2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】その男、K。─秋葉原通り魔事件 #03

#02 

  ◆2010年7月27日公判の加藤智大の被告人質問を反映した
   【#03改】
こちら


  『謝罪の言葉をきっかけに、母を許すことができました』
            ────加藤智大の弟による手記

kako-ziken01.jpg


 ■ スーパー女子高生マイキー



マイキー@15歳

ohmiky_2.jpg

が入学した2002年東京都立日比谷高校大改革の真っ最中だった。

hibikou3.jpg

一時低迷していた日比谷高校は、マイキー入学のちょい前からの大改革で再生進学校として復活して、この頃からマイキーはじめ意欲的な秀才さんたちがどんどん入学しはじめた頃なんであるが、

その復活物語はまた長いので、
別ページに分けた。>「日比谷ルネサンス」

この高校の復活劇もまたけっこう面白いんだけども、

まあひとまずマイキーの行ってたのは優秀学校で人間的にも育てようとする良い学校、とだけ知ってれば、まあスルーしても無問題。


benkyogrl.jpg

やる気満々な優秀少年少女がひしめく学校の中でも、マイキーの存在はずば抜けていた。

まず在学3年間を通じて、ずっと学年トップクラスの成績をキープ。

といってガリ勉子ちゃんでもなく、

伝統50年以上で部員100人で演奏レベルの高さで有名(以上形容詞)なオーケストラ部で、バイオリンパートのリーダーで活躍。

hiscooloke_01.jpg

1年生から合唱祭の指揮者、文化祭の演劇企画でも中心になってクラスを引っ張り、

友だちとコピーバンドも結成、ボーカルやキーボードを担当。
得意なのはシャカラビッツの曲。

joshiband.jpg


さらに人間的にも無欠点だったらしく。

明るいムードメーカー。さばさばして男女ともに友だち多し、賢くて友情に厚くて裏表がなくて誰からも好かれるキャラ。へんくつな子もマイキーにだけは心を開いた。

マイキーは人を惹きつけ、力づける不思議な人間力に満ちていた。そういう子ってまれにいるでしょ?

joshisyugo.jpg


以上は10人くらいの人間について書いてるんではなくマイキー1人のことだ。

世の中には超人的行動力のある人間というのがいる。彼女もそんな人種。無限のバイタリティーがあった。

マイキーは先生たちもほっくほくの理想的なスーパーJKだった。



  酒鬼薔薇聖斗と同い年なんだよ」


さて一方、時は高速逆回しで4年前青森

青高に入ったK@4年前は元気してるだろうか。

aoko_02.jpg

K母の人生予定表によれば、青森高校に入学して、輝かしいエリートの母人生が始まるはずだった。

ところが、

  

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 01:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】その男、K。─秋葉原通り魔事件 #02

#01
  
  ◆2010年7月27日公判の加藤智大の被告人質問を反映した
   【#02改】
こちら


  「私はこの事件を一般化して理解してほしくありません」
        ──公判の証言台に立った被害女性の言葉
  
#02_kandakousa

「時間です」

勝ち組どもへの最終宣告のつもりでカキコした、
というのに、
加藤智大ことK@25歳はいまだ2tトラックで秋葉原の周りを行ったり来たりしていた。
 
神田明神通りを東へと走ってソフマップ本館のある交差点に差しかかる。
ここでそのまま右折してホコ天のど真ん中に突っ込んで、幸せそうな顔してるカップルをはねてはねてはねまくるつもりだった。

でも──うわ、人が多すぎる。
その人波に怖じ気づいて、つい信号が変わるのを待って交差点を横切った。

なに交通規則守ってるんだおれは。

もう一度だ。

山手線の高架前を右折して駅前のロータリーをぐるりと回って元来た道を戻る。それから今度は西向きに交差点に向かう。

よしっ。

#02_akb_kousa


でもまたハンドルを切れない。交差点をそのまま通り過ぎてしまった。

ああっ、またかよ。

また戻って来るのに昌平橋通りや神田淡路町までぐるぐる回る羽目になった。
くそう、なんてビビリなんだ、おれ。カッコわるすぎる。やるって決めたのに。宣言したのに。なんでやれない。

(なんした、やれないのトモヒロ!) 

ああ、嫌な声を思い出させるな。
うっせえすっ込んでろ、ババア。

行く手に交差点が見えた。

soukou.jpg

よし今度こそ。
アクセルに乗せた足を踏みしめて──
  

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 18:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT