≫ EDIT

【事件激情】ネバダたん (1)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter1 2004年6月1日 昼12時40分

contents < 


classphoto2.jpg


ある一枚の集合写真。
子どもたちの中に2人の少女がいる。左側の子はまるっこい顔に大らかな笑み。その横に立つ子はやや緊張気味で、体型が気になるお年頃なのか、だぶだぶの黒のパーカーとにチノパン。
その胸にはこんな文字がある。

「NEVADA」

この写真から少女は「ネバダたん」とネット上で呼ばれるようになった。
「佐世保小6女児同級生殺害事件」犯人として。



■給食の時間のできごと

2004年つまり平成16年も例によっていろいろあった。
アテネ五輪、ジーコジャパンが優勝した北京アジア杯、イラク“自己責任”人質事件、プロ野球初ストライキ。窪塚洋介もビルから華々しくダイブ。兵庫では親族7人を45分で虐殺する大量殺人。ちなみにワ士はそれらが同じ年だったことすら忘れていた。

そんな年の6月1日長崎県佐世保。それはこんな風に起きた。

その小学校は全校児童190人程度の小規模学校、1学年1クラスで、6年も38人だけ、6年1組しかなかった。

12時35分──。そんな6年教室では、給食の「いただきます」の時間になっても、2人の女子の姿がないままだった。みんな給食を食べ始めた。

12時40分頃──。2人がいないな、などと担任(男)が誰ともなしに言っていると、やっと当の女子のうち1人が前の入口に現われた。

彼女は目鼻立ちのよく整った美少女だった。でもそのきれいな目が今はなんだかおかしくて、目の前にあるものとは何か違うものに向けられてるようだった。

彼女がよく履いている裾を引きずるほどだぶだぶのボトム。それもなんだかおかしい。午前中は青色のはずだったのに、なぜか裾辺りから黒ずんで紫っぽい
手に持つタオルについた赤いのは血? それになんでカッターナイフまで持ってる? 学校に持ち込み禁止のはずじゃないか。

担任(男)が慌てて「どこか切ったの?」と聞くと、
彼女は急に泣きそうな顔になって叫んだ。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 15:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |