PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ネバダたん(6) 【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter6 スパイラル

gunkann.jpg

contents < (5)


*「お前ら全員惨殺してやるよ!」

ゴールデンウィークが明けて──。ネバダのバイオレンスはさらにパワーアップした。

弱っぽい男子に「おまえ、うざい、死ねっ」と罵り、追いかけ回し、蹴っ飛ばして馬乗りになった。同級生が止めると「くそっ」と悪態をついた。
突然壁に頭を打ちつけることもあった。からかった男子にカッターをちらつかせて怒った。

交換日記の「NEXT」騒動もこの頃、GW明けの5月中旬に起きている。


ところで、例のネットにアップしたバトロワ外伝のアンケートもちらほらとネ友の回答が書き込まれていた。

その中の一人はとくに露悪的。

「お前ら全員惨殺してやるよ!
 女は犯し殺す。
 男は目だけ潰して
 数日縛って最終的に殺す

この頃のネバダはこういうデモーニッシュな書込みをとくに喜んだ。

ちなみにこのアンケート、30人中25人「殺し合う」を選んだ。「ひたすら隠れる」が4人、「反対」は1人だけだった。

彼らネ友たちがネバダにどんな影響を与えたか、今となっては知る術もない。みんな事件後、そそくさと退会して消えてしまったり、固く口をつぐんだままだ。


とりあえず、ミタちゃんやWKちゃん、ネ友たちとは、ひとまず良好のようだった。
ネバダの心はまだ均衡を保てていた。まだぎりぎり。

だが周りはどうだろう? ネバダの周りの子たちは?


そして、5月27日、木曜日──。

この日から異常な速度で事態は展開する。
たった6日間で。



■「失礼じゃないっ!」

5月27日から6月1日までのログはほとんどネバダの手で削除されてしまっている。

だから「供述は全部自分に都合のいいウソ。被害者をいじめっ子に仕立て上げて被害者づらするため。血に飢えた鬼畜殺人鬼だ」と断言してる人もいる。
そんなすっぱりきれいに世の中わり切れたらさぞ気持いいだろうなあ。


さて、5月27日、木曜日に何が起きたか──。

次の日曜は運動会をひかえていた。
子どもたちは準備にいそしんでいただろう。

ネバダはミタちゃんたち同級生数人とじゃれ合っていた。ネバダがふざけてミタちゃんにおぶさった。
ミタちゃんも笑いながら言う。
「重いーっ」

ぷちんっ。

とつぜんネバダの顔色が変わった。

「失礼じゃないっ!」

ミタちゃんらは驚いた。
なんで? なに怒ってるの?乗られて「重い」くらい普通言うよ。

もう珍しくもなくなっていたネバダの癇癪に見えた。
ただ、どうやらミタちゃんは「NEXT」騒ぎのときと違って、謝らなかったらしい。

その場は気まずく終わっただろう。


翌日、5月28日、金曜日──。
ネバダは仲良し掲示板にログインした。すると、

「!!!」




■なぜそんな悪口を?

hand.jpg

警察はネバダの供述を確かめるため、「問題の書込み」を探したが、見つからなかった。事件前にネバダが掲示板から削除してしまっていた。

ネバダによると、掲示板には、

「いい子ぶってる」「ぶりっこ」

と書いてあった。書いたのはミタちゃんだった。


ぶりっこ、はネバダの急所だったかもしれない。粗暴になり、グロ絵やグロ文やグロ小説を吐き出していたが、家族や先生の前では「いい子」に踏みとどまっていた。

ネバダはもともと愚かではなく知的な子だ。そんな自分のハンパさカッコ悪さも認識してただろう。
だから一番言われたくない悪口だった。ぶりっこは。

それをよりによってミタちゃんが言った。友だちだと信じてたミタちゃんが!

なんで!? なんでだくそっ!


それと「気にしてる“身体的特徴”も書かれた」という。
つまり「太った」とか「デブ」とかだろう。

はたしてミタちゃんが本当は何をどう書いたのかはもはや永遠の謎だ。
でもとにかく憤怒中のネバダ「太った」のをバカにされたと読み取った。

どうもミタちゃんという子は、悪気なく軽快かつキツめのツッコミをするキャラだったようだ。たしかにそういう気質は「裏表がない」と表裏一体だったりするものだが。

交換日記でもネバダのイラストにぽんぽんツッコミを入れていたが、けっこうキツめなときもあった。たとえばネバダの描いた浴衣の女子を「厚化粧ね」(いや厚化粧ではなくネバダの画力のなさゆえにゴテゴテになったんだが…)
こんなときネバダはネバダにもかかわらず媚びめな返事をしていて、ネバダなりに頑張って迎合してたんだろう。

もしかして28日のミタちゃんの書込みもいつものぽんぽんがなかったか。口頭やノートならともかく、ネットだし。それに怒ってる真っ最中の書き込みだ。

ネバダは怒りにまかせて、ぶりっこ書込みを削除した。
(2人はHP開設のときにIDとパスワードを交換していた)
そう消してしまった。気持ちはわかるが。ミタちゃんのパスワードで。

するとミタちゃんが再び同じことを書き込んだ。「ぶりっこ」


でもなぜミタちゃんはそんな悪口を書いたんだろう? たしか健全で大らかで争いごともしない子だったはずなのに。
なんだかミタちゃんらしくないじゃないか?


「いや、だからぜんぶねつ造とウソなんだ。HPも細工をして被害者が書いたように見せかけたんだ。加害者が自分に有利なようにウソを──」

えーと、うるさいからちょっと黙っててくれないか。


さて、そこであの年5月当時の佐世保の様子だ。



*幼く仲の良い2人だったからこそ…

hantaiun.jpg

イラク派兵。現地でテロ。4月に日本人人質事件。世論は「自己責任」と人質を叩いた。佐世保米軍も自衛隊も、アルカイダの自爆テロを警戒してずっとピリピリしていた。

のちに起きたスポーツクラブ銃乱射事件でも、逃走した犯人の目撃情報は「黒人米兵」だった(犯人は日本人だったのに)。そんなことが起こりうる町だ。その町がさらに厳戒態勢下にあった。

基地の尋常でないピリピリは町の空気にも伝染していたかもしれない。大人の過半数が基地関連で働いてるんだから。町のピリピリは小学校にいる子どもたちにまで伝わっていたかもしれない。
まああくまで妄想だが。


ミタちゃんは「NEXT」騒動のときは謝ってことをおさめたものの、「絵文字じゃないし、パクりじゃないんじゃ」ともプチ反論している。
筋が通らなければ言うことは言う性格だ。

でもまあ基本的に気がいい子だし、とくに4月は蜜月状態だったから、多少のカチンは我慢もした。
それがGWが明けて5月になって、NEXT騒ぎはじめ、カチンっがいくつか続いたかもだ。ネバダが気づかなかっただけで。

その我慢が、木曜日の「失礼じゃないっ」でキレた。ネバダもキレたが、ミタちゃんもキレた。
自己チューもいい加減にしなよ!!

もう少し年が上の少女なら、ひょっとしたら友だちの怒りと孤独の深さを敏感に見抜けたかもだ。仲直りしようとしたかもだ。それとも利口にフェードアウトしたかもだ。かもだばかりだが。

でもミタちゃんはやはり12歳の小6。大人になりかけ。分かってるようで分かってない。


それにみんなすっかり忘れちゃってるが、言わせてもらえばミタちゃんだって「親の都合で家事を手伝うため」に好きなミニバスケを辞めてるんだ。
退部をなかなか切り出せなくて、お父さんと一緒に言いに行ったけどそれでも言えなくて、仕方なくお父さんが代わりに電話したんだ。
ニコニコしてるから平気だと思ったかもしれないけれど、それぐらいつらかったんだ。

ネバダだけが悲劇のヒロインじゃないのだ。ミタちゃんの方が多少タフでウジウジもしなかっただけだ。
ミタちゃんだっていろいろあったんだ!

だから真っ向から受けて立ってしまった。だからぶつけた。前々から内心思ってたけど心におさめていた言葉「ぶりっこ」を。

まあ、ちょっと言いすぎだったかもしれない。でもそれを消された。信頼してネバダに渡してたパスワードで。


「パソコンで憎しみが増幅する」。
──フレーミング現象というらしい。語源はフレーム、パソコンのモニタの枠。

メールや掲示板では、声も口調も、表情も身ぶりも見えない。目の前にあるのはフレームの中のテキストだけだ。書かれたことは曲解悪くとられる。行き違いはすべてネガティブに傾き、あとは脊髄反射敵意の応酬憎悪のスパイラル。

ただ、この現象、「顔見知りなら起こりにくい」と言われてきた。
でもこの2人は逆だ。

まだ幼くて顔見知りだったからこそ起きた。


彼女らは、親しすぎるほど顔見知りで、なのに子どもで、フレームの向こうに生きた人がいるのを慮って伝えかたをセーブする余裕も経験もない。

小学校ではIT教育(役所的にはICTらしい)が始まっていたが、PCやネットの操作テクは教えても、自己防衛やネットマナーは子どもたちにちゃんと届いていたのか──。



にしてもこの2人の場合、憎しみ増幅の速度早すぎだった。
2人を取り巻く、ほかのマイナス要素が多すぎた。



ネバダは、すぐに「ぶりっこ」書込みが復活しているのに気づいた。





ぷちぷちぷちッ。





bukkorosi.jpg

fumnu.jpg








──学習ルームの惨劇まであと4日。  >>(7)

▽参考文献
▼取り入れなかった噂・デマ・中傷・事実と確認できない話

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 01:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うわっ、なんだか小学6年生という微妙な年齢の成せる業が
すべてマイナスに働いてしまったような。
あと二人とも利発だったからも悲劇の一因ですね。

| かあたん | 2010/04/10 18:33 | URL |

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> うわっ、なんだか小学6年生という微妙な年齢の成せる業が
> すべてマイナスに働いてしまったような。

この不幸の重なりはGODか宇宙生命体なんちゃらのイタズラとしか思えない確率でした。
踏みとどまるチャンスもことごとく逸してるんですよね。
ほんとタッチの差で事件起きずに、起きてもちょっとした殴り合いの流血沙汰で済んだかもしれないのに。

> あと二人とも利発だったからも悲劇の一因ですね。

そう。バカだったら起きなかったんですよ。きっと。
ガキはバカが幸せなんですなきっと。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/10 20:49 | URL |

自分では何の気なしに言った言葉でも、
相手のコンプレックスに結びついちゃって
気を害されるとか誤解されることは
オトナになっても日常茶飯事。

だけどたしかに小学6年生では「そういうものだ」なんて達観してるわけないもんね。
とくにその頃~思春期は、容姿はものすごく気にするしさ。
大ダメージになるのもわかる気がするよ。

でも私たちの頃と、今とで違うのはネットの有無。
本人の感情に加えて、そういう環境も火に油のごとく作用しちゃったんだろうな。

| ash | 2010/04/10 22:33 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>あっ種度の

> 相手のコンプレックスに結びついちゃって
> 気を害されるとか誤解されることは
> オトナになっても日常茶飯事。

ねえ? とくにメールとかコメントとかだと、ひじょーに気をつかいますわね。この人の地雷はなんじゃろうとか。まあそれでも気づかずに踏んで相手がオトナだからスルーしてくれたりしてるんでしょうけど、そんな人ばかりでないし。

よく「荒れる」というのは大体とても些細なことから始まってるみたいですね。2ちゃんねるとか眺めてると、「ああここで火種が、ああここで燃えて、ああここで油が」と分かります。

> だけどたしかに小学6年生では「そういうものだ」なんて達観してるわけないもんね。

しかもこのくらいの年の女の子って異常に仲が良かったりするじゃないですか。ほとんど依存症というか。なんか友だちの奪い合いみたいなのとかボス猿争いみたいなのもすごいし。

ほんの1、2年前までは男子も女子もみんな一緒くたってかんじだったのが、だんだん「女世界」を築き出すんですよね。まーこわいわ的なのを。

> とくにその頃~思春期は、容姿はものすごく気にするしさ。
> 大ダメージになるのもわかる気がするよ。

「美少女」というのは実際本当だったらしく、けっこう容姿に自信もあって意識してたんじゃないですかね。
それがデブってしまいました、と。で、それを友だちに指摘される、と。大人の想像以上に「大っ嫌い」になりますわなあ。

> でも私たちの頃と、今とで違うのはネットの有無。
> 本人の感情に加えて、そういう環境も火に油のごとく作用しちゃったんだろうな。

インターネットはガキにゃ早いですよ。やっぱり。
ガキの脳の許容範囲をはるかに超える広大な世界がどーんと与えられてしまいますからねえ。オーバーフロー状態なんじゃないでしょうかね。

ワ士はどうもネ友が悪影響をかなり及ぼしたんでないかと思いますなあ。
そのへんは相手も子どもだけにほとんど報道もされてないし追跡も自粛されてますが(分かったけどあえて書かなかったこともけっこうあります)。

2ちゃんあたりで囁かれてる噂のように、ネ友が操っていた、そそのかしたなどというつもりはないですが、ただクラスの友だち以外の子が多数、そこに顔も見えないまま存在する、というだけで妙な力学が生じたような。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/10 23:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/25-d38cb457

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT