしい変換をしてくれるMacの日本語入力システム・ことえりさんに言ってあげてください。
どう考えても使わんだろ、という変換をしでかしてくれますわい。

さいきんだと、
「ネット検索」と打ったつもりが、必ず「ネッと検索」。なに念押してるんだですし、
「翻訳」と打つと、「phonや玖」。それは言語か?

シゴトのときも幾度もヒヤリハットが。

>
> ネットの怖さは底知れないですね。
> いろんな害があるけれど、害があることわかっているけど、これだけネット頼りの世の中になると「それもあり。」っていう風潮がまた怖い。

便利な反面、ぽんやりしてられない底知れなさがあります。
そして「もうなしでは済まないんだからそれくらい許容範囲、自分で気をつけろや」って空気になってるのもなんだか腑に落ちぬ。

今日シゴトで聞いてきた話ですが、
「何も知らない状態でネットで情報収集するのはあふれ返って混乱するだけ」
だそうで、なろほろーと思いました。


> 清水由紀子さんも?知りませんでした。

そうれす。しかもマスコミもあまり大きな声では言ってない。死者にむち打ちは、という考えかもしれませんが。

で、この人や騒音おばさんの名前をネットで検索するとですね、
「集団ストー力ー被害に遭っていた!」
と断言する系のまさにそういうサイトやブログがそれこそ圧倒的に多く表示されるんです。対してマスコミや公的サイトは自粛してふれていない。

だからまったく予備知識のない人は、単純に数が多い方を信じちゃうんですな。じつはいくつものサイトを同じ人が開いてたりもするんですが。

ネット上は何が本当で何がそうでないか、見分けるのがじつに難しい。

しかしいいのかな、この人たちの状況。自分で自分のクビを絞めてるようなもんですよしかもみんなで力を合わせて。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/24 15:41 | URL |

>え、そんなこと言っていいんですか。
>たしかにそこが最もウィークポイントの部分なんですが、
>それこそ一番突かれたくないところでしょうし。

うん、大丈夫だったよ。
人によるのかもしれないけど、身内さんの場合はそこがウイークポイントではなく、
対人恐怖および考えすぎゆえの過剰反応が原点だったゆえ、
そこを客観的に考えさせて、撲滅していけばよかっただけで。

身内さんはネット情報も見てたけど、
冷静な人たちの経験談ばかりだったのでよかったみたい。

これって一旦治っても再発することも多い病なんですが、
何度も病を自覚している人たちのなかには
「今日はこんな声が聞こえた」と、互いにゲンチョーさん報告して笑いあったりする
明るい(?)会もあるらしいですよ。

口をそろえて同じコトを言うのは、昔っからおんなじで
そこは今でも謎みたいですね。
脳内に「命令してくる」ことが多いからかもしれませんけども、
なのでよけい心霊現象と結び付けやすかったり
あなたの知らない秘密組織と結び付けやすかったりと、
やっかいなんすよね~。

| ash | 2010/05/24 21:33 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>あっ種度の

> 身内さんはネット情報も見てたけど、
> 冷静な人たちの経験談ばかりだったのでよかったみたい。

あーじゃ巡り合わせもよかったんですね。

そしてやっぱり「医者」にかかるより先にまずネットを見ちゃうんですね。まあそうだろうな。


> 「今日はこんな声が聞こえた」と、互いにゲンチョーさん報告して笑いあったりする
> 明るい(?)会もあるらしいですよ。

なるほど。やはり親分格みたいな人がいて、その流派みたいなのがどんどん深刻モードにもってってるらしいです。どのグループと出会えるか、がポイントかもしれませんな。

>
> 口をそろえて同じコトを言うのは、昔っからおんなじで
> そこは今でも謎みたいですね。

あーそれはやっぱり分からんのですな今も。
やはりその人のもともと持ってるボキャブラリー以上の事柄は出てこないらしいですが。

> なのでよけい心霊現象と結び付けやすかったり
> あなたの知らない秘密組織と結び付けやすかったりと、

あーオカルトかあ。それにもつながりやすいかもですのう。しかしそちらにいくと○○や降格機動隊よりさらに厄介ですね。巡査に格下げになっちゃうし。

なんにしろお身内さんはあっ種どのはじめ周囲は大変でしたでしょうが、治る方向でよかったです。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/24 23:29 | URL |

御無沙汰しております。

わたくしめ、近親者で、そのカテゴリーに分類されそうな人を知っているので、何だか他人事とは思えないでございます。

陰謀のセオリーという映画がありましたが、あれも、こういうタイプの亜種みたいなのがベースになっているのかしらんと思いましたです。

| いわのふ | 2010/05/25 15:47 | URL |

Re: タイトルなし

> いわのふどの

おおおご無沙汰様であります。

> わたくしめ、近親者で、そのカテゴリーに分類されそうな人を知っているので、何だか他人事とは思えないでございます。

わりといらっしゃるようです。かつて分裂という言葉が使われていた頃から。

>
> 陰謀のセオリーという映画がありましたが、あれも、こういうタイプの亜種みたいなのがベー

陰謀のセオリーはあの頃あった無音ヘリとかMKウルトラ計画とかトンデモ陰謀論がじつはぜーんぶ本当だったら、という設定のもとつくられた映画でしたなあ。陰謀説をとなえる人の理想郷のような話でした。
基本あのようなスタンスの方々が、あの時代はメルギブのように一人孤独にガリ版同人誌を発行する程度だったのが、現在は横のつながりをつくってネットワーク化されてる、ということでしょう。こうなるとどっちが陰謀だかわかりやしない。





|  noriaky231(仮名  | 2010/05/25 16:27 | URL |

集団ストーカーは実在します

集団ストーカーは実在します。嘘だと思うのなら反戦デモに参加してみてください。日本は反戦ビラを配っただけで逮捕される国ですよ。それどころか自宅で木刀の素振りをしただけで一生監視対象になるくらいです。ストーカーたちは自分たちは正義の味方で国の治安を脅かす悪漢を退治してやるんだと思い込んでいるのでしょう。ブログを公開している人も公安警察の監視対象になっているはずです。

| 豹悟郎 | 2011/04/14 06:40 | URL | ≫ EDIT

> 豹悟郎どの
はい、知ってます。

しかしあなたの言ってる集団ストーカーと、ここで言ってる集団ストーカーはちがうものです。本当の「組織」と、「そうでない組織」が違うように。

それを読み取れずにゴッチャにしてるのはちょっとやばいんじゃないですかね?

集団ストーカーという個人単位的な名前がいかんのかもしれませんね。だからごたまぜになってしまう。

| noriaky231(仮名 | 2011/04/18 21:18 | URL |

お前自身が、集団ストーカーだろ?猫神か日常関係者か?

| | 2011/10/10 01:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/52-f8477c89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT