PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件劇場】借りてきた「絶望」。──《伍》

殺戮ゴスロリカップルと女子高生

chmclgrl_convert_200.jpg

 
摂氏零度の少女
 
2007年に発売された、「摂氏零度の少女 (幻冬舎文庫)」という小説がある。

sesshi0do.jpg


著者/新堂冬樹は、社会のダーティ面を身もふたもなく描いたり、なぜか甘甘の純愛小説を書いたり多機能な作家だ。
  
医学部合格間違いなしの美少女女子高生。彼女は動物を次々と毒殺しまくり、ついに母親に猛毒タリウムを盛り、日に日に衰弱していく母親の様子を冷ややかに観察し──。
  
2005年秋に起きたあの事件がモデルなのはまあ明かすまでもなく明らか。というより実録物かってくらい、いろいろ同じ。
  
しかし救いがたき人間の業系が得意のこの作者ですらできなかったことがある。
  
少女の動機として、
「幼い頃に可愛がっていた犬を母親が保健所に渡してしまった。母親もそれと同じ目に」
という湿度も温度もある愛憎めいた、分かりやすい切な系の理由をくっつけないと物語をつくれなかったことだ。
  
たしかにそうだろうなあ。ホントに摂氏零度キャラじゃ感情移入もできないしホラーの悪役になっちまうもんなあ演じるは三輪ひとみでセーラー服着せて。

hitomi_2.jpg31歳ひとみセーラー服まだいけます
  

でも実際に起きた事件はちがう。
  
リアルの“彼女”の動機は、物語に仕立てられないほど直截的で薄っぺらくて陳腐だった。
  
温度すら感じられず、
だからこそ恐ろしい
  
現実の“彼女”こそ、
本当の摂氏零度の少女だった。
  
  
理系少女!ぼくっ娘!ネットはまた踊る…
  
houdo.jpg
  
2005年秋、静岡県伊豆の国市で一人の女子高生が逮捕された。
  
犯人が16歳の少女、しかも母親毒殺というセンセーショナルな手口に世間がまた騒いだ。
  
とくに少女がブログで岩本亮平という男子名をHNにして、母親の症状悪化の観察日記を綴っていたことがまた拍車。
  
マスコミは例によって「ネットの影響」「ゲームの…」「教育の…」「最近の子どもは…」とどうでもいいことを垂れ流した。
  
そしてネットでは、

trimozaic_2.jpg

化学オタクの理系女子高生、しかも「ぼくっ娘」なのも萌えを刺激し、モザイクのかかったセーラー服の画像、さらにいつの間にか洩れた「恋ゲーのキャラみたいな実名」も妄想を刺激した。
みんな前年6月に佐世保事件を起こした美少女ネバダたんを連想していた。
  
だから彼女をタリウムたん」「タリたんと名付け、
勝手にこんな容姿を想像をして萌えた。

meganekko_4.jpg
  
こんなのとかも。

meganekko_5.jpg
  
いや少なくともこうでないと、とか。

meganekko_6.jpg

誰も美少女と言ってないのに、なぜかそう決定していた。ちなみにメガネっ娘なのは「化学」「理系」のイメージだろう。
  
(やがてモザイクなしの顔写真が流出し、潮が引くように萌えは沈静化。まあ…いろいろあるわな)
  
  
グルムグンシュー」僕の絶望の世界
  
  
さて、「ネバダ」「桃寿」という通名であえて犯人たちを呼んできたけども、今回タリウムたんはどうしようか迷い中。
いやふざけててけしからぬのでは一切なく、「キャラに合わない」からである。
  
なので当面「彼女」とか「少女」だ。
  
その彼女がなんで、今回ゴスロリのバカップルと同列の扱いなのかというと──。
  

彼女問題のブログ
「Glmugnshu グルムグンシュー 岩本亮平の日記」
  
glmu_2.jpg
  
6月27日楽天ブログで開設、マメに更新され、事件発覚の直前までせっせと書かれていた。
  
HNは「岩本亮平」、つねに「僕」人称で書いた。学校でも自分を「僕」と言っていた。真性ぼくっ娘、僕女である。
  
マスコミでは、
「多重人格か」「解離性同一性障害か」「女性的な同一性を確立するプロセスが混乱し…」
とか精神分析医とかインテリゲンヂャとかなぜ社会問題に発言権があるのかわからんタレントとかが、テキトーな思いつきをしかめつらでしゃべくった。
  
でも“その筋”の人々は「岩本亮平って…あれだよな」と囁き合った。
  


「岩本亮平」は、1998年から2004年までネット上で連載されてニッチに熱い人気だったUG系Web小説に出てくる主人公の名前だ。
  
タイトルを絶望の世界という。

zetsubou_pic.jpg
連載時のTOP画像
  
作者はpikochu-のち宮谷シュンジ。
  
絶望の世界は、僕=岩本亮平「僕の日記」として始まる。
クラスでと呼ばれるいじめられっ子の亮平。妹、両親、いじめっ子、優等生女子、教師、素性不明のウェブコミュニティ管理人などがからみ合ってやがて事件が──。
  
1日3行程度で毎日少しずつ少しずつ、小説とも事実とも明らかにしないまま更新されるので、「ホンモノかも」という異様なリアルタイム感とあいまって、窮屈で煉獄のような学校や生々しいいじめ、なんとなく某エヴァンゲリオン的なうじうじした主人公はじめギリギリ病んでる人々、ネット界暗部の描写が、ひそやかに中高生の共感を呼んだ。
  
けっきょく、物語くさい部分が出て「フィクション」と露呈してしまうんだが。
  
絶望の世界はそれ以外にも、
「これが実際の日記だとしても、そこに書かれてるのが真実とは限らない、ウソが混じってるかもしれない」
だったり、
途中から書き手が途中で亮平から妹の早紀にすり替わったり(←もしかしたら読みたいかもしれないので一応白字反転)してるとこなんかが、ネットの匿名性や情報の不確かさにつながって興味深かったりする。
(が、とにかくシリーズが莫大でムチャクチャ長い)
  
ちなみに、
2004年5月24日
行き詰まったのか飽きたのか絶望の世界サイトはとつぜん閉鎖してしまった。「いつか出直してきます」という作者のあいさつとともに。
  
でも膨大なシリーズは例によってコピペ増殖してるのであちこちで長い長い全文を見ることができる。
  

ちなみに、絶望の世界はこう始まる。
  
序章

11月8日(日) 晴れ

今日はホームページ開設記念日です。日記を付ける決意をしました。
学校での嫌な事とかもきちんと書いていくつもりです。
僕の周りの人は僕がインターネットをやってる事を知りません。
知ってる人に見られる心配が無いので自由に書けます。
頑張ります。

classroom.jpg

対して、彼女グルムグンシュの始まりはこう。
  
6月27日
日記を書き始めようと思います。学校の人はこの事を知らないので、嫌な事とかも全て書くつもりです。
  

まあ、そういうこってす。
  
彼女はまんま絶望の世界をパクったんである。文章のタッチや書き手の名前やジェンダーな叙述トリックまで。名前くらい変えたらどうだと思うんだが。
  
  
「酒鬼薔薇聖斗は好きではありません」
  

2005年6月7日、2ちゃんねるのニュー速VIP板「絶望の世界」のスレが立った。彼女ちゃねらーだったらしく、ブログの開設時期からしても、VIP版で「絶望の世界」を知ってマネしたのでは、という。
  
そうするとなんとなく分かる。彼女のブロググルムグンシュー」「絶望の世界」二次小説、同人パロディみたいなもんだ。
だから名前もタッチも一緒ってわけだ。
  
彼女は何か書きたいことがあってブログを始めたのではなく、「絶望の世界」を自分でも書いてみたくなってブログを始めたんである。
  

さらにさらにちなみに、
彼女と名乗ることは大騒ぎするほど異様じゃない。
中高生くらいにぼくっ娘化する女子はわりといるし、ネットのような匿名状態の場ではなおさらだ。
しかも「絶望の世界」の二次使用なんだから。
  
また日記には、
彼女と7時半まで寝ていました。彼女の寝顔は子猫のように可愛いです。僕とは大違いです」(7月2日)
「君と一緒になれて本当に良かった。僕等は何時までも一緒だよね。」「一つの体しか僕等は与えられなかった。今居る僕と隠れた君(7月11日)
僕の中に居る彼女の存在を感じなくなりました。消えてしまったのでしょうか。とても寂しいです。」(7月28日)
「変な夢を見ました。僕が彼女を食べる夢です。」(8月25日)
  
とか自分の中の「女子の人格」を匂わせる文もあって、これまた「別人格がこしゅとう゛ぁ…」とかのもとになってるけども、

double.jpg

これもまた絶望の世界にかなり似たような話がある。
リアルの彼女自身じゃなくて、日記の「僕」設定の中で書いたんだろう。別人格、というより「モード」に近いんじゃないか。なりきりというか。
  

それをマスコミは、女性のコメンテーターまでいるにもかかわらず、多重人格とか解離性えーと、とか、本気に分かってないのか自分の少女の頃を忘れたのかわざとなのか、なんでかえってややこやしくしてるんだ、である。
  

彼女の日記の孕む異様さは、「絶望の世界」同人パロディ的なもんだ、と思って見るとけっこう底が割れる。
  

ただ、ゴスロリカップルの桃寿と同じく、彼女もマメにグルムグンシュー」を更新してて、少なくともリアルの行動とか、どんな考え(ウソや創作も含めて)が脳内を巡っていたか追うヒントになる。
事件後、例によってグルムグンシュー」のログは楽天によって削除されてオリジナルを見ることはできない。ただキャッシュはそのままだったし、一部のコピペが出回ってるし、化学版へのカキコやトラックバックも残ってるのでこんなこともできるわけよ。
(そこへのリンクはあえて張らないけども)
  

しゃて、
「僕」「絶望の世界」よろしくせっせと虚実織り交ぜた日記をしたため始めるが、まあ当然ながらいまいち面白くできない。
  
そこで尊敬する人グレアム・ヤングの日記を紹介してみたり、絶望の世界よろしく学校でのイジメめいたことを書いたり、女子のキャピキャピにうんざりと書いたりいろいろ試行錯誤している。
  
いじめ、とか分かりやすい要因があればまたマスコミも「教育が…親が…こしゅとう゛ぁ」を語りやすかっただろうが、どうもそんなのは少なくとも高校ではなかったみたいだ。
グルムグンシュでもそういう部分は抽象的で作りもの臭くて現実味がない。
本当は女子なのに、男子として書いてるからなおさら。
  
また彼女のクラスは理数系で女子率が低い。だから日記にあるような、

jk_3.jpg
  
周りで女子の甲高い声が響いているのが聞こえます、
「だってぇー」     
                     「クスクス」
     「キャハハッ」  
                          「あはは」
「うそォ、マジで?」
          「ほんとだよー」   「本当にあいつがノ」
   「うわっ、しんじられない!」   「マジかよ!」
               「キモ過ぎだし、」
  
の状態は無理だろう。こんなに大勢クラスに女子がいないし、あまりにもステレオタイプのアホな女子だ。
  
のちに彼女自身も警察の取り調べに「一部は創作」と認めている。
  

さらにさらにさらにちなみにグルムグンシュー」という異形めいたブログタイトルだが、
「夢の中に出てきた奇妙な単語達」という個人サイト(彼女とは縁もゆかりもない)に「2004年の夢の単語」のひとつとして登場する。それ以外にはない。
そのサイトでは、
「人間に取り憑いて精気を吸い取る、残酷で無慈悲な大地の精霊。発音的にも北欧神話に本当に出てきそうだ」
と注釈がついているが、もちろんこのサイト管理人さんの夢の中にしかいない精霊だ。
  
彼女はたぶんこれを見つけて名前を「いただいた」んだろう。偶然にしてはけったいな名前杉る。つづりは当て字っぽい。そのサイトにはカタカナでしか載ってない。
  

とまあこれだけパクりながらも、彼女はなぜか唐突に、
あの「酒鬼薔薇聖斗」になぜか「オリジナリティがない」と難癖をつけている。

skkbrs.jpg
  
7月30日
唐突だけど、僕は酒鬼薔薇少年が好きではありません。自作の詩だという「懲役13年」は、神曲等の有名な詩を切り貼りしただけの代物ですし。
  
殺人者であるところはそう問題ないらしい。
が、そういう自分も同じ切り貼りだし、実験という名目があるにせよ、やっぱり酒鬼薔薇と同じく小動物を楽しみで殺してるのだった。
  
  
タリウムを手に入れたい!その理由。

  
とはいえ、ところどころ現実らしいエピソードもある。
  

保育体験実習に行って癒されるが世話した4歳児にシカトされて寂しい思いをしたのも。
  
図書館で借りた「死体を語ろう」「日本列島毒殺事件簿」「薬物乱用の科学」「有機科学入門」という本も。

shitaiwo.jpg
(高1女子の読む本にしちゃちとあれだが)
  
西友で買った某目薬を麻薬代わりに飲んだのも。
  
酔い止め薬を通常の8倍飲んで「ふわふわ地に足が着いている感じがします。」になったのも。
  
外出の際、車にはねられたネコの死骸を見たことも。
  
これまでたくさんの小動物を(自室での)実験や解剖で切り刻んで標本にしてあることも。楽しかったけど、どうも後始末にうんざりしてることも。

kaiboutools.jpg
  

ブログがちっとも「絶望の世界」みたいに盛り上がってくれないので(そりゃそうだ)、彼女は早くも、
  
7月19日
ネット上の性別は、籍上のものとは違うものが使われることが多いのでしょうか?だとしたら、僕の罪も少しは許されると思います。
  
性別詐称を匂わせ、
8月17日には掲示板への書込みで、
「そろそろ僕は本当の事を話そうと思います」
「僕は女だ
  
もったいぶりつつもあっけなくバラしてしまう。もはやパロディは飽きたらしい。
  

以後、詩的な文章と報告書のように無味乾燥な劇物薬物萌えがごた混ぜでつづられ始め、絶望の世界色が薄れて、なんともアンバランスな日記に(彼女的には生き生きと)なっていく。
  

じゃ、これが「母親毒殺」へと傾くのはいつだったのか?
  
「グルムグンシュー」彼女は、なかなか巧妙で本心を明かさない。だから何をいつ決意したかは書かれていない、が、
  
8月9日に、塩化バリウム@劇物500g酢酸タリウム@超劇物50gを近所の薬局で注文している。
  
これがリアル界での最初の動き(らしい)。
その3日前の6日も西友の薬局へ行って「品数が少なくて思ったようにいかない」とブログでぶーたれてるが、西友でも酢酸タリウムを探したのかもだ。
  
でもなんで酢酸タリウムなのか。なんで青酸カリ砒素みたいなメジャーな毒でないのか。
  
そりゃもちろん崇拝するグレアム・ヤング酢酸タリウムを愛用したからだ。例によってマネなんである。
  
で、そのグレアム・ヤングってのは誰なんだ。
  

──つづく

【陸】 「兄は此れを見ている」 >
   
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 17:07 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

毒のたりたんか。田リラリラーんなんてのを思い出すが、そもそも、なんでグレアム・ヤングなんてのを好きになったんだったかのぅ?その御仁が誰だったのかなんてのは、当時の新聞なりネット記事なりから知っただけだが、貴公のようにマニアでなければ、そんな名前は通常知らんはずである。素縄素縄?すなわち!説破!ちょとちがう!

貴公とたり痰はかーっぺっ!その心根において通じる者があるというわけだ!同玉要ったか玉?どうだ参ったか!必殺の二段論法だ!

| 否認頭のあいつ | 2010/05/09 18:57 | URL |

Re: タイトルなし

>あいつどの

> なんでグレアム・ヤングなんてのを好きになったんだったかのぅ?

Gヤングくんは普通の女子高生のアンテナだったらなかなか引っかからんと思うが、化学オタクだとその名に行き着くのはわりとたやすいと思われ。

なぜ好きになったかはまあ彼女本人も忘れてるかもしれんが、「毒殺日記」には彼の言葉とかがたくさん載ってたから、そのへんに共通点を感じて師匠認定したのではないか。

>
> 貴公とたり痰はかーっぺっ!その心根において通じる者があるというわけだ!同玉要ったか

ぬむ。ネバダたんには何か同類めいた匂いを感じたが、タリーたんはあんまり感じんな。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/09 19:52 | URL |

グレアム・ヤングなんて普通知らないですよね。
親を毒殺っていう思考はやはりわからないですなあ。。

今日は母の日ですね。

| 志龍 | 2010/05/09 20:05 | URL |

最後の1行がよかったね(笑)
ニール・ヤングとかグレアム・キングなら聞いたこともあるけど、くっつけたやつは知らないです。
あ、べつにくっつけたわけじゃないか。

あとね、文字反転で浮き出てくることろもおもしろかったです。

と、思いっきり頭の悪い子コメントをしてみる。

そういえば今日のC新聞に「代理ミュンヒハウゼン症候群」の母親子殺し事件のことが載ってたね。
そんな病もあるんだ~と、タリウムたんの100倍くらいぞっとしちゃったよ。えらいこっちゃ。

| ash | 2010/05/09 21:24 | URL | ≫ EDIT

>>あいつどの

わしゃ「あいつ」か!

というか、あだ名で「あいつ」なんて付けられたら面白かろうのぅ。場合によってはいじめになる。

「なんだよー、おまえー。あいつのくせに-」

しかしこれからワシは「あいつ」と名乗ってみよう。

>タリーたんはあんまり感じんな。

否定するところが怪しいな。本当は好きなくせによーてれるなよー

| 否認頭のあいつ | 2010/05/09 21:49 | URL |

Re: タイトルなし

>志龍どの

> グレアム・ヤングなんて普通知らないですよね。

そうですな。ワ士も映画になったときに初めて知りました。
イギリスではマダムタッソーの蝋人形館にかざられてるほど有名人らしいです。

> 親を毒殺っていう思考はやはりわからないですなあ。。

その理由はおいおい。いろんな識者や犯罪マニアがいろいろ動機を予想してたらしいですが、すべて外れました。

>
> 今日は母の日ですね。

ああ皮肉にも。
母の日かあ。「おかあさんのいない子は白いカーネーションをつけるのよ」なんてのはさすがに今はやってないでしょうなあ。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/09 22:39 | URL |

Re: タイトルなし

>あっ種度の

> ニール・ヤングとかグレアム・キングなら聞いたこともあるけど、くっつけたやつは知らないです。あ、べつにくっつけたわけじゃないか。

いやマリリンマンソンじゃないすから。

>
> そういえば今日のC新聞に「代理ミュンヒハウゼン症候群」の母親子殺し事件のことが載ってたね。

ほーどれどれ。あれ? C新聞のサイトでは存在しない記事にされてる。
関市のやつ? それとも福岡のやつ?
ぬーと、関市のやつですかね。

ミュンヒ以下略だと自分を傷つけてるけど、代理がつくと子どもとかがえれえ迷惑になるのかー。「注目されたいけど私が痛いのはいやよ」病ですな。
なんともはや。志龍さんが激怒しそうな。

便利なウィキペディアによると、アメリカじゃ内臓摘出までされて殺されかけた娘があやうく母親大鵬で助かって、自伝まで出して虐待を摘発するルポライターになったらしいですな。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/09 22:53 | URL |

Re: タイトルなし

>あいつどの

> 「なんだよー、おまえー。あいつのくせに-」
> しかしこれからワシは「あいつ」と名乗ってみよう。

もう誰が誰だかわからんな。

>
> 否定するところが怪しいな。本当は好きなくせによーてれるなよー

3番目の予想写真のようだったら、心揺れたかもしれんがの。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/09 22:55 | URL |

パクリ全開のブログではだ~れも見向きもしませんわ。
と言うことは、オツムも底が浅いわけね。

| かあたん | 2010/05/09 23:28 | URL |

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> パクリ全開のブログではだ~れも見向きもしませんわ。

まあ当時のワイドショーとか新聞は気づかなかったみたいですけどね。
真剣に「僕と名乗るのは多重人格」とか論じてましたよ。

このお年頃ならまあパクリや二次は通過儀礼みたいなもんですから、
大目に見てやれよで済むんですけどね。

犯罪部分まで真似してしまったのがアレですわ。


> と言うことは、オツムも底が浅いわけね。

ある部分は突出してたようですなあ。勉強もできたみたいだし。
それと人間として成熟してるかはまた別の話なんですなあ。

犯罪おかしてないだけで、こういう感じで大きくなっちゃった子は意外と多いかと思われます。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/10 00:12 | URL |

>志龍さんが激怒しそうな。

し、知りませんでした。こんな病気。。
激怒というより全身の力が入らなくなります。。。。。うーん。。病気なんですか。
だけど
どんな精神状態でも虐待は虐待だよな。

| 志龍 | 2010/05/10 20:41 | URL |

Re: タイトルなし

>志龍どの

> し、知りませんでした。こんな病気。。

代理ミュ以下略。

まあ消防士が活躍して讃えられたくて自分で放火しちまうすなわちマッチポンプと似てるんでしょうね感覚的には。

> 激怒というより全身の力が入らなくなります。。。。。うーん。。病気なんですか。
> だけど
> どんな精神状態でも虐待は虐待だよな。

そうです、単なる虐待です。
さいきんどーもこまごまと病名を与えて特別視しすぎな気がするです。
災難に遭う子どもにゃ同じなんですからね。

まったく志龍どののような母親もいれば、こういうのもいるんですからねえ。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/10 23:30 | URL |

>志龍どののような母親もいれば、こういうのもいるん

私だって褒められた母親じゃあないです。
自己嫌悪に陥ることばかりですよ。
本気であんな小さいの相手に喧嘩もするし。。

みーんな、絵に描いたような良き母にはなれないんだと思います。。。


でも虐待はね、別物ですよ、やっぱり。

| 志龍 | 2010/05/11 00:37 | URL |

Re: タイトルなし

>志龍どの

> 私だって褒められた母親じゃあないです。
> 自己嫌悪に陥ることばかりですよ。
> 本気であんな小さいの相手に喧嘩もするし。。

いやいや、いいじゃないですか。
よい関係だと思いますよ。姫どのと。

>
> みーんな、絵に描いたような良き母にはなれないんだと思います。。。


絵に描いたようなよき母なんて気持ち悪いす。
いないす。幻想っす。
そういう親がいた、という人(主に男でしょうが)は都合の良い記憶改ざんをしてるんだと思います。
そういう男の彼女にはなりたくないもんですな。ワ士は男だからなれませんが。


> でも虐待はね、別物ですよ、やっぱり。

そういや昔は一家に子どももたくさんいたし、親の裁量権も妙に広くて、
虐待も、虐待ではなく「折檻」などと呼ばれていた気がします。

そう思うと、やっぱり虐待親も昔から一定数いて、
子どもの数が少なくなってきたからより目立つようになってきた、ってことかもしれません。

まあどっちにしろロクデナシどもです。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/11 01:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/48-212071a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT