PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック! 19発目-終-【連続企業爆破】

tocontents18.gif h19title18発目へと戻る18 
h登場人物h20 h連続企業爆破事件関連年表h22


「今の私と同じくらいの年齢の学生が、力を合わせて革命をおこそうとした」

                           ──伴杏里@女優
       「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」で重信房子を演じた


                 「世界を変えるといい気になっていた」

                          ──重信房子@本人




h19ハラハラクロック最終章433 

ほかの過激派より人数も少ないし、つながりもないんで10回くらいで終わるやろ、と思って始めたけども、…甘かったんであった。調べながらつくってくとこういうこともあるんである。20回近くまで引っ張ったけどもやっと完結である。

それぞれのできごとは、公になった記録や関係者の手記などから、
釧路でのできごとも含めて、ほぼ事実に即してる。

ただし、明かされなかった多くの人物の思考や会話については、
ソースは妄想捏造全開である。

登場する公安部員は、架空の人物であり、例によってソースは妄想である。



h19chapter運命のかぎ爪がkk2

police;hearingroom02n 
死んだ斎藤和を除いた容疑者7人は、だいたい3日から1週間で自供を始めた。

「狼」「さそり」「大地の牙」のアメーバ経営的全容もわかってきた。
指導者はおらず、腹腹時計を軸に3つの部隊が平等にゆるくつながって。

h16ベテラン2sh8730「………ワロ…」
h16ベテラン8730「………ス…」

警視庁幹部は「腹腹時計は細部まで配慮された都市ゲリラ教本だったが、証拠の処分について書かれていなかった」と手柄顔で記者に語った。

h19あや子取調中220 
大道寺あや子の取り調べは長期戦も覚悟だったが、

h00永田町異顔4横長419 
調べ官解析専従班からアドバイスがあった。
「これこれこういう風に言ってみてください」

半信半疑ながら調べ官、これこれこういう風に言ってみる、

h19取調官とあや子200 
男に利用されただけだろう?」

去年の秋起きた、
町工場の美人事務員@社長愛人が、社長の娘@小学生を殺して埋めた、
美弥子ちゃん事件を例に挙げて、

「君もあの八文字美佐子って女と同じだろう?
 好きになった男にいいように利用されただけだよな。
 可哀想な女だ ( ^ิ益^ิ )

最後の「可哀想な女だ ( ^ิ益^ิ ) 」忘れないように、顔文字部分とくに重要だから、
永田町1丁目10から念押しされてたんで。

h19あや子きっ200 
すると、それまで冷静で動じなかったあや子が、

「利用された?」

h19あや子毅然200 
「私はそんな浅はかな女じゃない!」

男に従属なんてしていない、将司くんもそんな男じゃない、
自らの意志で参加し、行動した、後悔はしてない、と誇らしげに自供。

すげえ、本当に落ちた。

「なんであれであや子が落ちると分かったんだ」
本郷に訊かれた永田町1丁目10、少しもうれしそうでなく、

h19永田町やや寂しそうh180 
「自分もそうなるからです」


h12黒川2s200 
黒川芳正@「さそり」の部屋から出た押収品に、
なぜかどこにも合わないカギが2本


4日目にやっと黒川はカギの正体を自供。

「さそり」メンバー宇賀神寿一桐島聡の部屋のカギ。
警察はびっくりそして冷や汗。学生コンビの存在をまったく知らなんだ。

h19学生コンビアパートh180 
慌てて杉並区中野区の下宿に踏み込んだ、
が、宇賀神桐島とっくに逃走済。

h19学生コンビ室内h200 
2人の部屋は、爆弾材料倉庫状態だった。

慌てて学生2人組全国指名手配。遅すぎだが。

h19由紀子尋問中200 
そんなこんなで容疑者7人のうち最後まで粘って黙秘してたのは、意外にも、


h19由紀子沈黙200 
最速で落ちると思われてた、浴田由紀子@「大地の牙」

まあこれだけ物的証拠がそろいすぎてると黙りもあんま意味もないわけで…、
そんな由紀子1週間後にとうとう自供を始める。

残る疑い──「大地の牙」関西にもメンバーがいたのでは?
オリエンタルメタルの下見を当日しか尼崎に行ってない斎藤和だけでやったってのは無理がありすぎだからで。下見を手伝った人間がいたはずだ。

h19幻の仲間の影200 
でも由紀子斎藤から「2人の仲間」のことをちらっと聞いていただけで、その2人に会ったこともなく誰かも知らない。

けっきょく肝心の斎藤が死人に口なしで、
幻メン2人はまんまと逃れたのか、それとも斎藤の脳内メンだったのか、
真相は謎なまま。


さらに運命のかぎ爪は、容赦なく──

h19なほ子不安不安200 
荒井なほ子@姉まり子@妹逮捕されて家族と一緒に上京したが、

尾行が怖い」
みるみるノイローゼ気味に。

心配した家族に連れられ、宮城へと戻る途中、

h19線路195 
なほ子@、走る十和田2号から身を投げた。

一斉逮捕から6日後
h19交番爆破h248 
立川駅交番爆発。
11日後国鉄名古屋駅でコインロッカー爆発。
ともに「東アジア反日武装戦線」を名乗る犯行声明。


──6月9日

h19警視総監会見h170 
「最初に逮捕した時点では『しっぽだけ』と申しましたが、今では手配中の2名、死亡した1名を加えた10名に頭も胴体も含まれている、と判断し──」
「思想的に影響を与えた者はいるが、特定の団体の介在はなく、資金源も同様に──」

ようやく警察戦線アメーバ式経営を理解したのだった。

h14永田町じろりh30 おせーよ


──6月13日 長野県

h19林道200 
林道に停まったマツダルーチェ
運転席に若い男死んでいた。

藤沢義実@“隊長”だった。

h19隊長ありし日の顔200 
3日前、結婚話が破談。以後ゆくえが分からなくなり、長野県警は、三菱重工テロ以前に大道寺たちのやった北大総持寺爆破共犯逮捕状をとって捜していた。

のこされた“隊長”の遺書。
「とうちゃん かあちゃん ゆるしてください」


h19検事たち200 
一方、東京地検検事たち、

びびってます。

なんでかっつうと…

大道寺夫婦の部屋から出た証拠品のなかに、
900mもある電気ケーブル東北本線の時刻表、第2次世界大戦鉄橋爆破についての本@洋書、荒川鉄橋の写真など、
連続企業爆破だけではどーにもつじつまの合わなさがあるのに気づいて、

そのへんつなぎ合わせると──これってさあ、もしかして…、猛烈にいやーな悪寒。

「君たちはそのう、なにか別の計画を持っていたんじゃないのか」
検事からおそるおそる探りを入れられ、

大道寺たちは逮捕当初「虹作戦」を秘密にしとくつもりだったが、

h19あや子観念200 
あや子「もはやこれまで。むしろ言っちゃえ」>あっさり自供。

虹作戦を知って検事たちは顔面まっしろである。

昭和時代を49年8月14日で終わらせる作戦?

なんちゅーやつらだ、こいつら頭んなかどうなってるんだ!

ha01044train.jpg 
戦後、天皇に対する初の重大犯罪(未遂)
司法エリートたち、どういう顔していいか分かりまへん。話ヤバすぎる。

検察警視庁にすら知らせずに、
見ざる言わざる聞かざるなかったことにしようとした。

すると今度は大道寺たちが「むしろ言っちゃったのになんだ」と反発、
獄中からリーク>左翼大好き朝日新聞がスクープ>天皇暗殺未遂が公表された。

東京地検はしかたなく虹作戦でも一味を起訴。ただし大逆罪っつうのはもはや無いんで、殺人予備罪という一般人への犯罪と同じなのが、戦後を物語るんだが。


虹作戦“たまたま”阻んだ「浮浪者公安みたいな謎の男たち」について、
警察庁警視庁も「荒川名物の覗き屋だったんじゃね」とだけコメント。

この一件以降、皇室の移動時には、鉄橋が事前点検されるようになったとさ。

h19後継者の事件1s180 h19後継者の事件2s180 
戦線一斉逮捕のあとも、東アジア反日武装戦線を名乗る“後継者”たち、
全国あちこちで大小さまざまな爆弾テロ

彼らは大道寺たちと面識はナシ、まさに「腹腹時計」の子どもたちだった。

h19北海道庁爆破事件200 
北海道警爆破北海道庁爆破 死者2名
犯人として元教師大森勝久逮捕
道庁爆破のみで起訴>死刑確定。

h19東急観光爆破事件200 
神社本庁、東本願寺、東急観光など6件爆弾テロをやらかした加藤三郎。

犯行声明出すたびに、
「闇の土蜘蛛」「浮穴媛のこどもたち」「世界革命戦線・大地の豚」「世界革命反日戦線」「タスマニア1876」「世界赤軍日本人部隊」こしゅとう゛ぁ
厨二病臭むんむんただよう部隊名をとっかえひっかえ次々と名乗って、
そんなにたくさんいるのかよ、と警察を冷や冷やさせたが、

フタを開けたら、加藤三郎ひとりの自演だった。


東アジア反日武装戦線フォーマットはニッチかつストイックすぎて、大道寺の望んだように燎原の火のごとく増殖、にはならなかったけども、
響きがカッコよさげなせいか地味に息長く使われることになる。


h19chapter流れよ我が涙と警官は言った。kk2

h19護送されるあや子240 
さて、
犯人逮捕でチャンチャンかと思った「腹腹時計」の針は、
そのあと事件が起きてた頃よりもはるかに劇的な勢いで回り続ける。

一斉逮捕からまもなく、

──1975年8月4日

h19新聞クアラルンプール事件260 
h19新聞狼佐々木の名139 
釈放しろリストになぜか、佐々木規夫の名が。

なんであえて戦線でも地味メンの佐々木規夫だったかはわからん。

h19新聞釈放犯出発260 
佐々木規夫出国を拘置所で知った浴田由紀子は、
「バンザイ、だ!」
と書いた。


h19腹腹時計盤h250 
さらにさらに「腹腹時計」の針、劇的に回る。

1977年
──9月28日

h19日本赤軍叫ぶ250 
「ウィー・アー・ジャパニーズ・レッド・アーミー!

h19新聞ダッカ事件240 
h19新聞赤軍仲間釈放要求240 
今度の釈放しろリストには、またもやなぜか、

大道寺あや子 浴田由紀子

なんであや子チンペイ

h19重信房子h210 
日本赤軍リーダー重信房子に、佐々木規夫が口添えしたからだろうけども、

あや子はまあともかく由紀子は…テロリストとしてダメな子ではないか。
大道寺将司片岡黒川の方がよほど即戦力になるだろう。

これまあ「思想」っつうフィルター外すと、理由はすごいもろバレな。

h14規夫にま200 
あや子(だけ)を囚われの身から救い出したい。

かといってあや子単推しじゃバレバレだ。重信房子はメンバーの恋バナにわりかし寛容だけど、そういうのは嫌うんである。

h14規夫むくれ200 
でも+大道寺将司じゃ単にアラブで夫婦水入らずになるだけで(・ัε・ั )
ほかの戦線メンもどう考えても規夫より有能だし(・ัε・ั )

ってことでカモフラージュで安全安心の由紀子つけときました。
マブダチ斎藤和のカノジョだし超自然だよね!


と、ものすごく身もフタもない見かたあえてしたったんであるが、

h19新聞政府釈放のむ250 
だけでなく日本赤軍側の都合もあったかも。

この頃の日本赤軍は新たに大義名分を構築中、みんなで口ゲンカ総括実施中だった。そんな大事なときに口ゲンカ討論に長けて日本国内でテロ実績のあるアナーキストの男子なんか入ったらいろいろややこやしくなるわけだし。

やっぱり身もフタもないんだが。


さすがに大道寺将司、手記で不愉快ナリを隠さず。
「もはや、これ以上、日本赤軍に仲間を連れ去らせるわけにはいかない」

そして、妻あや子への伝言を弁護士に託した。

「どこへ行っても、元気で」


──10月1日

h19空港護送車着200190 
「──超法規的処置により出国する釈放犯6名が、
東京拘置所などから護送車で空港に到着しました」

h19特別機と人々の列300 
「釈放を拒否した3名を除く6名が、人質と交換のためハイジャック機の待つバングラディシュの首都ダッカへと向かいます」
 
h19shakhohan02.jpg

釈放犯が1人ずつ誘導され、特別機へと乗り込んでいます」

h19奥平純三機へ200 
日本赤軍奥平純三──」

h19永田町足を踏み出す200 

「続いて同じく日本赤軍の──」

h19onaji02* 
h19onaji.jpg

h19永田町眼鏡拭く180 h19mochiron.jpg 
h19onajik0101.jpg

「──いま、女性の、えー」

h19浴田由紀子護送220 
東アジア反日武装戦線浴田由紀子です──」

由紀子はキョドってた。
「行く」と言ったものの自分がなんでここにいるのかよくわかりませんな顔で。

h18護送の役人たち250 

「続いて──大道寺あや子です」

h19あや子顔そらす260 


さらに続きを読む 最終章 -結
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/291-dbc855e8

TRACKBACK

まとめtyaiました【【事件激情】ハラハラクロック! 19発目-終-【連続企業爆破】】

  「今の私と同じくらいの年齢の学生が、力を合わせて革命をおこそうとした」                           ──伴杏里@女優       「実録

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/23 05:15 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT