PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック!18発目-続【連続企業爆破】

前頁へと戻る

武装してる? してない?

h18永田町緊迫左半面h210 
どっちなの?

h18あや子怖い顔で進む250 

マル2を視認した。駅へ向かっている」

h18あや子歩く脚2s220 
まずいつものように会社に出勤しよう。
それから将司くんに連絡して対応を決めないと。

h18傘の待機部員200 
「おい、顔見たか。警官見ただけで撃つ勢いだぞありゃ」

h18傘の待機部員2s200 
赤坂より全班員へ。配置につけ」

「各車両へ伝達。赤坂1号マル2の進路を塞ぎ停車。絶対に駅方面へ向かわせるな。赤坂2号、右側面を塞げ、赤坂3号、後方を断て」

h18赤坂3号車両200 
赤坂3号了解」

h18赤坂1号の2人200 
赤坂1号了解」
「おい、この車、防弾仕様だよな」
「違うよ」

h18赤坂2号刑事200 
h18拳銃200 
赤坂2号了解」

h18駅前通勤者たち200 
「こちら赤坂3号マル2を視認した」

h18あや子道渡る4s280 
「まもなく包囲地点に達する。あと約50メートル

h18永田町頭脳フル回転中250 
あや子は警察との殺し合いを恐れない、だから武装していてもおかしくない、でもあや子は冷静で感情に引きずられて暴走はしないじゃあ冷静なあや子がいまの状況で考えると言ったらなに、どちらの危険性を重く見るだろうどちらの──

h18永田町口元230 
──ない…

「武装して、ない!」

u18hibso.jpg h18utsuna.jpg 
マル2非武装! 爆弾持ってないっ!撃つな!

h18五反田振り返る230 

「──あと30メートル…」

h18本郷永田町を見る250 
「おい、そりゃ解析か?」
「勘ですっ」

h18五反田振り返る2s200 
五反田から本庁統括、お聞きになりましたか。猶予ありません。ご決断を

h17あや子ヒール210 
「──あと20メートル…」

h18土田総監顔210 
「……“躊躇することなく青を切る”、か。電話をくれ」

「──あと10メートル

本庁統括から五反田へ」
h18土田総監電話220 
マル2非武装と判断」

「全班員、用意──」

h18あや子目3s240 

「待て! 赤坂! 待て! 包囲待て! こちら五反田! 」

「指示は取り消し拳銃は使用するなマル2は非武装。
 マル2は非武装。当初の手順に従え。マル2は非武装。
 当初の手順でただちに確保!」

「──赤坂了解」
ってくっそおいホントかそれ。
h18赤坂焦る2s200 
「全班員に告ぐ、マル2は非武装拳銃は使用せず、当初の手順どおりだ。
 先頭はおれが出る。各員続け。掛かれ

h18赤坂班ダッシュ2s230 
「赤坂」、ダッシュ。

h18あや子はっとする190 
あや子、武器を取り出そうとする気配なし。

h18あや子しまった190 
迷った末に、改造拳銃をアパートに置いてきたのだった。

h18あや子に群がる刑事190 
h18あや子囲まれてしまった280 
大道寺あや子だな。警視庁だ。車に乗りなさい」

さらに人数を増して取り囲み、車に押し込んで、逮捕状を突きつけた。

h18あや子逮捕3s260 
大道寺あや子爆発物取締罰則第1条違反の容疑で──」

あや子はペンダントから出したカプセルを口に

女刑事がすんででその手を払いのけた。

h18青酸カリ結晶200 
カプセルがはじけて青酸カリの結晶が飛び散った。

h18あや子悔しそう220 

──午前8時45分

赤坂から五反田へ。マル2確保っ

マル2、班員ともに負傷なしっ。マル2は銃器及び爆発物を所持せず。薬物らしきカプセルを飲もうとしたが阻止した」

h18爆弾本部安堵1sh121 h18爆弾本部安堵2sh121 
おお、やった。

h18爆弾本部安堵3sh121 
h18永田町つい涙240 
h18本郷一服2s199 

──午前10時 警視庁

h18警視庁緊急会見280 
「本日朝、東アジア反日武装戦線のメンバー7名爆発物取締罰則第1条違反の容疑で逮捕しました。現在、計18カ所家宅捜索を行っています」

土田警視総監、綾田副総監、鈴木刑事部長、中島公安部長
村上警備部長、三松正男防犯部長、佐々木英文総務部長


警視庁最高幹部がずらっと並んで緊急記者会見。

防犯総務部長まで雁首並べたのは、公安警察でなく「オール警視庁の勝利」と演出するためだった。とくに警察庁山三コンビに対して。

土田総監は、容疑者住所氏名を早口で読み上げ、

「まだしっぽの部分を捕まえただけであり、
胴体を割り出すべく捜査を継続しています」

強制捜査着手の決め手を「だって韓産研爆破警察が囲んでしっかり見てたもん」なんて言ったらたいへんなことになるので、
犯行声明黒封筒と同じ紙質の黒い紙が、斎藤浴田のアパートの共同ゴミ捨て場から見つかった」

h19x000220.jpg 
会見が終わるやいなや、青い顔の福井参事官中島公安部長に耳打ち、
で、中島部長も青い顔で土田総監に耳打ち、

斎藤和死にました

h18斎藤うつむき230 
h18斎藤よだれh200 h18shibo02.jpg 
h18斎藤突っ伏すh180 
斎藤和警視庁取調室で写真撮影中、急に倒れる。
  
h18shibosu.jpg 
h18斎藤死亡h190 
死亡時刻午後2時警察病院にて。

h18永田町ぼう然2s157 
死因青酸カリ服用で中毒死。

大道寺あや子が逮捕寸前にカプセル薬を飲もうとしたので、他メンバーもいちおう身体検査したのだが。
斎藤は隠し持っていたか早い時間に飲み込んでいたと思われ。

自決用青酸カリでマジ自決したのは、
皮肉にも自決に反対してた斎藤和ひとりだけだった。

h18由紀子無言210 
浴田由紀子は取調官から“タカシ”自殺を知らされた。

ついでに“タカシ”の本当の名が「斎藤和 のどかだったことも。


──午後 仙台市

h18まり子逮捕2s220 
警視庁公安部宮城県警荒井まり子逮捕


逮捕直後から一斉に始まった戦線メンバーの家宅捜索は、
永田町1丁目10の読みどおり、ざっくざくと証拠が。

h18家宅捜索地下工場1s200 h18家宅捜索地下工場2s200 
床下の爆弾工場爆薬の材料になる農薬クサトール犯行声明に使われた和文タイプライター、さらに改造モデルガン@弾丸発射可能「腹腹時計」Vol.2の書きかけ原稿、トラベルウォッチ、リード線、警察無線傍受用の無線機、爆弾製造教本「薔薇の詩」「栄養分析表」化学薬品類、起爆剤用の機材──、

とくに浴田由紀子がいちいち燃やすのが面倒でほったらかしていたメモから戦線メンバーが連絡に使っていた「セントラル工芸」名義のレンタル電話が明らかに。

佐々木レボルト社OBにも家宅捜索が入った。
もちろんそっち方面は何も出てこないんだが。

h18逮捕記事2s160197 
サンケイ新聞朝刊最終版は、他の追随を許さぬ一斉逮捕の特ダネ独占。

警視庁幹部連が感心したほど、サンケイはなかなかにして正確な情報をつかんでいた。

さらにサンケイ夕刊大道寺将司逮捕の瞬間が、
五段抜きででーんと載った。

h18大道寺逮捕瞬間300 
撮ったのは、愛宕署からただひとり振り切られず>車>地下鉄>走り>南千住駅まで公安部員に執念でくっついてきた写真記者・小野義雄だった。
泣きながら嘆願する小野の粘り腰に根負けした「品川」が、
逮捕を邪魔しないと約束のうえ、シャッターチャンス与えたんである。


一方、捜査1課、各捜査本部デカたち、

h18憤怒200 
マスコミ報道で一斉逮捕を知る。

総デカそろって公安部にコケにされた形になった。なんたる屈辱恥辱。
捜査幹部は怒り狂い。逮捕を知らんまま聞き込みしてた刑事たちもふてくされ。

もともと仲よくない刑事部公安部の決裂断絶はこれで決定的になった。


h18警視庁夜190 
── 警視庁

h18永田町ぼんやり230 

「ほれ」

h18コーヒー180 
h18本郷と永田町220 
解析屋、今日はさすがに朝からバタバタで疲れたよな」

斎藤和が取調室で倒れたとき、

h18shibo03.jpg 
その場に永田町1丁目10も立ち会っていた。

h18永田町コーヒー200 
「あ、これはどうも。すみません、ちょうだいします」

「リーダー格はどうやら斎藤じゃなくて大道寺だったぽいな」

h18本郷煙草に火を200 
やつの部屋から『腹腹時計』続編のナマ原稿とか犯行日誌が出たとよ。

h18永田町うつむき230 
でだ、なんなら大道寺将司の尋問に立ち会えるよう話をつけてやるが、どうだ。

h18永田町顔上げ2s210 
「らしくないお気づかい、ありがとうございます」
「らしくないをなんでわざわざ付ける」

「しかし、はい、お気持ちだけ、いただきまして」
「ふん、そうか、まあいいがね」

h18永田町メガネ直す152 
あ、いえ、斎藤が死んだのを見て怖じ気づいたとか思わないでください。
そんなんじゃないですよ。少なからずショックではありましたが。

h18永田町語る240 
「ただ、あのとき、思いました。
 彼らの話を何百時間聞いたって頭ん中は分からないんだろうな、と」

h18煙草200 
「ま、そうかもな。おまえなら奴らのほざく狂った理屈も分かるかもと思ったが」
「………」

「やっぱり分からんよな」
「………」
「……んーまあ、あれだ、まあ今夜はあれだ、休め」

「……課長代理補佐心得主査
「ん?」
「このコーヒー、まずいです

h18永田町イヤ顔200 
犯罪的まずさです。どこの店のですか、店主を逮捕させます
「ふん、そんだけ憎まれ口が叩けりゃ心配ねえわ」

h18本郷横顔と煙草200 
不思議だな、おまえもやつらも同じくらいの年頃に、
同じもんを同じように読んでたわけだろ。

なのにあいつらはこの国をぶっ壊そうと思った。
おまえはこっち側に立って奴らをとっ捕まえようと思った。

おまえらを分けた違いは何なんだ。

h18永田町言いかけ200 
「それは私が──あ、やめときます」
「なんだ、言えよ」

h18永田町微笑2s230 
「言っても信じないでしょうから」


午後9時──

荒井まり子が、仙台から東京へと護送されてくる。

h18まり子護送2s200 
高校生に見える幼い風貌の彼女に、駅に集まったマスコミどよめく。

この女の子が血も涙もないテロリスト一味?


一斉逮捕の長い一日が、終わった。


が、

腹腹時計の針は、

h19腹腹時計盤h250 

まだ止まってなかった──





「どう、不具合はない?」


h18煙草接写200 
「はい、日高同志山田同志とも首尾よく現地入りできたようです」

山田同志に伝えといて。パリの二の舞にならないように。また捕まったらもう助けてあげないから覚悟なさいって」

h18煙草吸う女200 
「ところで、今朝もらったリストで増えてた名前って、
このあいだ日本で騒いでたあれよね? 誰のアイデアなの?」
「はい、和光同志が」

h18fuun.jpg 
「ふうん、面白いじゃない。他の政治委員から異論なかったらあれでいきましょ」

h18重信房子顔260 
「嵐が来そう」

h18重信房子目赤化260 
重信房子@日本赤軍 政治委員会最高指導者


h18女と自動小銃h250 
このとき、日本の誰ひとり思いもしなかった終末へと走り始めるんである。


19発目 最終章 流れよわが涙、と警官は言った。】へとつづく GO!
tocontents18.gif h18title17発目へと戻る18 

h登場人物h20  h連続企業爆破事件関連年表h22 
h参考文献h23 
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/286-8917515c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT