PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW : 第25便【911アメリカ同時多発テロ】

un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg
*第24便──────────
【事件激情】ウルトラNW : 第25便【911アメリカ同時多発テロ】



9.11テロを阻止するのは可能だっただろうか?

イエスと答えるのはたやすい。

確かなのは我が国を守ってくれるはずの組織

失敗を犯したということだ。


───────────リチャード・クラーク
─────爆弾証言すべての敵に向かって





un25title02.jpg


登場する事件テロ紛争戦争、その捜査活動は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子はじめこの文字色は架空の人物であり、
FBIニューヨーク支局による非公式捜査もリアル界では行われなかった。
実在する人物との関わりも、根拠は創造にしてソースは妄想だが、ある意図がある。
 

 un03titlenewworld.jpg un25cptnumber.jpg
u00redline_c_640.jpg
un25cptJaguarnaut.jpg 

un25ちっまた 
un25ちっまたボ

「ちっ、またボヤかよ」


un25どこかの

un25どこかのバ 
鎮火延焼なし。どこかのバカが路上でゴミ燃やしただけだ」

un25おれがとsmal 
「おれが当番の日に限って1件も火事がない。早く本物の現場に出たいなあ」

un25あせるなsmal 
「焦るな、ルーキー。じきイヤってほど飛び込むことになるさ」

un25おれらも Jules and Gédéon Naudet 
(´-`).。oO(おれらもいいかげん消防士らしい絵を撮れないとやばいんだけどな)
(´-`).。oO(2か月密着の撮れ高って新人がメシ作って消防士が食うシーンばかり)

un25ジュールsmal

ジュールギデオンノーデ兄弟。新人消防士トニーの成長を追うドキュメンタリー撮影中の映画監督兄弟である。*【第13便-続】

でも、このままだと映画が企画倒れになりそうでちと焦り入ってきてます。

un25ホテルま02 
un25ホテルまえ020202

「ホテル前で停めてくれ。ひとり降りる」

un25じゃあお 
「おやすみ、ジョン。私は早朝に発つから。また連絡する」

un25おおむにsmal 
「おお、むにゃむにゃ」
whitespace10*10
un25あとはスsmal 
「あとはスタイベサントタウンの交差点まで行ってくれ。釣りはいいから」
whitespace10*10
un25うんちゃsmal 
un25うんちゃんsmal 
「…………」

un25うんちゃんい 
un25うんちゃんいま 
「運ちゃん、いま言った行き先は取り消す」

un25さいしょ 
「最初に乗ったソーホーの交差点まで引き返してくれ」


un18はいどちら 

プルル… プルル…

un25プルルプ 

プルル…

un26プルルプルnew0927
  
プルル… プルル…

un25プルルはsmal 

プルル…

un25ははいどsmal 
「は、はい、どちらさま、あ、ホーさん、こんばんわー。えっ?」

un25あっやるsmal 
un25あっやるた0202 
「あっ、やる太郎! 何やってるの!」

やる太郎じゃねえっ」
whitespace10*10
un25このジジsmal 
「このジジイ早くどけてくれ、いででで
whitespace10*10
un25おおユリ 
un25おおユリコsmal 
「おおユリコちゃん、こやつ非常階段をこそこそ登ろうとしていたでな」

un25われわれのsmal 
「我々の目と耳と鼻、ごまかせない」
whitespace10*10
un25われわれのめsmal 
「我々の舌と歯と指、ごまかせない」

un25ホーさんsmal 
ホーさん、ザップさん、違うの! この人は友だちだから!」

un25なんでマsmal 
「なんでマンハッタンのど真ん中にベトコンとかカンフー映画のジジイがいるんだ!」
whitespace10*10
un25ぐききき ぐききき
いででっ

功夫? あんな演し物と一緒にするでない」
whitespace10*10
un25クンフー くわっ
武当山ウーダンシャンの本家本流、陳家太極拳チェンチァータイジーチュェンじゃ」

un25あしおっsmal  
「念のため、脚、折っておこう」
「(;・∀・)あ、ちょっ、折らなくていいからッ」

un25いででこsmal 元シールズのオカマとムエタイもいるんだっけか
「いでで。これがうわさの『死亡の塔』の番人どもか」

un25ではわしsma2 
「ではわしらは部屋に帰るわい、おやすみユリコちゃん」
「ありがとう、おやすみ、ホーさん」

「おやすみ、ザップさん」

un27un25チュックのコピー 
“Chúc ngủ ngonチュックグコン
whitespace10*10
un25かこっnew0218 かこっ

un25なんでア 
「なんでアパートの廊下に抜け穴トンネルが」

un25あそこお 
「あ、そこ落とし穴あるから気をつけて。あとそこブービートラップ
ピアノ線があるから、うっかり足引っかけないようにね」

un25トンネルと02 
un25んーとくsmal
whitespace10*10
「しかしいくらソーホーでも、」
whitespace10*10
un25トンネルとかトsmal 死ぬだろーが
トンネルとかトラップとか勝手につくっていいのか?」

un25トンネルとか02 ベトナムのジャングルかよ
「んー、とくに苦情も来てないよ?」
「苦情言いにきたやつ全員そのへんで串刺しになってるからだろ」

un24こうしょ 
「しかし例のサウジの大物といい、傭兵どもといい、あのジジイベトコンといい、
支離滅裂な人脈を形成するおまえさんの謎のコミュ力はなんなんだ一体」

「えー? お年寄りが横断歩道を渡れなくて困っ

「だからすぐバレるウソをつくな」

un25でなんな02smal 
「で、なんなの、やる太郎。忘れもの?」
やる太郎じゃねえジョン・オニールだ
「ひとり? ミスタークラークは?」

un25クラークは 
クラークはホテルへ帰った。おれだけ引き返してきた」
「へ?」
シラトリ、あんたに本当のところを問い質すためにな」

un25えへんじ

un25へんじはnew0927_2 
「え、返事はまだ、決めて、ない、けど」

un25へんじな 
返事? なんの話だ?」

un25はれディ02 
「はれ? ディックのことじゃ? え、あれ?」

「……ん? あッ、おい、まさか」

un25おいおい 痛恨の墓穴
「…………」

「おいおいおい、なんだなんだあの朴念仁め、やっと男気みせたか。
どうもさっき2人とも様子が変だったと思えば」
whitespace10*10
un25まあおそ 
「まあ遅すぎるが、ダメもとでも撃たなきゃ当たらねえしな。あんたも嫌いなやつじゃないだろうし、勇気に免じてお手柔らかにごめんなさいしてやれや」

un25えなんだ02 
「……………」

「え、なんだおい、違うのか

un25ちょっとそnew0713 モテキいきなり到来で
「その……激しく動揺してるけど、いやじゃない、というか、うれしい……かな」
おいマジか! ディック、やったじゃねーか!」

un25じゃにほsmal 
「じゃ日本にいるサムライコップは? 捨てるのか?」

un25すてるなsmal 
捨てる? なんてひどいことするの!
「おれが捨てるんじゃねえよ! ひどいもなにも結果的にそうなるだろうが」

un25おまえさ0202 
「あ………」

「いつものシラトリとあまりにも別人すぎてツッコミづれーぞ」

un25おまえさんはじ おれ様とえれー違う扱いだぜ
「おまえさん、初めっからディックに良対応だったよな。
ほんとのところ、あいつのことどう思ってるんだ」

un25ディックと02 
 
ディックと……わたしは、同じ種類の人間なんだよ」

un25インテリ02 
情報機械インテリジェンスエンジン。現実をすべて情報の集積体としてとらえてる。ときに人の感情さえも。最初に会ったときすぐ分かった、この人はわたしと同類だって」

un25どうしゅ 
「同種の思考回路、同種の価値観、言葉を費やさなくても伝わる。あの人と話しているとわたしも気持ちがドライブするというか、ずんずん思考が研ぎ澄まされる。
そういう人は、ディックと出会うまでいなかった」

un25んーなんとsmal 
「んーなんとなく分かるぞ。おまえらが話してるとき、
おれでも理解不能の会話になるときがあるからな」

un25さっきか 
「さっき彼の言ってくれた言葉で、わたしも気づいた。
そして、彼も同じように思ってくれてたんだ、って。
混乱したし今もしてるけど、でも、すごくうれしかった」

un25でにほん02 
「で、日本サムライは捨てるんだな」
「なんでそういう話になるのかなああああ
「じゃ、二股かけるしかないな」
「バカ言わないで! やる太郎じゃあるまいし!」

un25けいしは02 
警視は……あの人は、ディックとは正反対の人。正直言って超ふつう。思考回路も価値観もわたしとぜんぜん違う。言葉を費やしても伝わらないことの方が多い。

でも、なんでかな、あの人と一緒にいるとき、わたしは機械から少しだけに戻れる。
グアテマラで解放されたときも、あの人が側にいてくれなかったら、わたしは無理矢理ひとりで立ち上がろうとしてとっくにダメになっていたと思う」

un25んーつまりsmal 
「んーつまりこういうことか。クラークとは趣味もノリも合うから話してて元気になれるし。日本サムライは話も合わなくてノリも悪いけど一緒にいると安らぐし。どっちも捨てるにはもったいないからユリコ困っちゃう、と」

「そこまで簡略化したらわたしすごくバカみたいじゃん」

un25しかしサsmal
whitespace10*10
サムライとは長い付き合いじゃなかったか? たしか一緒に暮らしてたよな」
「んー、でもそういう関係にはなってないから」

un25なんだとセsmal 
「なんだとセックスしてねーのか! そんなのありえねーぞ!」
直球すぎるよ! いろいろあるんだよ人間関係ってのは!」

un25グアテマ 
un25グアテマラ 
グアテマラで……わたしがとして、いえ人間としてヤバいでしょってレベルで、
肉体的にも精神的にもメチャクチャにされたことは消えない事実でさ」

un25こうしてへsmal 

「こうして平然と振る舞って、外見は変わらぬ才色兼備の美人さんだからタフに立ち直ったみたいに見えるけど、自分でも感情? 心? あちこちまだ穴だらけで壊れたままなのはわかる。封印した設定で忘れたつもりにしてるだけで」
whitespace10*10
un25だからそnew0713_2 
「だから、そういう事実も飲み込んだうえで、正面から愛してると言ってくれる人がいたのは、不意打ちで驚いたけどうれしかった。

あ、もちろん誰でもいいってわけじゃないよ。たとえばやる太郎とかじゃダメだし」

「わざわざおれを引き合いに出さんでもいい」

un25でクラー 
「で、クラークには話したのか、脳外科の診断のこと」
「言えるわけないでしょ、
whitespace10*10
un25ってなん 
ってなんでやる太郎それ知ってるの!

「ん? まー2人がベランダにいる間にたまたま診断書をちろっとな」
盗み読みかよ!
「あんな処にほっぽり出しとくから目に入っちまったんだろ!」

un25つうかおsmal 
「つうかおれはな、そもそもその脳外科の件を問い質すために戻ってきたんだぞ! なんでさっきから延々とおまえの恋バナ聞かされてるんだよ!」
「あなたが延々と訊いてるからじゃんか!」

un24んーここは 

「──そうか、それで酒の一滴も飲まなかったのか。どうも妙だと思ったんだ」

un25あのなあsmal 
「あのなあ、そういう大事なファクターを言わないのは無責任すぎるぞ! おれもクラークも他のやつらもそれなりにリスクかけてるんだし、シラトリが急に倒れて何していいか誰も知りませんなんてのは願い下げだからな!」
「うん、ごめん。そうだよね。それは本当にごめん。その用意は考えてあるから」

un25でなんでクsmalnew0713 
「で、なんでクラークに隠す?」
「もし打ち明けたら、絶対にディック手術を受けろって言うと思う。彼の気持ちを聞いたらますますそうなるって予想できる。でもわたしは、何年もかけてここまで積み重ねてきた作業をいま一番大事なときに投げ出せない」
ケナン教授との例の約束ってやつか」

un25にほんのサムsmal 
サムライコップのほうは? がヤバいこと知ってるのか?」
「あの人も知らない。けっきょく言えなかった。理由はディックと同じ」
「おれはサムライと面識ないが、好いた男としちゃ知らせてほしいもんだと思うぞ?」

un25わたしがし 
わたしが知らせたくない。

ドクター以外で知ってるのはあなただけだから。絶対に誰にも言わないで」

un25ますきに 
「ま、好きにするがいいさ。正直感心しねえが、止めてやる義理もねえしな」
「助かる。やる太郎ならきっと人でなしだと信じてた」
「まったく褒められてねえぞ」

「じゃ、謎も解けたし、引き揚げるとするか。遅くまで邪魔したな」

un25ありがと 
「ありがと」
「あん?」
「あなたと話してるうちにコールスローサラダ状だった頭ん中が多少整理された」

un25まったくあん 
「まったくあんたもクラークもぐちゃぐちゃ理屈っぽく考えすぎだぜ。

経験豊富なおれ様に言わせりゃあ、好いた惚れたなんざいくら細かく考えても答えなんか出ねえよ。そのときのそのときわきおこるパッションに従うのが一番だ」

「その結果、元嫁含む女4人の間でひいこらしてる人が言っても説得力ないって」

un25なんでだろsmall 
「なんでだろ。あなたとはつくづく相性最悪なのに、なぜかわたしを何度も救ってくれたし、なぜかわたしのことを一番よく知ってくれてるのも結局あなただよね」

「ふん、なぜかお互い望んでもいねえはずなのにな」

un25こんかい 
「……今回の件、おれに声かけてくれて、まあしぶしぶながら礼を言う」

un25とめてや02

「止めてやろうぜ、奴らを。だからシラトリ、せめてそれまでは死ぬな
whitespace10*10
un25できればそ 
「できればそのあとも死ぬな。おれはどっちでもいいが、
ダチ公のクラークが悲しむのを見たくないんでな」

un25うん7th

「うん」

un25うん7thS 
「まー今夜は、いつもドヤ顔のシラトリが、てめーの色恋にはそのへんの小娘並に
おろおろする、ってところがしっかり見えたのは大きな収穫だったな」
whitespace10*10
「い、医者の不養生とか言うじゃん!ムキー


un257thSe.jpg

7th September, 2001
2001年 平成13年
9月7日


Friday
金曜日


un22ながいじ 
un22いしとし 
「前回から今のところ変化はなさそうね」

un25ぜんかいか ちょっとホッ
「よかった」
「次は来週の火曜にまた診せて」

un22newy.jpg 
un25ふうやれ 
un25ふうやれや03 
「ふう、やれやれ」

un254day.jpg
whitespace10*10
「ってあーーっ、いかん、今日約束があった! やばっ遅刻遅刻!


4 days before ‘Nine Eleven’
──9.11まであと4日


un25このひホ 
この日、ホワイトハウスブッシュ大統領の来週の予定を発表。

un2510かげ 
Colony Beach Resort, Longboat Key, Florida 
10日 月曜日
夕方からフロリダ州ロングボートキーコロニービーチリゾートに滞在。

un25Emma.jpg 
Emma E. Booker Elementary School, Sarasota
11日 火曜日
同州サラソタエマ・E・ブッカー小学校を訪問、授業参観の予定。

9.11にこの発表にまつわる↓目撃情報が“発掘”される。
whitespace10*10
un25このはっ 
・予定発表のあと、ロングボートキーサラソタ界隈に不審なアラブ人が現れた、
・現地のホリデイインにもアラブ人数人が宿泊していた、
・それがモハメド・アタマルワン・アルシェヒに似ていた!

もしかして、11日大統領の予定を知ったモハメド・アタたちが、大統領の泊まるホテルか、授業参観中の小学校ボーイングをぶつけられないか欲目が出て下見した、

かもしれない。

が、明らかになってる彼らの行動ルートからして、なかなかその場所に泊まりがけでうろうろできる暇はなさそうなんだが。彼らなのか、そのサポート要員だったのか、単にアラブ人だっただけか、真相はもはや定かではない。少なくとも飛行機計画メンの残したクレカデビットカードの入出金からはそこにいたらしい証拠は出ていない。

un25でモハメ Mohamed Atta
で、うわさのモハメド・アタは何やってたかというと、
現地組の司令塔として各学部の最終調整に忙しい。

un25フロリダか Baltimore, Maryland
フロリダからボルチモアへ飛び、ローレルペンタゴン攻撃組@美術学部と落ち合う。
飛行機計画、ツラ突き合わせての最終打ち合わせである。


un25ニューヨ 
un25ニューヨーク 
ニューヨークへようこそ、伯爵。お部屋はこちらです」

un25まったくワ 
「まったくワケも話さず衰えはてた老骨にはるばる大西洋を渡らせるとは、」
whitespace10*10
un25プロフェ 
プロフェッサーケナンも傍若無人なるアメリカ人気質の持ち主であったか」

un25まあワケ 
「まあワケも聞かずにのこのこやって来たわしもわしであるが」

un25ぼうじゃ

「傍若無人なのはケナン教授ではなくわたしです、伯爵マイロード

un25こちらからた 

「こちらからお訪ねするのが筋ですが、わたしがまだ飛行機に乗れないため、」

un25ひれいで 

「非礼ではありますが、伯爵にはるばる大西洋をお渡りいただきました」

un25おおおお 
「おおおお、これはなんとしたことか……」

un25キャサリ 
キャサリン……」

「驚かせてごめんなさい」
whitespace10*10
un25はじめまnew0713 走ってきて肩で息してるのは内緒だ
「はじめまして伯爵。わたし、シラトリと申します」


続きを読む
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 20:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

待ってますよー

| 甘煮 | 2017/01/16 21:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/507-9149d222

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT