PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】ネバダたん(3)【 佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter3 学級崩壊

school1.jpg

contents < (2)


*前年から学級崩壊していたクラス

ネバダとミタちゃんが仲良くなった頃、5年1組は壊れた。

担任(女)は何かあるとわめいて叩いた。じきに子どもたちは慣れて担任(女)をバカにするようになった。
授業中でもおしゃべり、菓子を食う、堂々と寝る。男子の殴り合いも頻繁。いじめだってもちろん。転校してきた男子は徹底的にいじめられてすぐ転校していった。不登校遅刻する子もいた。
担任(女)が男子を叱って頭を叩くと逆ギレで蹴られた。

これ、まさに学級崩壊そのもの。

1学年1クラスで6年間一度もクラス替えがないのもまずかった。空気もヒエラルキーも変わりゃしない。

そんな教室でネバダたん」はというと…、
お付き合い程度に合わせるが深入りはしない。すさむクラスを傍観していた。


*バスケ! チャット! 交換日記! 楽しい! 最新中!

hptop.jpg

そんなネバダの日常ががらりと変わる。

ミタちゃんが課外クラブのミニバスケ部に入って、ネバダも入部した。
インドア派だったネバダ意外な才能を発揮、ぐんぐんうまくなった。

2004年1月──、
ネバダはミタちゃんと「WK」ちゃんを誘って、コミュニケーションポータルサイト「カフェスタ」にHPを立ち上げた。

ネットにうとい友だち2人の代わりにHPも作成してあげている(ネバダちょっと得意そうだ)
でも「更新」を「最新」と思ってるおマヌケなとこもあって、「最新中!」はずっと続いた。

学校とは別に同世代とリアルタイムで付き合うネットという環境。ぬーむ、自分の足で行ける範囲が全世界だった我らが小坊時代とはえらい違いだ。


2月1日からネバダはHPで日記も始めた。さっそく自作の詩を何本か載せた。

「独特の言葉の使い方が小学生とは思えなかった」
「脱帽よ!その感性、大事に育ててね
なんて好印象なコメントも寄せられている。
この頃の文体、この年にしては充分に知的で繊細で感受性豊かだ。いや本当に。


またリアルの教室ではノートの交換日記も続いていた。

ネバダは毎回自分の番になるとノートいっぱいにイラストを描いた。たいてい女の子の絵。「下手だ」「変だ」と自虐しながら。

彼女たちは、リアル・交換日記・チャット(のちに共同掲示板も)の3つのやり方でコミュニケーションをとっていた。

ネバダ宅には、父親の仕事用と家族共有の2台のPCがあった。ネバダは共有PCを使っていた。
両親は娘がPCで熱心に何をしているかまるで知らなかった。


2月18日──、
ネバダはとつぜん、「詩@許せない」を日記にアップする。




*「許せない」「恨めしい」「ずるい」


恨めしい、親なんていらないなんて」
「私なんて親が死んでもう、親なんて……いないのに」
「皆の親がいるのがずるい

と、「詩@許せない」親のいない少女の湿度じっとりの恨みをつづっている。

詩の終わりでネバダは、「私に親はいますので(汗)、架空の中の詩なんで(汗)」と打ち消している。

(親の亡い子になり切るって小学生にしてはおだやかでないけれども。つい“無意識に親を殺したい云々こしゅとう゛ぁ?”的な深読みをしたくなる)


ところが、この陰々滅々な詩に猛烈に感動した子がいた。

「うぅ・・・その詩と共感してんなぁ~共通点ありありだもぉん・・・」

このコメント、これミタちゃんだろう。

日頃あっけらかんと明るいミタちゃんだが、母親の亡いことはひそかに暗い澱となっていて、どうやらネバダ友に寄り添おうと精一杯この詩を書いたようだ。
ミタちゃんもそれを好意的に受け取った。

「詩@許せない」で2人の親密度はアップしたらしい。


この頃が「ネバダたん」の一番充実していた時期だった。


ところで、先生たちから見た2人の関係。
「ミタちゃんはネバダのことを普通の友人の一人と思っているようで、仲は良かったけれど親友とまではいかないように見えた」

この温度差。

でも被害者の父は少し違う印象をいだいていた。
2人一緒の場に何度か居合わせたことがあり、そのとき自分の娘のうれしそうな笑顔が忘れられないと語っている。
ネバダの印象は「初対面でも物怖じせずはきはきした子」。娘からもネバダについてよく聞いていて、とても好印象だった。

だからその後、起きたことがどうしても理解できなかった


*日記がとつぜん長き中断。この間に、何が?

basukes.jpg

まもなくミタちゃんは家庭の事情(父が忙しくなり家事負担が増えた)でミニバスケを辞めることになってしまった。
寂しかったけどネバダは部に残って頑張った。
レギュラーにも入れたし、チームは大会で優勝。

「おめでとー☆ これからもファイトなりヨ」とミタちゃんも祝コメント。

よほどバスケが好きで夢中で打ち込んでたんだろう。
2月前半のHP日記はバスケ話ばかりで、ネバダ本当に生き生き輝いている。


ところが、ネバダのハッピーな日々は断ち切られた。


成績が落ちたのを怒った親が、
「バスケなんてやめなさい」
と、退部させてしまったのである。


それ以前にも、同級生たちが担任(女)に、
「成績が下がったらバスケをやめさせられちゃうから、通知表を下げないで」
と頼み込むことがあった。

親(とくに父親)からの「バスケより勉強」圧力は強かったらしい。それを周りの子が心配してくれるほど、ネバダはバスケ命だったんだろう。

じつはネバダのテストの点数は4年次とほぼ変わっていない。成績が落ちたのは、5年の担任が違う評価基準を使ったからのようだ。
もしそうならネバダにとってこれほど不運なことはない。


退部後、ネバダは試合に「人数が足りないから」と駆り出されたこともあったが、それが最後だった。


「親にやめさせられた。続けたかったのに」とネバダは同級生にこぼした。

2月22日──。新人戦の報告を最後に、HP日記は長く中断した。



このときを境に、かわいい優等生が急激に「黒く」なる。



──学習ルームの惨劇まであと100日  >>(4)


▽参考文献
▽取り入れなかった噂・デマ・中傷・事実と確認できない話

注/
△県教委は「3年生の頃から学級は荒れていた」と文科省に報告。
△県教委は「問題のある何人かの男子に担任が手を焼いていたが、学級崩壊まではなかった」とのちに発表。
△WKちゃんのWKはHNの頭文字からとった。本当は7文字のカタカナ。
△県教委の調査では「ミニバスケを退部したのは前年12月。2004年になって何度か試合にだけ出場したらしい」となっている。

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 22:19 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ほう、多分ネバダたん自身気が付かないほどのレベルで
バスケに心酔していたんですね。
辞めたことでの心境変化+αがありそう。

「黒く」が重いですね。
ではまた続きを読ませていただきますね。

| かあたん | 2010/04/03 03:21 | URL |

ああ。。。
なんかちょっと見えてきた気もする。
でもあと100日あるのなら、まだ二転三転するのかな。

調査報告や新聞報道じゃわかんない(隠されてる)部分って、ほんとに多いんだね。
まあしかたないのか。そういうのはデータ提出だから。

| ash | 2010/04/03 15:23 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>かあたんどの

> バスケに心酔していたんですね。

あとあとからみても、この「バスケを続けるか続けなかったか」、
が運命の分かれ目なんですな。

このあと、まあ、運命のいたずらとしか思えない。

そのへんが酒鬼薔薇とか「どっちにしてもいつかやっただろ」的な連中とは違うところで、だからワ士も取り憑かれてしまったわけです。


まだまだ続きますがすんません。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/03 15:53 | URL |

Re: タイトルなし

>あっ種度の

> でもあと100日あるのなら、まだ二転三転するのかな。

次回で一気に日にちが縮まります。


> 調査報告や新聞報道じゃわかんない(隠されてる)部分って、ほんとに多いんだね。

報道って割り切りやすい一面だけ切り取ってきてこれがすべてだってやるみたいですからね。

とくにこの事件、少年法の壁やら学校という情報鎖国やらで関係者たちにコンタクトできない以上、そして肝要な部分はほぼネット内に浮遊してる。

だからマスコミ(が出せる情報)も一般人も大差ないんですよね。というよりマスコミですらただの噂に踊らされてて。

この事件を扱った有名な、某とある本があるんですが、それはそれは偏見や歪んだ正義漢ぶりがじつにひど杉で、だから参考にもしなかったですが。まあ見方がホント多種多様。

その茫とした見えなさ加減に惹かれて、そして取り憑かれてしまったわけですが。
まさか県教委の調査報告書までぜんぶ読破するとは思わなんだ。



| noriaky231(仮名 | 2010/04/03 17:35 | URL |

>まさか県教委の調査報告書までぜんぶ読破

うっひゃ~! そりゃスゴイ!!
そんなこと聞いたらこの後も楽しみになっちゃうじゃないですか。
なんか、このブログだけで発表するのもったいなくない?

| ash | 2010/04/03 23:06 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> うっひゃ~! そりゃスゴイ!!

いやねえ。「これってどっちがホントなんだ?」って矛盾するネタがぽろぽろ出てくると、そこまで見ないといけなくなっちゃったんですなあ。まあ取り憑かれてますからねえ。

でも大事件だっただけあって、そのへんの公式文書もわりとあるんですな、ネット上に。

えーと、近々またアップしまする。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/04 02:11 | URL |

Re: タイトルなし

>重ねてあっ種どの

あ、あとネタがネタだけに、下手に噂だけでいい加減なこと書いちゃ何かとまずいな、というのも。

| noriaky231(仮名 | 2010/04/04 13:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/18-4d6131ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT