PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック!9発目【連続企業爆破】

tocontents.gif to8thshot.gif  h登場人物h20 


下へ、降りよう。
いまいる場所から一段下へ、さらに下へ、
この世界の地獄の、さらにドン底へ


──太田竜「辺境最深部に向かって退却せよ!」


h09title35002.jpg 
警視庁公安部による捜査の大枠は、公になった記録や被告の手記などからだいたい事実に即してる。
「爆弾本部」も実在した組織である。
が、例によって捜査官・会話・思考の多くは架空にして妄想の捏造である。
警視庁公安4課の役割は「公安資料整理」だが、「永田町1丁目の10」的な解析専門家はいない。

また東アジア反日武装戦線のうち何人かは、
もう真実を語ることができない。
彼らの会話や思考の一部も創作である。



h09title敵を欺くにはまず味方から35
さて、

片岡利明@「狼」

h07020200.jpg 
引き続きうつうつしてた。

「東アジア反日武装戦線」の名が“血も涙もない無慈悲にして凶悪な殺し屋集団”の代名詞みたいに一人歩きして世の中を騒がしてるから。
ほかの黒ヘル過激派にすらはげはげしくバッシングされてるから。

h09taisho0160.jpg h04110230.jpg 
“隊長”なほ子まり子姉妹は、戦いが本格的になる前に「狼」を去ったけども、

おれもなあ、向いてないかもなあ、とため息の片岡

片岡はもともと敬虔なキリスト教徒でやってきたんで、非情な爆弾テロ信仰を両立させるのってやっぱり無理め。

以前、いったん「狼」から離れて大阪へと自分探しの旅したこともある。

h09Vietnam010216.jpg 
そのときちょうどNHKベトナム戦争のドキュメンタリーやってたのを見て。村を焼かれたベトナムの赤ちゃんの哀しい目を見て、
片岡はまたやる気になった。
「坊や、このかたきはとってやる」
米帝とそれに協力する日帝許すまじ。で、「狼」に戻った。

公安部解析班の見立ては正しかった。
片岡の闘魂はテレビ番組ひとつで燃え上がったり消えたりするものだった。


一方、捜査では大きな動きがあって──


h09dragon010200.jpg 
「手配中の太田竜小田原署に出頭」
意外な早さ。あっけなく。

「腹腹時計」作者疑惑および「東ア反日武装戦線」首魁疑惑の太田ドラゴン。

名目上、
whitespace9*6
h07120200.jpg 
「アイヌの英雄シャクシャイン像の台座から北海道知事の名前を削ったという犯罪史上稀に見る極悪凶悪事件」で手配中だったんで、いちおうその名目で身柄確保

はや事件解決か、捜査本部は浮き足だったが。まもなく、

h07140220.jpg 
「……シロ、だよな(´・ω・`)」

太田竜いわく、
「自分が爆破犯として手配されてると知って、潔白を晴らすべく出頭してきた」

harahara170.jpg 
じっさい太田ドラゴン「腹腹時計」が出回り始めてすぐ、
「自分の理論をマネしているやつがいる」と周囲にぶーたれてたり。

h09kakikomi0180.jpg 
太田所有の「腹腹時計」にも「?」ダメ出しが書き込まれてたり。

太田主犯」説は外れっぽくなってきた。

けっきょく「太田竜の理論が爆破犯に利用されたが、本人は関係なし
11月には釈放される。

h07110220.jpg 
ところで、この太田ドラゴン、

連続企業爆破でも「(-ε´ )ぼくは関係ない、真実を書いただけ」
白滝町長暗殺未遂でも「(-ε´ )ぼくは関係ない、真実を書いただけ」

てめーの主義主張がもろ犯罪の動機になったにもかかわらず、
毎度華麗に逃げて第三者顔をしたために、

言論人としてのブランドは致命的なまでに急降下していく。

h07112200.jpg 
太田ドラゴン、その後ますます迷走
いや本人はいたって意気軒昂だが。

h09bookdragon3200.jpg h09bookdragon2200.jpg h09bookdragon1200.jpg 
新左翼から一転して>国粋主義者になって靖国神社に参拝>さらにエコロジストになってグリーンピースジャパンを勝手に名乗り>日本みどりの党参院選都知事選に立候補>落選>牛さん豚さん鶏さんゴキブリさんネズミさんミミズさん解放主張>さらに反ユダヤ>ついに陰謀論者に>もちろん911はアメリカ自作自演!反イルミナティ反フリーメーソン>と主義主張を変えまくりしかも年々トンデモ化を加速してくんだが──


さてこの前後に──
whitespace9*6
h0420h200.jpg 
警視庁の奥の院、捜査の流れを劇的に変える化学反応があったんだが、
それが上意下達で決まったかボトムから固まったか、はっきりしない。

なので、ボトムからって前提で話を進めると──

公安部ノンキャリ幹部衆のムラ寄合、
whitespace9*6
h09noncareer010220.jpg 
捜査本部は通さず、公安独自でやらないか」
ひそかに示し合わせ。

じっさいこの事件、捜査本部大杉である。

三菱重工爆破丸の内署三井物産愛宕署大成築地署帝人日野署、あと神田署大塚署にも分室
犯人同じならまとめて1コでいいんじゃないのだが、発生地の所轄署捜査本部が開かれるルールだし、いろいろ大人な事情もあって本部乱立中である。

さらに警視総監本部長「極左暴力取締総本部」公安部「極左暴力取締本部」「爆弾専従班」警備部にも「極左暴力警戒本部」──
どんだけ本部あるねん。

h09honbu010220.jpg 
で、このぜんぶが序列もあいまいでてんでばらばらにやってる。右手が何してるのか左手も知らずにそば食べようとしてるの図。
で、しかたないからわざわざ調整役連続企業爆破連絡調整室」が置かれて何のために何やってんだ状態に。

刑事警備のやりかたじゃ捕まるもんも捕まらん。公安公安のやりかたでやるべきだ、というのがノンキャリ幹部連の言い分。

だいたい刑事のデカは口が軽いんだ。ブンヤにすぐリークしやがる。
「腹腹時計」の件だってサンケイ新聞にすっぱ抜かれた。刑事部の誰かがホイホイしゃべったに決まってるんだ。
これ以上、下手な記事が載って犯人に潜られたら元も子もない。

てわけで刑事部ハブって公安部だけで仕切ろうぜ。

というノンキャリの密談は妄想にして捏造だが。

じっさい公安部を回してるのはノンキャリ幹部たちで、
部長課長キャリア組はたしかに階級こそ上なんだけども、捜査官ではなくあくまで行政官で、せいぜい1-2年でくるくる異動してしまうし。
公安稼業熟知のノンキャリがいないとぜんぜん回らない。

で、キャリアの威光でヘタに押さえつけようとして嫌われると、
足下をすくわれることになる。

h09sokochosa0220.jpg 
なにしろ公安部人事用の素行調査まで受けもってるんだし。
|
|⌒彡
|冫、)
|` /
| /
|/
|
とうぜんあんなこともこんなことも知ってる。
その意味でも政治力は警察幕藩体制最強。

だから公安部ポストはキャリアの出世コースな一方、複雑にからみにからみ合ったパワーバランスの中でヘタこかぬよう綱渡りしなければならず。
超絶きついっす。そりゃこれ乗り越えられたら有能な人材だよ。


とにかくこのときから公安部公安部警察署からひそかに人員を引き抜いて、
超級スーパー秘密の裏捜査本部を開いた。もちろん秘密の内緒のここだけの話で。

この超級スーパー秘密の裏捜査本部の存在は、
捏造じゃなくてホントである。

h09urabuilding010220.jpg 
愛宕署向かいに古ぼけたビルがあって。

警視庁新橋通告センター
交通部駐車対策課新橋分室
@ここに配属ってやっぱ閑職だよな的な看板が。

このビルに公安部の超級スーパー秘密の裏捜査本部がこそっと置かれた。

隠語で「爆弾本部」「田町分室」などと呼ばれることに。

「爆弾本部」の存在を知るのは中島公安部長福井公安参事官小黒公安1課長ら最高幹部クラス数人、警察庁では山本警備局長公安系幹部数人だけ。

警視総監刑事部長捜査本部幹部たちも、
さらに公安幹部の大半もその存在すら知らない。

捜査の潮目がここで変わった。



h09title詩的な指紋35


h09kono.jpg 
「この東京行動戦線ですけどねえ」
「おまえ、まだこだわってるのか。太田ドラゴン主犯の線は空振りだったじゃねえか、もう関係ねーよ」

解析班3担次席は解析力を見込まれ、「爆弾本部」専従となった。

公安部員は活動中、本名じゃなくて地名などの符牒でスパイっぽく呼ばれたりする。

h09gotanda010200.jpg 
爆弾本部の前線指揮を執るのは、公安総務課から来た理事官「五反田」

h09xx0000i.jpg 
公安1課課長代理補佐心得(主査)「本郷」
彼も爆弾本部に引き抜かれたものの、解析班のオマケみたいで面白くなく。

そして
whitespace9*6
h09nagatal0200.jpg 
解析専従を仕切るのは

h09mochiron_new 2 
もちろんこいつ
 
コードネーム「永田町1丁目の10」
whitespace9*6
h09nagata_new2*400 
「自分は太田竜作者だ首謀者だなんて、ひと言も口にした記憶はありませんが。どこで太田自身が主犯という話にすり替わったんですか」
「おれが上に言う時点ではおまえの言ったとおり伝えたぞ。そのあとの伝言ゲームで何がどうなってああなったかまでは知らん」

h09hongod0200.jpg 
「どっちにせよ太田ドラゴンの本を読んだやつなら誰だって書けるわけだろう。つまり何千人も候補がいるってこった」

なあ、おまえ、4課のホープなんだってな。
でも一度ヘタこくとおまえみたいな小生意気なのはぺちゃんこにされるぞ。だからもう切れた線にいつまでもこだわってないでだな──

h09tadano.jpg 
「そうなんです、ただの読者じゃないと思うんですよねえ」
「だから! 太田三菱は関係ないと証明されちまっただろう。というかおまえ人の話ぜんぜん聞いてねーだろ」

三菱じゃないです、三井物産のときの犯行声明がです」

太田竜の筆がアナーキスト系の出版物のなかでも特別なのは、
ゴリゴリの極左煽り本なのに、どこか詩的ってところです。

太田本人はとんだ食わせ者ですが、あの独特の語り口には引っ張り力あります。太田の本を入口にアナキズムにかぶれる文学青少年が多いのも無理ないですね。

harahara170.jpg 
さて一方、「腹腹時計」「狼通信」を見ると、言ってることこそパクリですが、やはり表現力がまったく違う。もちろん太田が書いたものではないです。

ところどころ幼稚な俗っぽい表現、生硬な表現もあるし。太田に無い言葉を、犯人のボキャブラリーで書こうとして差が出たんだと思います。

kyouhaku12.png 
でも三井物産のときの犯行声明は、太田独特の語調にちょっと似てます。
「腹腹時計」「狼通信」を書いた人間とは別人です。

それで、犯人がにわか読者じゃない、という件につながるんですが。

h09nagatau0200* 
「たしか東京行動戦線って、たしか1年も続きませんでしたよね」

h09hongof0200.jpg 
「らしいな」







h09nagataux0200*




h09hongoe0200.jpg 
「(苛)それで?」

  _, ._
( ゚ Д゚)けっきょくこいつの思わせぶりに引っかかるんだ。くそ。

h09xx0000w.jpg 
『大地の牙』犯行声明で言い回しの複数箇所が、
東京行動戦線の出してた機関誌の記事に似ていました。

だから太田ドラゴンの本を何冊か読んだだけじゃ、
少なくとも『大地の牙』犯行声明は書けないと思うんですよ」

「あれ読んでそんなけったいなことまで考えてるのか」
「それが自分の仕事ですから」

h09tokyoko* 
東京行動戦線機関紙は、例の現代思潮社が月イチで出していました。
出てたのは1965年後半だけ。行動戦線がフェードアウトして廃刊となりました」

h08200220_20120116145641.jpg 
太田ドラゴンの本、くわえて10年も前に半年しか出なかった黒ヘルの機関誌、この両方の影響を受けてる、ってのはさいきん囓っただけのニワカとは思えません。よほどの筋金入りか、関係者のごくごく近くにいる人間

「それともおまえだな、おまえがあれ書いたんじゃないのか」
(無視)そんな人間がまったく黒ヘル人脈と縁がなくて、誰にも知られてないアウトローだなんてあり得ません。少なくとも過去になにか接点があるはずです」

h09toyuwake* 
「というわけで自分は東京行動戦線をあと少し追いかけたいんですが」

「といっても、決めるのはオレじゃないからな」
「はい、ですから上に説明していただきたくわざわざ説明しました」

h09hongog0200.jpg 
ぬー。
それでも課長代理補佐心得(主査)本郷公安部では滅多にしないことをやった。

h09xx0000y.jpg 
爆弾本部理事官「五反田」にその少数意見をあげたんである。

h07090200.jpg 
で、一蹴されるかと思いきや、意外にも「五反田」も、それを上に上げた。
上意下達の公安部には珍しいことで。やっぱり五反田もアカ狩りの鬼なんで、太田ドラゴンの線を諦めきれないんだろう。

h07100200.jpg 
で、この少数意見、公安のてっぺんまで届く。
キャリア幹部たちは半信半疑だったけども、ノンキャリ幹部の何人かが「五反田」の意見を支持して粘った。

で、奇跡的に「じゃ、人数割り当てるから、いちおう突っ込んでみろ」ということになって、数人が永田町1丁目10の下に割り振られたんである。

その結果──

東京行動戦線自然消滅のあと、残党の派生グループがいくつかできてたんだが…。

「ベトナム反戦直接行動委員会(ベ反委)」@ベ平連と似てるけども関係ない
そのベ反委から分裂した「背叛社」
「レボルト社」というアナーキスト系出版人による出版研究グループ

ha09gun0200.jpg 
ベトナム反戦直接行動委員会

その最初にして最大にして最後の“業績”が、
日特金事件・豊和工業事件】@1966

日特金属工業田町工場にベ反委メン13人が乱入。

自衛隊62式機関銃の製造メーカー!」「兵器工場だ!
「労働者の皆さん、目覚めましょう! 戦争に加担しないで!

その名の通り
whitespace9*6
h09_anarchism0200.jpg 
で工場の設備をあちこちたたき壊した。
工場の労働者の皆さん、目覚めるとか以前に仕事できんくて単に迷惑。

つづいて愛知県豊和工業にも乗り込んで
銃器メーカー以下略!」
敷地内で反戦ビラを撒いた。

h09icon01.jpg「このとき指名手配受けて10人逮捕されたとありますね」
h09xx0070.jpg「これはおれも少し手伝った事象だ。こいつら、てきとーな集まりでな。友だちの友だちとか誰かに聞いて参加したとか、互いに名前も顔も知らんありさまで、共犯を割り出すのに苦労したそうだ。3人だけはどうしても特定できなかった」

(じつはその特定できなかった残る3人のなかに、大学1年時代の斎藤和@「大地の牙」がいたんであるが)


次に、
「ベ反委」から分裂した派生の派生。
whitespace9*6
h09haihanaa0220.jpg 
「背叛社」

学生中心のグループで、メーデーに殴り込んで乱闘、共産党本部火炎瓶、しょっぱなからなかなかにしてバイオレンスァーで、黒ヘルのお約束で爆弾上等!夜露死苦!

リーダーは東京理科大生和田俊一
で、主要メンのひとり牧田吉明。皮肉なことに三菱重工社長“牧田天皇”の息子、セレブのボンボンで見事なまでに和田のような不良学生の金づるだった。

背叛社牧田名義のアパートでアホメンが誤爆やらかし>公安に目をつけられ。

h09xx0070.jpg「こいつらのリーダー和田な、うちの1課からカネもらってた“協力者”だった」
h09icon02.jpg「リーダーが公安スパイ? そりゃ始まる前から終了じゃないですか」
h09xx0070.jpgスパイじゃない(-_-メ)協力者と呼べ」
h09icon01.jpg「最後は誰かが警視庁素っ裸で殴り込んだんでしたっけ」
h09xx0070.jpg牧田がな。いちばん哀れなのはあいつだったよ」


h09kakumei0200.jpg 
レボルト社「世界革命運動情報」なる物騒な隔月ミニコミ誌を出していた。

海外左翼運動の記録とか翻訳して載せたり、大日本帝国半島併合大陸侵攻強制連行を調べて論文つくったり、例の「栄養分析法」(という名の爆弾マニュアルを再刊したり。朝鮮人運動家たちが出入り、延々と朝鮮語の学習テープが流れてて。

今でいう「売国ブサヨ」的なノリ。ただし今みたいに「プロ市民」と揶揄されそげな利得感は少なくて世のはぐれ者的な立ち位置だった。

h09icon01.jpg「ここがまともといえば一番まともに活動してたようです。プロの編集者が仕切ってたから当然といや当然ですが」
h09xx0070.jpg松田政男、山口健二、平岡正明、で、太田ドラゴン──またもやどっかで見たような面子だな」


h09icon01.jpg「でも、これら派生組、どれも長続きしてません」

「ベ反委」日特金事件でメン大量逮捕>×消滅
「背叛社」爆弾誤爆>大量逮捕>×空中分解
「レボルト社」1972年×解散

みんなおおむね運動から足を洗った死んでしまったか、まるで別の左翼活動してるか、評論家作家記者になっているか。

h09xx0070.jpg「うーん、やっぱり違うんじゃないのか」
h09icon01.jpg「もう少し追えないですかね」

理事官五反田は驚くことにこれにもゴーサインを出した。
じっさい爆弾本部としても太田ドラゴン主犯説が破綻しちまった今となっては、ほかに打つ手がないからで。

というわけで、いちおう東京行動戦線やその派生グループ元メン30人ほどの追跡調査が行われることになった。

筋を一本に絞って集中するのは人員を一斉投入できるんで濃密に捜査できる。

ただ、もしそれハズレだと、ほかの筋に乗り換えようにも機を逸することになる。

h09sanok0h150.jpg h09setag0h150.jpg h09ashikg0h150.jpg 
歴代未解決事件の多くが、そういう筋の読み違えハズレでしたorz>もはや時間が過ぎ杉>他の筋も手遅れorz orz>迷宮入りorz orz orz、というパターンだ。

表っ側の刑事部が主導してるデカ的捜査は行き詰まりつつある。
このままだと公安的捜査も暗礁に乗り上げそうで。

だから爆弾本部としても東京行動戦線に集中するのは賭けなんである。


10発目 ドラゴンの末裔】へと続く
tocontents.gif to8thshot.gif  

h登場人物h20 
h警察庁警視庁組織図18 
h連続企業爆破事件関連年表h22 
h参考文献h23 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/251-80fe6d6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT