PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラ : 1機目【911アメリカ同時多発テロ】

u00mokuji.gif  u00tojojin.gif  u00shiryo.gif  u00nenpyo.gif




ultra="最重要機密"

第二次世界大戦中から冷戦期 
アメリカ合衆国 諜報謀略部門が使用していた符牒





u01ウルトラ_ロゴvx_500

登場する公官庁部局組織団体役職はすべて実在する。
黒字の人名アメリカ合衆国の人物は実在し、アルカイダ捜査に関わる捜査責任者が集まり、大量破壊兵器テロにそなえた机上演習はじっさいにも行われた。 
ただしそれが1対30だったのはソースは妄想にして根拠も創作である。
またこの文字色の人物は架空の人物である。

 


u01cptけいかんとどろぼう

u01けいかんと

U.S.
──アメリカ合衆国



u01ゆーえす03 
u01ゆーえす

Langley, VA

──バージニア州ラングレー



u01がっしゅうこく03 
u01がっしゅうこく02 
u01がっしゅうこく01 
u01あめりか

unnamed quarter

──某所



u01ぼうしょ01 
u01ぼうしょ03 
u01ぼうじつ02 

one day

──某日



u01ぼうじつ0303u01ぼうじつ04


The term-of-office end of President Clinton

──クリントン政権末期


u01ぼうしょ02 
u01ぼうじつ05



cops and robbers
警官と泥棒

u01けいかんとどろ

「諸君も子供の頃に遊んだ記憶があるだろう」


u01おにごっこ01

「──忙しいのに呼びつけられて、なぜ鬼ごっこの話なんて聞かされるんだ、
という顔をしているな。

君らには今から警官と泥棒ゲームをしてもらう」

u01してもらう 
リチャード・クラーク
Clarke Richard
@大統領行政府 NSC国家安全保障会議対テロ調整官

@CSGテロ対策安全保障グループ議長

「ますます不審だろうな。そう諸君は忙しい。
ここにいるのは、連邦各機関の国際テロ対策の責任者だ。だからこその鬼ごっこだ。


デール・ワトソン Watson Dale
@FBI上級副長官補
テロ対策・防諜部門責任者
 
u01でーるまれん 
─────-チャーリー・アレン Allen Charlie
────────@CIA 情報収集管理担当次官

アルカイダ大量破壊兵器を持っていると仮定して、
我が国への大量破壊兵器によるテロを阻止するにあたって、諸機関の連携上どのような問題が生じうるのか、これより机上演習をしたい」

u01きじょう02

リチャード・クラーク 911同時多発テロの資料にはかならず主要人物として出てくるってくらい、アメリカ国際テロ対策の軍師的存在。

レーガン父ブッシュクリントン息子ブッシュの歴代大統領4人の下で、国家安全保障問題スタッフだった超キレ者官僚。テレビにも積極的に出演してテロの脅威を訴えるスポークスマン役もやってるんで、全米のお茶の間でも「テロリストやっつけるエロい人」として有名人だったアメリカにお茶の間はないけども。

人呼んで「テロの皇帝
あれ? テロリストの親玉みたいな名前なんだがいいのかこのネーミングで?

u01ねーみんぐ 
「君らは警官泥棒の2チームに分かれる。
泥棒はアルカイダ大量破壊兵器アフガンまで運んで隠す役、
警官は我が連邦政府の捜査・情報機関大量破壊兵器を追跡し、捜し出す役だ」

u01どのるーと

「どのルートをたどり、どこに隠し、どこを探すか、
各人全力を尽くしてくれ。ではチーム分けを」

「ちょっと待った」

u01ちょっとまった 
クラーク。始める前に質問いいかね」

u01ごくひのかいぎ 
「極秘の会議になぜ我が国の捜査関係者じゃない外国人がしれっと混じってるのか」

u01あーじょんnew03

「あー、ジョン。彼女は国際テロリズム上級捜査官だ。
この場には助言役として来てもらった」
「助言役? なんの助言だ」

ジョン・オニール O'Neill John
@FBIニューヨーク支局
特別捜査官
国家安全保障問題担当
 
u01たいさくたんとう 
アメリカの捜査情報機関は、何十年もテロリストとやり合ってきた
国際テロ対策のプロ中のプロだぞ」

u01へいわぼけ 
u01にほんから 

「平和な日本からおいでのお嬢ちゃんが、国際テロの何を助言してくださるのかね」
 


u01なにをじょげん

u01あのうみすた 
「あのう、ミスタークラーク

この警官と泥棒ごっこですけど、初回だけ設定変更してみません?」

u01どろぼうはnew 
泥棒は私がやりますから、皆さんで警官になってください」
「君が、一人で、かね?」

u01はいへいわ 
「はい、平和ボケの日本のお嬢ちゃんバーサス何十年もテロリストと戦ってきた国際テロ対策のプロ中のプロ30人って趣向で」

u01ふんしょうぶ 
「ふん、勝負になるかよ、ばかばかしい」

u01えーみすたーnew 
「えーミスター…えっとなにさんでしたっけ?」
オニール
「そうそうそのミスターなんとかアルカイダだって、その素晴らしいプロ中のプロのアメリカ人ではありませんよね。だけど今この段階で、いまだ彼らに決定打を喰らわせてないわけですよねえ」
「………」

u01それとじょん 
「それにオニール捜査官、ミスシラトリにお嬢ちゃんはおかしい。
見た目はともかく彼女の実年齢からいってもだ」

h00永田町異顔2横長419 
「ミスタークラークはいらんこと言わんでよろしいです」

u01いいだろう02 
「いいだろう、つまりケンカ売ってるって解釈していいな、マーム
「えへへ、私のつたない英語が通じてなによりです。でも私あなたのおかあさんじゃないですから」

u01ついでにもう 
「ついでにもうひとつ変更いいですか。

私がビンラディンだとしますよ。で、NBC兵器を手に入れた、とすると、
使わないで手元に隠したままなんてもったいない、と思うと思うんですよね。

だからアフガニスタンから持ち出して、

アメリカ国内に運び込んで使用することにします。
modori
NBC兵器によるテロです。

u01それそし 
それ阻止してもらうって設定でどうでしょう。
その方が皆さんにも少しは勝つチャンスあると思いますし」

「おいおい、すごい自信だな。FBICIAもそこまでナメられたか」

ATFも」「USSSも」「DIAもだ」「NSAも」「NROも」「INSCOMも」「AFIAもだ」「MCIAも」「NROも」「ONIも」「DEAも」「USMSも」「NNSAも」「USBPも」「USCGもそこまでナメられたか」*注

u01こくりつこうえんu01すみそに 
国立公園局パークレンジャーもナメられたもんだ」
スミソニアン国立動物園警察としても聞き捨てならんな」
「来てるのかよ」

u01えぬびーしー 
「あーあと、NBC兵器のどれかも限定していいですよ。B細菌C化学はやめときましょう、残るNで。ヌークリアでいきます」
核兵器か。なぜ?」

細菌化学兵器じゃいくらでも小分けにできます。Nはさすがにバラせません。かさばりますからね。荷の大きさから追跡もできるし放射能探知機にも引っかかるし見つけやすそうです。ここにはエネルギー省核不拡散関係からも人が来てるようですから詳しいでしょうし」

「いいのかね、それでは圧倒的に君の不利になるが」

kako-oGMsVabtXcy8meAS.jpg 
「でも、そのくらいのハンデつけないと、絶対わたし勝っちゃいますよ。
皆さんそれじゃお気の毒ですし」

(#^ω^)ピキピキ たいした自信だな。泣きべそかくなよマーム」
「はい、泣かないよう猛がんばります。ミスターえーと…?

オニールだ!ジョン・オニール! さっき言ったばっかだぞ! ていうか前もその前も会ったとき名乗っただろ!」

u01がいこくの 
「んー私、外国の人の名前覚えるの超苦手なんですよね。
だからジョン・オニールの発音からとって、"一発やる太郎"って呼びますね?」

「いっぱ…ぜんぜん発音ちがうじゃねーか! 絶対それロクでもねえ意味だろ!
「それと私あなたのおかあさんじゃないですからね」

u01でーるちゃーりー 
デールチャーリーFBICIAはどうかね。ミスシラトリの提案は」
オニールはすでにやる気満々だからな。
それにFBI的にもこの対決に少しばかり興味がある」

CIAはどうだチャーリー?」
「現場の者に聞こう。君はどうだ。受けるか、ショワー


u01うけるかね





ショワー! どうなんだ!」


u01うけるかね 
「は? なにがっスか?」

「だからさっきからミスシラトリの提案について話してるではないか!」


マイケル・ショワー Scheuer Michael
@CIA本部 対テロセンター 資金リンク課
アルカイダ専従情報班

通称アレック支局統括 
u01うけるかね 
「あぁ、んー、べつに…」

「(;-д- )現場の責任者もやる気満々のようだ」

ATFも」「USSSも」「DIAもだ」「NSAも」「NROも」「INSCOMも」「AFIAもだ」「MCIAも」「NROも」「ONIも」「DEAも」「USMSも」「NNSAも」「USBPも」「USCGも望むところだ」*注

u01こくりつこうえんu01すみそに 
国立公園局パークレンジャーもだ」「スミソニアン国立動物園警察も受けて立とう」
「だからおまえらなんでいるんだよ」

u01ではりょうちーむ

「では、両チームはそれぞれターンごとに記入し、私に提出してくれ。

ここから先の机上演習は、ソースは架空根拠は妄想だけども、
911をなぜ米当局が防げなかったのかの理由の数々が象徴的に入ってるんで。


u01あるかいだがわnew

アルカイダは某国から流出した小型戦術核兵器を、

u01えぬは 
  SADM米軍製特殊核爆破資材)重さ約70キロ

アフガニスタンのどこかから国外へ持ち出し、合衆国内に持ち込む、

u01そうさちーむがわは

捜査チームは国内外で連携してNを見つけ、押収する。

判定はわたしとチャーリー・アレンデール・ワトソンの3名が務める。
君たち法執行機関それぞれ強みのある分野で補い合い、Nの捜索にかかってくれ。

u01いどうしゅ

捜査チームの勝利は、所在地や移動手段をアルカイダ側と同じターンで書いた場合だ。移動手段は、鉄道や航空機などの場合、何時何分発までは問わない。

たとえば、具体的に路線、出発地点、到着地点までがアルカイダ側と同じターンで記入されれば、Nを発見押収し得るものとして捜査チーム側の勝利とする。

u01しょざ

一方のアルカイダ側は、つねに捜査チーム側と異なる移動手段、中継点を書き込み、
最終的にアメリカ国内のどこかにNを設置、そのまま1ターン経過、つまり次のターンでも捜査側がその場所を記入できなければアルカイダ側の勝利とする、

u01そうさちーむのしょうり 
ただし制限を設ける。1つのターンで使える移動手段は1つ、3時間まで。航空便のトランジットをした場合は1ターンではなく、最初の便と乗り換えの便、2ターン必要だ。

また同じ移動手段に乗り続ける場合も、3時間をこえた時点で2ターン目となる。
移動手段を変えつつ、できるかぎり1ターンで可能なかぎりの移動距離を稼ぐのがアルカイダ側のとるべき戦略だ。

u01しょうりは

また捜査チーム側は、1ターンで行える捜査は1種類とする。たとえば道路封鎖家宅捜索を1つのターンでは行えない。また離れた2つの場所を捜索する場合も2ターン分が必要となる。全市一斉捜索はできないということだ。
捜査チーム側はいかに効率的に動き、的確に人員資産を集中投入できるかが試される。

u01えぬをいどう 
Nを移動した痕跡についての情報は、我々審判3人が適宜判断し、捜査チームに公表するか、手がかりとなる事象を与える。逆もある。よろしいかね、ミスシラトリ

「え?」

u01なんていったnew 
「えっと、あ、あ、あれ、なんて言うんでしたっけこういうとき(焦)
あ、わっわ、
ち、ちょっと待って」

s30いっさつあれば すちゃっ
「えーと、ノ…」

u01ぷろぶれむnew 
「ノ、ノープロ、プロブレーム(震え声」

「さっきまでぺらっぺらフツーにしゃべってただろ、どんな偏った語学力なんだ」


「各法執行機関の縛りについても現実世界と同様とする。

CIA。現実と同じくアメリカ国内での捜査および諜報活動は一切できない

u01うけるかね 
「ふん」

FBI令状なしの捜査活動には制限がある。それぞれ現実の縛りを忘れないように」

u01のぞむところ 
「望むところだ、フェアにたたきのめしてやる」

u01すみそに 
「すると、我々は動物園内しか執行権限がないことに…」
「うむ、動物園をしっかり守ってくれ」

u01げんじつにそう

「現実に沿うため、諸君の組織のもつ人員資産でリアルに可能な捜索のみとする。全交通機関を同時に捜索、州全土を捜索、という類の表現も不可だ。

u01いっぽうである

一方で、アルカイダ側も使えるのは実現可能な運搬手段のみだ。弾道ミサイルで飛ばす、爆撃機で投下する、などのリアルでない手段は不可だ。

使える時間は、ターン1回につき10分までとする。

判断スピードも問われるぞ。では始めたまえ」

u01はじめたまえ

「ふむ、次」

u01ちっちがう 
(ちっ、違うのかよ)

u01ちがうのかよnew

u01つぎ01 
u01つぎ03 
u01つぎ02

u01つぎ04u01つぎ05

「ふむ、次」

u01やるたろうがんば 
やる太郎、がんばろうよ」
「日本語わからんがそれが物凄くアホな名前ってのは伝わってくるぞ!」

「おお、ひとつ言い忘れた」

u01きょうてきだ 
「諸君本気でかかった方がいい。ミスシラトリはこう見えて強敵だぞ」
「言うの遅せーよ!」

u01つたわって01 
u01つたわって03 
u01つたわって04

u01つたわって05 
「次」
んがっ

u01つぎあがっ01 ぬー
u01つぎあがっ0202


「次」
うげぼっ

「次」
どむわっ

u01どむわ 
「次」
ぁんぐおっ

「次」
「ンぱぺぐっおっ

「いちいちにぎやかですねえ」
気合いの表れだ!

u01つぎきあいの 
「次」

u01つぎむう01 
u01つぎむうう0202 むっかー

「ここで審判から手がかりとなり得る事象を公表する」

u01ここでしんぱん 
イスラマバードフランクフルト経由ロンドン行きのエティハド航空ビジネスクラス2席が、アルカイダとの関係を疑われる人物の名で予約された。だが当日──」

u01ろんどんに

「──この2席に乗る者は搭乗せず機は空席のままロンドンへ到着した」

u01なんだそりゃ 
「なんだそりゃ」

u01うけるかね 
u01ふうん 
「……ふーん」

「これは本来ならば搭乗時間からして数回分のターンになるが、搭乗者もおらず貨物も積まれなかったことから、移動手段ではないとして1ターンでカウントする」

u01かうんとする 
「…と、んんー?」
「うむむ、これは……なんと言うか」

u01おーけーでいいのか 
「OKでいいのか、こういうのって?」
アレン、どうだ?」
「ぬー、ミスシラトリがこれを書いた理由しだいだな」

「ミスシラトリ、この理由を聞きたい」
「あーはいはい、そうですよね。説明します」

u01あーはいはい01

「ふむむ」
「ぬむむ、なぜそれを」
「む、よろしい、現状の反映ではある。ルールはルールだ。このターンを認めよう」
「ありがとうございます」

「んなろ、どんな姑息な手を使いやがった」

u01んなろ 
「おい、まさか最初の場所から一歩も動いてないとかじゃないだろうな」

「ちゃんと近づいてますよ粛々と目標にむかって」

u01すうたーん 
オニールNはすでに数ターン前、カナダ経由でアメリカ入りしてるぞ」
げっ、なんだと」

u01あとさいそくnew 
「あと最速4、5ターンくらいでチェックメイト、かな。

じゃヒントついでに、最終目標も公言しましょう、
ビンラディンが最も敵に打撃を与え、世界への宣伝効果が大きいと考える場所、
u01びっぐあっぷる 
そこは、大っきい林檎と呼ばれてます」

(#^ω^)ピキピキ親切だな、それがアダにならんことを祈るぜ」


u01えねるぎー 
「このまま日本人なんかに負けたらユナイテッドステイツの名折れだぞ」
「しかしオニールエネルギー省でも探知機600基もそんなすぐそろわないよ。大半が全米の核施設に分散してる」

u01つたわって02 
「そんなのいいだろ、架空の演習なんだから。あることにしときゃいいんだよ」
「しかしクラークが現実に沿えと」

u01わかんねえ02 
クラークがいくら蛇みたいに偏執的でも
省庁の備品の数まで知らないだろ。絶対わかんねえって!

「誰かの声が大きすぎて、蛇みたいに偏執的なクラークまで丸聞こえだがな」

u01きこえてるがな01 
u01きこえてるがな02

「あーオニール、悪いがこれは通らん」

u01りょうじかん 
領事館職員相手の家宅捜索は言うまでもなく違法だ」
「だから話を通してからって書いてあるだろ!」

「この場合、国務省に話を通して当該国の大使から許可をもらう手続きが必要だ。この国からして許可が下りるかどうかも微妙なのに午前に頼んで昼前に令状が出るタイミングはあり得んぞ」

「そんなのやってみなきゃわかんねーだろっ」
「別の捜査に書き直してくれ」

u01くそけち 
「くそっ、ケチ」

「次」

u01くそけち02 
u01くそけち03

「次」

u01あとにたーん 
u01あとにたーん02

「次」

u01あとにたーんnew2 
「あと2ターンで目標地点に設置して、もう1ターンで秒読み入りまーす」

u01びょうよみ 
「くッそ! みてろ」

u01にゅーじゃ 
「お……」

捜査チーム側に動きがあった。メディアの報道があると仮定して公表する。

ニュージャージー州スプリングフィールドの倉庫街を捜索した結果、イスラム青年協会の関係者名義で借りられていた倉庫を発見。
イスラム青年協会は以前よりアルカイダの資金ネットワークと疑われる慈善団体だ。

すでに引き払われた後だったが、放射線感知に反応があり、核物質の痕跡を確認。

なお倉庫から荷物が持ち出されたのは捜索の1ターン前である」

u01えうわやば 
「え、うわ、やば。急に迫ってきた」

u01たっちのさ 
「ちっ、タッチの差か。一発逆転ねらったのによ。
だがみんな、Nがやっと手が届くところまで追いついたぞ」

u01たっちのさ02 
u01たっちのさ03 
u01さいごのたーんu01さいごのたーん01 
「これが最後のターンです」

「よろしい。N目標地点に設置された。これでアルカイダ側のターンは終了。
捜査側の最終ターンのときもNの状況はそのままだ」

u01ではよみあげ02 

捜査チームはあと1回、ラストチャンスがある」

u01ではよみあげ 


「では読み上げる。まずアルカイダ側」

u01きばくちてん 
「前回ターンでNを隠してあったブルックリン・ダンボ倉庫街の空きロフトから、イエローキャブのトランクに積み込み、ブルックリンブリッジを渡る。ブロードウェー経由、ワールドトレードセンター1の西側ウエストストリート路上に駐車した。

そこがN起爆地点である。そこでタイマーによる起爆…ん?」

u01ふはつnew

「──起爆2秒前で、爆縮用の回路が故障し、不発。

ではオニール捜査チーム側の回答は?」

u01けいかんのまけ 
「…………」

u01けいかんのまけ02 
「……警官の負けだ」

u01いちおうよみ0101

u01いちおうよみあげ 
「いちおう読み上げるぞ」

u01あむとらっく 
アムトラックペンステーション着」
「くそ、鉄道だと思ったんだがなあ。到着と同時に爆発するんだ、派手だろ」
「ハリウッド映画の見すぎですって」

u01しかしみすしらとり 
「しかしミスシラトリダンボとは考えたな。あそこはいま少しくらい変なのが出入りしても不自然な荷物があっても誰も気にせんからな」

「しかし、なぜ、わざわざ自分で不発と書いた?」
「私もアルカイダが勝って終わりは嫌ですもん、縁起悪いし」

u01じつはと 
「じつは途中で水に濡れそうなルート通りましたし。だから不発で引き分けです」

u01へんなお 
「変な女だ」

「では、互いのターンを参照してもらおうか」

u01のうかのらば 
「農家の騾馬の隊列に混じって国境越え? パキスタン軍の車両?
くそっ、そんなのありかよ」

パキスタン当局の一部がアルカイダタリバーンと癒着しているのは現実のものと考えざるを得ない。荷物がなにか知らなければカネしだいで彼らは協力するだろう」

u01ふぇでっくす02 
「堂々とフェデックスで送りつけるだと? これアラブから観光ビザでやって来る人間なんだろう? 怪しいじゃねえか、絶対チェック引っかかるぞ」

「ええ、でもこの積み荷を開封されることはまずないと思います。審判トリオもそれ認めてOKしてくれたんだと思いますよ」

u01さうじあ 
オニール、そのターンは我々も気になって説明を求めた。じつはミスシラトリはな、その観光客を"サウジアラビア人"と設定していたのだ」
「なに、マジか」
「まあ、そのーたしかにサウジ人の郵送物が開封される率はごくごく低い」

u01ぶたいうら02

「──ミスシラトリがなぜそんな舞台裏の事情までご存じかはわからんが」

「この不可解な事情をあとでCIAが弁明してくれるだろう」
「いやいやうちの関知しないところだ。事情はFBIの方にあるんじゃないか」
「いやいやそちらが」
「どうぞどうぞ」

この“事情”は、のち本当の9月11日直前の捜査で露呈する、致命的なタイミングで。

u01うらぐち 
「くそー、裏口いろいろ知ってるなら先に言えよ」
「だから強敵だと言ったではないか」


u01かぬーで 
「おいっカヌーで運河くだったのかよ!」
「でもカヌー駄目って誰も言ってないし。ここの移動だと最もよさげな手段でしょ?」
「ぬー、ぬかった」

u01うへー 
「うへー19ターン、これも危なかったなー。私ここ1ターン差で同じハイウェー使ってた。倉庫の件といい、よく分かりましたね。すみません、先ほどの見下した言動を謝らせてください。あやうく泣きべそかくとこだった」

u01なぐさ 
「慰めはいい。ますます情けねーじゃねーか」
「慰めじゃなくて本気で言ってるんです、ミスターヤルえもん

ウソだろ! つか名前もさっきと変わってるし!」
「あれ、一発やる太郎の方が好きでした?」


「では課題を話し合おう。時間押すがミスシラトリも参加してくれるかな」
「あ、15分休憩させてください。30人相手にアタマ使ったんで熱冷まししないと」

u01けんけんがくがく けんけんがくがく

「ふう、脳が汗かいた。さすがに」

u01あんぐろ 
「いやーアングロサクソン元気だなー、
そりゃあんな大量に動物性タンパク質ばっか食べてりゃねえ。

あれ? アメリカほかにもいたっけ? ノルマンゲルマン民族大移動?」

u01ばさっ ばさっ

u01はい?02 
「はい?」

u01ぼくがどくじ02 
「それ、ぼくが独自にメモってたターン。
あんた、17ターン目でフェリーに乗ったろ」

u01ふぇりーに 
u01ぼくがおなじたーんnew

「ぼくが同じターンで書いたとおりに君は動いた」

u01ざんねんだね02 
「残念だね、ほんとは君、負けてたんだよねぼくに」

u01じゅうななnew2 
「17ターン目はすでにアメリカ国内。あなたはCIA。それが答えだけど?」

u01ふうん 
「んっふふふ、負っけ惜しみー負っけ惜しみー負っけ惜しみー

u01どくじにめもったnew 
「独自にメモったということは、これをFBI組には教えなかったんですね。
もし教えてたら17ターンで捕まって私べそかいてたのに。

さっき見てたら、あなたってやる太郎特別捜査官と口もきかないし目も合わせないね。
あのひと嫌いなんだ?」

「はぁ? オニール? あんなやつ関係ないしそんな話してないだろ今? 話そらすなよ」

u01うけるかね 
「いい? こんなゲーム、バカらしくて興味ないよ。でもさっきから君がずいぶん得意げだからさ、上には上がいるってことを思い知ってもらったってだけ。
ここまで言えばわかった?

u01そうねえじnew2 
「そうねえ。まぁ17ターン目の仕掛けは分かるだろうなとは思ってた。
ついでにあなたが絶対ミスターやる太郎にそれを伝えないってことも。

CIAは国内の捜査はできない。地元警察にも頼めないし、FBIにじっさいの捜査を任せるしかない。だけどあなたはやる太郎特別捜査官になにも教えず、黙って眺めてた。

だから警官泥棒を取り逃がした。しかるべきときに出さないんだったらぽけっとなんにも考えてない役立たずとおなじ、いえそれより悪いでしょ」

u01きみさー 
「君さー、言い訳するほど余計みじめになってるってわからない人か?」

「うーん、じゃもうちょっと言い訳つづけるね。
8ターン目と13ターン目を見てみて。

8ターン目、ミスタークラークが途中で公表したイスラマバードフランクフルト経由、空席の旅客機の件ね。
あなたが私の意図に気づいたきっかけはこの8ターン目。遠目からもあなたが気づいたのは分かった。あなた自分で思ってるほどポーカーフェイスできてないよ。

u01あなたはきっとnew 
あなたはそこから意味をつかみ、13ターン目のケベック経由の便も先読みした。
もしその気があったら、とっととミスターやる太郎に教えてただろうし、
後のターンでそれが捜査に反映したでしょう。

もっとも8ターン目も13ターン目もオトリなんだけどね、二重の。

餌まいたの、あなたみたいなのを釣るために」


u01だいきらいな


「あなたはミスターやる太郎が大嫌いだから気づいたことを教えなかった、
だから捜査チームは動かなかった。
だから17ターン目のフェリーも、見抜いても絶対黙ってるな、と解析したの。

もしかしたら裏をかいてあえて私を泳がせてるかも、ってリスクもあったけどね。
ほんとにそういうことならわたし喜んで負けたのに。

でも失望したよほんと失望した。あまりにも解析どおりのつまんないやつで」

u01わるいけどnew 
「悪いけど、あなたみたいなやつって、だまして操るのいっちばん簡単だから」


u01だいきらいな


「ここまで言えば分かった?」



「あーミスシラトリ、お疲れの所すまんがそろそろどうかね」
「あ、はいはい。お待たせしました」

「ん、おい、ショワーはどこだ? 我がCIAの現場トップは」
「そのう、帰ったようでして、顔真っ赤にして」
「まだ途中だぞまったく! なんなんだあいつは!」

u01なんなんだ02 
「あーくそ、なぜだ! なぜ捕まえられなかった……」

「私が1人で、そちらが30人だったからです。ミスターやる太郎
「?」

泥棒役が私1人と決まった時点で、半分は勝ち確定でした。
だから正直ズルです。リアルのアルカイダ捜査側の内情なんて見えないですからね。

u01こがたかくnew 
あなたたち一人ずつ単体だったら、私なんかより百億万倍スペック有能だと思います。
皆さんの抱えてる最大の問題は、今ここに皆さん30人もいるってことです」

u01ていうか 
「………………」

u01ていうか02 
「……ていうかヤルタローじゃねえっ!
「恐竜並の反応ですね」

u01なぜだんぼ 
「不思議に思ったんだが、なぜ最後にダンボからわざわざローワーまで運んだんだ?」
「たしかにそうだ、移動するほど見つかるリスクも増える」
ダンボの隠し場所で起爆しても相当な被害がマンハッタンに及んだろうに」

「はい、でもミスタークラークが現実に沿えと言ったので、
一応ビンラディンに沿ってみました」

u01えぬは 
SADM米軍製特殊核爆破資材)重さ約70キロ

「ミスタークラークの指定した小型核はだいたい0.3から2、3キロトンかなと。

さらに地上で起爆すると考えると、もっと威力が落ちます。ブルックリンからローワーの高層ビルの林を吹き飛ばすにはやや力不足です。

ビンラディンと幹部たちは理系出身ぞろい、狂ってますがバカではないですから、小型核はまさに力も小型で、全能の破壊神ではないことくらい理解しているでしょう。

u01しっぱいしてる0202 
ワールドトレードセンター爆破テロ@1993年

とくにワールドトレードセンターは前にもいちど、
アルカイダの提携組織が混合爆薬で倒そうとして失敗してます。あれ地下6階分クレーターになる破壊力でしたが地上のツインタワーはびくともしませんでした。

u01あふりかのばくだん 
駐ケニア駐タンザニア米大使館爆破テロ@1998年

アルカイダが自前でやったアフリカテロでも隣の民間ビルは巻き添えでぺしゃんこに崩れましたが、2つのアメリカ大使館はさして壊れませんでした。
建物が頑丈で、爆弾を仕掛けた場所も離れすぎてたからです。

私がビンラディンならそのへんを教訓にして、
できるかぎりWTCツインタワーの近くで起爆させるよう命じるでしょう」

「しかし言ってはなんだが、日本人の君が核兵器の使いかたを冷徹に語るとはな」
ビンラディン日本人じゃないですよ」

「なぜワールドトレードセンターにこだわるのかな、君は」

u01わたしじゃない 
「私じゃないです、ビンラディンだったらそうすると言ってるのです。

を一発だけ使えるとしたら、彼は効果を計算するでしょう。
ビンラディンは一流の広報マンですから。

西洋資本主義文明に最も打撃を与えられるとしたらどこか。

u01とくにとくに 
ニューヨーク、とくにマンハッタン島の高層ビル街、
とくにとくにWTCのツインタワー

誰もがイメージする西洋資本主義の中心アメリカのシンボルです。
世界じゅうにひと目で巨悪アメリカの敗北を理解させる標的。

u01あのたかい02

"あの高い塔を倒せ"

私がビンラディンならそう命じます」

u01ところでみすた 
「ところでミスタークラーク、ひとついいですか。
最初に、爆撃機から投下するのは不可って言われましたけど、なぜです?」

「まあ、テロリスト爆撃機アメリカ上空まで飛来するとは、
さすがに現実的ではないだろう」

u01げんじつてきnew 
現実的でない、うーん」

u01でないうnew 

u01ほんとうにそう01

本当にそうでしょうか?」


"アメリカン11、こちらボストン管制、聞こえるか"

u01あめりかん01

September 11th .2001
08:21am
U.S. Northeast Air


──2001年9月11日 午前8時21分 アメリカ北東部上空


u01ほくとうじょうくう

"アメリカン11、こちらの声が聞こえるか、航路を外れているぞ"

"こちらボストンアメリカン11、応答せよ、アメリカン11
トランスポンダをセット、再送信せよ"

u01こちらぼすとん

"11便は本来ロサンゼルスに向かうはずだったが、航路をはずれ、
いまの針路はニューヨーク方面に向いている"

"戦闘機スクランブルの支援を要請する。ハイジャックの可能性がある"

"これは訓練ではない、訓練ではない"

u01げんざいけねでぃ 

"現在ケネディ空港の北36マイル(58km)の地点を
367ノット(時速680km)で飛行中。どこへ向かうつもりかは不明"

u01しつびした

"──失尾した。11便ケネディ西、約20マイルでレーダー失尾"


"もう1機、交信が途絶したのがいる"

"ユナイテッド175ユナイテッド175、応答せよ──"

u01ゆないてっど01 

"ユナイテッド175、こちらボストン管制、応答せよ──"

"ニューヨークレーダーよりニューヨークタワー、外を見ろ、窓を"

u01まどを 

"航空機が空港5マイル東に見えるか。降下しているのが見えるか"
"──見える、猛烈な速度で降下している。低すぎるぞあれは"


"アメリカン77アメリカン77、応答せよ──"

u01れーだーろすと

"レーダーロスト、77便をレーダーロストした。交信も途絶、トランスポンダは切れている、プライマリレーダーでもロスト、どこにいるか分からない"

"3機目ハイジャックされた模様。ワシントンに向かっている"


"ユナイテッド93ユナイテッド93、聞こえるか"

u01くりーぶらんど

"こちらクリーブランド管制ユナイテッド93、応答せよ"

"93便、聞こえるか"

"応答せよ、応答せよ"



2機目 占領都市の神隠し】へとつづく
u00mokuji.gif  u00tojojin.gif  u00shiryo.gif  u00nenpyo.gif
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 13:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お待ちしてました♪
早速オニール捜査官かわいいです!

| | 2013/09/18 17:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/390-e3ee3354

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT