| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わらび旅

しゃて、
今日はまた例によってMGW全世界的諜報網を駆使(主にテレビ)して見つけた食い物のみツアーである。
  

愛知県東部(つまり三河のヤンキーの三河)の山の中に、わらび粉100パーの本わらび餅を買いに行き、
さらに、道の駅五平餅定食」を食べに行く計画である。
  
ほかの観光は一切なし。食うのみ。無理していろいろ入れても疲れるだけだしな。しかも安いものしか食わんのが持続可能な環境社会構築である。ケチともいう。
  

えーと、わらび粉100パーのわらび餅はここ。
  
まつ月 

んーと、なんか大々的に柿系の和菓子が出てるが、それではなく、わらび餅である。わらび旅である。

サイトーくんでGO!
 

 
 

遠い。


そして山田だれ?山だ。山山山。この界隈、

matsuzuki_map.jpg

見事に高速道路網から洩れている。


そしてぽつぽつと山間に思い出したような集落が。


なんか八つ墓村か、ひぐらしのく頃にか、屍鬼ってかんじだのう。なんか異形の神様とか祀ってたりしてな。で、村娘が次々と殺されるんだ。殺人にご用立てくださいと言わんばかりの変な数え歌もあってな。


MGW「いつも思うけどさー、こういう集落ってなんでできたのかねえ?」

まあたしかに。なぜか山また山の山奥でも人は住んでるからなあ。何して食べてるのかなあ、林業


ようやく着いたまつ月。なぜか忽然と山の中に、「安政二年」とかのれんのかかったふつーにこぎれいな和菓子店なんだが、こんな山奥で成り立ってるんだろうか成り立ってるんだろうな。柿のやつ売り切れてるし。柿のやつ目当てで来たらしいジイサンが肩落として帰って行った。気を落とすな!死ぬなジジイ!ワ士らはワラビーを手に入れたぞ!がははは!
 

そして次は、そこから20分程度の道の駅である。

 
さいきん道の駅ってあちこちで頑張ってるよなあ。
沖縄では米軍基地がらみの助成金かなんかでつくるだけつくった道の駅が、完成した瞬間から廃墟になってるらしいが。
まあ島である沖縄で道の駅っつっても需要がなあ。何人レンタカーでそこまで行くのか。どうせお上がらみのことだから需要予測とかお手盛りだったろうしな。地元も何をどう期待していたのやら。
  
やはりそれなりに成功してる道の駅は、ちゃんと地域ぐるみで手の届くところで頑張って地味でもなんか魅力あるものつくろうぜ、という地道なところから始まってるようである。
  

しゃて、この道の駅もまた山また山の中にあるんだが、お、なかなか人が来てる脳。

写真2

アグリステーションなぐら 
写真4


このへんはえごまの産地で、五平餅えごま味噌タレやらピーナッツタレである。五平餅ってやっぱり五平さんが考えたんだよな。

いま気づいたけど、アグリステーションってアグリカルチャーのアグリなんだな。なぜか鈴木亜久里をずっと思い浮かべてたぜ。そりゃ関係ないよな鈴木亜久里は。


あ、しまった。五平餅の写真撮るの忘れてた。
  
えーと、一応こんなかんじである。
  

ビルダーでとりあえずがんがって作りました感漂うすンごいデザインかつ物凄く不味そうに映ってるがまあそのあたりも手づくりの妙味である。
  

しゃーて帰えるかの。ほんと食いにきただけだな。移動時間の方が長いぜ。
  
  
帰えった。さすが食ってきただけまだ日もかげってないな。
そして、さっそく食うかワラビー。

写真5

開けてみる。

写真6

んー、きなこしか見えんな。


んーと、どれどれ、「わらびの根から、でんぷんを洗い出し、三日間何度も水洗いと沈殿を繰りかえして精製し、さらに五年寝かすことで最高級の──」
  
MGW「んー、おいひーねこれ」
  
こらっまだ説明終わっとらんだろーが!なぜすでに食っとるか!

  

5年かけて丹精こめてつくり

往復3時間かけて買い


それを食べる所要時間1分。

  
贅沢なようなそれとは真逆のような…。

  

しかしいつも思うが、こういう食い物って必ずきなこが莫大に余るんだが、なにかもったいないな。
とはいえきなこばかり食うと口腔内がカタストロフなことになるしな。
  
スポンサーサイト

| 身辺的 | 17:32 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なれそめは?

ねむねむおである。


今はなんでもフィギュアとかになるんだな。

エクソシストのスパイダーウォークちゃんも。

spider.jpg

あと、13日の金曜日のジェイソン。

Jah.jpg


なんかひ弱そうなジェイソンだな。ずっとヒッキーでしたってかんじの。
首が揺れるつくりらしい。むかしあったな。余計弱々しいが。


ガイジンさんでもコスプレイヤー花盛りらしい。
そうだよな、向こうさんは本当に白人だったり金髪だったりするからゴスロリが百鬼夜行になってしまう日本人と根本的にちが

cosplay_ aya




こここここここれは、元ネタはあのあれのあれか?

どんだけヘータイかかっとんねん!
きしゃーっ!
angryse.jpg



ねむねむおである。

MGWは大学時代の友だちとランチにお出かけである。ワ士とぷーおはお留守番あれ? ぷーおは? 

なろーぷーおまでお出かけかい。ワ士だけお留守番だぜ。

まあどうもその友だちとやらがさいきん結婚したらしいいややらという人がいるのではなく別の意味のやらだが。まあMGWと同い年だから、「しないのかな」とみなされていたが、なんといきなりウェディングである。

「なれそめを聞いておくように」情報局長官に命じておいた。ちなみにMGWがぷーお膝抱っこ奉行と兼職している。


もしかしてあれか、あれのあれか?


「ああ~ん遅刻遅刻~」とパンをくわえたまま走ってたら角から急いでいた青年と激突!
カバンが似てるから間違えるんだな。
で、お互い職場で赤っ恥

それがきっかけなんだな。


もしくはあれだ。


「この人痴漢ですっ」
「ち、ち、ちがうぜよ!」
と駅で大もめ。

で、そのあと職場で、
「今日から移動してきた下等くんだ」と現われたのが、痴漢疑惑の彼。

「あーっ」(2人同時)
「痴漢!」
「自意識過剰女!」
「なによ!」
「なんだよ!」
で、そっぽ向いて、
「ふんっ」(2人同時)

だとすごいな。

書いてて我ながら自分が情けなくなってきたしな。でも書く。
同僚役にはもちろん比企理恵でな。


そしてちょいと前にMGWは高校時代の同級生@子持ちとも会ったらしいんだが、

「なんか…すごかった」


なにが凄いかというとだな──。
いやぶるぶる、いくらワ士でもかかかかか書けまへんっ。

| 身辺的 | 15:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT