2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──貳

ゴスロリカップルと毒女子高生

goth_lolli_cpl.jpg
 
2003年つまり平成15年、111日未明、河内長野市の国道沿いの一画にある住宅地──。
 
おーワ士の誕生日ではないか。まったく関係ないが。
 
午前2時15分──。
119番の通報が入った。
電話があったのは、会社員@46歳の自宅。
 
「息子がいきなり切りつけてきた」
 
救急車が国道近くの民家に駆けつけると、そこには凄惨きわまる光景が広がっていた──。
 
 
 
ミスドで家族全滅計画
 
 
ゴスロリカップルも、毒殺女子高生も、住んでいる所は郊外。それも都市圏ぎりぎりのもうちょっとで山、という限界郊外。
 
ゴスロリ彼女@16歳こと「桃寿(ももじゅ)」。
南河内郡河南町の山すそをデベロッパーが切り開いた整然清潔な新興住宅地の一軒。

skrzk_3.jpg
 
住宅地は山城型で“下界”の農村的コミュニティとはまったくつながりがない。
両親とも教師、妹、祖母がいる。
 
 
ゴスロリ彼氏@18歳。
河南町から10kmほど、河内長野市の国道沿い。やや古めの住宅地。

svkwchngn_3.jpg(google ストリートビューより)

周りはやや年季の入った民家や倉庫や工場がひしめいているのに、なぜかそこだけガーデニングなんかもしちゃってお洒落っぽい実家に住んでいた。
両親@46歳&43歳は共働き、弟@14歳
 
 
彼氏は最寄りの近鉄長野線の河内長野駅(郊外の駅前の例に漏れず微妙にさびれている)から田園地帯を走る電車に揺られて、芸術系の大学に通っていた。
 
高校生の桃寿はバスに25分乗って富田林駅まで出て、さらに電車で45分かけて大阪市内の進学校に通学していた。
 
tondahayashi.jpg
 
この富田林駅が2人の中間点で、駅やミスドやバス停で2人が「おでこをくっつけて、いちゃついてる」のを中学の同窓生たちが何度も目撃している。
 
いちゃついてただけでなく、そのとき2人は「ハロウィーンに決行」すべく、それぞれの家族全滅計画を話し合っていたのだが。
 
 
 
田んぼの中の毒殺魔の家
 
 
一方、毒殺女子高生タリウムたん@16歳のいた伊豆の国市
 
駿河湾沿岸都市圏の南の外れ、やはり辺境限界だ。南へ少し行くともう山また山。
 
伊豆の国市は、2005年4月、3つの町が合併して生まれた。
誕生から半年も経たないうちに、この奇妙な名前の市は、「毒殺女子高生なる不本意すぎる形で名を轟かせてしまったが。
 
 
タリウムたんの暮らしていたのは、これまたよく見かける光景。

izunokuni_city.jpg

田んぼを売ったり息子の代で農家をやめたりして戸建てが虫食い的に増えていき、気づいたらなんとなーく住宅多めになってました的な地域。
 
彼女はここから市内の進学校に通っていた。
 
 
この3パターンで日本の郊外の大半が当てはまるんじゃなかろうか。
ワ士は何百回とこれと似たようなのっぺりした風景を見たぞ。
 
なにもメガ団地ばかりが郊外ではない。
じつは都市よりも田舎よりもこういう中途半端な「郊外」で生活する人口がいっちばん多いはずだ。
 
田舎でも都市でもない、地域色もない、なにもかも中庸な場所。
 
 
親世代の大人たちにとっちゃ、苦労して手に入れた夢(とローン)のマイホーム。人生のゴール。
 
でもそこで成長する子どもたちは?
 
思春期に多かれ少なかれ抱える「自分は他とは違う症候群」とくに強い子たちの眼にはどう映る?
 
darksky.jpg
 
ゴスロリな2人も、タリウムたんも、まさにそんな少年少女たちだ。
 
 

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 04:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──壹

ネバダたんとの延々と続いたランデブーも終わり、真っ白に燃え尽きた──はずが、
また性懲りもなく。

とはいえ、ここんとこ続く有名事件の犯人どもって、なんかどうでもいい奴らなんだよなあ。



▽犯人の内面なんてどうでもいい事件ばかり

otoko_dassey.jpg

たとえば、今年に入ってから、石巻の“男としてダッセー”が起こした『「のび太、指紋を包丁につけておまえが刺したことにしろよな」は通用しないだろ』事件

豊川の30歳@人生半分穀潰し君家族めった刺し、と続いた派手にメディアを彩る大事件。

事件そのものはもちろん悲劇で、犠牲となった人たちのご冥福をお祈りします、なんだが、

犯人である男としてダッセーとか人生半分穀潰し内面にはちくとも興味もわかない。
ぺらっぺらに薄っぺらくて安すぎて。
しかもおまえら前にどこかで見たぞデジャヴ感も満点で。

いかにも「今」という感じの騒がれかたをしてるが、似たようなバカ者はどの時代にもいた。

DQNだって最近凶悪化したんじゃないし、穀潰しニートなんて分不相応な横文字では呼んでやらん)どもだってたくさんいてやっぱりカッとなって家族を殺しまくっていた。周辺アイテムのインターネットやTVゲームが無かっただけで。

同じように栃木リンチ事件警察官のドラ息子、はては名古屋アベック殺人女子高生コンクリ殺人DQNなあいつら、光市の魔界転生も同じだ。
事件そのものはやはり悲劇だが、犯人どもはぺらぺらに底の浅い幼稚で空っぽの野蛮な“悪党”ってだけだ。
こんな安い奴らに人生終わらされて残念としか言いようがない。

こんな奴らはこれからもきっと現れる。まさにどうでもいい毛虫みたいな奴らだ。いや毛虫と並べたら怒るか、毛虫が。
こいつらの内面なんか覗いても視神経の浪費時間の無駄な気がする。こいつらの脳内から人類が学ぶことなんて何もない。
ただ厳罰でのぞめ、という感想しかない。

秋葉原通り魔事件は、「彼女が彼女が彼女が」一点張りの非モテ根性はおいおい覗いてみようかって思わないでもないけれど、やっぱりこいつもまたデジャヴな奴で、事件そのものは悲劇だが、本人の脳内なんてべつにどうでもいい。


というわけでそのへんごそっとスルーして、佐世保のネバダたんに続き、改めて覗き回っているのが、
2003年2005年大阪静岡郊外で起きた、
ある2つの事件なんである。


≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 21:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT