2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第二十八解 後篇【地下鉄サリン事件】

title目次へ39 s00主な登場人物01 

s28みにs27そげきじけん 
前篇へ戻る


4月7日 金曜日──

オウム捜査のターニングポイントとなる人物が狩られようとしている。

石川県金沢市

レンタカーを借りに来たカップル、指紋残らないようにむっちゃ不自然な手つきでサインしたんで、逆になんだこれ?と怪しまれて通報。←前篇ここまで

まもなく検問で引っかかったのが、

s28けんもんに 
外崎清隆@ローマキサンガヤ村上栄子@オウム看護婦。

レンタカーに向精神薬劇物発見>穴水署に連行。

ちなみに警察外崎地下鉄サリン実行犯のひとりとはまだつゆ知らず。

けども、この日の主役は外崎の方ではなく、

s28といれに 
「あの…トイレに行きたいんですけど」

村上栄子@オウム看護婦長。林郁夫の18歳年下の愛人 ex.第十五解

s28どあは 
s28しめない02「ドアは閉めないで。いやだと思うけど」

s28いやだ01

s28いやだ02 
s28いやだ03 だっ 
s28まちな02s28まちな01 
あッッ
s28いやだ0405 

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第二十八解 前篇【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



オウムサリンはどうして10人、20人のレベルだったのかな
もっと多く、サリンの犠牲者が1万人か2万人の規模だったら、
別の意味があったのにね

──中沢新一@宗教学者


人が人を殺しちゃいけないという根拠が、
どこにあるっていうんですか!? 
どこにもないでしょう!?

──荒木浩@オウム真理教広報副部長(のちアレフ広報部長)


僕はオウムを宗教集団として見るよりも、
まず犯罪集団として見なければいけないと思っています
とにかく史上希なる人殺し集団である

──司馬遼太郎@作家 立花隆との対談にて
「週刊文春」1995年8月17日・24日合併号




s0#サティアンズタイトル01

1995年3月30日から4月23日までのオウム真理教警察のおもな動きは、公開された情報にもとづく。
登場する公官庁、企業、機関、組織、部局、役職もすべて実在する。
白鳥百合子1107などこの色で示されるのは、架空の人物であり、実在する人物、事件、出来事と架空の彼らの交差する部分は、例によって創作全開ソースは妄想なんであるが、その内容には一応意図がある。
またこの色この形*の人物は仮名である。



s28cptよげんのひけっせん 


1995年3月30日 木曜日 午前8時30分──

警察庁長官撃たれる

s27そげきじけん02 
これを聞いた誰もが、時期も動機も、オウムのしわざに間違いなし、オウムをぶっ潰せば自然と一件落着、

と思った、

んだが──捜査は思わぬ迷路にはいりこんでぐるぐる回る。

未来人の我らは、ぐるぐるの結末を知ってるわけであるが。

このタイミングで犯人オウムと思っても無理もない。動機もばっちりだ。

s28いっぱんじょうしき 
一般常識じゃなくて麻原脳内でどう思うかで。なにしろ強制捜査を妨害する効果じっさい薄いと分かっててなおサリンまいちゃえよっつう脳なので。

警察トップはじいて一発逆転狙いも麻原脳ならいかにも思いつきそうである。
なにしろ説法会で「警視総監の首をつかんでぶん回す」みたいなこと広言してるし。

ところが、

刑事的目線でもって犯行の様子やら物的証拠やらをみると、

予測が180℃熱いいい180°変わってしまう。

s27ぱいそん

拳銃で狙撃とか、いつものマンガ的に荒唐無稽なオウム犯罪と毛色がちがう。

これ以降もオウム対都市テロを次々とねらうけども、
ダイオキシン散布、青酸ガス散布、小包爆弾──といういかにもオウムなノリの凶器なのとくらべて。

しかもコルトパイソン日本の“市場”でも流通してなくて、
そのスジでさえ入手難易度ムリめの拳銃という。

s27げんば013 
さらに21mという拳銃的には超遠距離+雨の悪条件で、

s27ねらうめ 
なんと4発中3発を当て、3発目は倒れて面積が狭くなった「標的」に命中させ。

五輪選手級(現場で試射した五輪選手警部補語る)の腕前と冷酷冷静沈着度。

s28まっしゅ 形からマッシュルーミングという 
使われた弾丸ホローポイントは当たると潰れて弾丸正面の面積が大きくなり、人体内部で破壊力爆増という殺す気まんまんの弾丸。

s27かやく 
犯人米フェデラル社ホローポイントの精巧な模造コピー品を使い、
命中度を高めるため火薬の量まで調節する、という尋常じゃない玄人っぽさ。

何から何までおよそオウム的でないんである。

s27ますく02 
じゃこの狙撃事件だけ外注? プロの殺し屋に依頼した?
ゴルゴ13みたいな? おれの後ろに立つなとか怒られるの?

が、しかし、

オウム裏ワーク非信者が使われたことはない。
とくにポア@殺人のときは、必ず出家信者から刺客が選ばれた。

外注とかこれまたオウムらしからぬんである。

じゃあ、オウムまったく無関係潔白スノーホワイトかというと、

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT