PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】県警対14歳 Vol.10【酒鬼薔薇聖斗事件】

──多井畑小学校 卒業文集より

「知人の心配」     

今回の地震は、自分の心配の事より、ほかの親せきや、身内がだいじょうぶかどうかと、心配する事の方がこわかったです。

村山さんが、スイスの人たちが来てもすぐに活動しなかったので、はらが立ちます。ぼくは、家族が全員死んで、避難所に村山さんがおみまいに来たら、


たとえ死刑になることが分かっていても、何をしたか、分からないと思います。



evilshands01n445.jpg

evilshands02n445.jpg

titlefor10gray445.gif
contents01xx.gif>>bookmagazineweb01xx.gif
incidentmap01xx.gif>>characters01xx.gif


例によってこの文字色の人物*すべて仮名である。

警察を含む人物の会話や思考の多くは創作である。

登場する宗教法人は実在するが、実際とは異なる。



comi_syndrome.gif

GreatHanshin Earthquake0x 
2年前
阪神淡路大震災

村山富市首相は、初動のまずさで激烈にバッシングされたわけだが、
象徴的に報道されたのが、「スイスの救助犬より現地入りが遅かった」件だった。スイス=ハイジ、ワンコ=健気ってイメージと、首相の鈍重そうな田舎のオヤジ的見た目も重なって、
村山内閣無能イメージが刷り込まれた。

ちなみに自社さ政権の要を握ってたのは自民党だったりするんだが、そのへんは華麗に忘れられてる。

んでもって兵庫県警@新本部ビル建設中もまた──



第一線の警官たちが壊滅した町での救助救命に忙殺される一方、

災害警備本部の予定地ポートアイランドが、液状化&一本しかない橋破壊>使用不能。しかたないから近くの署に仮本部を置いたもののバタバタで、県庁への被災報告も忘れて、死者数がまったく把握できなくなり──。

もはやグダグダ。


さて、震災復興──

habatan02m200x.jpg 兵庫県イメキャラはばたん 
ってことになったら、貝原知事、震災当日のおまえどこで何やってたんだよ状態とはまるで別人のような張り切りぶりで素早く復興開始。
スーパーゼネコンがこれと金権スクラム

“創造的復興”と銘打って、

nagataku200x.jpg  
借家と零細クツ業者がひしめいていた長田区の焼け跡には、ここぞとばかりにでっかい商業ビルとでっかいマンションをばっこんばっこんブッ建てた。
旧住民の多くはそんなおハイソとこ住めやしないしそこでクツつくんのかよってんで
そのまま流民化。

ついでになぜか神戸空港新設にたっぷり復興費が回る。
“創造的”だから。

完成した絢爛豪華なハコモノ群はまあ当然のように、
広大なシャッター通りと化す。

20世紀型再開発の代表的失敗とさえいわれた。

全国区スーパーゼネコンにとっては、
バブル崩壊後の“震災特需”。復興費の8割をごっつぁん(゚д゚)ウマー、

次世代市民には無用のナガモノなビル群巨額の負債が押しつけられた。

んーと、これ誰得(゚д゚)よ?

神戸市民は、二度とお上に心を許さなくなった。


須磨ニュータウンの被害は軽めだったが、
親族や知人が沿岸にいて被災したケースも多い。

breakingcup01n200.jpg 
震災の日、日向シゲル*の自宅も室内こそメチャクチャになったが一応は無事だった。

しかし倒壊した阪神高速の近くで理容店を営んでたおばさんは避難所に。おじさんの家は壊れてしばらくテント暮らしになった。

breakingstructure01n200.jpg 
シゲル*も家族と一緒に片付けの手伝いに行った。
そして廃墟と化した街を目の当たりにした。

寺の境内で黒く焦げた長いものがたくさん並べられていた。
燃えた柱かと思ったら、人間だった。
父親が言った。
「あれではまるで野菜やな」


震災からわずか2か月後
東京地下鉄サリン事件が起きた。

saringasattack01n250.jpg 
シゲル*は大都会の路上で大勢のサラリーマンやOLが倒れてる映像を見た。

policeattacksatian01n.jpg 
シゲル*は兵隊みたいな警察オウムサティアンに突入する映像を見た。

そこでは当たり前に昨日まで続き、明日からも当たり前に続くはずの日常が

粉々になっていた。



comi_chuhnibyo.gif

skbrepo01n_20110506175531.jpg

  三年生になって        

 三年生になり、二年の時とはちがうところが数多くありました。テストの数もふえ、勉強もむずかしくなるんだと思います。二年の時はあまりライフを書くことがなかったのですが、三年になるとほとんど毎日書かなければならないようです。このクラスはほとんど話した事のある人ばかりですが、中には話したことがない人も少なくありません。自分から話しかけ、はやくうちとけていきたいと思います。きのう三年になりはじめての日番をしました。日番朝集にも間に合い、その他の仕事もきちんとできました。一年の時は忘れ物が多かったのですが、二年になりかなりへりました。だから今年も忘れ物をしないよう努力していきたいと思います。それに、これまではそうじをダラダラやっていましたが、最近テキパキとできるようになってきました。今年は、一度も授業をうけたことがない先生も何人かいましたが、早くなれていきたいと思います。何事にも努力をし、充実した一年間をすごしていきた




須磨ニュータウン──

某マンション
別働捜査本部 特命専従班

detective;detectivestalk01n220 
専従班刑事9人の捜査会議。少人数だとどうしても飲み屋の雑談みたくなる。

日向シゲル*の作文「三年生になって」と、
酒鬼薔薇犯行声明文肴にテーマに話し中。

skbrepo02n.jpg 
“字を書き慣れてないやつがしかたないから書いたった”系の典型的ヘタクソ字である。日ペンの美子ちゃんになんとかしてもらえレベル。

奇妙に調和した酒鬼薔薇聖斗の2通の犯行声明とはまったく別人の書いたものに見える。
まあ犯行声明の方はわざとカクカク字にして筆跡隠そうとしたのもあるだろうが。
そこは科捜研に出してる両者の筆跡照合でまもなくわかるだろう。

それよか中身だ。

これが書かれたのは中34月

detective;thinking02n200 
3年生ねえ、小学6年生でもこのくらい書くんやないですか」

漢字が少ないのはおいといても、「○○だった、××した」「○○ですが、××したい」、それがつながってくわけでもなくまとまるわけでもなく、たらたら羅列。
考えのまとまらないやつが、思いついた順にただ並べた。そんな風だ。

酒鬼薔薇第二の犯行声明は、これに比べるとずっと知性をかんじる。

1300字原稿用紙3枚超えの長文なのに、論理の破綻も文の乱れもなく、記述も行ったり来たりせず、過不足もない。
今どき大学生でも原稿用紙3枚分を破綻なくまとめられる者は少ない。

「だから書いたのは、ある程度の高学歴を持つ成人男性である」

捜査本部が鑑定させた学者先生の意見。
マスコミもおおかたそういうこと言ってるらしい。

こりゃ勇み足だったか、ハズレの線やったか、と刑事たちが冷や汗一瞬かいたほど。

「いや、それでもあの犯行声明書いたのガキやって自分は感じましたよ」
と若手の刑事たちはきっぱり。

おっさん軍団にはピンと来んな。どこいらへんで書いたのガキと思うんや。

detective;method01n210 
「なんというか、香ばしいというかですね。クラスでノートに変な絵とか詩とか書いてたやつ1人や2人おったやないですか。あ、伊丹*さんの時代は筆と文鎮でしたっけ」
寺子屋か! いつの時代やアホ!」

「痛いなあ。とにかく、そういうやつって、アニメとかマンガで覚えた言い回しとか駆使してせいいっぱい大人っぽく書いたろ思って、なんかこんな風になってましたよ」

年の近い松笠*も。
「あー、高浜*の言うとおりやと思いますわ。そう思って読むと、これ、どことなくマンガの悪役しゃべりっぽいし。そのへん真似てるんと違いますか」

「ふうん、うなずけるとこもあるわけか」

文がしっかりして見えるわりに、
honmyo01.gif 
「本名」「本命」と間違えたり、
「である」調だったのが、終わりの方だけいきなり「ですます」になったり。

shoollkill.jpg 
そしてこれ。最初はSHOOLL KILL
第二の犯行声明で、KILLKILLERになったが、SHOOLLはそのまま。

これSCHOOLのつもりだろう、と刑事たちも一致。

大人びた文章構築と、なのに漢字や単語の初歩的な間違い、妙に大仰な言い回し。
なんともいびつでアンバランスなのが酒鬼薔薇クオリティー

「ぼくもまあ10代なんてはるか昔なんではっきり言えんですけど。高校生はまた違って、同じガキでもやっぱり少し現実的になると思うんです。
ほら、伊丹*さんご贔屓の磯江アサコ*ちゃんは2、3か月前まで中学生だったから、そのへんの空気感をまだ感じとれたのかも」

そう言われるとなんとなく伊丹*も納得である。

JC;attack08m 
磯江アサコ*は、こちら(大人国)の近くに立ちつつ、でもあちら(子ども国)のことも理解できてる様子だった。本人にそう言っても首傾げるかもしれないが。

にしても、
日向シゲル*とその仲間たちの放ついびつな毒気はなんなのか。
アサコ*のような少女たちと出会ったあとでは、
余計に架空のおっちゃんには精神的にこたえる。

2月つけ回し事件の裏取りのため、別の高校に進学してる友だちノリ子*にも会った。

JK;norikoface01n220 
ノリ子*は背が高く、というより大柄で、パーツの何もかも堂々と大きく、ついでに声もでかく、高浜*いわく「ヅカ・ザ・野生」

そして“いいやつ”だった。いい子、じゃなくて、いいやつ

「君のご両親は、危ないから磯江*さんから離れときとか言わんかったの?」
という高浜*の問いに憤ッ然

「なんであたしの親がそない薄情なこと言うんですか!
『おまえみたいなでかいだけが取り柄のアホが、少しでもアサコ*ちゃんの力になれるんならそうしてやり』って言うたし!」
「娘にでかいだけが取り柄のアホってのもすごいなあ」
「だってホントのことやし。がははは」

と言いつつも終わりには心配顔で、
アサコ*、気に病んでないですか? 自分がなんとかできたんやないかって」

こういうのを分かってる、っつうのか、

「まさにそうやって悩んどったよ。けどこっちのおっちゃんがな、人の心が分からんような顔からは想像できん架空ゆえの意外な優しさで言い聞かせてくれたし、安心して相談できる専門の人も紹介してるし大丈夫や」

高浜*が言って伊丹*に、
人の心が分からんような顔とはなんや!」とどつかれてると、

ノリ子*はホッとしたようで大きな目をうるうるさせて、
「あたしなあ、見てのとおり繊細で弱いねん。でもあの子のおかげで、あたし何度も何度も気持ち救われてん」

JK;norikotear02n 
アサコ*には傷ついたり苦しんだりしてほしくないんです。
なんかあたしにできることないかなあ」

っつうのが友だちっていうんじゃないか?
少なくともおれらの習った日本語だと「友だち」はそういう意味だ。

一方の日向シゲル*周辺の妙にパサパサ味気ない距離感はなんなんだ。

架空のおっちゃんに現実はきっついな。もはやうかがい知れぬ魑魅魍魎の世界や。

detective;talking03n 
「まあでも、容疑の根拠は空気感です、じゃ裁判所も令状出してくれんですよねえ」

「どっちにしてもや。4月『三年生になって』書いてたガキが、たった2か月で、あの犯行声明を書けるいうんがどうにもピンと来んな」

「あれやないですか、こっちの作文はやる気がなくて手抜き、
こっちの犯行声明は全力で書いた」
「にしても差ありすぎやで。勉強できへんやつが少し本気になったからって」

「いや逆では? 周りが思うほど頭悪くなかったかも」
劣等生が仮の姿か? なんの得になるんやそんなことして」
「得やとか損とかやなくて──」

彼らは“厨二病”的なにものかについて話してるんだが、当時はそんな概念はないんで。

100people1poem200n.jpg 
「あっ、そうや、百人一首がありましたわ」
機捜隊から来てる小河*巡査部長

「つねにブービー賞をいったりきたりしとった日向*が、
1回だけテストでええ点とったんです」

百人一首を暗記するテスト。準備期間は一晩しかなかったのに、
日向シゲル*80首以上を覚え、クラスで3番になった。

もちろんみんな驚いた。
でも本人うれしくもなさそうに、
『80首覚えたら5000円くれるって母親が言うたから』
『覚えるなんてわざわざせんでも見りゃ覚えとる

「まあ後にも先にも好成績はそんときだけで、次からまた元のブービー賞に戻っちまったそうですけど」
「勉強はできへん。けど、頭は悪くない、か」

電話が鳴った。ここにかけてくるのは捜査本部五十嵐*警部しかいない。
安東*班長が出てぼそぼそ話し始めた。

刑事たちの居酒屋談義は続く。
「そや、こういうのはどうですかね、伊丹*さんに上司が『これから毎朝、アサガオの観察日記を書くこと、必ず色鉛筆でちゃんと空も土も塗れ』と命じる。どうされます?」
「なんでおれがアサガオなんか観察せなあかんのや、断る」

kansatsucard01n.jpg

「断られたら話が進まんですよ。やらんなら停職やとすごまれる。どうします?」
「んーアサガオに職を賭けるのもなんやし、しゃーないからやるかな」

「でもアホらしいですよね、いー大人がアサガオの蔓が何センチ伸びたとか真剣に書いてんの。いやーほんとアホみたいだ」
「アホアホっておまえがやれ言うたんやろ!

「いやアホなのは架空の伊丹*さんですよ。いや今の伊丹*さんも架空か。とにかくやるにはやるけどアホらしいし、どうやら出来は関係なくて単に毎日書いてりゃええらしい。となったら真剣にアサガオの観察日記やります?」
「まあそやったらテキトーに手え抜くやろうな」

「でしょ。シゲル*『三年生になって』はそれと同じなんやないかな。彼には中3になってどうやなんてこと、伊丹*さんがアサガオの蔓が何センチ伸びたか日記つけるのと同じくらいアホらしかった。しゃーないから書くけど大いに手を抜いた」

宍戸*も横から同調。
「ああ、たしかに。シゲル*日常の現実にあんまし興味なかったみたいですね。生徒らへの聞き込みでもそんな印象受けましたよ。なにごとにもかったるそうだったって」

boy;facedarui01n200  
「興味ないから考えないし考える気もない。だから伊丹*さんのアサガオ日記みたいな心底どーでもええ感丸出しの書き方になる。
一方、こっちの犯行声明は気合い入った。なにしろ殺しが愉快でたまらないって奴なんですから」
犯行声明の方が、本来のあいつだと?」
「少なくとも能力的には」

にしても決め手の物証がない。

2月中落合通り魔事件磯江アサコ*らの証言をきっかけにあと一歩まで固められてきた。3月竜が台通り魔もつなげられるかもしれない。

だが肝心の小6男児殺害死体損壊遺棄事件シゲル*を結びつける物証が皆無だ。
今のところどれも間接的な状況証拠でしかない。

markatlabo01m.jpg 
宍戸*が公衆便所の壁に刻まれた酒鬼薔薇マークを発見したのは大きな収穫だが、決定的な秘密の暴露かというとちっと苦しい。
公衆便所のあの壁のマークを見た者なら誰でもあれを描けるのだ。

detective;meetingface01n200 
「あとひと押しになるもんが足りんなあ。クロだという確信につながる何かが」


安東*班長が電話を終わってみんなに告げた。

「例の同級生カネマサ*、居場所分かったで!」


comi_detectivecoming.gif

police;patrolcar0x220 
京都府警・大阪府警・近畿管区警察局の機動隊からヘルプで新たに450名が、須磨区中心に街角の立ち番やパトロールに加わった。

なんやかやで事件に関わる警察官はのべ3500人にふくれあがった。オウム以来の一大警備活動である。
それがたった1人の殺人犯によって呼び起こされている。

兵庫県警に限らず、この当時、全国的に事件が激増え、一方で警察の検挙率はどんどん低下。どころか不祥事ばかり目立つ。
警察の体制が明らかに時代と合わなくなってきてるのだった。

だからこそ警察は絶対に酒鬼薔薇聖斗逮捕してみせないといけないんである。

兵庫県警もなおのこと。
阪神淡路大震災でのふがいなしっぷりに加えて、

kitsuneme.jpg sekihotai02x.jpg 
「大事件の苦手な県警」と揶揄されてるからよけいに。


police;infocenter01n200 
須磨署捜査本部に集まる通報や手紙。

が、その8割は、
「犯人は**」「黒幕は**」「アリバイ崩し」「首の瞬間移動トリック」


いらん。

酒鬼薔薇聖斗の正体を喝破する名推理たくさん。大事件が起こると、必ずその手のおめでたい連中が現れるが、今回はとくに“名探偵”があちこちからわいてきた。

“真犯人”の正体はいろいろだ。
 
kuromakucia140.jpg kuromakudevil140.gif kuromakuFreemason140.jpg 
CIA、悪魔崇拝教団、フリーメーソン、快楽殺人鬼集団、
公安(って警察の一部なのになぜ警察に言ってくる?)…。

ただし、圧倒的多数の名探偵たちの指す“真犯人”は、「父親」だった。

名探偵たちによると動機は、
「知的障害の息子が邪魔だから殺した

本人ら、正義感にもとづいた深い洞察のつもり。でもそれは単に、
「自分の子が障害児なら邪魔だから殺します
って名探偵たち自身の価値観をさらけ出してるだけなんだが。

とまあ、ほとんど意味のある情報は集まらず腐敗したゴミクズばかりの図。


一方、
womanwithshotgun.jpg 
田中デカ長も憤然としてるんである。

逆探知グループは、ひき続き男児遺族宅に3交代で詰めてるんだが。

父親はいまだに勤務先と学校を休んでいる。母親はまだ精神不安定。

masscomm01n.jpg 
外には相変わらずマスコミがたむろして、一家は外にも出られないし、カメラを恐れてカーテンも開けられず、ゴミ捨てもいけず、洗濯物を外に干すこともできない、生活に支障をきたすようになった。

自宅の周りはマスコミの違法駐車で交通渋滞。逆探知Gはそのたびに交通課に切符を切らせて追い払うんだが、敵もさるものウキーで“定期的にちょっとだけ車を動かす”作戦で対抗。まあイタチごっこである。

book;whoPing-Pong ピンポンならすのだあれ? 
遺族宅にかかってくる電話の大半は取材攻撃
インターフォンも鳴りまくる。手伝いの親戚が代わりに出ては断っていた。

が、マスコミも手を変え品を変えファイアウォールを突破しようと図る。

たとえば、

book;spiritualzan01n テレビ霊能者を斬る 
坊さんが「息子さんを供養させてくれ」と玄関前にやってくる。
のぞき窓から見ると、坊さんの後ろにしっかりカメラクルーがスタンばってたり。

manyletters01n200.jpg 
ハガキや封書も山のように来る。
大半が励ましと慰めだったんだが、

こんなも混じる。

人の首を切ったヘタクソ絵に、
headhunting01n.jpg 
「母親よ!今度はおまえの番だ

こんなも。

おとうさんくんが泣いています。早く自首しなさい



許っさん!!!

detective;superangry01n 

田中デカ長怒りのアフガン

なんちゅー卑劣な奴らや!アフガン関係ないけど!

性犯罪被害者をケアしてきた田中刑事は、こういう奴らに殺意すら覚えるのだったがまあ刑事なんでそのへんは内緒だ。


逆探知G本来の仕事も何度かあった。
無言電話イタズラ電話も続々。

badtelephone01n200.jpg 
逆探知はドラマだとたいてい失敗するが、
この頃すでにデジタル化されてるので、逆探知の時間は「1秒」
逆探知は必ず成功するんである。

当然ながらことごとく逆探されて、警察が踏み込んだ。

wargoing01.jpg

warlaser.jpg 
フリーーーーーズ!

hood;shooting01n200 
バンバンッ、わーっ
warsoldier01.jpg 
ダダダダッ、バンバンッ
wartankfire220.jpg

どぎゃーん!

結果的にはどれも他愛もないイタズラ電話だった。

連中はまさかバレるとはしかも警察が来るとは思ってなかったので狼狽>たかがイタ電じゃないかと本人(かその親)逆ギレ>イタ電罪じゃなくて殺人鬼と疑われてます>蒼白涙目

detective;manandwoman01n 
田中刑事はチームリーダーの尾崎*警部補に申し入れ、逆探知Gで一家をしばらく物心ともに支えようと決めた。マスコミ対策から買い物、外出の雑用まで引き受け、自分も毎日通った。
「それ警察の仕事かあ?」なんて文句垂れる刑事はいなかった。

警察という集団は、とかく不作為怠慢やら隠蔽やら裏金やらねつ造やら冤罪やら悪い顔も持つが、
一方でとても人間味あふれる慈愛の顔も見せる。

Janus01.jpg 
どちらも同じ警察ヤヌスのごとく二つの顔。



ptahelp01n200.jpg 
ママ友たちもなにかと遺族を手助けした。

中でも熱心に引き受けて(あげて)るのが言うまでもなく日向*さんちの琴絵*さん。
買ったものを届けるとき、日向*さんちの琴絵*さんは奥を窺いながら興味津々の様子で、

mother;2?3?01n200 
「ね、警察は何人? 2人? 3人?」

newspaperstafflighter.jpg 
「ええ、3人くらいらしいわねえ。警察の人たちが詰めてるそうですよ」
琴絵*朝日新聞記者の取材に同情顔全開。

「いえねえ、私にだけ特別に教えてくれたんで本当は内緒なんですよ。あら困ったわ、書かんといてくださいねえ」

mothermakeup01n200.jpg 
マスコミ取材攻勢が始まって以来、家でも朝っぱらから化粧キメキメである。

「いつもニコニコしてとてもいい子でした。ええ、うちによう遊びに来ててねえ。犯人は早く捕まってほしいです。ええ、ええ、マスコミの人がたくさん来るけどご家族はそっとしておいてあげてください。ご両親が可哀想や」

引きあげようとした記者は、ふと視線に気づいた。

boy;watching01n 
この家の息子
まったく無表情、こちらをじっと見てる。

記者と目が合って、その姿は消えた。
ま、新聞記者が珍しかったんかな。


comi_pandaparkevent.gif

crimenote01n.jpg
 
H9.5.8
>>>>>>>愛する「バモイドオキ神」様へ
バモイドオキ神様、ぼくは今現在14歳です。もうそろそろ聖名をいただくための聖なる儀式、「アングリ」を行う決意をせねばなりません。ぼくなりに「アングリ」についてよく考えてみました。その結果、「アングリ」を遂行する第一段階として学校を休む事を決めました。いきなり休んでは怪しまれるので、自分なりに筋書きを考えました。その筋書きはこうです。


少年の部屋から発見された大学ノートの「犯行メモ」より。
3月16日、17日、23日の日付で書かれ、日をおいた5月8日付のこの記述が最後。
「その筋書きはこうです。」の先は白紙のままだった。



1997年
6月13日

金曜日

──事件発生から21日 逮捕15日前

山下捜査1課長須磨署内の捜査本部での会見で、

police;inspectorpress01n200 
通り魔事件に関しては“黒っぽいジャンパーの若い男”
確かな目撃情報はこれしかありません」

報告そんだけ。
それを聞いたマスコミの記者たちは「こりゃ長引くなあ」と受け止める。

事件捜査には“第一期”なる目安がある。
事件発生から3週間そこらを言う。それまでに犯人逮捕できれば「早期解決」
だからそれまで捜査員捜査本部に泊まり込んでひたすら捜査漬け。

が、この第一期を過ぎると、解決の可能性はどんどん薄れていく。目撃者の記憶があやふやになり、証拠も散逸していくから。捜査本部も縮小されて人数も減って掛け持ちも増えてやがて名ばかりに。

つまり“お宮”である。

book;musicstress01n200 ストレス 
地域はますます殺伐。

大挙したマスコミがさして広くない友が丘一帯をうろつく。
朝日新聞はニュータウン内の新聞販売店を拠点にして記者50人を投入。テレビ局も番組ごとに取材班がどやどや同じことを訊いて回ってる。

北須磨団地の昼間人口はそのせいで2、3割増えた計算。

町のあちこちにマスコミがポイ捨てした弁当容器や空き缶や包み紙や残飯やタバコの吸い殻が散らばる。コープの駐車場もマスコミが勝手に停めた車で満車。住民は買い物もできなくなる。

police;patrolcar00n200 
さらに他府県からの応援警官も増え続けてる。
住民が怪しい車を通報、警察が調べると他府県警の覆面パトでしたなんて風に混乱しつつある。

警察は姿なき殺人鬼に為す術もなく無為無策に見えた。
捜査はほとんど進展ないまま、お宮入りコースにハマった──

──ようにマスコミには見えた。


だが、じつはその裏で警察は核心に迫りつつある。




えーと、ここはどこですかあ?

alienspaceship01n250.jpg 写真はイメージです 
どこの国、というかどこの星?

alienspacejockey02n300.jpg 写真はイメージです 
物凄い独創的センスの巨大建造物。

さすが宗教屋さんは金満。巨万の富かかった施設はむやみに広く、無菌室みたいに清潔。そしてセンスが斜め45度上空。

castleface01n250.jpg 写真はイメージです Kris Kuksi

宍戸*松笠*は、なんつーか既成概念が融解してくような気分になりつつ、
異次元的センスの宗教空間を案内されていく。

この敷地内に教団の経営する私立校がある。

やっと中等部学生寮に到着。
事務所の応接室、というより応接ホールで待つ。

detective;atreligionHeadquarters03n 
「なんや…、凄いとこ来ちゃったな。おれら帰れるんかな」
「心配するな、大丈夫や。       …たぶん」

まもなく寮長に付き添われて、
寮生の少年が現れた。

「やあ、新しい学校には慣れたかな、カネマサ*くん」

まさか市外へ転校しとるとは、しかも宗教法人傘下の学校の寮に入ってるとは、
見つけられなかったわけだ。

boy;kanemasacoming01n 
「ボクはなにを話せばいいんでしょうか」

カネマサ ゲン*は横にお目付役の寮長がいるせいかうわべは礼儀正しく振る舞ってる。

でも内心はぶーたれてるっぽいな。

外敵から守ってくれるはずの教団があっさり警察を迎え入れてしまったんだからまあ当然か。
両親もこの教団の信徒だそうだから、ここは君にとって絶対安全圏な難攻不落の要塞だったはずだろうね。

でもなあ、君には意外だろうけど、じつは個人である親に匿われてた方が警察はずっと手が出しにくかったんだよ、カネマサ*くんよ。

じっさい宗教法人のような大組織体の方が警察は取引しやすいんだ。

book;nihonnosyukyo 知らないではすまされない日本の「新宗教」
この教団も宗教団体のデフォでいろいろ生臭いトラブルも抱えてないわけでもないけど、大本教弾圧の時代じゃあるまいし信教の自由の壁は一般で思われてるより分厚いし、たいていの大手宗教団体は政治家だの政党だのとくっついてるしで、
欲をかき過ぎなきゃそうそう警察の弾圧を恐れるもんでもない。

だが、彼らはつい最近オウム真理教殲滅を目の当たりにした。
もちろん警察があそこまで宗教法人をマジぶっつぶすなんて特例中の特例で、そう簡単にはやらないしやれないんだが、
あの騒ぎはどうやら潜在的に皆々様の深いところでかなり効いたみたいだな。

detective;atreligionHeadquarters01n 
カネマサ*くん、君は5月14日から学校を休んだ。一度も登校しないまま、22日にはこの学校に転入して寮に入ってるよね。やけにバタバタと転校したもんやなあ。クラスの生徒たちは君がまだ須磨におると思ってるよ」
「……知らせたい相手もいませんでしたから。先生方がみんなに教えなかった理由は知りません」

「ところで、君と仲の良かった日向シゲル*くん、彼もな、不登校になっとるんよ。それも君が学校に来なくなった翌日15日からね」
「ボクはずっと学校を休んでいたので知りません」

「うん、これで知ったわけだな。ぼくがいま教えたからね。
さて、聞かせてもらいたい。

5月13日、君と日向シゲル*くんとの間に何があった?




5月13日あれは、なんやったんでしょうね」

友が丘中学生徒指導部正岡*先生
teacher01comehome184px.jpg 
家庭訪問してきてどうでもいいカメの話を聞かされ、
teachermasaka.jpg 
校門に首がさらされた事件の朝から、
まさかあいつまさかとかつぶやいてた先生である。

そのとき思い浮かべてたのは、日向シゲル*の能面のような顔。その前日に家庭訪問して聞きたくもないカメの話してたのも、様子を探りたかったからである。

正岡*先生の心配事の聞き手はもっぱら、日向シゲル*担任松尾*先生

松尾*先生女教師
school;teacherfemsexy01n 
ってのはまいっちんぐマチコ先生宇宙にしか存在しない松尾*先生しかも仮名である。

松尾*先生正岡*先生とは違う意味で教え子のことを心配していたから、しぜんその話ばかりになっていく。

たったひと月前なのに、もう何年も前にさえ思える、
5月13日放課後

須磨警察署に3年生のカネマサ ゲン*母親から連絡。
息子が同級生殴られてケガをしたという。

慌てて正岡*先生カネマサ*とその母親に付き添って名谷中央交番へと向かい、
あとからカネマサ*父親も駆けつけた。

カネマサ*は顔にあざをつくって、
terminatorscar01n.jpg TERMINATOR T-800 ホライゾン社ソフビフィギュアキット
頬の裂傷から血を流してぶるぶる震えて

ってどんだけやられてんだよ。

とにかくぶるぶる震えていて。

boy;hitboyinpark01n 
日向シゲル*に殴られた、
パンダ公園友が丘中公園に呼び出されていきなり、
カネマサ*少年は語った。

boy;fistwithwatch01n200 
腕時計を巻いた手でボコボコにされ、跳び蹴り食らった。
さらに“龍馬のナイフ”を突きつけられた。刺されると思った。

knifeofryoma01n200.jpg 
龍馬のナイフ?」

ほんとはクリ刀といって彫刻刀なんだが、刃渡り13cm鞘付き、ほとんどドス
柄に“龍馬”というシールが貼ってあってシゲル*龍馬のナイフと呼んで愛用していた。

よくシゲル*ワル仲間グループが万引きの狩り場にしてたリビングコープこうべでの戦利品のひとつ。シゲル*3本も持ってた。
もちろんどれも万引きで獲得。

カネマサ*シゲル*の目を叩いてその隙に逃げた、という。

boys;2boys01n 
カネマサ ゲン*日向シゲル*は小学校でも同級生だったことはあるが、
2人が友だちっぽくなったのは中2になってからだ。

badqp01n.jpg 
シゲル*奇妙丸っぷりは、進学前に開かれる小学校からの申し継ぎでも話題に。

とくにシゲル*図工クラブでつくったという作品の話が象徴的で。

丸めた赤い粘土カッターナイフの刃が何本も突き刺さってるんだが。
「この赤いのはなに?」と先生がきくと、

redbrain01n200.jpg 
「あれはや」


中学ではシゲル*「将来の夢」のテーマで書いた作文「火葬場の番人」

fireguard01n200.jpg 
死体が溶けるさまが極リアルに描写されてて、
職員室に波紋を巻き起こした。

シゲル*と小学校の頃から悪さをしまくってた問題児グループだが、中2までに自然消滅。悪童たちもまあ大人になってった。

シゲル*だけが変わらなかった。

boy;dontunderstand01n 
学習塾にも行かず卓球部もすぐサボり出したシゲル*は教室でも孤立しがちで、
ますます意味不明少年になっていた。

boy;kanemasagen01n200 
新しい友だちカネマサ*はそんなシゲル*の数少ない理解者だったようで。

ひとりは成績もよくて、もう一方は奇行やまない劣等生、
まるっきり正反対なんだけども、
なぜかよく一緒にいて親友同士と見られていた。

boy;2boystalking01n 
2人が何か熱っぽく語ってるのを見かけたことがある。
いつもポサッとしてるシゲル*らしくなく、生き生きして見えた。

なんでそれがとつぜんこんな流血沙汰になったんだ?

けっきょくシゲル*カネマサ*を殴りつけた理由は、
「悪口をいいふらした」
らしいんだがはっきりしない。

カネマサ*は身に覚えがないとか言いつつそのへんごにょごにょしてる。

調書つくる途中でカネマサ*は気分が悪くなって、母親と一緒に病院へ行った。

カネマサ*父親被害届を出すのに難色。
警察沙汰にはせず、学校で指導できないのか」

日向*は学校の指導が通じる生徒ではなく、ふたたび被害を受けるかもしれません」
正岡*先生指導教諭として情けなさすぎの答えしかできない。

今思うとなぜかカネマサ*の親が及び腰だった。ふつう我が子がこんな目に遭わされたらもっと激怒して相手に罰を与えたがるだろうに。
騒ぎ立てるのは不都合と考えてるように見えた。
なんでだろう。

結局、被害届は出されなかった。交番警官も学校内のことだから(例によって)乗り気じゃなかったし。

class;emptychair01m200 
5月14日カネマサ*は病欠。

一方、日向シゲル*は平気な顔で登校。
正岡*先生は彼を問いつめた。

ところが日向*は悪びれもせず淡々と、

boy;beasteye01n 
「人の命なんて、アリやゴキブリと同じやないですか」

正岡*先生は驚く。本気か?

「おまえの命はどうなんだ」
「ボクの命は大事や」

まさかこいつまさか。
所持品検査で龍馬のナイフ、時計、タバコ、ライター、はさみを没収した。

で、代わって担任松尾*先生が面談する。
こっちでは日向*、うーうー大泣き

boy;supercry01n 
「学校は嫌いや。楽しいことは何もない」

松尾*先生13日の日中もたしかに様子がおかしかったのを覚えてた。

school;fish01n 
体育の授業を無断で休み、昼休みには教室で飼ってる金魚を片っ端から水槽からつかんではバケツに放り込んだ。
「やめなさい!どうしてこんなことするの?」
「水が汚れているからです」
水は汚れてないし、シゲル*は飼育係でもない。

心ここにあらずといった風で、なにか思いつめてるようで。

school;teacherfemuuum01n  
松尾*先生はどうしてやればいいのか分からなくなってしまった。

まさにその日の放課後だった。パンダ公園事件が起きたのは。
担任松尾*先生の悩みは深い。

一方、正岡*先生の方は、またあの母親と話すのか、と気が重かった。

mother;hardface01n200 
シゲル*母親琴絵*はいつも絶対に息子の非を認めず
斜め45度の理屈で学校を非難する。
小学校からも
「生活指導の最大の障害は母親
と申し送りされてたほどだ。

仲間たちと一緒に女生徒をいじめたときも、
mother;monster02n 
「相手も悪口言ってるからお互い様!」

万引き騒ぎのときも、
mother;monster01n 
「悪い友だちに誘われて断れなかった。息子も被害者!

ワル仲間と喫煙してたのがバレて仲間は認めたのに、
mother;monster03n 
「悪い子がウソをついて息子を巻き込もうとしている!

なんでそこまで我が子の言い訳を無条件に信用できるかわからんけども、いつも息子を叱るどころかかばう。
シゲル*もそれを分かってて狡く利用してるフシがある。

JC;walkinglegs01n200 
ただひとつ、2月に起こした上級生女子つけ回しだけは、
逆ギレせず先方に謝罪したらしい。

あれは相手の磯江アサコ*がまったく他人で、彼女にまったく非はないし証人もいるし、手口が犯罪めいて変態チックだし“単独犯”だし、
うまい逆ギレの理屈を思いつけなかったんだろう。

それでも「異性が気になる時期ですから」と学校への捨てゼリフだけは忘れなかったんだけども。例によってシゲル*を叱った様子もない。


でも今度ははっきり暴行傷害なわけでそのままというわけにもいかない。
日向*家に電話をかけて事件を知らせると、

琴絵*はしぶって迎えに来ず、
有休で狭心症の定期検査を受けてた父親亮一*が代わりに行くからと電話を切られた。

しかも父親が来たのは、何時間も経ってから。

father;comeschool01n 
またこの父親が無口で木訥としたよく分からない人で。

連絡を受けてからもなぜかごゆるりと検査を受け続け、さらにそのあとごゆるりと散髪まで済ませてごゆるりと来たらしい。

さらに「検査を受けてたんで」「散髪に寄ったんで」と悪びれもせず口にした。我が子が傷害沙汰を起こしたのに、なんで検査? なんで散髪? どういう価値観なんだ?

シゲル*父親が来てからも荒れ狂った。

「ボクはやめません。殴り足りません
「あいつが苦しんだ時間よりボクが苦しんだ時間の方が長い
身障者の子どもをいじめてると嘘を言いふらした」

boy;supercry02n 
で、また泣く。もはや理解不能
泣き方も異様で、あ゛ーあ゛ー泣き声は派手なんだが、目は虚ろなまま。

さすがに父親もこりゃおかしいと思ったのか、すぐ連れ帰る、ということになった。
でもカネマサ*側への謝罪とかの話はまーたく出ないまま。
正岡*先生は「児童相談所でカウンセリングを受けられては」と言うのが精一杯。

さらに翌日15日、学校に来た母親琴絵*は、騒動を謝るどころか案の定逆ギレ。

mother;gyakugire01n200 
「息子は学校が嫌いです。先生が厳しくしすぎたせいです。
本人が行きたいと言うまで休ませますから!

それっきり日向シゲル*不登校


あの親子の頭ん中は一体どうなってるんだ?

しかたないので岩田信義校長にその旨を報告すると、

school;principal01n 
「保護者がそう言うならそうしてもらいなさい

もともと指導が難しい問題児だし、渡りに船だ、ということさえ言った。
昆虫教頭もそれに追従。
パンダ公園殴打事件シゲル*不登校のワケも生徒たちには知らせないよう命じられ。
さらにカネマサ*は一度も学校に来ないまま転校してしまったが、それまた伏せるように命じられ。

正岡*先生松尾*先生もしぶしぶ従うしかなかった。銅像でもいちおう校長だし。
常識とかけはなれたところで物事が進んでいく。不思議の国に迷い込んだ気分。

しかし校長の顔に生卵とパイをなすりつけたくてたまらなくなるのはなぜだろう?

そんなわけで彼らの同級生も真相をまったく知らないまま。
「2人して学校休んでなにか企んでる
といううわさまで流れてる。

「先日、教頭のところに来た2人組の客が来とったんです。あれ警察ですよ」

school;teacherswhisper01n 
「じつはね、松尾*先生2月通り魔だけじゃなくて、3月通り魔も、あの事件も、日向*やないかとね、ぼくは疑っとるんです」
「え? あの事件って」

酒鬼薔薇聖斗

松尾*先生はぽかん。

「な、ななな何をおっしゃるんです、正岡*先生
「まったくあり得ないとは言えへんでしょう?」


comi_sanctuary.gif

このカネマサ*いうガキンチョもややこやしそうなやっちゃなあ。

boy;silentkanemasa01n205 
パンダ公園殴打事件のことを聞かれればぽつぽつと答えるが、
あとは無言。

宍戸*松笠*もうんざり。
特命捜査始めてから何人もの中学生に話を聞いてきたんだが、伊丹*さんやないけど、こいつらの手前勝手な価値観に付き合ってくのがどうにもしんどいわ。
こいつらどこか欠落してるのか。単に年の差なのか何なのか。

このカネマサ ゲン*も同じだ。

でもおかげで、なんとなく君らの思考の法則みたいなのが分かってきたんだな。

たとえば、カネマサ*少年、君はただの哀れな被害者じゃないよな。

なにかしら事件に深い関わりがある。
で、それを知られたくないっぽい。

共犯者? いや、そんなんと違うな。教団本部内の学生寮に入っとる君がそうたやすく抜け出して神戸と行き来できるはずがない。

しかしどこかで事件とつながってる。

detective;atreligionHeadquarters02n  
「なあ、君らは仲が良かったそうやないか。タイプはぜんぜん違うようだが、周りは君らを親友や思っとったし、実際それに近かったはずだ。なのにどうしてとつぜん暴力沙汰になったんかな。なにが原因やったか心当たりある?」
「分かりません。ぼくが聞きたいくらいです」

日向*くんの『三年生になって』っつう作文な。君は読んだか」
「………」

skbrepo01n.jpg 
「ま、お世辞にも上手な作文やない」

「ところが、もうひとつ、2か月後に彼が書いたんやないかという別の作文がある」

lettercrime2nd04x220.jpg 
「そっちはえらいしっかりした書きかたでな。
同じ子がたった2か月であんな文章力が向上するもんかな」

カネマサ*はめんどくさそげ。
「じゃ、2つを書いたのは別々の人なんやないですか」

そう、あの犯行声明文は捜査を進めれば進めるほど、
日向シゲル*の粗暴な頭脳が単独でひねり出したものとは考えにくい。

boy-silhouetteglory01n.jpg 
むしろカネマサ*くんよ、君こそ書き手にふさわしいな。
あれを書いたのが君というならうなずける。

でもそれは物理的にあり得ないんだな。

カネマサ*が転校してここに入ったのは5月22日
土師淳失踪(直後に殺害されるのがその2日後の24日

事件は最初の段階から、カネマサ*友が丘から遠く離れたあとで起きてるのだ。

勘ぐりようはある。

boy;command01n 
あらかじめ土師淳が犠牲者に決められてたとしたら。決めたのはカネマサ*でわざと殴られる芝居で自分が安全圏に逃れてからシゲル*殺人を実行するように命じて──

ってどうやって命じるんだ?

秘密の無線機か? 新聞の1行広告の暗号か?

burningeye01n200.jpg 
おいおい知らんうちに捜査本部にふきだまってるゴミクズ陰謀論に毒されとるぞ。

「たしかに別人かもなあ。しかしそれでも同じ子が書いたのやとしたらどうかな」

「じゃ、手抜きやないですか。ホームルームの作文なんてアホらしくてテキトーに書いた。やつならやりそうや。あいつ周りが思うほどバカやない。やる気がないだけや」
「なるほど、さすが友だちやな」
「友だちやありません」
カネマサ*の目険し。頬に残る裂傷の痕を指先でふれ。

「君はそれだけ彼をよう分かっとる。なのに殴られた理由はよう分からんのやな」
「分からんもんは分かりません」

「で、あとの方の作文のことだが」

boy;kanemasanaranhazuya01n 
「刑事さん、回りくどい言い方はもうええんやないですか。あとの方の作文って挑戦状のことでしょう? 酒鬼薔薇聖斗の」

「そんなこと、ひとことも言うとらんが」
「分かっとるんです。警察シゲル*酒鬼薔薇やと疑ってるんや。
そうでしょ? だからわざわざここまで来たんでしょう?
おれらくらいのやつらは、酒鬼薔薇聖斗自分らに近い年やって気づいてます。
この学校の生徒もあらかた知っとる。知らんのは大人だけや

寮長が目を白黒させて「カネマサ*くん!」

宍戸*はそれを眼力で黙らせて、しみじみ、
「そうやな、知らんのは大人だけかもな」

school;boysandgirls03n 
実際、関西一円の中学生たちは報道された犯行声明文に、
自分たちと同じ匂いを感じ取っていた。

school;boysandgirls01n 
「あれ、おれらと同じくらいのトシやないの」
と、うわさしていた。

school;boysandgirls02n 
それは子ども国の言語でしかささやかれず、
教師や親たち大人に伝わることはなかった。

「しかしな、君らと同世代の子なんてそれこそ君らと同じ数だけいる。そのなかで君はとくに日向*くんが酒鬼薔薇だと言う。その理由は何かな」
「だからそれは警察が」
「いや、ぼくはひと言も言ってないよ。言ったのは君や」

「………」

「君らがどんな関係だったかずっと考えとったんやけどな。まるでタイプの違う2人が何を話しとったんやろうって。君が殴られる事件が起きたのも、そこが原因やないかとな。きっと君が教えてくれるはずやと思ってここに来たんだがね」

不意にカネマサ*が、

boy;saydontinaf01n 
「ボクがなんか罪になる言うんですか。ならんはずや」

言葉は強気。でも今までの大人びた印象がうすれて14歳の不安そうな子どもの顔

「ああ、ならへんな。少なくともこの国には君のやったことを裁く法律はない」

だが、君は恐れてるな。怯えが伝わってくる。
クラスの誰にも告げず、ここに逃げ込んだ。

君が怖いのはなんだろうな。

警察じゃない。でも日向シゲル*かというと微妙に違う──
君はなにを恐れてる?

沈黙のすえ、

「裁判で証言はしません。やれません」
「心配するな。もしそういうことになっても少年審判や」
「とにかく、あいつと同じ部屋に入るのはごめんです」
「そういうことにはならんよ」

また沈黙、と思ったら、

刑事さん、書くんで待ってもらえますか。あと、紙とペンを」

寮長がレポート紙とペンを渡すと、
カネマサ*は考え考えなにか書き込み始めた。

boy;kanemasawriting01n200 
なかなか長い文を書いてるらしい。

大人たちはじりじり待った。

やがてペンが置かれて。

「パソコンとフロッピーに入っとったオリジナルは消してしまいました。あいつから渡された下書きも燃やして今はありません。だからところどころ記憶違いあるかもしれへんけど、そう違うてへん思います」

penalservitude13ys01n.jpg

カネマサ*は自分で書いたくせに、おぞましいもののようにできるだけ遠ざけて置く。

「なんやね、これは」

“懲役13年”

darkwoods05n.jpg

「これが、あいつの頭の中身や」



Vol.11 模倣犯】へとつづく


contents01xx.gif>>bookmagazineweb01xx.gif
gl01011.gif
Iincidentmap01xx.gif>>characters01xx.gif
 
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 19:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

子ども国の空恐ろしさ、想像を絶しますね。
子どもたちって、現実を知らない分、良くも悪くもイメージが膨らむんですね。

| かあたん | 2011/05/09 12:12 | URL |

酒鬼薔薇クオリティー(笑)
よいネーミングだと思いました。

そっか~。前回のエンディングのマークが
決め手になったわけじゃーなかったのね。
しかし酒鬼薔薇くんは読むごとに狂ってる感がひしひしと伝わってきて、
空恐ろしいですわ。

そーなんだよねー。
子供って大人のことよく見てて、内心馬鹿にしてるから
うまいこと演技したり利用したりすんだよね。
嘘つくのなんてちょろいもんだと思ってる。
その感覚は、わかるな~。

ここにきて田中デカ長が激しく気になってきました。
次回は大活躍してくれるのかな。

| ash | 2011/05/09 23:45 | URL | ≫ EDIT

> かあたんどの

> 子ども国の空恐ろしさ、想像を絶しますね。
> 子どもたちって、現実を知らない分、良くも悪くもイメージが膨らむんですね。

子どもは半人前の大人ではなくて別の生き物ですからねえ。
そしてなぜか大人の言語の一部だけのみこんで極端に走りたがる。

この頃はまだケータイもネットも大したことなくてそのお国ぶりもちゃんと観てれば見えたみたいですが、いまやわけわからんようです。

| noriaky231(仮名 | 2011/05/16 13:03 | URL |

> アッシュどの

> 酒鬼薔薇クオリティー(笑)
> よいネーミングだと思いました。

こいついまだに頭いいのかバカなのかわからんとこがあります。やっぱり独自のクオリティー。
>
> そっか~。前回のエンディングのマークが
> 決め手になったわけじゃーなかったのね。

すみません。

> しかし酒鬼薔薇くんは読むごとに狂ってる感がひしひしと伝わってきて、

捜査をメインにみてるんで、彼側の描写は控えめですが、だんだんそれだと成り立たなくなってきたので、これから完結に向けての2回で一気に増えます。

> 子供って大人のことよく見てて、内心馬鹿にしてるから
> うまいこと演技したり利用したりすんだよね。
> 嘘つくのなんてちょろいもんだと思ってる。
> その感覚は、わかるな~。

ガキンチョはうまいですわね、ウソとかズルとか。
そしてウソの通じる大人がどれかも見抜いたりして。おーこわ、であります。

> ここにきて田中デカ長が激しく気になってきました。
> 次回は大活躍してくれるのかな。

この人だけ捜査本部の捜査員の中で名前が世に出てるんです。
まあなぜかは完結編で。
実在の人物なのであまーり無茶はさせられませんが、今回架空の人とのコラボを実現してみました。

| noriaky231(仮名 | 2011/05/16 13:11 | URL |

建設的都会 サバイバル自然 定住と離散、そして野蛮

なんともいびつでアンバランスなのが酒鬼薔薇クオリティー。

こういった説明のひとつひとつが大変愚かしい内臓を解き明かしていて、汚いで、うえに臭いです。


酒鬼薔薇は都会でありながら、サバイバルです。
それは指輪物語のような中世サバイバル世界観なのです。
都会的な俗な共感精神とは異なるものです。
都会とは定住ですが
サバイバルにはそういった事はありません。

ですからサバイバル行動原理に基づき酒鬼薔薇はそのように行動したのだと考えるべきなのです。
都会で行い、殺した対象も性的にもてあそぶなど、中世世界観とは異なりすぎる為あまり想像力知力哲学力が足りない人には思い当たる事がなかなか無いのでしょうが実際にはそうです。

行き当たりばったりなので、常に世界観を保ち計画的な行動のように見えますが、実際はその場の雰囲気でラフに決めるタイプで在ります。
大まかな行動だけを想定して、それから現場の状況に合わせて殺害を働いているものです。
ですから性的にもてあそぶ死体にしても、女児ではなく男児のものを使ってしまうなど、後から考えれば当然失敗としかいえないような事もしてしまっています。
こういったところには適当な工作のような悪ふざけがあるのです。
子ども的なものです。子どもとは野山に出かけ、行き当たりばったりで、その場で面白い事をしようとします。時に目立つ事なら何でもします。それで面白いからです。
このような行動原理もサバイバルに似ているといえばまた似ています。サバイバルは大人がやる事ですから、知識はあり、大体自然と言っても想定出来る事ばかりで、計画通りになってしまいます。
酒鬼薔薇にしては、演出や世界観を重視する性質でもありますから、当然そのような部分もありますが、そこは子ども、あまり知識がありません。ですからこのような適当な仕事になったわけです。
実際には創作などでグロテスク趣味中世小説などを書いている人と同じ趣味だといえるでしょう。
それを現実に行ってしまった点は多少の事なりがあるでしょうが、不可解な要素はあまり無いはずです。

要点はただ子どもじみた犯行なだけで創作性ばかり高いため、人々は大概分からないものです。
凶暴性なども、実際には世間とのかかわりなどのコミにケーションそのものの事ではなく、そういった関わりから凶暴性を維持する才能が必要ですが、これも外側からつついただけでは分からないものです。
実際には酒鬼薔薇のサバイバル嗜好のための殺人といった形を理解しなければなりません。
殺人などがありますと、大抵の人はそれが目的だと考えてしまいますが、チンピラなどでも殺害は本来の目的ではありません。唯いきがってやるだけで、それ以上の意味など無いのです。校舎の窓などが割られる事もありますが、その場の雰囲気でやるもので、ラフスタイルだからなのであります。
そういった場ではすべてのものはどんな文明の産物であったとしても、自然の植物のような扱いを受け、そのためひどく建設性を欠いた世界観となっています。
窓ガラスなどは文明においては構築性第一によるもので、まったく壊す事など当面の予定にはないものですが、サバイバル志向の自然界の世界観では、まるで蜘蛛の巣や野生の植物などと同じような扱いを受け、常に壊されてそうあります。

ですから、サバイバル世界観を理解する事は、都会における残酷な殺人などを理解する上では必須の条項なのであります。
これを外して21世紀後の荒廃を許さない建設的な世界観と教育の理解はありません。

| 羅王 | 2015/06/22 17:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/194-b1370645

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT