PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW 始発便 -続【911アメリカ同時多発テロ】

*19機目
un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg


を相手にするときは、として扱うほかはない」

──長崎への原爆投下3日後に書かれたトルーマン大統領の手紙




un01おきじ *クリック始発便前半へと戻る
「…………」

un01きみがら 
「出かける。車を」

u04ういろび 
Charles A. Willoughby
GHQ/SCAP 参謀第2部@G-2部長
チャールズ・ウィロビー少将

u01ごうどう 
合同捜査会議と同じ3日午前、ウィロビー、とつぜん首相官邸に現る。
首相吉田茂に会うつもりで。
ウィロビー吉田首相の強力な後援者なんで、
ふつうならアポなしでもマッハで会えるんだが、
あいにく、今日は風邪でお休みである。

代わりに増田甲子七官房長官と面会して、

un01しもやまけ 
シモヤマケース自殺と断定されるのは好ましくありませんな」

捜査本部公安課@PSDが出入りして捜査会議にも立ち会ってるんで、
ウィロビー捜査状況は逐一把握してたんだが、
捜査自殺方面へと流れていくのがウィロビーとしては不満。

せっかくアカ要人暗殺ってことでレッドパージさらに盛り上がって参りました、
なのに、
GHQに非情の国鉄リストラをゴリ推され、↓
かわいそうに板挟みで悩んで病んだあげく、↓
鬱って列車に飛び込んで死んでしまいました、

が真相でした、なんて発表になったら、

これじゃ盛り上がった分あまりに逆効果ではないか。
GHQひどい人みたいになってるし。

さらにこのあいだまで他殺一色だった新聞(@除く毎日新聞)が、
 >だんだん勢い弱まり自殺説優勢になって、
  >トドメは3日毎日新聞の特報「自殺と断定」、

>慌てたウィロビーである。

増田官房長官も↓初めからゴリゴリ他殺派なんで、

un01ぎょい  
「御意」

ウィロビー他殺ゴリ推しに追従する。

u00nchara_yoshida01.jpg 
吉田ジャパン@負けて、勝つはしたたたたたかで必ずしもGHQの意向にすべて従ってたわけじゃないが、下山事件始末についてはほぼ利害が一致。

さて、このあと奥の院で何が起きたか。この日おきた事実をたどると。


昼12時半──

警視庁

田中榮一警視総監、とつぜん談話を発表。

un01つづいて 
「一部新聞自殺説を断定したという報道があったが、下山事件はまだ自殺とも他殺とも決められる状態ではない。近日自殺と発表することは絶対にない」

まさに近日自殺と発表するための合同捜査会議目黒で絶賛開催中なのにこの断言。

un01そのごう 
その合同会議中の坂本刑事部長にも電話が。

un01はっさん 
「………」


八っさん、えらいこったよ!」


un01じさつはっぴ

自殺発表とりやめ?

un01じさつだん 
自殺断定の発表は、あえなく無期限延期。

un01これでいち 
これでいちばんバカを見た&ダメージ大なのは、
自殺説を牽引してきた毎日新聞、とくに平正一下山事件取材班ってことになる。

さんざ社内外から叩かれまくられつつ、
「事実を粛々と報道」を崩さず踏ん張り続け、
警視庁からのリークで、せっかく大逆転ホームランの自殺断定特ダネ打ったのに、
いきなり土壇場で再逆転負け、リーク元の警視庁にハシゴ外されちったんである。

un01なんでき 
「なんで急にそんなバカな話になるんだ?」

un01まえもっ

“前もってお詫びしておきますね。本当にごめんなさい”

un01u16それとてん 
“きっと恨まれるでしょうし軽蔑されるだろうけど、しかたないと思っています”

un01ニイタカお 
ニイタカ、おめえの言ってたのは、これか。

ケケケ……

u04けけけけ 
ケケケケケケケケ……

u05せみうるせ 
セミうるせえやこのバカヤローセミ野郎。


un01さてけいnew0218 
さて、警視庁自殺発表を中止に追い込んだウィロビー少将が、さらにもう一歩踏み込んで、下山事件を「解決」させようと日本政府に働きかけていたらしいことは、
ウィロビーと部下たちとの報告のやりとりやら吉田茂からの手紙やらからもうっすらうかがえる。あくまでうっすらなんで陰謀論とあんま変わんないが。

u03じーえいち  
「この事件に関するいかなる論評も、下山事件他殺説にもとづいて継続中であるとのべることになる」
「我々はこの事件明らかにされていないきわめて有望な一面を知っており──」


u03こうぶんしょ01 
下山氏は殺されたと確信している」
「極秘の賞金を出すことについても──」


この調子でいけば、流れからして「下山総裁殺害犯」が逮捕されたかもしれない。
もちろん日本政府GHQに好都合で、共産党労組には不都合な犯人が。


んだけども、わしら未来人は、

そうはならなかったことを知っている。
 
un01しょうしょ02 
少将閣下首相官邸へお出かけですか?」

un01きみかふ 
「君か。病気療養中と聞いたが、もういいのか」

un01まだすこ 
「まだ少しばかりへろへろしてますけど、閣下が動かれる前にひと言申し上げないと少しばかりやべえと思いまして、」

un01いきもたnew0218 
「息も絶え絶えにもかかわらず気力だけではるばる参りましたから、もし耳を傾けていただけなければ悲しみのあまり胸がはり裂けて死んでしまうでしょう」

「そのひねくれた物言いが健在ならば大丈夫そうだな」

閣下犯人をこしらえるおつもりですね?」
 
un01やめたほ02 
「そのプランを実行に移すのはやめた方がいいと思いますよ。
足立区あたりにたむろするアカに罪をかぶせるおつもりでしょうけど。
わたしとしては警視庁の発表を差し止めたところで手控えすることをお勧めします」

un01しょうしょうか

少将閣下はこれを奇貨として徹底的に共産主義者を叩きつぶす大義名分にするおつもりでしょう。でも欲張ってやりすぎれば、逆に事をし損じますよ」

un01むりおし02new0218 
「無理推しで恨みを残せば、それは澱となって地の底で熱をおびたまま、いつか最悪のタイミングで、最悪の形で噴き出すでしょう。

わたしたちは日本ディテクティブたちの誇りに泥を塗り、コケにしました。
このうえ彼らに見え透いたウソを真実と思えと強要し、
魂まで捨てさせようとしてはいけませんよ」

un01きみのこと 
「君のことだから人道的な理由で異議を申し立てたのではなかろう。訳を聞きたい」

「一見それらしいスケープゴートをみつくろって彼の者こそ罪人なりとうたい上げても、しょせんそんな下心見え見えの紛い物、いまそこにある本物の謎に比べたら、はるかに魅力に欠け、説得力で劣ります」

un01このじけnew0218 
「この事件にふさわしいのは、自殺とは断じさせない、でも他殺とも断じない、
謎は謎のまま、霧に包まれたあちら側へ送り出すことです。

シモヤマケースはそのように“おさめる”のが一番よいのです」

un01きみはみ 
「そういう君は三鷹事件の方は“おさめ”ないのかね。あれも実行犯はともかく共犯とされる共産主義者たちの捕縛に相当な無理があるようだが」

un01なぜわたnew0218 
「なぜわたしが共産主義者を助けるのですか?

そろそろわたしを理解していただきたいものですね。わたしが犯人をこしらえるのに反対している理由は、同情や司法の正義や真実を耽溺するためではありませんよ」

u04みたか0602 
三鷹脱線はじっさいに人の手で為された破壊工作で、日本国家地方警察が自らやりたいように捜査し、やりたいように犯人を捕まえました」

u04みたか10 
「ですから結果がどのように転ぼうとも、わたしにはどうでもいいことです。

u04みたか09 
たとえ捕まった共産主義者たちが冤罪で無実だとしても、
わたしは彼らを救うために指一本動かすつもりもないですよ。

しかし、シモヤマケースはそれとはまったく意味合いが異なります」

un01しょうしょうかっnew0218 
少将閣下、なぜ他殺説がこれほど世間に広まっているか、奇妙に思いませんか?

閣下、あなたは日本人の思考を理解しようといろいろ勉強なさってるようですが、
やはり難しいのかもしれませんね」

un01なぜあれ02 
「なぜあれほど鬼畜米英を叫び、燃えさかっていた憎悪の塊が、エンペラーの言葉が下されたとたん一転して敵意らしいものも見せず占領軍を粛々と迎え入れたのか。

un01なぜに02un01なぜにほ02 
人種差別に根ざした無差別爆撃で町という町を焼け野原にされ、
アトミックボムの実験台代わりにされ、

un01みんか 
民間人数十万人大量殺戮されたにもかかわらず、

un01みんかん 
なぜ虐殺者アメリカにむけて復讐心を剥き出しにすることがないのか。

un01なぜてき02 
なぜ敵将マッカーサー元帥を人気スターのように歓迎してもてはやし、連合国軍の屈辱的な間接支配を鷹揚と受け入れているのか。
すべて閣下ご自慢の民間検閲支隊の活躍の成果だ、とは思ってはいませんよね?」

「……以前、君にも話したことがあったな」

un01わたしもは 
「私を含むアメリカ軍人将軍から兵卒までほとんどの者が日本人と蔑んでいた。ジャップは人間ではない、根絶すべき害獣であると。

だが私は太平洋戦域マッカーサー元帥情報参謀をつとめるうちに、否が応でもその差別感情に根付いた認識が致命的な過誤だと思い知った。

un01アイシャル マッカーサー「アイシャルリターン(涙目」
我々はと見下していたはずのジャップスに追い立てられ、
なにが起きたのか理解できないまま極東の島々から惨めに敗走したのだ。

ところが戦争の形勢が逆転し勝ち始めると、呆れたことに同僚たちは、あれほど痛い目に遭ったことも忘れ去り、また日本人を見下し侮り始めた。

将軍たちは浅はかな憎悪と非合理な偏見によって目を曇らされているが、

un01kurofune.jpg 
日本250年の鎖国を解き、武士の時代を終えたとき、
前近代的な辺境の小国に過ぎなかった。

それがわずか30年後に大国を破り、40年後に帝政ロシアを破り、
50年後には世界の列強五大国にまでのし上がり、

un01かれらは 
そしてアメリカと戦端を開く局面では強力な機動部隊群を自力で築いていた。
決して侮ってはならぬ、底知れぬ力を秘める国なのだ。

にもかかわらず責任ある地位の者たちまで兵卒と同レベルの偏見に溺れてどうするのだ、あまりにも愚かだ。私は元帥にも具申した。

un01しつぼうd 
占領軍として日本の土を踏み、いささか失望したのはたしかだ。

un01しつぼう 
あの凄まじい日本兵はどこへ消えたのか。
日本人とはプライドを持ち合わせぬ未開で卑屈な民族だったのかと。

だがどうやらそれはこの国の一面しか見ていないとようやく分かってきた。

un01かれら 
彼らは気高く、なぜか同時に卑屈でもあり、穏和かと思えば熱狂でもあり、臆病かと思えば勇敢でもある。洗練されているかと思えば野蛮でもあり、善良かと思えば狡猾でもあり、愚鈍かと思えば明敏でもあり、賢者でもあり同時に愚者でもある。

日本人がなぜ相反する性質を併せ持つのか、それがどうにも掴みがたい。
彼らの血を引く君には自明のことかもしれんが」

un01ほんとうの 
「本当のところ、わたしだって半分も分かってないんですよ。ただこれは言えます。

共産主義者下山総裁殺したなんて誰も信じてないですよ、心の底では。

あなたがたが不可思議に思うあのポーカーフェイスの裏側で、

彼らはこうも思っています」

un01みたかの 
三鷹脱線も、下山事件も、
やったのは、アメリカ人だ。GHQ

un01ばかな 
バカな!


続きを読む
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/441-d828233f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT