PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とある某娘のシューカツ

syukatu2-.jpg


とある知り合いの某娘はいま大学3年生シューカツまっただ中である。

ワ士らの世代だと、懐かしの就職協定なんぞがあって、就職活動は4年生になってからようやく始動したはずである。(まーワ士自身はこれ系にやや近い仕事をしているくせに、じつは就職活動なるものをやったことないんで季節的な実感はないんだけれども)。

それがいまやシューカツの正念場は3年次になって久しい。そして4年次の春先か遅くともGWまでには内定が出る。夏を過ぎてまだ決まっていないとみそっかす、ということになるそうな。
そして安定志向でやたら大手を狙いだから当然大多数があぶれてシューカツ失敗の巻に終わる学生が少なくない。なのに中小企業は相変わらず人手が足りないとピーピーだ。にもかかわらず学生はそちらには流れない。そこらじゅうに人がいるのに人が足りない。

しかも今は中小が「大手より先に内定を出してしまおう」とさらにフライングが多いそうな。だから今やシューカツはそれこそ1年以上にわたる長期戦。そういや以前は夏以降の風物詩だったリクスー姉ちゃん(リクスー坊やは他のサラリマンと紛れてわからん)を通年見かけるようになったなあ。
しかもこの不景気による買い手市場で余計に激しく…。

前倒し過ぎるわっ。

なんなのだこの厭なかんじは。このチキンレース井伊加減にしてくれ。大体誰なんだ井伊加減って。

それでいて採用面接などで企業サイドは「基礎知識が身についていない学生が多い」とか「即戦力になる学生が欲しいのだがなかなかいない」とかブーたれている。そりゃ無理だって。ないものねだりだよ。
いっそのこと大学受験のときに一緒に決めてしまえばどうか。それとも生まれたときにでも決めてしまえばいいだろう。

おっと激情がつい。

話を戻すと、そのとある某娘さん、関東圏のまあまあ偏差値の高い大学に在籍中らしく、Uターンで実家のある地元に就職したいらしい。

それでどういう方面に行きたいか、というと、
「とくに決めてない」
んだそうで。

……あのう、さすがにリアル的には3年次も終わりのこの季節に、まだ志望業種すら曖昧、というのは、やや戦況として危機的だということくらいワ士も分かるぞ。数打ちゃ当たる時代でもなかろうに。40社受けて全滅という事例も聞いた象ぱおー。

じゃあ、業種もしぼらないまま、どうやってエントリー(なんで登録とか応募とか日本語を使わんのか)先を選んでるのか、というと、
日経新聞とかをパラパラめくって、新製品発表とか記事で紹介されてる社名を拾ってエントリー(なんで登以下略)してるらしい。

ぬうむ、それでいいのか? さすがに今の段階でそれはあかんと思うぞさすがに。

そして某娘さん、先日ようやく、OGのひとりに会ったらしいが、
「働きやすい会社だと聞きましたぁ」「女性も活躍できるそうですねー」とか、いかにも「ぜんぜん業界研究も企業研究してませえん」的なことを口にしたので、向こうの癇に障ったのか、
「働きやすいってあなたの働きやすいってどういうこと?」
「女性にとって働きやすいってどんな条件なの?」
「どうなの?どうなの?どうなのどうなのどうなの」

と質問責め(というか日頃の鬱憤の捌け口?)にされ、さすがに「就職だめかも」と涙目で今へこんでるとか。
季節的にへこむ時期が遅いのではないか腦…。

まあすべてのリクルーターがそういう意固地な性格ではないだろうが、リクルーターとのお茶は立派な一次面接なんだからのう。
というか少しは勉強しようよ。

大雑把でもいいから業種くらいメドつけてだね。どこでもいいってことはどれも知らないといけないわけで、情報収集するにも対象が莫大すぎるじゃんか。ただでさえ地元情報が入りにくい関東にいるんだからさあ。あーちなみにネットで手に入るのは情報じゃない、ただのきっかけだ。

まあできる子はものすごくできるが、
再氷河期と言われてるにもかかわらず、こういう呑気な学生もきっと多いんだろうなあ実際。せっかく偏差値高い学校に行ったのに…。

いやあ会社も会社なら学生も学生であるな。日本経済の将来はいかに。


が、やはり改めて業腹なんである。
関連記事
スポンサーサイト

| 社会的 | 18:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

狂ってるよね。
会社も、シューカツも。

こういうガチガチの話を聞くたびに思い出すのは
豊橋の某オンリーワン企業さん。
「採用は先着順」。すてきすぎます。

| あかつき | 2010/03/22 22:45 | URL |

Re: タイトルなし

>あかつきどの

> 狂ってるよね。
> 会社も、シューカツも。

おかしいのは分かってるけど、誰も一番に降りられない変なゲームみたいです。学生いい迷惑。

> 「採用は先着順」。すてきすぎます。

たしか「選んだら自分の好む人間ばかりが入ってしまうからかえってよくない」とか言ってましたよな、そのオンリーワン社長。この度量。人事担当者たちに爪のアカでも煎じて飲ませたい。


| noriaky231(仮名 | 2010/03/23 01:39 | URL |

良いか悪いかは分かりませんが、シューカツ術に長けている人っているんですよね。
私なんぞは鈍くさい亀タイプも嫌いではありませんが、
企業が即戦力を求めるなら、やはり世渡り上手なタイプが有利なんでしょうね。

大学に入ったら勉強よりシューカツ術ばかり習う時代になっちゃったのかな???

| かあたん | 2010/03/23 12:41 | URL |

Re: タイトルなし

> 良いか悪いかは分かりませんが、シューカツ術に長けている人っているんですよね。

そうですねえ、有能なわけではなくシューカツに有能なだけっつう人はいるでしょう。実際面接で仕事をしてみせるわけじゃないし。

人事たちも「人を見るプロ」と言っちゃってますが、本人が言うほど人を見る目はないので、うっかりだまされて、すぐ辞めるジョブホッパーや、ゴネスネばかりの無能社員を雇っちゃってるわけですわ。

> 私なんぞは鈍くさい亀タイプも嫌いではありませんが、

そうですねえ。遅いのが悪いとは限りませんが、彼女の場合、遅すぎですね。そしてなにも考えてなさすぎ。
まあ20歳や21歳の子にとつぜん「将来を決めろ、さあ動け」といっても何すればいいの?ってのがふつうでしょうけどねえ。

そして企業のいう「即戦力」はムシのいいたわ言です。育成をケチろうというだけなんですから。

いっそ大学も「最高学府」とかかっこつけてないで、入学当初からシューカツ対策だけ教えてればいいんでないでしょうか。

まあなんにしろちょっとヤな時代に突入ですね。

| noriaky231(仮名 | 2010/03/23 13:32 | URL |

思えば、シューカツという言葉が出始めた頃、ワシはその言葉の意味が分からなかったのである。口にしてみれば存外発音しやすい短縮語なのに、最近に至るまでそうやって省略されなかったのが意外なくらいである。

ともあれ、その言葉の軽さとともに、なんだか就職活動も妙に軽々しいものに感じられるようになったのは気のせいなのか。そう感じるのはワシだけなのか。みんなやっぱり必死なのか。昔も今も変わらぬうまさ豊橋名産ヤマサのちくわなのか、ワシなどは就職するという感覚が持てぬままに当時流行のプー田ローに落ちぶれ果て、ようようのこと、今まで生きてきただけだが、やっぱりみんな当たり前のように「就職」というのが目先にあるのだろうか。この不景気に。人手が足りぬといいながら、40代50代の再就職組などは、見るも無惨な給与になってしまうというし、真面目な話この国はデフレスパイラルアゲインであるな。先進国では我が国だけがデフレらしいが、このままでは、借金こさえても将来負担が増すばかりとなり、ますます消費は冷え込んでゆく。

まあ貧乏でも何でも、楽しく生きていくことが出来れば、それに越したことはないのだがのぅ。

| 否認頭のあいつ | 2010/03/23 20:33 | URL |

Re: タイトルなし

>否認頭のあいつどの

シューカツにコンカツな。まあなんか軽い感じになりますな。

まあ軽めになっていることは確かで、あのエントリーっつうのか、下手するとケータイでぺぺっとテキトーなこと書いてぷちっと申し込めてしまう。そんなんだから会社も学生もいまいち現実感がない。

>みんな当たり前のように「就職」というのが目先にあるのだろうか。

不景気だからみんな安定したくて会社にそれもできるだけ大きい会社に入りたがるようである。
例を挙げるとリクルート社。ここは以前、ずっといるわけでなくて将来起業しようというスピリッツの人間が多く、まあ野武士的息吹に満ちあふれていたという。だからあれだけいろいろなヒット媒体をつくれた。

ところがいま、かのリクルート社ですら、起業のキの字もない安定志向の大企業依存型社員が増えているそうな。何かしたいから入る、ではなく名が通った大きい会社だから入る、と。なんとなくこの会社の将来が危ぶまれるが、全体的にそんなんであろうさ。

なあ。誰か道端で100万円くれるといいんだがな。

| noriaky231(仮名 | 2010/03/24 00:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nornie.blog70.fc2.com/tb.php/12-e9b1effd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT