≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ(終)最終解脱【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



人は、宗教的確信があればあるほど、徹底的に、しかも喜んで、残虐にふるまう

──パスカル(数学者 哲学者 思想家)




s30ししゃ

いつ果てるとも知れなかったサティアンズも、とうとう幕となる。

三十解@前後篇も含めて四十解くらいいってしまったけんども。
あらためて事件犯人多杉である。

あまりにも多くの悲劇にあまりに多くの人々が巻き込まれ。

飛び散ったかけらの数もケタ外れで、
それぞれのかけらは、すれ違い、ひたすら遠ざかり、
もはや交わることは決してなく。


s31さばきの02

オウム捜査は、坂本弁護士一家の遺体発見をもってひと山越えた感、

舞台は裁きのお白州へと移る。

だが警察も討伐に手こずった、なにからなにまで前例のない異形犯罪集団。
裁判だけふつうってわけもなく。やはり異形法廷と化すんである。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト



| 事件激情 | 15:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |