PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──《柒》

殺戮ゴスロリカップルと女子高生
  
trim.jpg
  
  
ゆらゆら、ゆらゆら、おもしろいよ
  
  
むくみとじんましんに怯えた母親皮膚科で診てもらったが、
「医者もただ首を傾げるばかりで原因は分からないそうです。」
彼女は用心深く書いている。
  
その一方で次の日26日27日グルムグンシュー」では、
  

「お腹が痛いです。原因は解っています。タリウムです。昨日、それの水溶液を誤って指に付けてしまったのです。」
「寝ても起きても気持ち悪いし、指先とか脚とかが痺れてきたので、解毒剤を作りました。タリウム中毒の治療は
(以下略)」


と、自白すれすれのカキコ。ブログを覗き見してるであろう兄への挑発なのか。
ちなみに本当のタリウム中毒ならブログにあるの程度の中和剤では治らない。
  
8月31日、
「暗い部屋で、蝋燭の炎を見る。ゆらゆら、ゆらゆら、おもしろいよ・・・」

yurayura.jpg
  
そんな子どもじみた振舞いの一方でタリウムを盛り続けていた。
    
ちょうどテレビでは台風カトリーナ上陸で湖と化した米ニューオーリンズが無法地帯になっているというニュースが流れている。
  

母親はスーパーの紳士服売場でパートをしていたが、足の具合が悪くなって、9月10日を最後に出勤できなくなった。
  
世間は郵政選挙、小泉劇場で浮かれていたが、この一家はもはやそれどころではなかった。
  

9月11日、母親はさらに体調を崩して、
12日にはほとんど動けなくなって寝込んでしまう。
「僕の部屋のある2階にも上がってこられなくなりました」
  
13日には電話で職場に辞職を申し入れる。
よほど急速に悪くなったんだろう。
  
そんな悪化する母親をよそに、彼女はご機嫌だ。カフェ錠を飲んでハイになって体育の補習で500m爽快に泳いでいる。
  
母親が重病だというのに平常心すぎる様子そのものが怪しいのだとは彼女は気づかない。

彼女は用心深くかつ不用心。
同学年の女子にタリウム飲ませようか。手足痺れるから」と話したりしている。
タリウムを手に入れたことがうれしくてうれしくてしかたなかったようだ。これでグレアム・ヤングと同じだ。全能の力を手に入れた気分だったろう。
  
  
9月14日、彼女は例の薬局で注文した酢酸タリウムの残り25グラムを受け取った。
  

続く9月19日のカキコ
現実の方が大変になってきてしまったので、暫くブログの更新を停止します」

  


この頃、母親がさらに重症化したらしい。

もちろん普通の検査でタリウムのせいだと分かるはずもない。病院でも原因不明だったろう。
  
このときの「大変」が何だったのかも後で分かってくる。
  
  
9月25日、
グルムグンシュー」の更新が1週間ぶりに再開。
  
「隠れる事は喜びでありながら、見つけられない事は苦痛である。見つけられることは危険である。しかし其の逆に、自分が存在していることを確認するためには、誰かに見つけられるしかない」

  
とまたまた綱渡りっぽい一文。
彼女は露見をおそれる反面、自分の力(というかタリウムの力)を誰かに誇りたくてしかたなかった。
  
28日には母親は悲観的になってるのか「よく泣くように」なって、彼女「毒をつくってほしい」「誤って飲んだ事にして貰いたい」と愚痴るようになる(もうとっくに盛ってるのだが)
自殺衝動が出始めたようだ」と冷徹にカキコ。
  
  
「毒を盛る」のは直接殴ったり刺したりするわけでもないので、最も罪悪感が薄い犯罪だ。万引きより薄いんじゃないだろうか。そして奇妙な全能感もともなう。
  
  
10月2日、
父親の連絡で救急車が駆けつけ、母親緊急入院する。
「布製の担架で運ばれて行った。父も同伴した。少し悲しそうな顔をしていた。」
の顔を暖かいタオルで拭いてあげた。」

  
er.jpg
  
そのあと母親に病名がつく。
「今日は調子が良い。何でも新しい薬を貰ってきたという。病名も分かった、ストレスによる多発性神経炎だそうだ。検査で何も出なかったからそう判断したらしい」
  
タリウムなんてマイナーな毒物なぞ思いもよらない病院が、こんな謎の病名をつけるのもまあやむを得ない。
  
彼女は毎日病院に通って見舞いがてら、デジカメで写真を撮った。
もちろん観察日記に必要だから。
  
  
彼女のブログには、薬のことやら母親の病状報告やらにとつぜん詩的なカキコが混じる。もちろん可愛らしい詩じゃなくてこんなのだ。
  
10月9日、
蒼ざめた馬の通る道に、規則は存在しない。暗闇を進む足跡は草木を枯らし、死を招く。其処に生命は宿らない。在るのは寂しい同じ形。」

“蒼ざめた馬”「黙示録の四騎士」の最後の一騎だとすると、その騎士の名は「死」
  
  
「人って案外簡単に騙されるものなんだ」

  
oxytocin_a.jpg
  
  
原因がよく分からないままステロイドによる治療が続くが、母親の病状はよくなったかと思いきやまた悪化するなど一進一退。

それも当然。娘が見舞いにみせかけてせっせとタリウムを食事に混ぜて飲ませ続けているのだから。

10月16日、 
「叔母が言うところによると、は幻覚を見始めたらしい」

悪いともなんともない淡々とした日記のカキコ。
どんなときも喜怒哀楽がないのが彼女のブログの特色。
  
それがおかしい、だから異常だ、サイコパスだ、という声が多い。
  
彼女の本音はブログにはない。グルムグンシュー」は人に見せるための作品なんだから。しかも兄まで検閲してるのに真実を書くわけがない。
  
彼女の飾らぬ本心は自室PC秘密の日記にあった。
  

まあそうして平静に振る舞っているつもりでも異常な感じは隠せないんだろう。
「長男に目つきが怖いと言われた。寒気がするって、僕は毎日この顔を洗面台の前で見ているんだぜ。」

metsuki.jpg
  
彼女も疑われないように、いろいろと偽装工作をする。
「先生に筆記用具を借りた。其の時泣きながら母の話しをして、同情を得た。人って案外簡単に騙されるものなんだと思った。」
  
  
一方、警察がひそかに彼女をマークし始めていた。
  
母親が入院してしばらくして病院から「病状が特異」警察に通報がいき、
  
20日には彼女も、
「じつは妹は、猫を毒殺したことがある」
「入院前後から妹の様子もおかしい」
「彼女が毒を入れたんじゃないかと思う」
警察と医師に相談。
  
さらに警察が詳しく病状を洗うと、タリウム中毒」らしいことが分かる。
  
タリウムなんて日常そのへんに転がってない毒物だ。
  

発覚は時間の問題だった。
  
  

「逃げ切れる。捕まるものか」
  
  
10月16日に続く「同日」、
  
「僕の日記から見せられない部分を切り、貼り付けた。其の為、意味の通じないところも在るだろうが、其れは其れで良いのである」
  

また綱渡り。崖っぷちギリギリわざとふらふら歩く遊び。
  

この一文をおそらく最後にブログ更新は途絶えた。
  

10月21日未明、彼女は大量の睡眠導入剤を飲んで昏倒、緊急入院したからだ。
  
彼女も周り(とくに兄)に怪しまれたことに勘づいたのだろう。
死ぬつもりだったんではない。命にかかわらない程度に量を計算して飲んだ狂言だったはずだ。
そうして「毒殺だとしても他に犯人がいる」と見せかけるつもりだった。
  
だがそう子どもの企みどおりにうまくはいかない。
  
  
10月31日、
彼女の退院を待って、
11月1日付で、
静岡県警少年課三島署は、殺人未遂容疑彼女逮捕
  
(奇しくもゴスロリカップルの逮捕日と同じ。そしてワ士の誕生日も同じ)

  
zikkenshitsu.jpg
  
警察が家宅捜索に入った彼女の部屋は、ちょっとした実験ラボだった。
  
タリウム濃硫酸、濃塩酸など30種類の劇物を含む薬物、カエルやウサギ、ハトとかの標本が見つかった。
薬物の専門書20冊、もちろん彼女のバイブルであるグレアム・ヤング「毒殺日記」、それにヤングが信奉していたナチスドイツ系の写真も。
  
押収されたデジカメには、小動物の解剖の模様や、病室でふせっている母親の画像が保存されていた。
  

さらに彼女のPCのハードディスクに「真実の口」というフォルダ名の日記が見つかった。なんとバレやすい。
  

PCの日記はブロググルムグンシュー」とは違う内容だった。
優等生とも「岩本亮平」ともちがう裏の裏の顔があった。
  
そこには、
  
「僕」が、食べ物などに混ぜて「Atom」「碧の小枝」「エダ」を摂取させた、と書かれていた。
  
「足が痛いと訴えている、当たり前だ」
  
「僕が入れたのだ、試すために」

  
脈拍の数値を書いて、「薬を与えなければならない」。
  
「Atom」が入院した後も、コーヒーと冷蔵庫の麦茶1つに混ぜ、「人工呼吸器をつけた口に水溶液を垂らし」て飲ませ続けたこと。
  
原因は、
「知っているけれども言えないし、言わない」

  
「逃げ切れる。捕まるものか」
「ばれないか不安で仕方がない」
  
ブログにはない真相が赤裸々に書かれていた。
  

「Atom」とは母親
「碧の小枝」酢酸タリウムタリウムの語源thallosは、ギリシア語でまんま「緑の小枝」
  
  
  
彼女の動機

  

優等生逮捕(しかも実の母親への殺人未遂)に、学校も周りの人間もショックを受けた。
学校の関係者も、「将来は化学者に」と期待をかけていたが、
「関心の持ちかたが普通の子とは違ったが、問題を起こすようには見えなかった」
とため息混じりに言うしかなかった。
  
家族も同じだった。
祖父は群がる取材陣に強く語った。
「これは事故なんだ。あんたたちは何も分かっちゃいないんだ」

  

取り調べで彼女「日記は創作」「現実と空想を交えて書いた」タリウム投与について「そんなことはしない」とかたくなに否認し続けていたが、(グレアム・ヤング様と言い訳まで同じ)
やがて静岡県東部では過去3年、個人でタリウムを買ったのが彼女だけだったと判明。
警察「犯人は彼女しかあり得ない」と確信した。
  
  
なぜタリウムだったのか、なぜ母親だったのか。

答えはたぶん、グレアム・ヤングがそうしたから」。
  
彼女のすることは、何から何まで模倣だった。

ヤング崇拝し、ヤング同じを愛し、同じウソで手に入れ、同じ相手を選び、同じようにを盛り、同じように入院先でもを盛り、
気に入った「絶望の世界」そっくりのブロググルムグンシュー」を始め、同じように絶望な自分をこしらえようとした。
(わざとでないが同じように身内に怪しまれて捕まったところまで皮肉にも同じ)

  
  
家族内の殺人の動機として理解しやすいのが、憎悪恨みだ。
  
彼女母親憎んでいたのか。
  
さて?
  
彼女父親にはお小遣いをくれるのでなついていた」
  
じゃあ母親には?
  
「とくに親しみは感じてなかった」
  

無感情無関心これ、憎悪や恨みよりひどくないか?
  
  
その後、明らかになったのは、
  
タリウムを試したくて母親に飲ませた」
予想以上に重い症状になったので、発覚するのが怖くてさらに飲ませた」
だった。
  
単に身近にいて観察しやすいから母親実験台に使ってみた。
でもが効きすぎた。
バレると困るからもっと飲ませて証拠隠滅をはかった。
  
  

なんて幼稚、なんて単純、乾いていて薄っぺらで。
 
  
これがリアル“摂氏零度の少女”動機だった。
  
  

再逮捕されたグレアム・ヤングの供述
「彼らを人間として見なくなったんだと思います」
「より正確に言うなら、僕の一部が彼らを人間と見なさなくなったんです」
「彼らはモルモットになったんだ。」

  
  
kogalrikachang_convert2.jpg
  
  
──つづく

【捌 (終)】 彼女たちの「居場所」>


関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 14:59 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

それが仕事と言ってしまえば元も子もないけど
タリウム中毒と判別した専門職、さすがだわ。
ポピュラーじゃない薬物なのに、すごいね。

タリウムたん、失敗してつかまった人を模倣しておきながら
自分は捕まらない自信満々だったんだー。

で、あかの他人に対してならわかるけど
同居してる自分の母親に対してまで無感情か~。
そのバッサリ感はすごいね。
自分とグレアム・ヤング様以外は、ゼロだったんですね。

| ash | 2010/05/19 18:11 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>あっ種度の

> タリウム中毒と判別した専門職、さすがだわ。
> ポピュラーじゃない薬物なのに、すごいね。

ふつうの医者じゃ分かりようもないけど、法医学の専門家ならグレアムヤングの事件も東大技官の事件もたぶん知ってるってことでしょうね。
分かる人が見れば分かるけど分からない人が多いからいろいろ見逃されてるんでしようなあ。


> タリウムたん、失敗してつかまった人を模倣しておきながら
> 自分は捕まらない自信満々だったんだー。

あんまり罪の意識がなかったんじゃないですかね。
発言とかカキコの無防備さからして、ちょっと内緒でネコ飼ってますくらいの感覚だったんかもしれませんな。しょせん16歳。
で、入院とかの騒ぎになってようやく慌て出したと。

>
> で、あかの他人に対してならわかるけど
> 同居してる自分の母親に対してまで無感情か~。
> そのバッサリ感はすごいね。
> 自分とグレアム・ヤング様以外は、ゼロだったんですね。

もともと感情が薄そうなところへもってきて、思考回路が理系。
そばにいる生き物は親でも使え、と。
まあとても合理的な考え方ではありました。

しかしヤング様の日記を読破していながら、飲ませると大事になる、とは分かってなかったのか。それとも害が下剤をのませて下してしまいましたくらいで済むと思ってたのか。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/19 22:24 | URL |

な~んだ緻密な犯行かと思ったら、
あたりばったりで穴だらけか~。

民主党のオナゴ議員さんが車椅子・松葉杖で
登場した時と似ていません?(笑)

| かあたん | 2010/05/19 23:13 | URL |

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> な~んだ緻密な犯行かと思ったら、
> あたりばったりで穴だらけか~。

たぶん罪の意識が薄かったからなんも考えてなかったと思われ。子どもが何か親に内緒でオモチャ隠してるくらいの感覚だったんでしょう。だからいきなり死にそうになって慌てた。慌てたけど喜怒哀楽が少ないから一見冷静沈着に見えた。目的もなし。あ、目的は観察か。観察してどうしたいかっつうとうれしいってくらいなんですな。ヤング様もそうだったけど。

> 民主党のオナゴ議員さんが車椅子・松葉杖で
> 登場した時と似ていません?(笑)

あーあれ笑いましたなあ。あとでワイドショーの直撃電話でカトーに突っ込まれまくられて「あのーあのへー」しか言えてなかったですな。
しかもその足というのがものすごく太゛っとかったのもまた笑いを誘いました。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/20 01:39 | URL |

>憎悪や恨みよりひどくないか?

おまいの嫌いなえべす@セレブがよく言っているのだが、

「あいつ@イランアフマディネジャド説明無しー、「愛」反対語って何だと思う?」

「そりゃ憎悪でしょう」

「ちがうんだよなー、あいつ@イラ以下略ー。「愛」の反対語は「無関心」なんだよー。」

まあそれが正しいかどうか、それぞれに思うところもあろうからいいとして、とどのつまり認識されていない状態というのは、存在しないも同然、というわけなのだな。

しかし、ワシは思うに、喜怒哀楽というのも多分に芝居めいたところもあるように思うがな。分けても中学生ぐらいの頃の女の子たちの勘定なんていうのは、ええい一個いくらで、まとめて1000円にまけてやらぁ!じゃなく!感情なんていうのは、常に何かの模倣が伴っていやしないかとも思うのだが。

そういいながら思い出したが、ワシらの日々の生活にも借りてきた感情というのはかなり多いのではないか。たとえば某国のサッカーリーグなんていうのも、借りてきた応援、借りてきた感情、借りてきたパフォーマンス、などなどすべて何かの模倣からなる。それを、ボー鳥ヤールさんなんかは、「シミュラークル」と呼んだりしたな。20世紀の事だった。

あるいは小沢に憤ってみせる市民感情も、どこか嘘くさく、自分の腹の中から湧いて出るというよりも、テレビや新聞で通り一遍に言われることを、なぞっていたりしないだろうかな。

たり痰もゴスカップルも貴公と誕生日が同じというだけで、貴公と同類になったわけだが、たとえ誕生日が違っていても、そうなるおかしな志向と思考は、一歩、あるは半歩でそちら側、というぐらい近くにあるのかもしれんのである。

──と完結前に感想文。

| あいつ@イランアフマディネジャド説明無し | 2010/05/20 13:34 | URL |

Re: タイトルなし

>あ(以下略)どの

>
> 「ちがうんだよなー、あいつ@イラ以下略ー。「愛」の反対語は「無関心」なんだよー。」


なんかどっかで聞いたな、その詩的な反対語設定。

まあ、家庭内殺人の大半が「憎悪」か「(金銭面からくる)憎悪」である、
というのに比べると、

「そういう要因が薄いのに、殺人(未遂だが)が起きた」
というのが、
今回わざわざこの2組にご参加いただいた理由なんだがの。


>識されていない状態というのは、存在しないも同然、というわけなのだな。

まあガキのばやい、親の金でおまんま食ってるんだから憎むならまだしも、「存在しない」は失礼ではないかと思うんだが、まあガキの頃はそんなことまで考えないからな。


> 常に何かの模倣が伴っていやしないかとも思うのだが。

真似事でもそんな気分にはなるさ。学習する生き物だからの。

彼女のばやいは、それすらない。
たぶん発覚しそうでいろいろ焦ってたと思うんだが、それを表に出す術を持たないのが彼女であったのだな。なんだかそういう子たちはよく見た記憶がある。ワ士自身とかな。

そして念のため、彼らが借りてきたのは感情や喜怒哀楽ではなく、
「絶望という状況」である。
そこがワ士は引っかかるんである。


> そういいながら思い出したが、ワシらの日々の生活にも借りてきた感情というのはかなり多いのではないか。たとえば某国のサッカーリーグなんていうのも、借りてきた応援、借りてきた感情、借りてきたパフォーマンス、などなどすべて何かの模倣からなる。それを、ボー鳥ヤールさんなんかは、「シミュラークル」と呼んだりしたな。20世紀の事だった。
>
> あるいは小沢に憤ってみせる市民感情も、どこか嘘くさく、自分の腹の中から湧いて出るというよりも、テレビや新聞で通り一遍に言われることを、なぞっていたりしないだろうかな。

うむ。ワ士はそれが悪いとは思わんのだな。

人間そんなもんだからの。ワ士自身どうも人様の感情は実感するより想像してるきらいがある。
真似でもそんな気分になればいいさ。ほーらあなたも幸せになってくるらららー。

>
> たり痰もゴスカップルも貴公と誕生日が同じというだけで、貴公と同類になったわけだが、たとえ誕生日が違っていても、そうなるおかしな志向と思考は、一歩、あるは半歩でそちら側、というぐらい近くにあるのかもしれんのである。

> ──と完結前に感想文。

誕生日ではなく逮捕された日が一緒だ。というかワ士は逮捕されてないが。

で、感情を借りてきたんじゃなくて、彼らは絶望なる状況を借りてきたんだな。退屈病みたいなもんだな。

そして完結編では、大どんでん返しがあって上のあ(以下略)どのの感想がすべて無効。だと笑えるがな。
犯人は仕立て屋でブログもねつ造だったりしてな。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/20 21:49 | URL |

貴公のブログは、ワシのブラウザーからはどうにも文字化けするのだな。

こんな風に

> ィ。ィ。、ネエーキ�ー、ヒエカチロハク。」

| あ@もはや言葉も忘れたか | 2010/05/21 10:55 | URL |

Re: タイトルなし

>あ(以下略)どの

> > ィ。ィ。、ネエーキ�ー、ヒエカチロハク。」

これでよく内容わかったな。
まったくべつの話として読んでたりしてな。

どの部分が文字化けするのであるか? 参考までに。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/21 12:58 | URL |

改めてやっぱり凄い嫌な事件ですねv-40
大きくなった小猿の思考が私には理解できなくなっていくのは仕方ないと思うけれど
娘に毒を盛られて観察されていたのがわかったら、私どうするんだろう、何を思うだろうって考えてしまいました。

大事になって慌てるというのは、いかにも子供ですね。
頭がいいのか悪いのか。。。

| 志龍 | 2010/05/21 19:46 | URL |

>どの部分が文字化けするのであるか? 参考までに

全部オールエブリィ寝具グゥグゥ

テキストエンコーディングを買えればよいのだが、マストバイってなぐあいに毎回やるのも面倒くさい。ワシ個人に向けたイジワルであるな。

| あ@もはや言葉も忘れたか | 2010/05/21 22:19 | URL |

Re: タイトルなし

>志龍どの

ワ士も書き始めた当初はもうちっょと違うものを思い浮かべてたんですが、なんか調べるほどこんな変な具合にまとまっていってしまいました。
おかしいな。郊外住宅地の子どもたちの抑圧と飢餓感を書くつもりが・・・。


> 大きくなった小猿の思考が私には理解できなくなっていくのは仕方ないと思うけれど
> 娘に毒を盛られて観察されていたのがわかったら、私どうするんだろう、何を思うだろうって

ふだんどれだけ子どもと向き合って心を見せ合ってるか、とかが大きいかもしれませんなあ。

ゴスロリの家庭は表向きは理想な感じだったようです。表向き体裁は整っていて、がしかし、どうやら子どもとの関係もそんな空気だったらしく、そんな証言もちょっとあったようで。

まあここまで極端でなくてもそのような仮面家庭は意外と多いのでしょうけれども。

きっと猿どのとはキックの高さの比べ合いでなんとかなりますって。


> 大事になって慌てるというのは、いかにも子供ですね。
> 頭がいいのか悪いのか。。。

勉強はできた。
頭は悪かった。

でしょうねえ。
昔ならガキはガキなりの範囲でしか行動できなかったのが、いまはいろいろ便利になって背伸びした行動(タリウム購入が大人の行動かはともかく)ができちゃうんですよね。でも人生経験分の判断力しかやはりないので、慌てると。

だからこそ発覚したというのもありますが。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/21 22:22 | URL |

Re: タイトルなし

>あ(略)どの

> 全部オールエブリィ寝具グゥグゥ

それは、えーとグーグルクロームが、ということかしらん。
ワ士はファイアフォックスであるが。

しかしそんななのによく内容が分かったな。宇宙語も読めるあるな。

>
> テキストエンコーディングを買えればよいのだが、マストバイってなぐあいに毎回やるのも面

ふうむ。フォントの設定の問題なのか? ワ士がなんとかしようと変にいじると、またサイドバーと本体が一列になってしまったりするからな。

じゃこっちだとどうかね?
http://d.hatena.ne.jp/noriaky111/
ミラーサイトというか、ほとんど同じ内容である。
なんで2個あるんだ、であるが。なんとなくあるんである。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/21 22:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/51-6a8f20e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT