| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【事件激情】狭山事件とトトロ─2.うわさ検証編

ttrokowa_convert_20100415145030.jpeg


事件編からの続いてきたんである。

しゃて、全世界の総読者約4人くらいを誇るこのブログに辿り着いたあなた。もしあなたが「トトロ死神」説や「トトロは狭山事件へのオマージュ」説を信じている人なら、引き返した方がよかろうて。たぶんあなたには異常に腹立つことしか書いてないだろうからの。


なぜ狭山事件がトトロの裏設定と言われるようになったのか?「両者の符合することが余りにも多い」のだという。ネットをば漁ってその「符合」をくらべると…。


・狭山事件=埼玉県狭山市
・トトロの舞台=埼玉県所沢市(のあたり)

・狭山事件=5月1日に起きた
・トトロ=姉妹の名「サツキ」と「メイ」ともに5月を表す

・狭山事件=被害者は16歳
・トトロ=サツキ12歳とメイ4歳の年齢を足すと16歳

・狭山事件=母親は病死で不在
・トトロ=母親は遠隔地に長期入院で不在

・狭山事件=狭山丘陵には末期や精神病の病棟がある「八国山病院」
・トトロ=母親の入院先は「七国山病院」

・狭山事件=失踪後、姉は必死に妹を探しまわった
・トトロ=姉サツキは行方が分からなくなった妹メイを探しまわった

・狭山事件=死体発見後、姉が「猫のお化けを見た。でかい狸に会った」と錯乱
・トトロ=姉妹はネコバスとトトロに出会う


とまあこんな感じ。


さらに、

・宮崎駿は左翼だから狭山事件にも思いがあって裏設定をつくった。

・ジブリが公式サイトで「狭山事件とは無関係」と発表した日は事件と同じ5月1日

・狭山事件では幼い少女16分割されて惨殺された。


なんてのもある。


続いて「サツキとメイは幽霊」説の根拠はどうやら↓こんな感じ。


・途中から姉妹の影がなくなる

湖に浮かぶサンダル。サツキ「メイのじゃない」とひきつった顔で言い村の婆さんを安心させるが、妹の死を悟っている。

・母親の病院に行くがとうもろこしだけ置き、会わずに帰る。姉妹が幽霊である証拠。

・母親のセリフ「今そこでサツキとメイが笑っていた気がする」。生者に対する言葉ではない。だから2人はすでに幽霊。

・ハッピーエンドに見えるエンディングだが、姿が若いので、過去(姉妹の生前)の光景である。

・となりのトトロにはサツキとメイが地獄めぐりをする「隣のトトロ」という原作があった


これら根拠はじっさい本当なのかどうか?

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 狭山事件と「トトロ」 | 01:31 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】狭山事件と「となりのトトロ」─1.事件編

shinbn.jpg


狭山事件の名を初めて見たのは、学校のキャンパスの壁に貼ってあったビラだった。

その特徴ある書体と語り口で、「無実の罪の石川さんを救え」的な呼びかけが書かれていた。目を向ける学生はほとんどいなかったが。

狭山事件が起きたのはじつに半世紀近く前。あまりにも意表をつく斜め45度の角度からふたたびスポットが当てられることになった。「となりのトトロ」の“モデル”として。


*あまりにも謎を多く孕んだ事件の怪


さて、とにかくその狭山事件だ。この誘拐殺人は昭和38年(1963年)、埼玉県狭山市の農家が点在する集落で起きた。

こちらのサイトに写真がたくさん載ってるから当時の田園ぶりが分かるだろう。


5月1日、堀兼の区長N家の娘で女子高生のヨシエ16歳は、下校したはずなのに夜7時近くになっても帰宅しなかった。そして身代金20万円を要求する脅迫状が届いて事件となる。
次姉トミエ23歳が身代金受渡し役となって深夜に酒屋前で待機。暗がりのなか、犯人らしい男が現れるが、二言三言交わしただけですぐ犯人逃走。包囲していたはずの警察はあえなく犯人を取り逃がしてしまい、まもなく畑に埋められたヨシエの死体が発見される。

1か月前に起きた「吉展ちゃん事件」に続くまたしても警察の大失態で、是が非でも犯人を逮捕しなければならなくなった。大焦りの捜査の結果、近くの養豚場の元従業員カズオ24歳が容疑者として逮捕される。一審は死刑、最高裁まで争って無期懲役が確定する。

なんていって済むような単純な事件ではなくこの殺人事件にはとてもやらやらが多いんである。
ところで、世に「下山病」というのがある。かの下山事件の謎解きにとり憑かれてるような人たちのことをいうんだが、狭山事件もまたその手の病気になりそうな謎また謎の深淵の面妖さをむんむん漂わせている。

まずひとつは…、


≫ 続きを読む

| 狭山事件と「トトロ」 | 22:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |