PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ネバダたん(7)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter7 子ども国の戦争

kabochahead_convert.jpg

contents < (6)

■バイオレンスが満ち満ちて

ネバダ28日、ミタちゃんのサイド書込んだ「ぶりっこ」コメントで殺そうと決めた」。

ただちに「カッター」「アイスピック」「首絞め」
3通りの殺し方のどれがいいか検討を始める。


いきなりか。早えよ。

きっかけの「重いー」から1日しか経ってないのに。

大人たちの一番分からないのがここだ。
ネットに残った証拠のログを見ても、殺意を持つほどの応酬とはとても思えないのだから。大人の目では。

それもなぜ友だちに対してなのか。

そもそもバスケを奪った憎むべき相手はほかならぬのはず。
なぜ事件が起きたのが家庭でではなく、学校だったのか──。


ネバダ黒い自分家庭では一度も見せていない。

ネバダはよくも悪くも「いい子」に育った。小さな頃から「泣かないしおんぶもだっこもせがまなかった」
仲が悪かったわけじゃない。親はネバダよき娘と信じて、期待をかけていた。ネバダもその期待どおりの優等生でやってきた。

親の気に入らなかったのはミニバスケぐらいだった。退部を命じられたとき、勉強やるからバスケさせてと訴えたりいやだうわーんとダダこねたり暴れたり不登校になったりのガキらしい選択肢を、たぶんネバダ知らなかった。
親の望むことに背くなんて思いつきもしなかった。

だから抵抗せずにバスケをやめ、その代わりに自分が自分でいられる場所友だちネット交換日記に求めた。
そして深く深くハマり込んだ。

でも残念だけど、どれもバスケの代わりにはなれない。


満たされないままそれでもハマる依存状態となってネットをうろつくうち、ホラーやバイオレンスにひき寄せられた。
気がすさんで猛っているときには、ゆるい癒し系なんかより死や暴力の毒素が心地よかったりする。だからもっともっと浴びる。もっともっと。

リアルでは教室も相変わらず荒れ続けて騒々しくて暴力的な匂いにで噎せ返るほどだ。テロ厳戒にある軍港の町も。

顔を上げたら周りはバイオレンスで満ち満ちていた。


それが大人たちの困惑する、「殺してやる」に短絡させた土壌なんじゃないだろうか。


この事件について、ネットに投稿したある男子中学生は、女子から激しい暴力を振るわれた自分の経験を語った。
あとでその女子は悄然となって「暴力はいけないとわかっていた」「頭の中が真っ白になって考えることができなくなった」と詫びたそうだ。
ネバタとこのバイオレント女子の距離は遠くない。


■いい子/悪い子

hannya3.jpg

「死ねばいい」と思うことは誰だって一度や二度はある。中には具体的な殺し方まで考えて暗い笑み、なんて人もいるだろう。
ただ、ほとんどの人はそこから先へは踏み出さない。別のことで気を紛らして忘れる。

でも5月28日のネバダには何もなかった。一番必要な瞬間に。

好きなバスケは奪われた(大体バスケがあればすさんでない)。次に好きなネットで興味があるのは暴力やホラーだ(だめじゃん)。ネ友にも苦悩をほぐしてくれる子はいなかった。

そしてリア友は…だめだ。一番の友だちがとつぜん最大の敵なってしまった。

ネバダの友だちはすっかり少なくなっていたが、その大半がミタちゃんがらみだった。だからいざミタちゃんと敵対したらもう逃げ場がない今やリアルにもネットにもなんでどこに行ってもミタちゃんがいるの友だちの取り合いになったらはっきりすぎるほど不利ミタちゃんとったらすべてを失う全部なくなっちゃうリアルもネットも交換日記もぜんぶぜんぶ!!

くそくそくそくそなんでなんでなんで!

とつぜん絶体絶命の瀬戸際に立たされている自分に気づいてネバダはがく然としただろう。


こういうとき、たいてい周りの第三者的な友だちが、不穏な空気を察してそれとなく仲裁に入るものだ。
ところがその役割をこなせるのは、性格やクラスでのポジションからしてもミタちゃんだ。
そのミタちゃんが当のケンカ主では止める子がいない。

仲良し3人組のうちWKちゃんはまだ敵に回っていないようで、事件後でさえネバダのことも気づかって嘆くような子だったが、残念ながらネバダVSミタの緩衝剤にはなれなかっただろう。

いやそれどころか…。



ネバダは、
「ミタちゃんとはわりと仲良しだったが、もっと仲のいい子が他にいた」
と取り調べで話している。

ミタちゃんを“わりと”扱いしたのはネバダの意地だと思うが、
もっと仲のいい”のはWKちゃんのことだろう。

だが「女友だちが2人ならいいけど、3人だとケンカ別れ」の法則がある。
3人組は友情には鬼門なのだ。この3人も例外なく。

事件からまもなく「背景にひどいいじめがあった」という噂がまことしやかに流れた。子どもが子どもを殺す─その分かりやすい動機が欲しかったからだろう。

でもミタちゃんの名誉のためにも、いじめまでいってなかった。男子相手にさえキレる暴力派ネバダはいじめ対象以前に忌み怖がられた。
恐れずに対峙したのはミタちゃんが最初で最後。しかもまだ実際には何もやってない。


でもそのときの追い詰められて視野狭窄なネバダには、今そこにいる敵対者ミタちゃんこそすべての不幸を司るラスボスに見えた。

どうすればいい?

担任(男)? あんなの信用できないよ。
家族もだ。両親にも、姉にも距離感を感じていたフシがある。
いくら追い詰められてもネバダは家族には決して暴発しなかったし、一連のトラブルをひと言も明かさなかった。

子どもは多かれ少なかれ内と外でちがう二面性を持つ。家で荒れ、学校ではいい子(昔は内弁慶という可愛らしい名前で呼ばれた)。逆に学校で荒れ、家ではいい子。

後者の子どもだと、もし外でトラブルを起こしても親は「まさかうちの子が」と信じない。よくある話だが、あれは親が性悪で開き直ってるのではなく、本当に青天の霹靂なのだ。
ネバダの親もそうだった。学級崩壊の中心になった悪ガキたちの親だってそうだろう。

子どもたちは大人の喜ぶ「いい子」でいたい。でも外と内の両方ではキャパ的にムリ。心がもたない。
だから締めつけのゆるい方で“手を抜く”。
内か外、どちらかで子どもたちはになる。


分けるならネバダは家ならいい子。「いい子」とは周りに気を許していない状態。そこは安心して甘えたりワガママだったりできず、緊張している場所だ。

最初は家でも学校でも大人しくマイペースであまり差はなかった。
でもいったん、「友だちと一緒」や「ミニバスケ」を知ってしまった。
バスケを失ったとき、もう元通りのマイペースな少女には戻れなかった。
満たされない分、苛立ちがつのる。
ネバダは学校やネットで素の自分を見せるようになった。
荒れ狂って粗暴というと戦闘モードのように見えるが、そっちこそ素のネバダ。
家族の前こそが鎧をまとう戦場だった。

でも当然ながら友だちには意志がある。思いどおりには動かせない。
そこまで考えて癇癪をひかえる余裕はネバダにはない。
だから学校でどん詰まりへと自分を追い込むことになった。

家でいい子でいるために不登校という逃げ道すら選べず、精神ギリギリ状態で毎日学校へは行った(長崎県は不登校率が極端に低いという風土もあって登校拒否しにくかったとも)。

そしてさらに自ら崖っぷちへと近づいた。
身の回りの空気までがじわじわ自分を締めつけてくるように感じていたのではないだろうか。

もはや自分が滅びるか敵が滅びるかしかない。

「ひとりで悩んでひとりで決めた」。

ネバダは自死を選ばなかった。


2人の性格、小6という年齢、思春期の身体的変化、クラスの乱れ、友だち関係、気づかない担任、町の空気、ネット、交換日記、ホラーとバイオレンス嗜好、ミニバスケと退部、家族関係、ケンカ、そのタイミング、のちのネットでの敵意の応酬──どれも単独で原因になるほどじゃなかった。

どれかひとつでも欠けたら事件は起きなかっただろう。

なのに、不幸すぎる偶然がいくつもいくつも重なって絡み合ってさらに強め合い、別の毒まで引き寄せた。

あり得ないほどの確率でいっぺんに負の札がそろってしまった。
ストッパーも消えた。どころか加速させた。

止めるものはない。


■憎悪のスパイラルがぐるぐる

DNA_B_1.jpg

いや、止められる人間が、まだ一人だけいる。

ミタちゃん本人だ。

12歳の少女には難しかったかもしれないけれども、彼女が全力で事をおさめようと努力すれば、きっとネバダは踏みとどまっただろう。だってきっとネバダはミタちゃんと親友になりたかったんだから。
今さら元のサヤは難しかったし、疎遠になるしかなかっただろうが、少なくとも小さな爆発で終わらせられただろう。

だがそれはもう無理。不幸にもミタちゃんもまた憎悪スパイラルにとらわれてしまっている。



5月29日、土曜日──。学校は休み。

ミタちゃんは自分のHPに書いた。

「最近正直に言えないことが多い。前の方が良かった気がする」


そして「嫌いなタイプの人間」は、
しつこい、
自己中心的、
孤独をアピールする、
中でも、
「失礼じゃない」と言う高慢な人が一番嫌い。

ああ、ばっさり。あ痛たたたた。誰のことか明らかすぎる。
ミタちゃんもスパイラルを巡る。


ネバダの一足飛びの殺意も早っだが、ミタちゃん側の敵認定も早っだ。
女の友情が夢まぼろしなのは確かすぎるほど確かだが、にしてもこの倍速の展開は──。

この挑発的な書き方からして、前日のぶりっこ書込み後さらに一戦あったかもだ。

ネバダは『書くのはやめて』と何度も言ったのにやめてくれなかった」
と警察に話したが、
やがてそれは口で言ったのではなく、掲示板に書いたのだと分かった。
ああ、またもやネットを通してだ。

激昂したネバダの「やめて」激烈な書込み→それも「何度も」→対するミタちゃんの反応→憎悪のスパイラル以下無限。

もう引き返せない。



残されたログによると、同じ29日、ミタちゃんはカフェスタ内の画像サークルを訪問している。絵や図など画像のつくり方のコミュニティだ。
ミタちゃんは入会を打診して、31日正会員申し込みをした。

うーむ、これってやっぱり──。

ネットに疎いミタちゃん、これまではHPに背景を貼るのでも、
「背景をはってくれぃっ!!(願)、張り方がわからないノデ」
などとネバダに頼りきりだった。

なのに急に自分からテクを身につけようと動き出した。
つまりこれからはネバダ抜きでやっていけるように。

ミタちゃんは自分の世界からネバダを切り離す用意を着々と進めていた。




一方、ネバダも計画実行の準備にかかっていた。

「やっぱりカッターナイフにしよう」





たった4か月前まで、バスケで気持ちいい汗を流して、好きな詩を書いて、友だちも一緒で、とても幸せだった。




でもそれはもう思い出せないほどかすかな遠いものになってしまった。





──学習ルームの惨劇まであと3日。  >>(8)未来日記


▽参考文献
▼取り入れなかった噂・デマ・中傷・事実と確認できない話
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 00:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

一つ一つは誰にでもあり得る事!
ホントのりあき先生が仰るようにさまざまな事が
重なってしまったんですね。


話は逸れますが、これだけ毎日ネットに触れるのが当たり前になっていると、
ネットで係わっている住人の性格は知らずのうちに
自分自身に投影されている気がします。
改めて、私の周りはのりあき先生やイッカクさんやイワノフさんなど
素晴らしい方々ばかりで本当に良かったと思いましたよ。

| かあたん | 2010/04/14 15:54 | URL |

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> 重なってしまったんですね。

これだけロイヤルストレートフラッシュな状態に追い込まれたっていうのに、「なぜやったのか分からない」という大人が逆に分からんですわい。


> 自分自身に投影されている気がします。

たしかにそうですなあ。ネット内がおだやかーな感じだやっぱおだやかーになると思うし。
逆につねに揚げ足とりに鎬を削ってるような場に出入りしてるとやっぱ多少なりとも性格は殺伐してくるでしょうしね。

> 改めて、私の周りはのりあき先生やイッカクさんやイワノフさんなど

いやいやこちらこそ。
まあ一過君はいつもの感じでしょうが、うちの天才超人巌の府どのは元気してるんでしょうかね。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/14 18:16 | URL |

お。ブログ復旧したんですね。よかったよかった。
やっぱブログって、なにかとメンドーサっぽいね。

きのうまで大の仲良しだった子同士が、翌日には「絶交!」っていう極端な展開は、
仲良し女子グループ内では昔からよくある定番パターンですな。
女子は一緒に行動して、
「こうだよねー」「うん、私もそう思う~」みたいな共感で絆が強まったりするので、
「一緒じゃない」と、とたんに手の平を返したように「ふんっ!」となりやすい……
えーと、つまりこれも依存症みたいなもんじゃないかな?と思いますです。
(ああ、その頃から団体行動が苦手でよかった。。)

仲良しさんにべったり寄りかかっているので、
予想外の冷たい反応されると、裏切られた!と一気に愛情が憎悪に丸ごと変換。
オトナになってからも、いますよね~。そのまんま勢いで殺しちゃう人。

ネバダたんにとってミタちゃんは、唯一の心の支えだったんだと思いますよ。
そこが崩れたとあらば、そして小6であれば、
こういうことも、さもありなんな気がしております。

| ash | 2010/04/14 22:51 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>あっ種度の

> お。ブログ復旧したんですね。よかったよかった。

へい。ありがとうございます。
なぜかプロフィールしか表示されなくなってたのは、ものの1時間くらいでした。
すぐになんだかかんだ捨てたので。ケネディも巻き込まれてサヨナラー。たぶん無実だっただろうけど。

最終的には、純正のカウンターが犯人だったようです。あんまり見ないし、捨てたりました。

ミクシイにくらべると、いろいろ不具合が起こりますなあ。

悔しいんで、さっそく2つほど貼ったりました。


> きのうまで大の仲良しだった子同士が、翌日には「絶交!」っていう極端な展開は、
> 仲良し女子グループ内では昔からよくある定番パターンですな。
> 女子は一緒に行動して、
> 「こうだよねー」「うん、私もそう思う~」みたいな共感で絆が強まったりするので、
> 「一緒じゃない」と、とたんに手の平を返したように「ふんっ!」となりやすい……
> えーと、つまりこれも依存症みたいなもんじゃないかな?と思いますです。
> (ああ、その頃から団体行動が苦手でよかった。。)


そうそう、ワ士の周囲のおなごたちもそんな風景をたくさん目の当たりにしましたよ。男子立ち入り厳禁的でしたが。

まあ話によると平成の小学女子は、リスクマネジメントというか、周りの気の利いた子たちが仲裁に入って和解させたり、ほかのグループに吸収合併したりして戦争を回避するらしいですなあ。なんか国連みたい。

その子らに言わせると、どうもこの6年1組ではそういう自浄機能が失われていたのではないかと。


> 予想外の冷たい反応されると、裏切られた!と一気に愛情が憎悪に丸ごと変換。
> オトナになってからも、いますよね~。そのまんま勢いで殺しちゃう人。

そうそう、可愛さ余って的にねえ。

むかし、某社の担当の女性にもいました。そういうメンタリティをそのまま持ち続けちゃった人。
このあいだまですごく出入業者のA子さんと仲良かったと思ったら、ある日とつぜんA子さんの悪口まいてるし、
次はB子さんと気持悪いくらい仲が良かったと思ったら仕事の失敗をぜんぶB子さんに押しつけて、以後悪口まいてるし。
あー怖いよなあこういう人は、と思いました。今思うとややオツムが少々やばかったと思われます。
まあ、いなくなるまでに4、5人は痛い目に遭わされたんじゃないでしょうか。


> ネバダたんにとってミタちゃんは、唯一の心の支えだったんだと思いますよ。
> そこが崩れたとあらば、そして小6であれば、
> こういうことも、さもありなんな気がしております。

ネバたんの悲劇は、世界との窓口のどれにもミタちゃんを配してしまったことですな。
一個くらい関係ないフィールドがあればなんとかなったのに。
まあ仲良しならぜんぶに関わってほしいと思うでしょうからねえ。

しかしワ士ゃ「さもありなんよのう」と素直に納得してしまったんですが、世の中そうではないようで。ワ士がおかしいのかな。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/14 23:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/28-ab3dc38b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT