PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラ : 13機目【帝銀事件】

u00modoru.gif u00mokuji.gif u00tojojin.gif u00shiryo.gif u00nenpyo.gif


u13どう02 
u13どうだ

u13どうだち 
u13どうだちよ 
「どうだ、調子は」

u13おしりが 
「お尻が、非常に痛いです」

「もうちっとズレて腸や動脈いってたらやばかったんだぞ。ケツで運よかったんだ」

u13ねまき 
「寝巻きや布団がちょっとばかし男臭えのは、この家に住んでる金井って野郎が独り身で男所帯だからだ、まあ我慢してくれ」

u13あんたの 
「あんたのメガネな、折れてたんで継いでみた。
不格好だが応急ってことで勘弁してくれや」

u13ありが 
「ありがとうございます。おー糸と楊枝で。努力は認めて差し上げましょう」
「なんで上から目線なんだ」

u13であん 
「で、着るもんどうする。服は血だらけだし、手術のとき切っちまったからな。カミさんのあてがっとけと思ったが、そういやあんたと背の高さが違いすぎら」

「ずっと看病してくださったんですね」
「しゃーねーだろ。病院警察MPもダメだっつうから。あいにくおれんちは長屋なんでな。あんたみたいなの連れ込んだらすぐ向こう三軒両隣に知れわたっちまう」

u13ずっと 
奥様はよいのですか、夫がほかの女と一夜を共にして」
「誤解を招く言い方すんな。ま、カミさんもガキも田舎の土浦疎開してるよ」
ソカイ? 空襲はもう無いのに?」

u13しゃーね 
「ついでにモノも無いからな。あっちならまだ食い物には苦労しねえし」

u13うーわた 
「うー私としたことが恥ずかしい。あなたを助けるつもりがお尻撃たれて、
あなたに助けられたあげく、あなたにお尻まで見られてしまいました」
「ば、バカ野郎てめー、治療のためやむを得ずだ、助平な目でなんて見てねえぞ」

u13いいけ0202 
「いいケツしてたでしょう?」
「そりゃあまあ──ってバカ言わせんなこら! つか女がいいケツとか言うな!

u13であの 
「で、あの日系米兵どもはなんなんだ? なんで俺をねらった」


「彼らはGHQのなかであなた方の特高に似た部隊ですね。
何人か下働きの日本人も混じっていたようですけど」

u13あなたのそ02 
「あなたの捜査の一部が、敏感なところをかすめていったので、脅してやめさせようと思ったんでしょう。なにかいいとこ見せようと焦ってるんですよあそこのボスが」
キャノンとか言ってたやつか」

「でも痛い目に遭わせるくらいで命まで奪うつもりはなかったと思いますよ。
彼らは人を殺す権限まで与えられてませんし。軍人は与えられた任務以外の行動は固く禁じられてますから。皆さんの思うより軍隊ってそのへん窮屈で融通きかないので」

u13ますま 
「ますますあんたがただの通訳秘書とは思えねえな。
そういう剣呑な連中をへらへら喋るだけでびびらせてただろ」

u13わたしはそん 
「私はそんな偉い人ではないですよ。ただどこを押したら車輪が回るか、
人よりちょっと多めに知ってるだけです」

「そういうあんたが、下山事件にいろいろ首突っ込んできてる。
あいつらにニイタカがおさめる、とか啖呵も切ってた。ありゃどういう意味だ」

u13そのこ02 
「その言葉のとおりですよ、おさめるつもりです」
「どうするって言うんだそりゃ。あ、前にたしか、俺を一番の敵だのぬかしてたよな」

u13こんか 
u13こんかい 
「今回はあなたにとても大きな借りができましたね、ディテクティブハチベエ
「ま、あんたのおかげで俺も助かったし、これでチャラだ」
チャラ?」

「お互いに借りつくったから差し引き貸し借りなしで一から始めようぜってこった」
「なるほど、チャラ、勉強になります」

u13musubi.jpg 
「このメモを裏書きの場所に届けてください。然るべき所に渡って対応してくれます」
結び文かよ。あんた外国育ちのくせになぜか和式のもんに器用だな。こんなもん今どきの日本の女にゃできねえぞ。
じゃ、そこらで遊んでるガキを小銭とアメ玉で釣ってやらせよう」

u13これですこ02 
「これで少し時間ができました。チャラのついでに質問してもいいですか」
「なんだ」

u13あなたがな0303 
「あなたがなぜ帝銀事件犯人平沢貞通と確信しているのか、聞かせてください」

「またそれか。どうせ捜査報告も読んでるんだろ、それ以外言うことなんてねえよ」

u13いいえこ02 
「いいえ、公文書に記されていないことを知りたいのです」

u13でぃて

ディテクティブハチベエ、あなた自身が目にしたこと、

u13めにし02 
そして、信じたことを」


1948年 昭和23年

1月26日


下山事件1年半前──

u131がつ02

東京都豊島区長崎町

帝國銀行椎名町支店

u13やけの

東京大空襲の爪跡深い焼け野っ原。
銀行といっても質屋の木造家屋を借り上げた仮店舗。

u13とえ02

曇天。みぞれ上がりの道はぬかるんでいて。

u13とえい 
u13とえいせ 
都衛生課の者だが」




u13ごご02 


午後4時──

u13ごごよ 
u13ごごよじ02 
u13えおと02 
「あら」

u13おとこ 
「人が」

u13え 
「あ、あのう、どうされま──」

u15おとこが02

u13あおとこ

u13おとこが0303 
u13おとこが023001 
u13おとこがく 
u13おとこがくす

「あっ、だ、大丈夫ですか!

u13otoko.jpg 
「……が、……を」

u13みんな 村田正子
「……みんな、倒れ、助けて


u13たおれ 
u13たおれ0202 
u13たおれ0303u13たおれ04 
u13たおれ05 
u13たおれ060606 
u13たおれ0707 
u13たおれ0808



u13title02.jpg 

帝銀事件の背景と経過、警視庁による捜査は公開された情報にもとづく。
平塚八兵衛はじめ黒字紫字赤字はすべて実在の人物だが、
一部の会話や行動はちっとばかし変えている。
彼らの属する国家、官公庁、組織団体もすべて実在する。
またニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌは、架空の人物であり、
実在する人物との関わりはすべて創造全開、ソースは妄想である。




u13cpt_poison*bokashi


u13せんりつ02 

帝銀椎名町支店の怪事件
 
全行員に毒薬を盛る
 
十一名死亡、犯人はすぐ逃走



u13ぎんこうし

戦慄の銀行ギャング?

12名毒殺、5名瀕死

昨夕、帝銀椎名町支店の兇行



死亡
渡辺義康@44歳 白井正一@29歳 西村英彦@39歳
竹内捨次郎@49歳 沢田芳夫@22歳重体のち死亡
内田琇子@23歳 秋山みや子@23歳 加藤照子@給仕@16歳
滝沢辰雄@小使@44歳重体のち死亡) 同りう@49歳
タカ子@19歳 同吉弘@8歳

重症
吉田武次郎支店長代理@44歳 田中徳和@20歳
村田正子@22歳 阿久沢洋子@19歳

小使滝沢夫婦の娘タカ子はふだん郷里で暮らしてたんだが、
このときちょうど両親に会いに来ていて巻き添えという不運。

u13あまりに 
死者12人 重症4人 ──女子供まで皆殺し上等の大量毒殺。

あまりに死人が多く、東大慶大法医学教室が分担して法医解剖。このときも東大古畑慶大中館でやっぱり微妙に違う鑑定結果が出て、モメるんであるが。

u13さいしょは0101 
最初は食中毒と思われ、住民も救護に入り込んで現場が荒らされ、

帝銀本店が照会集計しに来てやっと、窓口にあった16万3410円@百円紙幣1600枚余と小切手1枚(額面1万7450円)が無い、と分かったのが翌27日午後、

>各銀行へ盗難小切手の手配が回ったのがさらに1日おいて翌々28日。

そうやってのんびりやってるからとうぜん手遅れで、
翌日27日午後、奪われた小切手安田銀行板橋支店でとっくに換金されていた。

換金に来た土建屋風の男小切手の知識があまりないのか、

「裏書きの住所がありませんよ」

u13いわれて 
言われてがその場で書き込んだ板橋の住所はでたらめだった。

これで計18万とんで860円強奪されたことになる。

貨幣価値がめまぐるしく変わる戦後インフレ期なんで幅あるけども、
平成の世だと×100といったとこ。

ただし小切手事件直後になだれ込んだ一般人がちょろまかした可能性も捨てきれず。


という一方で、なぜか、

u13すぐちか 
すぐ近くの机に置いてあった計44万円、
金庫代わりの土蔵@無施錠に入っていた35万円、
小切手類もあわせると計85万円余。
こっちは手つかずのまま。不可解なことに。


u13とえ02 
一命を取り留め入院中の4人
支店長代理吉田武次郎 行員田中徳和村田正子阿久沢洋子によると、

窓口業務が終わってまもなく、午後3時すぎ──

u13とえいせいか 
u13とえいせいかの 
都衛生課の者だが、支店長は?」

u13しょうど 
消毒班長」の腕章 

u13とうき 
東京都衛生課並厚生省技官厚生部醫員 醫學博士名刺

u13きんじょ 
「この近く長崎2丁目相田方前の井戸を使う者から4名集団赤痢が発生した。
調べたところ、そのうち1人がこの支店に来ていたと分かった。
もうすぐGHQホートク中尉消毒班が来るが、

uいがく 
その前に予防薬を飲んでもらうため一足早く派遣されてきました」

u13ghqのつ 
u13ghqのつよ 
GHQの強いなので、歯にふれるとホウロウ質を傷める」

u13のみかた02 
「飲みかたを教えるから同じように飲んでください」

u13くすりはに 
2種類ある、最初のを飲んで──」

u131ぷんご 

「──1分後つぎのを飲むように」

u13だいにやく 
u13だいにやく02 
u13だいにやく03 
u13だいにやく04 
u13だいにやく05 
u12だいにやく06u13だいにやく08 
u13だいにやく0707

u13shadow.jpg 
u13いつのま 

uこうせい 
いつのまにかはいなくなっていて──

名刺が使った湯飲み茶碗も見つからず。

u13とうき 
名刺を見たはずの支店長代理吉田は、名刺にあった名前を覚えていなかった。


なんで言いなりにを飲まされてんだよこんなんメッチャ怪しいじゃんか
──というのが平成ニッポン的な感覚だろうけども、

このころの日本衛生環境いとわろしで、
近所軒並みコレラ赤痢だ、GHQ消毒班出動ゴー!は日常茶飯事、

u13しらみ 
シラミ予防のDDTぶっかけで頭真っ白けーの子どもたちも各地で見られた光景。
なので、もっともらしい話が「GHQ」という言葉の神通力とともに鵜呑みにされても不思議じゃなかったんである。

の告げたホートク中尉防疫班にいるかどうか、GHQに照会中です」
「また近所に相田という家がじっさいにあり、しかもこの日、赤痢ではありませんがチフスの疑いで家人が入院隔離、GHQ防疫係豊島区衛生係も出向いています。結果は大腸カタルでしたが」

ということから、GHQ防疫部門の内情に詳しい者?

u13このせ 
生存者の供述と、法医解剖の結果をみてみると、

第1薬犠牲者の胃内を調べ、
 >「なんらかの青酸化合物だが、青酸カリではないような…よくわからん」 
第2薬>湯飲み茶碗を調べ、
 >「ただの
 >ただし、食中毒と誤解して救護に入った一般市民が洗った可能性もあり。

u13はんに02 
犯人被害者たちと同じ薬瓶から注いだ第1薬を飲んだのになぜ平気だったか?

薬瓶の上層は透明で澄んでいて、下層は白濁していた」
ガソリン臭がちょっとした」

u13やくえ 
瓶内の液体が比重の違いから上下に分離していた。透明な上層はおそらく油分。
犯人が飲んで見せたのは上層の油分だけなので効かなかった、のでは?

比重の軽いでフタをして青酸化合物が空気と反応>劣化するのを防ぐ、
日本軍で使われていた手法です。


さらに各金融機関に手配をかけた結果、
帝銀事件以前におきた激似未遂事件2件が判明。

前年1947年 昭和22年 
10月14日


u13とえいせ02 
品川区平塚
安田銀行荏原支店


u13きんじょでし 
厚生技官 醫學博士 松井蔚 厚生省豫防局名刺を差し出し、

「近所で集団赤痢が…」
GHQパーカー中尉と一緒にジープで来て調べた結果…」

u13このぎ 
「この銀行オールメンバーオールルームオールキャッシュ
またはオールマネー消毒しなければならない」

そんな話聞いてないんで、支店長が念のため交番小使を走らせて確認、

u13せいふくけ 
制服警官が自転車で辺りを回ってからやって来て、「そんな様子はなかったが」

が、松井蔚は慌てもせず平然と応じて、

警察がそんなことでは困る。もう一度確かめてきなさい」

GHQ関係者に巡査ごときじゃ逆らえないんで言うなりに引き返していく。

大胆な犯人で、巡査を追い返したあと悠々と行員たちにを飲ませた。

そこまでは帝銀事件とほとんど同じ手口。

だが、このときは
誰も倒れず、
何も起こらず。


uこうせい 
消毒班が来るのが遅い。様子を見てくる」

それっきり。


さらに年が明けて、

1948年 昭和23年
1月19日


u13しんじゅ 
新宿区下落合
三菱銀行中井支店


u13しもお 
厚生省技官 醫學博士 山口二郎 兼東京都防疫課名刺

下落合井華鉱業の寮で集団赤痢が出て、そこの大谷という人が今日ここに預金に来たと分かった。銀行の人、現金、帳簿、各部屋をぜんぶ消毒しなければならない」

大谷という名前の小為替はありますが、その会社とは違いますね」
「これかもしれない」
「しかしこの1枚のことでそこまでされては困ります」

uこうせい 
支店長がしぶると山口二郎はそれ以上無理押しせず、
その為替の表裏に消毒液?をふりかけただけで立ち去った。


とくに実害もなかったから2件とも警察には通報されず。


安田三菱──2件ともほとんど同じ手口。

そして、三菱銀行未遂からわずか1週間後──

やはり同じ手口によって、
帝銀椎名町支店惨劇が起きたのだった。


u13ghqのつ 
ピペットの玄人っぽい扱いかた、「ホウロウ質」など専門用語の使用、

>「器具毒物の知識から化学、毒物の専門家ではないか」

u13bkだいにほ 
警官に顔を見られてからもを飲ませようとする無謀なまでの図太さ、幼い子どもが居合わせても平気でを飲ます冷血さ

>「20人もの被害者を騙してを飲ませる慣れた手口、苦しむ被害者たちの横で現金を物色し、証拠を持ち去る冷静沈着さからして、軍人特務機関員ではないか」

u13ふじたけ 
藤田次郎刑事部長 2月7日捜査要綱

「次のものから更に似より人相者を物色すること。医師、歯科医師、薬剤師、各種医学・化学・薬学研究所員、帰還将兵中の医療の心得のあるもの」

まもなく捜査線上に浮かんだのが、
関東軍防疫給水部本部こと、

u13まもなく

通称満州第七三一部隊

u13ぶたいち03 
本部長、>石井四郎陸軍軍医中将

医学者医師ぞろぞろ理系エリート集団。
任務はその名の通り、満州国および支那各地の防疫給水伝染病風土病対策。
いかに清潔な飲み水を供給できるかは、この当時の死活問題で。

が、

その裏で細菌戦の研究開発に取り組み、
ペスト、炭疽菌、チフス、コレラ、赤痢菌、梅毒──
支那人、ロシア人、アメリカ人はじめ多様な国々の捕虜3000人以上に人体実験、
さらに実戦でも細菌兵器をばらまいたり、

悪魔の所業医学者極悪外道戦争犯罪極北

と、いわれている。

なんで断言してないかというと、それは、またのちの話。

部隊長石井終戦間際、ソ連中立条約を破棄して満州侵攻をはじめると、施設や証拠を全て破壊焼却したうえ、マッハの逃げ足で帰国、戦犯訴追をおそれまくり、故郷でニセ葬式までやって死んだふりで逃げ隠れしまくりだったが、

けっきょく戦犯はまぬがれ。たださすがに医学界にも戻れず、
新宿米将校相手の連れ込み旅館つまり売春宿を経営、地味にひそーと暮らしていた。

警視庁に呼び出された石井は、

u13これはか 
「これはかつての私の部下かもしれない。だが部下を売ることはできない」

斎藤昇警視総監が動き、石井警視庁嘱託の辞令まで出して協力要請、
石井隊員名簿を提出させた。

u133がつ 
3月22日捜査要綱

薬学、または理化学系学歴、知識、技能、経験のある者」
関係薬品取り扱い、特殊学校、同研究所、およびこれに付属する教導隊、または防疫給水部、もしくは憲兵特務機関に従属の経歴を有する者(主として将校級)」

そういうのは七三一部隊だけでなく、
その上部機関陸軍軍医学校防疫研究室、登戸研究所@陸軍第九化学兵器研究所、関東軍軍馬防疫廠@百部隊、北京・南京・広東・シンガポールの各防疫給水部と、BC兵器研究をしていた旧軍部隊は多種多様で。その関係者は膨大な数に。

u13しもお 
「なお、未遂事件で使われた名刺ですが、山口二郎という技官厚生省には存在せず、正しくは厚生技官のところ厚生技官となっているなど、ニセものと分かりました。

銀座露天商から通報があり、1月17日紳士風の男から山口名刺の印刷を注文され、翌18日に引き渡した、とのことです。
三菱銀行中井支店山口名刺が使われたのは、その翌日19日であります。

もう1枚の名刺松井蔚という医学博士は実在し──」

u02こっかちほう 
まもなく3月だったか、警察自治体警察国家地方警察の2本立てに変わった。
東京だと警視庁23区で、八王子やら青梅やら立川やらが市警って枠で独立して、
それ以外の東京圏国警が面倒みることになった。

で、帝銀事件が起きたとき警視総監だった斎藤さんが国警長官に移って、代わりに東京都経済局長から総監になったのがいまの田中さんだ。

警察が2本立てになって何が変わったって、上はどうか知らんが、正直よくわかんねえんだよな。汗かいて靴をはきつぶして這いずり回るのは同じだ。

u13おれはじ 
さて、おれは地取り班だったんだが、事件の前後に長崎町、平塚、下落合界隈、最寄り駅まで回っても、ちっとも手応えがねえのさ。
だいたい、まだ焼け野っ原でバラックみたいな家がちらほらしかなくて、
聞き込み先なんてすぐ尽きちまったんだ。

おれは内緒で地取りをさぼって、勝手に特務機関の線を嗅いでみた。

u13ぎんざにじ 
銀座に元特務機関員がいてな。外地じゃ大した羽振り、いまも顔役だ。
その顔役の事務所を訪ねて単刀直入に聞いたんだ。

u13たいりく03 
大陸でやって来たことを蒸し返されたくないから言うんじゃない、
捜査には協力しよう。しかしね──」

u13ぎんこういんはしご 
銀行員は仕事柄ひとを見る目が肥えている。そういう彼らがそろって医学博士とだまされたんだから、じっさい医学博士のように見える風体や振る舞いだったんだろう。

だが特務機関内地で食いつぶしたようなすさんだ連中ばかりでね、
とうてい医学博士と名乗って通用するような者はいない」

u13とくむ 
特務機関の線はない、とおれは確信した。

正体不明の毒物陸軍秘密研究所

鑑定だって結局なんのかわかってねえんだろ。そんなあやふやなもんアテになるか。


目白署署長官舎帝國銀行職員殺人事件捜査会議

なんだとこのヤロー!

u13やるき

やる気があるから言ったんだろうがよ!

u13あんたがき 
「あんたが忌憚のない意見を言えっていうから言ったまでだ!
それを怒るなんてバカな話があるかい!

u13なーにが 
なーにが係長警部だ! 唐変木め!


u13めいしは 
名刺班にわざわさ移ってくるとはご苦労さん。
2号部屋殺人係)からタタキ強盗係)じゃ降格だな。
捜査会議で上司にケンカ売ったんだって?」

「あっちがおかしいんです。ブツは名刺しかねえってのに、特務機関だの研究所だの、フワフワした霞みたいなもんばかり追っかけやがって」
「へえ、そんじゃ、うちの主任とウマが合うかもな」

居木井為五郎@警部補
@名刺捜査班長
u13ははは0102 
「ははは、名刺班は島流しだぞ。本部じゃ鼻くそ扱いだからな」

u13きんじょでし 
未遂事件のうち安田銀行ホシが残していった名刺
厚生技官 医学博士 松井蔚」は実在、名刺も本物だった。

松井博士はいま仙台在住、
南方衛生防疫部門の責任者だったこともある。

ってことで初めのうち参考人として厳しく取り調べられたが、
博士には鉄板のアリバイがあってな。

それっきり捜査本部名刺の線に興味を失った。

名刺班を引き継いだおれ以外はな。
 
u13だがお 
「おれはこの名刺こそ手がかりだと思ってるんだ、本部からは相手にされないがね」

ふつうなら役人名刺なんてそれこそ追跡できないほどばらまかれてる。
しかし、この名刺はちっとばかし特殊なんだ。

松井博士に支給された官製の名刺は字が「」でな。

u13まついは 
役所の発注してた印刷所草冠のあるの活字がなかったらしい。

松井博士草冠付きの名刺宮城県庁地下の印刷所100枚刷らせた。

u13kappan.jpg 
やはりの活字は無く、「」と「」の活字2つ組み合わせて印刷。
官製の「」と自前の名刺の両方を使い分けていた。

博士の手元には交換相手の名刺128枚あった。「名刺の分も混じったらしい。

で、まだ配られず松井博士の手元に残ってた名刺8枚。
つまり人手に渡った名刺92枚。

u13この92 
「この92枚のうち1枚が、安田銀行未遂事件で使われたのだ」


──5月下旬 帝銀事件から5か月目

いい知らせ悪い知らせがある。

まずいい知らせだ。

上の許可が出た。我ら名刺班松井名刺の交換相手128人を総当たり、
名刺を回収、「」名刺か否かも確かめること。
ホシは絶対に名刺を持っていない。今それは警察の手にあるんだからな」

u13めいしはん 
松井博士は几帳面な性格で、草冠名刺を交換した日時場所、相手の名前までいちいちメモっていた。しかし、博士は仕事柄、あちこちのを回っていてな、
相手も当然各県に散らばっている。名刺班全国行脚だ」
「うえー」

「つぎに悪い知らせだが──」
「え、いまの全国行脚ってくだりが悪い知らせじゃないんですか」

u13まついはか02 
「なに言ってる、ここからが悪い知らせだ。宿にメシはない。米やら味噌やら持参しないと泊めてもらえん。そして名刺班にはそんな予算がないのだ、あはははは」
「…………」

あの頃は今よりひでえ物資不足でなあ。旅館に泊まるにも、
味噌持参じゃねえと追い返されたくらいだ。

名刺班といっても、班長居木井さんとおれ、
飯田さんと福士くんの実質よったりだけだった。

ヨッタリ

あー4人だ、4人。おれの在の訛りだ。

松井博士名刺をつくったのは昭和22年3月松井博士陛下御巡幸の下見を仰せつかり、北海道東北6県を回ってたから、名刺もそこで多く配られていた。
おれと飯田さんが東北居久井さんと福士くんが北海道を回った。

これが大変で、交通事情も悪いし、ひととおり回るのにまるまる1か月かかった。

毎日が移動また移動だから、洗濯だって自前だ。
列車乗ってる間に窓で干したりしてな。

u13ああつ 
ああッ、おれのステテコがーっ


──その結果、


津々浦々で回収できた名刺62枚、
回収できなかったうち事件と無関係と分かったのが>22枚、

 >紛失か廃棄で現物が失せ、か「」か定かでないもの>14枚。

そのうち、ある1枚が──

u13あーこ 
「あーこれ、平沢大……えーとなんて読むんだこりゃ? へんにって」

「あーそれは雅号だ。画家先生だよ、小樽の」

u13ひらさ02 
平沢大暲(たいしょう)こと平沢貞通(さだみち)だった。


続きを読む


u00mokuji.gif u00tojojin.gif u00shiryo.gif u00nenpyo.gif
 

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/420-46a3fc17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT