≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第二十三解 -続き【地下鉄サリン事件】

title目次へ39 s00主な登場人物01 

前頁へと戻る «
 

s0trサティアンズタイトル

オウム真理教による犯行の経緯、警察の捜査は、原則公開された情報にもとづく。
登場する公官庁、機関、組織、部局、役職もすべて実在する。
ただし白鳥百合子はじめこの色で示されるのは、架空の人物であり、
実在する人物、事件、出来事と彼らの関わる部分は、創作全開ソースは妄想である。
またこの色この印*のある人物は仮名である。



s23cptリムジン 続き      前頁へと戻る «

3月17日未明──

東京都中央区明石町

s23聖路加国際 
s23救命救急 
聖路加国際病院 救命救急センター

s23土田先生 
土田先生、奥様。ご足労願いまして。あ、佐々先生も」

本郷くん、遅れてすまん。どうだね、百合子くんの容態は」

s23容態は 
s23いま救命

「いま救命措置中です。頭を強く殴られたらしく」

s23しかしあやつめ 
「しかし、あやつめ。孤高を気どっていたが…」

s23なんじゃ人気者

「なんじゃけっこう人気者ではないか」
「あいつなぜか下には慕われてますからね。あのうち半分は、白鳥に握られた秘密がばれるんじゃないかと焦ってる元上司や元先任ですが」

「しかし目立ちすぎですよ。ここに運ばれたことも秘匿のはずなんですが…」
「そこはみな職業柄、秘密を調べるのが仕事だろうからな」

s23あのう白鳥さんを 
「あのう白鳥さんを心配して町内会の皆さんがお見舞いにいらしてますが」
「…………(゚⊥゚)」

「ところで、あの角に座っている男、ご存じですか」
「ああ、國松秘書官だな」
「彼と白鳥のつながりはないはずですから、長官からの指示でしょう」
國松白鳥を気にかけていたからな。個人的な配慮じゃないのか」

s23佐々さんちょうど 
「それで実は、佐々先生にお持ち帰り願いたいものが」
「持ち帰る? なにをだ?」
白鳥マリモです」

s23ことわる 
ば! な、なんでわしがあんなもの持ち帰るのだ。断るっ

「しかし白鳥が帰れないときは、いつも佐々さんが世話されてましたし、
いちばんマリモ慣れしてらっしゃいますし」

s23水槽が 
「水槽が割れたんで今とりあえずバケツに入れてあるんですが」

あああっバカものー! テングサと一緒にするなー!」

s23いいかマリモはな 
「いいかマリモはな、水に浸けとくだけではダメなのだ。単純そうに見えて、とてもとても繊細な生き──」
「やはり佐々さんお詳しいので、お願いします」
「……も…」

s23百合子ちゃんも 
「なあ、佐々くん、そう言わず預かってやったらどうかね」
「そうですよ、佐々さんならきっと百合子ちゃんも安心するわ」

「……の…」

s23渋谷おまえも

渋谷、おまえもいったん休め」
警視どの助かりますよね? 最後の会話が、渋谷くんスカート思いっ切りめくってパンツ見たよね、じゃあんまりです」
「どんな状況の会話なんだそれは」

「自分がもうちょっと早く気づいてれば──」
「そんなの無理だろ。おまえが勘を働かせて駆けつけたからすんでであいつは助かった。おまえが白鳥を救ったんだぞ」

s23鼻水はふけ 
警部うううー
「まず鼻水をふけ」

s23処置は済みました 
「処置は済みました。今のところ脳に損傷は見られませんが、深部で出血してる可能性があります。まずは意識が戻るのを待ちますが、そのう──」
「このまま戻らないかもしれないと?」
「そうした覚悟もなさってください」

s23しかしなぜ白鳥が 
「しかしなぜ白鳥が狙われたんでしょう」
「そこが分からん。犯人オウムか他の怨恨を持つ者か強盗かも分かってない。
仮にオウムがやったとしても妙だ。白鳥は内輪では有名人だが、長官総監とちがって一般世間まで広く知られてるわけじゃないからな」
「内部から情報が漏れたか?」

s23対オウム捜査に 
「それも分かりません。しかしはっきりしてるのは、白鳥オウム捜査の事実上舵取り役だったということ、この事件オウム捜査にかなり影響が出るということです」


s00オウムマーク 

翌朝
5月17日 午前8時半 ──地下鉄サリン事件3日前

s17ある妄想警察庁 
警察庁

参事官公安第1課高石課長がおいでです」

s23とおし02 
「入ってもらいなさい」

s23お聞きになりましたか 
参事官、おはようございます。白鳥警視の件はお聞きになりましたか」

sとおし 
「ああ、襲われてケガをしたそうですね」
「はい、病院で治療中ですが、意識不明で予断を許さぬ状態です」

s23とり急ぎ報告書 
「現場から回収された白鳥警視携帯電話ですが、留守録について、警備企画課石川理事官と相談の上、とり急ぎ報告書をとりまとめました」

石川正一郎@警視正2月から高石の後任@秘密のチヨダ運営理事官

白鳥が襲われた時刻より後にかかってきた通話の留守録が4件ありまして、

s23いつでもいいんで02 
4件のうち2件は元部下だった公安警官のメッセージで、
1件は公安部通信指令からの安否確認でした。

しかし残り1件

s23メッセージの主は 
メッセージの主は1107オウム真理教内の協力者です。

留守電にはラジコンヘリの行方について重要な情報が録音されておりました。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |