PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ネバタたん(8)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter8 未来日記

sonota-111.jpg

contents
(7)


さて、事件から6年も経った今、なんでまたわざわざ資料を漁りはじめたかというと、
「どうしても彼女が他人と思えなかった」
が最大の理由だったんである。

ありきたりのはずの幼い友情の物語が、なぜあんな最悪きわまれりの悲劇に終わってしまったか少しでも知りたかった。殺人狂だったり精神疾患だったりなんてニッチな理由は違うだろ、もっと普遍的なもんだろ、と。

だからあくまで、「どこにでもいそうな子同士」の出来事として見た。

そんなわけだから「少女は特殊で残忍で異常だった」という視点にはほとんど立ってない。
そのせいで2人が親しくなった事件の1年も前にまでさかのぼることになって、こんなにずるずるだらだら延々かつ莫大に続いてしまったんであるが。

彼女を、彼女たちを少しでも知ることができたんだろうか。


もうすぐそれも終わる。
少女たちの物語で、最も常軌を逸した一瞬が近づいてくる。


■「マア大体ダレがやってるかワわかるケド」

5月27日以降の6日間。
登校日の巡り合わせも絶妙に不幸だ。

連日顔を合わせてれば、多少頭が冷えるなり逆に大爆発して目立つゲンカになるなりして怒りを昇華できたかもしれないし、そんな騒ぎになればいくら周りの大人が鈍感でもさすがに異変に気づいたかも…。

だけど実際はこんなかんじで進む、

27日 「失礼じゃないっ」
28日 平常どおり登校
29日 土曜で休み
30日 運動会
31日 運動会の代休
1日  平常どおり登校

1日おきにリアル顔合わせで罵り合って、
次の日はネットで疑心暗鬼と憎悪を沸々とつのらせ、
さらに次の日、つのらせた憎悪のまま争い、
次の日はまたネットで──のくり返しになってしまった。


5月30日、日曜日──。
運動会。
雨だったが決行し、予定を繰り上げて早めに終わった。

運動会で2人一緒に写った写真は1枚もない。


この日、何人かの同級生が、2人の激しい言い争いを見ている。

ネバダは、
「てめえ、ふざけんな!」
と今までで最高レベルに激しい罵詈雑言を叫んでいた。
でもいざガチ口論となれば、ただキレてわめくばかりのネバダよりも、ミタちゃんの方がずっとうわ手だったに違いない。
ミタちゃんはその場で「絶交」を言い渡した。


たぶん怒り心頭ネバダは帰宅する。
憤懣のままミタちゃんのパスワードを使ってログイン、ミタちゃんのHPを根こそぎぶっ潰した。
日記も消去、アバターも初期化。ミタちゃんのHPはすっからかんの廃墟となった。


これに気づいたミタちゃんによる日記への書込み。
マスコミでもさんざ出たから、おなじみだろう。


チッマタカヨ。



なんでアバターが無くなったりHPがもとにもどっちゃってるケド、ドーセアノ人がやっているんだろぅ。フフ。

アノ人もこりないねぇ。

(゜∀゜)ケケケ


さらにTOPページにも。


荒らしにアッタんダ。マァ大体ダレがやってるかヮわかるケド。

心当たりがあるならでてくればイイし。

ほっとけばいいや。ネ。

ミンナもこういう荒らしについて意見チョーダイv

じゃまた今度更新しようカナ。



一方、ネバダが同じ日、HPの日記に何を書いたかというと…



この日のネバダ日記にあったのは、

「今日運動会だったんだけど、ギャグ漫画並みにずるっと」コケた、

ことだけ。しかも軽いノリで。
ミタちゃんとのいさかいなんてまるでないかのように。


「キレる子ども」っていうと、瞬間湯沸かし器的にカッとなって暴れるようなイメージだ。3歳児の癇癪のような。
でもネバダの怒りは1週間近く沸々とナパームの火のように燃えくすぶり続ける。粘着性の爆発だ。
安直に「キレる」系と扱うのはちと違うんでないか。


この2人の暗闘。大人はまっったく知らない。担任やネバダの家族、ミタちゃんの父親でさえ知らない。

2人とも子どもの世界で決着をつけようとしている。


それぞれのやりかたで。


■少女たちは計画を練る

pierot.jpg

5月31日、月曜日──。運動会の代休。事件前日。

ミタちゃんは祖母に連れられて、サーカスを観にいく。
空中ブランコや動物のショー、ピエロ。ミタちゃんは目を輝かせて喜んでいる。

ネバダは母親と姉ともに、母親のパート先のショッピングセンターへ買い物に出かけていた。
母親の働く下着売場でセクシーな下着を前にネバダはどぎまぎする。そんなうぶなネバダを母親と姉はからかう。
居合わせた母親の同僚は、「和気あいあいとした家族ねえ」と微笑ましく見ている。

このとき、そのうぶな娘の脳内で、同級生の殺害計画が練られているとは夢にも思ってもいない。

大人の下着に頬を赤らめているネバダは、当初この日31日ミタちゃんを呼び出して仕留める計画だった。
でも「いろいろやるとばれる」翌日に変更した。


この日の昼頃、ネバダはミタちゃんの廃墟化したHPにアクセスした。ネバダのアバター足あとメッセージがHPに残っている。

来タ――(ォ∀`)!!アンケチュウ♥

この能天気なメッセージ…。自動生成の足あととはいえ、2人の陥ってる状況を考えると虚無い気分に。

ネバダは自分が破壊したHPの様子を窺いにきたんだろう。
このとき、そこに残されたミタちゃんの挑発コメントを初めて見た。


■未来?に書かれた最後の日記「うぜークラス」

ネバダ最後のHP日記。
日付は、2011年12月26日。なぜか未来

「うぜークラス」はたぶん初めて学校でのネバダと同じ毒々しさが全開で炸裂していた。

ネバダのHPの背景は、花火の夜空だから、本当は黒バックに字は赤だ。
この最後の日記だけは、あえてそれ風で。


uzecllass1.jpg



4月復活以降のネバダ日記は、最後の1行が十数行~数十行の何も打たれていない空白(地が黒だから黒いんだが)をおいて書かれている。
この最後の日記も同じで、長い黒い改行のあと、

uzeclass2.jpg



それにしても、なぜ“未来日記”になってんのか?

答えはカフェスタの日記の日付設定機能にあった。

一番先まで進めても2011年までしかなかったのだ。


この日記の日付の方を信じて(なぜか年号は無視)、前年2003年12月26日に書かれた、「前年末からおかしかった」と分析してみせた報道もあるが、

まるで間違い。

ヘッダのナンバリングを比べますれば、
2004年5月21の日記と5月30の日記、その間のいつかに書かれたことが分かる。
(とすると最後の日記は、あの運動会でこけたアホ話になってしまうんだが…。いいのかネバダそれで)

ひょっとすると──、「うぜークラス」5月26に書かれたのかもしれない。「失礼じゃないっ」発言のさらに前日だ。

ケンカの前にクラスをくさす日記とは──。
となると、この最後の6日間には何か別の顔が生まれる気もするが、それはもはや妄想よりも創造の域にいってしまうので、一応5月27日より後に書かれたということで…。


リミットいっぱいの未来2011年12月に設定しておけば、新しく日記を書いても常にこの「うぜークラス」が最新扱いで、ずっとトップに表示され続ける。ネバダはそれを狙っていたらしい。


クラスへの怒りとイライラと憎悪に満ちた日記をいつまでも晒すことにして、

少女はどうしたかったんだろう?



5月31日、夜9時──。

ネバダは2時間ドラマを観ている。
水野真紀主演の「ホステス探偵危機一髪」シリーズだ。

このドラマの殺人シーンで使われた凶器はよりによってカッターナイフ
カッターで切りつけるシーンが8回も出てきた。


ドラマを見終わって、

ネバダは心を決める。




「やろう」


 明日。




──学習ルームの惨劇は明日。  >(9)

  
▽参考文献
▼取り入れなかった噂・デマ・中傷・事実と確認できない話
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 19:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ついに。

やっぱネットってのはつくづく大きな要素だったんだねえ。と改めて思いました。

すごいちっさいことにこだわるんだけど、「カマトト」って、今も生きてる言葉なんだ?

| ash | 2010/04/16 22:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>あっ種どの

> ついに。

「明日」まで辿り着きました。やっとのことで。

しかしこうして経過を見てくると、6月1日の出来事が、ワ士あんまり違和感ないんですな。まあそれならそういうことになるだろ、とさえ思ってしまう。
やっぱりワ士が変なのか。

> やっぱネットってのはつくづく大きな要素だったんだねえ。と改めて思いました。


さらにネット上で闘争があったために、ログが残り、一般人でも2人のスパイラルの一部を追うことができるわけで。
それがないと、さすがに何がどうなってああなってこうなったか想像のしようもない。


やっぱりガキにネットなんぞを触らせるのは10年早い気がします。
この件では加害行為に出るわけですが、逆に自死してしまうような子もいるわけで。

そして学校のIT教育制度を拙速に押し進めたのは、かのサメ脳みそことラガーマン首相政権です。ちなみにラガーマンはITを「イット」と読んでました。


>
> すごいちっさいことにこだわるんだけど、「カマトト」って、今も生きてる言葉なんだ?

そう、ミタちゃんも「ぶりっこ」とか使ってるんですよね。
意外と息が長い。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/16 23:12 | URL |

ネバダたん、もはやいつ発火してもよいくらいの狂気の塊と化してしまったようで。
触発されて刺したのか???

次回に解るのですね。

| かあたん | 2010/04/16 23:44 | URL |

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> ネバダたん、もはやいつ発火してもよいくらいの狂気の塊と化してしまったようで。

すごいのが、母姉と買い物に行って少女らしいところを見せたり、なんだか普通の日常と並行して血の計画も進んでるところです。彼女の中では両立したんですな。


> 次回に解るのですね。

はい。まあぶっちゃけますが、次回で第1回目の時間にようやくつながります。
そして次回含めてあと2回です。

長らくお付き合いいただきましてありがとうございます。
ワ士もこんなに長くなっちまうとは思いませんどした。

でもはしょると意味が分からなくなってしまうのでどうしようもナシ、でして。

最後に「明日」とありますが、あくまでネバダ時間内の明日で、ワ士の明日かどうかは宇宙生命体の意志次第です。



| noriaky231(仮名 | 2010/04/17 01:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/30-88a5df8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT