PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW : 第26便【マスード暗殺】

un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg
*第25便──────────
【事件激情】ウルトラNW : 第26便【マスード暗殺】

「これぞ死亡フラグだ」というフラグの立った瞬間

「おれ、国へ帰ったら結婚するんだ」
「あなたに会えて光栄でした」
「向こうでまた会おう
「このお守り、おまえに貸してやるよ」

そして、


un26せんそう

戦争終わったら?_大学に入りなおして建築家になりたいね」

───────────────_──アマド・シャ・マスード

────────────────_アフガン北部同盟総司令官
─────────────_ソ連侵攻前は建築科学生だった




un26Afgh02.jpg Afghanistan
أفغانستان
Afghanistan

アフガニスタン

un26Takh.jpg 
un26Takha.jpg Takhar
تخار ولايت
Takhar

タハール州

8th September, 2001
2001年9月8日

Saturday
土曜日

ヒジュラ暦 1422年 ジュマダーアルアーヒラ月 第19日


The area of Influence of the Northern Alliance
北部同盟支配域

un26しゅとカ Panjshir Valley
首都カブールの北東120kmパンジシール渓谷から北東辺境一帯。
アフガンの覇者タリバーンとにらみ合う北部同盟ことアフガニスタン救国・民族イスラム統一戦線のわずかに残された支配圏。

アンチタリバーン勢力の最後の砦である。

un26こくれん 
国連ではこの北部同盟が「アフガニスタン政府代表」として席を持っている。

つってもじっさいには国土の10分の1の領域に押し込められてる北部同盟なんで、あくまで国際社会がタリバーンを国家として認めないための建前上なんだけども。

北部同盟の顔ぶれはタジク人ウズベク人ハザラ人、そして非タリバーンパシュトゥン人──要はタリバーンに負けた部族の残党がここに逃げ込んだ形。

un26ってだけ 
なにこの烏合の衆感。ぜってえ頼りにならねえ勝てる気がしねえ。

un26そのトレ 
そんな北部同盟に「その2人組」がやって来たのは、8月中旬のことである。

un26フランス 
フランステレビ記者カメラマンで、2人ともベルギー人

北部同盟の事実上の総大将シャ・マスード将軍のインタビューを申し込んでいた。
ahmed 
un26Ahme02.jpg 
احمد شاه مسعود
Ahmed Shah Massoud

アマド・シャ・マスード。人呼んで「パンジシール獅子

北部同盟副大統領国防大臣総司令官

もうちょい詳しく北部同盟マスードを知りたいなら
下をクリック↓

whitespace10*10


un23ブラックとun23ブラックとリ 
CIAの主戦派@テロ対策センター長ブラックビンラディン問題課長リッチB
このマスードタリバーンとの代理戦争やらせようと目論んで肩入れ。

庇護者タリバーンを蹴散らさずしてアルカイダ削除デリートはなく、
つまりオサマ・ビンラディンの首も獲れない、
アルカイダ壊滅にはタリバーン撃破が前提条件である。

u08がしーあ 
CIA得意の、というか毎度それしかできん伝統芸能、
反政府派ドル武器ぶっこんで政権転覆(゚д゚)ウマー作戦」である。

CIAマスード資金につづいて、本格的な武器供給も計画中。

un26とおくな

遠くない将来、アメリカアルカイダ潰しに本腰を入れる。そのときは米軍の支援を受けたマスード率いる北部同盟タリバーンに決戦を挑むことになるはずだ。

そして、その日はかなり近い。

un26ほくぶど 
北部同盟のみなさん「オラわくわくしてきたぞ」

もっともCIAはそのつもりでも、ブッシュ政権は例のユノカル@ガスパイプライン敷設したいお(*´益`*)のロビー活動にこたえて、タリバーンとの国交樹立も選択肢に入れてたから、まだ北部同盟アメリカにハシゴ外されるかもしれんのだけども。

とにかくマスードがトレンド急上昇なのはたしかで、欧米からの取材申込みも増える。

フランスTV局の「ベルギー人2人組」もまたそんなかんじでやってきた。

un26フランス 
2人はロンドンイスラム観察センターの依頼状と、北部同盟軍閥ボスのひとりアブドル・ラスル・サイヤフ司令官の推薦状を持っていた。

だが、やっとマスードの支配地に到着しても、なかなか思うようにコトが運ばない。

un26しじをま02 
「指示を待て」

と言われたっきり、もうそろそろ3週間経つんですが。

延々と待たされ、てか放置ほったらかし。いつ頃会えるのか、そもそも会わす気があるのかも教えてもらえんまま。もしかして忘れられてる?

進展なしのまま9月に入ると、さすがに焦れて、

「いくらなんでも放置プレイにもほどがあるだろ!」
whitespace10*10
un26ほうそう 
放送予定に間に合わなくなる! これ以上待たすならもう帰るぞ!


un26しじをま02


un26しじをま02 
「指示を待て」

un26ほうそう 
「………」


ところで、

この「フランスから来た2人組」の言う放送予定なるものが、

>「間に合わない」というのはなんだが。

というか、

>そんな予定、初めっからフランスのどのTV局にも存在しないんだが。

そして、

un262にんぐ 
2人組ベルギー国籍のパスポートを持っていたが、

>そのパスポート、どっちも盗品なんだが。

un26かれらの 
彼らの持ってきた高そうなテレビカメラは、

>去年フランス盗まれたやつなんだが。

un26フランス 
つまりはこの↑この2人組

un26そしても

ベルギー人でもテレビ記者でもないんだが。




3 days before ‘Nine Eleven’
──9.11まであと3日




un26title02.jpg

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査活動は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子はじめこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりも、根拠は創造にしてソースは妄想だが、ある意図がある。

白鳥FBIニューヨーク支局による非公式捜査もリアル界では行われていない。
そこから派生する出来事も実在の人物のもの含め架空である。
ただし非公式捜査で明らかになる実行犯の行動は、公表された情報に基づいている。



 un03titlenewworld.jpg un26cptnumber.jpg
u00redline_c_640.jpg
un26cpthumanfactor.jpg


un25ダンわた02 
「いまメール送ったから。至急そのリストを航空会社予約名簿と照会させて!」

un25テキスト 
「え、メール? ぼくの打ったテキストは、その…ねぎらいとかお褒めの言葉とかですね

“いいから早くメール見て! やりかたは前に話したとおりで!
モーン支局長にも力貸してもらって! 可能な限り早く!”


un26ははいッ「は、はいッ」

un18ピッおえ

un25くっちっ 
un26なんとか 
ふうー。

un26ふうー 
なんとかおさまってくれた……かな。

びっくりしたー。あのまま頭爆発してサヨナラかと思った。

むかーしそんな映画あったな、えーとスキャ……、
……スキャ……スキャンダラスみたいな、なんだっけ。

un26びょうい 
病院へ……ぜったい即入院手術だろうな……これのケリがついたら行こう。

un23ってそん あ、ドクターそんな怒らないで怖いっす。

un25ていうか0202new 
「あともう少しだけ持ちこたえろわたしの脳血管くん!」

白鳥は毎度テキトーにやってるように見えて、

un26しらとりはま 
じっさいは万一のときニューヨーク支局捜査官が罪に問われるのを避けるため、
非公式捜査の目に見える証拠が残らないよう用心に用心を重ねていた。

un26じぶんの 
自分の携帯電話盗聴防止スクランブル仕様にして、すべての通話が米国内のレンタル回線から日本警視庁の回線を経由、通話先も追跡できないようにしてあった。

un26さらにe 
さらにeメールも捜査官たちの情報屋の名義のアカウント経由で

un26un25いずれも 
un26ちきゅう 
un25れいのこ 
un26ちきゅうを 
これまた地球を半周してニューヨーク支局に届くようにしてある。

un19もしこの 
メールの中身もハリド・アルミダルナワフ・アルハズミとその関連のワードがNSA*の覗き見盗み聞きシステムに引っかからんようにまったく別案件に見える文面にしていたし、捜査官から発信するメールやファクスでもそのルールを徹底させていた。
*National Security Agency 国家安全保障局

un26だからこ 
だからこのときダン・コールマンの受けとった白鳥メールも
当然そういうカモフラージュを施されていて。

コールマンはルールに則ってそれを読み解き、

un26えーとハ02 
えーと、ハニ・ハンジュルフェイズ……なんて読むんだこれ? バニ……?


バニアハマド
whitespace10*10
un26フェイズ 
フェイズ・バニアハマド

un26あはいご02 
「あ、はい、ご予約承っております、ミスターえーとバニャーマッド
「………」

チェックインの際、バニアハマドはホテルマンと「下手な英語」でやりとりした。

un26あさって 
2日の後、3人来る

un26ようこそ 
「ようこそミルナーホテルへ」

un26Bost02.jpg Milner Hotel, Boston Common
Boston, Massachusetts───────*現在のホテル名は異なる
マサチューセッツ州ボストン
Milner Hotel Boston Common
ミルナーホテル

un26このミル 
このホテルから車で15分足らずの距離に、

un26Bosto.jpg Boston Logan Int'l
Boston Logan International Airport
ボストン・ローガン国際空港がある。


えーとハニハンジュルマルワンシェヒもしくはアルシェヒ──
whitespace10*10
un26フェイズア 
──フェイズアーメドバニアハマドアタモハメあれ?

un26さすがに3 ふああああ
「さすがに徹夜3連ちゃんは眠いっすよミスシラトリ

un261もじま 
でも1文字間違えるとヒットしないへっぽこ検索エンジンだからなー。

綴りを間違えないようにコピペコピペ、っと。

相変わらず我が軍のIT環境は遅れすぎだよ。なんで局内でメールひとつ送るのに3つもソフト開いていちいち変換しないといけないわけ?

un26ふうやっ 
ふう、やっと送れた。さーてひさびさにシャワー浴びてひさびさに寝よ。

コールマンのPCから送信されたのは、ハニ・ハンジュルマルワン・アルシェヒフェイズ・バニアハマドモハメド・アタの4人の氏名を国内航空便搭乗券購入リストと照会する要請メール。事情を密かに知るモーン支局長の承認済の記名付き。

un26そうしんさ 
送信先は、>ワシントン FBI本部金融捜査部

FBI金融捜査部は、クレジットカード使用履歴をとりまとめる信用情報管理会社のデータサーバにアクセスする権限を持っている。いちいち判事に申請して令状発行してもらうより手っ取り早いんで、金融犯罪以外の捜査でもなにげに普段使いされる。

だから正確には、金融捜査部がするのは搭乗券予約名簿じゃなくて、
搭乗券購入に使われたクレカ番号の照会なんであるが。

こういう照会は、支局が好き勝手に要請することはできず、いちおうFBI本部対テロ司令塔ITOS@国際テロ作戦セクションを通して、というルールがある。

un26でこのみ02 FBI Headquarters
で、この身内のはずのITOSこそ、アルミダル情報隠しの元凶CIA出向組の巣窟。

白鳥の仕切る非公式捜査を知られちゃダメゼッタイな最も警戒すべき相手なわけで。

ただ白鳥のこしらえたルール通りにやれば、このメールもハリド・アルミダルとはなんの関わりもない案件に見えるはずだ、

が、

un26このときコ
このとき寝不足臨界突破のコールマンは気づかなかったが、
whitespace10*10
un26マウスを 
マウスをうっかり滑らせ、覚書メモから10ケタほどの数字を一緒にコピペ、
whitespace10*10
un26ってだれ 
ってここまでは誰もが経験する凡ミス。

un26ふうやっ 
そして、そのまま気づかず送信。

白鳥もまさかコールマンが初期の共有情報を使い続けてたとは思いもせず。

un26コールマ 
もっとも、一見その数字はなんの意味もないものだし、

元の共有情報ファイルにはアルミダルアルハズミの名はカケラもないし、

un25さいごの

凡ミスはしたものの、意味のない数字9ケタごとき問題にはならな

un25だがこ 

いはずな

un25こちらI

んだが、

un26でこのみ FBI hdqrs.
Pennsylvania Avenue NW, Washington DC
ワシントンDCペンシルバニア北西通り
Federal Bureau of Investigation Headquarters@連邦捜査局本部
> Counterterrorism and Counterintelligence Division@対テロ防諜本部
 > ITOS@International Terrorism Operation Section@国際テロ作戦セクション
whitespace10*10
un26ITOS.jpg 
「この照会要請メールの末尾に誤入力されたと思われる9ケタの数字ですが、」

Dina Corsi
ダイナ・コルシ
FBI本部ITOS次長補佐官
@CIA局員 ビンラディン問題課から出向中
whitespace9*6
un26ハリドア 
ハリド・アルミダルが昨年のアメリカ入国した際に使用された、
サウジアラビア国籍のパスポート番号の後半部分と一致します」

un26コールマ 
「念のためアラート要件に入れておいたら先ほどヒットしました」

un26fbiそ 
FBI捜査官が知ることのできないはずの情報です」

Tom Wilshere
トム・ウィルシャー
FBI本部ITOS次長
@CIA局員 ビンラディン問題課から出向中
whitespace9*6
un26ではなぜ 
「では、なぜそんなものが紛れ込んでるんだね?」

FBI側が違法な手口で機密情報を手に入れている疑いがあります」
「まさか。偶然では?」

un26ええぐう 
「ええ、偶然でしょうとも。9ケタの一致する数列も、そのメールの送信者がFBI捜査官で、しかもハリド・アルミダル情報開示を巡って散々ゴネたニューヨーク支局対テロ特捜班所属だということも、そしてなにより、」
whitespace10*10
un26あのジョ 
「あのジョン・オニールの部下だった、というのも偶然でしょうとも」

「オ、オ、オニール?
whitespace10*10
un26すすすぐ ヒク
「すす、すぐ調べさせねば」

un26きゅうア 
CIAアレック支局ことビンラディン問題課局員にとって、さんざんっばら手柄をかっさらわれた怨敵ジョン・オニールの名は効果てきめんの呪文だった。


ところで──

じつは前の便で入れるのをすっかり忘れてたんだが、

9月7日には陰謀論界で有名なハイジャッカー目撃談があったの思い出したんで、

一瞬だけ時系列は、↓7日金曜午後へと22時間ほど巻き戻りまして。
whitespace10*10
un26えいがのみ 
映画の都ハリウッ

un26ドでない02 Hollywood, FL
でないほうの、フロリダ州ハリウッド
またもや当然のごとくビーチリゾートだが。

un26シーフー Harrison St, Hollywood, FL
シーフードレストランバー「シャッカムス──*2003年にクローズド

9月7日金曜午後4時半ごろ──

un26このみせに9 
9.11テロリストの写真にそっくりな男2人素性不明の男1人の3人組が現れ、

un26モハメドアun26モハメドアタ 
モハメド・アタ(にそっくりな男)はウォッカのオレンジジュース割り、マルワン・アルシェヒ(にそっくりな男)はキューバリブレを注文。アタ(にそっくりな男)はウォッカを5杯もぐいぐいやって酔っ払った。この2人は熱っぽく話し込んでいて。

un26だいさんのお 
そのあいだ第三の男は店内のアーケードゲームで遊んでいた。

un26おとこた 
男たちはそれから3時間半くらい──午後7時ころまで店にいて、

un26しはらいで 
支払伝票の金額48ドル*約6000円を見て、酔ったアタ(にそっくりな男)は怒り出してバーテンダーパトリシア・イドリシや支配人トニー・エイモスと言い争いになり、

エイモスから「カネ持ってないから払えないんだろ」と煽られ、

「おれはアメリカンエアラインパイロットだ。
F(ピー音)king billクソったれ札くらい払ってやるっ」

un2650ドル 
50ドル札100ドル札の束から50ドルを叩きつけて。
whitespace10*10
un262ドルは 
2ドルはチップだ!ドヤ顔 (´-`).。oO(少ねーよチップ

ニセ札横行社会にしてカード社会のアメリカでは、高額紙幣を束にして持ち歩いてるやつなんてそれだけでろくなもんじゃなく疑いの目で見られる。

じつはこの店から徒歩5分弱のごく近場に、

アタたちが5月13日から6月13日まで活動拠点にしていた、
ジャクソンストリートの↓アパートがあった。

un26このみせから Jackson St. Hollywood, FL
*アパートはこの10年後に取り壊された

この「酔いどれアタ」は、陰謀論者が大大大好きな目撃談である。

「ゴリゴリなイスラム教徒なのに、女が接客する店に来て、酒を飲んで酔っ払ったり、4文字言葉four letter wordを口走ったりするはずがないキリッ、だからアタたちは偽イスラム偽テロリスト! だからアメリカ政府の自(以下略」

un22モハメドア02 
例のアタセフレいたとか麻薬やってたとかポークチョップ@つまり豚肉大好きとか酒場入り浸りとか、筋肉メンポルノデリヘルストリップで厳格なイスラム教徒にあるまじき煩悩を満たしてつまり自作自(以下略と同じ系統のエピである。

ところで、

この飲み屋の目撃談を根拠になにか主張したい人にはまことに遺憾ながら、

9月7日から10日まで9.11直前の4日間アタの所在はクレカ使用もろもろからかなりはっきり追跡できてしまうんである。*【第25便】

底意地悪くこまごまと検証してみると、

un2アタは7 
アタ7日午後3時15分頃にフロリダを発ち、>空路メリーランド州ボルチモアへ、

un26よく8か Laurel, Maryland
>翌8日の時点でも同じメリーランド州ローレルにいて、

un26ローレルし 
un26ローレルしな02 
ローレル市内2カ所ウェスタンユニオン窓口でUAEに送金手続き、>

un26そして9か 
>そして翌9日ボルチモアを発ち、

un26くうろボ 
>そのままフロリダには戻らず、>ボストンへと飛んだ。

フロリダの居酒屋で酔っ払ってたはずのアタは、ちょうど同じ時間帯、フロリダから亜音速で離れゆく機上の人で、そのあとは1700km離れたワシントン近郊にいた。

この時点でキリッとか言ってた人のライフはゼロよ息してないわだが、

いちおうフォローすると、物理的に往復不可能な距離じゃない。

 
*リンクが見えない人はこちら

空路3時間弱、陸路だと片道15時間、行き来はできますですよ、いちおう。

が、なんのためにわざわざ1700kmも離れたフロリダ南部にある居酒屋まで行って酔っ払ってクダまいて、>さらに車で15時間くらいかけてトンボ返りする?

そもそもボルチモア行きの機に乗ってたのは替え玉? なんのためにわざわざ替え玉? 両方で半端に目立ってるし。ドッペルゲンガー?

un2510かげ Longboat Key, Florida 
ちなみに7日は「ブッシュ大統領10日11日に滞在予定」発表されたフロリダ州サラソタロングボートキーで「モハメド・アタマルワン・アルシェヒそっくり」な男たちが出没、現地のホリデーインに泊まった、という目撃談もある日で。*【第25便】

同じフロリダ州でもハリウッドサラソタは半島の反対側だから、移動距離は360km以上あって、クルマ飛ばしても片道3時間半かかる。

もしどれも事実なら、9月7日アタ3カ所に同時に存在しないといけない。
そんなんもうドッペルゲンガーですら足りねえし。バイバイン使わないと。

un26ちなみにテ 
ちなみに「テロリストが来た店」はメディアで話題になって人も押しかけた。

でも、9.11から1か月も経たないうちに目撃談の設定が微妙に変わっていく。

un26だいさんの 
アタの飲んだのはクランベリージュースになり、ウォッカで酔っ払って支払いでぶーたれる役はアルシェヒになった。そのうちアタゲーム機で遊ぶ設定に変わって──

のち「テロリストが来た店」は、朝日新聞の取材を拒否した、

tatarijaaa01x250.gif カントリー オブ マーダーズから出張中の濃茶の婆 意味はない
ということじゃあああああ。


というわけで、時間はふたたび↓9月8日へと戻りまして──

un26Geor.jpg CIA hdqrs.
George Bush Center for Intelligence, McLean, Virginia
バージニア州マクレーン ジョージ・ブッシュ情報センター
Headquarters of Central Intelligence Agency
CIA@中央情報局本部

CIAを所在地をもって「ラングレー」とか呼ぶのが事情通っぽい風潮だが、じっさいの住所はラングレーではなくマクレーン。ちなみに本部庁舎名に冠されたジョージ・ブッシュは、息子ブッシュではなく、CIA長官も務めた父ブッシュの方である。

un26Dire.jpg 
 >Directorate of Operations@工作総本部
  > CTC@Counterterrorism Center@テロ対策センター
   > Bin Laden Issue Station@ビンラディン問題課
whitespace10*10
un26ciahead.jpg
whitespace10*10
Jennifer Matthews
ジェニファー・マシューズ
@ビンラディン問題課分析官報告書作成主任
whitespace9*6
un26Jenn0202.jpg 
フランシスは居る? 呼ばれたんだけど」

un26ぎらぎらし 
「奥で待っています」

un26ジェニフ 
ジェン、忙しいとこ呼びつけてごめんなさいね」

un26さきほど 
「さっき提出してもらったFBIの通話履歴の解析レポート、
あなたにひとつだけ確認したいことがあって……」

un26なにかも 
「なにか問題でも?」

「さすが仕事早くて、助かったわ」
whitespace10*10
un26Alfr.jpg 
Alfreda Francis Bikowsky
赤毛フランシス”ことアルフレーダ・フランシス・ビコウスキー

ジェニファー・マシューズの先輩で、マシューズと同じくアレック支局情報分析官としてめきめき頭角を現した女子局員の星。

ハリド・アルミダル情報FBIから隠す遮断工作に関与*【次発便】し、

un14sena.jpg The Debate Over Torture
9.11後は容疑者への拷問強化された尋問*【第14便】でも主導的役割をはたし、
拷問女王トーチャークイーンの悪名を轟かせる女である。

un26さきほど 
のち「フランシスと呼ばれる赤毛女CIA」をめぐって、9.11の遠因となった情報遮断だの拷問だの情報分析ミスによる冤罪だの、キナ臭い話が数限りなく拡散してCIAは焦る。

フランシス」はCIA的にマジ核心的タブーのド真ん中にいたわけで、彼女の関わったもろもろが白日の下に引きずり出されると組織としても相当まずかったらしく。

CIAは「秘密工作担当者および協力者の身の安全」のための情報保護法をタテに「フランシス」の議会召喚を頑として拒否。さらにメディアやジャーナリストやブロガーに、「フランシス」の素性を探るやつは片っ端から訴追する、と警告。
なりふりかまわず組織防衛に走った。

そんなこんなでいまだビコウスキーの人物像は、
もやっとベールに包まれている。

なので、とうぜんながら事件激情ビコウスキーは想像上の生きものである。

un26わたしのじ03 
「わたしの助手マイケル・アン・ケイシー*【次発便】、彼女はとても野心家でね」

un26ぎらぎら 
un26ぎらぎらし

「ぎらぎらしててオフェンス的で、ちょっと昔のあなたに似てるかも。」

un26Mich.jpg

un26わたした Michael Ann Cayce

「わたしたちを踏み台に成り上がるチャンスを虎視眈々と窺ってる」

un26まそれは(なにメンチ切ってんだよおら)

「ま、それはかまわない。そういうガツガツしたの嫌いじゃないからね」

un26じょうと(上等じゃやんのかぐぉら)

ジェン? 聞いてる?」

un26えあえー 
「え、あ、えーと、ちょっと待って。話が見えないけど?」

「まあつまりずっと彼女にチャンスをあげようと思ってたわけよ、だから、」
whitespace10*10
un26だからあ 
「あなたに頼んだのと同じレポートをマイケル・アンにも頼んだの」

un26わるいけ02

un26わるいけど02 
「悪いけどダイナ・コルシからあなた含む2名で、
ダブルチェックさせるよう指示があったからね」

un26それでいまり 
「それで今、両者を見比べてるんだけど、やっぱりマイケル・アンはまだまだ全然ねえ。あなたと比べるのは10年早いってとこ。詰めが甘いというか、未熟という以前に勘が鈍いというか。酷だけど素質の違いもあるのかなあ」

un26でもそん 
「でもそんなのはどうでもいいの。要点はレポートの出来不出来じゃないから。

あなたに確認したいと言った部分は、」
whitespace10*10
un26こっちのマ 
「こっちのマイケル・アンのレポートには載っているいくつかの通話の一部が、」
whitespace10*10
un26なぜかあな 
「なぜかあなたのレポートでは消えてる。正確には通話記録5本に一部欠落がある」

un26ジェニフ 

un26ジェニファ 
ジェニファー・マシューズともあろう人が凡ミスかしら?」

un26ごめんお 
「ごめん。お恥ずかしいけど、そうかもしれない」

un26もんだいの02 
「問題の通話履歴は、マイケル・アンのレポートと照らし合わせたら、5本とも同じ通話先だった。正確には転送先かな? 通話はメンフィスもしくはコロンバスの電話局管内にある回線にまずつながり、そこから太平洋を越えて東京に転送されていた」

un26てんそうさ 
「転送先の回線は、警視庁Metropolitan Police Department

あなたのレポートから消えていたのは、

5箇所ともこの“東京警視庁への転送”について触れた1行分だった」

un26マイケルアンケ 

マイケル・アンのレポートも“東京・警視庁”までしか調べてなかったけど、
日米捜査官が個人的に電話でやりとりするのは珍しいことじゃないから、
それ以上突っ込まなくても、まあしょうがないでしょう。

じゃあ、なぜあなたのレポートでこれが消えていたのか?

引っかかったから、わたしがその先をたどってみた」

un26つうわは 

「通話の相手は警視庁の中にはいなかった。そこからさらに外部の回線へと転送されていた。その先は追跡不能。とても手の込んだ巧妙な通信ロンダリングね。

でもわずかーな痕跡から、転送先がアメリカ国内の、東海岸のどこかにある携帯端末、というのは推測できた。わざわざ地球を半周してアメリカに舞い戻ってきたのね。

その相手はニューヨークとさほど遠くない地域にいながら、どうしてもこのFBI捜査官の通話相手が自分だという証拠を残したくなかったようね。

さて、ジェン。ここからがあなたに確認したいことだけど、」

un26さてジェニ 

「たしかあなたは日本公安警察Public Security Bureauの女性と懇意にしてたよね?」

un26なまえはユ 
「名前はユリコシラトリ、だっけ?」

un26こんいって 
「懇意ってほどじゃないよ。ショワー*の指示で昨年から何回か情報解析手法のヒアリングしただけ。すべて録音して上から問題なしと判定もらってる」
* マイケル・ショワー : 前アレック支局チーフ

un26いまシラト 
「いまシラトリは、ニューヨークに滞在してるんだっけ?」
「さあ? さいきんは付き合いないから知らないけど?」

「ねえ、ジェン、わたし、非常にがっかりしてるんだよ」
whitespace10*10
un26あなたはわたし 
「あなたはわたしと将来DCI*の椅子を競い合うライバルだと思ってるんだから。
以前のあなたならこんな初歩的なヘマ絶対に犯さなかった」

un26むじひと 
無慈悲ルースレスと男どもに畏怖されていた
ジェニファー・マシューズはどこへ消えたのかな」

*Director of the Central Intelligence 中央情報長官。アメリカのインテリジェンスコミュニティーの統括で、CIA長官Director of Central Intelligence Agencyが兼務する。Agency(局)の有無で大違い。だが国防総省CIA長官に情報を渡したがらず、2004年に廃止されるまでろくに機能しなかった。ウルトラではややこしくなるだけなんで中央情報長官の肩書きは無視スルーしている。

un26こんなは 

「あなたにこんな判断ミスやるような焦りを感じさせるほど、
素敵な友だちなのかな、そのシラトリって女性は?」

un26だったら 
「だったら、ちょっと妬けるなー」

un26わたしがい02 
「わたしが言うのも変だけど、この小さな改竄さえなかったら、わたしも見過ごしていたでしょうね。あなたもシラトリも、うやむやで言い抜けられていたと思うよ?」

un26すぎたる

More than enough is too much.
「過ぎたるは及ばざるが如し、って言葉、お忘れ?」

un26フランシ 
「………フランシス、」

un26ちょっとそ
whitespace10*10
なーんでそんな話になるかなー!

un26なーんで
whitespace9*6
ちょっと想像力たくましすぎじゃない?

un26レポート02

un25レポートのけ 
「レポートの欠落は改竄なんて大げさなものじゃなく、わたしの単純ミスで一括消去してしまっただけ。それは混乱させたみたいで謝ります。でもそれだけの話だし!」

un26だいたい 
「大体わたし、ユリコシラトリとは個人的な関わりないから! 私情を持ち込んで嘘混じりのレポート作るなんて、わたしがやってなんの得があるの?」

un26このわたし 
「このわたしが情に流されてそんな愚かな真似するわけないでしょ!
そもそもそんな風に思われたことからして大いに心外ッ

un26レポート02

un26フランシス 
フランシスならわたしがどういうキャラか知ってると思ってたけど?」


un26すでにI

un26すでにIT 
「すでにITOSはこの件で動き出してるよ。わたしの今した話はコルシに届いている。

でもあなたは、あくまで偶然で、わたしの勘ぐりすぎだと?」

もちろんっ
whitespace10*10
un26あったり キリッ
当ったり前よ! これでなにもないと分かったら、」

un26きっちり02 ばんっ
「きっちり詫び入れてもらうからね!」

un26すでにIT 
「…………」

un26ちょう 
カッカッカッ

un26なにがマ 
「……………」

un26ちょうし ぎろっ

un26びくっ びくっ

un26ちょうし 八つ当たり 
(なーにがマイケルだこのヤロ調子こいてんじゃねーぞごら)

un26カッカッ 
カッ、カッ、カッ、カッ

un26コツコツ 
カッ、カッ、

un26カッカッカッ 
un26ごめんユ 
(……ごめん、ユリコ。しくじった)


un26でこのみ02 
ニューヨーク支局コールマン捜査官ユリコシラトリと結託し、ハリド・アルミダル追跡捜査を不当に進めているのは間違いないかと思われます」

Dina Corsi
ダイナ・コルシ
@FBI本部ITOS次長補佐官
@CIA局員 ビンラディン問題課から出向中
whitespace9*6
un21んなにこ 
コールマン1人ではなくニューヨーク支局の複数名が関与している可能性があります。退職した元主任捜査官ジョン・オニールも関わっているかもしれません」

Tom Wilshere
トム・ウィルシャー
@FBI本部ITOS次長@CIA局員 ビンラディン問題課から出向中
whitespace9*6
un26すみやかに 

「すみやかにユリコシラトリの身柄を拘束し、違法捜査を差し止めさせます」

un26シラトリこ 

シラトリ拘束聴取は、ニューアーク支局が担当し、
ニューヨーク支局には一切関与させないこと。

支局内のどの捜査官まで汚染されているか分からず、
証拠破棄隠蔽が行われる恐れがあるためです」

un26シラトリへの 
シラトリへの聴取及び家宅捜索違法行為物証を掴んだ時点で、すみやかに司法省に対し、ニューヨーク支局対テロ特捜班への査問を要請します」

un26いじょうで 
「──以上、でしたよね、次長

un26すみやかに 
「うむ、そんなかんじで」

un26シラトリこ 
次長ワトソン副長官補には伝えますか?」

un26あーそうだ 
「あーそうだな、そうし」

un26あーひつよ

un26あーそうだ 

un26あーひつよう 
「あー進展があってからでいいんじゃ、ないかな、みたいなかんじ


9th September, 2001
2001年9月9日

Sunday
日曜日

ヒジュラ暦 1422年 ジュマダーアルアーヒラ月 第20日

أفغانستان
Afghanistan

アフガニスタン

un26TakharK.jpg Khawajah Bahauddin
تخار ولايت
Takhar

タハール州
خواجا بهاء الدين
Khawajah Bahauddin
ホジャバハウディン

The area of Influence of the Northern Alliance
北部同盟支配地域


ここで長らく待たされていた例の「フランステレビ記者2人組

un26しじをま02 
「出かける、支度しろ」

un26テレビカ 
テレビカメラを持っていった方がいいのか?」

un26しじをま02 


un26しじをま02 
「出かける、支度しろ」

un26テレビカ 
(……持っていくか)

un26Dahm.jpg

un26Dahma.jpg Dahmane Abd al-Sattar
テレビ記者」の本当の名は、ダフマン・アブデルサタール

un26Bour.jpg Bouraoui el-Ouaer
テレビカメラマン」の本当の名は、バラウィ・エルウアエル

2人の暗殺者を生み出したのは、
whitespace10*10
un26かれらを 
ベルギー首都ブリュッセル郊外の町モレンベーク

un26イスラムき Sint-Jans-Molenbeek, Belgium
イスラム教徒移民がより集まって暮らす町。住民のなんと半分イスラム
区域によっては9割イスラム教徒だったりする。

ベルギー人イスラムに占拠されたこの町を自虐と嫌悪と不安を込めて呼ぶ。

un26モレンベ 
モレンベキスタン

イスラム移民あるところに失業あり貧苦あり不満あり原理主義ありジハード主義あり。

un26ここにあるモ 
この町のマンションの一室にあるモスクCIBことサントルイスラミックベルジュ。とうぜんお約束で原理主義怒り憎悪をかき立てる系。そして過激派職安の役割もはたし、テロ組織リクルーターが公然と出入り。ジハーディストの温床。

un1215ねんご02 
そう、あの2016年パリ同時多発テロ首謀者も、
この“モレンベキスタン”の住人であり、モスクCIBの常連だった。

21世紀欧州を蝕む病魔文明の衝突の土壌が、早くもこの頃にはできあがっていた──そして欧州共同体の唱える美しい理想のもとに放置されたんである。

un26ダフマン 
テレビ記者ダフマン・アブデルサタール
ホントはチュニジア人ベルギーには留学生として来ていた。欧州に留学できるくらいだから、まあまあのお坊ちゃん。信仰心薄しのいまどきな世俗的若者だった

が、

u08こどく02 
異国の生活と成績わろしに悩み、

u08でもけいけん 
やがてモスクに入り浸るようになって──

んんんん? なんかどっか聞いたような。

un26u08かれのなはも 呼んだ?

まいど! ごりっごりの鉄砲玉聖戦士いっちょうできあがりっ。

アフガン軍事訓練キャンプに参加していたダフマンバラウィテレビ記者に偽装させてアフガンに送り込んだのは、アルカイダナンバー2アイマン・ザワヒリ

un26いやまだかり Ayman al-Zawahiri
いや、まだ仮免ナンバー2エジプト人外様ザワヒリが最高幹部になるにあたってビンラディンから課せられた「昇進試験」が、これだった。*【第13便】

ロンドンイスラム観察センター依頼状も、ザワヒリがつくった偽文書である。

un26そして2にんぐ Abdul Rasul Sayyaf
そして2人組推薦状を書いたラスル・サイヤーフは、いちおう北部同盟の一員ではあるものの、もともとタリバーンと同じパシュトゥン人だし。宗教思想はワッハーブ派タリバーンに近いし。もとはアルカイダと仲良しだし。そもそもビンラディンアルカイダスーダンから追い出されたとき「アフガンに来なよ」と迎え入れたのもこのサイヤーフだし──といううさんくさい敵味方か味方の敵かわからんやつ。

こんなんに推薦されても意味なしというかフラグが立つばかりというか……。

un263しゅうか 
3週間も待たせてたから、用心深く2人の身元調査でもしてたのかと思いきや、ぜんぜんしてなかったっぽい。ちょっと裏取りすればバレるインチキだったのに。

un26こういうく 
un26こういうくに 
こういう国々にありがちなルーズさと、“おまえより立場が上だと示すためにもったいぶる”という、これまたありがちなマウンティングってだけだったかもしれない。

un26ともかくこ 
ともかくこの日、マスードは「フランステレビ局」の取材を受けることになった。

25年もの間戦場を生き延びてきたマスードのサバイバル能力とサバイバル運。
この日、それに最初で最後の狂いが生じた。

un26かれらの 
マスードの側近たちを信用させたのが、高そげなテレビカメラ

のちフランス情報機関DGSE@対外治安総局アメリカFBIが共同で、カメラ製造番号で追跡調査、このカメラが、前年12月フランスグルノーブルクリスマスの撮影をしていた写真記者が盗まれたものだと突き止める。

──というのはすべて後から分かった話だが。

un262にんのし

2人の刺客アサシンズの前に、ようやくマスードを前が姿を現した。

un26ムシューな 
「いやいやムシュー、長く待たせたようで申しわけなかったな」

un26さうはじ 
「さあ、始めようか」

un26ライラ 
un26ライラー 
「まず最初にお聞きしたいのが──」
whitespace10*10
un26ライラーハ 
un26ライラーハイ02
whitespace10*10
un26ライラーハイッ 
un26ライラーハイッラ 
un26ライラーハイッラア
whitespace10*10
un26ライラーハ 
ライラーハイッラ、アッラー アッラーの他に神なし
whitespace10*10
un26マスードがク カチッ
whitespace10*10
un26マスードがクラ
whitespace10*10
un26マスードがクラー0101



un26マスードがクラーク 
un24またんに
whitespace10*10
un26マスードがクラークだ 
un26マスードがクラークだテ 
マスードが?

un20wash.jpg 
un26クラークだ

クラークだ」
テネットだ。マスードがやられた”
whitespace10*10
un26こちらもい  
「こちらも今さっき聞いた。負傷したという情報もあるようだが」

“我々の複数の情報源によれば、ほぼ即死だ。北部同盟は大混乱に陥ってる”

un26これでタ 
これでタリバーン天敵が消えた。

、となると、

un26つぎはこ 
つぎはこっちに来る番か。


同じ頃──


un26fbin.jpg FBI Newark FO
Newark, New Jersey
FBI Newark field office

ニュージャージー州ニューアーク
FBIニューアーク支局


「今夜はワシントン本部から直命の仕事だ!」

un26ただしと 
ハドソン川の向こうは隣の庭先だぞ。目立たず、すみやかに職務を遂行しろ。長引かせてNYFO*NYPD*を呼び寄せるな」*FBIニューヨーク支局の意 *ニューヨーク市警

un26やれやれに 
「やれやれ日曜だってのにド深夜から捕り物かよ」

un26ほんぶから 
本部から来た話って。なんでニューヨーク支局にこそこそ隠すんだろ?」
「さあ? なんにしろ、触らぬ神に祟り無しFar from Jupiterでしょ」

un26fbiのロ

FBIのロゴを必要以上にひけらかすな!」

un24ニューヨー 
ニューヨークダウンタウン方面、ソーホー

un26ただいま Holland Tunnel, I-78

un26ただいまホ

“ただいまホランドトンネル通過、”

un26キャナル

マンハッタン側、キャナルストリート交差点に出た”

un26プリンスス

トンプソンストリートプリンスストリート交差点の東”

un24またんに

ピンクアパートメントだ”

un26こうそく 
un26こうそくた 
un26こうそくたい

拘束対象女性だが、国籍国の警察官で、武器を所持している可能性もある”

un26じゅうぶ
un26じゅうぶんun26じゅうぶんけ
un26じゅうぶんけい
whitespace10*10
十分に警戒してかかれ!
whitespace10*10
un26じゅうぶんけいか04 
un26つかれた03 
un26つかれたちnew
whitespace10*10
un26つかれたちょnew3 
(疲れた、ちょっと今夜は早めに寝とこかね)



2 days before ‘Nine Eleven’
──9.11まであと2日



第27便 死亡の塔】へとつづく
u00redline_c_640.jpg 
un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/510-c3b9fc9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT