PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──貳

ゴスロリカップルと毒女子高生

goth_lolli_cpl.jpg
 
2003年つまり平成15年、111日未明、河内長野市の国道沿いの一画にある住宅地──。
 
おーワ士の誕生日ではないか。まったく関係ないが。
 
午前2時15分──。
119番の通報が入った。
電話があったのは、会社員@46歳の自宅。
 
「息子がいきなり切りつけてきた」
 
救急車が国道近くの民家に駆けつけると、そこには凄惨きわまる光景が広がっていた──。
 
 
 
ミスドで家族全滅計画
 
 
ゴスロリカップルも、毒殺女子高生も、住んでいる所は郊外。それも都市圏ぎりぎりのもうちょっとで山、という限界郊外。
 
ゴスロリ彼女@16歳こと「桃寿(ももじゅ)」。
南河内郡河南町の山すそをデベロッパーが切り開いた整然清潔な新興住宅地の一軒。

skrzk_3.jpg
 
住宅地は山城型で“下界”の農村的コミュニティとはまったくつながりがない。
両親とも教師、妹、祖母がいる。
 
 
ゴスロリ彼氏@18歳。
河南町から10kmほど、河内長野市の国道沿い。やや古めの住宅地。

svkwchngn_3.jpg(google ストリートビューより)

周りはやや年季の入った民家や倉庫や工場がひしめいているのに、なぜかそこだけガーデニングなんかもしちゃってお洒落っぽい実家に住んでいた。
両親@46歳&43歳は共働き、弟@14歳
 
 
彼氏は最寄りの近鉄長野線の河内長野駅(郊外の駅前の例に漏れず微妙にさびれている)から田園地帯を走る電車に揺られて、芸術系の大学に通っていた。
 
高校生の桃寿はバスに25分乗って富田林駅まで出て、さらに電車で45分かけて大阪市内の進学校に通学していた。
 
tondahayashi.jpg
 
この富田林駅が2人の中間点で、駅やミスドやバス停で2人が「おでこをくっつけて、いちゃついてる」のを中学の同窓生たちが何度も目撃している。
 
いちゃついてただけでなく、そのとき2人は「ハロウィーンに決行」すべく、それぞれの家族全滅計画を話し合っていたのだが。
 
 
 
田んぼの中の毒殺魔の家
 
 
一方、毒殺女子高生タリウムたん@16歳のいた伊豆の国市
 
駿河湾沿岸都市圏の南の外れ、やはり辺境限界だ。南へ少し行くともう山また山。
 
伊豆の国市は、2005年4月、3つの町が合併して生まれた。
誕生から半年も経たないうちに、この奇妙な名前の市は、「毒殺女子高生なる不本意すぎる形で名を轟かせてしまったが。
 
 
タリウムたんの暮らしていたのは、これまたよく見かける光景。

izunokuni_city.jpg

田んぼを売ったり息子の代で農家をやめたりして戸建てが虫食い的に増えていき、気づいたらなんとなーく住宅多めになってました的な地域。
 
彼女はここから市内の進学校に通っていた。
 
 
この3パターンで日本の郊外の大半が当てはまるんじゃなかろうか。
ワ士は何百回とこれと似たようなのっぺりした風景を見たぞ。
 
なにもメガ団地ばかりが郊外ではない。
じつは都市よりも田舎よりもこういう中途半端な「郊外」で生活する人口がいっちばん多いはずだ。
 
田舎でも都市でもない、地域色もない、なにもかも中庸な場所。
 
 
親世代の大人たちにとっちゃ、苦労して手に入れた夢(とローン)のマイホーム。人生のゴール。
 
でもそこで成長する子どもたちは?
 
思春期に多かれ少なかれ抱える「自分は他とは違う症候群」とくに強い子たちの眼にはどう映る?
 
darksky.jpg
 
ゴスロリな2人も、タリウムたんも、まさにそんな少年少女たちだ。
 
 


「桃寿」「彼氏」は、ふだんからゴスロリファッションで行動していた。
黒ずくめにフリルとレースふんだんな衣装は、コンサバな住宅地や駅前商店街および昭和的な村落ではかなーり浮いていたに違いない。
「下妻物語」ロリータ服の深田恭子が牛歩く田園に立ち尽くしていたように。
 
 
 
椎名林檎と「禁忌の接吻」
 
 
mmj_tarari.jpg
 
桃寿。ももじゅ。
 
もちろん本名ではなくて、Webサイトでのハンドルネーム。
 
ゴスロリカップル事件の実行犯は、女の桃寿じゃないんだが、手を下した彼氏はなぜかスルーされて「桃寿事件」とさえ呼ばれた。
そのワケはのちほど分かってくる。
 
 
桃寿優等生だった。中学では成績トップ生徒会役員だった。高校は大阪市内の進学校に合格。ここでもトップクラスだった。
 
桃寿ゴスロリだった。V系バンギャアングラ文系少女で、自殺未遂2回、リストカッター歴2年半だった。尊敬する人は「連続猟奇殺人鬼エド・ゲイン」だった。

edgn.jpg人骨と人皮張りの太鼓で舞うエド・ゲインさん
 
 
桃寿「禁忌の接吻」というWebサイトの管理人。
 
日記や二次小説や病的な自分撮り写真を載せ、「狂気の唄」と称して、詩というか散文というかをアップしていた。

kyokinouta.jpg

タイトルは、
ラバラ」「書を書こう」「Yeah!めっちゃ内」「手首候群」「理心中」「依存」「軟処置」「腹兎。」…。
 
内容も、
「絶対生きてる意味がないのもうんでるのさ」「ワタシのはナマズ色」とか「れた玩具はまみれでい人形もを浴びて」「私ハ標本 動カヌ標本 オノ中ニハ内臓ガイ」…。
 
 
んーと、まあなんとなくどんな傾向か分かるだろう。
 
高1でそれなりに作品をつくれるなんて、と感心する人もいれば、血とか心中とか死とかいう言葉に事件との関係を探そうとする人もいた。「けっ、椎名林檎のパクリじゃん」と吐き捨てる人もいた。
 
真っ黒の背景に、一部だけにしたテキストや、旧字体(っぽい)&文語調、夢野久作や江戸川乱歩、唐十郎や寺山修司の流れをひく昭和アングラレトロ調なテイストは、
まあやっぱり椎名林檎
(ただし桃寿のプロフィールの「好きなアーティスト」に、な・ぜ・か・椎名林檎は入っていない
 
V系バンギャヴィジュアル系バンドギャルつまり追っかけ)のサイトに詳しい人は、「典型的なそういう人のサイト」と言う。
 
それでもそれなりに読めるのはさすが偏差値高め。やはり国語力は大事だ。
 
桃寿はセルフ撮りのナルシスなギャラリーのなかに、自分のリスカの写真も載せていた。
ゴスロリでアングラでリスカで、まあヤンデレってやつである。
 
 
 
ゴシック&ロリータで完全武装で
 
 
じゃ、彼女が郊外辺境で装着してたゴスロリ──ゴシック&ロリータってのは何か。
 
これです。

hllrsr_1.jpg

あ、失礼しました。微妙に別の地獄方面の方でした。
 
こちらです。

gthllt_2.jpg
 
レシピとして、
 
死とか血とか悪魔とかなゴス(Goth)
gothgirl.jpg
 
と、
 
少女的かわいさのロリータ(Lolita)
lolitagrl.jpg
 
を足して2で割ると、=上のゴスロリになる。
 
原産国は日本。もとはGacktがいたMALICE MIZERのMana様がイ──まあ細かいことはいいや。
 
黒いんだけどヒラヒラ少女かわいさ
 
というとメイドとどう違うんだであるが、
maid.jpgメイド

メイドとゴスロリはまったく違う!(と本人たちは主張)。
 
 
ちょっと早熟で知的に大人めいた桃寿のそこはかとない反撥心には、ちょうどゴスロリがうまくおさまったんだろう。
 
 
そして椎名林檎がまたゴスロリの気風と親和性が高い。
 
椎名林檎は今でこそCMでムーンウォークなんかしちゃったりしてるけれども、
2003年の頃は、3rdアルバム「加爾基 精液 栗ノ花」をリリース。

ringo.jpg
 
東京事変を結成して、まだ精液とか絶頂とかシャウトしたり、アングラめいた匂いをゆらゆらさせてたから、
 
まさに「他と違うわたくし」のお手本にはぴったり。
 
 
桃寿の自殺未遂もリスカ癖も中学の同級生たちは知っていた。(でも学業と両立してたので問題にもならなかったが)
彼女は「自殺願望がある」とサイトにも書いていたし、のち取り調べでもそう口にしている。母親も「またやるんじゃないか」と心配していたらしい。
桃寿の一家は、一見仲良しの問題のない私たちそうで、微妙な緊張感のもとにあったかもしれない。
 
とりあえず桃寿はそのへん、自傷椎名林檎風の自世界サイトで一応はバランスをとっていた。
 
 
ところがゴスロリは日本発祥のくせに日本の風景に絶望的なまでに似合わない。
 
ゴスロリがさまになるのはヨーロッパの森であり英国式庭園であり、古めかしい洋館である。
そんなもん日本にねえよ。
 
(例の鳩山会館がまさにそれっぽいスポットで、狂喜したゴスロリが撮影に殺到した。黒いヒラヒラの大群に鳩山家は驚愕。すぐさま「ゴスロリ入館禁止」になった)
 
ゴスロリは日本生まれなのに日本になじまない、受難を宿命づけられたファッションだ。ましてや郊外ならなおさら
 
だから桃寿たちはとにかく行く先々で目立ちまくり、異彩を放つことになった。
 
 
ゴスロリはロリータというマイノリティの中のさらにマイノリティだから、家の近所はもちろん、中学も高校も同好の士はいなかった(少なくとも桃寿は出会えなかった)。
いくら「周りと違うわたくし」でも一人しかいないんじゃただの痛い人だ。迫害や疎外がステイタスにしても疎外され杉だ。
 
「誰かに関心を持ってほしい、そうでないと寂しい」
桃寿はサイト「禁忌の接吻」を開設した。“違うわたくし”に関心もってくれて認めてくれるどこかの誰かに向けて。
 
 
でも“理解してくれる人”は奇跡的に意外なほど近くに現われる。なんと地元。
 
ゴスロリ彼氏@18歳
桃寿いわく「一緒に死ねる人」。
 
 
皮肉なことにゴスロリはこの2人のおかげで世間に認知されてしまった。“アブないカルト”として。
 
 
出会って、たった2か月後。
このカップルは惨劇を起こす。
 
 
 
【參へ続く】>
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 04:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ストリートビューまで貼って、時間をかけたブログですね。
連休なのにお疲れさまです。

ゴスロリ、現在は大分見かけるようになって来ましたが、
2003年じゃ、異端視されるのも分かりますね。
大人だったら、その異端視されるのも快感だったりするのでしょうが、
そこはまだオツムは良くても心が未熟な高校生、
誰かに認めてもらいたい願望はかなり強かったでしょうね。


それにしてもゴスロリ彼氏が近くにいたのも悲劇の始まり。
彼の影響力はどのくらいのものがあったのでしょう。
あっ、これは後に続くのですね(笑)

| かあたん | 2010/04/30 12:28 | URL |

>かあたんどの

写真いっぱいめに貼ってみました。
そのせいか保存にやたら時間がかかって(なんか朝がたまでやってたみたいです。)挙げ句にはエラーとか言われましたが、なんか無事アップされてたみたいです。

>異端視

やはり同好の士がちっとはいないとただの痛い人になってしまいますからなあ。

彼らの居住地がびみょーに異端しにくかったのと、親が妙に理解があったのもかえってよろしくなかったようです。


>彼の影響力

けっきょく「男は愚か」の図がここにも当てはまるのですなあ。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/30 17:17 | URL |

こんな事件ありましたっけ。。。
興味津々でここまで読んでしまいました。

うーーん。。。
子を持つ身としては毎回のりあきさんのブログは胸が痛いというか、辛いです。

| 志龍 | 2010/04/30 20:39 | URL |

Re: タイトルなし

>志龍どの

> 子を持つ身としては毎回のりあきさんのブログは胸が痛いというか、辛いです。

いやいやすみません。
普遍性のある事件を選んでるので余計かもしれません。

とくに前の佐世保の事件はねえ。やはり調べていろいろ分かるにつれ悲しくなりました。

あれはワ士自身にも相通ずるものがあったのでどうしても知りたくてあんなに掘り下げてしまいました。でもおかげで6年間のつかえがとれました。いや30数年かな。


今回の事件は「ハンパに子どもに理解のある親はかえって危険」という感じです。

なんだか子育ての難しい時代です。
大人としては早く察知してあげるしかない。


でも志龍どののところは大丈夫だと思いますよ。感じる空気が3事件の家庭とは違うので。


> こんな事件ありましたっけ。。。
> 興味津々でここまで読んでしまいました。

さすがに佐世保の事件ほどの破壊力はありませんでしたが、

ゴスロリの方はリスカサイトの話題がけっこう報道でわりと取沙汰されました。
タリウムの方は実在の毒殺魔を模倣したことで話題になりました。

しかし未成年ということですぐ尻すぼまりになりましたね。興味本位だけで内情はあまり知れ渡らなかったですし。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/30 21:15 | URL |

なんか、コメント投稿しようとしたらスパムコメント認定されて、
以降、「過去の投稿と内容が重複しています」と言われ続けて早4年(うそ。4回)。
NGワードが入ってるからかな?と気づき、若干内容変更。

ええと、改めまして。

表現方法がゴスロリなだけで
アングラワールドに傾倒する青少年はいつの時代にもおはしますな。

関係ないけど「ランの館」に行ったとき、ゴスカップルが撮影しあいっこしてたよ(笑)。
やっぱ、ああいう異空間を背景にしないと絵にならないって自覚してるんだろうねえ。

リスカしてたり、一緒に死んでくれる相手を探してた人が、
なんで自分じゃなく周囲を片付けるんですかね?
続きは、待つべし。待つべし。ですな。

| ash | 2010/05/01 00:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>あっ種度の

> なんか、コメント投稿しようとしたらスパムコメント認定されて、

あーすみませんウチのFC2がご迷惑を。

前もなんかう●こがNGワードで自分のブログなのに返信コメントはねられ続けたことがありました。コメントにう●こと書く方も書く方ですが。

さて今回は変更されたワードははたしてなんだったんでしょうか。


> 表現方法がゴスロリなだけで
> アングラワールドに傾倒する青少年はいつの時代にもおはしますな。

そうっす。そしてそういう青少年の大半が面倒くさいやつってのも共通時効廃止いや共通事項です。

> 関係ないけど「ランの館」に行ったとき、ゴスカップルが撮影しあいっこしてたよ(笑)。
> やっぱ、ああいう異空間を背景にしないと絵にならないって自覚してるんだろうねえ。

あーランの館も御用達でしょうねえ。
たしかに、あれは日本の町並みにも家にも日本人の顔と体型にもまったく合わない。

前に名古屋港の「ワイルドフラワーガーデン」に行ったときも、
http://www.wfg-bluebonnet.com/

これまたそういう人が泣いて喜ぶ空間。

ゴスロリだけでなく、他のコスプレの子たちも来てました。

まだ完全に着替えてはいないらしくなんのコスプレかわかりませんでしたが、ものすごい厚いメイクと信じられない髪の色と、コスプレ以外に履かないだろう肉色のタイツと白いロング丈ブーツでした。

そこもまた制限があるらしく、「コスプレで撮影する皆さんへ云々かんぬん」と看板がありました。全面禁止ではないらしい。鳩山家のような了簡狭いやつではないです。


> なんで自分じゃなく周囲を片付けるんですかね?

そこがまたウルトラC級で…。

| noriaky231(仮名 | 2010/05/01 00:53 | URL |

うーんわかんないけど、コロス(漢字表記)がいかんかったんじゃないすかね?
なんで自殺願望があるのに自分じゃなく周囲を消すのだ?ということを書きたかっただけなのにぃ。

あ、ワイルドフラワーガーデンでの看板、私も見た(笑)
栄や大須あたりで見かけても「ふーん」としか思わないけど
ああいう場で見るとものすごく浮きますな。

ウルトラC級、まってまーす。

| ash | 2010/05/01 15:13 | URL | ≫ EDIT

NGワードって不思議な

> うーんわかんないけど、コロス(漢字表記)がいかんかったんじゃないすかね?

あーなるほど。本文ではかまへんけど、コメントではいかんわけだ。

前にNGワードがあったときはよりによって、春画とかマグYとか怒脹とかいう言葉がいっぱいでさんざ削ってははねられ削ってははねられしたあげく、う●こがあかなんだという。

ま、いろいろあるんでしょーな。

> あ、ワイルドフラワーガーデンでの看板、私も見た(笑)
> 栄や大須あたりで見かけても「ふーん」としか思わないけど
> ああいう場で見るとものすごく浮きますな。

なんだか思い切り現実セカイに引き戻されるというか、つまんねえこと言うんじゃないよって感じドスえ。

>
> ウルトラC級、まってまーす。

少々お待ちくだされ。

| noriaky231(仮名 | 2010/05/01 22:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/41-2e8d9ba9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT