PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー (終)【或る田舎的殺戮】

目次  六thへと戻る  六th結へと戻る

kakogawa02n368.jpg 
2004年 加古川

ヤスは犯行直後、に電話。

070010250.jpg 
やってもうたおばばを頼むぞ」

燃え上がる自宅と警察に助け出された母親を後にして、車での自宅へと。
「迷惑かける、すまん。わしは死ぬ

は発進できないように車のキーを抜き取ったが、ヤスは一斗缶のガソリンを頭からかぶって、
「カギ渡さんなら今、ここで死んだる!
根負けしたからキーをひったくって、ヤスは走り去った。

午前4時

現場から南へ700mくらいのバイパスで信号待ちしてたヤスはたまたまパトカーが現れたのを見て、
「もはやこれまで」
早とちりして爆走

070020250.jpg 
バイパス陸橋の橋桁に激突
でも車が燃えないんで、助手席のガソリン缶に自分で火をつけたところを、警官に引っ張り出された。

「あんた大丈夫ですか、ケガは?
「俺がやった」
「は?」

070031240.jpg 
「あれや」

070030240.jpg 
白んできた空にもくもく昇る黒煙とかすかなサイレン。

警官慌てて、
「動くなっ」

070031240.jpg 
「動けへんて。そこらじゅう痛いんや
ヤスは憑き物が落ちたような穏やかな顔で、

「俺がやった。恨みや」


07title400.gif
  title004.gif


七th終章或る田舎的 祭りの始末
──結 津山三十人殺し
──未結 名張毒ぶどう酒事件
──結 月ヶ瀬村中2女子殺人事件
──未結 加古川親族7人殺害事件


shinbuntoi250.jpg choseunghui160h.jpg upomgon160h.jpg mBryant160h.jpg  
歴代マスマーダーたち

Norwaymurder.jpg 
今年新たにノルウェーから加わった、
アンネシュ“日韓萌え”ブレイビク@77人ギネスワースト更新。

とくに特殊技能もない彼らがひとりで何十人と殺せた理由はただひとつ、連射式ライフルサブマシンガン、ときには爆弾手榴弾まで使ったから。

拳銃はもちろん、刃物ではとうてい無理。

070040250.jpg 
まして包丁なんて、そもそも人を殺すための道具じゃないし、すぐ刺さらなくなるし折れるし自分の手をケガしたりもする。刺す側の体力と気力もみるみるなくなる。

よほどの精神力と胆力を持ち合わせてないとへこたれる。
で、そんな精神力胆力があったらそもそも大量殺人なんてしない。タフなイメージと違って大量殺人は必ずヘタレ人間がやらかすんである。

にもかかわらず、ヤスのばやい、



kakogawa006;250 
ヨシヒサ* ハンマー>頭蓋骨骨折3カ所 包丁>7カ所刺され
ヒサコ* ハンマー>頭蓋骨骨折 くも膜下出血 包丁>首を貫通
タツヒコ* 包丁>13カ所刺され
アツコ* 包丁>11カ所以上刺され
ノブオ* 包丁>20カ所以上刺され 
サツキ* 包丁>14カ所以上刺され
マサル* 包丁>9カ所刺され
マナミ* 包丁>8カ所刺され

「…カ所以上刺され」はあまりにも傷が多くて重なってるんで。

45分間、しかも包丁8人めった刺しはふつうなら無理
それだけヤスの溜め込んだ憎悪エナジーはケタ外れだった。

060770247.jpg 
マナミ*@マサル*の妻
8カ所も刺されて瀕死の重傷だったが命は取り留めた。

「そういやこのマナミ*は俺をバカにしたことがなかったな」
ヤスはトドメを刺さなかった。「まあ放っといても死ぬやろし」

070041230.jpg 
ユリコ*@マサル*マナミ*夫婦の娘
寸前にタオルを取りに向かいの自宅へ戻っていて、じつに数十秒の差で難を逃れた。
ユリコ*証言「家に戻るとき、ちょうどパトカー2台が通りかかりました」

070050206.jpg 
ありゃー殺戮が繰り広げられてるすぐ近くをパトロールが気づかずスルーしちゃったことがバレてしまった。
住民の訴えを「地域で解決して」と断ったことも大々的に報道されて、またもや何もかもバッシングしやすい警察のせいってことになった。

ヤス殺人7件殺人未遂1件現住建造物等放火1件の罪状で起訴。
尋常じゃない犯行ぶりに精神鑑定。でも2人の鑑定医の診断は真逆に。

後悔はまったくしとらへん」
ヤスは公判でも淡々と証言。
「こうして話していてもまだヒサコ*への怒りがわいてくる

神戸地裁は責任能力を認めて求刑どおり死刑判決。
弁護側は控訴。もう1回精神鑑定ってことで公判は中断。

ヤスは精神状態について訊かれ、

「心神喪失? そんなことあるかいな。
あれだけ追い詰められたら、誰でもやるで


070060280.jpg

「なあ、あんたも、やるやろ」



岡山県西加茂村行重貝尾

貝尾は22戸のうち11戸が都井睦雄に襲われ、住民の3分の1を失った。
養蚕や農作業の働き手を失って、廃村寸前まで追い込まれた。

dvdteikoku250.jpeg 
一方、津山事件は、帝国政府戦時体制まっしぐらにうまーく利用された。
「好ましからざる旧弊撲滅の好機到来!」

その意に沿いましてラヂオ新聞雑誌も夜這いバッシング

夜這い因習が原因か」
土着淫風はびこる寒村」


まー戦前も今もマスコミの雪崩現象は基本変わらんである。

大量殺人まで起こす害悪として夜這いはどんどん廃れていき。
貝尾はすっかり悪しき旧世界の象徴にされてしまいましたとさ。

はて貝尾は、淫蕩悪逆だったのか。

少なくとも淫蕩を望んで得られなかった睦やんにはそう見えてただろうが──

いやいやリアル貝尾はごくごく平凡な、当時どこでもあったよな農村。
平凡に素朴のどかで、平凡に前近代で、平凡に排他的で、平凡に陰湿で。

睦雄親戚一家は被害に遭わなかった。
貝尾住民から、
睦雄の計画を知っていて黙っていたに違いない」
とよくわからん理屈で村八分にされた。

anesan001n.gif 
睦やんの姉みな子*警察署長に伴われ(護衛され、ともいう)、葬儀を回って香典を差し出したが、誰も受け取らなかった。


yurikorun170_20110701211539.jpg 
睦やんが最も執着したゆり子*

弾丸は数cmの差でゆり子*のノドをかすめたが軽いケガのみ。
はす向かいの寺川茂吉*の家に逃げ込んで助かった。
だがゆり子*家族は全滅寺川茂吉*の家も隠居徳次郎*がとばっちり的に殺され、次女桐子*も戸板越しに足を撃たれた。

ゆり子*良子*の夫大友嘉造*と顔を合わせると号泣

070070250.jpg 
「私が良子*ちゃんを殺したんじゃ、私が誘わなければよかった、こらえてつかあさい」

嘉造*ゆり子*を責める気になれなかった。



奈良県月ヶ瀬村

丘崎誠人の自供どおり、

070080220h.jpg 
村から10km離れた伊賀山中で、
充代の白骨化した遺体が見つかった。

祖父の与力@民生委員は、孫娘の骨壷を受けとって。
「やっとうちに帰ってきました」

彼は決して悪人なワケじゃなく、皆から慕われる人格者だったろう。
それをいうなら月ヶ瀬の人々も、名張葛尾の人々も、加古川西神吉町の人々も、それに山形新庄市の人々も、
日頃から凶悪ぞろいなはずもなく、ごくふつうの素朴な人々だったはずだ。


さて、丘崎家は当然のごとく村から追い出され。
彼らの長く暮らした掘っ立て小屋も、すぐ取り壊されて更地に。

丘崎家の人々は別の地に流れ流れて居を構えた。貧しいままだったが。
彼らは皮肉にも誠人の凶行によって35年にわたる呪縛から解放されたのだった。

policetalk002v.jpg 
奈良県警の供述調書は、逮捕容疑の「略取誘拐」とつじつまを合わせるためになんか変なことになってたけども、
取調官は良心的で、誠人の打ち明けた差別についてもきっちり調書に書き込んであった。

が、検察差別事件に関係ないと、そのへんすべてスルー、
あくまでロリコン変態殺人である、と誠人を起訴した。
対する弁護側はもちろん差別による激情を争点にした。

地裁判決は懲役18年検察は控訴した。



三重県名張市葛尾

05budo060240.png 
葛尾激情奥西勝母親子どもたちをいじめまくって夜逃げさせ、墓を破壊して捨てた。

最初から迫害があったんならまだしも、いったんはマザーテレサのような慈愛のふりしたがゆえに、豹変っぷりがいっそう際立つ。

イケメン真犯人だろうとなかろうとそれは変わらない。

もともと葛尾には100人程度しか住民がいない。
イケメン犯人じゃなかったら、

ほかに真犯人がいるってことじゃないか。

ずっと狡猾で、尻尾を掴ませず、何十年も世間と住民をだまし続けて、ひそかに笑ってる犯人が。
いやいややっぱりイケメンの女房千恵子がやったのかもしらん、でも死人に口なし、そうかもしれないしそうじゃないかもいや待て──

集落はふたたび疑心暗鬼にまみれてしまうではないか。

070081270.png 
それは困る。せっかくうまくおさまったのに。
イケメンが犯人だ。それ以外にない。
ダメ。ゼッタイ。酒井法子説得力まるでなし。
なにがなんでも。ヨソのもんがなんと言おうと。

裁判は二転三転。
三重県警の捜査不手際、証拠の矛盾、捜査側の都合のいいように変化していく住民の証言、といろいろこまごま、こまかいとこはもっと詳しいソースにどうぞ。

なんだか危なっかしく司法はころころ変わり。

1964年から2002年にかけて
津地裁無罪>名古屋高裁死刑>最高裁死刑確定>第一次再審請求>高裁却下>特別抗告>最高裁却下>第二次…(中略)…>第六次再審請求>高裁却下>特別抗告>最高裁却下>第七次再審請求>

070090200.jpg 
奥西勝は自由の身で控訴審判決を聞きに行き、そのまま名古屋拘置所に収監、以来二度とシャバに出てない。

有罪の決め手は当人の自白と、
「10分間、1人でぶどう酒のそばにいた」
「ぶどう酒の王冠に残った歯形
の2つで、王冠の歯形は、のちのち証拠として怪しくなってきた。

この事件、数々の昭和な冤罪事件と同じく、自白頼りで証拠がヘナチョコいんである。

が、検察は断固として折れず、裁判所「自白の信用性は高し」と判断を変えず。葛尾の住民たちもほっと安堵。

マスコミはじめ全国から冤罪事件?と注目を浴び、
それでも犯人イケメンと決まったんじゃ」
と言い張る住民たちはいかにも異様に見られて、
今度は外から
「閉鎖的」「真実より村の和が大事か」「無実の人間を犠牲にして成り立つ村」
入れ子的に異端扱いされるようになると、

ますます住民は反発して凝り固まって閉じた。

kakumei220.jpg 
「絶対犯人!」

このスパイラル。どこかで見たような。

そこに検察裁判所のメンツと思惑も混じるしで。

いろんなドグマが入り乱れて、

2005年から2007年 まだまだ続き、

070110192h.jpg 070100192h.jpg 
第七次再審請求>高裁再審開始決定>検察異議申し立て>高裁再審開始決定取り消し>特別抗告>

そして、2010年
最高裁ついに。
070120166h.jpg 

弁護団支持者
「なんで最高裁がとっとと再審決定って言わねえんだよ」と不満だったが、
それでも初めて再審にいちばん近いとこまでこぎ着けたわけで。

が、検察の反応は超スローモーで、
「今80歳イケメンがアレするまでの時間稼ぎか?」
なんて話もちらほらだが、

そんな間に、葛尾4戸減って18戸になった。
今も「えんざい」「むざい」「む」「え」すら口にすること断じて許さん、な空気に支配され続けている。

そしてみんなさん長寿。リアルタイムの老人らがまだ生きてて、場の空気をキープ。
事件より後に生まれた次世代も、その微妙な空気の中、微妙な態度。

070081270.png

「裁判がどうだろうが関係ない、終わったこと」



岡山県西加茂村

津山三十人殺しの2人のヒロイン、ともに長生き。

anesan003n170.jpg 
睦雄の姉みな子*

嫁ぎ先では人殺しの身内じゃ離縁するのしないの騒ぎになったが、
日頃明るく気さくな彼女は周囲から愛されてて、隣近所一同はむしろ同情した。
それに力を得て夫はみな子*離縁しないと決めた。

数年後にみな子*結核で死んだ、とも書かれたが、
じつは1991年まで生きた。

うどん屋を営み、多くの孫にも囲まれ、周りから慕われたが、
事件のことのことは誰にも語らなかった。

享年78歳


yoshiko140h.gif 
ゆり子*大事件動機として犯人に遺書で名指しされてしまったし、離縁を覚悟した。
が、夫は鷹揚で「ここにおりゃええ」で済んだ。

ゆり*子はその後もまた数奇な運命を辿る。

出征した夫が戦死
親戚は「同じ名字で迷惑」と冷たく。
孫に死なれたときは「やっと罰が当たった」とかあちこちで陰口を叩かれた。

睦雄にさんざ人生を狂わされたゆり子*
2011年現在、95歳のいまも存命。

波乱の人生だったがやっと落ち着き、
いまは穏やかな日々を暮らしている。


西加茂村はまもなく合併で地図からその名を消した。
今では貝尾津山市に。

tsuyama003x300.jpg

が、そこはいまも昔のまま、山ぎわ集落。

事件はいまもタブーだ。



或る田舎的 終章


2000年6月 
大阪高裁 控訴審

「あなたは本件の被告丘崎誠人で、間違いありませんね」
「はい」
「では判決を読み上げます」

070130220.jpg 
「主文」

「原判決を破棄する。被告無期懲役に処する」

「──被告人の言う差別感情なるものは、何の咎もない中学2年生の被害者に対する本件の犯行動機として、ほとんど酌むべき事情にはならない

「原判決は誤った酌量軽減を成し、有期懲役の最高刑にも満たない懲役18年を科しており、軽きに失する

070140280.jpg

「よって、主文のとおり判決する」









──っ






jerseygirl014a.jpg



──っとた──


070142329_20110824223209.jpg


──っとたす



「──っと助かったあ」


070143329_20110824223209.jpg 
「──地獄坂あるし、卓球延長ばっかでへろへろやし、歩いててどうしよ途方に暮れてたとこやったの。地獄にホトケとはこのことや。ありがとう誠やん

070150215.jpg 
070160215.jpg 
あれ……?」

「へ? どうしたん?」

070161329.jpg 

「…充代ちゃん?」
「そうや? なに?」

「あれ、おれ、あれ…?」

070170233.jpg 
「……そうか。ああ、そやったか。ははは」
「なに急に笑っとるの? 変なの」

「いや、ちょっとな、おれ、さっき夢見とった

070181240.jpg 
「ええーっ、運転中やのに!? 頼むわあ。寝んといてよお。
でも、なに、どんな夢やって?」

「ん、おれがな、充ちゃんを送ってやろうと声かけたらな。シカトされるんじゃ

070191177.jpg 
「は? シカトしとらんて。乗せてもらっとるや、あたし」

「いや充ちゃんやのうて、夢に出てきよる充ちゃんがな。
まるでおれを知らんヤツみたいに返事もせんとな、ぷいっと早足で逃げてくんや。

で、それを見ておれは──」



070200230.jpg




「? それで? どうしたの?」

070210218.jpg 
「ん、んーと、あー忘れた。
 まあええやろ、やしな」

070221218.jpg 
「えー、なんか、ひっどいなあ。あたし、そんな目で見られてん」

「いやごめんすまん、だから夢の中の充代ちゃんやって。堪忍や」
「ま、送ってくれたから、許す」

070171216.jpg 
誠やん、さいきん見んかったけど、どうしとったの?」
「ん、まあいろいろな。いろいろあったねん」
「ふうん。いろいろあったんや」

「あのなあ」

070220286.jpg 
「おれまた働くとこ探すつもりや。
 いつまでも親に金ねだっとってもあかんしな」

070230242.jpg 
「ええ心掛けや」

「そうか、おれもそう思うわ。ええ心掛けや」

070240224.jpg 
「あはは、自分で言うとるし。

 あ、ありがと。ここでいい」

070250244.jpg 
「ほんっと助かったー」

070261250.jpg 
誠やん、ありがとー」
「おう、じいさまによろしくな」
「うん」

「あ、それとな、充ちゃんな──」

060160280.jpg 
「今日ありがとな、乗ってくれて」
 
「? ありがと言うんはあたしやろ?」
「あ、ええんやええんや。ん、じゃな」

070293208.jpg 
「うん、じゃ、またね!

070280250.jpg 
「おう」

070300258.jpg 
「さて、帰るかね。

 職探しもせにゃならんし」

070311310.jpg 
「あれえ、この村ってこんな眺めキレイやったんか。生まれて初めて気づいたわ」

「なんか今日は、なに見てもきらきらして見えるな」


070320328.jpg 
「あーもーなんや最高に気分がええわ」


これからなんもかもうまくいく。


なんでもできそうや。きっとおれは変わる


070330240.jpg 

今日からおれは




──ばん!


──125番!


──125番! おいっ

070340240.jpg

ああっくそっ。やりやがった! 125番! 125番!
おい、丘崎丘崎! 死ぬな!


緊急緊急緊急! 単独房受刑者首吊り!


2001年9月4日

大分刑務所──

無期懲役が確定し、服役中の丘崎誠人@29歳

070350280.jpg 
独居房でランニングシャツを窓枠にかけ、
首吊り自殺を図る。

病院に運ばれたが、意識不明のまま死んだ。
遺書はなかった。

誠人が首を吊った日は、少女月命日だった。


誠人の遺骨は丘崎家が引き取った。

だが墓を建てる金は無く、
両親は骨壷を部屋の片隅に置いた。



──2012年5月25日 追記

名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求差し戻し審で、
名古屋高裁は、奥西勝死刑囚の再審開始を認めなかった。



【結】


目次  参考文献 web_book_magazine


予告


次なる【事件激情】は──
 ▽
 ▽
彼らはごく普通の市民です。

sensenyokoku0010180.jpg 
気さくで真面目で、さわやかで、ご近所からの好感度も高いです。
職場の評判もとても良好です。


ある日、彼らは会社の昼休みにちょっと出かけて、

丸の内のオフィス街を吹き飛ばしました。

sensenyokoku020412.jpg

問題 なぜ彼らはそんなことをしたのでしょう?


“ふつうの人々”の仮面をかぶって都市に潜むテロリスト

東アジア反日武装戦線
sensen0030250.jpg 
狼 さそり 大地の牙
   VS
警視庁公安部
sensen0020250.jpg

【事件激情】ハラハラクロック!【連続企業爆破】


東京都全域、非常事態宣言

sensen0070400.jpg

発令間近
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 15:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごい文才ですね!最後の夢回想のくだりは泣きました。
事件の真実を知ることは、即ち自己が社会に対してどう対処すべきか、人を悲しませる結末にならないよう他人にどう接するかの、行動規範になると感じました。
凶悪事件を発生させないように睨みを利かせる抑止力より、社会全体がコストを負担して潜在的な加害者に様々なケアを施し、幸福の再分配をすることの方がこの国の未来に必要だと感じました。
いや~しかし、のめり込む文章ですね。最新記事も楽しみにしてます。

| ぷくたん | 2014/03/11 21:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/223-9e74e6be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT