2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー伍th【或る田舎的殺戮】

目次 contents  四thに戻る


1997年5月4日 奈良県月ヶ瀬村

jerseygirljersey01v.jpg

充代@13歳、自宅に戻らず。
卓球大会が終わって、学校を出て帰宅の途についた──それきり足取り不明

駐在所および所轄警察も捜索を始めた。ふだん事件らしい事件すら起きない田舎なんで警察もみんな慌てた。

通学路沿いを中心に捜索するうち、

05tsuki010209h.jpg 
自宅から400m離れた県道で運動靴を発見。

靴発見場所にタイヤスリップ痕、ガードレールに

4日目に奈良県警はさらに人員投入、本格的捜索を開始。

05tsuki0020200.jpg 
現場近くの公衆トイレの浄化槽から、
切り裂かれたジャージ上下下着リュックダウンベスト@血痕付き
を発見。
下着はなぜか半弧の輪郭で切り取られ。


奈良県警事件性いと高しとみて、捜査本部を設置。
狭い月ヶ瀬捜査員が充満した。村人緊張。


ジャージにもタイヤ痕が残っていた。
路上のスリップ痕もあわせると、大型の四輪駆動車のタイヤ。

seitoscar003.jpg

推理=充代四駆車ではねられた、連れ去られた、
衣服が切り裂かれて捨てられてること、下着の切り取られかた、切り取られた部分が見つからず持ち去られたようで。変質者のしわざ……?

5年前の1992年にお隣の三重県鈴鹿で起きた事件を思い出す捜査員もいる。

sailor220.jpg 
鈴鹿8耐メカニック樋田康則
度を超したJCJK制服フェチ

セーラー服を盗んではカノジョ女房に着せてはハアハア興奮してたが、

リアルで制服女子拉致鬼畜をやりたくてしかたなくなり、
四駆を飛ばして犬散歩中の少女@14歳をはねた。
が、予定よりケガひどすぎたんで、慌ててわざわざもう1回轢いて殺した
そんで死体バラバラにして池に捨てた。
というムチャクチャなやつで、

ほかにも少女拉致強姦未遂傷害5件もやらかし、下半身不随にされた女子高生もいた。

樋田当人はとっ捕まってムショの中で97年当時。99年樋田は獄中で首を吊った

さすがに今回やつが犯人じゃないだろうが、誰かが手口を真似た、模倣犯ではないか。


いやもうひとついやな可能性。

死後硬直が起こると服を脱がせられなくなる。
脱がすには切り裂くしかない。


車使用ってことからもしや村外の人間の行きずりかとも思われたんだけども、
問題の公衆トイレは公道からはパッと見わかりにくい、地元民くらいしか存在を知らない。
犯人=地元民の可能性大。

で、捜査員が村で聞き込みを少ししただけで、すぐ有力怪しい人物が浮上した。

okaface0010250.jpg 
丘崎誠人@25歳@無職

四駆三菱ストラーダ(中古)を持っていて、

seitoscar0020220h.jpg 
昼間っからよく乗り回してた。なのに少女失踪からまもなく売ってしまったらしい。めっちゃ不自然。

そんなことやってるうちに、


5月27日──

兵庫県神戸市の新興住宅地で小6男子が失踪、

policegenbakansho002x.jpg 
切断された首が中学校の校門に置かれる猟奇事件が起こった。

さらに6月に入って「酒鬼薔薇聖斗」を名乗る犯人が、新聞社に挑戦状を送りつける。

lettercrime2nd03x.jpg 
全国の皆さまの興味は一気にそちらへと流れた。

酒鬼薔薇事件月ヶ瀬事件4月大阪浪速小3少女通り魔殺人6月13日三重明和町女子高生失踪事件とあわせ、

近畿一円に殺伐とした空気ただよったんである。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー四th【或る田舎的殺戮】

目次 contents  参rd へ戻る


1997年 平成9年
8月1日

奈良県

「月ヶ瀬中学生女子失踪事件」捜査本部
取調室

policetalk002v.jpg 
「なぜやった?」

seitotalk001n200.jpg 
「………」
丘崎誠人、まるで抜け殻。

learseat001.jpg 
誠人が事件の日からまもなくとつぜん売り払った三菱ストラーダ(中古)の後部座席から血痕が発見され、それが充代のDNAと一致したこと。

seitoscar002.jpg 
現場の路上に落ちてた塗料片ジャージに残されたタイヤ痕。どれも誠人ストラーダ(中古)と一致したこと。
ダウンベストにこびりついてた毛髪の血液型誠人と同じだったこと。

証拠を突きつけ、びしびし厳しく取り調べて、
「てんごしようと思った」
つまりご愛好のAVよろしく少女をラチって鬼畜凌辱ねらい──という自供までこぎつけた。

seitotalk001n200.jpg 
しかしなんと大人しいヤツなのか。
逮捕連行のときにマスコミの前で演じた大暴れと同じ人間とは思えない。

たしかにこの男、仕事も長続きせず転々としたらしい。でも仕事先でモメごとを起こしたことはない。ただ来なくなったり遅刻ばかりでクビになったり。いつの間にかすうっと消えてる、そんなかんじ。
「大人しくて物静かな人」
元同僚たちの共通した印象。

生きる力が少ない。そんな匂い。

前科前歴もない。せいぜい軽めの交通違反くらい。

どうにもやらかしたこととのギャップがありすぎる。

policetalk002v.jpg 
このままでも性的いたずら目的の容疑で立件できるだろう。

でもな──ぬーむ

調べ官はもう少しばかりこの男のことを知りたくなった。
違和感が消えない。この男のおとなしさ、それと、もうひとつ

「なあ、丘崎くんな。君の話を聞いとるうちに、君には別の理由もあるんやないかと思えてきとるんや。聞かせてくれんか」

policetalk003n.jpg 
「さ、もう一度訊こうか。なぜやった?」

誠人はそれでやっと口を開いて、

初めて話したのだった。

seitotalk002n250.jpg 
自分が生まれたときから決まっていた異端の人生を。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 01:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |