PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──《陸》

殺戮ゴスロリカップルと女子高生
  
kagaku.jpg
   
  
「死にたい人には薬をあげます」
  

彼女はどんな少女だった?
  
彼女高校入学の日、自己紹介で
死にたい人がいれば薬を持っていますからあげます」
と言ったという。

highschl_1.jpg

県内有数の進学校理数科に進学。化学部に入る。
成績は優秀
とくに化学の知識は先生もたじたじになるくらいだ。
ふだんは静かで大人しいが、論理的な誤りには容赦なくツッコミを入れた。

izunokuni_5.jpg

山向こうに富士山をのぞみつつ──、
彼女はその住宅地に暮らしていた。
祖父母、両親、兄2人の7人家族。兄1人は別居。
もちろん「愛犬リトル」はいない。
  
「おとなしい家族」「親子でもめるようなことはなかった」というのが近所の評判。
  

さらにさかのぼる──、
小学校──。
すでに「僕」と言い始めてスカートは履かなかった。
あだ名は「爬虫類」。表情が乏しいから。のち昆虫採集ばかりしてたので「ファーブル」とも。
ウサギにリードをつけて散歩。なぜか飼育小屋で弁当を食べる。
友だちとはあまり遊ばなかった。
というか変わってたので当然ながらいじめられっ子だった。

usagin.jpg

小学校の卒業文集にこう書いた。
「ウサギは世話をすれば世話をするほどなついてくるので一生懸命世話をした。逆の立場になって初めて分かった。これからは理由の分かる人になりたい」

  
中学に進むと──、

classma.jpg

化学の専門書を読み始めた。中学生はふつう読めないようなやつ。
学年でも10位以内の成績
とくに理科が得意。テストで100点でないと泣いて抗議
落書き代わりに化学記号や数式を書く。
手芸とかをする創作部に在籍。のちに部長も。
中学の半ば頃まではいじめられっ子だった。
リーダーシップをとるタイプではないが暗くもなかった。
クラスではちょっと浮いていた。
  
「グルムグンシュー」を始める前、メルマガを発行(部数34部)。前年(中3)の夏に始まって、「グルムグンシュー」開設直後の7月1日まで38号出していた。
そのうちのある回は「闇の中へ」という抽象的かつ暗めの詩。化学少女と同時に文系少女(暗系)の顔も持っていた。
  
中学の卒業文集「好きな芸能人」の欄にこう書いた。
  
「有名人(あまり有名ではないかもしれないが)ならグレアム・ヤング

  
彼女はしきりとグレアム・ヤングを礼賛する。でもヤングは芸能人じゃないし普通の有名人でもない。
  

gyoung_28.jpg

実在の連続毒殺魔だ。
  
  

イギリス最凶毒殺魔の「毒殺日記

 

dokusatu_nikki.jpg

グレアム・ヤング日記をもとに伝記本が出版され、映画にもなった。イギリスのシリアルキラーだ。
  
ナチスオカルト毒物スキー
「尊敬する人は、19世紀に14人毒殺したウィリアム・パーマー」

  
gyoung_boy.jpg

12歳くらいから「学校の実験で使う」とウソついてアンチモンジギタリスを手に入れ、家族に盛っては様子を観察して日記をつけていた。
  
ヤング毒殺デビュー14歳。
  


毒殺したは仲の悪かった継母。
使ったのは酒石酸アンチモンカリウム。
継母が倒れて入院すると、見舞いのふりをしてさらに毒を盛り続けてついに殺してしまった。

gyoung_14.jpg

そのあとも父親、1人しかいない友だちにまでせっせと毒を盛る。もちろん症状をつぶさに観察、毒殺日記に記録。
間抜けにも毒入り食を忘れて食べてしまい、一緒にうんうん苦しんだりしてたので、誰も疑わなかった。
  
ところがそこがガキというかオタクというか罪の自覚がないというか、の知識を自慢しすぎて墓穴、あっさり逮捕。
  
犯罪者用精神病院15年収容されることになる。

携帯していたアンチモンカリウム「小さな友だち」と呼ぶヤングは収容されると、
「アンチモンがなくて寂しい。アンチモンが与えてくれる力が欲しい」とぼやいた。
  

9年後、ヤングは更正したと認められ、釈放。
  
しかし医者も役人もまったく分かってなかった。
  
ヤングは悔い改めるどころかやる気満々。病院内にある日用品や植物から手づくりの毒をこしらえたらしく、ひそかに病院スタッフや他の囚人に盛って実験台にしていた。
  
最初にヤングを診断した精神科医は、
「彼は毒の与えてくれる力に取り憑かれている。再び同じ犯行を繰り返すだろう」
と語ったが、まさにその通りになる。
  
写真現像所で働き始めたヤング。でもまもなく職場では病気になって倒れる人が続出。
もちろんヤングのしわざ。更正どころか、またまたやらかしはじめたのだった。

アンチモンは味が強く、食事に混ぜても味が変わってバレやすい。ヤング「絶対にバレない毒は何か」を調べまくって、ナチスも使ったタリウムこそ最も優れた毒薬だ、と確信。
さっそく酢酸タリウムアンチモンを手に入れた。
  
そうして社員に配るお茶に盛ったタリウムを選んだのは“正解”で、病人が出てもはじめは毒のせいとは分からず、未知のウィルスのせいだと思われていた。
さらにヤングのいた精神病院からの照会状に「毒物殺人での逮捕歴」がなぜか書かれていなかったので、ヤングのしわざだと気づく人はいなかった。
  
young_giseisha.jpg 被害者は無惨なハゲに
  
ヤングは捕まるまでの数か月でなんと70人毒を盛った。
  
結果として、店長と同僚の2人死亡6人入院。
  
しかし相変わらず学習しないというか、ヤングはまたまたいらんことを言ってまた墓穴、またもやあっさり再逮捕。
アパートから大量の毒薬と、毒物投与の様子をくわしく書き込んだ日記が見つかった。

gyoung_taiho.jpg
  
ヤングは裁判で「おれはやってない。あれは日記じゃなくて小説用のメモだ」と主張したが、もちろん認められず有罪。
1972年、今度は刑務所にぶち込まれることになった。

1990年、心不全のため獄死(享年42歳)。自分を実験台に毒を飲みすぎたという噂も。

young_rou.jpg マダム・タッソーの蝋人形館にもヤング
  

これが彼女の熱烈にマンセーしていた「有名人」だ。
  
彼女が文集にグレアム・ヤング崇拝を書いたのは、ヤングが最初に逮捕されたのと同じ年頃だった。
  
  
どうやって女子高生が劇物タリウムを入手?

  

ところで酢酸タリウムは、そのへんでカンタンに買えるシロモノではない、はずだ。
  
昔は殺鼠剤に使われていたが、いまはもう少し安全な殺鼠剤があるので、ほぼ流通もない超危険な劇物だ。
  
致死量は1グラム。重金属なので少しずつ飲んでも体内に蓄積してハゲになる、さらに重症状態にもなる。ヤングの見立てどおり、ゆっくりと弱っていくので病死と間違えられやすい。
  
だから犯罪にも使われた。日本でも1991年東大の技官が嫌いな同僚に盛って毒殺する事件が起きた。
  
その後も、グリコ森永事件、和歌山毒入りカレー事件毒系の事件が世間を騒がせたので、劇物毒物販売の規制がきびしくなった。
  
18歳未満への販売は禁止。
購入時に氏名など個人情報入りの書類を提出、
  
のはずだったんだが、なんでまた片田舎の女子高生がやすやすと50グラム(50人殺せる)ものタリウムを持ってたのか。

  

答え=薬屋さんで買いました。


彼女タリウムを注文したのは近所の薬局だった。

kero.jpg

たぶん↑こんなのが店先にあるような町の薬屋さんだろう。
  
「学校で化学の実験に使う」と言う真面目そうな少女のウソに店のおじさんはコロッとだまされた。在庫はないので取り寄せになった。
  
8月19日、問屋がまちがえて「酢酸リウム」(死なん)を取り寄せてしまったと分かり、もう一度発注し直し。
薬局も問屋も、この凶悪な劇物にまーたく無知だったと分かる。青酸カリや砒素のようないかにも凶悪げな有名どころとちがってマイナーな存在だったからだろう。

酢酸タリウム50グラムは市販で8万円くらいする。高校生の資金力ではムリっぽい。ほかの薬物だって決して安かない。よほど「お小遣い」が潤沢だったんだろう。
 
彼女は並行してハムスターにアンチモンを与える毒物実験も始めた(もちろん自室で)。ほぼ毎日(実験○日目)と観察日記をブログにアップしている。
彼女のブログは身辺雑記詩もどき薬物ラブ動物実験報告が入り交じる畸形じみたものになっていく。
    

「兄は此れを見ている」

  
gamen.jpg


8月14日彼女は、
は此れを見ている。訪問者記録に残っている。挙動から分かる、それとなく臭わせている。ごゆっくりどうぞ、お客様。」
  
からかうというか牽制というか、挑発するように書いている。
  
同居の次兄との間に、なにやら緊張感があったらしい。彼女はブログで、いろんな薬物を自分で調合したり飲んだり、動物実験の様子を報告してる。

さらにが妹を怪しみ始めたのは別にも理由があった。
  

そしてついに8月24日、
「薬局のおじさんは『医薬用外劇物』の表示に気付かず、必要な書類を通す事無く僕に其れを渡してきました。」
彼女はまんまと待ちこがれたタリウム25グラムを手に入れた。
  
この薬局は、「化学部の実験に使うという話を信じてしまった」と弁解した。まあそうだろう。ダメじゃんだが。
  

彼女はまたある試薬についても、「判子さえあれば未成年でも買えますよ」という裏技も掲示板に書き込んでいる。
  
薬局で劇物ビス(トリブチル錫)塩化バリウム500グラムずつ買うわ、ネット通販硫酸まで買うわ。
  
厚労省の規制は実際にはのん気な現場ではまったく機能してなかった。
  
  
彼女「死」とかについてどう思ってたのか。
掲示板にこんなカキコがある。
  
死体とか解剖に興味あるのかって?
半分当たりで半分外れですね。
「生を理解しようとして、死に興味を抱く」
此れが僕の生き方だと思います。
  
まあ哲学っぽいがたぶん気取りだろう。彼女の脳内では死も生も善も悪もたぶん化学の知識以上の意味がない。生も死も言葉では書けてもいまいちピンときていない。誰も教えていないし。
  

彼女はようやく手に入れた酢酸タリウムを前に「さてどうやって実験しようか」とわくわくしたに違いない。ハムスターではつまらない。
  

さてどうしようか。
  
  

彼女母親に顔のむくみと湿疹の症状が出たのは、その日からだった。
  
  
──つづく
  
《柒》 「逃げ切れる。捕まるものか」 >
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 22:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

化学に勝るものには無いと思ってしまう思考の根底には何があるのだろうか?
特異な脳味噌に、怖さを感じながらも興味が湧いてしまいます。

それにしてもお間抜けな薬局!
でも世の中って、オツムの良い人にとっては盲点だらけなんだろうな。

| かあたん | 2010/05/13 00:31 | URL |

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> 化学に勝るものには無いと思ってしまう思考の根底には何があるのだろうか?
> 特異な脳味噌に、怖さを感じながらも興味が湧いてしまいます。

たぶん化学はいじめたりしないし、1+1=2といつも答えが出るから、という理由ではないかと。
動物や植物を愛でたりするのと似てるかもしれません。「嘘をつかないし傷つけない」的な。
そしてそういう入口から入るとやっぱり「実験」したくなってしまうんでしょう。

まあそのへんは本人も分からないと思うんですなあ。


> それにしてもお間抜けな薬局!
> でも世の中って、オツムの良い人にとっては盲点だらけなんだろうな。

どんな優秀なシステムでも使う人間が使わなかったら何の意味もない、っつう見本みたいな間抜けですなあ。

「堂々としてれば顔パス」の永遠のセオリーを駆使したんでしょうね。なーんと手慣れた。16歳なのに。

そういうケースって多いですからねえ。とくに日本ってふだん平和ですから、こういうときには対応できませんってかんじです。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/13 02:32 | URL |

ここまででも十分ぞっとする話しですね。
まだまだ続くんですね。。
この事件はよく覚えていますが、こうやって深く掘り下げるとまた別の事件ていう気がします。
みんな人に見せびらかしたがりますね。
ブログとか。こっそりとも違う犯罪なんですねー。

| 志龍 | 2010/05/13 20:36 | URL |

グレアム・ヤング、イケメンだったんだね。
なんか、バンドとかやってそうなタイプ(笑)
ユアン・マクレガー似。
マダム・タッソー・ヴァージョンは、どっちかいうとネオ(キアヌ・リーブス)になってるけど。

どんくさいけど、やっぱ読んでて、
タリウムたんよりヤングのほうが興味深いっすね。

| ash | 2010/05/13 22:41 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>志龍どの

> ここまででも十分ぞっとする話しですね。
> まだまだ続くんですね。。
> この事件はよく覚えていますが、こうやって深く掘り下げるとまた別の事件ていう気がします。

ワ士もさらっとしか知らなかったので、はーなるほろーと思いつつまとめちょります。

> みんな人に見せびらかしたがりますね。
> ブログとか。こっそりとも違う犯罪なんですねー。

犯罪者は言わなきゃいいのに、言っちゃうんですなあ。それで足がつく、っつうのは多いようです。
やっぱり人間、こういう秘密を黙ってはいられないようです。
黙っていられるのはよほどの精神力ですよ。

とくに彼女にはあんまり犯罪の意識がなかったのかもしれません。
そしてブログの先につながってる世界と、今自分が生きてる世界が同一のものだという認識もいまいちないのかも。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/13 23:42 | URL |

Re: タイトルなし

>あっ種どの

> グレアム・ヤング、イケメンだったんだね。

でも全人生のうちムショ暮らしの方が長いですね。


> なんか、バンドとかやってそうなタイプ(笑)

まあイギリス人ですから。

> ユアン・マクレガー似。

まあイギリス人ですから。

> マダム・タッソー・ヴァージョンは、どっちかいうとネオ(キアヌ・リーブス)になってるけど。

マダムタッソーの蝋人形は基本的にどれもいまいち似ていないというのが特徴ですな。

>
> どんくさいけど、やっぱ読んでて、
> タリウムたんよりヤングのほうが興味深いっすね。

まあイギリス人ですから、じゃなくて、オリジナルですから。
コピー品はしょせんオリジナルには勝てませんなあ。
勝ち負けの問題じゃないですが。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/13 23:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/49-57d6a217

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT