PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー参rd【或る田舎的殺戮】

目次 contents  弐nd へ戻る


「あのクソ母屋が。許さへんぞ
「あのクソ母屋が。許さへんぞ
「あのクソ母屋が。許さへんぞ


okoruing400.jpg 
「あのクソ母屋が。許さへんぞ」「あのクソ母屋が。許さへんぞ
「あのクソ母屋が。許さへんぞ」「あのクソ母屋が。許さへんぞ
「あのクソ母屋が。許さへんぞ」「あのクソ母屋が。許さへんぞ
「あのクソ母屋が。許さへんぞ」「あのクソ母屋が。許さへんぞ



2004年8月1日
加古川花火大会の夜──

kakogawa011;234 
ヤス@47歳キミヨ*@74歳の母子、
自宅の2階で花火を見物中。

すると、自転車のランプが家の玄関を照らした。
ご近所スガ*家の息子だった。
たまたまかわざとか。

ヤス、また例によってかっと頭に血が上昇。
また覗きに来よったんか!

yasusakebu001n188.jpg 
「なんじゃあ!」
いつものとおり怒声。いきなり沸点低い。

スガ*の息子もこれまた挑発的に、
sugaboy001n220.jpg 
「なんどい、出てこんかいボケえっ!」

yasusakebu003n250.jpg 
「おぅ、待っとれ!」

ヤスは下駄箱に設置の包丁(え?)をひっつかんで、

「おらぁ、待てや、こらぁッ」

これ別にヤクザやヤンチーの抗争じゃない。カタギのご近所さん同士の会話
事件直前はこの調子がご近所の常態と化していた。

でも今宵はいつもと違ってた。

「ああ、ごうがわく、今日こそいてもうたる」

この7時間後──
藤城康孝は、親族と隣人一家8人殺傷する。


m1o400.gif 
title003.gif 


参rd 或る田舎的 ペルソナ ノン グラータ
──加古川親族7人殺害事件


兵庫県加古川市──

明石焼姫路城にはさまれる不利すぎる位置取りのせいか、なんつーかこーいまいち存在感の薄い地方自治体なんである。

靴下生産日本一、あと神戸牛も育ってるし。それと加古川(川の名前)にヌートリアもいるし。
人口だって地方自治体には珍しく増えてる方なんだが。

nanbu001n260.jpg 
市南部の沿岸地帯は神戸製鋼が君臨。阪神工業地帯の雄。
新ベッドタウンでもあり、国道沿いは量販店激戦区。

hokubu001n426.jpg 
一方、市北部。広がる昔ながらの農村的ワールド

藤城康孝ことヤス犯人はヤスの暮らしてるのは、市北部のしかも駅と駅の間、ぽっかり空いた真空地帯。
郊外都市内にできた都市内田舎だったトシウチダシャではないトシナイイナカ
不自然な発達をした都市にはよくこういう空隙ができる。

住民はほぼお百姓の子孫、先祖代々ここに家と土地があって地縁血縁じつに濃ゆい。

この事件
関係する4世帯10人がそろって同姓なのが象徴的だ。

代々同族の者たちがごくごくごく狭い半径50m以内に肩寄せ合って居を構える、
昔なら当たり前。仕事もたいてい同じ(農業)だし、まあ一族集住は合理的だった。

でも今どき親族が四六時中隣り合ってたら、メリットはいまや皆無どころか、
ただただ災いのもと

ここでもそのジンクスすぎるほどジンクスの通りに。

mamatoyasu002n400.jpg 
キミヨ*ヤス、母子二人暮らし。

mamatoyasu003n400.jpg 
ただし、74歳@パート息子47歳@無職で。


母子が暮らす家に隣接して、一族本家のお屋敷がある。

omoya01c226.jpg 
本家はでーんとでかくてお城みたい。都市近郊の農村でよく見かける、むやみに重厚感あふれる巨大日本住宅。ヤス母子のなんとのう安普請な家とは比べものにならず。

“お城”の主は、本家当主(故人)夫人ヒサコ*@80歳
ヤスにとっては父親の兄嫁で伯母でそして宿敵である。


さて、事件が起きると、
近隣住民の声」は、

kakooba001n220_20110715191227.jpg 
「玄関で話してただけなのに“悪口言いおって”と家から飛び出てきて、胸ぐらつかまれた人もいた」「殴られた人も」「子どもたちも遠回りして学校へ行った」

neighbors04.jpg 
「あの人たちはヒサコ*さんの土地に住んでて、税金を全然払ってくれないので払ってるんや、とよくこぼされた」

neighbors01.jpg 
「あの母親は昔から気が荒く、他人の犬@散歩中の腹を蹴って死なせた」「母親は仕切りたがりでパート先でも思うとおりにならないと怒る性格だった」

neighbors02.jpg 
「あの母子は本家に迷惑ばかりかけて。息子が暴れても母親は謝りもしない、近所に謝りに回るのは本家のヒサコ*さんだった」「息子は働いてないのに母親からお金もらってブランドとか着ていて釣りボートも買ってもらっていて」

しかも「のぞき見されてる! 盗聴されてる!」とわめいて暴れたこともあるっとくれば、こりゃもう電波系でガチだろってことだしで。

報道でも「マザコン中年が被害妄想で暴発」って内容に落ち着いていった。

トラブルメーカーとち狂った分家に振り回される、善良でまともな本家
そして善良なのに勝手に妄想で憎まれて難儀なご近所

って構図になる



……ホントに彼らの言うとおりなら


が、

この事件の裁判では、検察もそして判決も、
「ご近所さんがた」の言い分をほぼすべて、華麗にスルーした。

なぜかといえば──



むかしむかしあるところになあ、先祖代々土地持ちの一族がおった。
その本家兄弟がおったんじゃあ。

播州のこのあたりでは、本家を「母屋」、分家を「新宅」と呼ぶんで、こっからはそんなかんじじゃあ。

tarojoro220.jpg 
兄弟の名前はタロ*ジロ*もちろんテキトーな命名じゃあ。
本家「母屋」と分家「新宅」は天と地ほども身分が違う。母屋絶対的権威があってのう。

bride01noise170.jpg 
で、惣領息子のタロ*、つまり「母屋」に、
ヒサコ*が嫁いできた。母屋の嫁じゃ。

「新宅」ジロ*は部屋住みじゃ。まあ居心地も悪いんで、ジロ*母屋の屋敷の隣にこじんまりと木造住宅を建てて住んでのう。

bride02noise170.jpg 
ジロ*つまり「新宅」キミヨ*が嫁いだ。新宅の嫁じゃあ。


母屋の嫁ヒサコ*は、新宅夫婦を露骨に見下しておった。

あらゆる陰口陰謀をめぐらし、ジロ*夫婦にこまごま嫌がらせ、キミヨ*の家柄をさげすみ、さらにウソこいてタロ*ジロ*の兄弟仲を決裂させようとも企んだんじゃあ。

その理由は……まー単にヒサコ*のもとからの性格じゃろう。ナチュラルボーンヒールっているしのう。

さてこの界隈では、財産分与のとき「新宅」にも土地が無償譲渡されるってならわしがある。

hisakoattack001.jpg 
ところが、ここでもまた母屋の嫁ヒサコ*が猛烈に反対。
けっきょく譲渡はうやむやじゃあ。

さらに母屋当主タロ*が早くに逝き、母屋の総帥はヒサコ*に。土地もヒサコ*系統へと相続されてしまう。
新宅ジロ*へのお裾分けはナシ。ナッシングじゃあ。

kanenomouja001n170_20110715191052.jpg 
ヒサコ*は横紙破りで総取りしてしまったんであるんじゃあ。

ヒサコ*大勝利。得意の絶頂のつもりが、この瞬間、一族の時限装置付き処刑執行令状に自らサインしてしまったことなんて知るよしもない……んじゃあ。


以来ずっと新宅は、母屋から見下され続けである。
華麗なヒサコ*語録はこんなかんじ。

「あんたらの家を引っ張って動かせ」
toshikobato001n300.jpg 
「選挙に行かないならここから出て行け」

あと新宅の便所の汲み取り口にわざといらんガラクタを置く。

子供時代のヤスが花火で遊ぶと、
toshikobato001n300.jpg 
「勝手なことするなっ」

ヒサコ*が抜いた草をほったらかしにしてるので苦情を言うと、
toshikobato001m300.jpg 
「文句があるなら出て行けっ」

「自分は土地を分けてもらってない」という親族には、
「西隣(つまり新宅)をあげるわ」と軽口。

hiyayakacat_20110715191053.jpg 
そんなヒサコ*の薫陶のもと育った長男マサル*次男ノリヒサ*も当然ながら新宅を見下すわけで、
その息子のヤスなんて使用人の子ぐらいに思われてた。

yasuboy001n220.jpg 
だから幼き日々からヤス、何度も何度も悔しい目。

母屋の従兄弟たちは新宅の兄弟妹をバカにしたりおもしろ半分に暴力したり。
それでヤスが怒って殴り返したりすると、

toshikowameku280.jpg 
必ず伯母ヒサコ*が前面に出てきて母屋の権威で一方的に謝らされる。

もちろん傲然とふんぞり返ったヒサコ*の後ろで、
beeee03n230.jpg 
母屋の息子たちがべえーしてる図も目に浮かぶ。

ヤスの子ども時代はほぼ60年代に重なるが、
そんなベタベタなシチュエーションがこの2家族の間ではリアルに進行してたんである。

girigiri180.jpg 
そういうのは自我芽生え出しの子どもにとって最大の屈辱だし、へいこらする自分の親を軽蔑して信じなくなる。

母屋とくに伯母ヒサコ*への憎悪はこんな頃から育まれた。


よくないことに「新宅」はもうね、ツッコミどころ満載なのよ。

jirotimama230.jpg 
父親ジロ*は性格も身勝手で最悪で、失業時代もあって、女房キミヨ*をさんざ苦労させたし、それもあってヤスとの父子仲もつねに険悪だった。

ジロ*は某大手鉄鋼メーカー勤務で、キミヨ*もパートで働いてたから、まずまず家計は安定していたんだが、
だからって子がマトモに育つってわけでもない。

yasudowner001n100.jpg 
ヤス1956年生まれ。
落ち着きがない、短気、吃音を気にしてしゃべるのが苦手、すぐキレて乱暴狼藉。「後先考えず」系暴れん坊将軍。

中学校ではケンカばかりで刃物も。
少しは感情をセーブできるように預けた三重県の全寮制高校へ。
そこでも同級生の腹を刺したり(おい)。

「飲食業でやってきたい」>飲食店で働く>すぐモメる辞める。
「料理の勉強だ」>母親の金で海外へ渡る>ひと月もたずに帰国。
「パン職人になる」>母親の建てたプレハブ小屋でパンを焼く>すぐやめる。

mamatoyasu001n220.jpg 
でも母親キミヨ*はそんなヤスを溺愛。ヤスも職にもつかないまま。

それが10代20代ならまだしも30代40代になると、
んー、かなーり痛い。


やっぱり父子仲は険悪のままで、ずっと無職でうろうろしてる息子ヤスに父ジロ*は嫌味。
「なんでこんな大きいのを養わなかんねん」
ヤスは父親に包丁を投げた。


まー息子が息子なら父親も父親で。
ジロ*、定年退職すると、

kanenomouja001n170_20110715191052.jpg 
「年金はわしだけで使う」

とつぜんぷいっと家出。
ただし周囲には「息子の家庭内暴力でこのままだと殺されると言い訳した。
まー理由は両方入り交じりだろうけども。

ヤスの弟と妹も相前後して独立。
残されたヤス@37歳。職業、自宅警備員

kaerus001n250.jpg 
この頃から母屋のみだったヤスの敵が「ご近所ぜんぶ」へと広がる。

亭主が消えると、ご近所の遠慮もなくなって、
噂話(悪口)が急速に激化。


atsukogossip220.jpg 
ゴシップ担当の筆頭、
新宅の西隣に住むタツヒコ*アツ子*

キミヨ*に会うたびに、

atsukogossip220.jpg atsukogossip220.jpg atsukogossip220.jpg atsukogossip220.jpg  
「なんで旦那さん家を出たの? 今どこにいるの? いつ帰ってくるの?」
しつこくしつこくなんの権限があるのか詮索。

idobata002n254.jpg 
でさらに尾びれ背びれをつけて井戸端会議で言いふらし。

まー他にもぎょーさんあるんだが胸くそ悪くなってきたんでこのくらいにしといたるわ。

そういう、
おとなしい新宅の面々の中で唯一、

yasustanding300.jpg 
いじめ/いじめられ構造に甘んじず突っかかったのがヤスだった。

yasugekido200.jpg 
「なに覗いとんじゃい!」

kakogekido001n250.gif 
「なに人の悪口言うとんじゃい!」

kakosaru001n170.jpg 
「水撒くな!」

kakotori170.jpg 
「ガキうるさいっ」

井戸端会議に石投げたり備中グワを振り上げたり。ときに包丁投げたりレンガを投げたり、いきなり殴りかかったり。
どんどん危ないひと化するんだが。

それでも近所は嫌がらせ続行。いや本人らはそれを嫌がらせと気づきもしてない。

idobata001n254.jpg 
見つからないよう窓の下にしゃがんで盗み聞きしたり。

idobata002n254.jpg 
ヤスのいないときや、死角になる場所に集って井戸端会議したり。

どんだけ井戸端会議したいんだ。

というか典型的な妄想のはずの「のぞき見、盗聴」
本当にやっとったんかい!
ただし「盗聴」は受信器とかハイテクじゃなくて窓の下に隠れて盗み聞き忍者かよ


しっかしこんなキレやすい男がいたら摩擦しないよう手控えないかフツー?

が、新宅イジリはもはや呼吸同然の自然体だったし、
ヤス当人がそもそもネタなわけで。

ヤスって男にはいくらコワもてで怒鳴っても暴れても、なお軽んじられるオーラがある。

artyasu180.jpg 
47歳、未婚、無職、老母のすねかじり
うーん、一人前の大人とは思われぬわけで。
そんなのがいくら竹内力んで見せても、まあ…ねえ。

分かりやすくバクチやら女やらに溺れるわけでも飲んだくれになるわけでもなく。友だちもなく(悪い遊び仲間すらナシ)。といって家に引きこもるわけでもなく。

あー、これじゃエブリバデーろくでなしブルースみたいだが、

brotherstosister220 のコピー 
ムリして長所を探せば、母親キミヨ*にはふつうに優しい。

学校時代も問題児なりに信頼できる先生もいたし友だちもちょっとはいた。
人命救助で表彰されたこともある。

ヤスなりにケンカのルールもあった。
ケンカは必ず自分を見下しバカにする相手に限定されていた。

yasumap280_20110715223656.gif 
じっさい北隣のミシマ*家は、北東のスガ*家や西隣のタツヒコ*家と同じようにケンカ売られてたんだが、
8月2日デストロイターゲットにされてない。

ミシマ*夫婦はいつも衝突を回避して「謝ってた」から。
あ、井戸端会議にはしっかり参加してたがね。

ところが周りの大半はそうせず。
テキトーにあしらったり、言い返したり、意趣返しに母親キミヨ*シカトしたり。聞こえよがしにヤスにあごをしゃくって「ダボや」と言ってみたり。

あのー、それって最もヤス憤怒を煽るコースなんだが。
なんでみんなさんわざわざそっちへ踏み出しちゃうのか。


さらに、対母屋
ずっと冷戦だったのが臨戦状態になったきっかけは、
事件の3年前からヒサコ*次男ノリヒサ*が飼い始めた

wankowanwan170.jpg 
とにかくこのワンコ、ぎゃんぎゃんよー吠える。
それに新宅の近くで必ずうんこ。もちろん飼い主ノリヒサ*うんこ放置

何度文句を言いに行ってもノリヒサ*に軽くあしらわれ、
ヒサコ*から「あんたが犬を怒ってやって」とテキトーに返され、
長男マサル*から「そんならクツワつければええねん」とかナメたかんじで返され。

yasangrymouse250.jpg 
ヤス「ぶっ殺す」包丁持ってって突きつけたりもするが、
母屋サイド、むろん改善する気さらさらなく。むしろ“たかが犬のこと”で騒ぐヤスを毛嫌いするようになる。

母屋の次男ノリヒサ*の嫁はヨソの土地出身で、すぐ隣に親戚が住んでるのにまったく無視なのが不思議で、
「お隣にあいさつに行かなくていいの?」
「ええねん、オヤジの弟の家とは付き合いがない。ヤスってアホがおんねん」
で、犬騒動のときも、
「隣のアホが怒鳴り込んできよった。犬がうるさいとか言うて」
いやそりゃとかじゃなくて犬がうるさかったんだろ。

この母屋のワンコをめぐるいざこざ、
ヤス殺意を急ピッチで上昇させ。

ittokan220.jpg 
ヤスガソリン一斗缶を買った。


……えーと、
ずううっとご親族ご近所らのトンデモぶりあげつらい状態なんだが、
念為、ヤス側の言い分じゃないから。

なんと第一審での検察論告求刑および判決理由で認定された話なんである。

検察っつうのは、被害者が生前どんだけ外道だろうと、善人要素を百億万倍に水増しして、被告の罪深さを際立たせるもんなんだけども……。

kakooba001n220_20110715191227.jpg neighbors04.jpg neighbors01.jpg neighbors02.jpg 
マスコミに「一片の非もない善意のわたしたち」を語った人々がどんな立場でなにを考えてたかはまあわからん。本気でそう信じてたかもしれんし。

むしろ裁判では、

被告弁護団が、同じ「根も葉もない妄想」を唱えた。

おなじみ「心神耗弱にてほれなにがそれ」って理屈のために。

弁護側は、
ヤスが子ども時代にてんかん性性格と診断されたのを根拠に、
   ▽
「親族やご近所の迫害なんて本当は存在しなかった
「なにもかも被告のカン違いで被害妄想
「だって頭おかしかったんだもん被告は」
   ▽
結果的に被害者ご近所を擁護、

対して、

検察側は、
「心神耗弱」を否定するため、
   ▽
「迫害はあったし。妄想ぢゃないし」
被告は怒りっぽいけど常人範囲
常人でもぶちキレて殺意を抱いてもおかしくないくらい、ひどい嫌がらせずっとあったし」
   ▽
被害者ご近所をまとめてバッサリ、


ねじれ現象みたいなシュールな裁判になる。


okoruing400.jpg 
「あのクソ母屋が。許さへんぞ
「あのクソ母屋が。許さへんぞ

「あのクソ母屋が。許さへんぞ


こうやって父親タロ*の出奔から10年かけて、怪物が育った。
2004年8月1日熱帯夜まで。


加古川ヤスも、貝尾睦やんも、
その人格性格田舎的空気とは水と油で。
でも順応できるほど器用でもなく、それでも自分を貫いて認められる才覚も根性もなく異端になって、憎悪を育てるしかなくて、爆発した。


でも、この男

murder;nara01m140 murder;nara01n140 
丘崎誠人@25歳

誠人ヤスよりも睦やんよりも、もっともっともっとがんじがらめの田舎的呪縛の底を這いずり回っていた。生まれたときから異端の人生が決定済で、息もつけず、あらがう意志すら学べず、踏んづけられ続けて、

その日、生まれて初めて暴発
それも小心者ゆえの哀しき小暴発


誠人をとらえ続けた田舎的呪縛は──

「差別」


th 或る田舎的インヘルノ月ヶ瀬村中2女子殺人事件】へと続く


目次 contents
> 参考文献 web_book_magazine


関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 02:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうかー。迫害の結果、なんだね。
村八分。集団いじめ。

たしかに田舎のほうには昔ながらの順序だてだの
力関係だの、あるからなあ。
閉鎖的だから、外部にはわかりにくいし。

しかし被告の弁護団がとんでも弁護して
検察が図らずも弁護してるってどういう(笑)

はけ口とか手段がないってのは恐ろしいね。
自分はやっぱ、改めてこれまでどおり
小出しに発散していこう。と思いました(^^;;

| ash | 2011/08/01 22:45 | URL | ≫ EDIT

田舎の方が対立が多い気はしますね。。。
普段つながりが濃い分、敵味方に分かれやすいような。。

それにしても人って怖いですね。

| 志龍 | 2011/08/08 20:21 | URL |

> アッシュどの

しばらくお返事もできずすみませぬでした。

> そうかー。迫害の結果、なんだね。

次の話はこれよりもっとしどいです。

>
> たしかに田舎のほうには昔ながらの順序だてだの

ハンパに街になったとこが最もたいへんです。
我が親戚もそうとうヘンな風習があってまんどくさいです。

> しかし被告の弁護団がとんでも弁護して
> 検察が図らずも弁護してるってどういう(笑)

考えれば検察は被害者救済じゃなくて被告を有罪にするのが仕事だからこういうことになるのかもしれんですな。かなり特異なかんじですが。だから「事実」としてこうして書いてしまえるわけです。

> 小出しに発散していこう。と思いました(^^;;

発散は大切ですよ。たまりますけんのう。

| noriaky231(仮名 | 2011/08/19 02:45 | URL |

> 志龍どの

お返事おくれまして済みませぬ。

> 田舎の方が対立が多い気はしますね。。。
> 普段つながりが濃い分、敵味方に分かれやすいような。。

田舎だと四六時中顔合わせてますからね。で、なぜかナアナアで済まないという。

> それにしても人って怖いですね。

たしかに。なんだかねちねちしてます。

| noriaky231(仮名 | 2011/08/19 02:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/215-0552bfd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT