PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラ:16機目【911アメリカ同時多発テロ】

*15機目
u00modoru.gif u00mokuji.gif u00tojojin.gif u00shiryo.gif u00nenpyo.gif



「なんだか、鉄道のことでみんながギャアギャアいってるらしいが、
鉄道とオレとがどうしたっていうんだ

「なぜ、なんでもかんでも、Z機関に結びつけようとするんだ」

「みんなと同じようにオレも何も知らないんだよ



──ジャック Y. キャノン@「キャノン機関からの証言」延禎著より



u16_1title_ultra_0.jpg

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
白鳥百合子ニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌこの文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりは根拠は創造にしてソースは妄想である。



ultra_map_middleeast_s.jpg ウルトラ 中近東・東アフリカMAP


u16cpt_futarino010101.jpg

u14ひとりも02 
「ひとりも逃がすな」

u14いけっ

GO!

u14ふんち 
u12はいは 
u14ばり03 
u16ふみこ 
u16あてんてん 
「あ、あれ……」


u14ふんちっぽけな 
オーニシ、どうなった、突入したのか? してないのか?」
「はあ、すでに突入はしました、少佐殿

u14よしじ 
「なら早く女を連れて来い、2分で済むことをなぜのろのろやってる」

u16それがし 
「それが、少佐殿、少しばかり、

u16きみょう 
奇妙なことに──」

u16んおま02 
un28おーこっnew0611

u16んおまえ 
「ん? おまえ、たしか──」


u16CISPSD0202.jpg 
CIS-PSD民間諜報局公安課ユージン・ハットリ中尉であります、少佐殿

u16さくせ 
「作戦遂行中だ、民政の者が邪魔をするな」

「申し訳ありませんが、そのご指示には従いかねます、少佐殿
「なんだと?」
辞令であります、ご覧下さい」

u16いぎ 
イギリス王立海軍本部委員会アドミラルティボード上級情報アタシェニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌ極東委員会及び合衆国連邦行政府特使代理に任じ、最優先かつすみやかなる連合国軍最高司令官総司令部への出頭を命じる辞令であります」

u16しょめ 
「署名をご覧下さい、少佐殿

u16Pa.jpg

u16Pat.jpg 
Patrick Shaw
パトリック・ショー
対日理事会イギリス連邦代表

W.J.Siebold
ウィリアム J. シーボルド
GHQ/SCAP外交局長および駐日政治顧問代理
および対日理事会アメリカ合衆国代表

E.M.Almond
エドワード M. アーモンド陸軍少将
GHQ/SCAP参謀長

u16つまりイ 
大英帝国政府代表、
アメリカ国務省代表、
聯合国軍最高司令官総司令部の序列2位、

要するにお偉いさん3人の署名入り辞令、

キャノン少佐殿におかれましても本辞令の遂行にご協力願います」

u16ほんら 
「本来ならば、ウィロビー将軍にお届けしたうえで、正規の指揮命令系統において少佐殿に伝達されるのが筋ではありますが、すみやかに、とのことでありますので僭越ながら直接お手許にお持ちしました。

むろん、あくまで段取りを踏めとおっしゃるのでしたら、
只今よりウィロビー将軍の裁可を仰ぎに参ります、が、

u16しかし02 
しかし、少佐殿としても、そのような形で
ウィロビー将軍のお手を煩わすのは望ましくないのでは?」

u16きさま02 
「きさま、中尉の分際でおれを脅すつもりか」

u16いえわ 
「いえ、私が申し上げているのではなく、本辞令に記載されていることであります。すみやかなる遂行にご協力いただけましたら、今回の件一切も不問となるでしょう」

u16オーニ 

u16オーニシ 
「……オーニシ大尉
「サー!」
全員撤収!

u16なんで 
イエッサー!

u16なんでこ 
u16なんでこん

なんでこんな丸っと作り話感もろだしで、キャノン機関ことZ-ユニットがむりやり登場して、その筋ではお馴染みのヘンリー大西ビクター松井までわざとらしく勢ぞろいしたかというと、ぶっちゃけそうでもしないと下山事件に関わってこないから。

u16キャノ

キャノン機関(とか**機関みたいなの)が下山事件実行犯、と言ってるのは、
矢田喜美雄松本清張平成三部作みたいなイマジネーションか、
自称“関係者”“共犯者”たちの裏付けもナシの“暴露”や“告白”だけなんで。

u16cannon.jpg 
キャノンとその配下は、GHQスパイマスターウィロビーG2部長の肝煎り、
のはずなんだけども、
創設以来、なにしてたかというと、例の豪奢な本郷ハウスで華麗なる要人パーティの宴会部長とか、余録の密貿易に精出してたとか、どうでもいい話は数あれど、

かんじんの情報収集スパイ確保養成の方面で成果らしいものもなく。
職域の重なる上部機関CIC@対敵防諜部隊からも悪評だらけで。

はっきりいえば使えねーやつらだったってことで。

ん? 秘密機関だからなにしてたか知られてないのは当たり前キリッ?
いやいやちゃんと知られた活動ありますよ、大々的に。

u16キャノンき02鹿地事件 
役立たずの汚名返上しようと焦ったのか1951年に左翼作家鹿地亘を拉致、脅して二重スパイにしようとするがうまくいかず、かといって殺すのもできず、だらだら1年監禁しつづけた挙げ句けっきょく逃げられてぜーーーんぶ世間にバレてしまいました、

という隠密組織として間抜けの極みを披露、世間にその名が轟く。

このときのずさんな動きから彼らの実力もうかがえるんで。

キャノン解任帰国すると、当局2か月も拘留、
国際的大事になった鹿地事件、さらに下山事件松川事件との関わりも本国に疑われてたらしくしつこく尋問される憂き目に遭った。
謀殺論者の「キャノンにはなんのお咎めもなく」はウソか無知で、
じっさいはけっこうな目に遭ってひいひい言ってたんである。

キャノン機関にかぎらず、ウィロビー自慢のなんちゃら機関の数々は、
どれも実態はこんなかんじ、見かけ倒しだった。

そんなウィロビーポンコツ諜報団も、GHQ防諜部隊も、そしてCIAも、

アメリカ極東に張り巡らせた(つもりの)諜報ネットワークは、

u16このよ02

この10か月後に爆裂バーストするこれ↑を、予知できなかった。


u16はっさ

八っさん、急にいなくなっちまったね、あいつら」

u16ああど 
「ああ、どういうこった、なんの手品だ」

u16ミスニ

「あ、ハットリ中尉が戻ってきたよ」

u16ミスニイ 
「ミスニイタカ、遅くなって申し訳ない」
 
un29チカチカnew0611 
「手紙を読んだのがすでに夜だったので手配が遅れてしまった」

u16ちょっぴ02 
「ちょっぴりハラハラしたけど、助かりました、ありがとう」
「撃たれたケガは?」
ディテクティブハチベエディテクティブイワオが救ってくださいました」

u16いやーヤ 
「いやーヤヨイさんってすごく偉い人だっんだなあ」

u16しかしキャ 
「あーしかしキャノン少佐が問い合せれば、すぐに辞令の署名があなたの書いた偽物だと知られてしまうが、いいのだろうか」

おい、ハッタリかよ! バレたらやっべえだろ」

u16あのお 
「あの男にそんなヤブヘビの度胸はないから大丈夫」

u16びょうい 
「病院へ行く車を用意してある。連中が戻ることはないと思うが、急ごう」

u16お2りとも 
「お2人とも、とんだ騒ぎに巻き込んでしまいました」

u17もとはと 
「もとはといやおれを助けてそうなったんだ。気にせず養生しな」

u16それとてん 
「それと……前もってお詫びしておきますね。本当にごめんなさい。きっと恨まれるでしょうし軽蔑されるだろうけど、しかたないと思っています」

「あ? なんのことだ?」

u16メガネ 
u16メガネを02 
u16メガネをな 
「メガネを直してくれて、ありがとう」

u16きみら

u16きみらに 
「君らにも迷惑をかけた。割られたガラス代はこれで足りるだろうか」
( ・ิ ω・ิ)うわあ、こんなに? いやーありがた…」

u16ほどこし  
「いや中尉さん、施しはいらねえよ。人として当たり前のことしただけだ」
(´◉◞౪◉)ノあ……(あの…八っさん、割れたのオレんちのガラス…)

u16それはし すっ
「そうか、それは失礼した」
(*TーT)ノえ……」

u16こんごnew0510 
「今後、君たちがあの連中に煩わされることはない、と保証する。
だから君たちも今夜のことは忘れ、余計な詮索はしないことだ」

u16これはこ 
「これはGHQ警視庁担当官の任務の一環──じゃねえですよね?
中尉さんはあの女とどういう関係なんです?」

u16めにみ 
「目に見えるものだけが世界ではない、とだけ言っておこう。

彼女の生命を救ってもらったことには感謝する」


u16いっち 

「──行っちゃったね、ヤヨイさん」

u16まえも 
「……前もって詫びる、──とは、なんのこった?」

u16はっさ 
「でさ、八っさん、あのう、ヤヨイさんと、き、きキッスって本当?」
「なんで蒸し返すんだてめーは! なんもやってねえって!

「えー、あんな美女がしてって言ってるのに、しないはずないよ!
「おめえと一緒にすんな! 弱ってるケガ人につけこめるか!」

u14ふんち 
「あ、あ、あとヤヨイさんの、お、お尻に何したの?」
「尻もなんもねえっつーの! こら金井! 他で言ったらぶっ殺すぞてめー!ってあーっ、気づけば帝銀のこと聞かずじまいじゃねえか! 金井!てめーのせいだぞ!」
「な、なんなんだよ、知らないよそんなの」

u16あのとき02

u16あなた02 
「ふふ、よくできてるなあ」

u16あなたら02

「ミスニイタカ、あなたらしくもない」

「え、やっぱり楊枝と糸でつないでると変かな?」
「いやメガネの話ではなく……」

u16バック 
バックアップもなしに危険を冒すとは。あやうく命を落とすところだった」

u16あなたらしnew 
中尉、今回はあなたにも無理をさせてしまった、ごめんね」
「え、いや、まあ、それは、別にかまわないが」


──あのとき、ニイタカが詫びたのが「なんのこった」か、おれが知ったのは、

u16あのさわnew


──あの騒々しい夜から何日か経った、昭和24年の8月3日だった。


The last week of July. 1949
昭和24年 7月 最後の週──


u15あんたいnew


The last week of July. 1998
1998年 平成10年 7月 最後の週──


u16あのさわnew

「応えろ、ユリコシラトリ

u15shiratori.jpg

「どうして50年前の写真にあんたが写ってるんだ

u15こたえろユリ 
シラトリ、おまえは何者なんだ」

u16あなたらしnew 
u16あなたら02 
「……気づかれてしまってはしかたないですね」

u16わたしじつnew 
「わたし、じつはタイムマシンでこの時代にやって来たんです」



u16マジ






u16マジか 
「……マジか

u16うそnew 
嘘です




u16マジ






u16マジか




u16ごら

ごらッてめー! ふざけんな!

「反応遅いですよ」

u16そんnew 
「そんなことあるわけないでしょ。なに真に受けてるんですか?」

u16はなしが 
「話がそれだけならもう行きますね、急ぐんで、じゃ」
「あ、おいッ、まだ話は終わってないぞ」

u16このフnew 
「このフロアは、日本国総領事館の宿舎ですよ。つまり日本領と同じです。そこでアメリカ法執行機関のかたが何をもってわたしを引き留めるおつもりで?」

u16ちっ 
「ちっ」

u16ワケの 
「ワケの分からない理由でわたしのこと嗅ぎ回ってるヒマがあったら、」

u16そうさチ 
u16そうさチー 
u16そうさチームnew 
捜査官アフリカに送る準備でも始めたらどうですか? ミスターやる太郎

u16プシ プシュー

アフリカ? なんのことだそりゃ?」

u16ってあま 
「って、あ、待てごらッ

u16ヤルた 
やる太郎じゃねえ! ジョン・オニールだ!


その翌週──


u04赤銅丸01 


Friday, 7 Aug. 1998
1998年8月7日 金曜日

3:30 a.m. EST
アメリカ東部時間 午前3時半ごろ──

u161030am.jpg 
アメリカ安全保障関係者は、急を告げる電話でたたき起こされた。

10:30 a.m. EAT (3:30 a.m. EST)
東アフリカ時間 午前10時30分ごろ
アメリカ東部時間 午前3時30分

Nairobi, Kenya
ケニア首都 ナイロビ

u15bombong0303.jpg

u16ナイ 
u16やられたnew 
(やられた!)

u16ナイロ02


その9分後──

u15しゅうだん 
10:40 a.m. EAT
東アフリカ現地時間 午前10時40分

u15ざいタ 
Dar es Salaam, Tanzania
タンザニア旧首都 ダルエスサラーム

u15bom_20140731150043b69.jpg 
u16ナイロビとダ

ナイロビダルエスサラームの我が国大使館テロと思われる爆発


5:00 a.m. EST
アメリカ東部時間 午前5時──

Washington D.C.
ワシントンD.C.

u16Whi.jpg 
White House West Wing
ホワイトハウス ウエストウイング

u16のち 
the basement
、の地階

“Situation Room”
シチュエーションルーム
u16たいしか0202 
大使館付近でトラックによる自爆テロがあった模様」
ナイロビでは大使館員死者が出ています」

Richard A. Clarke
Counter-terrorism coordinator for the NSC

リチャード・クラーク
NSC@国家安全保障会議 対テロ調整官
u16くそユ0101 
(くそッ、ユリコの予感が当たったか)

ブシュネル大使が負傷、生命には別条ない模様」
バートリー総領事死亡との情報、まだ未確認です」

u16アメリ

ナイロビの現場一帯で大規模な火災が発生」
アメリカ人ふくむ死傷者多数、ボディカウント増え続けています」

u16199.jpg

大使館隣の民間ビルが倒壊し、数百人生き埋めと──」

u16ナイロビで 
1998 United States embassy bombings
在ケニア・在タンザニア合衆国大使館同時爆破テロ

u16FEMA.jpg

FEMA@連邦緊急事態管理局消防2チーム派遣を頼む。現地の救難医療支援を」
空軍エアフォースは、救急輸送機ナイチンゲールと、人員設備を運ぶ輸送機の手配を」

u16エアフ 
国務省国外緊急支援チームを両国に派遣し、大使館のサポート」
FBI証拠収集班を早く現地入りさせたいだろう。現地の警察では限界がある」

u16ふそ 
「不測の事態にそなえ、警備力の強化も必要だ。大使館付の海兵隊員だけでは心許ないだろう。国防総省東アフリカ方面に急派できる部隊は?」

u16かいへ 
海兵隊反テロ支援チームなら、すぐ出動可能だ”

u16FBIのし 
CIAから警告がきました。アルバニアウガンダルワンダ在外公館テロの恐れがあると。すみやかな一時閉鎖避難を求めています」

u16CI.jpg 
CIAは私がテロの可能性を知らせても、あり得んと鼻で笑っていたではないか!)

u16あのく 
「あの…、空軍給油機がいま故障中だそうです。
修理終わるまで輸送機1機も飛ばせないと」

u16てんてん 
「……………」
(お、怒ってる……)

そんなこんなでアメリカの救援は大幅に遅刻、
最も早く現地入りした救援一番乗りはイスラエル軍だった。
おかげで「イスラエル米大使館にあったイスラエル的な秘密を手に入れようとした」などとイスラエルだけに陰謀論がぶたれることになる。


John P. O’Neill
Special Agent in charge of the National Security
in the FBI New York field office

ジョン・オニール
@FBIニューヨーク支局 国家安全保障主任特別捜査官
u16くらー0101 
クラークか、おれだ、ジョン・オニールだ。アフリカテロニューヨーク支局でやる必要がある。これがアルカイダなのは十中八九まちがいないだろ」

u16しかしも 
「が、問題が一つ生じてな。副長官ワシントン支局でやるって譲らないんだ。

こっちじゃとっくの昔にビンラディンアルカイダどもを起訴してるから法的にも準備万端、予備知識のある特捜班もただちに派遣できる、いまからやっと予習はじめるワシントンよりこっちがやるのがいちばん合理的なんだ」

u16つまりきみ 
「つまり君の有利に運ぶべくピカード副長官に圧力をかけてくれ、というんだな」
「おいおいディック、もっとちっと優雅な表現で頼むわ。おれは今から司法長官デール・ワトソンにも電話して後押し頼むつもりでいる」

ジョン、やりすぎて敵を増やすなよ」
「おお、分かってるさ」

クラークに始まり、ジャネット・リノ司法長官@FBI長官のさらに上司、デール・ワトソンFBI副長官補@対テロ・防諜本部長──オニールの広い交友関係を活かしたパイプとコネのかぎりをつくして直訴ゴリ推しまくった結果、

ニューヨーク支局捜査権をゲットアイウィーーーン!

u16ったくあ 
「ったく。当ったり前だっつうの、手間とらせやがって」

だがとうぜんオニール的なやり口は不満と怨恨を呼び、

オキテ破りの裏口直訴やったペナルティーで、
今回オニール本人のアフリカ行きは許されず。

u16あっち 
「あっ、ちくしょーッ

まあ、ちくしょーッだけで終わればまだよかったんだが、

ゴリ推した分、凹まされて恨みをいだく人間↓もいるわけで。

Thomas J. Pickard
FBI Assistant director
of the Criminal Investigation Headquarter

トマス・ピカード
FBI副長官@刑事本部担当
u16オニールめえ0202 
「おっのれええオニールうううう、恥かかせおってええええ、
こおおおおおの怨み晴らさでおくものかあああああああああ

u05どこみ 
希代のアホにして無能↑ルイス・フリーFBI長官お気に入りの舎弟ピカード副長官
とうぜんながらフリー閥と真反対の暴れ馬オニールを快く思ってない、

>ってとこへもってきて、この件でアンチオニールスーパー完全体へと進化。

u16バルス 
バルス! オニーーーール、バルス! バルスバルスバルス百億万回!


u04赤銅丸01 


u16オニールのた

オニール“ただちに派遣できるキリッ”はウソじゃなく、
爆発からわずか8時間後には、捜査官第一陣が、空路アフリカへ。
さらに第二陣、第三陣も──、

u16いいかて02 
「いいか、てめえら! ケニアアフリカだ、野生の王国だ、赤道直下だ、
だからクっソ暑いと思ってるだろう」

u16だがい02 
「だが、意外やナイロビ、昨日の最高気温24度、最低気温は12度!
ぜんぜん暑くねえし! 高原で涼しいんだぞ! だから風邪ひくなよ!」

u16ながそ 
「歯磨けよ! 宿題やったか? 風呂入れよ!」

u16またら 
また来週!

さらに続々と人員投入、のべ500名体制というFBI史上最大の海外捜査となる。
捜査官関連職員はそこらじゅうのオフィス出張所からかき集められ、慌ててパスポートを取って空港に駆けつけた捜査官もいた。

u16ダルエ 
ダルエスサラーム 在タンザニアアメリカ大使館

死者11人。負傷者85人。その全員がアフリカ人。

大使館駐車場に停まったニッサン・アトラストラック自爆
でもたまたま大使館の建物とのあいだにいた給水トラックが盾になり。
おかげで大使館自体の被害爆発のわりに小さく、アメリカ人死者0人。

u16だがナ

だが、ナイロビの現場はそうはいかなかった。

u16たいしかんう 
大使館裏の敷地入口ゲートにトヨタ・ダイナトラックが突っ込んで爆発。

u16これま 
これまた大使館から少し離れていたのと、建物が頑丈だったんで、
壁面も窓もすべてぶっ飛ばされて内部もメタメタだけども建物は持ちこたえた。

u16だがとな 
だが隣の7階建て民間ビルウフンディ合同ビル」はそこまで頑丈じゃなく、
大使館の建物から跳ね返った衝撃波も食らって、一瞬でつぶれた。

ビルには秘書学校があり、授業中の少女たちも瓦礫の下敷きに。

u16りんせ02 
西側の高層ケニア銀行ビルはもちろん、1キロ四方の窓がこなごなに吹っ飛び、数千人が割れたガラスに引き裂かれて負傷150人以上が失明した。

u16さらにど 
u16だがナイ 
高熱帯びた爆煙はハイレセラシエ通りに押し寄せ、通勤客満載バスも巻き込まれ炎上。さらにアスファルトに引火、道路も炎上、何日も燃え続けた。
 
u16だがとなり 
まもなくケニア国軍ナイロビ警察が駆けつけたが、彼らの受けた命令は、
被害者救出じゃなくてアメリカ大使館警護。

一般市民が素手で瓦礫をかき分け、生存者を救出しようとがんばるのを、

u16たいしかんのま 
下でぞろぞろぼさーっと眺めてるだけの兵隊さんとおまわりさん、
というシュールすぎる光景。これがアフリカ。

u16ケニ

救出は手間取り、重機も来ないし、瓦礫の下でわずかな生存者も息絶えていく。

u16それでもきせ 
だが、それでも奇跡的に、

u16それでもきせき02 
u16それでもきせきて 
4人生存者が瓦礫の下から助け出された。

u16ししゃ2

ナイロビ死者213人@うちアメリカ人12人負傷者4500人。

u16ししゃ2101010101

ナイロビダルエスサラームあわせて死者244人負傷者5000人以上──


続きを読む 
 


【追記】
さて7月26日以降数日間、事件激情(主に放置状態のミラーサイト)の、
過去のある回にコメントが短期集中して吃驚した件であるが。

0726.jpg

例の事件で改めて10年前の事件も知りたい人が多かったらしい。検索ではミラーサイトの方がよくかかるらしく。そっちはずいぶん前から更新してないんだけども。

となりのトトロ」がテレビ放映されるたびにこれまたずいぶん前の狭山事件と都市伝説の回にちょこちょこコメントがあったりもしたけども、こんなに一気呵成は珍しい。
今回それだけみんなさん精神揺さぶられるものがあったんだろう。
少しでもお役に立てたかしらん。

u16_1tm03.jpg

とはいえ、今回の、
同級生を殺害したとして逮捕された高校1年の女子生徒15)主語長げーよ」は、
10年前ネバダ11とは似てそうで根っこからして違ってるような。

u16_1tm02.jpg

なんつうか2時間サスペンスだったら、「設定あざとすぎ、リアリティなさすぎだから脚本書き直し」って怒られるだろってくらい異常のてんこもりで、
次から次へと同級生を殺害したとして逮捕された高校1年の女子生徒15)」一家の個人情報が躍り狂うたび、逆にみるみる興味が薄れつつある。

事件激情に欠かせない「凡庸さ」がなさすぎでみるからに変なんで逆に。

u16_1tm.jpg

どのみち情報も錯綜してるからもう少しときが経たないとやれないだろうけど、うーんたぶんこのままだとやんないだろう。まーそう思ってたオウム真理教サティアンズになったりもあるんで予定は未定なんですけどもね。

にしてもネバダ回を改めてみると字が多くて画像少なっ。
そりゃ今のほうが更新にやたら時間かかるわけだ。
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 16:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/08/14 09:52 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/427-33a67cb2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT