2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】県警対14歳 Vol.9【酒鬼薔薇聖斗事件】

tilefor9;01u450 
contents01xx.gif>>bookmagazineweb01xx.gif
incidentmap01xx.gif>>characters01xx.gif


この文字色の人物*仮名である。
さらにハリウッド的意味のトゥルーストーリー度は増大中。

特命専従班の存在と活動は、公開された記録の一部に残るが、
刑事のキャラクターは架空である。

磯江アサコ*の遭遇した事件の展開は、ほぼ記録に忠実である。
ただし、
警察が、彼女と事件を知った時期・経緯は、
とある理由から書かれた通りではなく、
聞き込みのエピソードも丸っと架空である。

しかし、捜査の流れ、彼らの行動の結果などは、公開された記録にもとづく。



panic0606_01o300.jpgpanic0606_01m300.jpgpanic0606_0n300.jpg 
翌朝のテレビ、新聞、
酒鬼薔薇聖斗 第二の犯行声明で炸裂。
当然ながら神戸新聞が最も詳しい記事を載せていた。

兵庫県警本部深草刑事部長はマスコミの取材に、
「まだ断定はできないが、犯人が送ってきた可能性は十分にある。現在筆跡を鑑定中である」
とだけコメントした。

whispers02d.jpg 
例によって警察某なんちゃらからのリークをもとにした憶測報道が入り乱れた。

「下書きにワープロ使用か。『本命』など変換ミスのまま書いていることから」
『嘘』の字体から、下書きに使用されたのは大阪の某社製ワープロ専用機
ゾディアック事件との共通点」

zodiac200h.jpg zodiacletter200h.jpg 
最後の「ゾディアック」は、1968~74年、サンフランシスコを跋扈した連続殺人鬼
暗号付き犯行声明を新聞社に送ってきた。

○に+のマークがプチ似てるってことで酒鬼薔薇犯行声明文も暗号だという説だが…。

skb;skbmark01n 
プチどころかまったく似てない。

ただちなみにまだ肉筆の酒鬼薔薇マークは公表されてないんで、
会見などから、こんなかんじかしら、と各媒体がつくったマークは、

たいていこんな感じになっちゃってるのだった。
windmill02.jpg 
大草原の小さな家かよ。

ゾディアックマークはこっちにはプチ似てるんだけどね。


「三つの野菜を潰します」を重く見て、徳永参事官率いる警戒対策班須磨ニュータウンの幼稚園跡地に現地指揮所を急設。パトロール体制を強化した。
さらに大阪府警京都府警にもヘルプを頼んだ。縄張りとかメンツとか言ってられなくなった。近畿の府県警を統括する近畿管区警察局つまり警察庁世論(と首相官邸の動き)を気にしてせっついたからだった。

警察庁──
関口祐弘長官第二の挑戦状の巻き起こした騒動を受けて、
「解決しないと警察は要らないと言われる」
と檄を飛ばす。

detective;detectives01m 
須磨警察署捜査本部も捜査員たちが慌ただしく行き来する。

そういや捜査本部から昨日までいた顔が何人か消えてたけれども、人の出入りはよくあることなので、さして気にされなかった。

その消えた“何人か”は、
須磨ニュータウン内のとあるマンションの一室にいたんだが。



≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 19:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】県警対14歳 Vol.8【酒鬼薔薇聖斗事件】

titlefor8children400.jpg 
contents01xx.gif>>>bookmagazineweb01xx.gif
incidentmap01xx.gif>>>characters01xx.gif 

これ以降、警察発の情報は限りなく少なくなる。少年事件だからもんで。

なので、とくに警察内の会話と人物の架空度もさらに増え。
でも捜査の流れ、行動の結果、事件関連の出来事は、公開された記録に基づく。

そして例によってこの文字色の人名*仮名である




1997年
6月4日


水曜日

──事件発生から9日


午前11時

中央区ハーバーランド

いつもと同じように運び込まれる郵便配達のカーゴ。
ハガキやら封筒やらの中に、その手紙は混じっていた。
行き先は、

kobenewspp200x.jpg  
エコール・マリンこと神戸情報文化ビル

ビル内に神戸新聞本社

搬入窓口に届けられた大量の郵便物は、
神戸新聞社のフロアへと向かう。
昨日までと同じ風景。

三宮駅前にあった神戸新聞の旧本社は阪神淡路大震災で大破。この新ビルに移ってきたのは昨年夏。来年は創刊100周年

さて、届いた郵便物の山はサポートセンター事務員バイトくんが宛先の部署ごとにせっせと仕分けするんであるが、

一通だけ、

なんやこれ?

letteraddress01n.jpg  
「神戸新聞社」だけで**係とか**部とすら書いてない。差出人名も無い。まーたそそっかしいヤツだわ。
この手のは仕方ないからサポートセンターで開封するんだけど、えーと、なにが入っ


数十秒後、

「あの…、これ…」

顔面蒼白事務員の差し出す封筒、
なにげなく受け取った係長は、
なにげなく目を通


数分後、

顔面蒼白係長編集局フロアへと駆け込んだ。
それを掲げて。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 17:36 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT