PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第二十六解【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



終末論をかかげるカルトは世界に数多く存在する。
だが、自らの手で世界を終わらせようとしたカルトは、
ただひとつ、オウム真理教だけだ。

──ロバート・J・リフトン@精神医学者




s26げつようび

1995年3月20日 月曜日

地下鉄サリン事件発生後──深夜

警察庁、どんより。

霞ヶ関中央官庁、とくに警察庁警視庁職員大量虐殺ねらいのテロなのは明らか。
ニッポン警察も初めて直面する、既成概念の通じない敵だった。

s26だいげきろん 
で、2日後予定の強制捜査について、大激論が。

「それみたことか、サリンはあったじゃないか。もっとあったらどうする」
2日後は危険、充分な態勢を整え直すため延期すべきだ」
「まだ都内でテロを仕掛けるつもりかもしれない。首都防衛に力を注ぐべきでは」
Xデイを公表してるわけじゃないし、延期もやむなし」

s26おされぎみ 
という声が強くて、22日は押され気味に。

そんな弱含みの空気を、

なーにを怖じ気づいておるか!
s21もたもたしてるうちに02 
井上幸彦@警視総監 

「これは警視庁、いや警察、いや国家への挑戦状!
警察を封じ込める目的で起こされたことは明白である!

s26ここでおくびょう02 
ここで臆病風に吹かれて延期などすれば、警察腰が引けたと思われる!
きゃつらの思惑どおりになるだけだわ!

きさまら警察官であろうっ。

s26めっきか びしィッ
偉そうな階級章は2階の売店で買ったオモチャか!?


mark8_60.jpg  

同じ頃──

s26まにゅある 
オウム真理教強制捜査カミングスーンを見越して、
去年つくった強制捜査マニュアルに沿って証拠隠滅をはかる。

s26いほう 
違法行為の証拠になる記録、帳簿、メモのたぐいはどんどん焼却。
失うとまずい科学技術省の記録類は、サマナが小分けにして持ち出せ。

「これを君に預ける。科学技術省の重要情報だ」

s26ほとぼりが 
小林勝彦@科学技術省秘書

トリウム爆弾、レーザー砲戦車、反物質爆弾、人工雷、巡航ミサイル、金属イオン爆弾、氷爆弾──の設計図というか「やりたいなリスト」

科学技術省トンデモ新兵器こそいちばんいらんと思うんだが。


mark8_60.jpg 

s23聖路加国際 
地下鉄サリン事件修羅場の余韻まだ残る、
聖路加国際病院

s26こつ

コツ、コツ、コツ──

s11立ち止まる靴01s26こつきい 
コツ─────────────キイイイ──

s26きいい02

s26けいしどのnew0830

s26きいい04 
s26きいい03 

s23鼻水はふけ 
警視どのー」

s26けいしどのー 
s26よかったnew0830 
渋谷くん、よかった無事で」

「よしよし」


「あーこらっ、もー髪に鼻水ついたじゃん!」



s0gjサティアンズタイトル

1995年3月22日に行われたオウム真理教強制捜査までの、警察自衛隊、そしてオウム真理教の動きは、公開された情報にもとづく。
登場する公官庁、企業、機関、組織、部局、役職もすべて実在する。
白鳥百合子1107などこの色で示されるのは、架空の人物であり、実在する人物、事件、出来事と架空の彼らの交差する部分は、例によって創作全開ソースは妄想なんであるが、その内容には一応意図がある。
また、この色この形式*の人名は仮名である。



s26cptカナリヤは啼いているか05
line_cross5_450_30.jpg



s26しらとりけいしに 
白鳥警視に話がある」

s26たかいし 
高石和夫@警察庁警備局公安第1課長@白鳥百合子の上司

s26こんばんnew0830 
「こんばんわ、課長。こんなとこにおいでになる暇ないのでは?」

s26なきつかれ 
「彼はどうしたんだ?」
「泣き疲れて寝ちゃいました」

s26きみのけいたい 
「君の携帯電話だ」

s26すまなかった 
「すまなかった」

s26あなたがあnew0830 
「あなたが謝らないといけない相手は私じゃないと思いますけど」

s26えんきせず 
強制捜査は延期せず、予定どおり22日決行と決まった」
「あら、てっきり皆さんパニクって延期かと思ってました」

「そうなりかけたが、総監の一喝で変わった」
「あー、あの人は戦国武将ですからね」

s26るすでんでは

「──留守電で1107が助けを求めてます。対応は?」

「していない。事前に波風立てるのは好ましくないとの指示だ」


s26けつあつ

「今日はわざわざありがとうございました。
私の血圧が上がる前にとっととお帰り願えますか

s26びきょく

備局長は君を黙らせたいようだ。気をつけろ」

s26きをつけろ 


mark8_60.jpg  

「ねえ、このあいだ、あなたと話してたときだけど──」

s26ねえこのあいだ02 
マハーカッサパの、ほらアメリカの、ヘリ免許の話したでしょ」
「あ、はい」

「あれね、自分で喋っといてなんだけど、あんまり広まらない方がいいの。
まだ他の人に話してないよね?」

s26はいもちnew 
「はい、もちろんです」

「よかった。このまま内緒にしておいてくれる?」
s26ないしょに02 
マチク・ラプドンマ師
会員番号20番@最古参信者。
1990年総選挙にも立候補した25人のひとり。

イラストレーター、バブル華やかりし頃ばりばりギョーカイ人だった。
教団では編集・美術系のワークを担当。
富士山総本部道場曼荼羅図を描いたのも彼女である。

入信前は岐部哲也@マハーカッサパ正悟師@もし平井堅がインド人だったら恋人で。彼女の方が先にオウムにのめり込み、岐部は彼女を止めようと同行するうちにミイラ取りがなんちゃらかんちゃら。

古参のわりに知名度低く、ほぼ同期の早川、村井、新實岐部らが大臣長官にまで出世したのとくらべると、彼女はずっと目立たず地味に中堅幹部のまま。
ただ真面目で修行スキルはわりと高く、周りから敬意を払われていた。

石井久子都澤和子と似た古風な少女的美人だったんだが、なぜか麻原に重用されていない。彼女の何かが麻原のお好みに合わなかったと思われ。

「ねえ、さっきから顔色悪くない? 大丈夫?」

s26あのさまな 
「…あの…サマナが、在家の人たちから、今朝の地下鉄事件オウムがやったと世間で言われてる、と聞いてきたんです。私、不安で」

「気持ちは分かる。でもみんなが動揺するからね。
あなたを慕ってる子はあなたが思ってる以上に多いんだから」
「……すみません」

s26さここよ01s26さここよ022 
「さ、ここよ」
 
s26さここよ031 
「どうぞ、入って」

s26ああった032 
s26はいって01 
「電気電気、あ、あった」

s26ああった  
s26ああったnew0830


s26ああった03

s26しわけしない 
「大事な資料を急に仕分けしないといけなくなったの。一人じゃ手に負えなくてさー。あなたなら仕事も早いし、ちょっと手伝ってもらえない?」

「は、はい。私でお役に立つのでしたら」
「ありがとう、助かる」

s26すぱいちぇっく 
スパイチェック

s26いましぶ 
「いま支部道場では一部の人が、特別な修行させられてるそうよ、
公安スパイと疑われるサマナたちだけどね」

s26ふあんなのは 
「不安なのは分かるけど、目をつけられないようにね」

s26おおくぼより 
s26ぶじかくにん 
「えー大久保より姐さんへ。イイオンナ無事確認

s26いじょうは 
「今のところは異状ないようです」


mark8_60.jpg  

明けて、

3月21日 火曜日 強制捜査前日

s26かいけん 
南青山総本部道場教団が記者会見。

假谷さん拉致事件地下鉄サリン事件教団は無関係」
「わからない事件をすぐに教団と結びつけるような報道はやめてほしい」

マスコミは慎重に「正体不明犯人グループ」とだけ報道。

そして警察は、犯人についてなんも発表せず。不気味に沈黙したまま。


mark8_60.jpg  

s26いいおんな s26いいおんな03 
──────────イイオンナです」

“無事でよかった。ひとつ訊く、
いま、危険を感じているなら正直に答えて”


「次の指示をください」

“……電話の下を見て”

s26はりつけてnew0830  
携帯電話が貼り付けてある」


mark8_60.jpg  

s10お隣の02 
明日午前6時30分をもって宗教法人オウム真理教に対し、
目黒公証人役場事務長假谷清志逮捕監禁容疑での一斉家宅捜索に着手する」

捜索対象は、山梨県上九一色村富士ヶ嶺地区内および静岡県富士宮市内の教団施設30棟、さらに都内にある施設13か所など計25か所。

s26ふじさんそうほんぶs26そうほんぶ01 
富士山総本部 富士道場・第一・第四サティアン郵政省

s26だいいちかみくs26だいいち02 
第一上九 第二・第三・第五サティアン法皇官房・印刷工場)

s26だいにかみくs26だいに 
第二上九 第六サティアン麻原彰晃家族幹部の住居、教団本部)・治療省棟
ヴィクトリー棟自治省)・プレハブ工場群(科学技術省

s26だいさんかみくs26だいさん 
第三上九 第七サティアンサリンプラント)・クシティガルバ棟化学研究棟
第六上九 第十サティアン(礼拝堂・児童居住区)・ジーヴァカ棟細菌培養棟

s26だいよん02s26だいごs26だいななかみく 
第四上九 第八・第十二サティアン(パソコン組立工場・銃器密造工場
第五上九 第九・第十一サティアン(作業場・銃器密造工場
第七上九 倉庫・ヴァジラパーニ棟

s26みなみあおやまs26かめいど 
都内教団施設
南青山東京総本部亀戸新東京総本部世田谷道場杉並道場など13か所

これまでの捜査によりますれば、上九一色サティアンに暮らす信者は約800人。
老人女子供もいるんで全員が戦力じゃないけども、このうち20人30人でもサリン自動小銃もって籠城されるとかなり手ごわい敵になる。

地下鉄サリン事件発生からして危険度爆上げってことで、
関東管区機動隊<さらに800名追加招集。
機動隊だけで1800名という大軍にふくれあがった。

s26ぐんだん

強制捜査総指揮井上幸彦@警視総監@警視庁総合指揮所
現地指揮本部責任者寺尾正大@捜査1課長
上九一色現場統括山田正治@捜査1課理事官

上九一色富士宮捜索部隊>約2000名
機動隊警視庁捜査員にくわえて、山梨県警警察病院医療班with硫酸アトロピン、さらに陸自化学学校自衛官@臨時兼職警察官

都内教団施設捜索部隊>約500名。
機動隊警視庁刑事公安生安捜査員。

総員2500名超え。刑事家宅捜索としては異例中の異例の超大軍団。

s20現場から未舗装の 
強制捜査の大義名分は目黒公証人役場事務長拉致事件

假谷さん救出保護のための家宅捜索令状と、
拉致ワゴンから指紋の出た拉致犯一味@松本剛逮捕状

表の優先事項は「假谷さんの救出」「松本剛逮捕

なので名目上の主役は大崎署目黒公証人役場事務長拉致事件捜査本部
で、ほかはあくまで「捜査本部支援@お手伝いし隊という建前。

もちろん本音は>教団サリン製造地下鉄サリン事件関与の証拠をつかむこと。

假谷さんはどこにでも監禁されてる可能性があるため、
すべての教団施設をガサ入れできまくり、っつう理屈なんである。

s24おいちにい おいちにいおいちにい 
おお 都路の 治安の華ぞ ああ 正義 われら機動隊

先陣切って危険きわまるサティアン突っ込む役目は、
もちろん警視庁機動隊

s17正体不明のヘリ 
着手後、ただちに軍用ヘリを包囲、信者を絶対に近づけず、離陸を阻止せよ」
s047サティアン 
第七サティアンへの道幅は狭く、マスコミが群がると機動隊進入に支障が出るおそれがある。障害になりそうな行動をとる記者カメラマンは容赦なく排除せよ」

問題はサリンによる反撃。

きほん液体だが外気にさらされるとすぐ気化、一瞬で広がる。
およそ110-120m以内にいる人間の半数死亡、とされる。
なので、
前線だけでなく後方の捜査員支援要員防護服を着用する必要がある。
捜索部隊は一か所に集中するのは危険なんで、小集団に分散して配置すること。

と危機感あおる一方で、
宗教法人でもあり捜査手法によっては物議を醸す恐れもある。力ずくの強行突破は極力するな。あくまで假谷さん保護を前面に出し、令状どおり決して無理押しすることなく粛々と捜索を行え」

制約だらけ。どないせえっちゅうねん。


一方、22日決行」を知った自衛隊も動く──

s26じえいたいもうごく 
警察さんは自分らだけで鎮圧できるキリッとか言ってるけどぶっちゃけ無理っしょ」

今度の相手は極左過激派暴力団学生デモとは危険度の次元が違うし。

警察の態度は「除染の汚れ仕事済んだら、自衛隊なんぞとっとと巣に帰りやがれ」
的な恩知らず感ただようかんじだが。

やつらが自動小銃サリン、ひょっとしたら持ってるかもしれないロシア製重火器をもって籠城ゲリラ戦を始めたら、
警察ではどうしようもなくなる。こっちに泣きつくしかない。

そう、我ら自衛隊の出番だ。

s26さいあくのじたい 
自衛隊としては最悪の事態を想定して備える!」

自衛隊は生まれてこのかた、一度たりとも「治安出動」をしたことがなく。
治安出動」の準備だけで物議かもしまくりである。第二次朝鮮戦争机上シミュレーションしたのがバレて国会で大騒ぎになった三矢研究騒動もあったし。
なので、
防衛庁内局陸幕監部の間で、
ごく慎重に慎重に作戦は立てられた。ごくごく極秘裏に。

s26さりんたいさく 
サリン対策として、
特殊トレーラー野外手術システム」はじめ医療部隊
上九一色から5キロ北富士駐屯地に待機。
方面隊化学防護小隊も、演習の名目で上九一色に近い駒門駐屯地に待機。

さらに輪をかけて極々秘裏に、

s000おぺれしょん

富士山周辺および関東一円の各駐屯地から、
ヘリ部隊第1空挺団普通科(つまり歩兵連隊化学戦部隊高射砲部隊、さらに戦車部隊
即出動できるよう待機。

もし警察が阻止に失敗して、
オウム軍用ヘリラジコンヘリが飛び立ってしまったときは、

s26こうしゃ 
待ち構えた35ミリ高射機関砲@1分220発で撃墜する。

また他の地域でラジコンヘリが飛び立ったときは、
無線妨害電波ジャミング作戦

s26こぶら

s000とつにゅう

さらに対戦車ジェットヘリコブラ20ミリ機関砲(3000発/分)で>積んでるサリンごとラジコンヘリ木っ端微塵に。

ただし撃墜しても墜落地点がサリンに汚染される可能性大。
「とにかく首都中枢に絶対侵入させるな」
それって代わりにあることを意味するんだけども、そこは思考停止の約束だ。

s000ほうげき

さらにさらにオウム真理教自動小銃などで反撃、>サティアン支部道場籠城、>警察が制圧失敗、>知事から「治安出動要請」が出た、ってときには、

ただちに輸送ヘリ地上部隊急派、
上九一色サティアン群、都内施設をがっちり包囲封鎖。

s26せんしゃ 
s26げきは02

九十式戦車が乗り込んでサティアン砲撃

s000まきこん

戦車を盾にしつつ化学防護服普通科連隊サティアンに突入、抵抗を排除する

てのが当時極秘で立てられた治安出動計画で。

なんかすげー気分はマジプライベートライアンな内容である。

オウム捜査は、なりゆきしだいで血みどろ内戦へ発展する危険まではらみつつ。

s26しらいさんそう 
第1空挺団オウム自衛官@白井三曹、こっそり井上嘉浩@アーナンダに注進。

s26いのうえは 
井上オウム警官@小杉からのタレコミと第1空挺団の動きから、
強制捜査明日だと悟る。


mark8_60.jpg  

s26せいろか 
ふたたび聖路加国際病院

s26けいぶたちnew0830 
警部、立場逆転ですね、へへ」

s26きずつけnew 
s26やっぱりnew0830 
「……………」


「やっぱり、無理でした」

s26やっぱりむり 
「結局なにも変えられなくて。大ぜい死なせて傷つけてしまった」

s26ぎゃくてん 
s26じつはきnew0830 
「じつは去年くらいから、本庁へ行くと、
つい覗いてしまう場所があるんですよね。

拳銃保管庫です。

何度も拳銃を持ち出そうとしました。3、4回? いえ、10回とかもっとです。

s26あのおとこnew0830 
あの男さえ消えてなくなれば、すべて終わりにできる。
どうしても合法的に止められないなら、もうそうするしかない。

でも結局いつも手ぶらで帰るんです。勇気が無くて。

あ、これ初めて人に話しましたよ、はは」


s26やってれnew0830


「やってればよかった」


s26おまえのへた 
警視殿の下手くそな射撃の腕じゃ──」

s26たまははずれnew0830

「──弾は外れるわ、麻原はかすり傷ひとつ負わんわ、宗教法人代表に対する警察官殺人未遂という前代未聞の不祥事になるところだった。やらないで正解だ」

「え、あれ。お、起きてたんですか! やだ、人が悪いなー」
「おまえ声でかいんだよ」

s26なさけない 
「情けない。さんざんっぱらサリンのこと聞かされてたのにこのざまだ。
すまんな、肝心なときに手伝えなくて」

「え?」
「どうせ、またろくでもないこと企んでるんだろう」
「あ、バレました?」

s26しゃれにnew0830 
「今度のは、シャレにならないかもですよ」

s26いったろ 
「言ったろ、やれるとこまでやればいい」

s26やればいいnew0830 
「──はい」
「だが、法は破るなよ」

「じゃ、できるだけちょっとにします」
破るのかよ!


mark8_60.jpg  

その頃、渋谷はというと──

s26このだいじな 
「この大事なときに、なんで選挙違反担当なの? 警視どのー!」


mark8_60.jpg  

日付が変わり、
3月22日 水曜日

s26つぎつぎと 
上九一色サティアンや都内の支部道場から、次々とワゴントラックが走り出る。

ばたばたの刑事部は相変わらず監視ひとつ張りつけてない。
いちおう視察についてた公安部の車が慌てて追っかける。

が、

s26だがこのじき 
この時期になっても公安部は「これは刑事警察事案だから」
あてつけのように大半の要員を統一地方選選挙違反対策にふりむけてたんで。
人員も最小限杉るにもほどがあり、あえなく振り切られた。

公安の車が去ったあと、各教団施設から、

s26よるにまぎれて02s26よるにまぎれて01 
背にリュックのオウム信者たちがそろりそろりと現れ、
夜にまぎれて立ち去った。

去年11月につくった強制捜査マニュアルどおりに絶賛証拠隠滅中である。


ここ富士山総本部でも──

s26あまって

「あ、待って」

s26これもついか01 
「これも追加で入れてくようにって」

s26あはい 
「あ、はい」
「気をつけてね」

s26はいどちらさま


“──はい、どちらさま”

イイオンナです。いま出発しました。お土産も一緒です」
“うん、確認する。ありがとう”

「………あの」

s26ちかてつのnew2 
「……地下鉄の、あれですけど──

あれは教団の、したことなんですか?」


s26きょうだんの 
「………ええ」

s26ひとのためnew2

「……人のためになることしたくて入信したんですよね、私。
他のみんなも、そうでした。いえきっと今もです。
今だって外で言われてるような悪い人いないんです、ほんとです」

“ええ、そうだと思うよ”

s26なのにどうして 
「なのに、どうしてこんなことに?」

“私は外の人間だから、あなたたちの気持ちを理解できると言ったら嘘になる”

s26でもほnew0830 
「でも、ほとんどの人が“どうして”を問うことすらやめて、
気づけないか気づかないふりをしていて。

その中であなたは踏みとどまって、自らよいと思う行動をした、そう思ってほしい」

s26かんちしました 
「こちら駒込、感知しました」

s26やまみちを04 
s26やまみち0303 
s26やまみち02 
s26やまみち01 
「こいつ山道を歩いてますね」

コマちゃん、このあたりは間道が多いから、見失わないように気をつけて”

駒込、了解」

s26そういや 
「そういや、コマって警部補@班長だったよなあ。いつの間にかおれより上だ」
「思い出していただき恐縮ですわ、巡査部長

s26えーでは 
「えー、では警部補追尾にかかりますですか」
「急に気持ち悪いから。ですます要らんしコマでいいし」

s26せっせと

電子の目で追われてることを知りもしない信者はせっせと山道を歩き、

s26とまっている 
山道に停まってるホンダインテグラのもとに到着。
運転席には小林勝彦@科学技術省秘書。

s26にはこび  
で、そういう荷運び信者が何人かやってきて。荷物を次々とインテグラに積み込み。

s26いんてぐらこそーり 
インテグラこそーり出発。

s26ほとぼり 
小林勝彦@科学技術省次官秘書の役目は、
ほとぼりが冷めるまで機密資料を抱えて旅人しつつ、
全国津々浦々の安全な場所に隠して回ること。

地下鉄サリン事件をこれまでの殺人のように
ほとぼりが冷める」とか考えてるのが甘いんだが。

s26やまみちを04 
だが彼は知らない。

「よし、あれだ、該当車を確認」

s26なんばー 
「白のインテグラ、ナンバーは山梨57 ゆ──」

とっくにロックオンされてること。

s26やまみち03 
そして予定外の積み荷も紛れ込んでること。

s26そのほんと 
そのほんとは破棄焼却されるはずだった数枚の光ディスクには、
教団を崩壊へと導く「滅びの呪文」が刻み込まれてることも。

s26じゃんくしょん 
駒込より永田町当該車両はジャンクションを西へ向かった」

“では予定どおりでお願い”
「了解」

s26なんでわざ 
「なんでわざわざ逃がしちまうんだ?
いまひっ捕まえればお宝がさくっと手に入るのに」

「それだと私たちは公安捜査員だから、公安部警備局がお宝を手に入れる流れになるでしょ。でも警視はそのラインにお宝を独占させるつもりがないってことよ」
「え、そうなの?」

s26だからわたし 
「そう、だから私たちは情けなくもあれを失尾するの。
あのインテグラは、警視庁以外の警備公安じゃない警察官に捕まる。

それが白鳥警視の狙い。

お宝は正規のルートで警察庁に報告されて、全体に共有される。
そうすれば上も公安得意の秘匿のしようがないから」

s26でもそれ02 
「でもそれって」
「そう、反逆そのものよ。だからバレたらまークビかな。
ここまでやるって、警視はよほどお偉方に愛想つかしたんだと思う。

s26たいちょうが 
「体調がああじゃなかったら私たちを巻き込まないで自分だけでやったんじゃないかな。今だって一人でぜんぶ責任かぶるつもりなんだと思う。そういう人じゃん」

s26でもわたしは 
「でも私はそれでもやるし。もしバレたときは私も逃げない。
あ、でも大久保はいまの話、知らなかったことにしてもいいよ」

s26みそこなうな 
「見損なうなコマ。おれだって姐さんに地獄までついてくぜ。
ああっどこ行ったインテグラ!
「演技は要らんから」

s26にしへにしへ 
とにかく“お宝”満載のインテグラは、西へ西へと──


mark8_60.jpg  

3月22日 水曜日

午前3時──

自衛隊はさらに前のめりに。

玉澤防衛庁長官のゴーサインをもらい、
東部方面隊全部隊に「不測事態対処態勢」を発令。1万2000名が待機に入る。

s000しみんを261 
不測事態」とは戦闘のこと。

ひそかにひそかに、自衛隊内戦突入カウントダウンに入っていた。

防衛庁@情報部門の要職には警察キャリアがお目付役として出向している。
とうぜんそこから警察庁にも自衛隊のきな臭い動きが耳打ちされる。

s26じえいたいを 
自衛隊治安出動させる事態があってはならん。
なんとしても警察の力で抵抗を抑えるのだ」


mark8_60.jpg  

「出ろ」

s26でろすぎまりこ02

杉マリコ*@妊娠中牢獄コンテナから出される。

s26ほかにもこんなに 
s26かんきん 
(私のほかにもこんなにたくさん監禁されてたんだ)

強制捜査で見つからないように、
囚人たちは牢獄コンテナから出され、第十サティアン礼拝堂に集められ、

「おまえたち、これを飲むんだ」

s26これをのみs26これをのみ02

囚人たち、オウム医師に言われるまま飲んで、

s26ばたん 
ばたんきゅー。眠りこける。

s26ねむりこけ 
杉マリコ*も同じく眠りこけ

てなくて、マリコ*、
錠剤飲んだふりして舌の裏に隠していた。

きっと警察が来るんだ。
逃げるチャンスが絶対ある。

s26s000さあ

寝たふりしつつ、不屈の妊婦杉マリコ*、朝を待つ。


mark8_60.jpg  

午前6時──

s26とうきょうほうめん 
東京方面からやってきた警備車輌、覆面パト、パトカーの大集団、
中央道河口湖インターを通過。

s26でばんをs26でばんを02 
一方、陸上自衛隊の各部隊も、
上九一色近くの駐屯地に移動、出番を待つ。
 

午前6時半──

s26そうさ001  
強制捜査部隊車両群、上九一色村富士ヶ嶺地区に到着。

s26ぞろぞろ 
機動隊捜査員がぞろぞろ降り立ち、
徒歩で各サティアンへと向かう。

s26みりたりーな 
機動隊捜査員も、自衛隊から借りたミリタリー化学防護服というものすごい光景。

國松長官「移動中は防護マスクを装着せず、迷彩柄防護服も隠して行動するように」

s26ぐんたいてき 
機動隊は軍隊的な集団なんで、長官の指示に全員従ってるんだが、
デカたちは「やだよ死ぬじゃん」最初っからみんなフル装備である。

s26けんじゅう 
しかも今回、機動隊はもちろん捜査員全員拳銃携帯でのぞむ。

日本刑事はふつう捜査中も拳銃なんて持ち歩かないんだけども、
オウムはふつうの犯罪者じゃないんで。

さらに、
s26くろふく 
そんな大部隊の目立たない後ろの後ろの方に、
当時まだ内緒で秘密の存在だった黒服集団がこっそりひっそり紛れている。

s26たいてろ 
対テロ特殊部隊特科中隊SAP」@第六機動隊所属

ふつうの警察官とはちがって、サブマシンガンスナイパーライフルで重武装。

s26もんどうむよう 
オウム信者自動小銃で応戦してきたばやい、
問答無用に射殺して排除。警察とっておきの隠し球である。

ちなみにこの秘密部隊
この年おきた全日空ハイジャックで初めてテレビに映って世に知られ、

のちSATと呼ばれるんだが。それはまた別の話。

s26このえ 
サリン工場と見なされる第七サティアンに先陣切って突っ込むのは、
最猛者といわれる「近衛のイッキ」「旗本イッキ」こと警視庁第1機動隊

s26かなりやさん 
ペット店からかき集めたカナリヤさんたちも果敢に参戦。というか単に運ばれてる。

s26そうさ002

“こちら上九一色村から中継でお送りしています。
教団施設にいま機動隊が……”

s26めいさいnew

迷彩柄防護服を着た機動隊が、あ、いま教団施設に──”

静岡県富士宮市オウム真理教富士山総本部前です。ここにも大勢の機動隊が──”

s26れいじょう06

令状を見せろー」「警察権力乱用を許さないっ」

s26s000さあ

午前6時50分──

s26そうさ003

オウム真理教教団施設、一斉強制捜査、始まる。



第二十七解 アイ ショット ザ ポリス】へとつづく

line1_450_copy02.jpg 
title目次へ39 
s00主な登場人物01 s00事件関連年表01 s00用語組織図01 title関連資料 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/368-4c48c350

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT