PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラ : 14機目 ─続き【帝銀事件】

*13機目
u00modoru.gif u00mokuji.gif u00tojojin.gif u00shiryo.gif u00nenpyo.gif


u14けいさ_zenpenhe  
14機目 前半へと戻る



日本にあるファイルのうちひとつだけは、決してご覧になれないはずです」

───────ユージン・H・ハットリ@元GHQ/SCAP民間諜報局公安課
────────「帝銀事件の真実 平沢は真犯人か?」ウィリアム・トリプレット著




u14_2title*584

帝銀事件をめぐる背景と経過、警視庁による満州第七三一部隊および第九陸軍技術研究所への捜査は公開された情報にもとづく。
平塚八兵衛成智英雄伴繁雄黒字紫字赤字の人物はすべて実在するが、
一部の会話や行動はちっとばかし変えている。
彼らの属する国家、官公庁、組織団体もすべて実在する。
ただしニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌは、架空の人物であり、
実在する人物や出来事との関わりはすべて創造全開、ソースは妄想である。



u14_2cpt14kime.jpg ─続き 
u14_2cptmimei.jpg



「調べてみればいい。あの男↓以外にやれる者はいない」

あの男↓犯人だよ」

u14すわさ 
諏訪三郎@軍医中佐

昭和13年から関東防疫給水部に配属されていた初期メンバーである。

東大出身 51歳
すこぶる優秀な医師
スマートな紳士

人相体格などモンタージュ写真目撃証言とぴったり。

ともに働いた同僚たちによると、

u14パピ 
パビナール中毒で頭おかしいサイコパス。

昭和18年東京第一陸軍病院に配属、
19年七三一部隊チチハル支隊出向を命じられる、
が、薬物中毒がバレて待命処分に。

それから静岡に住んでいたが、

u14bkmachiga.jpg

1945年@昭和20年6月静岡大空襲で焼け出され、

それっきり行方知れず──。


警視庁は、帝銀事件重要参考人として
「元軍医中佐 諏訪三郎」の手配書を全国各警察へむけて送付した。


u00緑丸


さて七三一部隊が、BC兵器実験数千人殺した悪魔の飽食軍団だったかどうか。

成智の遺稿から元隊員の言葉は引用してるものの、ここまで七三一的に有名なビジュアルすら1コも引っ張ってこないのはなぜかっつうと、
 


u14ぷろ

左右というか愛国売国のプロパガンダに汚染されすぎで、
もはや真相なんてわかりようもなくなってるからで。

u14ちゅうご 
中共が再建という時点で胡散臭さただよう基地遺址

写真捏造、犠牲者数の水増し、妄想、創作、怪しい証人、一をもって十の否定、悪意あるレトリック、資料の誤解誤読誤訳、資料の意図的な曲解誤読誤訳──

u14731ぶた 
基地址「731部隊罪証陳列館」の生体実験再現粘土人形 ネタ元はあの「悪魔の飽食」だ

──無数のスパムがあふれかえらんばかり、真実なんて紛れてしまった。

u14kobashi02.jpg 
従軍慰安婦、南京大虐殺、従軍慰安婦、靖国神社、強制連行、関東大震災朝鮮人虐殺、従軍慰安婦、従軍慰安婦、朝鮮進駐軍、従軍慰安婦──
そのへんと同じ類の香ばしさがここにもある。


ただし、今回の事件激情的には、その真偽よりも、

GHQ的には731部隊ネタってどうだったよ?」

この一点のみが重要なとこで、

なので、

いちおうプロパガンダ抜きにして、帝銀事件がらみで事実
と言えそうなのが↓

u14ぴんふぁ 
平房ピンファンにあった資料記録は、終戦時に廃棄され、物証が残っていないこと、

*だから証人(元隊員含む)が現れても、語り部状態なだけで裏付けがないこと、

成智警部補の手記によると、聴取に対して幹部級を含む複数の隊員
 「非人道的な行為を語った(が、特命捜査で公的記録がない)こと、

u13ぶたいち03 
部隊長石井四郎が、死んだふりするほど戦犯訴追をおそれていたこと、

*が、けっきょく隊員はひとりも戦犯にならなかったこと、

u14じっさいにほ 
*じつは日本軍細菌戦研究は、米ソより遅れ気味で低レベルだったこと、

*ただし、隊員の持ち帰った「臨床記録」「病理標本スライド@8千枚」は、
 アメリカ(とソ連)にとってもなかなかの価値があったこと、

米軍大金15万円)を出してこの病理標本隊員から買い取ったこと、

それを報告したウィロビー少将の署名付>陸軍参謀本部情報局長宛書簡も実在、公開されている。俗説「研究成果提供と引き替えに戦犯免責」っつうほど単純な話じゃないようで。

u14きみつか 
*ちなみにこの病理標本の“摘出元”は、半分以上が日本人で、
 平房ピンファンでの生体解剖なんかではなく、単に大陸各地での
 防疫部隊としての病理解剖だった可能性が高いこと、

u14beiso.jpg 
このときすでに米ソ冷戦はじまり、BC兵器開発競争も始まっていたこと、

ソ連側の目論見として七三一部隊戦犯法廷に引っ張り出して、
 裁判を名目に細菌戦研究の成果を丸っとごっつぁん(゚д゚)ウマーを画策中、
 とうぜんアメリカ側はその狙いを分かってるんでのらりくらりしていたこと、

てのもあってアメリカ的には「731」にまつわる人間や記録が、
 日本司法の場で、しかも大量殺人事件がらみで
 俎上にのせられるのはあーんまし好ましくなかったこと、


というのが事件激情界な事実として。

帝銀事件には、とくに印付き最後の3つが、大きく影響するんである。


そう、たとえば、↓こんなかんじに。


──1948年@昭和23年 8月下旬 警視庁

u14それではち 
「その件については了解しました、イートン中佐

「合意が得られてなによりです、チーフフジタ

u14じけんがそ 
「それでは、事件の一日も早い解決を願っています」

u14へん 
u14へんり02 
u14へんりい

部長居木井です」
 
u14ぶち02 
「一刻を争う重大事で参りました」

u13そうさほ 
「──かくかくしかじかで、平沢貞通逮捕状請求をぜひ許可いだきたく」

u13だめも 
「…………」

「あの、部長、どうされました?」
「あ、いや」

u13よし10ま 
「……よし、10万損してみるか。捕まえて来い」


のち機密解除されたGHQ文書にも、731部隊とか特務機関から手を引けと警視庁に圧力をかけたなんて1行も書かれていない。
もちろん上の藤田イートンの会話もソースは妄想だ。


u00緑丸


おかしい。

なにが変わったんだ。

死にものぐるいで犯人を追いつめ、
裁きの場へと引きずり出すまであと一歩、
目前まできたのに、


──8月22日 日曜日 毎日新聞


帝銀事件の有力容疑者、
 
小樽で逮捕

u14ひらさ

「はぁ? 平沢画家?」

「なんで名刺班ごときがしょっぴくんだ。冗談だろ」
「ただの画家犯人のはずがない、誤認だ誤認、すぐ釈放になるさ」


──8月23日 月曜日 朝日新聞

堀崎捜査1課長「このていどの容疑者は毎日扱っている、シロ七分クロ三分だ」


──8月24日 火曜日 朝日新聞

首実検の結果、平沢氏の容疑は薄らぎつつあり、
家宅捜索の有力な手がかりもなく、シロ八分クロ二分。


──9月2日 木曜日 毎日新聞

詐欺の被害者四人が画家犯人と確認


──9月6日 月曜日

平沢貞通逮捕から半月後──

藤田刑事部長私邸で内々の秘密捜査会議がおこなわれ、そこになぜか、

u14こい 
民間人ながら、伴繁雄@元9研技術少佐伊那から上京して出席。

毒物青酸カリ」って話が会議で出た。
だが、その場にいたが異を唱えたり、青酸ニトリールとか口にした様子はない。

伴繁雄は、のち伊那でおこなわれた出張裁判でも、
帝銀事件で使われたのは古い工業用青酸カリと確信している」
しれっと証言した。

アセトニアシアノヒドリンなんてもの最初から影も形もなかったかのように。

40そうさうち 
捜査打ち切り? なぜですか」

u14とうめ 
「当面平沢一本にしぼり、他の捜査は打ち切ることとなった」

と同時に、「諏訪三郎軍医中佐」の指名手配もひっそりと取り下げられ、


──そして9月27日 月曜日

u13とうきょうち03


平沢貞通強盗殺人起訴するとお聞きしましたが」

u14とうき 
東京地裁刑事部東京地方検察庁合同庁舎

平沢ではあり得ません。あれは特殊な毒物です」

u14ひらさわで 
犯人化学知識のある者で、七三一部隊捜査が、いま核心に迫っており──」

u14なるちけい 
「──あーきみ、成智警部補といったか」
「はい」

u14そこま 
「もう結構。余計なことを言うな、帰りたまえ」

 ↑
高木一@東京地検帝銀事件主任検事

平沢自供させ>起訴有罪へと運んだ、いわば冤罪派の怨敵である。

u14bkkenji.jpg 
アバウトすぎる事実関係の組み立てとか、無罪を示唆しそうな事実関係時系列すべて無視とか、さらに上司出射検事@刑事部長による検事聴取書偽造疑惑とか、

あれだけ謎めかされてきた毒物についても。
市販で手に入れた青酸カリウム
「自分は飲んだふりでごまかした」
しゃらっとふれただけで、すがすがしいほどさくっとスルー。

当日のアリバイも、「炭団を受け取りに来た」という次女の証言は「家族の証言だから」っつう理由で無視、自宅で「炭団を持って帰ってきた平沢に会った」という米軍下士官@三女の男友だちは唐突に帰国、>裁判でも証言も求めずスルー、

かなり無理矢理な裁判だったのはまーたしかにそうで。

u14yamiichi.jpg 江戸東京博物館 闇市ジオラマ 
じつは高木検事帝銀事件摘発のちょっと前に闇市利権がらみの訴訟で、GHQの意に染まない結果を出してしまい主任検事を外され、>失点になっていて。
つづけざまにGHQの機嫌を損ねるのは避けたい立場だった。

で、ここでうへーにがー(>皿<)説につながるんだが、

u14さらにじ 
じつは高木検事平沢より前に、
平沢の知人、能口ヒロシ@仮名という人物を取り調べている。

u14のぐ 
歯科医能口ヒロシ@仮名

能口@仮名平沢貞通と同じテンペラ画会に属していて。
歯科医薬物の専門知識もあって。
しかもかつて特務機関に所属したこともあって。

u14さらにせ 
さらに生存者村田正子の証言もあって。

平沢貞通の面通しでも一貫してブレずに「犯人と違う」と言い続けた彼女は、
能口ヒロシ@仮名の顔を見たとたん震えだして、

u14これま 
「これまで見た人のなかでいちばん犯人に似ています」

という具合に、画家平沢よりよほど犯人っぽいんであるが、

にもかかわらず、能口ヒロシ@仮名はすぐ放免となった。

高木検事土地カンはあったが識カンがなかった」
というのが放免理由。

この怪しい歯科医能口ヒロシ@仮名の存在は、ずっとあとになって再発掘され、
のち複数犯説の主役に躍り出る。

安田三菱未遂2件=平沢帝銀事件主犯=能口@仮名、という設定で。


ところで、最初の最初っから無関係な平沢犯人に仕立て上げたれ、
という極悪フレームアップ大作戦が推進されたか、というと、
そうそう善悪すぱっと割り切れるもんでもなく、

GHQ司法の民主化にこだわっていて、平沢には当時まだ珍しかった起訴前弁護士がつけられた。また例の怪しい大金10数万円についても、
高木検事春画を描いたことがあるか」といちおう水をむけてはいる。

u14korsa02.jpg 
ところが平沢コルサコフ症候群からの虚言症作話症のせいか、
 >とにかく検事にも大小無数の嘘に嘘を重ね、
  >それがことごとく裏取り調査で嘘と分かる、
   >じゃ、本当のことを言います、>それも嘘、>を繰り返し、
 >「義弟に合わせてもらえばすべて話す」と言うんで望み通りにしたら、
  >義弟の前で「ぼくは潔白だ」と壁に頭ぶつけて流血自殺未遂
   >検察捜査本部が振り回され、悪印象がより強まっていき──
 >さらに、巷で平沢シロが強まり、
  >市民団体弁護士会誤認逮捕で訴訟をおこすなんて話も湧いてきて、
   >司法の面子からも引けなくなり平沢を意地でも有罪に──

──という流動的な側面もあったりして。

u13すりが 
ちなみに、平沢<怪しい、のきっかけとなった「スリ扇子」だが、

じつはちょっと後日談がある。

のち「電車内で扇子をスラれた」という扇子の持ち主が名乗り出たんである。

扇子は本当にスリ平沢のポッケに放り込んだものかもしれず、
すると「スリは自作自演」は八兵衛の見込みちがい、になるんだが、

じゃあ松井名刺とかさらにややこしやになるんだけども──まあこのへんで。


ちなみにこの高木検事、この5年後──

s17札幌市警警備課長 
札幌地検次席検事として、奇しくも、


s17同じく自転車で 
s17白鳥事件01

あの白鳥事件のこれまた疑惑の法廷を指揮することとなるんである。


検察がそうとうに“やらかす”集団だってことは、ここんとこのスキャンダルで完バレしたんだけども、帝銀事件のときもま

おや、こんな遅くに誰か来たようだ


u00緑丸


「おとうさん」

u14おかね 
お金の出所を言えないのなら、私たち家族も、
おとうさんを犯人と疑うことになるけど、

それでええの?」

u14ええの02 
「…………」

u14ひらさわのつ 
平沢両親は翌年相次いでこの世を去り、はまもなく離婚して旧姓に戻り、長男は失踪、三女は結婚して渡米、次男は母方の籍に入り、一家は散り散りとなった。


u00緑丸


u13へんり ヘンリー・イートン中佐@公安課警察行政官
事件解決、オメデトウゴザイマス」

u13じけんかいけ 
「不可解にも近い障害を克服して帝銀事件を、
見事に解決したことは世界でも類例を見ない」

u14しょせん 
しょせん、刑事など──

u14むりょく02 
──無力な駒か。


今回、きほん成智警部補目線なので「これぞ事件の真相」みたくなってるが、
一歩引いてみますれば七三一部隊捜査こそ思い込み一本で突っ走ってる感強し。

そもそも七三一の本分は細菌戦研究青酸カリは専門じゃないし、
もちろん物的証拠はゼロ、諏訪三郎最有力容疑者にしたのも根拠は、

怪しいヤツだってみんな言ってたから怪しい

でしかない。

そんなん状況証拠以下の印象証拠でしかなく。
むしろ登戸研究所方面のほうが技術的背景のつじつまも合うんだが。

GHQ旧軍系への捜査をやめさせた(らしい)理由も、帝銀事件犯人に迫ったからってより、単に731が世間(とソ連と手先の日共)に広まってほしくない、

──っつうところだろう。陰謀ロマンは低いけども。

ところで、その成智真犯人認定された「諏訪三郎軍医中佐」なんだけども、

u14じつは7 
じつは、七三一部隊名簿には諏訪三郎という名は載っていない、
どころか帝國陸軍ぜんたいの軍医名簿にすらその名前は見当たらんである、

諏訪姓の軍医佐官も、
諏訪敬三郎軍医大佐諏訪敬明軍医中佐七三一とは関係ない2人だけ。

しかも諏訪敬三郎
>医者は医者でも精神科で、毒物を扱い慣れてる医者とはいえない医者。戦前戦中は国府台陸軍病院の院長で、帝銀事件捜査にも協力していた。

もう一人の諏訪敬明
三菱安井帝銀事件のころ、九州小倉開業医。往診に連日駆け回っていた。
新幹線もないし航空便も極少激高だった当時、東京博多間は連合軍専用の最速特急ですら片道28時間もかかり、

u14いっば 
一般向け列車は買い出し客であふれんばかりでいつ乗れるかわかんねーしで。

じゃクルマならどうよっつうと、このころ自動車は一般にまだ普及していない。モータリゼーション到来前、国内に高速自動車道路は存在せず。名神高速道開通が1965年東名高速道1969年山陽道にいたっては1997年ようやく開通である。さらに本州を東西に分ける関ヶ原は当時の自動車の性能では超難所。現代のように東京-小倉間を12時間前後で走破、なんて夢のような未来の話だった。

(ちなみに下山事件でも交通事情を完全に現代の感覚で書いて自爆してる陰謀論本もある。いかに事実に基づかずテキトーな想像だけの嘘かもろバレなんである)

つまり往診の合間に関東九州往復して犯行なんてどこでもドアなければ無理状態。

なので、
諏訪三郎軍医中佐」は成智の記憶違いか、仮名のつもりだったのか、それとも成智の脳内にしか存在しない諏訪さんか、もはや永遠に分からない。

ちなみに成智の手記によりますれば、公訴時効成立後の1970年@昭和45年に、諏訪中佐の本籍地に照会したところ、「昭和34年福岡で死亡」だったそうだ。


u00緑丸


──12月23日 木曜日

u09そのよく02

世界は回る。


「こんばんは、ミスターヒラサワ

u14あんた02 
「あんたは?」

u14はじめ0202 
「はじめまして。わたくし、ニイタカと申します」

u14h00永田町異顔2横長419001 
「あなたにあるひとつの提案をするため、夜遅くですが時間をとってもらいました」
「提案?」

u14u02はいせいれき 
初公判で自白を翻し、無実を主張しましたね」
「それが本当だからだ、僕はやっていない」

u14しかしこ05 
「でもこのままだと、あなたは有罪判決から逃げられないですよ」

u1410すうまん02 
「…………」

「多額のキャッシュについて、あなたはいまだ明らかにしていませんね」
「…………」

u14おかねので02 
「あのお金の出所、わたしが当てましょうか?」

「……なぜあんたに分かるんだ」

「今からわたしなりに組み立てた物語をお話ししてみます」

u14みすた

ミスターヒラサワ、あなたがなぜ、帝銀事件の直後に大金を手にしていたのか、
誰からなんの代価として受けとったのか。

u14おかねので 
お金の出所を明かせば、疑いが晴れるかもしれない、なのになぜ口を閉ざすのか。

自分は絞首台に立たされ、家族の人生まで破壊してしまう、
それほど犠牲にしてなお沈黙をつづける理由はなんなのか、

あなたは帝銀事件と関係があるのか、ないのか、

あなたはなにを恐れているのか

u14あなたはな

「──と、そんなところを物語ってみます」

u14さいごま 
「最後まで聞いた上で、もしその気になったら、選んでください。

このままずっと口を閉ざしつづけるか、それとも、
このつぎの公判真実を明かすか。

あなたの選択しだいで、わたしがこの一件をおさめましょう」

u14ふんお02 
「ふん、お嬢さん、あんたが裁判所検事を動かせるとでも?」

「ふつうなら許可の出ない、立会人無しの面会を、こうして深夜にしれっとやってるあたりで、わたしに何ができるか察してもらうしかないですね」

u14ではお 
「ではお話ししましょう」

u14それから 
u14それからい


それからいくばくか時間が過ぎて──


u14ごせ 
u14ごせい02 
「──ご静聴ありがとうございました、ミスターヒラサワ

u14あとはあなnew0827 
「あとはあなたしだいです」

u14おやす 
「おやすみなさい」

u14ほうて 
「…………」


u00緑丸


──これが、もうひとつの目から見た帝銀事件の光景です。

u14さてデnew0827 
「さて、ディテクティブハチベエ、いまでも平沢犯人と思ってい


そんなこたどうでもいい!


u14へnew0827 
「へ?」

u14おいおめ02

おい、おめえ、真相知ってるのか!

u14いえし02 
言え! 真相つかんでるなら教えろ!

u14います 
今すぐ言え!隠さず言え吐け言え!

u14ちちょnew0827 
「ち、ちょ、急に必死すぎですよ。いきなりどうしたんですか」

「おれはよ、あいつ落としてねえんだ!

u14おれはと 
「おれは取調室でやつを言い逃れできねえくらいとことん追い込んで、
やつの口からじかに聞きたかったんだ、真実をな!

u14だがけんじがnew0827 
u14だがけん 
「だが、検事が横からかっさらって、おれの見えねえとこで勝手に落としちまった!
おれはな、じかにこの目で見て、じかにこの耳で聞いたことしか信じねえ」

u14それがも02 
「それがもうできそうもねえんだからな! がーっむかつくぜ!


u14ななんだ 


「な、なんだよ?」


u14korewa_new.jpg 
「これは、キスの距離ですね」


「ば」

u14ばばば02 
ばば馬鹿野郎! なに言ってやがる! からかうんじゃねえ!

「え、いえ、しちゃってもいいかなっていま思ったんですけど、いやですか?」

いやいやいやじゃとかそういうこっちゃねえ! 簡単にしちゃうんじゃない簡単に! 嫁入りまでとっとけ! って、ん? イギリスだと違うのか?」

u14やっぱり 
「やっぱり思った通り、あなたが一番の敵なのか、まいったなあ」
「おい、またそれか」

u14だがけ 
「だが、けっきょく平沢はいまも初公判と似たようなこと言い続けてるじゃねえか。
ってことは、あんたがやつに話した推理は外れだったのか」

「さあ? 彼の表情からして、わたしの話したとおりだった、とは思ってますけど」
「じゃ、真相を言い当てたが、やつは提案に応じなかったってことか」

u14そうなりnew0827 
「そうなりますね。でもそれがミスターヒラサワの選んだ道ならしかたありません。
わたしとしてもあれ以上無理強いするつもりも義理もないですし」

真相が分かってんなら、お天道様の下にさらさなくていいのか」
「あ、わたしは警察官じゃありませんから」

u14けんじで02 
検事でも裁判官でも、弁護士でもジャーナリストでも慈善家でもありません。わたしには日本人の血も流れていますが日本人ではありません。わたしが言う“おさめる”の意味も、あなたの思う“おさめる”とは、別のものでしょう。
正義真実の追求でもないし神様も関係ない話ですから」

「……おぼろげながら見えてきたぜ。あんたがおれをだのなんだの言う訳もよ」

u14ひとつだ 
「じゃ、ひとつだけ教えてくれ。寝ずの看病と引き替えだ」
「あれ? それって先ほどチャラになったのでは?」

「さっきのチャラ1日目の分だ。2日目がこれでチャラだ、そう決めた」

u14ふふふず 
「ふふふ、ずるいなあ。まあいいでしょう、どうぞ」

u14おれはなあ 
「おれはな、今のあんたの話を聞いても、平沢まっさらのシロじゃねえと確信してる。あいつを逮捕したのは間違ってねえ、その思いは変わらん。

もしあんたの話のとおり、ホンボシが気のふれた軍医歯医者かなんかだったっていうなら、そいつはどうやってか知らんが、平沢になにか役割を演じさせたんだ」

u14ひらさわもお

平沢もおそらくそれを知ってる、そのせいでてめーが死刑にされそうなこともな。
なのにやつは口をつぐんでる。なんでかはわからんが。

平沢にふられた役回りはなんだったんだ?」

u14おき 
お客さん

あ?

u14がきた 
「、が来たようですよ」

u12はいは …ガタ 
u14いやー 
u14いやーた …ガチャ 
u14いやーたい  
u14いやーたいへん がらがらがらー
「いやー今日大変だったぜ八っちゃん。
何日雲隠れしてるつもりなんだよ。しらばっくれるのも限界だよ」

なんだ金井か!てっめーなんて間の悪いやつだ、邪魔すんな!

「な、なんで自分んちに帰っていきなり怒られるんだよ」

u14みすたーな03 
ディテクティブカナイ、あなたの家と布団と寝巻きを借りています、ごめんなさい」
「あ、いやその、いやそんな気にしないでいいですよ」
「おかげで助かりました、ありがとうございます」

「いやーははは、元気になったみたいでよかった、
あのえーとミスニイタカ、ファーストネームは?」

u14やよいとnew0827 
ヤヨイ、と申します、よろしくイワオさん」
「え、いやーイワオさんだなんてそんな、あはは、よろしく、ヤヨイさん」

u14こらかな 
「こら金井てめー、デレデレすんじゃねえ、
あんたヤヨイなんつー風流な名前だったのか。そういや知らなかったぞ」

u14みすたーはち 
「それはミスターハチベエがちっとも訊いてくれなかったからですよ。本当につれない人なんですよね。キスもろくにしてくれないし」

えーっ、八っさん、キキキほほほんと? キキキッス?
馬鹿野郎! してねーぞ! なんつーこと言い出すんだおめー!」
「ふふふ、お尻は見たのに」
「えーっ、お尻まで?
違う! こら待て! おい! なんなんだ! このかゆい空気はよ!」

u14ああそ 
「ああ、そういや、ついでだから八っさんの長屋、様子見てきたけどさ。
変わったことはなかったから安心してよ」

「なに、おい、金井、まさか中野寄って、真っ直ぐここまで来てねえよな?」

u14そうだけ 
「ん、そうだけど?」

u14あら 
u14あらー02new0827 
「……Oops(あちゃー)」

「この大バカ野郎
「え、なんで?」


u14みぎ02 
u14みぎて 
u14みぎての 
「──右手の道の向こうに人が見えた、2人か」

u14きょうほん0202 
「教本にならうなら左手の道も封鎖しているでしょうね。きっと裏口の方も」

u14のよ 
u14のようだ 
「のようだな、くそ」

u14なあは 
「なあ、八っさんヤヨイさんもさっきからなに言ってるんだよ」

u14なかの 
「あのなー中野のおれんちは見張られてたんだ! そこにてめーがのこのこ現れて、
やつらを親切にここまで案内してきたんだよ!」

えーっ? まずいよそれ! 落ち着いてる場合じゃないよ!」
「だからこうやってさっきから焦ってるだろーが! このばかちん!

u14うーんわ 
「うーん、わたしとしたことが。アホフーリッシュを牽制したつもりが、
脅しが効きすぎてかえって暴走させてしまったようです」
キャノンって野郎か」

「わたしのミスで、あなたたちを巻き込んでしまいました、謝ります」

u14わたしはは 
「わたしは走れません。あなたたちなら逃げ切れるかもしれない。行って下さい」

u14なにい 
「なに言ってやがる。手負いの女ひとり置きざりにしておれらだけ逃げるなんざ男がすたるってもおいてっめーこら金井どこ行くんだ

u14ええじゃu14kutsu02.jpg 
u14ええじゃね02 
え?
「靴までスタンバっといて、え、じゃねーよ」

u14ふんちu14ふんちっ 
u14ふんちっぽけ 
u14ふんちっぽ

u14ふんちっぽけな 
「ふん、ちっぽけなバンブーハウスか」

u14shousa.jpg 
少佐、周囲の路地も封鎖し終わりました」

u14よしじ 
「よし、準備整いしだい、玄関と裏口から同時に突入しろ」
「イエッサー」

ジャック・Y・キャノン少佐
@GHQ/SCAP_対敵諜報部隊CIC_「Zユニットチーフ
u14ひとりも02 
一人も逃がすな

u14いけっ

GO!

u14ばり03



15機目 アフリカンボンバー911アメリカ同時多発テロ】へとつづく
16機目 2人の女 911アメリカ同時多発テロ


u00mokuji.gif u00tojojin.gif u00shiryo.gif u00nenpyo.gif
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/423-023ea4b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT