PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラ :15機目-結び【911アメリカ同時多発テロ】

*14機目
u00modoru.gif u00mokuji.gif u00tojojin.gif u00shiryo.gif u00nenpyo.gif

u15_3modoru 15機目-続きへと戻る


u15ナイロ02 
New York
Consulate-General of Japan

ニューヨーク 日本総領事館

u15mu0202.jpg 
、に居候中の白鳥百合子のもとには、今日も数多くジャンク情報が集まる。
ほとんどはゴミとガセばかりだが。

u15どうやって 
どうやってジャンクの海から有用なネタを拾い上げるのか聞かれたことがあったっけ。
でも自分でも説明しようがないんだよねえ。

u15なんてい 
なんていうかふつうに見てると、なんだかそこだけ妙に引っかかるというか気になるというか、そのくらいしか言いようがないし。

u15というかん 
というかんじで引っかかる妖怪電波が、今日も──

u15アリーモnew

アリー・モハメドナイロビで再会した”

このメモ書いた彼、んーと名前なんだっけ、えーと若ハゲの…元米陸軍軍属でいまは警備会社駐在員つまり傭兵。日付は先週。
…で、名前……若ハゲ……あーダメだ若ハゲしか出てこない。ま、いいや若ハゲくんで。

それで、と。んー? アリー・モハメド

u15ってだれnew 
って誰だっけ? 猪木ボンバイエ?

なんでこの名前が引っかかったんだろ。



あ、そっか、これと似たのを前に見たような。

u15えーと 
えーと。

──あ、っと、これだ。
 
ナイロビアリー・モハメドと再会した”

はら?

u15なにこれおnew 
なにこれ同じメモじゃん、まぎれた?

あ、ちがうや、こっちは3年も前の日付だ。

で、先週のほうの若ハゲメモは、『数日前にナイロビ市内に滞在中、“3年前にアリー・モハメドと再会した”のを思い出した』という、あんま意味なさげな内容。

u15hand.jpg 
若ハゲくん、それ思い出したのはなぜ? アリー・モハメドの名を連想させるものを見たか? 聞いたか? 当時と似た状況に置かれたから?

異国で旧い知人を何年か前に見かけた、のを思い出した、なんて些細なことをわざわざ情報メモに残したのは、会ったときの印象が強かった、それもよくない方に。
でもそれ感じたのは無意識だったからこんなメモになった、と。

そんなとこだろな。

u15せんしゅうnew 
軍属若ハゲ氏が怪しいアリー・モハメドを見かけた場所は──ナイロビ市内の……

ん? この住所、見覚えある。

u15んーやっぱり 
ああ、やっぱりそうだ。

ヘルプ・アフリカ・ピープル」の事務所、そのすぐ近く。

去年8月FBIダン・コールマンが捕まえたワーディフ・ハッジ@アルカイダ連絡係、そいつが隠れ蓑にしていたインチキNGO。

u15これってぐnew 
これって偶然なんかね?

若ハゲくん連絡つくかな。いまアフリカって何時かしらん。

u15finger.jpg 
げ、しまった、宛名若ハゲで送っちゃったじゃん。怒るかな。


アリー・モハメド↓──はというと、

u15Ali.jpg 
Ali Abouelseoud Mohamed
アリー・アブデルスード・モハメド。

エジプト陸軍兵士
アメリカ国務省およびCIA入国禁止リストに記載。
のちアメリカ陸軍に入隊、軍曹で退役。
FBI協力者候補だったが契約に至っていない。

u15んーち 
んー? ちょっとちょっと。
なんで国務省CIAブラックリストに載ってるキミが米軍入隊できたのさ?

u15アリーモハ 
アリー・モハメド
アメリカナショナルセキュリティのザル加減を体現するような男なんである。

サダト大統領暗殺のあと隠れジハード団だったのがバレて、エジプト軍クビ。1984年ザワヒリの命令でCIAハンブルグ支局に取り入って二重スパイを狙うも、>すぐバレてクビ。CIA国務省ブラックリストに載ったのはこのとき。

u15welcomeus.jpg 
>ところが、CIAがまぬけにも、
協力者の特典「ビザなし入国資格」を取り消すのを忘れてたんで、
アリー・モハメド、堂々とそれ使ってあっさりアメリカ入りに成功。

>さらにオリエンタルな熱い求愛に弱そうなヤンキー娘をナンパ、>結婚、まんまとグリーンカード@米国永住権ゲット、なに食わぬ顔でカリフォルニアに住み、

u15なんとこ 
>なんと今度は堂々とアメリカ陸軍U.S.アーミー入隊。

将校以上は米国籍が必要だけど、下士官なら永住権でオッケーなんで。

ただ本来ならこの時点で国務省ブラックリストが効いてはじかれるはずが、
の採用窓口ではまーたく気づかれもせず。

u15bkきんにくT 筋肉Tシャツ
にしても、アラビア語英語フランス語ヘブライ語もできるマルチリンガル、誰とでも親しくなれる高いコミュ力、格闘技に秀でた強じんな肉体、なかなか優秀。

これアイマン・ザワヒリの子分なんて不毛なことやってないでぜんぜんふつうにサクセスできたんじゃないの?と言いたくなるようなアリー・モハメドは、

u15ほんら 
u15ほんらい 
イスラム教徒という出自を買われてジョン・F・ケネディ特殊戦センター&スクール中東イスラム文化コースの講師も任されたり評判良いよだったが、

じつはその裏では、特殊戦スクールトレーニングマニュアルを持ち出し、

u15じつはそ 
堂々とキンコーズでコピー、

u15げりら 
u15げりらせ 
u15げりらせん 
ゲリラハイジャック爆弾製造・攻撃誘拐暗殺兵站暗号諜報──

という物騒な不正規戦テクの数々をアルカイダ軍事訓練キャンプに横流し、

2013110221432799b001.jpgu03せいせんしょうれい 
アルカイダ軍事訓練を玄人レベルに引きあげたり、アメリカ国内でもブルックリンジャージーシティで例の盲目の導師アブドッ・ラフマーン配下イスラム集団の若いムスリムを訓練してテロリストに育てたり──、

イスラムテロリストの戦闘力アップに、まあ事実上米陸軍が貢献してたわけで。

u15ali_ak.jpg 
じつはこのときFBIニューヨーク支局盲目の導師一味を監視中、ロングアイランドの射撃場で彼らにAK47の射撃を教える“教官アリー・モハメドに出くわしてる。
FBIは「誰だこいつ?」と追跡かけるが、あえなくまかれて失敗、

米陸軍退役したアリー・モハメドは、シリコンバレー警備員しつつ、
こんどはFBI国防総省への就職を画策。

自己PR>「アラビア語尋問翻訳できます」「アルカイダのこと教えます」

でも当時は窓口になったFBIサンフランシスコ支局アルカイダを知らんのでスルー。ただしいちおう協力者リストに追加して今にいたる。

u03たわーはにほんu15time.jpg 
のち93年盲目の導師アブドッ・ラフマーン一味はワールドトレードセンター地下爆破テロNY5大ランドマーク爆破テロ未遂でとっ捕まる、【3機目】

97年にはアルカイダ連絡係ハッジの電話帳に名前が載ってたんで、
FBIが聴取したこともある。

が、どれもアリー・モハメドは逃げのびた。

そして今年、'98年2月ザワヒリアルカイダと合体すると、子分アリー・アブデルスード・モハメドも自動的にアルカイダの中の人に。

u15にして02 
にしても、こういうテロ組織スパイ米軍特殊部隊の機密をふつうに持ち出せちゃってたこと、さらに下手するとFBIに就職できちゃってたかもしれなかったこと、

俯瞰して各機関・各部局の持つ情報をつなぎ合わせれば、たちまち二重スパイアリー・モハメドの本性を見破れたはずなんだが。

CIAFBI(の支局同士も)、米陸軍国防総省の横の連絡がまったくだった。

そのヤバさを当時は誰も指摘せず、というか気づかず。

u15mail02.jpg 
あ、きたきた。傭兵若ハゲくんの返事。

“> to 若ハゲくん from シラトリ
……↑(T_T)”


……うーごめんすまん、ホントわたしが悪かった反省します。

u15texts.jpg

“なぜ急にアリー・モハメドを思い出したかは説明できない”
まあそりゃそうだよね。
“彼とは特殊戦スクールのとき以来だったと思うが、とくに親しい仲でもなかったしナイロビでは声もかけなかった”
“思い出したのは、先週街でアラブ人を見かけたからかもしれない”


“あのときアリー・モハメド観光に来ているようで、カメラをいくつも下げていた”

u15あちがnew 
……カメラ──ぬーむ。よくないシグナル。

特殊戦の知識もある元軍人で、テロ一味かもしれない男が、
カメラを手に街にいて、観光なんて──するわけない。

u15アリーモハメ 
じつは3年前のそのとき、アリー・モハメドスーダン時代のアイマン・ザワヒリに命じられ、観光客のふりしてナイロビ市内のアメリカ大使館フランス文化センターノーフォークホテル@イギリス系資本、イスラエル大使館国際空港イスラエル国営エリアル航空事務所を撮影、立地や警備レベルを偵察していた。

u15pko.jpg 
当時内戦ソマリアの治安維持に派兵介入してたのが米英仏イだったんで。

が、いざテロ決行、の前に例のブラックホークダウンPKO自体がソマリアから撤兵しちまってテロの大義名分がなくなっちまったのと、ビンラディンが金欠>スーダン放逐で散っざんになったんで、>ペンディングになってたのが、>資金の目処がつき、この6月にお題目だけグローバルジハードに変えて再起動、

アルカイダ聖戦士10数人がひそかにケニア入り、
ナイロビに潜伏して着々と準備を進めている。←今ここ

そういうアラブ人たちを市内で見かけた傭兵若ハゲ(T_T)がアリー・モハメドと同じ不審さを意識下で感じとり、あのメモを書いた、
のかもしれないが、

そもそも傭兵若ハゲ部分はまったくの創作なんでさだかではない、

──なんてことまではさすがの白鳥百合子もまだ知らないんだけども。

u15noslev.jpg 
うーん、

こんなうすらぼんやりしたネタ送られてもクラークは困るかもしれんけど──、

u15いいや 
いいや送っちゃえ。ポチッとな。

それと──

u15もしもしこ 
「もしもし、国テロ白鳥ですけど。はい、お疲れ様です。
今からニューヨークナイロビ行きの明日の便って手配できます? ……どこのナイロビ、ってケニアにあるナイロビ! ……だからアフリカのケニア!

u15was.jpg 
Washington D.C.
ワシントン

NSC@国家安全保障会議対テロ調整官リチャード・クラーク宛に、
白鳥百合子からのメールが届く。

u15ナイロビ

エジプト人の元米陸軍下士官
イスラム過激派との関係が疑われる”
“数年前、ナイロビ市内で目撃される(観光客を装い、テロの下見していた?)”
“数年前の目撃情報になぜ緊急性を見出したかについては──
──ということなんだけど、裏付けはなし、まだ妄想の段階、あいまいでごめんよ”


u15うー 
うーん ←白鳥の予想どおりの反応

NSC仕切り役クラークのPCには国際テロ関連の報告が毎日集まるが、

なかでも白鳥百合子の「思いつき」は最優先で対処することにしていた。
それは白鳥の超人じみた情報仕分け力に一目置いてるってのもあるけども。
それ以上にとある感情も混じってのことなんだが、本人まだ気づいてない。

u15けれどもこ 
とはいっても、こればかりは漠然としすぎてどうすればいいのか。

彼女にしてはこんなあやふやなままネタを寄越すなんて珍しい。
つまりそれだけ緊急度の高い臭いがするということか。

u15とりあえ 
とりあえず国務省ケニア首都ナイロビでのテロ関連の動静を警戒するよう促し、CIAにもあわせて通達。FBIアリー・モハメドの所在確認を求めた。

この情報量でやれるのはここまでだった。
世界は広いのだ。


じっさいそれの兆しはちらほらとあった。

だが↓こういう風にすべて見逃しちまうんだが。

見逃すと言えばもはや代名詞のCIA

u15まずち 
1年も前にアルカイダを名乗るエジプト人在ケニア大使館にやってきてCIA局員に「大使館への爆弾テロ計画がある」とタレ込んでいた。

もっとも、1年前の時点だと、
まだビンラディンが貧乏すぎて計画が凍結中だったのもあってウラとれず、

CIA「信頼できないガセ」
スルーしてサクッと忘れた。

万事がこんな調子で、CIAは、98年の時点でもはやガセマジネタの仕分けもウラ取りもロクにできなくなっていた。
このドン詰み状況はこのあとさらに加速度的に悪化していく。


そしてもうひとつのガン、国務省

u15pru.jpg 
在ケニア大使プルーデンス・ブシュネル
国務省幹部には珍しく誠実な善意の外交官で。アフリカ担当副次官補としてソマリア内戦ルワンダ虐殺をなんとか止めようと、海外派兵にやる気のないクリントン政権のなかで孤軍奮闘して(そして負け続けて)きた苦労人だった。

彼女もやはり前年からテロ大使暗殺の情報をキャッチしていて、

にもかかわらず、在ケニア大使館立地構造テロ攻撃に対してあまりにも無防備すぎるから移転なり改修なりしてくれと再三、本国の国務省に訴えていたが、
国務省は無視スルー。

u15bkAlbright.jpg 
業を煮やしたブシュネル大使はついにオルブライト国務長官に直訴、
>が、長官も聞く耳持たず無視スルー。

ついに米中央軍司令官アンソニー・ジニ海兵隊大将も現地を視察して、

○民間ビルと隣接、○駐車場が地下で、○道路から近すぎ、○敷地の縦深も短く、○ナイロビ駅が近すぎて雑多な階層がつねに付近を行き来、

「たしかにこりゃ危ないわ」と専門家による調査協力を申し出るが、
>なんとこれも国務省は「間に合ってます」と断っちまい。

なんでこうなるん?というと、予算不足プラス外交文化ってやつのせいである。
大使館はその国の人々との交流の場。垣根をつくらずオープンであるべし。高い塀めぐらせ要塞化なんてとんでもないキリッ」っつう。

u15pru02.jpg 
アフリカにずっと関わってきたブシュネルからしたら、そりゃ理想はそうだろうけど、そんなん現場としちゃあまりに甘すぎのお花畑なんで。
だからブシュネルは粘りに粘り、やっと98年3月国務省は改修に応じる、しぶしぶ。

が、「予算まだつかないんでちょっとタンマ」
とまたもや放置プレイで待たされる。
春が過ぎ、7月が終わり、

u15August.jpg

8月に入っても。


u04赤銅丸01


u15あらミ 
「あら、ミスター一発ヤル太郎
その名前やめろばかもん

u15なにかごnew 
「急ぎのご用? 今から出かけるんですけど」

u15クラー 
クラークはあんたのことを信頼し切ってるようだが、おれはそうはいかんぞ」

u15こいつはあ 
「見ろ、こいつはあんたが公文書館であさってた機密解除文書のひとつ」

u151949ね

1949年──今から50年前GHQ文書だ」

u15マッカ 
マッカーサー総司令部のな。問題はこれに添付されてた写真だ」

u15なんであ 
u15なんであん

「さあ答えろ。半世紀も前の写真に、

u12おしゃu12おしゃ03 
u12んあれ 
u15なんであんたがう 
u15shiratori.jpg

なんであんたが写ってるんだ?

u15こたえろユリ 
「答えろ、ユリコ・シラトリ

u15あんたい

「おまえ、いったい何者なんだ?


u04赤銅丸01


Friday 7. Aug. 1998
1998年8月7日 金曜日

ヒジュラ暦1419年 ラビーウアッサーニー月13日目

10:30 a.m. EAT
東アフリカ現地時間 午前10時30分

u15タンザ 
Dar es Salaam,
دار السلام
Jamhuri ya Muungano wa Tanzania/United Republic of Tanzania

タンザニア旧首都ダルエスサラーム

タンザニアイギリスの旧植民地で、独立後もイギリス連邦の一員。
宗教はキリスト教徒イスラム教徒それぞれ3割ずつ、残りは土着宗教という国柄。

u15そのニ 
そのニッサン・アトラストラックの荷台には、

u15TNT.jpg 
TNT火薬主体の高性能爆弾硝酸アンモニウム詰めの肥料袋、

u15それとい 
その破壊力を高めるための酸素ボンベガスボンベを積み込んでいた。

u15しゅうだん

集団礼拝の曜日であり、正しきムスリムモスクに集まっているはずだ。
そうではない不心得者が巻き添えとなっても当然の報いである」


u15ひがしア 
タンザニアの公式な首都は国会のあるドドマだが、
いまも実質首都のダルエスサラーム官公庁経済も集中。

もちろん各国の大使館ダルエスサラーム市内にある。

u15そのひ 
そのひとつ、

u15ざいタ 
U.S. Embassy in Tanzania
在タンザニアアメリカ大使館


同日同時刻──

そこから900キロ北の、

u15ケニ 
Nairobi,
Jamhuri ya Kenya/Republic of Kenya

ケニア首都ナイロビ

ケニアも元イギリスの植民地で、独立後もイギリス連邦の一員。公用語は主に英語、
国民の4割プロテスタント3割カトリックで、キリスト教が多数派。イスラム教徒6%とマイノリティ。

東アフリカ経済の中心で、人口200万人の最大都市。
国際機関外資企業アフリカ事務所も多い。

u15けっこ

決行時刻は守られねばならない。
異なる場所で同時に殉教突撃を成し遂げるのは、
非常に困難である。だからこそ──」


u15トヨ

「──全世界に我々の闘う力、信仰の強さを知らしめることになるだろう」

u15トヨタダ02 
トヨタ・ダイナトラックの荷台には山積みの肥料袋、

u15トヨタダイ 
の下に隠された、TNT火薬+硝煙アンモニウム+アルミ粉末900キロが。

u15ざいケ 
u15ナイロビち02 
目指すはナイロビ中心街シティスクエア
ハイレ・セラシエ通りモワ通りの交わるロータリー交差点北西、

u15ざいケニ 
U.S. Embassy in Kenya
在ケニアアメリカ大使館

u15アッラーフ 
u15アッラ 
u15アッラー

u15アッラーフア 
u15アッラーフアク

u15アク

アッラーフ!

u15アクバ

アクバル!

u15bom0202.jpg  
u15bombi04.jpg 
u15bombong0303.jpg



16機目 2人の女 | 戦斧 トマホーク911アメリカ同時爆破テロ】へとつづく
u00mokuji.gif u00tojojin.gif u00shiryo.gif u00nenpyo.gif
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/426-b120a534

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT