PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──《參》

ゴスロリカップルと女子高生
 
 
 
「おれなら完全犯罪にできる」
 
 
ゴスロリ彼氏@18歳。
(通称すらないので他に呼びようがない)


ゴスロリ彼氏桃寿@16歳は幼なじみだ。母親同士が学生時代の友だちだった。
 
彼氏は「放送機材を扱う仕事がしたい」と芸術系大学に在籍していた。

bougeidai.jpg

でも始まってまもない学生生活はうまくいってなかったらしい。彼もまたゴスロリゴスだったという話もあり)だった。
 
 
ゴスロリ男子は、

gothloiimale.jpg

ダークサイドにいっちゃった宝塚というか暗黒系マジシャンというか、もちろん基調は黒。ゴスとのちがいは可憐さや茶目っ気があることか。
ちっとパンク寄りで鎖とかレザーを多用する男子もいるし、女子と同じメンズ用スカートでキメてる子もいる。
 
もしゴスだとすると、その茶目っ気を外してレザージャケットとか鎖とか金属とかになるんだが。
 
 
ゴスはこんなかんじ。

helraiser_2.jpg
 
 
あ、失礼しました。また別の地獄方面の方でした。
 
 
こんなんである。

gothmale.jpg

まあいろいろあるが基本シザーハンズと思っとけばそうハズレてない。
 
そんな格好、さすがに美術系の大学構内でも浮くだろう。その周りものどかな田園だし。
彼氏は大学内のゴスグループ(芸大だから少しはいるのだ)に加わってて構内を黒ぐろとねり歩いていた。
 
 
もともと彼氏「目立たない大人しい子」だった。真面目すぎる、と思う人もいた。中学では剣道部に所属してたのでもやしっ子というわけではなかったろうけど。
 
真面目で大人しくて、そして閉じている子はまたゴスや精神系の闇めいた世界に引き寄せられやすい。
 
 
どうも高校時代からそっち系に踏み入っていたようで、お定まりのように、ホラー、オカルト、犯罪実録本や猟奇殺人、殺人術の本などを買い集めたり、その手の海外サイトを泳ぎ回っていた。
殺人事件の話をしては「おれなら完全犯罪にできる」と悦にいったりしていた。
 
 
手に包帯を巻いて同級生に、
「切った。血はきれいや」
と自慢したり、
「風邪薬の成分は麻薬と同じ効き目があるんや」
と大量の風邪薬を持ち歩いてメモった成分表を見せびらかしたりした。

drg.jpg
 
 
まあなんつーか、アングラ気取りの、病みアピール君? 正直いって面倒くさいタイプだ。
 
彼の母親もさすがに妙だと感じてたらしく、事件直前、近所の人に、
「私の仕事が忙しくてかまってやれなかった。ふさぎ込んでいる」
「ちょっと不安定みたいで心配」
とこぼしている。
 
 
まだ桃寿が中3だった1月、彼女のサイトの掲示板に、彼が、
 
「死ぬ前に殺したい人間リストをつくった」
「高校最後の授業で、リストカット吐血を強行致しました」
「風邪薬を通常の三倍ほど飲んで床につきました」
 
なんて“武勇伝”を誇り、桃寿はそれに好意的に返信したりしてたから、そもそも波長が合ってたようだ。
 
 
でも、2人が恋人という関係になるのは、それぞれ彼氏彼女と別れてまもない9月。事件の2か月前だった。
 
 


ちなみに前回ふれ忘れたけれど、桃寿の好きなブランドは、プロフィールによりますれば、
 
Innocent World
alice auaaアリスアウアア
MA/MAM(MAXICIMAM)
 
Innocent Worldは甘あまのロリータ系で、MA/MAMはロリータパンクや和ゴスだったりするし、逆に魔女っけの強いアリスアウアアなんて16歳でかなり背伸びっぽかったんじゃなかろうか。
 
というかなんかバラバラなんだな桃寿の好みって。
 
 
そんな2人が親しくなる。運命だ──と2人は感じた。
 
 
 
「“死にたい”と自分酔いしてただけ」
 
 
桃寿はクラスメイトに、
「私のことを本当に理解してくれる彼氏ができた。今まで知っていた男の人と全然違う
とはしゃいだ。
「プロポーズされたけど結婚は社会人になってからの方がいいかなあ」
 
サイトの日記にも「やべー めっちゃ楽しいっす」「幸せやーそんだけー」ゴスロリにあるまじき平均的のろけを書いている。
 
 
そんな風に最初はまーありがちカップルとしてスタートしたんだが、
だんだん変なことになっていく。
 
 
kiss.jpg

ゴスロリな2人は人目もはばからず、というか見せびらかすように大学構内や駅やバス停やミスドでべたべたするようになった。まー抱き合うキスするわ。
 
 
何度もそれを見かけた中学の同窓生たちが、
「なんか異様やった」
と辟易するくらいどっぷりバカップルぶり。
 
 
もともとマイノリティで孤高なのもゴスロリの気取りだったりもするから、2人がこれみよがしに閉じていくのもまあ当然といえば当然の流れだった。周りはといえばやや呆れて遠巻きにしていた。
 
 
2人が常連だったゴスロリ専門ショップの店員の証言、

shop_1.jpg

リスカしてる子も店に来るけど、自傷行為にあこがれてるような子が多いよ。“彼氏”『死にたい』とか言ってたけど、そういう自分酔いしてただけ」(毎日新聞より)
 
 
ばっさり。
 
でもこの身もふたもない言葉こそが、このカップルを一番的確に説明していると思う。
 
 
ここで欧米を持ち出すのも嫌味だけれども、アメリカのゴスっ子の多くは社会的敗者だ。
トレーラーハウスで暮らす一家はホワイトトラッシュで、親は生活保護でアル中で、家ではDV、学校ではジョック(体育会系)に小突き回され、かといって勉強もできないからお先真っ暗。(さいきんはジョックがゴスロックのライブに行ったり、シャバい化も進んでるらしいが)
 
 
そんな絶望と比べたら、桃寿彼氏の絶望なんて、はっきりいって絶望萌え、満たされし者どものぜいたく病でしかない。
 
そんな2人が、「アナタだけなの」状態で会えば会うほど相乗効果的に深みへとはまっていく。
 
桃寿のサイト日記も女子らしいのろけが薄れ、またもや陰々滅々が増えていった。彼氏の言動に影響されたのもあるし、そう書くと彼氏が喜んだからだろう。
 
 
彼氏年上だし大学生だから、ふつうなら高1の桃寿より世界も顔も広い、いちおうは同じゴスかゴスロリ趣味の友だちもちょっといる。
だから彼女の狭い世界を広げられる存在のはずだった。
 
でもそうはならなかった。
 
どころかまるで逆。彼氏の方が年下の桃寿、というか彼女のまとう世界にからめとられてしまった。
 
 
大きな役割をはたしたのがたぶん桃寿の例のサイトだ。
 
彼氏はあんまり創造的な素養がなかったんだろう。名状しがたいもやもやを抱えていた彼氏は、桃寿のこねあげた世界(なんちゃって椎名林檎なんだが)を共有して、
 
オレの絶望はこれだ、
 
って感じにのめり込んでしまった。
しかも傍らにいるのは、その作り手にして世界を補完するようなヤンデレキャラの桃寿だ。
 
 
年上の彼なのにちょっと情けない。というかゴスだのなんだのまぎらわしい装飾を取り外せば、
 
彼氏はただのだめんずだ。
 
 
 
自壊する彼氏、優等生継続中の桃寿
 
 
恋人のせいでおかしなことになったのは桃寿だって同じだったし、べつに彼女が「殺せ」と操ったわけじゃない。
 
だいたい彼女自身は本気で家族排除なんて考えてない。
 
たしかに桃寿はサイトのプロフィールでこそ、両親を「もう大嫌いです 許しません」、父親を「うるさい(声が)」、母親を「うざい(触るな)」とかののしっている。
 
でもそれでいてリアルでは母親と流行りの“一卵性母娘”よろしく仲良く映画やカラオケ行ったり買い物したりして「楽しかった」ゴスロリにあるまじき普通の感想も書いている。
 
 
桃寿の親は、娘の変な嗜好に寛大で理解あるそぶりをしていた。とくに母親は自分もゴスロリ寄りのブランドを買ってきたりしたらしい。
桃寿的には「親にそこ認められたら逆に困るんだけど」という気分で少々やりにくかったろう。
 
 
彼女の親への敵意は、女子高生がデフォルトでいだく分を差し引いても、じつは本人がサイトで表現するほどじゃなかった。
でもゴスロリだし絶望だしリスカだから少しばかり誇張してそう書いた。「親と仲良しーみんな大好きー」じゃ世界じゃないしアホっぽいから。
で、そう書くとそんな気分にもなってくる。親うざいっ。絶望っ。
 
 
桃寿(と彼氏)が仮想世界で膨らませた憎悪はリアルとけっこう矛盾しながらも嘘ではないし、彼女内ではとくに矛盾なく両立してたのだ。
 
 
「この世は汚れている」が決まり文句の彼氏と付き合うようになってから、
桃寿は日記に、
 
「生まれる星を間違えた」
「この世界に向いていない」
「この世じゃ真の幸せなんて見つからないよ」
 
などとしきりと絶望じみて嘆いたり、
 
「愚民」
 
“自分たち以外の人間”を上から目線で罵ったりしてるが、
 
 
一方で、同じ日記にこんなことも書いてる。
『TRICK』を観て、
おもろ。」「大っ好きなのよ。堤監督ってスゴイね(笑)。上田教授相変わらず良すぎ~。」
 
「クレヨンしんちゃんのモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を観て、
「神田川。同棲時代。昭和ニズム。今のままの歳で過ごしてみたいと、ふと。んでもPCないのは辛いなぁ。もっと都合のいい時代はないのかね。昭和といえば、ボンカレー。
 
 
んー? まるでフツーのお利口めな女子高生ではないか。
 
「おもろ。」と「ボンカレー」のどこにも死や闇や深淵はありゃしない。
しかもこの日記、書かれたのは事件当日にごく近い日なんである。
 
 
もうひとつ、サイト「禁忌の接吻」の、
801 完全性向 週間少年飛躍系 想小説」
を開いてみると、
 
漫画「ワンピース」男子キャラ同士がくんずほぐれつ──
 
 
 
やおいかよ!!
 
 
 
で、プロフィールをもう一度見ると、
「(好きな)アーティスト」で、マリリン・マンソンやそっち系よりなにより一番にあるのが、
 
mmjbodyartist.jpg
 
 
 
 
 
 
 
ちがうだろ。
 
 
 
 
 
 
そこはそうじゃないだろ桃寿
 
 
 
あのゴスロリで尊敬する人は連続殺人鬼でリスカで絶望してる桃寿、それは偏差値高めの器用な脳でちょい背伸び気味にやらかし演出されたもので、
 
彼女の本当の素顔は、
 
T.M.Revolutionが好きで、「TRICK」の脱力ギャグにお腹痛くなるくらいコロコロ笑って、「クレヨンしんちゃん」に「昭和いいかも~」素直に感動して、やおいな二次小説書いてンムフフしてる、
 
ごくごく等身大な16歳の女子なんじゃないのか。
 
 
イライラや不満はあっただろう。でも絶望なんて言うほどしていない。
サイトにある暗黒界な言葉も厭世観も、どこかから借りてきて味つけしただけだ。で、その借りてきた絶望に酔っていた。
 
 
でも、それはべつに悪いことじゃないんである。
むしろ表現することで脳内のマグマを昇華できてんだからある意味正しいのだ。たぶん桃寿はそうした身のこなしかたを体得しつつあった。
 
 
 
でも彼氏の方はそんなに器用じゃない。
本気だった。
 
 
 
【肆】2人だけの耽美で素敵な結末 >
 

追記/ここに掲載した桃寿のサイト画像(黒地)はミラーサイトで、オリジナルとはデザインが違う。オリジ画面の一部を貼っておく。ずいぶんとイメージが変わる。

diary002.jpg

桃寿サイトオリジ

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 15:48 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

思い出しました!
ここまで読んでやっと思い出しましたです。
新聞に載っていた、お友達の証言で鮮明になりました。
ふぅ~。。

この前のコメントに子を持つ身として辛いって書きましたが、この事件はさほど親心は揺さぶられません。
子供というにはちょっとね、特に男は。
なんて馬鹿なことをという気持ちだけで
佐世保のときみたいな新聞を持つ手が震えたりニュースから目を背けたいような気持ちにはなりませんでした。

しかし。。。いえ、続き待ってますねー。

| 志龍 | 2010/05/03 17:22 | URL |

Re: タイトルなし

>志龍どの

> 新聞に載っていた、お友達の証言で鮮明になりました。

そうなんすよ。この事件、ゴスロリとか自傷系サイトとか装飾は豪華(?)なんですが、そのへんを取り除くと、基本的にまあバカップルの話なんですよね。

>
> この前のコメントに子を持つ身として辛いって書きましたが、この事件はさほど親心は揺さぶられません。
> 子供というにはちょっとね、特に男は。

ワ士も今回は調べるほどに冷徹な気持になっていきます。病み自慢のバカップルなんで。


> 佐世保のときみたいな新聞を持つ手が震えたりニュースから目を背けたいような気持ちにはなりませんでした。

佐世保のはねえ。あれはとてもとても悲しかったです。
調べるほどに「誰も悪者がいない」でしたし。

> しかし。。。いえ、続き待ってますねー。

ありがとうございます。
しばしお待ちを。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/03 21:51 | URL |

バカップルなんだけどさ
相当響き合っちゃったんだね、この2人。
互いに影響されまくり。

恋愛で自分が開いていくってのならわかるけど
閉じていくんですね、こういう人たちは。
にゃるほど。
まあ……オタクなんだよね。つまるところ。

>「死ぬ前に殺したい人間リストをつくった」
「高校最後の授業で、リストカットと吐血を強行致しました」
「風邪薬を通常の三倍ほど飲んで床につきました」

ごめん、どれも爆笑しちゃった。
ちいさい。。。小さすぎる。。。。。。

| ash | 2010/05/03 23:45 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>あっ種度の

> 互いに影響されまくり。

まあ確証がないので本文では書いてないですが、あのサイトのネガティブな内容は、彼の言うことの受け売りというか、彼のご機嫌をとるために彼女の文才で体裁整えてたような気がします。

なにしろ事件後、彼女のサイトや、彼の芸大のゴス仲間のブログなんかは見つかって、結構荒らされたりしたみたいですが、
肝心の彼にはなにもない。だから彼の言動の記録は極端に少ないんです。

まああんまり言葉にするのが得意じゃなかったんでしょうね。

芸大生なのに表現力がない彼にとっちゃ、彼女は自分の熱い「思想」を形にしてくれる打ち出の小槌みたいなところがあったかもです。
それで2人してますます変な方へと凝り固まってしまったんではないかと。

彼女は…、まあこういう背伸びして「人と違うの」的に気取ってる子は案外薄っぺらいやつにコロッとだまされますからね。

まあ確証がないんで予想ですが。


> 恋愛で自分が開いていくってのならわかるけど
> 閉じていくんですね、こういう人たちは。
> にゃるほど。
> まあ……オタクなんだよね。つまるところ。

あれですよ、孤独が好きだけど寂しガリヤ地方。えーい、寂しがり屋さんなんですよ。


> >「死ぬ前に殺したい人間リストをつくった」
> 「高校最後の授業で、リストカットと吐血を強行致しました」
> 「風邪薬を通常の三倍ほど飲んで床につきました」
>
> ごめん、どれも爆笑しちゃった。
> ちいさい。。。小さすぎる。。。。。。


駅前のミスドで一体どんな会話がやりとりされてたんだろ。選民的な感じかな。愚民ども的な。

そういうこと言うならまず実家から出ようぜ2人ともってかんじですわ。


さて、このあと、さらにさらに「は?」な展開になっていきます。


調べるほどに切なくなった佐世保の事件とはえっっっらい違いで、調べるほどに呆れる一方。

|  noriaky231(仮名  | 2010/05/04 01:05 | URL |

ゴスロリ系とTMってめっちゃ親和性ありますよ。そっち系に馴染みがないとわからないかもですが下手したら椎名林檎よりTMのが全然ゴスロリ世界に近いです。
↑批判やディスりじゃなくこうなんですよ〜ってだけの話です、いつもめっちゃ読ませて頂いてます!

| | 2017/05/22 15:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/43-df370100

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT