PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ネバタたん(10 終)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter10(終)サルビアの花

salbia_convert_20100413012439.jpg

contents  (9)
参考文献 
噂、デマ、中傷、事実と確認できない話


■子どもたちは立ちすくみ…

事件の1週間前に少女をからかって、カッターナイフを振り上げられた同級生男子がいた。
市教委の報告書にその一件が「予兆」と記載され、さらに校長「男子から報告がなかったのは残念」的に口にした。

その男子は「自分のせいだ」と悩んでPTSDになった。
2010年3月──。この件について九州弁護士会連合会は、市教委と元校長に問題があったと勧告した。


少女の属していたミニバスケ部の関係者は、
「あの子はとくに上手くなかった。退部した後、一度だけ試合に呼ばれて、自分は必要なんだと思い込んだのかもしれない。でもクラブとして評価は高くなかった。それで蔑ろにされたと思ったんじゃないの」
と、したりげにマスコミに話した。

やはり、少年スポーツの大人は信用できない。



児童雑誌が全国の小6に行ったアンケート──。

「どうして口げんかだけじゃなかったの?殺すより、けんかして嫌いになったほうがましだと思うけど」
「ぶんなぐる、ひっぱたくくらいに、なぜしなかったの?
「すごく、ふたりともかわいそうだと思った」
「一学年一クラスなのに担任は何してたん?
「親に彫刻刀を没収された」

子どもたちも皆ショックを受けていた。そして大人なんかよりよほど真っすぐに冷静な目で“自分たちの問題”として事件をとらえようとしていた。

過半数の子が「友だちとは事件の話はしなかった」と答えた。


2004年秋──。
少女2人の同級生の男子が、被害少女を悼み、「なぜ」と揺れ動く心を書いた詩「トケイソウ」が、伊藤静雄賞の佳作に入選した。


■「親にどうしろというの?」

gosoucar2.jpg

少女は聴取にも淡々と感情を乱すことはなかった。でも両親が面会したときだけは動揺し、目をそらして黙った。
「どう反応していいのか分からない」
という様子だった。

からの手紙に「戻ってきて」と書いてあるのを知って、少しだけほほ笑んだ。
「5年生のときに合宿から帰ったら『もうちょっと泊っておけばいいのに』と言われてがっかりしたから」


あまりにも皮肉ながら、少女はやっと家族の絆を手に入れることになった。


彼女はだんだんと自分がしたことのリアルな結果を理解していった。

被害少女の父親の手記や、両親が遺族に送った手紙の内容を読み聞かされ、ぽろぽろ泣いた。「悪いことをした」「どう謝ればいいんだろう」



少女の精神鑑定には3か月もかかった。

その結果──



9月15日──。

鑑定を受けて家裁の審判──。

怒りの感情を適切に処理できない」精神病性の障害はない」
広汎性発達障害の可能性はある」「基準を満たすまでの顕著な症状はなく」……。

なんだか回りくどいが、つまり、キレるとあぶないがビョーキってわけではない、ってことなのか。

さらに、対人関係に考えを向けられないだの、情緒面に著しい遅れだの、物事のとらえ方が断片的だの、聞くより見る情報を処理するだの、抽象的なものの言語化ができないだの、いろいろ指摘が並ぶが、

こんな程度↑ならそのへんの小学生にいくらでもいる。

この結局なんにも言ってないも同じの玉虫色すぎる鑑定結果には、さっそく専門家からも異論が相次いだ。正直これではどんな見かただってできた。

いくら少女の言動を追っても、描いたログを漁っても、
悲しいほど平凡すぎる小学生2人しか見えてこない。

大人のつくり出した理屈は「異常な事件を起こした普通の子」にはまったく無力だった。


鑑定書を何度も読んだ被害者の父「なぜ」が分からないと嘆いた。
「鑑定や調査の限界なんだろうか」
普通の子が怒りの末に人の命を奪うという一線を越えた行動が、理解できないでいる」


一方、

家裁は、両親の子育て責任も厳しく“断罪”した。

娘が2歳のときに父親が病気になり、母親が家計を支えなければならなかった事情があるとしても、娘に教育面はともかく情緒的な働きかけをしてやらなかったこと、大人しく手のかからない子として娘の問題性を見過ごしてきたことうんたらかんたら──、


これを報道で聞いて同級生の親たちは思った。

「自分が少女の親の立場でも気づかなかった
家計のためにパートに行くことだってある。
親にどうしろというの?」


普通の子に見えても危ないと? 仲良しの友だちでも殺し合いになるからいつも疑ってかかれと?

被害少女の父でさえ、
「そのような家庭は珍しくない。自分もドキッとした」


少なくとも彼女は殺人淫楽症でも、破壊的な性衝動の持ち主でもなかった。わずか4か月前までは問題の兆しすらない平凡な女の子だった。
それなのに事件は起きた。
彼女を突発的な「異形の怪物」として封印しておしまいにはできない。


退廷するジャージ姿の少女に、家族が「頑張って」と声をかけた。
少女は無言でうなずいた。



この日の家裁の決定によって──、

少女は日本でただひとつ行動制限(部屋にカギをかける)のできる女子自立支援施設「国立きぬ川学院」へと移された。


そこで彼女は発達障害の一種アスペルガー症候群(たぶん軽度の)と診断された。
(なんで3か月もかけた鑑定とちがう結果が出たのかはよく分からないが)
「事件とは関係がない」という但し付きで。

それを知った人々はよく判らないま「やっぱり」と安堵した。やっぱり普通の子じゃなかったんだ。そうだよなあ。

ほらみろっ!だから殺したんだ!危険だ!
勝ち誇る人もいた。
一応ジャーナリストとか知識人と名乗る輩にまでいたし、そんな風に決めつけた本まであった。


アスペルガー症候群と犯罪との関係は、はっきりいって「一般人と似たようなもの」
アスペルガー=殺人しやすい、わけではない。

かといって、まったく関係ないかというと、その「正直すぎる」「人の気持や感情を理解しづらい」などの性質が心理面で影響することもないわけではない。

“関係ない”と言い切りすぎて逆にうさん臭く見られがちなのは、この辺りの微妙なごにょごにょの部分のせいだろう。

だが、人権を意識しすぎた説明の自粛、偏見や誤解や面白半分のウソ、噂などが乱れ飛びすぎて、結局「みんなよく知らない」し、まともな体制づくりすらいまだナシ、なのが現状だ。

でもそれはまた別の話。

ここでは「たくさんある要因のひとつにはなったかもだが、決して唯一で決定的な原因じゃないと、とだけ。


■卒業。そして──

hanataba.jpg

2005年3月──。
きぬ川学院内で、たった一人の卒業式が行われた。

少女は小学校の卒業証書を受け取ると「ありがとうございます」と小さな声で言った。
参列したのは学院の職員たちだった。

肩ほどだった髪も胸まで伸びていた。心理療法を受ける日々が続き、図書室で借りてきた「走れメロス」を読んで「友情の大切さを感じた」と話し、事件についても「反省」を口にするようになった。
(いまだに「走れメロス」なのかよ…)


入所半年経って、寮長と副寮長を親代わりとして寮で生活し始めたが、2006年、家裁と児童相談所が「まだ集団生活は危ない」と待ったをかけた。
部屋にカギをかける強制措置の可能期間も2年延長された。


さらに時は流れて。

彼女は15歳になった。すでに学院内で同世代の少女たちと交流も始め、学院内の中学校に通っていた。

2008年3月──。少女は学院内の中学校を卒業した。

同じ年8月──。
児童相談所の決定。
──「更正状況」「心身の成長」からもう行動制限は不要、強制措置も延長しない。


被害少女の父は強制措置の解除を前に会見で言った。
「彼女はやり直しができて、私の娘はできないのだと改めて感じた」

少女の両親は、毎月、遺族に手紙をしたため続けている。



その後、少女の消息は明かされていない。




2008年6月1日──。事件から4年後。

高校生になった元同級生の約20人が母校に現われ、それぞれ持ち寄った花束を亡き同級生にそっと捧げた。同じ日にあった高校総体から急いで駆けつけた子もいた。



2009年6月1日──。

事件のあった小学校で追悼の会が行われた。
5年前の事件を忘れないように。
あの当時はまだ1年生や幼児、赤ちゃんだった子どもたちがそろって黙祷した。

あの学習ルームは撤去改装されて、壁のないテラス「いこいの広場」になっている。


そこに1年生と6年生が一緒にサルビアの苗を植えた。



osonae1.jpg


──亡くなられた怜美さんのご冥福を
心よりお祈り申し上げます──。



──another ending──
きれいごとだけでは済まない、もうひとつの結末


関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 01:23 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うん、これって全然特殊なケースじゃないと思うし
自分だってそうなる可能性はあるかもしれないし。
つねに紙一重だと思いますよ。事件が起こるか起こらないかって。

残った大人たちにとってはそうしなきゃなんないからだと思うけど
「原因はなにか?」を探って、責任の擦り付けあいをするのって、無様だよね。

悪いけどアスペの友達なんて私の周りには複数いるし、
「アスペだから」なんて理由で納得する人がいるのはとっても失礼だねえ。
まあ、この場合、99%アスペルガー症候群でなくてもよくて、
“名前のついたそれらしい何か”が欲しかったんだろうなって思うけど。

で、同じ感想だけど、なぜいまだに「走れメロス」。。。
この間、テレビでアメリカの更正施設の1つを紹介してたんだけど
それは、メロス読むんじゃなくて、虐待を受けた犬の世話をするプログラムでした。
「プリズン・ドッグ」っていう番組タイトルの。
世界の更正施設がとっている手段、すべてを知っているわけではないので、
プリズン・ドッグこそがベストともいえないんだけど、
少なくともメロスで感想文よりかは心に作用しそうだなと思いました。

ついに完結しましたね。長編にして魂のこもった力作。
お疲れ様でした。
もしや今、抜け殻になってませんか?

| ash | 2010/04/19 23:00 | URL | ≫ EDIT

多岐にわたる観点、深い洞察力、改めて感心していますよ。

人生って、もしやちょっとした選択の差異で大きな違いとなるのかな~、と思いました。
私自身で言うと、あの日駄々を捏ねないで良い子にしていたらとか、
大嫌いな数学も我慢して勉強していたらとか・・・。
私の人生を例えにするのでは想像するにも平板過ぎますが、
多分そういった程度が大きな違いとなるのだろうな。

ネバダたんが陥ってしまった間違った道を軌道修正できる人材がいなかったことは悔やまれますね。
私は真面目じゃなかった高校時代、諭して頂いた先生がいなかったら、今頃どうなっていたことか。


今更ですが、他人を見抜くには自分を磨くしかなくて、他人に手を差し伸べるにも自分を磨くしかない。
のりあきさんの筆は心を揺さぶる力を持っています。
私も何かを持ち得なければいけないな。

| かあたん | 2010/04/20 00:29 | URL |

Re: タイトルなし

>かあたんどの

長らくの憑き物落としへのお付き合いありがとうございました。
2人の少女がやっと離れつつあります。

> 人生って、もしやちょっとした選択の差異で大きな違いとなるのかな~、と思いました。
> 私自身で言うと、あの日駄々を捏ねないで良い子にしていたらとか、
> 大嫌いな数学も我慢して勉強していたらとか・・・。
> 私の人生を例えにするのでは想像するにも平板過ぎますが、
> 多分そういった程度が大きな違いとなるのだろうな。

ねえ。ワ士もあのとき算数嫌いになってなかったらフィールズ賞とってるはずですよ。あの珠算がいけないんです珠算が。

こうして彼女たちの軌跡をたどると、あと一歩、ふと一息で何事もなく済んだかもしれないと思うとなんだか切ない感じです。
まあネバダたんの方は別の理由でミタちゃんとケンカ別れして、中学くらいで不登校かなにかになったかもしれませんが。走れメロスを読まされる羽目にはなってなかったでしょう。

しかし女子の方がより追い詰められてる感が強いのはぬぬむ、でした。

あの調査から5年経ってるわけですが、たぶん改善どころか悪化してるでしょうね。ゆとりじゃなくなって詰め込みに戻るし。


>
> ネバダたんが陥ってしまった間違った道を軌道修正できる人材がいなかったことは悔やまれますね。
> 私は真面目じゃなかった高校時代、諭して頂いた先生がいなかったら、今頃どうなっていたことか。

やっぱりキーマンのような人がいるんですよね。ワ士もいたはずですが、恩知らずなことにそれが誰だったかぜんぜん覚えてない。すみません。読んでないと思うけどここでお詫びしときます。

> 今更ですが、他人を見抜くには自分を磨くしかなくて、他人に手を差し伸べるにも自分を磨くしかない。
> のりあきさんの筆は心を揺さぶる力を持っています。
> 私も何かを持ち得なければいけないな。

ありがとうございます。お恥ずかしや。
気軽に手を出した2人の少女に憑かれてなぜか必死でした。
ん?なんか↑上のこれは変な意味にも取れるな。

しかしせいぜい5回くらいで終わると思ってたのに、こんなに長くなってしまうとは。

お付き合いありがとうございました。

あ、それといえいえ、かあたんどのはすでにいろいろと持っているではないですか。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/20 13:22 | URL |

Re: タイトルなし

>あっ種どの

> うん、これって全然特殊なケースじゃないと思うし
> 自分だってそうなる可能性はあるかもしれないし。

まあワ士は女の子でも小学6年生でもなかったですが、
「ケンカして、刃物を手にする自分」ってのを容易に思い浮かべることができて、ちょっと寒くなったのを覚えてます。

で、こうして調べてみたら、ますますそれが強まって、同化しそうでヤバかったっす。
逆に「なんでだなんでだ」という人たちに「なんで分からないんだ?」と思ったり。
いまだに小6で脳が止まってるのかワ士は?


> つねに紙一重だと思いますよ。事件が起こるか起こらないかって。

拘留中の彼女も夢から覚めたようになってて「なんでこんなことになったんだろう、なんで?」という様子だったと云います。
なんか熱に浮かされたようになってて、我に返ったら閉じ込められてました、ってところなんでしょう。なんや解離性なんちゃらとか専門用語で説明されてますが。

> 残った大人たちにとってはそうしなきゃなんないからだと思うけど
> 「原因はなにか?」を探って、責任の擦り付けあいをするのって、無様だよね。

原因はなにかは自分の少年少女時代を振り返れば分かると思うんですけど、昔すぎて忘れたのか分からないふりをしているのか。

> 悪いけどアスペの友達なんて私の周りには複数いるし、
> 「アスペだから」なんて理由で納得する人がいるのはとっても失礼だねえ。
> まあ、この場合、99%アスペルガー症候群でなくてもよくて、
> “名前のついたそれらしい何か”が欲しかったんだろうなって思うけど。

どうもアスペの名が一人歩きしてしまってますね。
そして今回いろいろみてると、「アスペは何をするか分からない」「アスペだから危ない」「アスペだからキレる」といういい加減な話がものすごくたくさんあふれてて、それがかなり浸透してることです。

で、「アスペと犯罪は関係ない」という専門家や良識家?の人たちも言い過ぎで、かえって嘘くさくなってしまう。性格の一部である以上、まったく関係ないわけはないんだから。

犯罪を犯したアスペは、海外(先進国全部)だと3人。でも日本はなぜか25人もいます。これでは上のような噂も出てしまうでしょう。
日本ではアスペの人がそれをまったく考慮もされず無理解のなかでほったらかしにされてる結果ではないかと言われてますが、日本の風土のせいかもしれません。


> で、同じ感想だけど、なぜいまだに「走れメロス」。。。

「セリヌンティウス、ぼくを殴れ」
あれって、いま読まないんですかね授業で。
ああそっか、道徳の教科書だったから無いんだ。


> この間、テレビでアメリカの更正施設の1つを紹介してたんだけど
> それは、メロス読むんじゃなくて、虐待を受けた犬の世話をするプログラムでした。
> 「プリズン・ドッグ」っていう番組タイトルの。

ああそれ3分45秒視聴しました。犬の旅立ちのとき、囚人たちが涙する。もちろんワ士も涙する。
じっさいに生きてるものに接する、というのは心の作用にすごく大事だと思いますよ。

日本でも島根の刑務所が盲導犬の世話してるみたいですね。犬の旅立ちのとき、囚人たちが涙する。もちろんワ士も涙する。


> ついに完結しましたね。長編にして魂のこもった力作。
> お疲れ様でした。
> もしや今、抜け殻になってませんか?

憑き物落としに辛抱強くお付き合いいただきありがとうございました。
5回くらいでほんと済むかと思ったんですが、すんませんでした。
なんとか彼女たちは離れていってくれそうです。ような気がする。


真っ白に燃え尽きていたいところですが、なかなかそうもいかず…。
とじっと手を見る。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/20 13:48 | URL |

    √∫çうむぅ。このゲームはムツかしぃのぅ。単に迫ってくる□を避けるだけなのに。二分と持たない。

そういえば、今時のガキどもはカッターの使い方さえ知らなかったりする過保護な奴らだと思っていたら、なんのこたない、この事件以降学校にカッターを持ち込むことが禁止だったりするのだな。男の子でさえ、刃の折り方を知らない。オルファって会社がまだあるかどうか知らんが、日本人の知恵なのにのぅ。

| 否認頭のあいつ | 2010/04/20 22:09 | URL |

Re: タイトルなし

>否認頭のあいつどの

>     √∫çうむぅ。このゲームはムツかしぃのぅ。単に迫ってくる□を避けるだけなのに。二分と持たない。


「√∫ç」はどういう意味なのだ? クリンゴン語か?

たしかにカンタンなようで難しい。ワ士など40秒しかもたなかった。

>
> そういえば、今時のガキどもはカッターの使い方さえ知らなかったりする過保護な奴らだと思っていたら、なんのこたない、この事件以降学校にカッターを持ち込むことが禁止だったりするのだな。男の子でさえ、刃の折り方を知らない。オルファって会社がまだあるかどうか知らんが、日本人の知恵なのにのぅ。

べつにカッターナイフだけ取り上げても、図工室のカエサルの石膏像とか給食のフォークとか卿気になるものはなんでもあると思うんだがな。
相変わらずの小手先の対応である。

教科書が分厚くなってまた詰め込み教育に戻りそうだし、子どもんたらーがさらにイライラしそうである。塾に行ってるお受験組が学校で憂さを晴らすために荒れてるというしな。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/20 22:15 | URL |

どーでもええがガタガタ長げぇよ。
いつも思うが本当に書いてる描写が細かいが真実なのかよ。
あと至上もっとも可愛い殺人者とか意味不。
【子供やっています】とか【教師やっています】って感じが何よりも気味悪い。親も糞だな。

| 神 | 2010/07/21 04:13 | URL | ≫ EDIT

> 神どの

> どーでもええがガタガタ長げぇよ。
> いつも思うが

おおいつも読んでくださってるんですなありがとうございます。
長くなっちゃうんですな、こぼさないようにすると。

> 本当に書いてる描写が細かいが真実なのかよ。

さて? どうでしょう。ある人からすれば真実じゃないでしょう。

> あと至上もっとも可愛い殺人者とか意味不。

いや、そうやって当時言われてたんで、
ワ士が命名したわけではないのですな。タイトルまで長くなっちゃってますな。

> 【子供やっています】とか【教師やっています】って感じが何よりも気味悪い。親も糞だな。

えーと、これがよく意味がわからんのですが、どういう意味なんでしょ。
教師ってやってたっけな?

今後ともよろしくお願いします。

|  noriaky231(仮名  | 2010/07/21 11:14 | URL |

> 神どの

ああ書き忘れてた神どの

> いつも思うが本当に書いてる描写が細かいが真実なのかよ。

この事件、噂やネタも含めて情報はあふれんばかりでしたが、いちおう信用ならん情報はせっせと捨てたので、“比較的”真実に近いと思いますわい。

|  noriaky231(仮名  | 2010/07/21 13:47 | URL |

お邪魔します

世を賑わす事件は数多ありますが、(幸いにも)その殆どに私は大した興味も持たずに通り過ぎていく中、この事件は印象的でした。そういえば某匿名掲示板を初めて覗いたのもこのためでした。その後も私の中では消化できず、何年経っても忘れ切れませんでした。

今回力作を興味深く面白く拝見いたしました。
被害者には気の毒なことでしたが、「ヤバくなってきたネバダ」に対してもう少し距離をとる技術さえあれば(それは後数年すれば自然と身に付いたものでしょうが)、あんな目には遭わなかったと思えてなりません。

加害者の持つ、特定の対象への妙なこだわりとか夢想的な資質は、適切な環境や指導者に導かれれば良い方向に向かうものだったのかもしれませんね。(ただ、もし事件を起こさなかったとしても、今のような世の中ではかなり苦労したかもしれませんね、この子は。)
シェイクスピアは、ありがちな性格を持つ人がある特別な状況下では行く所まで行ってしまう様子を描いて「性格は悲劇なり」とか言っていますが、この事件ももしかしたらそんなものだったのでしょうか。

加害者が事件後に解離状態になったことに関して、お陰様でかなりスッキリと呑み込めた気がします。
そうすると、不良の兄ちゃんやヤンキーのお姉さんを相手にした施設での更生といってもその効果は何とも頼りなさそうですね。
更生施設での様子というのは(noriaki231 様が参考文献から意図的に外していらっしゃるであろう)K女史の本にしか見られないのですが、あの本を信用する限り、施設側も彼女を持て余していたのがそれとなく伝わってきました。

昨年末の地元紙によると、地元の教育委員会でさえ、彼女の更生施設での様子、退所後何をしているか、そして自分の起こした事件についてどう思っているか、サッパリ伝えられていないらしいです。だから地元教育委員会も未だに事件の総括が出来ないそうですよ。

今回どうも長々と、また時期外れに失礼致しました。
私はこの書き込みでようやく精算できそうです。

| 焼味噌売り | 2012/02/28 22:11 | URL |

この加害者が事件をおこす前 、給食のとき最後に喋ったのが私の友達だつた。

こんな場所でいうのも
なんだけど、

やっぱり悲しい話だった。

| あ | 2012/09/27 06:44 | URL |

むずかしい話だね

| | 2014/04/22 02:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/34-cd5c2a41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT