PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW : 第4便【911アメリカ同時多発テロ】

*第3便
un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg



アルカイダサウジアラビア王族から多額の資金援助を得ていた」

────────“20人目のハイジャッカーザカリアス・ムサウイ


アメリカ同時多発テロ遺族がサウジアラビアに対しておこした賠償訴訟で、
2015年2月5日、原告側が証拠として提出した、服役囚ムサウイの証言。

サウジアラビア政府は「妄言」と否定している。




s22しんぞうnew

“いやーさすがに疲れました。わたしここ数年で一生分のマイレージ溜めてますよ”

un04タンパと
 
タンパといえばストリップ劇場ですからね。へ? わたしが見ると変ですかストリップ? え? スキューパダイビング? このわたしに体育会系の遊びをしろと?”

un04しかしさす 
「しかしさすが本場っつうか凄かったですよストリッパー
もうあんなことやこんなことや…」

本郷は、そんなのわざわざ国際電話で話す内容かそれ、
と突っ込むこともなく、くだらない話を聞く。

un04しらとりがこ 
白鳥が、なぜ今夜電話してきてるのか分かってるから。

un04いちねんの 
一年のうち何度かそんな日がある。

そういう日、決まって白鳥は海外にいて、
必ず国際電話で、どうでもいい話を延々とくっちゃべる。

un04ほんごうはくnew

が、本郷はへらへらとくだらない話をする白鳥が、

un04でんわのむ

電話の向こうで、どんな顔をしているかも知っている。

だから凡人のなかの凡人本郷は、
あえて今日の日付にふれず、最後にひとこと。

un04まあきょ 
「まあ、今日は、休め」

“はいはい、休みますって。あ、明日早いや、じゃっ。プツッ

さんざしゃべくり散らかして、いきなり切るのも相変わらずで。

まあ慣れた。
しかし3時間睡眠でたたき起こされるのは、
さすがにもう若くないので勘弁してほしい本郷である。

un04さてつぎ 
さて、つぎ掛けてくるのは──3月20日だろう。

いちおう電話とれるようにしとくか。


u11それじ02 
un04にしとく 
un04にしとくかnew



un04title02.jpg

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子この文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりも、根拠は創造にしてソースは妄想である。



un03titlenewworld.jpg un04titlenumber.jpg 
u00redline_g_640.jpg 
un04cpt_mosqueCalifo.jpg


アメリカ安全保障体制がどうみても時代に合わなくなってきてヤバいなんとかしなきゃという動きは、クリントン政権にもいちおうあった。

un04たとえばアメ 
たとえばアメリカ連邦議会が、テロ対策の法改正に動いたことも。

un04しんきょう 
人権が“守られすぎ”の状態を、手足を縛られてボクシングさせられてるFBIほか司法当局にもう少し円滑に仕事できるようにやわらげてやろうってな話で。

ところが、

un04フルボッコ 
この法改正の動きは、リベラルからも保守からも、イスラム系からも白人至上主義者からも、ありとあらゆる方面から総フルボッコに遭い、木っ端微塵に。

さっすが自由がアイデンティティーのアメリカ人
多少の不自由な安全より、テロで死ぬ自由を選ぶ。

un04あいこくほうより

このときの改正案は、911後に通った例の愛国法よりよっぽど生やさしく。

皮肉な話、ちょっとの公益への妥協をいつものごとく脊髄反射的に拒否ったがために、けっきょく超絶不自由を押しつけられる羽目になった自由の国アメリカである。

un03これでたun03さいゆうせん 
対テロ調整官リチャード・クラークFBI副長官補デール・ワトソン

テロ対策強化案を練り上げて、議会に追加予算を請求。対テロ捜査官情報分析官外国語翻訳専門家を計1900人採用して訓練するカネ3億8チェン万ドル也。

でも議会が認めた予算は、ぐっと絞られてわずか76人分。

しかも肝心のクワンティコの訓練所はいっこうにワトソンの望んだカリキュラム更新をやらず、たった3コマでテロ対策をさらっと済ませ、残りは相も変わらず時代遅れの捜査官心得に費やしていた。76人分の予算はどこ消えたんだよ

un04ぬーいく 
ぬー。いくら原子空母でも方向転換遅すぎだぞ。


一方、FBIの上部機関司法省トップレベルでも──

un04SNL.jpg 
Janet Reno
United States Attorney General

女傑ジャネット・リノ司法長官

の、モノマネ芸のウィル・フェレル@サタデーナイトライブ懐かし。

un04SNL02.jpg 
さすがアメリカ閣僚すらこの扱い。しかもやってるのは男芸人。
クリントン政権でキャラ立ち随一ゆえネタにされまくりである。

renodiscoparty.gif 
FBIの信じられん時代遅れにもほどがあるIT環境に長官お怒りです。

un04はんざいじ 
「データベースなんていまどき地方警察でさえ持ってるのに、FBIに無い?」
「いまどき支局間がネットワークでつながってない?」
「いまだに通信手段は電話ファクステレックス?」

un04しきょくの 
支局の端末から直接eメールもググるのもできない?」
「資料は紙ベース? 紙がデスクで山?」

un04うがー ふんがーっ
っざけんなっ、何時代だよ!

Louis J. Freeh
Director of the Federal Bureau of Investigation

稀代の無能にしてアホルイス・フリー@FBI長官
whitespace*50*50
un04あんたなん やだこの人こわいー

あんた!何年も長官の椅子に座ってて、なにやってたの?
 


un04だってえ 
「だってえ、計算機とか嫌いなんだもーん」
なに?
「え、いえ、き、今日はいい天気ざんすねえ」

un04マイシャロ

ママママーイシャロナー!

本部と各支局の共有データベースをすぐおつくりっ

un04はなしす 話するならこれでじゅうぶんじゃね?
稀代の無能にしてアホ長官フリー、自分の好き嫌いだけでIT化を排除しつづけてきたが、さすがに上司の正式な命令を嫌いだもんだけでは拒否れず。

しぶしぶしかたなくIBMに頼んでまず下調べにかかっ

un04けっかはめ 
たら、結果は、目を覆うばかりの惨劇

「世間はメガバイトの時代なのに、FBIはいまだ64バイトの世界ってw」
FBI捜査官の大半が、10代のガキよりITスキル低いしw」

un04FBIオ 70年代の最先端メインフレーム

「オフィスで70年代のデジタル設備をいまだに使ってるなんてw」
ネット環境どころかLANさえないってw」
グーグル検索も外部へのメールもできないなんてw」
「いやあ、テレックスなんて骨董品、博物館以外でひさびさに見ましたよw」

un04とちゅ 途中から理解できてないっす。
バイト? ラン? メール?

メールはわかれよ。

まー15年くらい後のテラバイトの時代からみると当時最新のシステムも相当な骨董品だけども。と書いてるのも5年後には骨董品なかんじになるんだろうけども。

un04やむなく 
やむなく3億8000万ドルの巨万予算を投入、
FBIの電脳網システムの構築大作戦がはじまる、

が、

トリロジー」と名付けられたこのシステム、名前だけ未来志向だけども、
欲張りすぎて何年も費やしたうえに、

un04さあごらん 
「さあ、ご覧下さい、これでたちどころにデータベースの検索が」

un04さあごらん 
「検索が…」

un04さあごらん 
「あ、あれ?」

しょっぱなから障害だらけで、

un04いやあああ いやあああああんッ

途中でぜんぶ捨ててやり直しの大失敗。

けっきょく本部支局の糸電話状態は、ちーとも解消されないまま。

FBI@連邦捜査局キリッと名乗りながら、その実態は全米56ある支局がそれぞれ情報鎖国状態で孤立しつつヨコの連絡もなく、自分の目と手と耳の届く狭ーい範囲でのみ、それぞれこじーんまりと動き回ってるだけだった。


u00redmaru*100


そうやってFBIがコントかよって茶番をくり広げてるあいだに、
アルカイダは着々と911への道を歩んでいた。

un03サンディ San Diego, California
カリフォルニア州サンディエゴ

アメリカ911を止められたかもしれないチャンス第2幕を逃すことになる。

un03fbiサ 
San Diego FBI field office
FBIサンディエゴ支局

「どうだ、例の若いアラブ人2人組の調査は」
「はあ、部長、とっくに監視を引き上げました」
「やめた? なぜだ、あの2人は怪しさ満点ではないか」

un04それが2り 
「それが、2人組の面倒をなにくれとみている、こっち在住のイスラム教徒がいるんですが、どうやら例のあの男らしいんですよ」

un04むーそれは 
「……むー、それはあれでなにだな。この件は見ざる言わざる聞かざるで」

この見ざる言わざる聞かざるで、
ついでにハイジャッカーズもスルーされた。


さて、ウルトラよりも15年ほど未来である現在、

911ハイジャッカーズが、アメリカでの潜伏期間中、それぞれいつどこでなにやってたか、じつは何月何日単位でかなり細かに分かっていたりする。

un04Hijackers0101.jpgun04Hijacker05.jpg 
un04Hijacker04.jpgun04Hijacker02.jpg 
彼らハイジャッカーズが偽名ではなく本名でふつうに生活していて、IDクレカ運転免許リース公共サービス利用などの記録もこまごまと残ってるからだ。

だからその行動すべてをいちいち書きおこすこともできなくもないけども、あんまし意味ないしただでさえ長いウルトラがさらに長くなる一方なんで、ウルトラでは、重要げな部分だけを抜粋する。重要げな部分っつうのは、当局の警戒網とニアミスしたときや、9月11日につながってる動きのこと。

いやこまかくぜんぶ知りたい、というなら、こちらのサイトでご丁寧にハイジャッカー全員のタイムライン(1999頃から2001.9.11まで)すべてがソース付きでアップされてる@英語であるが。

さて、911ハイジャッカーズのうち、
whitespace*50*50
u19やってい 
Khalid alMihdhar Nawaf alHazmi
ハリド・アルミダルナワフ・アルハズミ

この2人については、2000年1月から2月アメリカ入り直後が、最重要かつ陰謀論視点抜きでもキナくさいんで、ややこやしいけどスルーできないとこである。

彼らのアメリカ潜伏期間中、最もミステリアスな部分は、

サンディエゴで彼ら2人組の面倒をみてるという、

例のあの男”↓
whitespace*50*50
un04オマルア 
Omar alBayoumi
オマル・アルバユミ

サウジアラビア人留学生@ただし42歳 サンディエゴ在住

サンディエゴ州立大学経営学科で勉学のかたわら、
サウジ民間航空局の在米契約業者に勤務。

un042がつ1たち 
Consulate-General of Saudi Arabia in Los Angeles

さて、2月1日アルバユミ@留学生42歳は、旅券関連の手続きでロサンゼルス ソーテルブルーバードにあるサウジ総領事館にやってきた。

で、用が済んだんで昼メシでも食うかと、アルバユミ@留学生42歳は、

un04カルバーシ Culver City 
un04カルバーシテ 
カルバーシティ ベネチアストリート沿いのハラール料理@イスラム的に正しい材料正しい屠殺法正しい調理法のメニューしか出さない安心安全のアラブ食堂へ。

そこで、たまたま店にいたアルミダルアルハズミと、たまたま出くわす、

un04それがはな 
いやそれがね、話しかけてみると2人とも私と同じサウジアラビア人で、半月アメリカに来たばかりだというじゃないか。でも2人ともほとんど英語を喋れないし、土地勘もないし、アメリカのこともよく知らないようだし。

un04キングフ King Fahd mosque, Culver City
入国以来、カルバーシティにあるキングファハドモスクでとりあえず寝泊まりしてるけども、いつまでも厄介になるわけにもいかない、と途方に暮れていて。

un04そりゃき 
そりゃ困っているなあ、と、気の毒になってね、

un04そこでア 
そこでアルバユミ@留学生42歳は、自分の住んでるサンディエゴへ来ないかと2人を誘ってやって、応じて3日後にやって来た2人に、親切にも銀行の口座開設やアパートを借りる手伝いをしてやって、というかほとんど代行してやって。

歓迎パーティを開いて地域のイスラムコミュニティにつないでやって、アメリカでの生活のやりかたAtoZを丁寧に教えてやって、アルバイトの口利きもしてやって、
さらに当座のアパートの家賃に生活費までポンと気前よく貸してやって。

un04みずしら 
え? 見ず知らずの初対面にしては、親切すぎるって?

un04いやいやム 
いやいやムスリムでないあなたがたはそう感じるかも知れないですが、
イスラムでは当たり前のことです。

un04いこくで 
ましてや異国でしかも同郷同士、助け合うものですよインシャラー。
いやしかし、彼らがまさかアルカイダテロリストだったなんて、まったく思いもよらなかったですよ。いやほんとに。

と、

アルバユミ@留学生42歳の言い分をそのまま信じればそういうことになる。

が、しかし、

un042がつ1たち 
このアルバユミ@留学生42歳、食堂でミダルハズミ2人組と“たまたま”会う直前に訪ねたロサンゼルスサウジ総領事館で、イスラム文化部ファハド・アルスマイリという領事館員に会っていたらしく。

un04ファハドア 
ちなみにこのファハド・アルスマイリサウジ外交官でありながら、テロ組織と関係ある疑惑むんむんただよってる男で、後日アメリカ政府から外交官ビザを没収され、出禁を食らうことになる怪しい度満点の人物である。

どちらにせよ、総領事館を出たアルバユミ@留学生42歳は、
すぐにその足で“たまたま”昼飯を食うため、例のハラール食堂へと“たまたま”直行、

un04そこでアメ 
そこでアメリカに来たばかりの2人組と“たまたま”出会った。

たまたま”づくし。

んー?

まともな捜査官なら、

アルカイダと裏でつるんでる外交官とぐるの在米イスラム教徒が、テロリストを支援したんじゃねーの? つまりこいつアルカイダインフラセルじゃねーの?

と疑うのはとうぜんの流れだろう。

が、コトはそんな単純明快な話じゃなかった。

un042がつ1たち 
ここ↓からあとは911後の調査で明らかになったことなんだが。

ほじくってみると、この留学生42歳氏の周辺、いろいろうっさんくさく。

4年前からサンディエゴに暮らしている。←本当なのはこれのみで。

あとは何から何までウソっぱちだった。

在籍してるというサンディエゴ州立大の学生名簿に彼の名前はなく。
勤務先のはずの会社で一度も働いた様子もなく。

un04まなばず El Cajon
学ばず働かず、じゃサンディエゴでなにやってんだよっつうと、一日中ずっと郊外の町エルカホンにあるモスクにいたり、ぷらぷらして過ごしている。

なのに、なぜかカネはけっこう持っててやけに羽振りがいい。
そりゃあ初対面の若いやつらの生活費ポンと立て替えてやれるわけである。

un04いこくで 
インシャラーすべてアッラーの思し召しですよ

で、そののらくら生活の資金がどっから湧いて出てただが、

一度も働いてないはずのアルバユミ@留学生42歳は、なぜか給料だけ毎月2800ドルもらっていた。2000年の円ドルレートをみると、ちょうど30万円くらい。

そもそもアメリカで留学生枠の外国人が就職するのは規制で難しいんだけども、アルバユミにはアメリカ体験学習プログラムの一環として就労許可が出た。
そして期限の2年過ぎるとまーたく勤務実態がないままサウジ政府の申し入れで契約更新。もちろんその後も一度も出勤しやしないがクビになる様子なし。

un04とくめいの

さらにこんなことも。1998年には匿名のサウジ人が“慈善”で、サンディエゴムスリム向けにモスク建設費50万ドルをポンと寄付。ただし「オマル・アルバユミモスクのメンテナンス管理者として雇う」という奇妙な条件付きで。

un04それが2り 
un04むーそれは 
FBIサンディエゴ支局も、怪しすぎるアルバユミ@留学生42歳の怪しすぎる素性をかなり以前からつかんでいた。ムスリムコミュニティ内に確保してる情報屋を通して。

アルバユミ@留学生42歳はそのプロフィールが胡散臭いだけでなく、

un04ちゅうと 
中東方面へ得体の知れない荷物を送る、アパートにやたら大勢アラブ人が集まる、

やってることもあからさますぎるほど怪しかったんで。

だから@留学生42歳が世話を焼き始めた新参者のサウジ人2人の存在も、地元ムスリムに根を張る情報屋たちは嗅ぎつけていた。

アルバユミ@留学生42歳は、ロサンゼルスで“たまたま2人と出会った日の朝、出かける前に「客を迎えに行く」と言って出かけた。たまたまやないやん嘘やん。

un03でじょう 
それを聞いていた相手が、FBI情報屋だった。

アルバユミ@留学生42歳の口利きで、ハイジャッカー2人組アルミダルアルハズミは、一時的にアルバユミの友人のアパートに住んだんだが。

un04アブドサ 
じつはこの友人も、これまたFBIに雇われた情報屋だった。

サンディエゴ支局は、意外と緻密な情報網をムスリムに張り巡らせてたんである。


そこまで突き止めてたのに、じゃなんでサンディエゴ支局は、この明らかに怪しすぎるだろってサウジ人たちを腫れ物でもさわるようにスルーしたのかっつうと、

そのこころは、

サンディエゴ支局は、この胡散臭いアルバユミ@留学生42歳の正体を、

un04サウジア

サウジアラビア政府の派遣した諜報工作員、とみていたから。

u18まいけるし 
それだけでなく、CIAの下請業者としても機能してるんでないか、とも。

というのも、

CIAは法律によりアメリカ国内での諜報活動を禁止されてるんで。

un04げんみつ United Nations Headquarters 
もっともCIAは禁令をかんぜんに守ってるわけではなくて、
ニューヨーク裏支局を置き(裏支局所在地はあのワールドトレードセンター7である)、国連の各国代表団周辺とか相手にこそこそ暗躍してたりもする。

そりゃ相手国で捕まる不安にびくびくしながらスパイ勧誘するより、てめえの庭のアメリカ国内の方が有利に運びやすいしおれぁ寅さんの気持ちがわかる。

un03そんなし 
でたまにそれがバレて、FBIニューヨーク支局対テロ責任者つまりジョン・オニールが怒ってCIAに凸ったりしてるけども。

なのでCIAは法の抜け道として、同盟国の情報機関に頼んで国内での活動つまりスパイ勧誘を下請的に代行してやってもらうって裏技をつかっていた。
これまた違法なんだけども、そこまでこまかいことは言わない約束だ。

un04オイルマ 
とくにサウジアラビアオイルマネーでがっちりアメリカの権力層と結びついていて、サウジ人米国内でなにかと優遇、在米外国人のなかでも特別扱いである。
CIAとしても頼みやすい相手なわけで。

そんなかんじだから、

un04それが2り 
「それが、2人組の面倒をなにくれとみている地元のイスラム教徒がいるんですが、どうやら例のあの男らしいんですよ」

un04むーそれは 
と、聞いたFBIサンディエゴ支局捜査責任者は↓こう考えた。

un04オマルア 
@留学生42歳サウジ政府の手先、サンディエゴイスラム社会諜報活動中。

さらにCIAに頼まれて、イスラム原理主義者たちのなかに内通者つまりエージェントをスカウトする仕事も兼任中ではないかと。

ってことは、アルバユミ@留学生42歳の付き合ってる相手をFBIが空気読まずへたに追いかけたりすると、CIAエージェント求人活動を妨害することになるかもしれない、>そしたらCIA怒る ( ఠൠఠ )、>CIAFBIの政治的問題になる、>下手すると米サ政府間の外交問題にもなって、>国務省ホワイトハウスまでからんだりして、>で、めんどうなことになって、けっきょく、>手打ち代わりに中間管理職が悪いってことに、>つまりこの俺(;:゜;益;゜;)、>クビor人事査定大暴落(((( ;゚Д゚)))

なので、触らぬ神に祟りなし、スルーにかぎるぜ。

ピピッ(以上脳内計算0.01秒)

un04むーそれは 
「……むー、それはあれでなにだな。この件は見ざる言わざる聞かざるで」

という具合に、アルバユミ@留学生42歳にまつわるすべてが、FBI的に暗黙のアンタッチャブル事案になってたんである。

un03スタンun03ふつうか 
ガソリンスタンド店長にガチャ切りされただけで捜査官があっさりあきらめてしまった熱のなさもこのへんの事情があった。

だからこういう↓重大なことも、911後に遅まきすぎながらやっと表沙汰となる。

un04オサマバサ 
不可解な資金源more。
アルバユミ@留学生42歳の女房名義の銀行口座にも、
オサマ・バサンというサウジアラビア人から月々3500ドルが振り込まれていた。だいたい40万円くらい。

それもちょうどアルミダルアルハズミ米国入りした2000年1月から毎月。
 
un04その3500 
そして振り込まれた3500ドルほぼ丸っと、
フロリダ・サントラスト銀行の口座へと毎月せっせと振り替られていた。

un04りゅうがくせ 
振替先の口座名義は、ハリド・アルミダル。

@留学生42歳が親切にも口座開設を手伝ってやった銀行口座である。

un04つきづき 
この月々3500ドルの出所はどこだよとたどっていくと、

ちょっと意外な大物↓が浮かび上がる。


続きを読む
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 17:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

マジですか・・・

2000年頃にもなって、グーグル先生で調べ物も出来ないなんて、信じられないくらい遅れてたんですね。
失禁、じゃなかった。失笑ものですね。

| こまめ | 2015/04/09 22:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/447-cf76a352

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT