PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー六th【或る田舎的殺戮】

目次 contents  伍thに戻る

kakogawa009;300 
2004年 平成16年 8月1日

加古川市西神吉町大国

加古川花火大会

060010250.jpg 

ふう、やっと寝てくれたなあ。

キミヨ*@74歳ヤス@47歳の部屋を覗いて、ふとんで静かに寝てる息子に安心した。

060021216.jpg 
今日はいつもに増して荒れてたなあ。心配したで。

朝からひときわおかしかった。水やりしてただけの北隣のミシマ*さんをいきなり怒鳴ったり、窓から包丁投げようとしたり。

yasusakebu001n188.jpg 
加古川花火大会を見てたら、急にスガ*さんの下の子と怒鳴り合うて、外へ飛び出してってもうたし。

と思ったら夜9時過ぎにぶりぶり怒って帰ってきて、

yasangrymouse250.jpg 
「待ち伏せしとったのに、いつの間に家に帰りおったんや」

「いてもうたる、今日こそいてもうたる」


ずっと興奮してわめいてた。さいわいいうかスガ*さんとこの子を見失ったらしい。

心配でずっとつきっきりでなだめて。
ヤスが床につくまで気が気でなかったけど。
落ち着いて眠うなったようや(子どもみたい

ittokan220.jpg 
そういや、ヤスが置いてる一斗缶のガソリン。気がかり。
そないなもん買うて何に使うんや、ときいたら、

ヒサコ*らぁをぶっ殺したら、テレビにこのボロ家映るやろ。恥ずかしいわ。だから燃したるんや」

あのガソリンもどこかに隠した方がええんかな。ヤスは怒るやろうけど。

060030198.jpg 
あらもう日付変わってもうた。明日のパートも早いし寝よ。
キミヨ*は部屋へ戻っていった。

これから先どうなるんやろ、とため息つきつつ。


母親の足音が遠のくのを聞き届けて、

060040250.jpg 
ヤスはそおっと目を開く──


titlemurders420nnc.gif
title004.gif 


七th 或る田舎的 大虐殺
──転 津山三十人殺し    ──転 加古川親族7人殺害事件
──転 名張毒ぶどう酒事件 ──転 月ヶ瀬村中2女子殺人事件


1938年 昭和13年 5月21日

岡山県西加茂村

午前3時

060050250.jpg 
けたたましい半鐘。

大友嘉造*@22歳はとびおきて。

消防団なんで着替えて小走りに出た。

060060250.jpg 
団員たちが詰め所の前にぞろぞろ集まってる。
なんじゃなんじゃい、どこが火事じゃい。
ずっと半鐘が鳴ってるんだが。

やがて消防団の世話役がやってきて、
「あーご苦労さん。貝尾で強盗が入ったそうじゃ。今寄っても危険じゃけえ、家に帰って待機しんちぇ」

なんじゃなんじゃ紛らわしいの。
と、ぞろぞろ団員たちは家々に戻る。
嘉造*もそのときはなんにも思わず帰った。

なぜか貝尾という名と自分の女房良子*とがむすびついてなかった。



妙な時間に起きちまった、
しかたなしにぼんやりしてると、

午前4時頃になって──

060070125.jpg 
「おい、嘉*ちゃん嘉*ちゃん、おるけぇ?」
「なんじゃ」

「いま貝尾の近くまで行ってきたんじゃ。嘉*ちゃんのカミさんの実家てなぁ、たしか西山*いわんかったか?」
「ん、ほうじゃが」
「ちと向こうでよ、又聞きに聞いただけじゃが、念のためおまえのカミさんに知らせといた方がええ思うたけえ。強盗入った家ぁ西山*いうらしいで」

060071278.jpg 
ああああああっ
嘉造*は叫んで立ち上がった。

「あれ、カミさんは、おらんの?」

良子*は今夜、貝尾に里帰りしよるんじゃ!


嘉造*は駆け出した。
友だちが後ろでなんかわめいてたけども聞いてない。

このワシのぼけさくめ!
なんで貝尾と聞いてすぐ分からなんだじゃ!

kaiosmilegirl004v170.jpg 
「あんたも仕事終えたら貝尾に来ん? 一緒に夕飯食べよう」

なのに嘉造*は仕事が終わるとどうにも疲れてしんどくて、貝尾まで行くのが億劫だった。
待ってる良子*には悪いなと思いつつ、行かずに寝てしまった。

060081300.jpg 
なんで少々しんどいくらいで、 行かんのじゃ!
良子*が誘ったのに!来てくれ言ったのに!

いやいやいや!あそこは同じ名字ばあじゃ。寺川*とか西山*とか岸本*とか。きっと襲われたのは別の西山*じゃ。そうじゃ、そうに決まっとる。

無茶苦茶に駆けって、気づくと貝尾の近く。

近いのか遠いのかどこかで半鐘が狂ったように鳴り続き。

貝尾へと通じるせまい道にロープが張られてた。警察の非常線。
巡査が何人も立ち番。

060090250.jpg 
「あかんあかん、絶対入れんで」

女房がここにおるんじゃ!」
「この先には誰もおらん。みんな避難したけん。さあ戻った」

060100250.jpg 
わしの女房やぞ! 確かめるだけさせてつかあさい!」
と押し問答の末、巡査は折れて、
「確認だけや。それ終わったら、すぐ戻れ」

060091174.jpg 
巡査は規制線のロープを持ち上げて。

「ええか、くれぐれもすぐ戻ってくれよ。犯人がまだ捕まっとらんけえ。猟銃持っとる。部落内のどこかにひそんどるかもしれんぞ」

「え? (- -;)」



1997年 平成9年 8月1日

奈良県

「月ヶ瀬中学生女子失踪事件」捜査本部
取調室

seitotalk002n250.jpg 
丘崎誠人の、生まれてから、5月4日午後少女と県道で出会うまでの、
とつとつ自分語りが終わった。

調べ官はやっとあの村にずっと感じてた違和感の正体が分かった。

しかし──

policetalk002v.jpg 
「ちっと待て。じゃ、これは復讐なんか? 充代ちゃんのじいさんは区の与力だ。今までの恨みがあったから、その仕返しでああいうことをしたのか?」

つい声がとがるんである。

そうだとしたら、より犯状は凶悪だ。衝動的でなく計画的身勝手、怨恨のため罪もない少女をねらって──

が、丘崎はぽかん。
ちがうのか。

060110250.jpg 
「うーん…」

どうも本当によく分からんらしい。

policetalk003n.jpg 
「なあ、丘崎くん。一緒に思い出そうや。あんときのことを。できるだけ早う真相を明らかにするのが君の罪滅ぼしにもなるんやで」

「はい」

よし、では5月4日や、
さあ、君は、滋賀から朝帰りする途中、ドライブインで仮眠してから、


060120280.jpg 
ストラーダ(中古)月ヶ瀬に戻るところやった。

その途中、県道を歩いとる充代を見つけた。

girlontheroad001.jpg 
君は彼女がどうしてそこにおると思った?

「家へ去ぬとこやと。通学路やし。ジャージやったし部活の帰りやろうなと。あとでテレビで言ってた卓球大会いうのはそんときは知らんかったけど」

060130250.jpg 
それで、君は車のスピードを緩めて、ゆっくり彼女に追いついた。
なぜそうした?

最初の供述だと「車に引きずり込んで連れ去るつもりで」
調べ官が誘導しつつ“供述”させたんだが。

なあ、丘崎くん。なぜそうした?
君がおれに供述したことと食い違っててもかまわんで。覚えてることを、どんな言葉でもええし、時間かかってもええから、正直に話すんや。

jerseygirlwalk005.jpg 
なぜゆっくり彼女に追いついた?

「乗せてってやろうと思って。家まで」

どうして?

「家までまだちょっとあるし、坂道やさけ大変やろと思って」

彼女が誰だか知ってたか? 知り合いだったのか?
車に乗せて送ってやるのはふつうだったのか?

jerseygirls001.jpg

浦久保さんとこの子じゃと知ってた、昔から。小さい頃から知り合いじゃ。あの子を通りがけに車で送ってやったこともあった

最近ではどうだった? 彼女を車に乗せてやったことは? 話をしたことは?

「なかったです。最近はぜんぜん会わなかった」

そりゃさいきんの丘崎昼夜逆転生活からすると、ふつうに学校行ってる中学生とは顔も合わさんだろう。

君は日頃よくそうやって車で人を送ってやったりするのか。

「いや、やりません。みんな、おれを嫌うとるさけ、車に乗れなんて言うたら怒鳴られて石投げられる」

でもその日、充代に限っては送ろうとしたんだな。珍しく。

seitodrive001.jpg

「なんか……あのとき、気分がよかった。ウキウキしとった。ソープで遊んだあとだからかな、よう分かれへんけど」

060140191.jpg

「見るものがみんないいように思えて。
…ウキウキして。心が広うなっとったというか…」


彼女はこれまで、そのう……君の境遇な、区入りをしてないとか、住んでいる家とか、親の出身とか、君が働いていないことで、蔑んだりバカにしたりしたことはあったか。

060150250.jpg

「なかった。別に。よう笑うなつこい子ぉやった」

でも最近は会ってなかったんだな。君がさっきから言うてるのは小学生の頃の彼女やな。中学生になった彼女と話をしたこともないし、車に乗せたこともなかった。

「そうです」

君はストラーダ(中古)で、
彼女にゆっくり追いついた。

それでどうした。

「声かけました」

060160280.jpg  
「乗ってくか?」

すると、彼女はどうした?

jerseygirlwalking00qn.jpg

「すると、あの子は──」



2004年 平成16年 8月2日

加古川市西神吉町大国


午前3時

ヤスは脚立をかついで、

kakogawa007;250 
音を立てないように母屋へ。

今夜の決行予定

第1の標的──最も許せんヒサコ*と次男ヒサノリ*
第2の標的──ちょこざいなタツヒコ*一家
第3の標的──ヒサコ*の長男マサル*
第4の標的──ごうがわくスガ*
第5の標的──自分の家を燃やす
第6の標的──あとはなりゆきじゃ

060170250.jpg 
包丁2本を用意。それからハンマーも。

骨すき包丁、西洋包丁、俗に「牛刀」。刃渡りは短いが、刃の先がとがっている。
ハンマーは重量級玄翁

母屋に脚立をさしかけて屋根に上って。
2階西側の窓がひとつ、暑いせいかカギがかかってなくて開いていた。

ヤスはのぞき込み、
ヒサノリ*@ヒサコ*次男が寝てるのを見つけた。


「ん」
ヒサノリ*が物音で目を醒ますと、

060180247.jpg 
誰かが窓から入ってくる。
慌てて立ち上が

060182270.jpg

ろうとするヒサノリ*の頭に

crime04hibi01x200px.jpg

ハンマー一撃

crime04hibi01x200px.jpg

ハンマー二撃

crime04hibi01x200px.jpg crime04hibi01x200px.jpg …… crime04hibi01x200px.jpg 
ハンマー三撃>>>ハンマー四撃>>>…… ハンマー七撃

060190181.jpg 
「だ、誰にも言わんから、かか、帰って」


060200238.jpg 

「もう、遅いんじゃ」



1961年 昭和36年 三重県名張市葛尾

「ニュースの時間です──」

05budo060240.png 
「──毒ぶどう酒事件で逮捕されていた奥西勝が自白から一転して容疑を否認
無実を主張し──」

060210270.jpg

ぱりんっ

060220231.jpg


行くで。イケメンの母親とガキどもがメシ食っとる時間に突入じゃ。

060230250.jpg 
「人殺しがぁ!」
 
「人殺しといて無実じゃとお、ふざけるな!」

「おまえの息子は人殺しじゃぞお」 
060240270.jpg 
「なにのうのうと飯食らっとるんじゃあ! こらぁ」

060260220.jpg 
「おまえらのおやじは人殺しじゃあ!」

「メシうめえか? わしの娘はもうメシも食えんのやぞ!」
 
「おまえのおやじにのぉ殺されたからじゃ!」

060270219.jpg 
「苦しんで苦しんで死んだんだぞ!」
 
「なんでおまえら生きとるのじゃ!」

060250300.jpg 
「土下座せいっ」
 
060280300.jpg 
「土下座して謝れ!」



2004年 平成16年
加古川市


母屋1階ではヒサコ*が、

060290230h.jpg 
ヒサノリ*、今のなんの音やね? がたーんいうて。なんか落としたんか。起きてまったやないの」

ヒサノリ*? 寝とるんか?」



ミシッ…

060300250.jpg


060310250.jpg 
ヒサノリ*、なんやの、そこにおるならおると」

060320280h.jpg

「──返事く」

060330156.jpg

「ら」

060340230.jpg 
「い? 新宅がなんで… 

060350270.jpg




1997年 平成9年
月ヶ瀬



060160280.jpg 
「乗ってくか?」


すると、あの子は──

060360250.jpg 

ちらっと見ただけで、

060370170.jpg

おれを無視した。


060380250.jpg 
返事もせず、逃げるように足早に歩き出した。



どうしてそんな風に反応したか、
彼女のココロは今となっては分からない。

女の子だもん大人の男の車に乗るなんてやらしーわ不良やわ、そのへん田舎の13歳だからうまく取り繕って断れなかったのか、
単に丘崎の顔を忘れてて「変なオッサン」と思って逃げたのか、
それとも、
中2になるまでに周りの大人たちから丘崎丘崎の息子やさけ相手にしたらあかんわ近づかんとけと言われてたか空気を感じとっててそうしたのか、


でもいずれにしても、丘崎は↓こう受けとった。


060390180h.jpg





ヨソ者扱いか。


わしは口を利くのも面倒なクズいうのか。


ついこのあいだ(小学生)まで喜んで乗ってきたやないか。
おいちゃんありがとー言うとったやないか。

なのに返事もせんのか。


gossip001.jpg 
あああああああああ

なんじゃそれは。

ああああああああ

060400280.jpg  
あの女も、同じや!

ああああああああああ

ああああ450_5

060430430.jpg 
ああああ450_4

naraJC01n360.jpg
060440350.jpg



2004年 平成16年 加古川

060450250.jpg 
ヤス母屋から出て、次に西隣のタツヒコ*家へと侵入。


◆さらに続きを読む >> 1階で寝ていたタツヒコ*@64歳……

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/222-3b1a8228

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT